黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

世界地図の下書き(朝井リョウ)

内容に入ろうと思います。
事故で両親を亡くした小学生の太輔は、親戚の家での生活を経て、「青葉おひさまの家」という施設で生活をすることになった。不安でいっぱいの日々を和ませてくれたのは、同じ班の仲間たちだった。
ママの話ばかりするちょっとお高くとまった美保子、同じクラスの身体の大きな男子に怯える淳也と、淳也の妹で常に元気ハツラツな麻利。同じ小学生のこの三人と、もうひとりちょっとお姉さんな佐緒里。学校や日常生活の中で、辛いこと、考えたくないこと、逃げたいこと、悲しいこと、そういうことはたくさん起こる。太輔は、昔のことを思い出しながら、辛い気持ちを蘇らせたりもする。けど、みんなでいると、力が出てくる。一人じゃないって思える。太輔は少しずつ、施設での生活に馴染んでいく。
3年前、最後の「蛍祭り」が開かれたきり、中止になってしまった。この町の伝統行事であった「願いとばし」という、ランタンを飛ばすイベントも、一緒になくなってしまった。太輔たちは、高校卒業と共に施設からいなくなってしまう佐緒里のために、なんとか「蛍祭り」を復活させようと奮闘するが…。
というような話です。
さて、まずちょっと厳しいことを書こう。
本書は朝井リョウにとっては、一つの挑戦だっただろうと思う。何故そう思うのかというと、これまでの作品とは違い、小学生という子どもを主人公に据えているからだ。基本的に朝井リョウは、朝井リョウと同年代の人たちを描いてきた。これまでも、子どもは描いていたこともあったはずだ(「星やどりの声」で、小学生ぐらいの兄弟がいたように思う)。ただ、全編を通じて小学生を描くというのは、本書が初ではないかと思う。
で、その挑戦が成功しているかというと、ちょっと評価に迷うところではある。
本書を読んではっきりしたのだけど、僕は朝井リョウの「主人公たちの内面を主人公自身が見つめ、それを言葉に置き換えていく」という部分に惚れているのだと思う。これをやらせたら、朝井リョウは抜群に巧い。特に、朝井リョウと同世代の人々を描かせたら、天才的ではないかと思っている。
朝井リョウがこれまで描いてきた人物たちは、高校生や大学生など、やはりある程度「自分の言葉」を持っている人になる。自分自身を客観的に見て、それを自分の内側で言葉に置き換えることが出来る、そういう年代の人達を描いてきたと思う。
しかし、小学生にそこまでのことが出来るのか。本書を読みながら、どうしてもそんなことを考えてしまった。
もちろん小学生にだって、「感じること」は出来ると思うのだ。自分が生きている世界の中で、ありとあらゆることを感じていることだろう。そこは、大人と大差はないと思う。子どもだからといって、大人ほどには感じられないはずだ、なんて思っているわけではない。
でもそれを言葉に置き換えることになると、どうだろう。そこまでのことが、小学生に出来るものだろうか。
太輔視点の物語を読んでいると、こういう二つの感情が襲ってくる。
「子どもにしては自分の内面を表現出来過ぎているな」
「子どもらしい表現だから、朝井リョウの作品としては物足りないな」
場面に応じて、この二つの感情のどちらかが去来する。
この点が、本書を評価するのに非常に難しいと僕が感じる部分だ。元々朝井リョウという作家がどんな作品を書くのか知らなければ、あるいは、朝井リョウの「内面の表現力」という部分に惚れ込んでいるわけではないなら、僕のように感じることはないかもしれない。でも僕はどうしても、朝井リョウには、「内面の表現力」を期待してしまうし、かといって小学生にそこまでの表現が出来るのかとも思ってしまうので、読んでいてどうしてもその部分が落ち着かなかった。朝井リョウの文章は、子ども視点には馴染みにくいように思う。朝井リョウの文章は、小学生の「体感」には尖すぎるように思う。
例えばこの作品を、朝井リョウの作品というわけではなく、例えば著者名を伏せられて読んだとすれば、きっと僕はもっと良い評価をしただろう。そういう意味でこれは、作品が悪いという評価ではない。僕が朝井リョウという作家に期待しているもの、それが本書には足りなかったように思う、というだけの話だ。まあ、こういう評価は、作家側からしたら、非常に困るだろうなとは思うのだけど。ただ、それまでの自分のやり方ではなく、新しい挑戦をしているという点は、素晴らしいなと思っています。
描かれる小学生たちは、こう表現して許されるなら「無力」だ。なんの力も持たない。施設にいるという時点で外側からマイナスで見られ、親と一緒に暮らすことが出来ないという事実が様々な制約を生む。
そういう中では、選択肢は限られる。虚勢を張る、沈黙を貫く、強さを身にまとう。施設には、仲間はいるが、家族はいない。日常は、仲間がいるだけで力がもらえたような気になれる。けれど、非日常に置かれると、一人を自覚させられる。小学生には、たった一人で立ち向かえるだけの『何か』はない。だから、傷つき、言葉を失い、哀しみに襲われる。そういう日常を、彼らは生きていく。
そういう中で、麻利の存在は凄いと僕は思う。麻利は、優しさしか武器を持てない女の子だ。作中では、ほとんど元気な麻利しか見ることはない。どれだけ辛い場面にあっても、麻利は明るさも優しさも失わない。それが、麻利という小さな少女が持つ、圧倒的な力だ。
麻利は、どれほど傷ついているだろう。作中で、最も自分の傷を見せたがらない子だからこそ、麻利のことがとても気になる。元気さは、ありとあらゆる哀しみや傷を覆い隠してくれる。その事実を大人になった僕は痛いほど知っているから、だから、元気な人ほど、不安になることが多い。大丈夫か?その元気さは、何かを隠すための鎧だったりしないか?と。
不自由のない人生を歩んできた人間には、見えない世界がある。僕らの視線の届かない場所、僕らが見ようとしていない場所にも、様々な人生が続いている。

『逃げた先にも、同じだけの希望があるはずだもん』

ある人物がある場面で言う。その通りだ。人生は、色んな方向に伸びている。真っ直ぐしか歩けないわけでも、後退しか出来ないわけでもない。嫌なら、道を外れればいい。辛ければ、逃げればいい。それは、厳しい決断かもしれないけど、「逃げた先にも、同じだけの希望がある」と思うことが出来れば、一歩を踏み出せるかもしれない。
周りにいる人の存在だけが、世界のすべてだった時期が、僕にもある。外をふらふらとあるけば、たくさんの人に出会う。僕の視界に入らなくても、世の中には山ほどたくさんの人がいると実感できることもある。それでも、今自分の周りにいる人だけが、その人たちだけが、遠い将来まで自分の世界に深く関わっていくのだ。何故かそんな風に思っていた時期がある。
そんなわけはないんだ。僕らがそれまでに出会った可能性と同じだけの可能性が、まだ出会っていない人にも残されているんだ。そんな風に思えるようになったのは、いつ頃のことだろう。そうやって僕らは、「世界地図」を少しずつ広げていくんだ。鉛筆で描いた下書きを少しずつ消していきながら、まだ何も書き込まれていない余白のことを想像するのだ。
小学生たちはそれぞれ、それぞれの思いを抱きながら、困難な作戦に突入していく。やっぱりラストは、相当泣かされてしまった。「子どもを生きる」というのは、圧倒的な制約の中で毎日を過ごすということだ。その制約を意識しないで生きていける環境は、とても恵まれている。太輔たちには、普通以上の制約があった。それでも彼らは、誰かのために、自分たちだけの手で、あらゆる困難を乗り越えて行こうとする。その必死さ、真っ直ぐさ。子どもにしか発揮することが出来ないかもしれないパワーを折り重ねていきながら、太輔たちはエンドロールに向けて疾走していく。彼らが最後にたどり着く美しい光景を見て、なんだか羨ましいなと思った。その場にいる全員が、羨ましいと思った。
朝井リョウの作品と捉えてしまうと、どうしても物足りなさは残る。でも、自分の得意な武器を捨てて新しい挑戦をする姿勢は素晴らしいと思うし、朝井リョウの作品だと思わず純粋に作品を捉えれば、素敵な作品だと思う。特にラストは見事だ。力も武器もほとんど持たない無力な小学生が起こす奇跡、是非読んでみて下さい。

朝井リョウ「世界地図の下書き」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

[6292]

お早うございます。
今日から急に秋らしくなって、ちょっと戸惑っています(笑)。

真夏日の連続記録、最大降水量の更新、日本では起こりえないと言われていたスーパーセルによる竜巻など、記録づくめの夏でしたね。
どうぞ、これからは穏やかな秋晴れの日々を…とお願いしたいです。

今しがた、この本を読み終えました!
通りすがりさんとしましては熱烈な朝井リョウファンでしょうから、いろいろ手厳しいご指摘もありますが、オバサン的な読み方をすると「素晴らしい!」の一言です。

確かに小学生が自分の感情をこんなにすっきり出すのは、少し違和感がありますね。自分の気持ちを整理して相手に等身大で伝えること自体、無理ですよね。私ですら無理かも??(笑)

私はこの本のタイトルの所以について考えながら読んでいましたが、最後のそれぞれの旅立ちの部分を読んで、なるほど!と納得しました。保護施設は永久的な家庭ではなく、一時預かりの性格が強いですよね。いずれは、ここから出発することが前提でしょう。家族を巡って様々な困難を抱えた子供たちが、この場所で癒され心身ともにすくすく育ってほしいものですが、現実は世間の偏見や親との確執など前途多難ですね。

学級カーストという言葉があるようですが、彼ら彼女らは下層に位置していると思います。どのクラスにも乱暴で相手をイジメることで自分を確立するようなワガママ者がいますし、常に空気のような存在で息をひそめて生活することが一つの処世術にもなっています。そんな中、六年生を送る会をきっかけに、彼らが強くなって自分の主張をドンドン出してくる辺りは、胸がすく思いでした。いざとなると、こんな強さを秘めていたんだ、とも思えました。

そしてラストシーン、すでに両親のいない大輔以外は皆新しい家族(と呼んでよいのかどうか迷いますが)の元へ旅立ちましたね。今まで過ごしてきたこの施設での生活は新しいステージに羽ばたくためのリハーサルとも言えますよね。

オバサン的には「みんな、頑張れ!」としか言いようがありませんが、新しい環境が始まる直前の3月は緊張を強いられる時期だなぁ、と遠い昔を思い出しました。
全編を貫ぬいていたのは大輔が佐緒里に寄せる想いでしたね。私はどちらかというと、そのことをメインに読みました(笑)。この純粋さはホントに好ましかったです。

「何者」以来の新作ということで期待が大きかったですが、それに応えてくれる作品でした。内容は重松清が取り上げてもよさそうな話でしたが、まだまだお若い朝井さんには、そんなに老成しちゃいけませんよ、と一声かけたいです(笑)。

[6293]

こんばんはでございます。ホント、涼しくなりましたよねぇ。9月って、まだまだ暑かったような気がします。今日も夜はなかなかの豪雨で、あんまり安定しない天気なのは困りますけどねぇ。

そうなんですよね。僕も厳しいことを書いたなぁと思うんですけど、でもラストシーンは号泣だったりするんですよね(笑)そうです、やっぱり、朝井リョウには、僕なりに求めてしまうものが大きいんだろうなぁ。

とはいえ、小学生までこれほどまでに生き生きと描けるものかと、さすが朝井リョウという感じはしますよね。以前窪美澄とのトークショーで、「女子高生は書けるんだけど、親世代を書くのが苦手だ」みたいなことを言っていましたけど、小学生も朝井リョウにはお手の物という感じでしょうか。

やっぱり朝井リョウは、「家族」を描くのが巧いなと思いますね。今回の作品では、「不揃いな家族」とでも言うべき、「家族というまとまりほど強くない家族」が描かれていて、そういう「不完全さ」を上手く描いているという感じがします。

彼らが直面する問題は、僕にはなかなか想像することも難しい世界ですけど、スクールカーストはそこそこ馴染みがあります。まあ、さすがにそこまで最下層にいたわけでもなく、実感としては乏しいですけどね。

強くなければ生きられない環境に放り込まれることになった彼らがどう成長して行くか。そこが読みどころですよね。

これからも朝井リョウにはジャンジャン期待していきましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2517-c2aaaf03

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
13位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)