黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

コミュニティデザインの時代(山崎亮)

内容に入ろうと思います。
本書は、コミュニティデザイナーとして、日本中で様々な魅力的なプロジェクトを展開していることで著名であり、「つくらないデザイナー」を標榜している著者による、普段考えていること、仕事の進め方、社会の変化の捉え方など、コミュニティデザインというなかなかイメージしにくい仕事について全般的に語っている作品です。
僕の中では今、こういうコミュニティデザインとか地方と関わることとかが、自分の関心のトップに来ている。つい先日も福島に行き、農業体験をさせてもらった(旅行記はこちら)。これからも可能な限り、日本全国の面白い取り組みをしているところに足を運んで、色々見たり聞いたりしたいな、と思っている。特にやりたいこともなく、30歳になるまでダラダラ生きてきた僕ですが、なんというか、ようやくやりたいことが見つかったというか、いやそれをまだやり続けられるかどうかとか、そもそもスタートをちゃんと切れるのかとか、色々未知数ですけど、でも最近ちょっと、人生の転機ってやつを感じつつあったりするわけです。
ちょっと前に、「僕たちは島で、未来を見ることにした」という作品を読んだ。これは、本書の著者もまちづくりの一員として関わっている島根県の海士町で起業をした二人の若者の物語なんだけど、その中に、こんな文章が出てくる。

『この島が今直面している課題は、未来の日本に到来すると言われ続けている課題と同じなのです。
もし、そうした未来のコンディションの中で、持続可能な社会モデルをつくることができたら、それは社会を変えるきっかけになる。社会の希望になれる。
「この島で起こった小さなことが、社会を変えるかもしれない」』

まさに同じ視点を、山崎亮氏も持っている。

『それでは、どんな市町村がこれからの時代の先進地になり得るだろうか。都道府県の県庁所在地だろうか。きっとそうではないだろう。都道府県のなかでも中山間離島地域と呼ばれる不便な場所で、すでにここ何十年も人口が減り続けている市町村こそ、眼前にさまざまな課題が立ち現れ、その対応に追われてきた「人口減少エリート」たちが住む地域である。この人たちが発明する日々の工夫や対応策は、人口が減少する地域のなかで何をすべきなのか僕たちに教えてくれる』

『先進国のいずれもが、今後人口減少社会を経験することになる。そのとき、日本から世界のモデルとなるような事例を発信することができるかどうかは、日本における人口減少先進地がどう立ち回るのかにかかっている。つまりは、日本の中山間離島地域や地方の中小都市が、限界集落やシャッター商店街に対してどんなビジョンを示すかによるというわけだ』

僕はそれまでこういう視点をまったく持っていなくて、「僕たちは島で、未来を見ることにした」を読んで初めて、確かにその通りだよなぁと思った。確かに、これから人口が増えるとは思えない。様々な統計でもそう示唆されているのだという。いずれ大都市であっても、人口が減少に転じることがあるだろう。その時、地方で何十年も人口減と闘って来た地域こそが、日本の先進地となる。この発想は、とても面白い。能力ややる気のある人間が、何十年後かの日本全体の問題を解決するために、今過疎化している地方に入り込んで社会と関わっていくというのは、凄く合理的だし生き方としても面白いと感じる。
人口が減り続けていく社会では、これまで成功を収めてきた都市型のモデルはまったく通用しない。

『そんな開発型の利益モデルはほとんどの地方都市にとって参考にならない。むしろ、ゆるやかに人口が減っていく地方都市において、若者と高齢者の関係をうまくつなぎながら、あるいは地域の資源をうまく生かしながら、幸せに暮らしていく方法にこそ多くの人が興味を持ち始めている。人口が増えなければ利益が出ない、地域経済が成長しなければ豊かになれない、という発想ではなく、地域の適正人口規模を見据え、目標とする人口規模になったときに地域でどう暮らしていくのかを考え、それをひとつずつ実践することが重要なのである』

僕もまさにそうで、「若者と高齢者の関係をうまくつなぎながら、あるいは地域の資源をうまく生かしながら、幸せに暮らしていく方法」に興味を持ち始めている。正直、都会で生活をしている必然性は、僕にはほとんどない。友達が周りにいて会いやすい、というぐらいだろうか。そういう若者は、やはり増えているようだ。

『東京で暮らして、不動産屋やレストランに給料のほとんどを貢いでいることに疑問を感じた若者が、同等かそれ以上の可処分所得が手に入る田舎での暮らしを目指すのも無理はない』

本書には、家賃や生活費が恐ろしく低い田舎での生活は、月収が少なくても、実は可処分所得は同等かそれ以上にすることが可能な暮らしもある、ということが書かれている。だとすればますます、都会で生活をする必然性は失われるだろう。先日、福島県の二本松市東和地区に行った時に、まさにそんなことを思った。場所はともかくとして、やっぱりこんな風に地域で頭を使って考え、コミュニティ作りに取り組んでいる地域にIターンするっていうのは、人生の選択肢としてアリだよなぁ、と。
豊かさというのは、一体なんだろう。お金や物だけが豊かさの基準ではないはずだ、という考え方は、少しずつ広まっている気がする。けど、じゃあ豊かさって何なの?って聞かれると、うまく答えられないだろう。
僕は考えてみると、「自分の意見を持ち口に出すことができる、僕とは少し違う価値観を持つ人と楽しく話をする環境」と「何らかの形で自分を表現する環境(今はこのブログですね)」があれば満足だなぁ、と思う。物欲はないし、食欲もない。性欲はないではないけど、じゃあ性欲が満たされたら豊かか?と聞かれたら、いやーそれは違うなぁ、と思う。お金は、生活に困らない程度にあれば特にたくさん欲しいとは思わない。そう考えると、本当に求めるものは多くはない(とはいえ、「話せる環境」というのは、結構得がたいものなのですけどね)。

『たまに「コミュニティで活動することはいいことかもしれないけど、まちづくりは最終的に儲からないとやっている意味がないのではないか」という意見を聞くことがある。(中略)金と物だけが豊かさの指標ではないといわれているにもかかわらず、「豊かなまち」ということになると経済的に豊かかどうかが問題になってしまうのは寂しい。まちが豊かになること、まちが活性化することは、そこに住んだり働いたり訪れたりする人たちが活き活きしている状態であり、豊かな人間関係を持っていることであり、金や物もそこそこに持っている状態でもある。個人における「豊かさとは何か」はかなり考えられてきたものの、まちの豊かさということになると急に20世紀型の豊かさや活性化の概念に戻ってしまうのは少し残念なところである』

『ところが、まちの活性化というとどうしても「経済活性化」ということになり、それはつまり「金銭的に儲かること」という意味になってしまう。まちの活性化というのは、まちを構成する一人ひとりが活性化することであり、つまりは「よし、やるぞ!」という活力を得ることのはずだ。「生きていくための活力を得る」ことが活性化であり、多くの人がそう感じることが出来るようになることが「まちの活性化」であr.
そう考えると、金銭的に儲かることも「よし、やるぞ!」というモティベーションにはなるが、逆にモティベーションを高める要素は金銭だけでないことも確かである』

『僕たちはまちづくり活動やコミュニティ活動から多くのものを得ている。儲けている。それは金銭的な儲けに限らない。むしろ、活動の初動期は金銭的な儲けはほとんどない。が、やっていて楽しいと思えることがあれば、活動を続けてしまう。何年か経って、活動が認知され、人々に求められるものになった後に、金銭的な儲けも少しついてくるようになるかもしれない。が、それはもともとの目的ではない』

たぶん一人ひとりが、「どうなったら豊かであるのか?」ということを、具体的にイメージしていかなくてはいけないだろうと思う。お金や物があっても、幸せになれるか分からない時代になってしまった。それなのにまだ、お金や物を求める生き方の中に組み込まれてしまっているし、まちづくりということになると、どうしても経済的な豊かさが指標にされてしまう。たぶん、その枠組しか与えられてこなかったからだろう。逆に、若い世代の方が、そういう枠組みから外れていきやすい。物心ついた時には既に、日本は豊かではなかったからだ。豊かな日本という枠組みは、過去形で話されるだけのものになってしまった。そういう枠組みに囚われないでいられる若い世代が、今地方に入り込んでいる。それは、自分がどうであったら豊かであるのか、ということを、きちんと見据えることが出来ているということだろう。まさにそれこそが、豊かさの形ではないかと思う。
著者は、今人口が減り続けているのは、もしかしたら適正人口規模に近づいているのではないか、と仮説を立てる。ここ100年ほどで僕らは人口の激増を経験し、そして次の100年で人口の激減を経験するはずだ。人口が減ることは、元の水準に戻るだけで、悪いことではないのではないか、と問う。

『日本全国の人口が減り、これが適正人口規模へと近づいているとすると、それに先駆けて人口が減り始めた地方の市町村はまさに理想的な人口規模へと近づきつつあるということになる。だとすれば、人口が減少していることを嘆くだけではなく。それぞれのまちや流域で生活できる適正な人口規模を見据え、その人口に落ち着くまでのプロセスを美しくデザインすることが肝要である』

そして、そういう社会の中で最も重要なのが「住民参加」である。

『日本の総人口は減るし、ハード整備偏重時代は終わる。まちのことは行政にお任せ、とはいっていられない時代がくる。となると、公共的な事業に住民の参加が不可欠になる。21世紀は住民参加の時代だということになる』

『「まちのことは誰かにお任せ」ではなく、「自分のまちのことは自分たちでマネジメントする」という態度がますます重要になる。こうした意識を持つ市民が多い地域ほど、クリエイティブな事業が生まれやすくなる。地元に住む人たちが工夫してまちの将来を創り出し、それを実行していく気運を高めることが大切だ』

著者は、地域住民は新しい活動を起こしにくい、と言う。しがらみや、「誰が言ったか」が重要視される田舎では、やろうと思っても内側から新しいプロジェクトが立ち上がることは少ない。だからこそ、著者のようなヨソモノのコミュニティデザイナーの存在が重要なのだと語る。

『新たな活動を始めにくいということは、ほかならぬ地域住民が自身が一番よくわかっている。だから彼らはそのきっかけを待っている。ヨソモノが入ってきて、みんながやりたいと思っていることを堂々と語ってくれることを待っている。誘ってくれることを待っている。そこへ僕たちが舞い込むことになる。
当然、地域の人たちは僕たちをうまく利用しようとする。自分がいいたかったこと、やりたかったことを僕たちにいわせようとする。僕たちもそれを感じ取って、さらに多くの人たちに共感してもらえるようなカタチで表現しなおす、ここには暗黙の了解が成立していることが多い。「私がいうと角が立つから」「僕の口からはいえない」という言葉がワークショップの端々に出てくる。こうした意図を汲み取って、より多くの人たちが望んでいることを言葉にするのが僕たちの役割である』

その距離感を保つために、著者はなるべく地元に入り込まないようにしているのだという。ますますコミュニティデザイナーという仕事は興味深いと思わされる話である。
著者は元々建築家であり、空間のデザインを適正に行えば、コミュニティを生み出すことも、人の行動を変えることが出来ると考えていたらしい。しかしその考えは変わる。少なくとも、空間のデザインだけで何か変化を生み出すことは難しい時代になってきた。だからこそ著者は、「ものを作るデザイナー」ではなく「つながりを作るデザイナー」を目指すことになった。

『現代を生きる人たちにとって、つながりがなさすぎるのは生きにくいが、つながりがありすぎるのも生きにくいのである。どれくらいの郷土であれば快適なつながりなのか。僕たちはいま、コミュニティデザインという方法を使って「いいあんばいのつながり」がどれくらいの強度なのかを探っているところだ。自由と安心のバランスを調整しながらコミュニティデザインに取り組んでいるといえよう』

さて最後に。僕は最近、瀬戸内海の「家島」という島の話を聞く機会があった。その時は家島についてはまったく知らなかったのだけど、話を聞いた限り物凄く面白そうなところだなと感じた。そして本書に、家島の話題が出てくるのだ。やっぱり面白そうである!海士町にもいつか行ってみたいけど、家島にもいつか行ってみたいなと思う。いつ実現しますやら。
ここに書かれている現状は、地方に住んでいる人からすれば、もう長いこと直面し続けてきた当たり前のことでしょうが、都市部ではまだまだ自分には関係ないと思えることでもあります。そういう意味で、今は過渡期なのだろうと思います。何十年か後、都市部でもそんな悠長なことを言っていられない時代がやってくる。そうなってから対策を取ったのではもう遅いでしょう。本書は、コミュニティデザインという手法がどんな問題を解決しうるのか、そしてコミュニティデザインという手法がどんな風に行われているのかなど、コミュニティデザインというものを広く描いている作品だと思います。正直、若い世代であればあるほど、こういう話に関心を持つ人はどんどん増えているのではないかと思います。是非読んでみてください。

山崎亮「コミュニティデザインの時代」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2494-037b2af6

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)