黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

僕、9歳の大学生!(矢野祥)

『僕は高い知能指数は早く理解できるという点でボーナスだと思うけど、勤勉がもっと大切なことだと思う。(中略)それよりも習うことへの従順さと、自分が成功するための意志や意欲がとても大切だと思う。人は僕が高い知能指数なのであまり勤勉でないと思うようだけれど、それは正しくはない』

本当にその通りだと、最近よく思う。
僕は、自分で言うのはなんだけど、「頭がいい」と言ってもらえる機会が時々ある。ありがたいことだ。実際はどうかわからない。僕自身は、「頭が良い風に見せるのが巧いだけだ」と思っている面もある。もちろん、「そこそこ悪くないかもしれない」と思っている面もある。ただよくわからない。
が、一つだけ確かなことがある。たとえ僕が「頭がいい」のだとしても、それだけでは何も成し得ないし、何も出来ない、ということだ。
僕は、色んなことに対して興味もやる気もない。頭がいいかどうかという点とは無関係に、こういう僕の意欲のなさは致命的だ。最近僕は、「頭がよくてやる気のない人間」と、「頭が悪くてやる気のある人間」と、どっちの方がいいだろう、と考える。状況次第だろうが、どっちもどっちで、対して差はないかもしれないとも思う。

『確かに僕は自分が高い知能指数を持っていることを喜んでいる。いつも僕自身の役に立つと思うからだ。けど、それだけでこの世のすべてが解決するわけでない。知能指数がどんな良いことをするのだろう。知能指数は単に可能性の一つにすぎない』

『僕には高い可能性があるけれど、同時にその恵みは重い責任と共にある。僕には、僕の可能性をフルに生かす責任がある。僕の両親は、僕に「高い目標を持つように」と話をしてくれる。「アヒルが地面を歩いていても誰もおかしく思わない。アヒルはいつも地面を歩くから。でも、鷲がアヒルのようにずっと地面を歩いていたらおかしいと思う。だって、鷲は、空を飛ぶのが普通だから。」そして僕を励ましてくれる。「祥も鷲のように高く舞い上がる可能性がある。だから、地面ではなく、可能性を使って高く飛びなさい」』

『アインシュタインは自分の意思で実行し続けたから偉大なことができたのであり、知能指数が高かったことのみによって達成できたのではない』

『能力よりもアクション(行動)が重要だ。「僕が高い知能指数を持っている」ということは、「僕が何をするか」ということほど重要ではない。
僕の行動は僕の能力より重要なことだ。
また、いくらひとりの人が特別に能力があるからといって、その人がひとりの力で偉大なことをすると思うのは間違いだ。どんな偉大な発見や業績でも、社会的背景や先人の積み上げてきた業績の上に出来るものだ。(中略)どんな偉大なこともひとりでできるのではない。高い能力のひとよりも、普通の能力の人が多く協力し合うほうが何百倍もの効果を発揮できるだろう』

『僕は、9歳で大学に入るために今まで勉強してきたわけではない。勉強していたら結果としてこうなっただけだ。同じように、もし僕がノーベル賞をもらうことになったとしたら、それは僕の本当の目的に向かっていった結果だと思う。きっと、ノーベル賞は、研究することや好奇心を失わずに何年ものあいだ、とても一生懸命働いてきた人たちに贈られるものだと思う。絶え間ない継続と、諦めない我慢強さにまさるものはないはずだ』

『ぼくと同じくらいの知能指数の人はきっといる。でも僕の年で大学に行っている人はいまのところ知らない。これは、知能指数のせいだけではない。両親の助け、体の健康、社会の理解、他人の助け、僕の学ぶ姿勢や強い好奇心や努力、学ぶための従順さ、なども必要だ』

『知能指数だけを見ると世の中は不公平に見えるかもしれないけど、かといって怒ったり落胆するほどではないと思う。どんな人もその人から見ると100%保証されたものはなく、みんな自分の在るところから、自分の可能性を広げていく必要がある。だから、それぞれに大変なことがあり、習うべきことがある。そういう意味で、人生はとてもおもしろく、すべての人はすばらしい意味と価値を持っているのだと思う。
同じ価値で同じことを考え、同じことを苦労する人がいるとしたら、それはなんと味気ないことだろうか』

これらはすべて、ほんしょの「まえがき」に書かれている矢野祥氏の文章だ。本書にはこれが、何歳で書かれている文章なのかという記載はない。なんとなく、9歳の時に書かれたものではないだろうと思う。本書の親本が発売されたのは2001年の頃だそうだから、11歳の時の文章かもしれない。あるいは、この文庫化で新たに書かれたものかもしれない。
まあ何歳で書かれた文章であっても、ここで書かれていることの素晴らしさは損なわれはしない。彼は、自身に与えられた知能指数は「単なるボーナス」であり、それだけでここまでこられたわけではない、ときちんと自覚している。むしろ、知能指数が果たした役割はそこまで大きくはない、と思っている風でもある。もちろんそんなわけはないだろうが、しかしそういう風に意識していることはとても良いと僕は思う。この「まえがき」の文章だけでも、著者が「ただ勉強が出来るだけの人」なのではなく、「人間的に非常に成熟している人」であることが伝わるだろうと思う。
これには、両親の子育ての仕方が非常に良かったのだろうと、本書を読んでて実感させられる。
著者の両親のスタンスは、非常にシンプルで一貫している。それは、

『子どもにあった育て方を、子どもと一緒に試行錯誤しながら模索する』

というものだ。こういう両親の元に生まれたからこそ、著者は自分の能力を全力で発揮することができた。
知能指数の高い子どもを授かって羨ましい、と思う人もいるかもしれない。しかし、そういう感想を抱くのは、やはり適切ではないだろう。いくら知能指数の高い子どもを授かっても、親の育て方が不適切であればうまくいかないだろう。本書の中にも、素晴らしいピアニストの腕を持つ子どもが、両親のスパルタ教育のせいで音楽の世界から離れてしまった、という例が描かれる場面がある。そういう意味で、矢野祥氏は非常に恵まれた環境で育ったと言えるだろう。
本書を読んでいて強く実感したことは、もしこの両親の元にダウン症の子が生まれたとしても、この両親はダウン症の子にあった育て方を一緒になって模索して子育てをしたことだろう、ということだ。知能指数の高い子どもを授かったから「ラッキーな両親」なのではない。むしろラッキーだったのは、そういう両親の元に生まれてきた矢野祥氏の方だったと、本書を読んで実感できる。
4歳の時に知能指数のテストを受け、「200以上のどこかです」「20年以上、子供の学校のために知能テストをやってきたけど祥君みたいなのは初めて」と心理学者の先生に言われた両親。

『もし祥が日本の学校に入っていたら、きっと問題児になっていたでしょう。学校の勉強は1週間で退屈になり、授業中は隠れて本を読んだり、落書きしたり、字は乱れていいかげんになり、周りにいたずらしたりするばかりだったかもしれません』

アメリカでの教育も、順風だったわけでは決してない。しかしアメリカの教師は、「私から学んではいけない(もっといい先生の元で学びなさい)」と言うような気風があり、そういう中で、特に母親は自分の主張を曲げず、子供のために最良の選択肢を常に模索し続けた。そうした努力の結果が、9歳の大学生という結果に繋がるのだ。
両親は、決してスパルタだったわけではない。本書を読む限り、勉強に関して細々したことは言わなかったようだ。ミスをしてもそれほど怒らない。それよりも、嘘をついたり、自分をごまかしたり、そういう時にきちんと怒るなど、人間としてどう育てていくかという部分に重点を置く教育をしているように思えた。

『「大きくなったらミスしなくなったり、自然と気がつくようになるよ」というのが両親の口癖だった。父さんも「自分が子供のときはもっとしたよ」とか、母さんも、「自分も同じ過ちをしたよ」と話してくれて、ホッとした気になった』

『「自分の知識や意見が正しいことを他の人に証明する必要はない」と父さんが言っている。ぼくもそう思った』

『また、「何のために勉強するのか」という目的を明確に示してあげなければ勉強にやる気が出ないと思います。「何のために勉強するのか」を親や教師がもっと分かりやすく示してあげなければ子供はやる気が出ないと思います』

『父は私が周りと少し違う大学生活を送っていることについて、「他人のコピーのように生きても意味がない」「祥はとってもスペシャルなんだ」「それでいいんだ。心配ない、大丈夫」と勇気づけてくれました』

本書を読むと、「知能指数」というのは一つの個性の現われでしかなく、その個性をどのように潰さないで伸ばしていくか、そしてそれと同時に、その個性以外の部分をいかにして真っ当に育てていくかというのは、「知能指数」に限らず、どんな個性を持つ子供にも当てはまるのだろうなと思いました。世の中には、様々な教育法や子育て法が溢れているでしょうし、それらを参考にしながら教育を熱心に行う親もいるかもしれません。でも一番大事なことは、目の前にいる自分の子どもをきちんと見て、その子どもの個性に応じて自らの教え方を変化させていくことです。誰かの受け売りをそのまま試しても、千差万別の個性を持つ子どもに当てはまるとは思えません。本書は、「IQ200以上の天才児の子育て本」という視点で読んでしまえば、自分とは無関係の世界の話になってしまうけど、「個性と向き合う子育てをした親子の物語」と捉えれば、あらゆる人に関わるものになるのではないかなと思います。
本書は基本的には、著者が9歳で大学入学した時からつけている日記がメインの作品です。著者が、たった9歳で「大学生活」という異世界の中で生きていく中で、何をどう感じ、どんな思考を展開していくのかが面白い作品です。
子どもであるということで、色々苦労することもあったようです。図書館に本を借りに言っても、親のおつかいだと思われてしまうし(学生証を見せたのにそう聞かれたことに対して著者は不満をもらす)、「学内に小さな大学生がいること」を学内に広めて欲しいと著者自ら大学側と掛け合ったりしています。

『新しい授業に参加する際は毎回、「自分には大学で勉強する能力がある」ということと「けしてガリ勉だとか、社会性に欠けた変人ではない」ということを証明しなければいけない、というプレッシャーを感じていました「どうしてそんな幼い子を大学に入れるのか。」と以上に「教育熱心」な親だと両親が批判されることも心配でした。キャンパスを歩いていると「君は小学校にいるべきだろう」というような意味の言葉を投げかけられ、不快な思いをすることもありました。幸い、講義では教授・他の学生と問題なく過ごせていました。ですから嫌なことがあった日も、新しいことを学び、家に帰って両親に話、ピアノを弾いて、妹と遊び、好きな本を読んだ頃には、嫌なことなどすっかり忘れて、明日習うことに夢中になっている、というような毎日だったと記憶しています』

一方で、子供らしくない記述もあって、感心したり笑っちゃったりするようなこともありました。

『僕は子どもの頃からてんとう虫が大好きで今でも大学のキャンパスで捕まえたりしているけれど』

『テレビを見ているときは、他のことが考えられないので、ある意味では、心もコントロールされている。『トムとジェリー』を見ているときはその番組に熱中しているのでロジカルな思考はできないと思う』

『勤勉とは何かと考えた。ある人は勤勉とは適当な休暇もとらずに肉体的にも精神的にも一生懸命することだという。僕の理解では、資源・資質を有効に計画を立てて使うことだと思う』

『(テレビに出演することで)ヨーロッパの人たちにまでも興味を持ってもらうのは名誉なことだけど、まだ僕は何も達成していない。まだ始まったばかりだ。僕が何か達成したとき、たとえば医学部にはいったり卒業したりしたときに来てもらうのがいいような気がする』

『気温が急激に低くなっている。この天候下でのホームレスの人達のことを考えると可哀そうに思う。ロヨラ大学のボランティアをやっているオフィスを通じて僕がホームレスの人達にできることを調べてもらっている』

『科学の進化もこれに似ている。便利さにかまけて、もっと便利になればいいと思っている。でも本当にダジなのは、ごみを捨てないという道徳だ。どんなに科学技術が進化しても、人間としての尊厳を忘れてしまってはいけないということだ。自分以外の道具をどんなに進歩させても、自分の中身が進歩しなかったら、淋しい世界になるのではないだろうか。
まして、僕らは自分の存在の意味すら、はっきりわかっていない。自分が化学反応する物質以外の何かであると知っていたとして、自分が生きるということの意味を深く考える人がどれだけいるだろうか。僕も含め、財産の蓄積、競争に勝つこと、他人に求めてもらうことに忙しい。そして謙遜を忘れ、眼の前の便利さに飛びつく』

読んでいると、気が引き締まる。9歳だから、というのではなく、大人であっても、ここまで「大人らしい」考え方を持てる人は多くはないのではないだろうか。そして僕は何よりも、自分の頭で考えられる人が、とても好きだ。そういう意味で、この著者のことはとても好感が持てる。色んなことに自分なりに賛同したり、あるいは疑問を持ったりして、自分でこの世界を捉えようとしている。その姿勢は素晴らしい。
最後に、「文庫あとがき」に書かれている文章を引用して終わりにしよう。

『もし、これを読んでいるあなたが自信を失い「僕には無理だ。出来ない」と思ったときは、私が大学に申し込むときに母が私にくれた、「どうしてだめなの、別にいいじゃない」(Why not!)という言葉を自分自身に投げかけてください。人間の歴史は、私が9歳で大学に行ったこと以上に、もっと驚くようなストーリーで満たされています。私たちはみんな、自分が思っているよりずっと多くの可能性を持っていると思います。ですから、この本を読んでいただき、学生の方だけでなく、すべての人が、「どうしてだめだと思うの。私も(僕も)トライできる!」(Why not! I can try!)と自分を勇気付け、自分のやりたいこと、ゴール、目標に向かってトライし、充実した日々を過ごせることを願っています』

矢野祥「僕、9歳の大学生!」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2550-3b041c8b

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)