黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

原発事故と農の復興(小出裕章+明峯哲夫+中島紀一+菅野正寿)

内容に入ろうと思います。
本書は、2013年1月20日に都内で行われた公開討論会の内容をベースに書籍化されたものです。パネラーは、反原発の研究者・小出裕章氏。有機農業関連のNPOの代表理事であり、都市住民とともに自給農場運動などを作ってきた明峯哲夫氏。同じく有機農業関連のNPOの事務局長であり、茨木大学名誉教授でもある中島紀一氏。同じく有機農業関連のNPOの代表であり、福島県二本松市で現在も農業を続ける菅野正寿氏の四人。
福島での現状や被害を確認したり、どんな展望を抱いているのかなどを話しあったりと、話題は多岐に渡るのだけど、僕がメインの話題だと感じたものが二つあります。その二つも、密接に結びついているわけですが、敢えて二つにわけてみます。

◯ 「危険かもしれないけれど、逃げるわけにはいかない」という状況の中、どのような生き方が自分(福島の農家)にとって良い生き方であるか
◯ 「子供を守る」とはどういうことか。

この二つの枠組みに沿いながら、本書の内容に触れていこうと思います。

明峯哲夫『これまで、「危険だから、逃げよ」という立場と、「危険ではないから、逃げる必要はない」という立場の対立があったわけですけれども、「危険かもしれないけれど、逃げるわけにはいかない」という第三の立場があります。これが、マスメディアを含めてなかなか議論になりません』

そう問題提起をします。そして具体的に、避難(強制退去)について、こんな具体例が挙げられていく。

中島紀一『たとえば、強制退去になった警戒区域で家畜を飼っている方がおられた。明確な理由は示されていませんが、家畜を持ち出すことはできなかったんですね。財布は持っていってよいけれど、家畜もお米も持っていってはいけないというのは、現代社会を物語っていますよね。おそらく、ニワトリと豚はほぼすべて餓死したと思います。殺して避難した人もいますが…。
牛の場合は、約760頭が野牛になった。そのまま野牛にしているとまずいということで、捕獲・回収して6ヶ所の牧場で飼われています。その760頭の牛を警戒区域外に持ちだそうとすると、国は「殺処分せよ」と命令するんですね。ただし、所有権がありますから、国は強制的に殺すことはできない。「殺せ」と命じることはできるけれど、殺すことはできないという、宙ぶらりんの状態です。
でも、よくよく考えてみると、放射能汚染のない餌を数ヶ月食べさせれば、体内の放射能は相当に排出されて、警戒区域外に持ち出しても問題のない牛にできる。すでに2年が経っていますから。しかし、国は聞く耳を持たない。
犬が可愛いから、犬を捨てていくわけにはいかないということで、2ヶ月間警戒区域の中で暮らしておられた方もいます。その後なんとか犬は持ち出したらしいんですけれども、ストレスが重なってアルコール漬けになってしまい、亡くなられました。』

ある範囲の住民は、強制的に土地を追われた。しかし、「逃げたければ逃げてもいいよ。国は補償しないけどね」という形で、いわば「放っておかれた」住民も数多くいる。「逃げたければ逃げてもいいよ」と言われて逃げられる人なんてほとんどいないだろう。そういう中で、「危険かもしれないけど、逃げるわけにはいかない」という選択肢を消極的に選びとって、福島県の住み続ける人も多くいる。
小出裕章氏の主張は、非常に明快だ。小出氏はとにかく、汚染された地域には住んで欲しくない。もちろん、第一次産業は衰退させたくない。しかし、特に子供にはそうした汚染された地域には住んで欲しくない。これが、小出氏の非常に明快な主張である。
しかし一方で、福島に住み続けている人は、「逃げるわけにはいかない人」なわけである。いくら危険だからと言って、その生活を手放すことが出来るのか。

明峯哲夫『人間は安全性だけで生きているわけではありません。場合によっては、危険であるとわかっていても、それを覚悟して生きていく、それが人間です。むちゃくちゃ危険なことをして早死にしても、それがその人の人生だったということにもなるし、ただただ長生きするだけの人生を潔しとしない考え方もあります』

そういう中で、では「良い生き方」というのはどういうものであるのか、議論がなされます。

中島紀一『自給自足というとかなり昔のことのように思うかもしれないけれども、被災地で暮らしている人たちはその土地で暮らしを立てているんですね。それにプラスして、農産物を売る。阿武隈の農民は一番自給的な、だから一番人間らしい暮らしをしている人たちです。その暮らしの意義を価値ある営みとして積極的に評価すべきだと思います』

菅野正寿『原発事故で、堆肥も落ち葉も藁も循環の輪が断ち切られました。汚染されて、その大事さが再認識された。山があって、里山があって、田んぼがあって、きれいな空気があって、蛙が飛んでという暮らしの大事さですね。私たち農民は米と野菜を作っているだけじゃない。農家が米を作っているからトンボがいるんだ。この美しい風景をつくってきたのは農民なんだと、私は誇りに思いました。このことを私たちはもっと伝えなければいけない。』

菅野正寿『日本と欧米が違うなと思ったことがあります。アメリカもヨーロッパも元来は遊牧民族で、土地を転々として民族を守ってきました。でも、私たち日本人は先祖代々それぞれの土地で暮らし、その田んぼで米を作ってきた。つまり3500年といわれる日本の稲作文化はずっと土着型で、それこそが農耕民族である日本人だと思ったんですね』

つまり、「逃げた先の土地で安全に暮らすこと」ももちろん検討すべき事柄であるけれども、しかしそれ以上に、「その土地に留まって、農業をやっていく暮らしこそが、自分たちにとって最も人間らしい生き方なのだ」という価値観を大事にしたいのだ、という価値観も提示される。これは、今なお住んでいる人たちの実感でもあるだろうし、同時に、外からただ危険を訴える人たちとはなかなか相容れない考え方なのだろうなという感じもします。難しい問題です。

また、こういう主張も出される。

『一方、逃げられない人たちがいて、その逃げられない人たちが体外被曝の危険に自らを晒しながら、晒すことによって、福島の大地も、農業も守られている。福島に限らず、日本の社会全体は、そういう逃げられない人によって支えられているわけです』

さてもう一方の「子供を守るとはどういうことか」という話。こちらも、非常に難しい問題だ。
巻末で明峯哲夫氏が「討論を終えて」という文章を書いている。そこに、こんな文章がある。

『子どもたちが健康な環境で暮らし、地域の文化を学びながら、その継承者として育っていく。それは、子どもの成長を考えるとき、望むべき当然のことです。ところが、今回の討論では、「健康」と「文化の継承」があたかも二律背反であるかのように、どちらを優先するべきかという議論になってしまいました。このような議論をせざるをえない状況そのものが、子どもたちにとってきわめて不幸です。こうした事態を招いた原発に、あらためて怒りが湧いてきます』

本書における「子どもを守ること」について、非常に簡潔にまとめられている。
小出氏の主張は非常に明快だ。
小出氏は、とにかくまったく責任のない子どもだけは守りたい。子どもは被曝に敏感であり、だからこそ子どもを汚染された地域で育ててはいけない、と主張する。
そしてこの主張は、非常に全うであるとして、他の三人も賛同するのである。
しかし、他の三人は、「危険だから」というだけの判断で、「文化の継承」を諦めてしまってよいのだろうか、と問います。

明峯哲夫『子どもだけを特別扱いしてよいのかというのが、親の一人でもあるぼくの気持ちとしてあります。ひとつは、親が原発と戦おうとしているとき、子どもはそばにいて一緒に闘わなくてよいのか。少なくとも、闘う親の姿を目撃していなくてもよいのか。子どもも闘いの陣営に入れようとぼくは思うのですね。ぼくのセンスで言うと、子どもだけ疎開させることはできないと思う。子どもは守らなければならないというのは誰も否定出来ないけれど、子どもを本当に守るとは、どういうことなのか?子どもと一緒に闘って、汚染の中で子どもを育てることは、子どもを守ることにならないのか?
また、子どもを守るという場合、子どもの健康を最優先させているわけですよね。でも、子どもの成長は健康のことだけを考えていればよいのか?これがもうひとつの気持ちです。』

明峯哲夫『子どもたちは10年、20年と農村の文化のなかで育っていく。地域のなかで育っていくわけです。そこから子どもをはずしてよいのかという気持ちが、ぼくのなかでは強いんですね。もちろん、子どもとともに闘っていくためには充分なケアが必要でしょう。そのうえで、これは単なる暴論ですかと問いたい』

明峯哲夫『農家であれば自分の家の畑で育ち、採れたものを食べて育って、おとなになっていく。場合によっては一緒に農作業もする。こうして農の文化は継承されていく。そこのかけがえのない大事さというのは、確実にあるわけです』

中島紀一『いまの社会的議論の状況を公平に見ると、ある程度の危険があったとしても、子どもを含めて百姓をすることが百姓の道ではないか、生き方じゃないかという話が、されなさすぎると思います。危ないと指摘する文献はたくさんあるけれど、あなたのやっている農業はものすごく大事だよと言う人が農業関係者も含めて、拾はほとんどいません。それを言うと、とたんに攻撃されますから。身の危険を感じるくらい強い攻撃を受けるという状況が一方であります』

これも、非常に難しい問題だ。小出氏の言っていることは、非常に正しい。子どもは被曝に敏感だし、大人以上に危険性が大きい。だから、汚染された土地で子どもを育ててほしくない。しかしその一方で、土地に根ざし、農業を継承することで生きてきた人々にとっては、どれだけ危険があろうと、その土地に留まって子どもと共に農業を続けていく。それこそが意味のある生き方であるという考え方もある。これはもはや、どちらが正しいという問題ではないのだろうと思う。それぞれが、それぞれの境界条件の中で、厳しい選択を積み重ねていくしかないのだろう。
本書では、都市生活者に対する厳しい言及もある。

明峯哲夫『都市住民も、自分で食べるものぐらい自分で作らなければならないのです。農民はできるだけ売らないようにする。それが農民の自立です。都市住民はできるだけ買わずに住む生活を心がける。それが都市住民の自立です。
そのような両者ともどもの「自立」があってこそ、初めて台頭な「連帯」があるのではないか。私はこのような連帯をそろそろ真剣に考えなければいけないと思います』

明峯哲夫『耕さなくても、食べ物を手に入れることはできる。耕す人が売ってくれさえすれば。けれども耕す人は「汗」までは売ってくれない。他人の汗はかけないのだ。汗は自分でかくほかない。自分でかいた「汗」を他知寄に、人は学び、育っていく。その「汗」を失う。
農家は農産物は売ってくれますが、汗は売ってくれません。農家の方々は、都市住民に物を売ることで、結果として都市住民から汗を奪うことになることをもっと深刻に考えるべきだと思います』

明峯哲夫『阻止住民が福島の農民を「支援する」ということですが、農民は「支援」がなくても生き続けられるということを理解しなければなりません。彼らには土地があるし、自給のためのノウハウもある。助け合う仲間もたくさんいます。「支援」が必要なのは都市住民のほうではないでしょうか。もし首都圏に大地震が起きれば、都市に住む人々はその瞬間から生きるすべを失い、路頭に迷うにちがいありません。土地もない、自分の力で生き延びる特別の知恵もない、ついでに体力もありません。
それでも、いま都市住民が福島の農民を訪ねて「支援」する意味はあると思います。それは、何より彼らが孤立していないことを伝えるためです。そして、復興に苦闘する彼らの姿から農という営みのたくましさを学び、都市的暮らしの脆弱さを自省する意味があると思います』

他にもいくつか気になる文章を抜き出して、終わろうと思います。

『住宅のまわりや農地の周辺の樹木を伐採して、新たに苗木を植えるまでが本当に除染であり、それが東電の責任だと私は思っています。そのことを、もっと早くに声に出していく必要がある。それが私たち農民の被曝を下げていくことにつながるでしょう。いまゼネコンにつぎ込んでいる除染費用を、もっと県民の、そして農家の声を聞いた住民のための除染に使わなければならないと思います。』

菅野正寿『除染という表現ではなくて、農業を続けるための土づくりという観点からの放射能対策を、研究者や農協職員や行政職員の英知を結集して確立すべきです。農民の数よりも、彼らの数のほうが多いわけですから』

菅野正寿『じいちゃんばあちゃんは、子どものために、孫のために野菜を作ってきました。ところが、子どもや孫の健康を考えるからこそ、子どもや孫に食べさせられない。じいちゃんとばあちゃんの苦悩は続きました。それが私たち福島で暮らす人間の減じるです』

菅野正寿『いまだに炊飯器が2つという家も実際にあります。私の隣の家は、子どもが5歳と2歳です。「若い人たちは自分の家の野菜は食べないで、買ってきて食べるんだ」と、じいちゃんやばあちゃんが言っています。まだそれが続いている。子どもの健康のために、じいちゃんとばあちゃんが心を痛めているということをみなさんにわかってほしい』

小出裕章氏は、僕らが直面している問題について、こんな風に書いている。

『今日の現実の世界には気の遠くなるような巨大な課題が山積みされており、私たちの一人ひとりは、どんなに頑張ったところで、その巨大な課題のごく一部分に自らを関わらせることができるにすぎない。そうしたとき、私たちに求められているのは、自らが芯に求めている目標が何であり、自らが関わりきれない無数の運動とどのように連帯が可能であるかを、常に問い直しながら、自らの運動を進めることである。それを欠落して、自分のまわりのごく小さな課題だけしか見えなくなった場合、一刻一刻に自らが行なっている運動が、ときには自らが求めている目標と相容れないこともあるのです』

福島の農業は『僕たちの問題である』という意識を、実際に持つのはなかなか難しい。ただ、こうやって本を読んだりして、現状を知れば知るほど、日本中どこに住んでいる人であろうと深く関わってくる問題なのだなと感じさせられる。福島の農産物からはほとんど放射能が検出されないという『福島の奇跡』についても本書では触れられている。何をもって「安全だ」と考えるかは様々であるが、本書の中でも、原発事故による汚染を避けても、自然界に元から存在する放射能は避けられない。原発事故による汚染を避けたことで、自然界に元から存在する放射能汚染にさらされるという危険性もある。正しい知識を持つことはとても難しいことだけれども、それでも、誤った、なんとなくの、漠然としたイメージだけで物事を判断するのではなく、しっかりと現実を知ることが大事ではないかと思いました。是非読んでみてください。

小出裕章+明峯哲夫+中島紀一+菅野正寿「原発事故と農の復興」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2490-24fb6493

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
14位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)