黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

島はぼくらと(辻村深月)

内容に入ろうと思います。
舞台は、瀬戸内海に浮かぶ「冴島」。本土とフェリーで20分ほどのところにあり、朱里・衣花・新・源樹の四人は、冴島から毎日フェリーで本土の高校に通っている。
網元の娘である衣花や、冴島でリゾートホテルを経営するためにやってきた経営者の息子である源樹、外部の協力者と一緒に立ち上げた「さえじま」という会社で押し付けられるように社長になった母を持つ朱里、冴島保育園の園長であり人間関係の狭い島の中でもかなり顔が広い母を持つ新など、それぞれ島の中でちょっとした立ち位置を占めながらも、そんなことに関わらず、子供の頃からずっと一緒に過ごしてきた四人として、そして、島から出ていかなくてはいけない未来がほんのすぐ先まで迫っているという環境の中で、彼らは島を愛し、仲間と楽しみ、島のあらゆることに関わっていくことになる。
冴島は、現村長の手腕によって、Iターン者の集まる島となった。シングルマザーたちが駆け込み寺のようにこの島にやってくることもあるし、デザイナーや作家など離れた土地でも仕事が出来る人たちが移り住んでくるケースも多い。離島をもり立てるという意味で現村長の手腕は島民から称賛されているし、「地域活性デザイナー」という肩書きを持つ谷川ヨシノという女性の関わりもあって、島はどんどんと活気溢れるようになっている。しかしその一方で、元からの住民とIターン者との考え方の溝みたいなものはやはり存在し、朱里たちもIターン者と関わることで、様々な価値観に触れ、様々に考えさせられることになる。
シングルマザーとして島にやってきた、一時テレビで見ない日はなかった程の有名人であった蕗子、ぼーっとしていると言われ「頼りないイマドキの若者」と言われてしまう本木など、長い時間を掛けて島に溶け込んでいったIターン者もいるが、その一方で、瞬間的にやってきてすぐ立ち去っていくような人もいる。この間はフェリー内で、著名な作家が書いたはずの演劇の脚本があるはずだと言って、胡散臭い男が島にやってきたばかりだ…。
というような話です。いや、全然内容紹介になっていませんけど。
辻村深月らしい、優しさと鋭さを内包した作品だなと感じました。やっぱり良い作品を書くなぁ。
まず、設定が絶妙だと思う。
僕は以前「水底フェスタ」の感想の中で、『閉じ込められている感』について書いたことがある。
僕的に、辻村深月の最大の魅力だと感じている点は、少年少女たちが「学校」という酷く閉塞的な環境に閉じ込められている、その窮屈さを絶妙に描き出しているからだ、と思っている。だからこそ、少年少女たちを描く作品の場合突出して良さが浮き出るのだ、と。でも、「水底フェスタ」は大人たちの物語だった。これでは、少年少女たちが日々感じている『閉じ込められている感』を描き出すことは難しい。
でも、「水底フェスタ」では、閉塞感のある村が舞台となっている。その村の存在が『閉じ込められている感』を一手に引き受けることで、辻村深月らしさを全力で放出出来たのではないか、というようなことを書いたことがある。
そしてそれは、本書でも近いものがある。
本書は、視点人物は高校生四人だが、描かれる人物は全年齢に幅が振れている。そういう意味では本書も、少年少女の物語だとは言えない。
しかし本書でも、本土から離れフェリーで行き来しなければならず、それゆえ、人間関係が本土以上に濃密になり、独特な濃度を持った人間関係が長いこと熟成され続けている離島を舞台にすることで、その『閉じ込められている感』が見事に描き出されている。こういう舞台設定はやっぱり、辻村深月らしさを全開で引き出すなぁと思います
さらに本書の場合、Iターン者を積極的に受け入れるようになった島、というのが舞台になっていて、これも絶妙だ。何故なら島の人間は、「人間関係が本土以上に濃密になり、独特な濃度を持った人間関係が長いこと熟成され続けている」という事実について、外から来た人たちと密接に生活するようになって、徐々に理解していったと思うからだ。
島には島の理屈があり、外から来た者には外から来た者の理屈がある。それは、「同じ島で住む」という現実を共有するために、無理にでも削られ、調整されていくことになる。そしてそれを調整するのは当然、後から島に住む外から来た者の側だ。
とはいえ元からの住民も、まったく考え方を変えなくて良い、ということにはならないだろう。とかく、もう長いこと住んでいる者ならともかく、朱里や衣花のような子供であれば、なお外から来た者の影響を受けやすいだろう。高校生を主人公に据えたのも、そういう外からの影響と元々の島独自の文化との境界線上でリアルタイムで自らの価値観を更新され続ける存在であるからかもしれないと思う。
また、Iターン者を受け入れる島という設定は、「近景」と「遠景」の両方を描き出すのにも実に上手い役割を果たす。
僕はどうしても、辻村深月の「狭さを描く力」が好きすぎる。さっき書いた、少年少女たちが学校という閉塞的な環境で感じる感情というのは、まさにその「狭さを描く力」あってこそだろうし、狭い環境の中での濃密な人間関係を描き出す手腕はピカイチだと思っている。
しかし、やはりそれだけでは、なかなか多様な物語を生み出すことは難しいのかもしれないとも思う。究極的に狭さを追求した物語を読みたいと思いつつ、そうではない作品も求めてしまうのはワガママだなぁと思いつつ。
本書の場合、「島民の生活」という狭さを描きながら、一方で「外から来る者を受け入れる」という広さを描き出すことで、バランスがとてもよく取られていると思う。「島民の生活」を近景として描きながら、外から来る者との関わりを、そしてもっと広く、冴島という島全体の立ち位置や未来を馳せるという描写を「遠景」として描きながら、冴島という離島を立体的に描き出していく。接写とパノラマをこまめに切り替えていくような物語の展開は上手いなと感じました。
また、これは穿った見方かもしれないけど、Iターン者を受け入れる島という設定は、物語に必要な多様な人物がその島にいることの「不自然さ」を覆い隠すのにも役立つ。映画でも小説でもよく、「なんでそんなところにそんな人達が集まってるわけ!」みたいな不自然な設定ってあるけど、本作からはそういう不自然さを感じない。これも、舞台設定の妙だよなぁ、と思いました。
「島民の生活」は、もう色んな方向にベクトルがあって何を書いたらいいか迷うけど、とにかく一つ言えることは、「離島に住むという濃密さ」を読んでいて強く感じた、ということ。離島に住んだこともなければ、住んだところで結局ずっと島で暮らしていた人のことなんて分からないだろうけど、自分が離島に住んでも感じられないかもしれないことを、本書は感じさせてくれるような気がする。
例えば、凄く些細なシーンなんだけど、島にやってきたちょっと胡散臭い男に、衣花が「どうしてうちに?」と尋ねる場面がある。その時の衣花の調子を、朱里はこんな風に表現する。

『冴島を“うち”と呼ぶ響きが殊更はっきりと響き』

はっきりと言葉にしなくても、「衣花が島に誇りや親近感を抱いている」ということが一発で伝わる。辻村深月は本当にこういうのが巧いなと思う。ちょっとした名前の呼び方の違いだったり、視線の向け方だったり、そういうことを本当に丁寧に拾うことで、人の感情を立ち上らせていく。こういう些細な描写を山ほど積み重ねることで、言葉や行動だけからは見えてこない「匂い」のようなものが読者に伝わってきて、それが離島に住み続けているという「現実」を、僕らが知っている「現実」と繋ぎ合わせるための糊のような役割をしてくれるのではないかと思う。
本書は、多視点の物語なのだけど、第一章はすべて朱里視点で統一してあるというのも、その「匂い」のようなものを読者が感じ取れるようにという配慮のようで巧いなと思う。離島に住んだことも行ったこともない人には、そこでの雰囲気はなかなか想像しにくいだろう。それを、朱里という一人の人間を通した一貫性のある視点をまず固定することで、読者を離島の雰囲気に馴染ませていく。
離島での生活は、新しい名前をつける必要があるのではないか、と思えるような、僕自身の内側からは立ち上がって来にくい、それでいて感じていることは伝わってくるという、なんとも表現しようのない日常の積み重ねの上に成り立っているように思う。
そこで生まれなければ、見ることも知ることも考える必要もなかった現実が横たわっている。最終のフェリーの時間があるから部活に入れない、というのはとても軽いものの一例だろうか。島での生活は豊かで満ち足りたものだが、同時に、外のことを知れば知るほど、今まで気づくことのなかった「ないもの」の存在に、その空虚な空白に気付かされていくことになる。
存在しない物、存在しない選択肢、存在しない未来。そういう「ないもの」の存在に対して、島の住民は、出来る限り「くっきりとした答え」を探そうとしない。島で生きてく、という現実の方を変えることは、実はなかなか難しいのだ。「くっきりとした答え」を探す行為は、島で生きていくという現実を否定しなくてはならない場面にも行き着いてしまう。だから、曖昧にしたまま、わかっているのだけどわかっていないフリをしながら、とりあえず前に進んでいく。
この島に根付く「兄弟」という仕組みも、そういう中で生まれているのではないか。
島では、男同士が「兄弟」の契りを結ぶ風習がある。ヤクザのようだと言われるが、「兄弟」は親戚のような関係を築き、それがある種のセーフティーネットとなって、離島での生活を支えていく。島で生きていくという現実を飲み込むために、先人が知恵を絞って生み出したのが「兄弟」という仕組みなのだろう。
「兄弟」という関係は、本書の中でも実に素敵な役割を担っている。詳しくは書かないのだけど、「兄弟になろう」という言葉がこんなに響く作品もないだろうと思う。
内容が色んな方向にベクトルを持つので、具体的に触れにくくて、こうやって分析するようなことをわーわー書いてしまうのだけど(しかし、辻村さんの作品を読むと、なんでか分析っぽいことをしたくなってしまう)、さらにちょっと別のことを書こうと思う。
本書で描かれていることは、まさに今僕が関心を抱いている事柄にとても近い。
勝手な憶測なのだけど、本書のモデルとなっている島は、海士町なのではないかと思っている。
島根県の属する海士町は、知っている人は知っている、なかなか有名な離島だ。本書の舞台となる冴島は瀬戸内海にあるけど、海士町は日本海に浮かんでいるらしい。有名な離島、と言いながら僕は知っていることはほとんどなくて、唯一知っていることと言えば、日本全国から優秀な人間がIターン者として移住し、そこで様々なプロジェクトが進められているということ。僕の関心のドンピシャだということを示すように、僕は海士町のプロジェクトが描かれている本を買っていて、もうすぐ読む予定だったりする(この文章が表に出る頃には、もう読んでいることでしょう)。
僕は最近、ソーシャルデザイン的なことに関心がある。「ソーシャルデザイン」という本を読んでいたりするし、町おこしだとか、人と人を繋げるだとか、そういう話に今とても関心がある。リアルで僕のことを知っている人には、なかなか想像出来ないだろうけど。
「ソーシャルデザイン」の中で、ソーシャルデザインとはこう定義されていた。

『社会的な過大の解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組みをつくること』

僕は、とても大げさな言い方になるかもしれないけど、本書で描かれる冴島の姿は、僕らが今後行き着くことになる未来の姿だと思っている。大量生産・大量消費の時代の終焉をもうみんなが感じていると思うけど、でもだからと言って、じゃあ僕たちの未来がどういう方向にあるのか、きちんとした道筋はまだ描かれていない気がする。冴島のような、地域ごとの良さを残しながら、外からどんどん人を取り込んでいき、小さな規模で循環可能な生活環境を生み出していく。冴島は、まさに離島という環境だからこそ、「小さな規模で」「循環可能な」生活環境にせざるを得ないという事情があるのだが、そういう事情を持たない地域も、これからどんどんそういう方向にシフトしていくのではないかと思う。
また、住む場所に限らず、「モノをどのようにして手に入れるのか」「ヒトとどのように関わっていくのか」というような部分でも、どんどんとこれまでに有り様が変わっていくだろうと思う。
そういう中で、自分に何が出来るか、というようなことを、どうも僕は最近考えているようだ。そして、そういうことを考えることは、なかなか面白い。
別にアイデアマンではないので、凄いアイデアが出てくるわけではないんだけど、「誰もがそこにたどり着きたい」という目的地を明確にイメージさせ、みんなでそこに行こうぜ!って声を掛ければ、後は勝手にそこに辿り着けるのではないか、という根拠のない自信を最近持ち始めてもいて、何かやりたい気分ではある。
本書には、「地域活性デザイナー」という肩書きの谷川ヨシノという女性が出てくる。全国あちこちの自治体などと関わって、住民から話を聞いたり人をつなげたりして、その地域ごとにそれぞれの問題を解決していくという仕事をしていて、僕らの現実の世界にも、コミュニティデザイナーという肩書きの山崎亮という人物がいる。
なんとなく、谷川ヨシノがやってるようなことをやりたいんだよなぁ、という感覚が、本当にここ最近の僕の感覚で、そういう意味でも本書は面白く読めました。
色々書いたけど、僕がここでわーわー書いた部分ではないところに強く反応する人もいることでしょう。本書は、様々な視点や価値観が入り乱れているところにも面白さがあると思います。最後の方で、あの人も出てきます。楽しみにしててください是非読んでみてください。

辻村深月「島はぼくらと」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2498-26bbcf2b

「島はぼくらと」辻村深月

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷を巣立つ前に知った大切なこと―すべてが詰...

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)