黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

僕たちは島で、未来を見ることにした(阿部裕志+信岡良亮 株式会社 巡の環)

内容に入ろうと思います。
本書は、島根県の隠岐諸島の中の島の一つであり、町ぐるみでの取り組みが全国的に注目を集めている海士町に、「持続可能な社会」を作る一員となるために、そしてそんな社会で稼いで生活し続ける実践者となるために、都会での生活を捨て、海士町で起業した二人の若者たちの、起業から5年間の戦いを描いた作品です。
海士町についての基本情報をまず引用しておきます。

『島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島であり町である。
現在人口は2331人(2012年8月末現在)。年間に生まれる子供の数約10人。人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。
人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行財政改革と産業創出によって、今や日本でもっとも注目される島の一つとなる。
町長は給与50%カット、課長級は30%カット。公務員の給与水準としては全国最低となる(2005年度)。その資金を元でに最新の冷凍技CASを導入。海産物のブランド化により全国の食卓をはじめ、海外へも展開する。
産業振興による雇用拡大や島外との積極的な交流により、2004年から11年の8年間には310人のIターン(移住者)、173人のUターン(帰郷者)が生まれ、島の全人口の20%を占める。新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしのモデルとして全国の自治体や国、研究機関などからの注目を集めている』

さてそんな町にやってきた二人だが、特に「株式会社 巡の環」の代表取締役である阿部裕志の経歴は凄まじい。京大卒でトヨタに入社し、そのトヨタを辞めて海士町にやってきたのだ。
二人共、都会での生活に疑問や違和感を抱き、自分がどう生きて行きたいのかというのをきちんと考え、情報収集をした結果、二人は別々に海士町にやってきて、そして知り合った。会社を設立することになったが、設立当初は意見が合わず衝突ばかり。そういう時期をどうにか乗り越えて、今ではどうにか食っていけるだけの稼ぎは得られているという。
そういう、起業から現在までの二人の来歴みたいなものも面白いのだけど、この感想ではそういう部分にはあまり触れない。
巻末で信岡良亮は、『そして、この本にちりばめられているエピソードのほとんどは、巡の環という会社がどうやってこの島のことを好きになっていったのかの歴史なのだと僕は思っています』と書いている。僕はそういう部分に触れたい。海士町という、外に向けて開けている(町長の方針である)珍しい島の存在と、そんな島に「日本の未来」を見出した若者たちが融合し、どのようにして様々な取り組みが生まれていったのか。
冒頭に、こんな文章がある。適宜省略しながら引きます。

『社会の変化は、いつも小さなきっかけから始まる。
その変化自体はとても小さくて、起こっていても、誰も気づかないかもしれない。でも、その変化は少しずつ広がって、いずれ僕たちの社会を変える。そして人を動かし、未来をつくる。
都会生活に疲れてのんびり田舎暮らしに憧れるわけでもなく、僕たちは、未来に可能性を投げかけられる自分でいたいがために、島に移住したのです。
そこに何があるのか。島では「あるもの」よりも「ないもの」を数えたほうが早いほどです。
でも、この島には日本がこれから経験する、「未来の姿」がありました。
それは、人口減少、少子高齢化、財政難…どれもネガティブなものばかり。しかし、よくよく考えてみると、この島が今直面している課題は、未来の日本に到来すると言われ続けている課題と同じなのです。
もし、そうした未来のコンディションの中で、持続可能な社会モデルをつくることができたら、それは社会を変えるきっかけになる。社会の希望になれる。
「この島で起こった小さなことが、社会を変えるかもしれない」
僕たちはそう信じて、自分の未来をかけて、この島の未来をいっしょにつくる担い手になったのです。そして、僕たちの行きたい未来をそこに見ることにしました』

なるほどな、と感じました。過疎の島という厳しい条件を、「日本の未来の姿」と捉え、そこで通用するモデルを探りだすことが出来れば、未来の日本の社会にも通用する何かを見出すことが出来るのではないか、と発想して移住する。これを聞くだけで、攻めの姿勢で島に移住したのだということがハッキリ伝わってきます。
阿部裕志は、海士町に攻めの姿勢でやってくる人が多い理由を、こんな風に分析しています。

『僕は、ここまで海士が、”攻める”若者を引き込むのは、海士が大きな未来へのビジョンを持っていることと、関わることのできる”余白”が残されていることにあると思っています』

また、島という限られた人間関係の社会では、こういう側面もあると指摘します。

『そして、動きが手に取りやすい社会の利点は、何か一部で変化が起こったときに、それが社会全体にどんな影響を及ぼすか推測しやすいということです。それと同時に小さな社会では、どこかで起きた何かの社会変化の影響がすぐに自分にも降りかかってくるため、他人事でいられることが少なくなっていく。社会と自分の関係性が想像しやすく、自分の役割が明確になるのです。
他人事であることが何もない社会。
それはつまり、誰もが他人のことを自分のことのように感じられる社会でもあります。
もちろんそれは、煩わしいことと表裏一体です。
その一方で、問題を他人事にして放っておくということは、この島ではあり得ません。
もちろん、何もかもではありませんが、社会問題をみなが自分のことのように考えて解決まで持っていくことができる。
小さな社会である島は、みなが社会で生活する人であると同時に、社会をつくる人であるわけです。だから、変化に対して対策を講じるスピードも自律的で早くなっていく
大きな社会は大規模な流通ができたり、巨大な利益を出すことに優れている文、こうした変化に対する危機予測・対応が生活者レベルで素早く共有することが難しい』

確かに、それはやりがいがあるだろうなぁ、と思います。もちろん、大変なこともとても多い。でも、社会が小さいからこそ、そしてそれ故に皆が社会問題に取り組むからこそ、わずかなアクションが、わずかな発想が、問題解決に直結する可能性がある。それは、「やりがい」や「社会を変えたい」という気持ちを持っている人には、とても魅力的に映るはずだろうなと思います。
岩本悠もその一人。彼は、阿部裕志や信岡良亮たちよりも以前から海士町に移住していてまちおこしに関わっていた。彼は、学生時代の世界放浪の旅を綴った『留学日記―20の国を流れたハタチの学生(幻冬舎文庫)』を出し、またソニーに勤めながら世界で学びの場づくりを展開するというバイタリティを持つ男だ。

『なぜ海士町へ来ることを決めたかと聞かれれば、ひとつは「時の利」。海士町は、人口減少、超少子高齢化という、これから日本社会全体が直面していく重要課題の最先端にあった。今ここでの課題を解決していくことは日本の未来を切り拓くことに繋がっていくと思ったのと、ちょうど海士町自信が危機感の中で変わろうとい動き出すタイミングにあったからだった。
二つ目は「地の利」。島という、海によって外界と隔絶された”半クローズド”な空間性と、小さくてもその中に社会システムがまるごと入っているという間欠性により、海士町は社会の縮図に見えた。そのため、「ここでの地域づくりが持続可能な社会づくりのモデルになる」と思えた。
三つ目は、「人の利」だった。地域への想いや志を持ちながら、異質なモノを受け入れるキーマンが海士町にはたくさんいた。この人たちとだったら一緒にやれそうだと感じた』

また阿部裕志には、現在世界中を覆い尽くそうとしている「グローバル化」へのこんな危機感も露わにしている。

『狭義のグローバル化というのは、価格意外の情報に鈍感になっていくことを招きかねません。何かを選ぶということは、本来前提として自分が好きなもの、大切にしたいものは何かと知ることなしにはできないはずです。それが価格情報だけでアッサリ選べてしまう。これは均質化のもたらす危険だと僕は思います』

そういう中で自分たちに一体何が出来るのか。「株式会社 巡の環」が事業のメインとして捉えているのが、「島の学校」という発想です。これは元々、海士町に旅に出かけた信岡良亮が、その際に持っていった企画書が原型となっています。頼まれてもいないのに、外から来た若者がやりたいことを書いた企画書を持っていく。そして島の人も、「やりゃあいいだわい」と言ってくれる。『島に来てもらって、島まるごとを使っていろんなことを体験し考えて、そして自分にとって人生の次の一歩を見つけて島を卒業していける』という構想を、彼らは着実に実現していくわけです。
「株式会社 巡の環」のスタイルは、「島のことを学びながら稼ぎ、稼ぎながら学ぶ」というスタイル。「島の学校」において、二人は先生ではなく、先達の実践者、つまり先輩という立ち位置。彼らも共に学びながら、島全部を好きになって、そうやって人を繋いでいき、お金を稼いでいく。

『僕は田舎のような地域社会では、雇用がないことこそが解決すべき問題だと確信したのでした。
都会にはエコロジーや持続可能社会について学ぶ機会は豊富にあるけれど、それが実践されるための雇用が田舎には不足している。田舎の雇用不足が、田舎と都市の良好な関係を阻害するボトルネックだと分かったのです』

だからこそ彼らは、『自分で稼いで雇用を作る』ということを目標に、その実践者たろうと日々努力をしているわけです。海士町の町長も、『巡の環は、海士に仕事をしにきたのではなく、仕事をつくりに来たというのが大きな特徴だね』と彼らを評価する。
この町長がなかなか凄い人なのだ。本書には、島民やIターン者など多くの人へのインタビューも載っているのだけど、町長のインタビューも載っている。

『プロジェクトなりイベントなり、何かやりたいと本気で考えている人というのは、最終的には熱意だけで成功に導いていく。金ではない。そう信じているからこそ、何かやりたいという人には、情報提供だけは惜しまず、本気の気持ちで応えようと思っている。』

『今は外から来た人の活躍が目立つけれど、将来は島前高校の生徒たちが先輩を見て、活躍していくことを夢見ている。
とはいっても、こっちで育てはしない。あくまえも強い戦力として、戦線に加わってほしいと思っている。この前も地元出身の大学生が「役場に入りたい」と言ってきたけれど、それはだめだとつっぱねた。ただ帰ってきて役場に入りたい、ではなく、海士で何かをやりたいという強い気持ちを持って帰ってきてほしい。戦力にならない状態で役場に入ったとしても、職員には育てる時間がない。みんなそれだけ一生懸命に戦っているのだ』

こういうリーダーがいるからこそ、革新的なことができるし、批判もないわけではないようだけど、外からの来る人に魅力的に見える「何か」を与え続けられるのだろうな、と思う。
島での生活のエピソードも色々載っていて、なんだかとても楽しい。「野菜はもらうものだ」というような、物々交換が未だに基本ベースだったり、「おすそ分け」という文化によって気持ちまで与えるような想いやりが残っていたり、「毎日楽しいけど、不安なのは老後だ」と言ってしまうような76歳のおじいちゃんがいたりと、僕らが生活している日常とはまったく違う時間・風景があるのだなぁ、と想像させてくれる。
最後にもう一つ、これは素敵だなと思ったエピソードを。
阿部裕志は、会社を支えるこんな発想があるのだ、と書く。

『数値化不可能な”想い”を交換して、ビジネスになる。』

そして、これを丸ごと象徴するようなエピソードが書かれている。
阿部裕志は大学時代、ひょんなことからある人物と出会う。出会った時はその人物のことを知らなかったが、後で知って驚愕することになる。今、京都で最も予約が取りにくい店として知られる「草喰なかひがし」の店主である中東久雄だったのです。
その中東さんに、海士の牡蠣を使ってもらえないかと話を持って行き、仕入れてもらえることに。巡の環は、お金の流れを一切ごまかすことなく説明し、ある金額を提示しました。すると、

『中東さんはふんふんと頷いて、一言、
「それじゃあ、阿部さんの利益にならんでしょう。私はこの額で買わしてもらう」と言いだしたのです。その額は、僕たちの利益相場の3倍以上でした。』

その後、別の料亭にも仕入れてもらえることになり、そのタイミングで値下げの交渉(値下げの交渉、って凄いですけど)をし、値段を下げてもらったらしいのだけど、凄い話だなと思いました。これは特殊な商売の一例だと思うのだけど、こういう関わりあいは、なんだかとてもいいなぁという気がします。
僕の最近の興味の関心がこういう方向に向かっているので、僕自身はとても興味深く読みました。恐らく、こういうことに関心を持つ人は、結構いるのではないかと思います。何かやりたいけど、何が出来るのかわからない。そういう人は、とりあえず本書を読んでみてはいかがでしょうか?

阿部裕志+信岡良亮(株式会社 巡の環)「僕たちは島で、未来を見ることにした」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

[7480]

企業は3人でしたらしいですよ。

でも、1人は、すぐに島を去り

もう1人も、近いうちに島を去ると聞きました。

島で未来をみるんじゃなかったっけ?って思いますけどね。

[7481]

そ、そうなんですか…。
やっぱり、理想だけでは難しいのかもしれないですね。
まあ、そういうこととは関係なく、海士町にはちょっと行ってみたい気がしますけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2482-e895365a

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)