黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論(芦田宏直)

内容に入ろうと思います。
本書は、なかなか一言では説明できないほど多様な文章が詰め込まれた、社会人を応援する書でもあり、学生を鼓舞する書でもあり、哲学的思考に浸れる書でもあり、教育界に一石を投じる書でもあります。タイトルは非常にインパクトがありますが、別に努力を否定する作品ではありません。
本書は、先程も書いたように、とにかくあらゆる種類の文章が整理されつめ込まれているので、とてもそのすべてに触れるわけにはいきません。これだけ玉石混交なのは(文体や考え方がではなく、触れられているジャンルがということ)、本書の元になったのが著者のブログだからでしょうか。非常に難しい(と僕には思える)哲学的な話もあれば、電車の中で出会ったとある少年との邂逅の話なんてのもあったりします。触れられているジャンルは多岐に渡りますが、著者のスタンスは常に一貫している(ように僕には思える)ので、作品全体としては統一感を感じさせる作品でもあります。
さて、そんなわけで僕は、本書の内容の内、「著者が学生たちに向けた言葉」と「ツイッター論」に関してのみ取り上げようと思います。
「著者が学生たちに向けた言葉」というのは、著者が専門学校の校長であった時代に、入学式や卒業式で生徒に向けて語った言葉のことです。
これが本当に素晴らしいものばかりでした。本書の第1章から第3章(およそ100Pほど)がそれに当たるわけですが、ここの部分は本当に多くの人に読んで欲しいと思いました。「これから学ぶ者」という広い意味での「学生」にも、「学ぶ者の養育者」である「親」にも、あるいは「学びを提供する者」である「教師・教授」にも、「学んだ者を受け入れる場」である「企業」にも、「社会という場で学んでいる者」である「社会人」にも、とにかくあらゆる人に読んで欲しいなと思いました。
僕の個人的な提案では、この第1章~第3章だけを、独立して新書に編集しなおして(ちょっと分量が足りないから、何か他の文章を付け足しつつ)売り出したら、メチャクチャ売れるような気がします。本書は本書として存在させつつ、本書の内容をジャンル別に再編成しなおし、それをターゲットに合わせた判型や値段設定で出し直すというのは結構アリなのではないかと思います。何故そんな風に思うのかというと、本書は索引まで込で500P近くの分量があり、値段も2940円と結構な高さだからです。内容は非常に良いと思いますが、この条件で広い層に届かせるのはなかなか難しいかもしれない、と思いもします。そんなわけで、先の「新書に再編集」というのを思いつきました。
さてでは、著者が学生たちにどんな言葉を与えてきたのか。引用していこうと思います。

<努力する人間は有害>

『三番目の人材(=がんばり屋で目標を達成できない人)は、なぜ目標を達成できないのでしょうか。それは自分の仕事の仕方を変えないからです。仕事の仕方を変えて目標を達成しようとはせずに、時間をさらにかけて達成しようとする。これが努力をする人が目標を達成できない理由です』

『「考えろ」の反対語は、しがたって「行動しろ」ではありません。IBMの言うTHINKとは、「考えてばかりいないで行動しろ、まずは行動だ」と批判される場合の理論的な思考のことを言っているのではなくて、平たく言えば、工夫をしろ、やり方を変えろ、ということです』

<時間がないと言うな>

『そして、「時間がない」というだけではなく、「時間(とお金)があれば、もう少しいい仕事ができた」とまで言うようになります。
これは間違っています。こんなことを言ってはいけない。今日のこの日をもってわが卒業生たちは「じかんがない」と言わないことを約束してください。
どんなプロの人間でもいつも時間がないこととお金がないこととの中で仕事をしています。六割、七割の満足度で仕事を終えています。悔いが残ることの連続です。プロの仕事というのは実は悔いの残る、不十分な仕事の連続なのです。
結局、六割、七割でも外部に通用するようなパワー(協力なパワー)を有しているというのが、仕事をするということの実際だということです』

<単純作業などない>

『単純な仕事を単純にしかこなせない人は、いつまで経っても単純な仕事しか与えられません。だから、「コピー上級」の人になれば、会社は、こんな人にコピーを取らせ続けるのは失礼だし、もったいないと逆に思い始めます。そのようにして、コピー上級の人は”出世”していくわけです』

『仕事は、自分からすすんでするものだという人がいますが、それは間違い。会社は、「顧客」を相手に仕事をします。だからいつでも真剣勝負です。だから会社は、いつでも真剣勝負のできる人を採用後の会社内であっても探し続けています。その結果、仕事は「与えられる」のです。だから「与えられる」というのは、それ自体<評価>なのです。評価の結果なのです。仕事が与えられるということが最大の栄誉であって、その与えられた仕事に期待以上の成果を出して答える。それが仕事をするということの意味です』

『職業人として「社会人」になるということは、最初に<選択>や<好き嫌い>があるのではなくて、他人に仕事を頼まれた、任されたという<信用>や<期待>です。この<信用><期待>というのは、その仕事を頼んだ人が期待したように仕事をするだけではなかなか得られるものではありません。そんな仕事の仕方があったのか、と頼んだ人が少し驚くような仕事をすることこそが<信用>というものに繋がっていきます。仕事を頼んだ人が、「悪かったね、こんな仕事をさせちゃって」というくらいの仕事をすることが、<信用>を生んでいきます。期待とは、いつでも期待以上のことなのです』

『単純な仕事を単純にしか考えない人は、単純な仕事しか回ってこないのです。仕事に高級な仕事も低級な仕事もありません。コピー取りであっても、その<信用>に応えることこそが仕事というものです。そういった些細ではあるけれど、一つ一つの信用に応えていくことが、みなさんが大きな仕事をするようになるきっかけになっていくのです』

<お客は遠くにいる>

『自分の好きな人にだけ商品を売っている限りは、マーケットは広がりはしない。会ったこともない、意見も会わない人に喜んで商品を買ってもらうようになって初めてマーケットは広がり、商品やサービスは売れる。その意味で、社内マーケットはその前哨戦です。自分以外のすべての人をお客様だと思いなさい。まず目の前の同僚や先輩に評価される人材になりなさい』

『つまり、あなたがお店で出くわすお客様の以前に、会社は多くのお金をかけており、ウィンドウの外に立つ一人の通行人にもすでに多くのお金が支払われている。
一人のお客様を店の内部で相手にするということは、本当はごく一部の出来事であって、そのお客様を獲得するのに、多くの逃げ去ったウィンドウの外のお客様がいる』

『ただ単に、目の前のお客様に喜んでもらえるのではなくて、一年間のさまざまな誘惑に、あたな方の技術力が勝てるのか、今度もまたあの店で、あのお兄さんに修理してもらおう、自分の車を預けよう、少しくらい高くてもいいや、という気になってもらえるか、そこが技術者としてあなた方が問われている本来の技術力です』

<顧客満足とは?>

『みなさんは、卒業する今日まで<学生>でした。だからみなさんの評価の基準は、「正しいか、間違っているか」だったと思います。(中略)
ところが、「お客様を大切にしよう」というのは、正しい、正しくないという問題ではありません。正しいことをやっていても、お客様が認めないことがあります。そんなことはいくらでもあります』

『そういう人たち(=買いたいもの以外の出費で大半の稼ぎをなくしている人)に、それでもお金を出させて、「顧客にする」。それがあなたたちの四月からの課題になります。そういったなけなし状態の家族持ちに、車を買わせたり、家を建てさせたりする仕事があなたたちの仕事になります。そのときに自らが、自由になる10万円の贅沢(=実家暮らし)をしているようでは「顧客の要求」に応えることなどできません』

<勉強するということ>

『あなた方は勉強すべく親に依存しているのであって、親もまた勉強させるべく投資しているのですから、親に直接お金(小銭)を返すことの意味などないのです。まして授業中寝ているなんてことが、親にとっては問題外のことです。大切なことは、そういった投資や信用に報いることであって、それを跳ね返すことではありません』

『学生を「顧客」と見なす学校は危うい学校です。「勉強しなさい」というのはまだ勝手に自分で考えてはいけませんということを意味しています。20歳前後のあなたたちに一番うるさいのは銀行でも親でもなくまさに<学校>であるべきなのです』

『学生時代と社会人になってからの勉強の一番の違いは、<必要>かどうかということが最大の目安になります。<社会人>になると、毎日毎日「必要」な勉強に迫られます。勉強しないと「上司」からは怒られるし、「仲間」にも迷惑をかけるし、「お客様」にも満足してもらえない、そんな「必要」から勉強をすることが日常的になります』

『いい歳して<書物>の中に、何らかの教えを見出すのではなく、日々の仕事や生活それ自体の中に課題を見出す純粋な能力が備わっているからです。「もっと勉強をしておけばよかった」は、したがって、後悔どころか、むしろ諸課題(と諸解決)からの逃亡を意味しているにすぎません』

『本をまともに読むことができるのは学生時代だけです。効率主義で社会的に分業された社会人は雑誌か新聞かベストセラーしか読めない。本を読むということは、もっとも<効率>と反することだからです。だから、書物の<心>なんてわからない。じっくり書物が読めるときは、学生時代しかありません。卒業するまでに分厚い専門書を10冊は<心>まで読み込んでみてください。それだけで一生死ぬまで<社会人>に勝てます』

<就活について>

『あなたたちの先輩は、たとえ専門学校生の総合職採用がない企業であっても、自分で学んだ内容をPowerPointにスライド化し、「ぜひ一度会って、プレゼンを見て欲しい、プログラムを見て欲しい」と先生と共に懇願し、10月採用の企業への道を切り開こうとしてきました。こんなことをやっているのは、全国の専門学校で、私たちの専門学校だけです』

『しかし「受験勉強」というのは決して悪いものではありません。一流の大学へ入学するには、計画力や実行力、忍耐やガマン、継続性、自己の欠点や強みの認識、欠点の補正能力など社会人になっても要求される数々の心理モデルが必要になります。また、もう一つ受験勉強の特質があります。それは「遠い」ものへの意識を経験するということです。全国模擬試験や偏差値を通じて、クラスの級友(のライバル)を越えた関係を意識することになります。「遠い」もの、見えないものを制御する意識を受験勉強で初めて経験し、それを乗り越えていくわけです』

『「自分の個性」「自分の特長」などと思っているものは、体外のところ「個性」でも何でもない。高度な二十四時間情報社会に生きるあなたたちの「個性」や「特長」ほどくだらないものはない。携帯メール、ミクシィ、ツイッターによって二十四時間アウトプットばかりしているあなたたちにどんなストックがあるというのか。面接官がそれらの個性について二つ三つと質問するともう何も言うことがなくなるほどの薄っぺらな個性にすぎない。自分の語った言葉や事態さえ、満足に説明できないあなたたちの「個性」「特長」って何?』

『あなたたちのこれまでの勉強は、<努力>すれば先が見えるという性格のものだった。つまり<累積>がものを言う世界だった。でも、実社会は、<累積>では仕事ができない。「予習」や「復習」が効かないのが実社会というもの。いつも<変化>を迫られている。だから<努力>では就職はできない。就職ができないだけではなく、<努力>では<仕事>ができない』

<読書について>

『”難しい”文章や本を読むのが苦手な人というのは、何が苦手なのだろうか。
その理由ははっきりしている。”難しい”本を読めないのは、順追って最初から読んでいこうとするからだ。どの一行にも意味があると思って(もちろん意味はあるのだが)、そしてまた後の行、あるいは後の段落は、最初の行や最初の段落を理解しなければ理解できないと思って、最初からきまじめに読もうとする。そして「こりゃあ、ダメだ」と言って投げ出す。これではどんなに自己研鑚を進めても”難しい”本は読めない』

『本を読める人というのは、すべてがわかる”賢い人”なのではなくて、わからないことを恐れない人のことを言う。わからないところで断念するのではなくて、飛ばして先に進む悠木があるかないか、それが読書の境目。本を読めない人は、わからないところが出てくるとすぐにそれで諦める。誰が読んでもわからないものはわからない、そう思えないのが本を読めない人の特長』

いかがでしょうか?著者は30歳前半ぐらいまでずっと大学院でハイデガーの研究をしていた人のようです。なんとなくそういう、実社会からかけ離れた研究者というのは、世の中のことから浮きがちなんではないかというイメージがあるけど、著者は全然そうではない。本書を読む限り、自分が研究してきた哲学を実社会と接続させ、自分なりに咀嚼して言葉にしているように感じる。もちろん、実社会でしてきた様々な経験も著者の血肉になっているのだろうけど、なんとなく、実社会とはかけ離れた「哲学」の存在が、著者を実社会と強く接続させているように見えるので面白い。
さてもう一つのツイッターの方である。
本書の中で著者は、ツイッターは、ミクシィやフェイスブックとは違った、斬新なコミュニティのあり方を提示した、というような話を展開していく。「ツイッター微分論」と章題がつけられており、「ツイッターは<現在>を微分し続ける」「ストックがないことが、一般人と専門家の垣根を取り払う」というような議論が展開されます。
僕は、ミクシィもフェイスブックもまともにやってないんだけど、ちょっとやった限り自分には向いてないと思いました。でも、ツイッターだけは、自分ととても相性がいいのですよね。恐らく僕は、著者が主張するような形でツイッターを使っていないと思うのだけど、書かれていることは頷けることが多いなと感じました。

『ツイッターというのは、人の自他にわたる長期の観察や生殺、つまりデータベース主義(ストック主義)をやめようというメディアなわけです』

『ツイッターというメディアが表現しようとしているものは、その意味では反人間的なものです。<現在>という状態で微分していくと、賢い人もバカな人もコミュニケーションができるようになってくる。ツイッターは<人間>や<専門性>を越えているからこそ、交流が活発化するのです。この点が、コミュニケーションを<人間>で括るミクシィやフェイスブックとの大きな違いです』

『長文の名手である専門家(知識人)というのは、結論を先送りして出し惜しみしているだけなわけです。長文を書いておけば、バカな人からは絶対に非難を受けない(笑)。バカは長文を読めないし、どこに結論があるかもわからない(笑)。それで最後は著者の年齢はいくつだとかどこの大学を出たかとか、何をやっていた人だとか、何冊本を出している人かなどでごまかしてしまう。最後の著者略歴しか読まない。しかし、そういうやり方で逃げ切れないのがツイッターであって、どんな長い文章を書くのが好きな人も140文字で書かなきゃいけないから、どんなバカでも有名な人の結論を瞬時に見ることができます。結論というものは、いつでも短いし、単純なものです。だから誰でも判断できる』

『フェイスブックが旧態依然なのは、最初から交流の単位が(ストックとしての)<人間>だからです。すでに人間が、人間の評価が平均化されている。だからフェイスブックではエライ人はエライ人でしかない。なんたってデフォルトで<学歴>を聞いてくるのですから(笑)。<人間>は、<人間>という長い時間の単位で括ると、逆に多様な交流ができないのです。その人はその人でしかないという再認しかできない。これは<ソーシャル>とはいえない。<ソーシャル>とは異質な他者との交流のことを言います。ミクシィもフェイスブックも同種の者しか集まらない。厳密にはそれらはソーシャルメディアではないのです』

『ツイッターの微分機能はそれに対して携帯でもないし、電話でもないし、チャットでもない新しい次元を切り開いたわけです。これは内面を現在で微分しているという意味ではすごく内面を強化しているけれども、タイムラインがどんどん内面を解体していきますから、携帯電話やメールのようなきつい感じにはなっていかない』

『ツイッターは過去と未来を忘れることができる究極のメディアなわけです。つまりストックなしでも生きていける希望の原理がツイッターで、バカも頭の良いと言われている人も平等だという意味で、だからみなが面白がっている』

『いま書いているツイートが魅力的でなければ、その人がすごく偉い人であろうとすごく実績を持っていようとバカはバカだというところで、実在的な過去=実績をつぶすだけの十分な威力をツイッターは持っています。みなが興奮しているところはそこです』

『ソーシャルメディアに囲まれた今日では、タレントを含めた少数の著名人以外には体験しなかった他者評価が日常化しています。他者(からの評価)など意識しなかった人たちが、さかんに自分のささいな日常を暴露して(失業中であってさえも、夜中であっても)忙しくしている。忙しくすることによって社会参加しているような気分に浸っている。自分の窮状を棚上げするかのように。(中略)働いても働いても楽にならない忙しい窮状ではなくて、働かなくても、何もしていなくても忙しい窮状が今日の窮状の本質です。誰からも期待されていない無名(無力)の人が無名のままで忙しい社会、これがソーシャルメディアが招来する社会です。一言で言うと、忙しい退屈に充ちた社会。大震災も大津波も原発のメルトダウンも「傘がない」(井上陽水)ことと等価になる社会がソーシャルメディア社会の意味です』

さてというわけで、「著者が学生たちに向けた言葉」と「ツイッター論」についてだけ本書から様々な引用をしてみました。正直ここで扱うことが出来た話題は、本書のほんの一部でしかありません。他にも、教育や哲学など大きな話から、予備校の勧誘マンが家に来た話と言ったとても身近な話も出てきます。非常に興味深く、面白く読ませる作品でした。哲学の話など、難しくて読み飛ばしたところもありますが、全体的には本書の副題通り、「学校と仕事と社会の新人論」であり、学校と仕事と社会に関わる人(つまりほとんどの人)に読んで欲しい作品です。分量・値段ともになかなかのハードルの高さですが、是非ともチャレンジしてみてください。

芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2575-dafbcf9f

新刊『努力する人間になってはいけない ― 学校と仕事と社会の新人論』、すべてを読んだ気にさせる書評を頂きました(笑)

また力作書評を頂きました。「黒夜行」さんという方の書評ブログです。以下、全文掲載します。 ------------------------- 本書は、なかなか一言では説明できないほど多様な文章が詰め込まれた、社会人を応援する書でもあり、学生を鼓舞する書でもあり、哲学的思考に浸れる書でもあり、教育界に一石を投じる書でもあります。 タイトルは非常にインパクトがありますが、別に努力を否定する作品で...

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)