黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

遺産(笹本稜平)

内容に入ろうと思います。
学生時代に水中考古学を専攻し、今はダイビングのインストラクターとしてどうにか生計を立てている興田正人には、生涯の夢がある。
それは、400年前に沈没したスペインのガレオン船を探しだすことだ。
水中考古学者にとって、沈船の発見とその調査は非常に魅力的でありながらなかなかチャンスの巡ってこないものだ。正人は、プロのダビングライセンスを持つ水中考古学者として重宝され、いくつかの現場に参加したことはあるが、しかし正人が探しているのはある特定のガレオン船だ。
それは、大伯父から聞いた、親戚連中からは「与太話」と思われている、一つの昔話がきっかけだった。
そもそも正人の父は船乗りで、船上で命を落とした。そこから話が広がり、正人の先祖にも一人、世界中の海を股に掛けた船乗りがいた、という話を大伯父はする。
興田正五郎。まだ鎖国が行われていなかった頃、日本の朱印船に乗って東南アジアとを往復し、さらにそこからスペイン総督府に取り入れられ、ガレオン船の操舵を任されるまでになったという。正五郎は非凡な船乗りだったらしいが、ある時操舵していた舟が沈没したという。
その話を聞いて正人は、水中考古学を志した。大伯父からは、正五郎が乗っていた舟の名前も、沈没した場所も聞き出すことは出来なかった。ほとんど雲を掴むような話で、正人の夢もまた、学生時代には与太話と同程度にしか扱われなかった。
しかしそんな正人の夢を否定することがなかったのは、正人の恩師である田野倉だ。ダイビングのインストラクターとして生計を立てている今も田野倉とはやり取りがあり、正人の荒唐無稽な夢の話に付き合っている。
そんな田野倉からある時連絡がやってきた。それは、以前正人がメキシコシティの国立公文書館で発見した文献に関するもので、その文献に日本人に関する記述があったという。また、海上保安庁の海洋情報部から、その文献に記載されている沈没場所付近で、海山を発見したという気になる情報も飛び込んできた。
正人は突然の展開に興奮を隠すことが出来ない。それは、荒唐無稽と思われた正人の夢が現実のものとなるかもしれない、非常に大きな可能性を秘めた情報だった。
400年前の祖先が乗っていたガレオン船を、自らの手で引き上げることが出来るかもしれない…。
しかしそこには、国際的なトレジャーハンティング会社「ネプチューン」が絡んで来て、水中考古学とトレジャーハンターの熾烈な闘いが幕を開けることになるのだが…。
というような話です。
これはメチャクチャ面白かった!笹本稜平は、警察小説と冒険小説をフィールドにする作家ですけど、僕個人の好みとしては、笹本稜平の冒険小説の方が好きです。「天空への回廊」という、エヴェレストを舞台にした、ハリウッド映画もビックリなスケールの小説も凄かったですけど、本作もまた、スケールや物語の展開と言った点で、「天空への回廊」にひけをとらない素晴らしい作品だと思いました。
まず、正人を取り巻く状況が良い。正人は、どこにも所属しないフリーの水中考古学者として、世間と比べれば日陰の生き方を続けてきたのだけど、本人には諦めきれない夢があり、それを追い続けている姿がまずいい。そういう意味では田野倉も近いものがあって、大学教授でありながら相当に大学教授らしくない生き様で、その生き方にはなかなか憧れる。
それに何よりも、400年前世界の海を股に掛けた正人のご先祖・正五郎の話が素敵だ。
この正五郎の話がどこから出てくるのか、それは是非本書を読んで欲しいけど(大伯父でさえ、正五郎が乗っていた船の名前さえ知らなかったのだけど、本書には、正五郎の生い立ちからその死までが詳細に描かれている章があります)、とてもロマンをかき立てられる物語だ。実際、正五郎が乗っていた「アンヘル・デ・アレグリア」が発見され、それが世界に喧伝されるや、まさにその正五郎の物語に皆心を打たれ、世界中で話題が先行していくことになる。この正五郎の生き様は、本書の中核の中核と言っていいでしょう。なにせそれが、正人を始めとする周囲の人間が、困難極まるプロジェクトに諸手を挙げて参加したがる理由であるし、様々な事情から世論を味方につけなくてはならない状況を打破する起爆剤であるし、さらにその後に起こる様々な困難を乗り越える際の支柱でもあるのだ。400年前に世界の海を股に掛けた日本人が乗っていた船を、その子孫である正人が発見し、それを引き上げようとしている。それこそが、本書の底の底に横たわる、ロマンティックで魅力的な真髄なわけです。
さて、さらに物語を面白くする要素は、「アンヘル・デ・アレグリア」を取り巻く状況です。これは、後半のネタを割らないためにすべてを書くわけにはいかないのだけど、この状況設定も本当に見事だなと思います。
まず、「水中考古学者」と「トレジャーハンター」の対立が非常に面白い。
水中考古学という分野は、やたらとお金が掛かる分野だ。海の底に沈んでいる「お宝」を陸上に引っ張り上げるだけでも相当のお金が掛かる。それだけではない。そもそも、どこに沈船があるのか、その調査にも驚くほどのお金が掛かるのだ。
だからこそ水中考古学は、ある程度「資本主義」と手を組まざるを得ない。しかし、田野倉を始め、水中考古学者はそうした資本を毛嫌いする傾向にある。何故か。
それは、トレジャーハンターやファンドなどの資本は、「金に換わるもの」にしか興味を持たず、それを手に入れるためには貴重な船体に穴を空けることも厭わない。また、盗品だとバレないようにするために、金貨などを鋳潰して売り飛ばすような輩もいるのだという。
田野倉は、そういう連中を、こんな表現で揶揄する。

『連中がやっているのは、パルテノン神殿やアブシンベル神殿をバラバラに解体して、その破片を世界中の博物館に売りつけるようなやり方だ。それは遺跡の破壊以外のなにものでもない』

水中考古学にとっては、どんな状態で海中に没していたのかという事前調査から、船体の完全保存に至るまでのすべての過程を重視する。時に沈船に搭載されている財宝類は、何億ドルもの金銭価値を持つ場合もあるが、水中考古学者はそういう誘惑を全力ではねのけるのだ。

『その一線を超えないために研究者にはストイックな態度が要求される。金に目がくらんだとたんに研究者は盗賊に成り下がる。その境界は紙一重だ。水中考古学者の労苦が経済的利益によって報われてはならない』

そんなわけで、水中考古学者にとってトレジャーハンターは海賊と同じような存在なのだが、しかしトレジャーハンター側にとっても言い分はある。それは、自分達が資金を出して引き揚げ作業をしなければ、一生陽の目を見ることがない、という点だ。トレジャーハンター側は、確かに経済効率に支配された行動を取らざるを得ないが、しかしどんな形であれ、そのまま埋もれさせて置くよりも、引き揚げて陽の目を見せる方がいい、と主張するのだ。
現に、正人たちのライバルとなる「ネプチューン」のCEOであるハドソンは、そんな想いを抱いている。ハドソンも、かつては水中考古学者だった。しかし、金がないという理由で一旦引き上げを諦めた沈船に、資金を用意してもう一度アタックしてみると、既に海賊にやられていた後だったという経験がある。そんな経験を繰り返すことで、どれだけ水中考古学者に嫌われようが、自分のやり方は間違っているわけではないと自負しているのだ。
この対立は見事で、物語を非常に面白いものにしている。そのままの勝負であれば、正人たちは「ネプチューン」に惨敗するしかなかっただろう。しかし正人は、ひょんなきっかけで、素晴らしいスポンサーを見つけていた。アントニオというスペイン人実業家が提案するビジネスモデルが成立すれば、今後の水中考古学の歴史が変わる。そしてそれは、「ネプチューン」のようなトレジャーハンティング会社の終焉を意味しもする。それが分かっているからこそ、「ネプチューン」もなりふり構わず全力で事に当たってくる。どちらも、このプロジェクトにつぎ込んでいる資金やリソースを考えると、負けることが出来ない。背水の陣を敷いているようなもので、あらゆる手段を使って自分達が引き揚げの権利を手にできるように奮闘する。その過程が素晴らしい。
彼らがこれほどまでに右往左往するのには、いくつか理由がある。
まず、実際にあった「ブラック・スワン裁判」というものがある。これは、現実に存在したとあるトレジャーハンティング会社がスペインに訴えを起こされ、結果引き上げた沈船や財宝すべてをスペインに引き渡さねばならなかった、という事件だ。
この背景には、「世界中の海に沈んでいるガレオン船は、スペインに所有権がある」という判断がある。これは、世界中のトレジャーハンティング会社を震撼させた。そんなことを言われたら、巨額の資金を掛けて沈船を引き上げようとする者などいなくなる。
もちろんハドソンは、その辺りもぬかりなく手を打ち、あらかじめスペイン側と話をつけてから引き揚げに当たるつもりでいた。スペイン側に、引き上げた財宝から得られた対価の半分以上を渡す代わりに、引き揚げの権利を譲り受けるというような交渉だ。スペインは財政赤字が凄まじく、喉から手が出るほど現金が欲しい。そこにハドソンは付け込んでいく。
しかし、正人と正五郎の物語が、予想以上にスペインでも評判がよく、金の力だけでは押し切ることが出来ないでいるのだ。
かといって、正人たちがすぐさま行動に移せるのかというとそうではない。「ネプチューン」は、自前のサルベージ船を保有し、中の財宝を盗み出すだけなら今すぐにでも行動に移せるのだが、正人たちはそもそもあらゆる準備をゼロからしなくてはいけない。しかも、船ごと引き上げようという非常に大掛かりなプロジェクトだ。メル・フィッシャーというトレジャーハンターが同じやり方で巨万の富を得たが、その時は沈船の場所が引揚げ港のすぐ傍だった。今回は、東京から直線距離で1900キロ、父島からでも1600キロという途方も無い場所にある。これを船ごと引き上げようというのは、相当に無謀なプロジェクトなのだ。しかし彼らは、一つ一つ問題を精査し、解決に導いていく。
様々な事情があり、お互いすぐに動くことは出来ない。さらにその上に、不測の事態まで絡んでくることになる。状況は予断を許さず、それが物語に緊張感を与え、非常にスリリングな物語に仕上がっている。
状況はめまぐるしく変化し、よくもまあこれだけの状況を揃えたなと感心するばかりだ。400年前の先祖を持つ正人という水中考古学者と、世界最強のサルベージ船とあらゆるプロフェッショナルを擁する「ネプチューン」の対立というだけでも十分面白いのに、そこに政治や経済や自然現象など多様な要素が複雑に絡み合っていく。そして、その中心にいるのが、その世界ではそこそこ名は知られているけど、一般には無名の水中考古学者である正人というのも面白い。この構造は、「天空への回廊」とも似ている。「天空への回廊」では、世界を救うことが出来るのは主人公の日本人だけ、という究極的な状況が活写される。状況をスリリングに追い込んで読者を惹きつけながら、その追い込んだ状況を実に巧みに操って読者の予想もしなかった展開に持ち込む手腕は、見事としか言いようがない。
また、正人と共にこのプロジェクトに関わる亞希の存在も、本書ではなかなか読み応えがあるだろう。かつて商社に勤めていた亞希は、プロジェクトに欠かせない戦力となっていく。
と同時に、亞季の人生を悟ったような物言いが、心に刺さることもある。

『それは考え方が間違ってるんじゃない?そんなこと言ったら正五郎だってしがない船乗りよ。そこは誰だって同じだと思うの。自分をしがない存在じゃないと思い始めたとき、人間は堕落を始めるのよ』

『あなたのご先祖様もきっとそうだったはずよ。はたから自由に生きているように見える人って、自分じゃそんなこと意識していないのよ。あるがままの自分を肯定しているだけ。本当に自由であることと、自由という観念の奴隷になるのは別だからね』

時に弱気になりがちな正人を、こんな風に叱咤激励する亞季の存在は、チームにとって非常に重要なものとなっていく。まさにチーム全員でプロジェクトに立ち向かうという展開であり、ラストに至る流れは本当にスリリングで面白い。
水中考古学とトレジャーハンターという、非常にマイナーな世界を実に魅力的に描きつつ、運命に翻弄される主人公を主軸として、実にスリリングな展開の物語が描かれます。非常に分厚い物語ですが、一気読みさせられる物語です。是非読んでみて下さい。

笹本稜平「遺産」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2582-5ea7ffc7

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
6位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)