黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

どん底 部落差別自作自演事件(高山文彦)

福岡県筑後地方に、舞台となる「ムラ」は存在する。そこは、いわゆる「被差別部落」である。
平成21年7月7日、52歳で逮捕された、本書では「山岡」と呼ばれている男は、「偽計業務妨害罪」という容疑に問われていた。これは、「長期間にわたって町行政をいちじるしく混乱させ停滞させた」という容疑だ。
彼は一体、何をしたのか。

『同じムラに暮らす部落民の職業を剥奪しようとする内容をしるした差別ハガキを、五年近くにわたって匿名で四四通出しつづけたのである。そのハガキを出した相手とは、立花町長、学校長、社会教育課長などであり、さらに驚くべきことにはほとんどの場合が「自分自身」なのだった。
えっ、自分自身に?
そう、自分自身に――。
すなわち彼が差別した部落民とは自分自身なのであり、読むに堪えないおぞましい言葉の数々を自分自身に向かって吐きつづけたのだ』

これが、この事件の大まかな概要だ。自分自身に差別ハガキを出しつづけた男は、横領や詐欺の疑惑もあったが、警察はどちらも立件を諦めた。唯一、ある一件の差別ハガキについて、町が被害届を出せば立件可能だというので、このような容疑で逮捕・起訴されることになったのだ。
本書は、実名が書かれていないノンフィクションだ。少年犯罪以外では、実に珍しいのではないかと思う。
が、それだけの理由が存在するのだ。何故なら、逮捕され、裁判が終結した後も、この男は「自分はやっていない」と容疑を否認したり、動機を説明しろと問い詰められても黙って下を向いたままだったりと、結局彼が何をどんな理由でやったのか、最後の最後まではっきりしなかったのだ。
裁判では、「偽計業務妨害罪」について問われ、それについては結審している。その件だけに触れる内容であれば、実名で書けただろうと思う。しかし本書では、四四通すべての差別ハガキについて、さらには、その男が限りなく疑わしい状況にある空き巣事件(会計担当者だったその男の家に空き巣が入り、金を盗まれたとされる事件)についても触れている。これは、限りなくその男が疑わしいが、しかし憶測に過ぎない。だからこそ、匿名にせざるを得ないのだろう。
この男、部落差別解放運動に携わる数多くの人間に無駄な労力を費やさせ、そして「ムラ」で懸命に生きる部落の人たちの気持ちを踏みにじったにも関わらず、紋切り型の謝罪以外、誠意を込めて謝るということをしていない。それなのにこの男は―ムラから出て行けと言われたのにも関わらず―未だにムラの中で家族と共に暮らしているのだ。

『男はムラにもどって、なに食わぬ顔で家族と暮らしている。自分たちを裏切り解放運動に唾を吐きかけたのだからムラから出て行くようにと言われたが、いっこうに反省するふうもなく、居直りをきめたように家のまえでのんびりと車を洗ったりしている。会計責任者として盗まれた金を返すように要求され、本人もそれを約束したが―本人は犯行そのものは否認している―なかなか返そうとしなかった』

本書は、「差別ハガキ偽造事件」と呼ばれるようになるこの事件を、ムラの成り立ちや解放運動の歴史などを紐解きながら、また「差別ハガキ偽装事件」をこの男に思いつかせたかもしれないとある中学教師への差別ハガキ事件などを詳述しながら、山岡という善人の皮を被った非道な男が一体何をしたのか、追っていく。
というような作品です。
非常に色んなことを考えさせられる作品だった。
僕たちは、本書で描かれていることを、「部落差別」だけの問題として捉えてはいけないと僕は強く感じた。
何故なら僕たちは、「原発事故後の日本」に生きているからだ。
本書では、部落差別の辛さ、酷さ、苦痛などがあらゆる場面で描かれることになるが、江戸時代からの身分制度が現在まで引き継がれていることで継続しているこの部落差別の最も痛ましい事例は、結婚差別だと書かれている。部落出身であることを理由に、結婚相手の親や親族などから結婚を断られてしまう。
本書には、こんな例が書かれている。

『Tという四年生の男の父親が、嫁に来てもらいたいと、一年生のM子の言えにやって来た。母親が「うちは身分が低いから」と断るのだが、Tの父親は「自分は市長選挙にも出た男だ。身分が低かろうと、たとえ日本人でなかろうと、そんなことを問題にするような人間ではない」と、一歩もひかない。同席していた叔母が、それならばと横から、自分たちが被差別部落の出身であることを告げると、にわかに顔色が代わり、「この話は後日に…」と言いだして、そそくさろ帰って行ったという。』

1978年の出来事だそうだ。今から30年ちょっと前の話。「身分が低かろうと、たとえ日本人でなかろうと、そんなこおを問題にするような人間ではない」と言い切った人間が、被差別部落出身であると告げただけで腰抜けになってしまう。
原発事故後の日本に生きる僕たちは、まさにこういう問題に直面していると言えるのではないだろうか。
まず僕の立場をはっきりさせておこう。僕は、被差別部落だから、あるいは、原発事故で被曝した人間だからという理由で結婚差別する馬鹿げている、と感じる。僕自身、結婚したいという意志があまりないので、何を言っても説得力はあまりないだろうな、ということは承知の上で書いているのだけど。
とはいえ、こういう風には感じる。被差別部落による差別というのは、「なんとなく忌み嫌う存在だ」という考えが昔から続いているだけの話であって、結婚に際する実際的な障害はほぼないはずだ。しかし、被曝による差別というのは、生殖機能という点で、実際的な障害が出てくる可能性がある。
だからこそ、僕らは本書で描かれている問題を、もっと言えば、この「偽造ハガキ事件」だけではなく、部落差別全般について、もっと知り、考えなくてはいけないのではないかと思う。何故ならば、「実際的な障害はほとんどない」結婚でも、これだけの差別が存在するのだ。「実際的な障害がないとは言い切れない」結婚の場合、その酷さは、時代背景などによっても色んな違いは出るだろうけど、部落差別以上に酷いものになるかもしれない。
恐らくもう既に、そういう差別が現実になっているのだろう、と勝手に思っている。具体的な事例を知っているわけでも、何らかの確信があるわけでもないけど、恐らく既に、「福島県に住んでいるから」という理由で結婚差別に遭っている人はいるのではないだろうか?
僕は、部落差別について詳しいわけではない。これまでも、部落差別に関する描写のある本を読んだことはある。同じく高山文彦著の「エレクトラ」という作品は、部落出身である作家・中上健次の評伝であり、部落での生活を掘り起こすことで中上健次という作家の本質を抉り出そうとする作品だった。また、上原善広の「日本の路地を旅する」という作品も読んだことがある。「部落」のことを「路地」と呼び、日本中にあるまだ微かに部落名残を残す土地を歩く、という作品だ。そういう作品を通じて、部落というものが存在すること、そしてそこに住む人々がどんな生活を余儀なくされてきたのか、ということを知っていった。
しかし、「水平社」に端を発する部落解放運動についてはほとんど知らなかったし、部落差別がどういうものであるのかということもほとんど知らなかった。
はっきり言って僕からすれば、部落出身だからなんなんだろう、としか思えない。アホらしい、とさえ思う。「部落出身だから」という理由で差別が存在する世の中なのだから、そりゃあ学校のイジメもなくなるわけはないよな、と思う。大人が、率先して、「はっきりとした理由のない差別」をしているのだ。はっきりと理由があれば差別をしていい、ということを言いたいわけではないが、「まともな理由もなく差別をする」というのは、ほとんど学校のイジメと大差ない。部落差別に限らず、大人の世界には、そういう部分がまだまだあるだろう。子供は、そういう部分を、きちんと見ているものだ。
とはいえ、現実に差別は存在するし、部落出身者の生き方には、同情めいた思いを抱かずにはおれない。たまたまそこで生まれた、というだけの理由で、あらゆる点で差別されていく。これは、原発事故の被爆者も同じようなものだろう。たまたまそこに住んでいただけなのに被曝してしまった人がたくさんいるだろうし、自身はほとんど被曝していないにも関わらず、「福島で生まれ育ったから」というだけの理由で差別されている人もいるのではないかと思う。
同じ轍を踏む必要はない。僕たちは既に「部落差別」という間違いを犯して生きてきた。ずっと昔から連綿と続く負の連鎖を断ち切ることが出来なかった。同じことを、原発による被爆者に対して行なってはいけないだろう。本書でなくてもいいけど、部落差別に関する本を読んで知識として学ぶというのは、「原発事故後の日本」に生きている僕達には、とても大事なことなのではないかと思う。
本書で取り扱われている「偽造差別ハガキ事件」は、本当になんとも言えないほどやり切れない。部落差別そのものも辛いが、その部落差別を悪用する形で「悲劇のヒーロー」になって言ったこの男の、事件を起こした際の心情であったり、自作自演が発覚した後の態度であったりを見ていると、とても物悲しい気持ちになってきて、モヤモヤしたものを抱え続けなければいけなくなったような気がした。まったく関わりのない部外者でもこう感じるのだ。その男を擁護し続けたり、協力し続けた者たちの思いはいかばかりだっただろう。
自作自演が発覚し、逮捕・起訴され、裁判がすべて終了した後、山岡を糾弾しないのかと問われた男は、そこでこんな風に心情を吐露している。

『山岡の女房を見ると自分の女房に思えるんですよ。三人の息子を見ると自分の息子に思えるんですよ。同じ部落民じゃないですか。どうやって糾弾しろと言うんですか』

本書を読めばわかるが、山岡は本当に酷い。事件を起こしたことそのものがまず酷いものだが、それだけではない。どんな時点を切り取っても、山岡という男には誠意も人間味も存在しないように思える。謝罪はおざなりだし、皆が聞きたいことは喋らないし、言い訳ばかりしている。それでも、山岡に対してこういう思いを抱く人間もいるのだ。山岡は、解放運動に関わるそうした人達の優しさをうまく利用して生き続けて来たのだった。
しかしとはいえ、山岡一人を断罪すればいい、という話でもないのが非常に特異な事件だ。
山中は、確かに取り返しのつかないことをした。90年以上の歴史を持つ部落解放運動に泥を塗り、人々の気持ちを踏みにじり、さしたる反省もしないまま、未だにムラに住み続けている。しかし、こう言って語弊がないかどうかちゃんとした自信はないのだけど、部落差別さえなければ山岡はこんな事件を起こることもなかったはずだ。そして、部落差別を亡霊のように現代まで残し続けてきたのは、結局部落外の人間、つまり僕達なのだ。その事実が、部外者が容易くこの事件についてあれこれ口を挟ませない雰囲気をまとっているのではないかと思う。
本書では、152ページから「偽造差別ハガキ事件」について詳述される。そして、327ページまでで事件の顛末をあらかた描ききるのだが、さらにそこから60ページ近くを費やして、「いかに山岡が反省していないか」が描かれていく。その描写は、本当にやりきれない。たまらない思いだ。こんな人間と同じ場所で暮らしていることに、そして何よりも、「被差別部落出身である」仲間だと思ってきた人間が得体のしれない人間だったという衝撃に、人々は打ちのめされるのだ。
あらゆる意味でモヤモヤの残る事件であり、事件そのものが身にまとうやりきれなさは、読んでいて怒りさえ覚えるほどだ。しかし、結局のところ、その事件を引き起こした遠因には、部落差別を継続させ続けてきた僕らの無自覚と無知があるのだ。僕たちは、絶対に同じ過ちを繰り返してはいけない。そう強く思わせる作品だった。是非読んでみてください。

高山文彦「どん底 部落差別自作自演事件」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2480-a951fd36

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)