黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

プロメテウスの罠4 徹底究明!福島原発事故の裏側(朝日新聞特別報道部)

想像力は及ばない。
読めば読むほどにそう思わされる。
「わかった気になる」ことの恐ろしさを感じさせられる。
知れば知るほど、「知らなかったこと」が増えていく。
僕たちは、全然何も知らない。そのことを忘れちゃいけない。
朝日新聞紙上で現在も連載が続いている「プロメテウスの罠」の書籍化第四弾です。

『朝日新聞の朝刊3面を定位置に、「プロメテウスの罠」は3月で500回を超えた。(中略)500回を数えながら、しかしやり尽くしたという感覚はない。惚れば掘るほど知らなかった事実が出てくるからだ。福島の被災者のありさまも変わっていない。』

もしかしたら毎回同じことを書いているかもしれないけれども、それでも毎回書く。
本書に限らずだけれども、原発・震災に関する本は、「何があったのかを知る」ために読むのではないと僕は思う。もちろん、そういう動機があってもいい。ただ、知ったところで何が出来るわけでもない。何かは出来るかもしれないけど、出来る人は既にもう動いているだろうし、出来ない人は読んだところで動けないだろう。だから、何が起こったかを知った上で、その事実を知ったということを、被害に遭った人を手助けするモチベーションにするというのは、なかなかないのではないかと思う。
ただ、自分を救うモチベーションにはなるだろう。
僕は、原発・震災に関する本は、自分を救うために読むのだと思っている。これからの自分の行動・決断の指針とするために読むのだと思う。東日本大震災以前にも、震災時の行動を指南したような本はそれこそ山ほど出版されていただろう。
しかし、それらを読んでいてもどうしようもない出来事が起こりうるということを、僕らはもう知ってしまった。少なくともこれからは、地震によって「原発が破壊される可能性がある」という前提で行動していかなくてはいけない。そういう実用書は、まだまだ多くはないだろうと思う。
それに、冒頭でも書いたけど、やはり人間の想像力には限界がある。思いもしなかったことが、山のように現れる。そうか、そんなことが起こりうるのかと何度も思わされた。
「プロメテウスの罠」は、少数の人たちにも目を向けた連載だ。「おわりに」にこんな文章がある。

『「プロメテウスの罠」は、少数の人たちにも目を向けようと努めている。たとえば飯舘村長泥の世帯数は74にすぎない。しかしいかに少数であれ、いや少数だからこそ、目を向ける必要がある。マスメディアが目を向けなければ、彼らの言葉を聞き出さねば、彼らの存在自体がないことにされかねないと思っている。
東京電力を再建するとき、最も邪魔になるのは被災者への賠償ではないだろうか、遠からず国や県、市町村が「もう除染は終わった。大丈夫だから戻れ」と被災者に号令をかけるだろう。そのときに最も邪魔になるのは不安を感じる被災者の意識かもしれない。彼らさえ切り捨てれば、彼らの思いさえ無視すれば、と考える者もいるのではないだろうか』

本書の中に既に、それに近い兆候が描かれていると僕は思う。
福島市双葉郡内に中間貯蔵施設を作る案が浮かび、環境相の細野豪志が双葉郡内の首長たちに打診しにきたことがあった。その時、双葉郡内にある双葉町の町長は、こう思う。

『おまえの町はもう汚染されてしまった、だから中間貯蔵施設を引き受けてもいいのではないか。政府はそういおうとしているのだ。
除染で生じる土壌をもてあました自治体の住民たちはそのうち、中間貯蔵施設を受け入れない自分たちを非難するようになるだろう。そんな酷な状況に政府が追い込むなんで、それはないだろう―』

そしてやはり、状況は町長の推測通りに進んでいく。

『そのころ、県内の市町村では、除染で出た土や放射性物質を含む廃棄物が仮置き場にうずたかく積まれ、ブルーシートに覆われた光景があちこちで見られるようになっていた。
中間貯蔵施設の設置が決まらなければ、除染作業が滞り、復興が遅れてしまう。どうして3町は調査を受け入れないのか―。
そんな声が福島県内であがるようになった。それは、細野が頭を下げた日、井戸川が予想したとおりの展開だった』

恐ろしいことに、同じ被災者同士であっても、こんな軋轢が既に生まれてしまっている。それぞれ事情は違うとはいえ、被災者としての立場は同じはずだ。それなのに、中間貯蔵施設の調査を受け入れない町を、同じ福島県民が責め立ててしまう。
いや、別に福島県民を責めているつもりはない。それは、そういう状況に追い込んだ者(広く捉えて、国民全員、ということだけど)の責任だ。しかし、責任がどこにあろうと、現実に被害を被るのは現地の人だ。こんな現状は本当に辛いと思う。
同じ被災者同士でも、そうなってしまう。であれば、「おわりに」で記者が書き綴った懸念は、恐らく現実のものとなってしまうのだろう。
同じく「おわりに」には、こう書かれている。

『原発があってこそ安い電気が使えるではないか、と主張する人がいる。日本国民のほとんどが電気なしでは暮らせない生活を送る現実もある。しかし反面、原発によって不幸になった人がいる。今も避難生活を強いられている人たちがいる。あとあとまで不安に悩む人がいる。子や孫の行く末を心配して涙を流す人がいる。
大事なのは、そのような人たちの存在を忘れないことだと思う』

少数の意見を切り捨てないこと。どんな意見も「存在した」という事実を残しておくこと。忘れないこと。誰もが、被災者の声を直接聞きに行けるわけではない。でも、聞き出された言葉を忘れないでいることは、誰もが出来るのではないか。初めの方で僕は、自分のために原発・震災の本を読むのだ、と書いた。そしてやはり、覚えていくために、忘れないためにも読もう、という意識も常にある。
冒頭で僕は、「想像力は及ばない」と書いた。本書を読んでいて、なるほどそんなことまったく考えたことなかったというような、平和な日常の延長線上には浮かび上がらないだろう出来事がたくさんあった。まずはそれらを抜き出してみたい。

『そんな活動(避難所に行くことが出来ない障害者らの世話)で最大の障害になったのが、個人情報の問題だった。
どこに誰がいるのか、どこに避難したのか。市は「いえません」。(中略)
「混乱の中では個人情報保護なんていっていられないはずなのに。命にかかわることだってあると思う。」』

『原町区の八巻江津子(55)は、「放射能、という意味がしばらく分かりませんでした」という。「放射能」という手話の表現を知る機会がなかったのだ。(中略)
「聴覚障害者は、見た目は健常者と変わらない。大変さを理解されないのです」』

『(飯舘村村長の訴え)避難生活が長引けば、避難先に住民票を移す住民が出てくるだろう。それでは飯舘村と切れてしまう。村に住民票を置いたまま、避難先で行政サービスを受け、帰村の日を待つことができる制度をつくって欲しい』

『「なごみ」がオープンした当初、熊谷は驚いた。仮説のお年寄りがまず買い求めたのがカップ麺だったからだ。料理をまったく苦にしなかった人たちが、料理をたくさんつくって周りの人に配っていたような人たちが、カップ麺に手を伸ばす。熊谷にとっては衝撃的な光景だった。
「60代、70代の人たちがカップ麺をまとめ買いしていくんだよ。見ているうち、涙が出てきて…」
避難後、食生活は大きく変化していた。
「みんな、火を使うことを極端に恐れているんです。火を出したらよその家まで焼いてしまう。迷惑をかけたら大変だ、と。カップ麺なら電気ポットでつくれますから。」』

『缶詰やレトルト品もよく売れる。それで食事は楽しいのだろうか。せめて温かい惣菜を出したい。しかし規制が厳しく、仮設の店舗では調理ができない。非常時なのに、なぜしゃくし定規なのかと熊谷は憤る。
「どうお願いしてもだめ。最も大きな理由は、『仮設だから』です。最低限の設備さえあれば、温かいお惣菜を出すことができる。そうするのが公的な機関の役割だと思うんですが、従来のルールでしか対応してくれません。」』

『みずえが知っているだけで、5、6人がここで亡くなった。お年寄りがメダル。浪江にいたときは畑仕事に歩き回って元気だったのに、仮設暮らしで体調を崩した』

『(日本唯一のパラシュート部隊の大隊長・赤羽に対して)「隊員には空から原発に向かって降下しながら、核分裂を抑えるためのホウ酸をまいてもらうことだって、今後あるかもしれないんだ」
赤羽は息をのんだ。まさか、特攻もあるということか―。』

僕は特に、カップ麺の話にグッときた。これは、なかなか人間の想像力だけではたどり着けない現実ではないだろうか。温かいものを食べたい。でも、火を使って火事を起こしてしまったら隣の家まで焼いてしまうかもしれない。そういう気遣いが、70代のお年寄りにカップ麺を買わせる。やりきれないなと思う。
また最後の特攻の話は、衝撃的だった。「死の淵を見た男」を読んで、吉田所長を初めとした東京電力の面々が、死を覚悟して現場に残り食い止めたという話を読んだ。物凄い話だったし、壮絶だと思った。しかし、捉えようによっては、東京電力の社員にとっては、自分の会社の問題だ。彼らが命を「捨てて」くれたからこそ日本は助かったのだけど、そうせざるを得ない立場だと言ってしまうことも出来るかもしれない。
しかし、自衛隊はそうではない。自衛隊がどういう存在なのか、僕は明確に言えないけど、少なくとも自分たちが起こしたわけではない出来事で命をなげうたなくてはならない理由は想像できない。どれほど危険な任務であっても、安全を確保したり危険の可能性を出来るだけ低くしてから行なうはずだ。
しかし、この「特攻」の話は違う。初めから「死」を前提にした作戦だ。その作戦は現実にはならなかったとはいえ、そういう想定もされていたのだという事実には驚かされた。
さて本書には、書きぶりからそう判断できるわけでも、そういう意図が込められているわけでもないけど、僕ら読者(被災者ではない読者)に向けられたと捉えることも出来る描写がいくつもある。

『ある日、長女が大和田にいった。
「お母さん、そんなに自分を責めなくていいよ。あたしもう割り切ってるから」
聞き返すと長女は答えた。
「県外の人と結婚するってなるときっと反対されるよね。福島出身というだけで合うとでしょ。だから結婚は考えてないよ」
大和田はショックを受けた。』

『中学生と高校生の孫娘が何を話しているかと聞いたら「もう嫁に行けない」と言います。このことを考えるとオレ、涙出るんですが…。恋人もできない、そういうことを学校で話している、と。結婚もできない。子どもも産めない、と。たとえ恋人ができたって福島とか、飯館とか、そう言っただけで別れられるんじゃないか、と』

『「消費者にとっては、グレーは黒なんだ」
全部リセットするんだ。将来につけを残したらダメなんだ―。』

これは、僕たちの問題だ。僕たちだけの問題ではないけど、僕たちの問題でもある。
僕たちは、「絶対的な安全」を欲しがって、「絶対に間違いのない事実」を求めて、「確実な未来」を希求してあらゆる判断や行動をするだろう。してしまうだろう。僕はあまりそういうことに敏感ではないのだけど、世の中の人がそうなんだろうなとは感じる。
それ自体は、決して責められるべきではないだろう。難しいけど、そういう「絶対的」で「確実」なものを求める気持ちを非難することは難しい。
しかし一方でそれは、被災者たちへの重石となって、ずしんとのしかかることになる。
僕は、「絶対的」で「確実」なものを求める行為が、被災者への重石となる、という事実を、やはり常に意識して判断・行動しなければならないと思う。それを意識したところで、自らの判断や行動を緩めたり諦めたりする必要はないだろう。それでも、自分の行動が、誰にどんな重石となって影響を与える可能性があるのか。やはりそれは、常に自覚しておかなくてはいけないのではないかと思う。
本書では、イトーヨーカドーの判断が素晴らしい。
岩手県の遠野は、放牧によって良質な牛を育てていたが、放牧地の草から放射能が検出されたために、その風景が重要文化的景観に選ばれもしている放牧が中止となった。
震災が起こる直前に、イトーヨーカドーと遠野市はある契約を交わそうとしていた。遠野出身の子牛が全国のブランド牛になることを知ったイトーヨーカドーの食肉部門の責任者が、「いわて遠野牛」というブランドで遠野の牛を引き取る計画を立てた。そしてその契約寸前に、震災が起こった。
しかし震災から半年後、イトーヨーカドーは約束通り、その契約を交わした。この姿勢は、非常に評価されるべきだと僕は思った。
役場機能ごと埼玉県に移った双葉町の井戸田町長の話は、非常に興味深かった。井戸田町長は町長なりに、町民のためと奮闘した。しかし、ちょっとした誤解や行き違いで、井戸田には非難が集まった。井戸田の決断・行動が正しかったかどうか、僕には判断できない。でも、もし間違っていたとしても、それは仕方ないのではないかと思う。壮絶な状況の中、瞬時に決断を下さなくてはいけない(それも何度も)状況の中で、間違った判断を下すことになっても、それは仕方ないのではないかと思う。もちろん、僕は被災者というわけではない。「間違った判断を下しても仕方ない」なんて言えるのは、自分の生活に害が及ばないからだ。それは充分自覚しているつもりだけれども。
最後に。「プロメテウスの罠」シリーズや、他の原発・震災本を読んでいつも思わされること。それは、「土地・人との繋がりがあるからこそ前に進める」ということだ。東北地方は、まだそういう繋がりがきちんと残っている土地柄であり、だからこそ救われた命があり、復興への希望を保ち続けられ、前に進んでいけるのだと思う。

『遠野は米をつくっている家が多いうえ、1981年の水害や93年の冷害を経験した。そのため多くの家が籾米のまま1年分を蓄えている。市役所が呼びかける前から、自分たちの地震の被害もそっちのけで、市民が次々と「どっか持っていくとこないか」と米を持ってきた』

『この知で食料生産ができなくなったら、仕事はない。農家から土地を奪わないでくれ。遠野の人たちが東電に伝えたいのはそのことだ。』

『福島に身を落ち着けたあと、考えたのは田畑のことだった。
「われわれにとって、土地は預かり物なんですよ。仙台から預かり、次の世代に渡す。だからもうからなくても農業するわけですよ」』

こういう描写を読む度に、もし東京で大震災が起こったらどうなるんだろう、と考える。近所との付き合いは絶えている。生まれ育ったわけではない人たちが多いはずで土地への愛着があるわけではない。そういうところで大震災が起こったら、恐らく悲惨だろう。少なくとも、東北の人たちのような助け合いの精神は生まれにくいのではないか。言い方は悪いけど、きっと、僕たちは東日本大震災を「きっかけ」にして、日常をもっと広い範囲で変革していかなくてはいけないのだと思う。
「プロメテウスの罠」は、出たら読むようにしている。読まなければならない、と思っているわけではない。やはり僕は、純粋に、知りたいのだろうと思う。何が起こったのか、何をすべきなのか。

朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠4 徹底究明!福島原発事故の裏側」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2455-df1b100a

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)