黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

モテキ(久保ミツロウ)

内容に入ろうと思います。
主人公の藤本幸世は、派遣会社で働く30歳。ほとんど事故みたいなのを除けば、生まれてこの方童貞。モテたことなんて一度もないし、女性とどんな風に付き合ったらいいかわからないし、でもこんなんで結局30歳まできちゃったし、カッコイイわけでもないし金持ちなわけでもないし、どうせもう俺なんかダメだよなー、的な鬱々とした感じが漂っていて、それが余計に女性を遠ざけてしまうような、意味不明な悪循環の中にいたりする。
そんな幸世に、突如「モテキ」が到来する。ある夜、昔ちょっと関わったことのある女性たちから久々に一斉にメールが来たのだ。
なんだこれ?いやでも落ち着け、別にただ連絡が来ただけで好きだとか言われたわけでもねーし…。
土井亜紀は、かつて同じ派遣会社で働いていたことがある女性。会社では地味な感じで、全然話したこともなかったんだけど、ある日突然フェスに一緒に行くことになって、そこで会社と姿を見て気になってしまう。亜紀の気持ちは、割といつも幸世に向いているんだけど、幸世が自己卑下で鬱々とした自信無さすぎる男で、亜紀みたいな美人に好かれるわけがないと何も行動できないでいる、そんな様に亜紀はイライラしている。
中柴いつかは、テレビの世界で照明の仕事をしている、女っ気のあまりない女性。幸世はいつかとある飲み会で出会い、そこから女友達として女性として意識することのない付き合いを続けていた。のだけど、ある時いつかにラーメンを食べに行こうと誘われたのが日帰りの小旅行で、そこで色々あって気になってしまう。
小宮山夏樹は、ある日幸世が自転車で轢きそうになって、それで出会った。恐ろしい美人で、その頃恐ろしく太ってた幸世には到底手が出るような女性ではないのだけど、その当時書いていた童貞丸出しのブログを面白がってくれて、飲みに行くようになる。が、その後もはぐらかされているようなよくわからない付き合いが続いて、夏樹にどんな風に思われているのかさっぱり理解できない幸世はグルグルしすぎて連絡を断っていたのだけど…。
林田尚子は、地元に帰省した時に久々に再会した。再会した時は、林田のことが誰なのかわからなかった。思い出した幸世は驚愕した。中学の頃、授業妨害をしまくっていた女ヤンキーだ。その当時、一瞬だけ二人は関わることがあったのだ。再会した幸世は、女絡みで悩んでいることを林田に色々相談。男気溢れる林田は、おせっかいのように幸世に関わっていくことになる。
こんな女性たちとすったもんだ色々ありながら、幸世は相変わらずの自己卑下を続け、あらゆるチャンスを棒に振り続けるのだが…。
というような話です。
やっぱり面白いなぁ。大分前に映画を先に見てたんだけど、結構映画と話違う気がしますね。映画も好きだったけど、コミックもやっぱり面白かったなぁ。
とにかくまず、出てくる女性陣が本当に魅力的で素晴らしすぎるのだよ。
個人的に、こんなこと書くと、やっぱり男は!とか思われるような気がするけど、小宮山夏樹がいいですなぁ。で、こういうことを書くと、絶対に信じてくれない気がするけど、僕は小宮山夏樹みたいな人と「付き合いたい」んじゃなくて、「女友達」になりたいんですね。
ああいう掴みどころのない人ってすげぇ好きです。本気で惚れたりすると振り回されて大変なんだろうなー、とか思うけど、友達として付き合う分には、あれぐらいわけわかんない方が楽しいって僕なんかは思うタイプです。
夏樹のセリフだと、これが一番ナイスでした。

『私の事好きな人って基本的に苦手なの』

俺の周りにもいるんすよ、一人。こういうことをいう女子が。それが本気で言ってるんだろうなー、ってのが分かるから、僕なんかはこのセリフをすんなり受け入れられたりするんだけど、普通は「???」ですよね。基本的にもう、女性が何を考えてるかなんてことをちゃんと理解しようって気もないんで(笑)、なるほどそういう生き物なんだなー、って思う程度に留めていますけどね。
んでも、まあ分かるっちゃ分かるんですよね、その気持も。そこまではっきり言葉にしちゃうほどでもないんだけど、わからなくもない。ただ、こうやってはっきりと『私の事好きな人って基本的に苦手なの』なんて言えるのは、モテまくってる(少なくとも、周囲から好意を抱かれていることを実感できている)人じゃないと無理だと思うんですよね。周囲からの好意がある程度前提になってて、周りの人がみんな自分のことを好きになることがわかってるからそういうことが言えちゃう、みたいな。だから、僕なんかは、そんなはっきり断言出来たりはしないんですけどね。
でも、僕の周りでそう言ってる女子は、「私みたいな変な人間を好きになる人のことは信用出来ない」みたいなことを言ってたから、夏樹とはまた違った理屈なのかもしれないけど。
夏樹のセリフだと、これも好きなんだよなぁ。

『“本当の私”を理解したいなんて思い込みだか思い上がりが嫌なの。
そもそも知ってもらいたい“本当の私”なんて無いし』

こういう感じが惚れるんだよなぁ。こういうのは、少数派かなぁ。いや、わからんけど。
僕がこのセリフの好きだなーって思う点は、「社会とか常識とかに流されてないで、自分の考えを持ってるんだなー」ってとこです。みんなが良いって言うものを良いって思ったり、みんなと同じ意見じゃないと不安に思ったりみたいなのって、最近ますます深化してる気がするけど、そういうの、個人的には、相当しんどいんだよなぁ。本人的には、自分の価値観で喋ってるつもりなんだろうけど、それって周りが盛り上がってたりみんなが良いって言ってるからでしょ?みたいなツッコミをよく感じる。もちろん僕だって流されている部分はあるだろうけど、出来るだけそうならないように常に意識はしている。夏樹のいいところは、「これが常識」「これが普通」「こうじゃなきゃいけない」的な縄で自分を縛り付けないところで、そういう部分が男を振り回す主因なんだろうけど、どうしてもそういう自由な感じには惹かれてしまうわけなんですよねぇ。
中柴いつかもいいんですよ。個人的にはこういう、女性っぽさを表に出せなかったり、自分の魅力に気づいてなさそうな女性って、気になるんですよね。これは男の、人間関係で優位に立ってたい、的な気持ちから来たりするのかもしれないし、そうだとしたら嫌だなーって気もしなくはないんだけど、でもいつかみたいな女性も良いですね。
いつかはある場面でこんなことを思うわけです。

『女じゃないところを求められる方がずっと落ち着く』

うー、これは俺も最近まさにそうで、「男じゃないところを求められる方がずっと落ち着く」んですよね。それは、恋愛がどうとかって話だけじゃなくて、社会的にも人間関係的にもってことなんだけど。「男なんだから結婚して家庭を持たないと」とか「男なんだから女性をリードして」みたいな、そういう枠ってしんどいなぁってホントに最近思うのです。僕はどっちかっていうと、女性と一緒にいる方が楽な人間だったりするんだけど、それは、特に自分に男として期待していない女性と、フラットな感じで喋ったりしているのが楽なんだろうなぁ、ってよく思います。男といると、「お前男なんだから」的な空気に取り込まれるイメージがあって(実際どうかはともかく、僕自身の中にそういうイメージがあって)、やっぱり女性の中にいる方が楽ですね。女性って、男として見るか見ないかではっきりと関わり方が変わると思うんだけど、そういう「僕のことを特に男として見ているわけではない女性」の対応が最近楽で仕方ありません。とか言ってるのも、ダメなんだろうなぁ。そういう「私ってダメなんだろうなぁ」的な独白は、いつかも作中でしていましたですよ。
夏樹みたいな女性とも女友達になりたいわけなんですけど、いつかみたいな女性とも友達になりたいですね。あーでも、夏樹みたいな女性の場合「何か間違い」があってもその後いかようにでもしようがあるだろうけど、いつかみたいな女性と「何か間違い」があった場合は、その後が色々大変そうだなぁ、みたいな、起こりもしないようなことを心配する辺り、もうダメ男です(笑)
土井亜紀もいいですね。土井亜紀の場合、外見が完璧すぎるところが、個人的にはひっかかりがなくて、普通にしてたらそこまで興味持てないかもなぁ、って思ったりします。僕が土井亜紀を面白いなぁって感じるのは、土井亜紀の内面の独白みたいなのがうわーって炸裂する場面。亜紀は基本的に物凄く外面がよくて、幸世に対しても他の誰に対しても、自分を劣って見せるような行動はしないわけなんだけど、一人になった場面とかで、色んな罵倒とか文句がこぼれ落ちる時があって、その場面が凄く好き。でも、普通に接してると、そういう部分が見えてこないから、きっと亜紀みたいな女性にはそこまで興味持てないままだろうなぁ、という予感もあったりします。僕はどうしても、どこか外れてたり欠陥があったりするような、突っ込みどころのある人(女性に限らず)に惹かれる傾向にあるんで、全般的に完璧(少なくとも外見は)の亜紀には、興味が持てない可能性があるように思います。
林田尚子はいいですね。ホントに、こんな感じでズバズバ言ってくれる人がいたら素敵だろうなぁ。

『モテ期だって浮かれる前に、本気で好きな女さがせよ。
そんで本気でぶつかれって』

『他に男がいたって何度もフラれたっていいからやれ!!
女の心の中に土足でずかずか入って足跡残してこいよ。
モテねぇ男にはモテねぇ男なりの戦い方があんだろ?』

林田は基本的には幸世の恋愛模様には絡んでこないんだけど、林田がいるからこそ展開する場面というのもあって、物語的に凄く重要な立ち位置でもある。林田の娘の由真もいい感じのキャラで、さすが母娘って感じである。林田みたいな女友達も欲しいですなぁ。
個人的には、幸世自身にそこまで共感できるかっていうと、これがそうでもなかったりするのだよね。わかるわーって部分もあるけど、どっちかっていうと、「幸世そのもの」よりも「色んな女性が幸世に突きつける言葉」に共感することの方が多い。それが、グサリと突き刺さることもあれば、わかるわかる!ってテンションが上がることもあるんだけど、幸世の有り様よりは、そんな幸世を客観的に見て言葉を突きつける女性たちの方にこそ感じ入るものがあるなぁ、という感じがしました。グサリと突き刺さる部分は、僕自身がきちんと自覚していなくて本書を読んでグサリ、って感じなんだろうけど、わかるわかる!っていう場面は、そういう女性視点みたいなのが自分の中にもあって、男としての僕自身の行動を女目線で突っ込む、みたいな客観視がやっぱり自分の中にあるのだろうな、と思う。その自分の中の女目線で、本書の中で描かれる女性陣に共感するんだろうなぁ、という気がします。
幸世のセリフでは、この辺がいいなぁと思いました。

『というわけで中学生のお前に言っときたいのは、お前に優しくしてくれる女はほかの男にも優しいって事だ』

『自分で選んだ人生だろ?堂々としてくれよ』

「モテキ」は、本編自体は4巻までなんだけど、4.5巻っていう番外編みたいな単行本が出てる。これは、女性陣の一人である中柴いつかのある場面を描いたガールズサイドの漫画と、作者である久保ミツロウの対談がメインで、あとは下絵とかデザインコンセプトみたいなちょっとした付録的なものがついています。
対談中には、なかなか面白い話が出てくるんですよ。

『少年誌で連載していた頃から、男の人が求める女性像というものに対していろいろ違和感を覚えることが多かったんですよね。特に少年漫画の女の子の描写で、「私ってご馳走でしょ」っていう顔をしている女が一番嫌いなんです。女としての完成度が凄く形骸化してる。』

『幸世君が不治の病に罹って、死を前提にしたら皆のことを愛してると言えるようになったとか、そんな話絶対掻いちゃいけないなと思ってます。だって死とか強迫観念じゃないところで変われる要素を私が描いてあげないと、皆も飼われないんじゃないかなと思って』

『私は、ヤってしまった向こう側を描きたいわけじゃなくて、付き合えるか付き合えないかっていう世の男性のモヤモヤしたところのディテールを描きたいわけだから、「イブニング」で良かったですよ』

『これだけは言いたい。モテないとか言ってる男性たちは女のレベルを下げろ、と。身近な女にレベルを下げよう、と。ムリめな女を好きになるからあなたたちのジレンマや悩みはあるんだよ、っていう』

『やっぱり現実世界でこういう人もいるんだなーって直接会って知ると、漫画の世界で活きてくる。こういう奴を許せないって思って描くんじゃなくて、自分が苦手だって勝手に思い込んでいた人をどう受け入れていくかっていう話のほうが、描いていて気持ちがいい』

『男の人って「男と女は違うんだよ」とか、すごい声高に言いがちで、「結局わかり合えないんだよ」みたいなことを言われると、「何で女はこんなに男のことを理解しようってがんばってるのに、男はそうやってすぐに投げ出すんだろう?」って、すごいカチンとくるんですよね。』

面白いなぁって思います。どんな風に「モテキ」を描いていったのか、実体験がどの程度まで反映されているのか、モテない男以外からも共感される現状に驚いているなど、色んな話がされていて、なかなか読み応えのある対談だなと思いました。
かなり好きなマンガです。是非読んでみてください。

久保ミツロウ「モテキ」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2477-93d84d0e

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)