黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見(チャールズ C.マン)

これはメチャクチャ面白い。っていうか、凄すぎるな、この作品。

本書は、あるたった一つの質問に答えるための作品である。
著者はその質問に、コロンブスの大陸到着五百周年にあたる1992年に出会った。

『コロンブスが到着したころの新世界はどんなところだったのだろう?』

著者は、学生の頃に習った歴史のことを思い返してみた。基本的に南北アメリカの歴史は、コロンブスがやってきた時から始まっているものとして扱われている。それまでは、大した文明もなく、少数の原始的な人間たちが原始的な生活をしていたのだろう―著者を始め、大方のアメリカ人は、そのような認識でいたのだろうと思う。
本書は、その認識を覆す作品である。

『そのときは知らなかったが、多くの研究者が生涯をかけてこれらの疑問に答えを出そうとしていたのだった。彼らが明らかにした当時の大陸のようすは、たいがいの欧米人が持っているイメージとはまったく異なっている。だがそれは、いまだに学会の外の人々にはほとんど知られていない。』

『これはすごい、とわたしは思った。だれかが書くべきだ。きっと魅力的な本になるぞ、と。
わたしはそうした本が出版されるのをずっと待っていた。だが待っているうちに息子が学齢に達して、わたしが子供の頃に習ったとおりのことを―もうかなり前から疑問視されていた内容を―また学校で習いはじめ、いてもたってもいられない気持ちになってきた。そこでついに、だれも書いていないようだから自分で書いてみようと思い立ったのだ』

著者は、考古学者でも人類学者でもない。世界各国のいち粒子にも寄稿する、気鋭のサイエンス・ライターだ。考古学や人類学はまったくの専門外。しかし、数多くの専門家に直接話を聞き、自らも様々な場所を訪れてはその目でしっかりと見、そうやって著者は門外漢の世界を少しずつ理解していくことになる。そして、学説が個人攻撃や派閥争いに発展することが多い分野であるが故に、どこにも与さない(著者なりの判断が組み込まれる部分もあるものの)立場で、色んな学説を公平に扱おうと努力している点など、分野違いの人間が書いたからこその一冊になっているのではないかとも思う。

さてまず、僕自身の『歴史』というものへの考え方を書いておこう。
僕は『歴史』というのが基本的には大嫌いだ。いや、正確に言えば、『歴史論争』が嫌いなのだろう。歴史の世界にも色んな専門や分野があって、それぞれの中で「あれが正しい」「これが間違っている」という議論がなされているのだろう。『歴史論争』が好きになれないのは、その歴史が古ければ古いほど、『はっきりとした証拠』が少ないということだ。結局のところ、数少ない『証拠』を、どう解釈するか、という議論になる。そんなん、結局分からんやん、って僕は思ってしまう。何か、誰も文句がつけられないほど明確な証拠があるなら別だけど、そうではないなら、「現在これこれこういう仮説があって、証拠がなくてどれも決定打がない」というような結論で落ち着いておけばいいと思うのに、解釈をめぐって議論をすることはアホらしいな、と思ってしまうのだ。
また、そういう専門的な分野の話ではなく、学校で教わるような歴史も嫌いだった。こちらも、似たような理由ではあるのだけど、「これこれこうでした」と教えられるのが、僕はとにかく好きではなかったのだ。だって、そんなん分からんやん、と思ってしまう。「現時点ではこう考えられている」とか、「これこれこの可能性が高い」みたいなスタンスで教えてくれるなら良かったんだけど、「こうです」って言われると、「ホントかよ」って思ってしまう。今でも歴史の話には、「ホントかよ」って思ってしまう。ンなこと、分からんやん、と。
そういう意味で僕は『歴史』というのが大嫌いなのだけど、本書は非常に面白く読めた。その理由は、『物語』と『著者のスタンス』にあると思う。
本書は、僕は『物語』として面白いと感じました。この『物語』には二つの意味がある。一つは、『南北アメリカの先コロンブス期の人々の物語』という意味。そしてもう一つは、『先コロンブス期の歴史を紐解こうとしている考古学者・人類学者の物語』という意味だ。本書では、後で書く『著者のスタンス』のお陰で、歴史を物語として捉えることが出来たように思う。そして同時に、現代の研究者たちの様々な人間臭さが、スパイス的な物語を生み出しているように思いました。
また、本書は、サイエンス・ライターである著者が書いた作品です。科学者は基本的に、「絶対」という言葉を使わない人種です。恐らくそんな著者のスタンスが、考古学や人類学を扱う際にも発揮されたのでしょう。本書では、先ほど書いたように、裏表両面の様々な仮説が同時に提示される。だから、「これこれこうでした」と押しつけられるような感じがない。また、「著者が最も可能性が高いと考えるシナリオ」を、「目の前で見てきたかのように描写する」という場面もかなり多くて、このスタンスが、本書を実に『物語的』にしていると思う。
歴史が苦手だし嫌いな僕としては、ここまで面白く読める歴史の本は珍しいです。日本の歴史だって全然知らないのに、アメリカの歴史なんてもっとパッパラパーっていうぐらい知らない僕でも、本書は十分に楽しめます。なにせ、本書で扱われているのは、「多くの一般のアメリカ人さえ知らない歴史」なのです。アメリカの歴史を知らないから、というハンデはありませんよ。

さてでは内容に入ります。
まず本書で著者は、三つの柱を用意します。『人口』『起源』『生態系とのかかわり』の三つです。

『わたしはまず、1492年当時の先住民人口の推計値が引き揚げられたことを、また、その理由について書いた。それから、先住民が従来の説より古くからこの大陸に住んでいたと考えられるようになった理由、彼らが従来の説よりも複雑な社会を築き、高度なテクノロジーを持っていたと考えられる理由を書いた。この章では、ホームバーグの誤りのバリエーションをもう一つ、取りあげたい。それは、先住民が環境をコントロールしなかった、あるいはできなかったという思い込みである』

著者はこの三つを軸として、本書を展開させていく。これら三つのキーワードについて、アメリカ人が(そして世界の人達が)これまでどういうイメージを持ってきたのかをざっくり書いてみると、こんな感じになるだろうか。

『アメリカの先住民は、一万三千年ほどまえにベーリング海峡に出来た無氷回廊を通ってアメリカ大陸にやってきた。それからは、複雑な文明を築くことなく、槍などの原始的な道具で狩りをし、そこまで大規模な社会は存在せず、つまり人口も多くなく、自然の景観を損なうことなく自然に手を加えることなく、コロンブスがやってくるまでずっと生きてきた』

本書では、このイメージを完全にひっくり返していく。
『ホームバーグの誤り』について触れておこう。これは著者の造語らしいが、1940年から1942年にかけてボリビアのベニ地方に住むシリオノ族と呼ばれる先住民と生活を共にし、彼らの生活を研究対象にしたホームバーグという博士課程の若者による「勘違い」を教訓としたものだ。
ホームバーグはシリオノ族を「世界でもっとも文化的に送れた人々」だと紹介している。それは、僕らがイメージする、山奥で文明と関わることなく生活している原住民のイメージと同じだ。飢えと貧困にさらされ、服も着ず、家畜も飼わず、楽器や宗教らしいものも持たない。そしてホームバーグは、そんなシリオノ族について、「シリオノ族は太古の昔からこのような生活をずっと続けてきたのだ」と結論する。
これこそが、「ホームバーグの誤り」である。
シリオノ族は決して、太古の昔からそのような生活を続けてきたわけではない。では何故彼らは、文化的な側面のまったくない、貧しく厳しい生活を強いられているのか。
それは1920年代にこの地でインフルエンザが大流行したからだ。ホームバーグが訪れるまでに、人口の95%以上が失われたことが後に分かったのだ。また同時に彼らは、シリオノ族の土地を乗っ取ろうとしていた白人の牧場経営者とも戦っていたのだ。ホームバーグが直面した状況を、著者はこう表現する。

『つまり、ナチの強制収容所から脱走してきた難民を見て、つねに裸足で腹を空かせている民族だと思いこんだようなものだった』

先コロンブス期のアメリカ大陸の歴史についても、至るところでこの「ホームバーグの誤り」が散見される。状況は基本的に同じだ。ヨーロッパから「新世界」に人がやってくる以前に(以後もだが)、疫病によってアメリカ大陸は壊滅状態に追い込まれていたのだ。それによって、人口が激減し、文明が崩壊し、通常であれば立ち向かえるだけの戦力を有していた者達が、あっさりとヨーロッパの小集団に敗れてしまった。僕らもまた、ホームバーグと同じ誤りをしてしまっているのだ。本書は、その誤った認識を正してくれる。
この「ホームバーグの誤り」を推進させる力が存在する、という点も、アメリカの面白いところだ。ある先住民は、こんな風に語っている。

『考古学の主たる使命は、白人の罪悪感をやわらげることだという。』

これは非常に面白い視点だ。例えば人口の問題にしても、コロンブスが新世界にやってきた当時の人口が少なければ少ないほど、征服した人間の(そしてその子孫の)罪悪感は薄まっていく。自分達が、たくさんの人間を殺したわけではない、ということになるからだ。こういう考え方も相まって、「ホームバーグの誤り」に端を発する「歴史の誤認」がアメリカ(そして世界)を覆い尽くしてしまった。さて、本書を読んで、その認識を改めようではないか。

さてでは、本書に習って、『人口』『起源』『生態系とのかかわり』の三つに分けて、本書の内容を書いていきましょう。「本書に習って」と書いたものの、本書も、その三つは大雑把に区切られているだけであり、あらゆるページにあらゆる話題が入り込む。正直、『人口』『起源』『生態系とのかかわり』に含まれない話も多々出てくる(半分ぐらいそうだ、と言ったら言い過ぎかもしれないが、印象としてはそういう感じだ)。それでも、それらの枝葉にも触れようとするといくら時間があっても足りないので、上記の三つの点に絞って書いてみようと思う。ちなみに、本書の中から様々な引用をするが、時系列通りに抜き出しているわけでも、同じ話題の中から抜き出しているわけでもないので、厳密にいうと文脈が違うものもあるだろうと思う。同じ話の流れの中で、まったく別の地域に関する引用を並べることもあるかもしれない。でもまあ、いちいち断りを入れるのも煩雑だし、とりあえずその辺りは多目に見てもらって、詳しいことは是非本書を読んでみてください。

まず『人口』について。結論は、既に書いたようなものだ。それまで考えられていたよりも遥かに(相当に)人口は多かったようである。

『彼は紀元1000年にはこの都市(=ティワナク)が11万5000人もの人口を擁し、周辺地域にも25万人が暮らしていたと書いている。フランスのパリでさえ、人口が25万人に達したのは500年もあとのことだった』

『はじめて慎重な計算にもとづく先住民人口の推計が出たのは、1928年のことだ。スミソニアン境界のすぐれた民族誌学者、ジェームズ・ムーニーが植民地時代の文献と政府の公文書をくまなく調べ、1491年の北米大陸の人口は115万人であったという結論を出した』

『(1970年台頃には)彼らは、コロンブス到着当時のメキシコには、中央高地だけでも2520万人の先住民が暮らしていたという結論を出したのだ。ちなみに、この時代のスペイン、ポルトガルは、両国の人口を合わせても1000万人に満たなかった。当時のメキシコ中央部は地球上でもっとも人口の多い地域であったとし、人口密度も中国やインドの二倍だったと推定した』

『やがてドビンズは、1491年当時のアメリカ大陸の人口は9000万人から1億1200万人であったとする見解を発表した。べつの言い方をすれば、コロンブスが大西洋をわたったとき、アメリカ大陸には、ヨーロッパ全土を合わせたよりも多くの人々が暮らしていたというのである。』

研究者や時代によって推計値はどんどんと変化するが、とにかく一致しているのは、アメリカ大陸には他の地域に比べて圧倒的に人が住んでいた、という点だ。個々の数字はともかくとして、これはきっと間違いのないことなのだろう。
もしそのままの人口を保つことが出来ていれば、アメリカ大陸がヨーロッパに侵略されるようなこともなかっただろう。しかし、驚異的な伝染病が次々と襲った。伝染病への免疫がほとんどなかったと考えられている先住民は、その大流行に太刀打ち出来ず、人口の90%を失うという惨禍に見舞われることになった。実際本書には、当時のヨーロッパ人が、「伝染病という神のご加護のお陰で、この土地を自由に平和に所有できる」というような記述があるという。準備不足で、少人数だったヨーロッパ人がアメリカ大陸を侵略することが出来たのは、まさに伝染病のお陰なのだ。

『国連の1999年の推計では、16世紀はじめごろの地球人口は約5億人とされている。もしドビンズの推計が正しいとすれば、伝染病によって、17世紀の前半までに8000万人から1億人の先住民が命を奪われたことになる。地球上に住む人の5人にひとりが伝染病で亡くなったということだ』

この『人口』のパートには、ヨーロッパ人が初めてアメリカ大陸にやってきた当時をリアルに描き出した物語が描かれているのだけど、なかなかここで触れるのが難しい。本書を読むと、「強くて勇猛なヨーロッパ人が、非力で無教養な先住民をいとも簡単に征服した」というようなイメージがするっと覆るだろうと思います。是非読んでみて欲しいです。

さて、『起源』に移ります。
16世紀以来、アメリカ先住民の起源はずっと謎だったという。元々は、先ほどもちょっと書いたように、「1万3000年前にベーリング海峡の無氷回廊を通ってアメリカ大陸にやってきた」と考えられていた。しかし、様々な証拠から、『彼らはほぼ間違いなく、無氷回廊が開けた時期より以前にそこに到達していたはずだった』と考えられている。『アメリカ先住民が二万年前、三万年前から大陸に住んでいたかもしれない』と考えられるようになってきているという。これもまだはっきりと固まった学説ではないようで、アメリカ先住民の起源は相変わらず謎であるようだが、それまで思われていたよりも遥かに古くからアメリカ大陸に住んでいたことはどうも間違いないようである。
「アメリカ先住民の起源」は過去、ひょんなことから大きな問題を引き起こしたことがある。この話が、なかなか面白い。
当初コロンブスは、「インド」に辿り着いたと考えていた。しかし、コロンブスの後継者によって、彼らがたどり着いた場所が「アジアの一部」ではないことが判明し、キリスト教の世界に非常に難しい問題を提起することになった。

『創世記には、ありとあらゆる人間と動物はノアの洪水で死んでしまい、方舟に乗ってトルコ東部にあったと思われるアララト山の頂におち立ったものだけが生き残ったと書いてある。ではなぜ、人間や動物があの広大な太平洋を渡ることができたのだろうか。インディオ/インディアンの存在は、聖書とキリスト教を否定するのだろうか』

これは結局、「インディオはヨーロッパかアジアからそこへわたったと結論せざるを得ない」ということになり、つまる「アメリカ大陸とアジアはどこかでつながっていたに違いない」と考えられるようになった。フィールドワーク上の発見から「アジア→アメリカ大陸」への移動が示唆されていたのではなく、キリスト教の要請によってその考え方が出てきたというのが、非常に面白いと思った。
また、アメリカ大陸の先住民は、世界有数の文明を持っていたと考えられている。これは、従来の考古学では考えられないことだ。これまで文明は、農耕に適した土地でしか生まれないと考えられてきた。しかし、ノルテ・チコと呼ばれるペルー中部では紀元前3500年頃、文明が興ったと考えられている。土地は痩せ、地震が起きやすく、気候も不安定なこの土地で。

『彼らの推測通り、アスペロ遺跡が現在考えられているよりもずっと古いとなれば、世界最古の都市―人類の文明発祥地―を名乗る資格を獲得できる可能性もある』

『もしいまマクニールが「世界史」を執筆するとしたら、新たに二つの地域を書き加えることになるだろう。二つのうち、より広く知られているのは、紀元前にオルメカなどの文明がいくつも栄えたメソアメリカ。もう一つは、メソアメリカよりもずっと古い文明の発祥地でありながら、二十一世紀になったようやく光があたったペルーの海岸地方だ』

さて、最後『生態系とのかかわり』である。
メガーズという考古学者が発表した、「環境としての熱帯雨林は、焼き畑耕作に代表されるレベルまでしか文化の発達を許さない」という説は、環境保護団体などに支持され、「アマゾンの森林は、人の干渉を受けたことがない土地だ」とし、「人類の手が加わっていない自然をそのまま残そう」という機運を高めていった。1930年代には、マヤ文明が崩壊したのは、環境容量の限界を超えたからだという仮説も出されており、そのような「人跡未踏の自然を守る」という大義名分は、どんどんと大きくなっていった。
しかし近年、多くの人が「人の手が加わっていない」と考えてきた自然が、実は先住民たちが「様々に手を加え、努力して改良して来た結果なのだ」という見方が広まっている。

『マラジョア族は、森林を破壊したのではなく、「多大な人口、高い人口密度、すぐれた公共事業制度」によってこれを改良したのである、と』

『近年、アマゾン先住民が環境に大きな影響を及ぼしたと考える研究者が増えてきた。人類学者のあいだでは、広大なアマゾンの森林もまた、カホキアやマヤ中部地域と同様、文化の所産―つまり人工物ーだという意見が出てきているのだ』

『ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の人類学者、ピーター・スタールも、「環境保護論者は人跡未踏の原始の世界と思いたがっているが、多くの研究者は、じつは何千年もの昔から人の手によって管理されてきたと考えている」と報告している。エリクソンは「つくられた環境」という表現は、「すべてとは言わないまでも、新熱帯区(北回帰線の北米、中南米、西インド諸島をふくむ生物地理区)の景観のほとんどにあてはまる」とする見解を述べている』

『現代の観点から見れば、こうした移行を成功させたことはみごととしか言いようがない。徹底的に、しかも広範囲にわたっておこなわれたので、コロンブス以後、ここを訪れたヨーロッパ人は、果樹の数が多いことと、開けた広大な土地が多いことに驚いた。だが自分たちと同じ人間がそれをつくったのだとは夢にも思わなかった。バートラムも自分が目にした景観が人口のものであることを見抜けなかったが、それは一つに、森の外科手術がまったくコン駅を残さずにおこなわれてからである』

またアマゾンの森林地帯には、『もしこの土壌の秘密を解明できれば、アフリカの農業を危機に追い込んでいる劣悪な土地を改良することができるかもしれない』と考えられている、テラ・プレータという非常に肥沃な土地が存在する。これも、研究者を酷く驚かせたようだ。『教科書どおちに考えれば、そんなところに、そんな土壌があるはずがないのです』という。

『彼らはここで何百年も前から農耕を営んできましたが、土壌を破壊せずに改良したのです。現代に生きるわたしたちもまだその方法を知らないのに、彼らはやってのけたのですよ』

さてここまでで、先に挙げた三つのテーマは終わりだ。最後にいくつか、アメリカ大陸で興った文明が発明したかもしれない、様々なものについての文章を引用しよう。

『(ゼロは)ヨーロッパには十二世紀になってから、今日使われているアラビア数字ととともに伝わった。しかしアメリカ大陸で最古のゼロの記録は、357年ごろのものと思われるマヤ遺跡から見つかっている。これは恐らくサンスクリットよりも古い。』

『オルメカ人やマヤ人など、メソアメリカに文明を興した人々は、世界的に見ても数学と天文学のパイオニアだったのだが、なぜか車輪を実用的な道具として使わなかったのだ。驚いたことに、彼らは車輪を発明しながら、子供のおもちゃにしか使わなかった』

『どちらの説も、6000年以上も前にメキシコ南部で―おそらく高地で―インディオがはじめてトウモロコシの祖先種を栽培した。現代のトウモロコシが生まれたのは、意図的に生物学的操作をするという大胆な試みが成功した結果だとしている。「まちがいなく人類初の、そしてもっとも高度な遺伝子操作がおこなわれたのである」』

『ミルパ(=トウモロコシ畑のことだが、実際はもっと複雑な意味を持つ)は「人類史上もっとも大きな成功をおさめた発明の一つ」だという』

『考古学上の記録から判断すると、驚くほど短期間で文字がつくられ、発展したことになる。シュメールでは6000年かかったが、メソアメリカでは1000年もかからなかったのだ。しかもその短いあいだに、メソアメリカ社会全体で十種類以上の文字体系が生まれているのである』

いかがだろうか。もちろん本書に書かれている内容は、まだ学説として固まっていないものが多いだろう。教科書に反映されるようになるのは、まだ先のことかもしれない。アメリカ人にさえ広く知られていない、まさに知られざる歴史。コロンブスがアメリカ大陸にやってくる以前のアメリカ大陸の姿を、実に生き生きと描きだす作品だ。僕は、冒頭でも書いたけど、歴史というものにほぼ関心を持てないでいるのだけど、本書は奇跡的に僕にも楽しめる、というかメチャクチャ知的好奇心を刺激させられる作品だった。考古学や人類学の専門家が書いているわけではないのでそこまで難しい話にはならないし、サイエンス・ライターらしい公平性が発揮され、様々な学説が出来る限る平等に扱われている。歴史を扱った作品としてはなかなか稀有な本ではないかと感じました。是非読んでみてください。

チャールズ C.マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2578-610d1482

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)