黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ジェリー・フィッシュ(雛倉さりえ)



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6432176788840966"
data-ad-slot="9019976374"
data-ad-format="auto">



高校という箱庭の中で、純粋に美しいものを追い求める若者たち。おそろしいもの、はかないもの、みにくいもの、とうめいなもの。人それぞれ、美しさへの感受性は異なる者たちが、今目の前にある現実の中から、望みようもなく限定的な選択肢の中から、「最善」ではなく「唯一」を選び出そうとする。若さ故の衝動と、若さ故の諦めが奇妙にないまぜになった5人の若者を描く、連作短編集。

「ジェリー・フィッシュ」
夕子にとって、叶子の存在はすべてだった。クラゲの水槽の前でキスをしたその瞬間から、夕子にとって、叶子との時間だけが唯一だった。けれども、叶子は、夕子以外にも美しいものを見つけてきてしまう。夕子には入り込めない世界に、叶子は行ってしまう。「あたしが本当に好きなのは夕ちゃんだけだから」という言葉に、嘘がないことはわかっているけど。

「果肉と傷痕」
叶子は、祐輔くんに満足できない。叶子は、自分を壊してくれるような衝動を求め続けてしまう。乱暴に、暴力的に、衝動的に。でも、祐輔くんは、優しい。その優しさが、叶子には物足りない。叶子は、祐輔くんとのセックスで、達したことがない。

「夜の国」
眞子は、好きだと言われて付き合っていた相手に「友達に戻ろう」と言われた。そんな時に、朝日先輩と出会ってしまった。眞子が昔読んで大好きだった、でも周りで誰一人読んでいる人がいない本。その本を、朝日先輩は読んでいた。眞子は朝日先輩に、読書部へ勧誘された。図書館のゆるゆるとした空間の中で、杉田先輩も入れた三人で過ごす日々の穏やかさ。

「エフェメラ」
祐輔はずっと、姉の翡翠を見ていた。今は結婚し、子どもを産み、普通の女になってしまった翡翠。子どもの頃は、あれほど輝き、あれほど透明で、まるで神のような存在だったのに。翡翠の子どもである琥珀の相手をしながら、翡翠という名の宝石の輝きについて、想いを馳せる。

「崩れる春」
中学時代、突如イジメられ始めた栞。高校に入って、どうにかみんなとうまくやってこれた。新学期。同じクラスになった宮下さんは、誰とも話そうとしないで孤立していた。昔の自分を見ているようだった。にわかに穏やかではない気分に陥る。宮下さんを助けようとしないは、同罪だ。

情景を切り取る巧さが抜群だ。まるで僕の五感を、著者の五感に接続したかのようなイメージ。視界だけではない、ありとあらゆる感覚の触手を世界に対してゆるりと伸ばしていくことで、「今」を、「その時」を、「その瞬間」を切り取っていく。

『一度目のキスはわたしたちの原点で、二度目のキスはわたしたちの頂点だった。あとに残されたのはゆるやかな坂道だけ。けれどわたしたちは気づかないふりをして、ついばむようなくちづけを幾度も繰りかえした。』

「一度目のキスはわたしたちの原点で、二度目のキスはわたしたちの頂点だった。」という一文だけで、夕子と叶子の関係性を切り取っていく。絶望を内包した夕子は、しかしそれを直視しない。感情の欠片を欠片のまま放置して、元の形を想像しようとしない。そうやって、果てしない日常を突き進んでいく。

『なにもかも全部、あなたのせいだ。あなたの残した傷のせいで、あたしはまた、ひとりになったよ』

自分の求めているものが手に入らない。それは、基本的に満たされた日常の中では、贅沢な悩みなのかもしれない。しかし、叶子にとってそれは、切実すぎる衝動だ。叶子の内側に残り続けている傷は、きっとこれからも叶子を振り回す。叶子に関わる人間をも振り回すだろう。その長い予感が、この短い物語から漂ってくる。

『必ず終わるときがくるのだと十七歳のわたしたちは知っている』
『始まりもなきかわりに終わりもないのだ』

何も求めないことが正しいと信じる眞子。手に入れたものは、すぐに蒸発してしまう。高校生はそんな環境にいると知っている。未来は、適度に分断されていく。ここから永遠に、何かが地続きでいられるとは思えない。見えない予感、見たくもない予感、見えてしまう予感。そうしたものに取り囲まれながら、少女たちはそれでも「今」を懸命に手探りで見つけようとする。様々な「予感」でぎゅうぎゅうに溢れ、もはや何も詰め込めないのではないかという「今」を。

『ぼくには理解できない。女とい生きものの仕組みが、湿り気を帯びた狂気の根源が、じぶんの子どもを生むという感覚が、そしてそのすべてを孕んでなお、柔らかくて細くて華奢な骨格が、理解できない。生きるためだけにつくられたはずの器官が、どうしてこんなにも美しいのだろうか』

祐輔は、狂気の狭間で立ち止まる。狂気を身にまといながら、その超然たる美しさのために存在を許されていた姉を見て育った祐輔は、常に狂気の世界と隣り合わせにいた。しかし、祐輔には、その狂気へと踏み出すことが出来ない。狂気の世界に憧れ、姉のがらくただらけの部屋を羨みながら、自らの体は現実に固定されている。祐輔のこの独白は、祐輔の言い訳かもしれない。しかしこれはまた一方で、著者の本心でもあるのかもしれない。

『彼女も、あのときの記憶にしがみついて生きているのだと思った。治りかけた傷口を何度も何度も弄って、その痛みで自分を支えている。自傷をやめ、傷が完治したそのとき、わたしたちはこの狂おしい痛みを忘れて、ほんとうの大人になるのだろう。そしてその日はきっと、そんなに遠くない』

辛い過去から逃げていると信じていた栞。逃げることだけを考え、それに成功したように思っていた。でもそれは、言い訳でしかなかった。本当は、逃げているのではなかった。自分の肌身から離れないように厳重に紐で繋いで、それでただ走り回っていただけのことだ。その自分を受け入れる。少女にとって、そこが新たなスタート地点だ。幸いなことに、同じスタート地点に立っている少女が、近くに寄り添っている。

「好き」という概念が、少しずつ違う響きを帯び、やわらかく拡張し、ゆったりと拡散し、次第に薄まっていく。少女たちの「好き」は、それぞれに向いている方向が変わり、望むものも違う。「好き」という言葉で伝わる感情もまったく違う。同じものを見ているようで、まったく別のものを見ている。見えていると信じている現実がずれていく。
「好き」に、正しいも間違っているもない。しかし、一般か特殊かという見え方の違いはある。特殊な「好き」は、先が尖り、人を傷つけ、自らをも傷つけていく。少女たちの「好き」は、やがて落ち着きどころを見つけ、固着し、穏やかな雰囲気をまとうのかもしれない。子どもを生んだ翡翠のように。しかし、17歳の少女には、まだそれは難しい。
17歳。未来の方が、まだまだ圧倒的に広い。どんな未来が展開されようとも、時間を重ねていくごとに、17歳だった頃の自分は、全体の時間の中でどんどん薄まっていく。大人になるにつれて、子どもの頃の気持ちを手放していく。
でも、そんなことを少女たちに言っても仕方がない。17歳のその瞬間は、少女たちにはすべてだ。

『結局わたしたちは、非日常にはなりきれないのだ。どこまでも平凡な、ありきたりの、少女たち。鑑に映った自分自身に恋していただけの女の子』

感覚の鋭い者たちが、分かり合える奇跡。自分にしか届かないと思っていた言葉が、誰かにも届く奇跡。

『ようやくわかった。映画を観たり小説を読んだり、そういう完成が備わっていないひとたちに何を言っても無駄なのだ。きっと彼らは一冊の本を読みきったこともないし、古い映画の美しさも知らないのだろう。そういう世界の素晴らしい部分を何ひとつ知らないし、これから先も理解することはないのだろう。なんて、かわいそうなひとたち。』

少女たちよ。自信を持って、輪から離れればいい。確信と共に、孤独を選べばいい。どうせ、大人になれば、みんな、のっぺらぼうの、同じにんげんになってしまうのだから。

『大人はみんな馬鹿だ、と思う。じぶんが大人だと信じている人間は、どうしようもなく馬鹿だ。世界は自分の思うままに動いているだなんて、どうしてそんな風に思えるのだろう。なにもかもうまくいっていると、どうして信じこむことができるのだろう。こんなにも、ままならないのに』

こうやって、大人になることへの不安を吐露するのだ。
イメージの表現が絶妙だ。著者が描いているのは、人でも場所でもないように思う。著者が描き出しているのは、登場人物たちの周囲を取り巻く空気そのものだ。無色透明、臭いなし。そんな空気に、色を感じ、匂いを嗅ぎ、撫で、耳をすまし、舌を這わす。そうやって著者は、見えないはずの、触れられないはずの、どうやっても伝えられないはずの空気そのものの輪郭を捉えようとしているように思う。
そして、著者が描く「空気」は、「今っぽさ」を内包する。
「今っぽさ」を表すような、具体的な固有名詞はほとんど出てこない。けれども本書は、どうしようもなく「今っぽさ」がにじみ出る。それは、僕らが今こうして息をしているこの世界と、小説内の世界が、同じ地続きにある、そんな風に思わせてくれるからかもしれない。
このどうしようもない「今っぽさ」が、本書を切実なものに仕立て上げる。過去の話でも、未来の話でもない。過去の自分の体験と似ているわけでもなく、未来に自分に起こるかもしれない出来事を予感させるのでもない。まさに僕らは今そこにいて、そこで体感している。そういう圧のようなものが、紙幅から押し寄せてくるようにも思う。この作品は僕らを「今」に引きずり込もうとする。それは、今を生きている実感のない人であればあるほど、強く感じられるものかもしれない。
一読して、窪美澄「ふがいない僕は空を見た」を連想した。どちらとも、「女による女のためのR-18文学賞」を受賞してのデビューだ。
「ふがいない僕は空を見た」は、絶望から抜け出すためにもがく若者が描かれる。どん底にあって、それでも生きている。生きていると叫ぶ。私はここにいるんだと主張する。その切実さが絶妙に切り取られていく。
本書は、「ふがいない僕は空を見た」を連想させる物語だが、作品の有り様は大分異なる。本書は、ぬるま湯のようなほどほどに満たされた日常の中で、捉えどころのない空白に気づいてしまった若者たちの物語だ。絶望的な境遇に生まれたわけでもない。日常に不安が渦巻くわけでもない。未来への希望が持てないわけでもない。しかしだからと言って、平穏なわけでもない。
少女たちは、ある一定の平凡さを身にまといながら、緩やかに孤立する。世界の輪郭を狭めていく。そうする中で少女たちは、空白に気づく。自分がずっと抱え続けてきた空白に。あるいは、空白と再会する。消し去ったとばかり思い込んでいた空白と。

『いつか大人になってしまったとしても、この瞬間に十七歳のわたしたちがたしかに存在していたことを、いつまでも覚えておけるように。わたしは見つめつづけた。』

僕はここまで、とある事実を伏せたまま文章を書いてきた。やはり、それには触れないことにする。本を見れば分かってしまうけど、余計な先入観を持つ必要はない。凄い新人が現れたものだ。これからどんな作品を生み出していってくれるのか、楽しみで仕方がない。やはり、「女による女のためのR-18文学賞」は、異才を発掘する場となっている。物凄いきらめきを放つ新人の登場です。是非、心して読んでみてください。

雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2508-24d21d5b

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)