黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年(奥野修司)





「赤ちゃん取り違え事件」というのは、今ではほとんど耳にすることがないだろう。実際、「赤ちゃん取り違え事件」が頻発したのは、昭和40年頃から45年頃らしい。何故か。
それまでほとんどの出産が自宅分娩だったのに、昭和30年には施設分娩が17.6%、そして昭和40年には84.0%にまで急増したのだという。
その施設分娩の急増に、病院側が対応できていなかった。そんな時期に、「赤ちゃん取り違え事件」は頻発したのだった。
本書の主体となる二家族に「赤ちゃん取り違え事件」が発覚したのは、昭和52年のことだった。昭和46年に出産し、6歳になっていた子どもの血液型が合わないことがきっかけで、「赤ちゃん取り違え事件」が明るみになった。そして、謎の情報提供者からの情報で、その事件を琉球新報がスクープしたのだ。
昭和52年当時著者は、「女性自身」という週刊誌の記者をしていた。非常に恵まれた取材の出来る時期であり、著者はたった7ページの記事のために、「赤ちゃん取り違え事件」の取材に沖縄に1ヶ月も滞在することになる。当時は「赤ちゃん取り違え事件」が頻発していて、社会現象になってもいたという。そんな中での取材であった。
通常取材対象者とは、その後交流を持つことはないという著者。しかし、今回だけは違ったという。「家族とは何か」「血の繋がりとは何か」という、非常に難しい問題を突きつけるこのケースに、著者はその後も、取材とは関係なしに関わっていくことになる。
取り違え事件が発覚してから、著者が子どもたちと初めて接触するまで14年(つまり、子どもたちが成人を迎えてから)、単行本を出すまでに17年、そして文庫版を出すまでに(文庫版には、近況が書き加えられている)25年という、遠大な時間が流れている。ここまで一つのケースに関わり続けて生み出されたノンフィクションというのは、なかなかに珍しいのではないかと思う。そういう意味で本書は、ノンフィクションとして非常に稀有な存在ではないかと思う。
先に書いておこう。本書は、9/28から公開される「そして父になる」(監督:是枝裕和 主演:福山雅治)の元になった作品だ。カンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞したという映画も、非常に興味深い。本書では、取り違えられた子どもが30歳になるところまで描かれている。それだけの時間を、映画という限られた枠の中でどう描き出していくのか。楽しみである。
内容に入ろうと思います。
昭和52年に沖縄で発覚した「赤ちゃん取り違え事件」。取り違えられたのは、城間美津子と伊佐初子(城間家・伊佐家についてはすべて仮名)。城間照光・夏子夫妻の子である初子が伊佐家へ、伊佐重夫・智子夫妻の子である美津子が城間家へ取り違えられてしまう。そしてそのまま6年間、互いの家族が気づかないまま子どもたちは育てられてしまう。
小学校に上がる直前に事実が発覚し、両家族とも混乱に陥った。取り違えがあったことは、両家族とも疑いようがないとはっきりと分かった。お互いの子が、相手の家族の両親とそっくりだったのだ。しかし、だからといって、どうすればいいのか…。
取り違えが起こった橋口病院の院長は、事態の解決を焦るあまり、「すぐにでも交換しましょう。こういうのは、早い方がいいです」と両家族をけしかける。しかし、そんなにすぐ決心がつくはずもない。相手方にいる子どもが「血を分けた子ども」だということはわかる。しかし当然ながら、6年間も愛情を注いできた子どもは手元にいるのだ。両家族とも、取り違えられた子どもは初めての子どもだった。子どもに掛けた愛情も大きかった。それなのに…どうしてこんなことに…。
著者は、取り違えられた両家族の証言などを中心に、この非常に難しい状況を様々に切り分けて描き出していく。取り違えが起こった当時の、両家族の心情や病院の対応、「取り違え事件」が頻発していた当時の社会状況の描写や、あるいは裁判の行方について。あるいは、取り違えられた子どもたちの両親の「開拓民」としての厳しい生い立ち。苦渋の決断の末、子どもを「交換」することにした両家族のそれからの葛藤。
どんな場面においても著者は、「他者」としての自分の立ち位置を踏み外すことはない。あらゆる事態が起こり、それぞれについて著者には思うところはあっただろう。しかし、ほとんどそういう内面は見せない。あくまでも、「何が起こったのか」「両家族の誰がどう感じたのか」を丁寧に拾い集めていく。著者が携わった25年という時間の厚みが、描写のそこかしこに忍び込んでいるように思う。
本書は、非常に特殊な展開をする、と僕は思う。この「特殊」というのは、「赤ちゃん取り違え事件」を指しているのではない。一時期頻発していたとはいえ、確かに「赤ちゃん取り違え事件」そのものも特殊な事態だろうとは思う。しかし、本書の特殊さは、そこだけにあるわけではない。この感想の中では、その「特殊さ」には触れない。しかし、まさかこんな小説のような展開が起こりうるのか、と思った。全国で、発覚していないものも含めて、「赤ちゃん取り違え事件」というのは様々に起こっているのだろう。しかしその中でも本書で取り上げられている沖縄のケースは、相当に特殊な展開を見せた事例なのではないかと思う。読みながら、様々なことを考えさせられた。
僕は、基本的に人間としてあまり出来がよくないので、「血の繋がり」というものが、正直あまり実感できない。血が繋がってる、だから何?と思ってしまう人間だ。
子どもの頃から、「家族」という単位は、なんか変だな、と思っていた。何故なら、「共通項」が全然ない集団だからだ。
年齢もバラバラ、趣味・趣向が似ているわけでもないし、同じ未来を目指しているわけでもない。「家族」というものを束ねているものは、唯一「血の繋がり」という、僕にはなんだかさっぱり意識出来ないようなものでしかなかったのだ。
だから僕は、「家族」というものに、ずっと違和感を抱いていた。なんだろう、この集団は?と思っていた。どうしてこの中に組み込まれていなければならないんだろう?「血の繋がり」という奇妙な関係性は、一体なんなんだろう?
具体的にそうやって言葉で説明できるほど疑問として輪郭がはっきりしていたかどうかはわからないけど、そんな気持ちを持っていたのはたぶん確かだ。僕には「家族」という形は、なかなか馴染めない、違和感のあるものでしかなかった。
だからきっと、そんな人間には、本書で描かれている家族の「苦悩」は、なかなか理解できないだろうと思う。実際僕は、本書の最後の最後まで、「何故子どもを交換しなければならないのか」という点が、まったく理解できなかった。当然だ。それは、ただ一点、「血の繋がり」という、僕には意味不明な理屈でしかないのだから。どう考えても、子どもを交換しなければ、こんなゴタゴタにはならなかっただろう。特に、著者自身が「私が関心を持ったのも彼女の生き方だった」と書く美津子が、これほど苦労することもなかっただろうと思う。
みなさんはどうだろうか?もしも自分が6歳まで育ててきた子どもが取り違えられていることが発覚し、自分の「血を分けた子ども」が見つかった場合、交換したいと思うのだろうか?
とはいえ彼らも、自分たち「だけ」で決断をしたわけではない。そこには、沖縄の独特の風習や文化(とはいえ、これはどんな地方にも存在しうるものだと思うけど)が関係していた。親戚らと集落を構成し、一族の結束が何よりも重視される土地柄では、一族全体の主張が尊重されてしまう。混乱の極みにあった両家族の両親が、冷静な判断を下せたとは思えない。そういう意味で、不幸であっただろうと思う。しかしどうなのだろう。周囲のそうした声がなかったとしても、やはり、「血の繋がり」を重視して、子どもを「交換」してしまうものなのだろうか?
「交換」した後の展開は、本当に色々と考えさせられる。本書でも、今回のケースは「赤ちゃん取り違え事件」の中でもかなり特殊なケースだろう、と言われているように、いくつもの特殊さが存在する。それらは一連の流れの中にあるひと繋がりの出来事であるのだが、様々な場面で浮き彫りになる「特殊さ」によって、特殊な状況がいくつも横たわっているように感じさせられる。6歳で交換させられた子どもたち自身の困惑、両家族の違いや特殊な展開、6歳から育て始めた「我が子」とどう接していいかわからない親の苦悩。「家族」や「血の繋がり」と言ったものに実感が薄い僕でさえ、彼らが放り込まれた事態の絶望的な重苦しさに、いたたまれなくなる。
中でも、著者と同じく一番気になったのが、美津子である。
著者がそう宣言しているように、本書は、美津子が主人公として据えられている。もちろん初子(後に真知子と改名)も十分に描かれるのだが、著者の関心はやはり明らかに美津子の方にある。美津子の育ての親である智子が、「赤ちゃん取り違え事件」以降詳細な日記を残していたという点も、美津子の方に焦点が当てられることになる理由の一つになったかもしれない。いずれにせよ、美津子が何をどう解釈し、どう自分を納得させ、どのように生きていったのか、それが非常に興味深く描かれている作品である。
また、本書で「明るい輝きを放つ」印象を持つのは、美津子の育ての親である智子だろう。智子に関しては、自身の生い立ちも含め、圧巻と言っていい。超絶的な子ども時代から、相当な苦労をして独り立ちし、待望の第一子が取り違えられていた。それが発覚してからの智子は、「強靭な母親」とでも呼ぶべき強さを発揮し、物事に立ち向かっていく。この強さが、挫けそうになる両家族をどうにかこうにか支えた原動力でもあっただろう。もちろん、決して全員を幸せに導いたわけではないのだが。
また智子とは逆に「暗い輝きを放つ」印象を持つのは、初子の育ての親である夏子だろうか。こちらに関しては詳しくは書かないが、この夏子の存在が、「赤ちゃん取り違え事件」をより複雑にしたと言ってもいい。夏子がもう少し違った形でこの出来事に関わっていれば、ここまでの事態にはならなかったのかもしれない、とも思う。
今回の感想は、いつもと比べて圧倒的に引用が少ない(というか、ほとんどない)。いつも、気になった箇所には線を引きながら読み進めていき、感想を書く直前にその線を引いたところをざっくりと読み返しながら、どんな感想を書こうかざっくり考えるのだけど、今回は読みなおしている間、これはなかなか引用は難しいかもしれない、と感じた。それは、事件自体が特殊でかつ展開が複雑すぎるという点にある。外側の情報をそうとうきちんと書き込まないと、引用したところで意味の伝わりにくいものになってしまうだろう、と判断した。また一方で、「何が正解なのか、著者も読者もわからないまま」というのが、本書の存在感なのだと思う。僕も読みながら、様々な箇所で色々な思いを巡らし、どう捉えていいのか分からない部分もあった。わからないものを、わからないものとして提示することは、とても難しい。そういう理由もある。だから、引用が少ないからと言って、気になる箇所が少なかったというわけでは決してない。あらゆる場面で、様々なことを考えさせられる作品だろう。特に、「家族」や「血の繋がり」というものに重きを置いている人であればなおさらだろう。先ほども書いたように、僕はどうしても「家族」や「血の繋がり」というものに意識が希薄であるので、両家族の苦悩が理解し難い場面もあった。普通の人は恐らく、僕より「家族」や「血の繋がり」と言ったものに深い思いを持っているだろうから、そういう人には是非とも読んで欲しいと思う。彼らが失ったものは何であり、そして彼らが得たものは何であるのか。それさえ、未だにわからないままだろう。それほどに難しい「赤ちゃん取り違え事件」という失態。巻末には、この「赤ちゃん取り違え事件」がまだ過去のものというわけではない、ということをアリアリと実感させるとあるエピソードが載っている。是非読んでみて下さい。

追記)本作を原案とした、「そして父になる」を見てきました。映画の感想はこちら

奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2549-3ba744d9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)