黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

新宿で85年、本を売るということ 紀伊國屋書店 新宿本店 その歴史と矜持(永江朗)

内容に入ろうと思います。
本書は、様々な題材を扱いつつも、主として書店・出版業界の話題に軸足を置く著者による、紀伊國屋書店、中でも紀伊國屋書店新宿本店の歴史を紐解いていく作品です。紀伊國屋書店を創業した田辺茂一の話から、現在に至るまでの変遷などがコンパクトに収められています。
本書は、おおまかに時代ごとに章立てが区切られているのだけど、大雑把に区分けすると3つにわけられるのではないかと思う。

① 創業者である田辺茂一とその時代
② 紀伊國屋書店の育ての親である松原治の時代の発展
③ 紀伊國屋書店の現役社員あるいはOBたちの聞き取り

創業者である田辺茂一は、なかなかの人物だったようです。冒頭の方で、どんな人物だったのかというのがざっと描かれているんだけど、「夜の市長」と呼ばれ、銀座のバーなどを飲み歩いたとか、深夜のテレビ番組に出演したり、トマトジュースのコマーシャルに出たりと、なかなか色んな顔を持っていたようです。雑誌を数多く創刊したり(赤字ばかりだったようだけど)、著作も多く書き、作家や芸術家などとも交流を持ち、死後には新宿歴史博物館で「田辺茂一と新宿文化の担い手たち」という展覧会が開かれたりと、書店の経営者というだけではない様々な顔を持っている人でした。
しかし、そもそも書店の経営者としてはどうだったのか。紀伊國屋書店を大きくした、育ての親と称される松原治さんと初めて会った時のことがこんな風に描かれている。

『初対面で田辺さんは松原さんに、
「僕は経済も経営も分からない、分かろうとも思わない。女性を通じて社会を理解するのがライフワークだ」
と言ったという』

そんな人が、後に書店業界のリーディングカンパニーとなる紀伊國屋書店という、ある意味で「異質」な書店を生み出した経緯に著者は興味を持っていたこともあり、この本を書くことになったという。
本書では、なぜ田辺茂一が書店経営を目指したのか、どんな書店を目指したのか、創業からしばらくの間の経営状況、文学者や芸術家らとの関わり、戦時中の話など、一大チェーン店となって移行の姿しか知らない「紀伊國屋書店」という会社の前史みたいなものがまず描かれていきます。
印象的だったエピソードを3つほど書きます。
まずは、戦時中でもずっと店を開けていたという話。

『本は不要不急のもの、有事となれば後回しにされるもの、というイメージもあるが、銃弾の雨がフリ、敗戦が濃厚になっている時期でも、田辺さんは紀伊國屋書店をつづけた。本が出版されなくなり、本棚がガラガラになっても、常連客は紀伊國屋書店にやってきた。』

子どもは疎開させるが、田辺さんは「新宿以外に死に場所はない」と動かず、店を開け続ける。売るものがどんどんなくなっていって、それで自分の書棚から本を持っていってはどんどん売ったという。その執念がなければ、紀伊國屋書店は今なかったのだから、感慨深い。
文章はその後こう続く。

『東日本大震災の直後に、営業を再開した書店のレジに長蛇の列ができた、というエピソードを思い出す。危機的な状況の中でも、いや、危機的な状況の中だからこそ、ぼくらは本を求めるのだ。』

田辺茂一は、非常に成功している薪炭問屋の家に生まれ、何不自由なく育った。店の売り上げをちょろまかしてひたすら本ばかり買っている子どもだったという。それが戦時中、売るものがなくなった時に役立ったわけだが、爆撃にさらされた新宿で、田辺茂一はすべてを失うことになる。
書店はもう止めてしまおうかと思った田辺茂一を前向かせるこんな言葉が描かれている。

『ある日、元店員の一人が、戦地から戻ってきた。そして云った。
「店を廃めるなんて、惜しいですよ、遠いシベリヤでも、軍隊の仲間たちは、店の名前を知っていましたからね…」
その言葉で、やっと私は決心した。(田辺茂一の自伝より)』

必死でやり続けていたことが、自分の知らない誰かのところにまできちんと届いていた。それがどれほど田辺茂一の心を照らしただろう。
さて最後に。戦前には、雑誌組合による距離制限というものがあったらしい。要するに、近くに(三百歩以内)に既に書店がある場合、新しい書店の方は雑誌が扱えないというルールが存在したのだという。
田辺茂一は悩む。雑誌は扱えないが、書店の売り上げ比率は雑誌が8割で書籍が2割という話を聞いていた。しかし田辺茂一は、執念で書店開業にこぎつける。
これが結果的によかったと著者は語る。

『雑誌を扱えないことは経営上のハンディキャップであり、致命的ともいえるものだが、結果的にこれがよかったのではないかとぼくは思う。雑誌を扱えないために、標準的な書店になることができなかった。スタートの時から、書籍に力を入れた個性的な書店にならざるをえなかった。』

後々でも、紀伊國屋書店が二番手だったからこそ早いスタートを切ることが出来た、と語られる話が出てくる。そうやって、逆境さえもうまく利用するというような底力が、紀伊國屋書店をリーディングカンパニーにしたのだろう。
さてそうして田辺茂一という破天荒な人物とその時代の雰囲気が描かれた後で、紀伊國屋書店がどんな風に成長・発展して言ったのかという話が描かれていく。
ここで重要な役割を担う人物が、先ほどから名前を挙げている育ての親・松原治である。しかし本書では、松原治個人の話はあまり出てこない。どんな人物であろうと田辺茂一と比べてしまうと印象が薄れてしまうだろうけど、昼は松原治、夜は田辺茂一という役割分担が自然に出来上がっていたようで、松原治という人はあまり表には出て来なかったのかもしれない。
紀伊國屋書店躍進のベースとなっているのは、洋書販売と大学営業である。
当時洋書の販売では丸善が独走していて(丸善は明治維新の時、福沢諭吉が弟子に作らせたのが始まりだそうで、そもそも欧米の書物を輸入することが急務であったからこそ、洋書販売に強かったのだろうと書かれている)、紀伊國屋書店は後発だったのだけど、洋書需要の高まりから供給が追いつかないほどだったという。
ついに和書の売り上げを追い抜いたという話まで出てくる。

『この結果、洋書は需要に供給が追いつかない状態になった。二十六年の売上高は和書が九千万円強に対して、洋書六千二百万円を記録した。二十七年3月には洋書の自動承認制による輸入が始まり、まるで売り手市場の様相となった。そしてこの年、洋書の売上高は和書のそれを上回り、約一億二千万円を記録した(田辺茂一の自伝より)』

また、新規大学が相次いで出来ていったことも追い風となる。大学に営業に行き、どんな洋書が求められているのか聞きに行く。注文を取り売るのだけど、それをツケで売っていたのだという。

『当時の本屋はのんびりしていて、慶應に限らず大学の先生の支払いは「あるとき払いの督促なし」もありました。支払いは年2回、ボーナスのときだけ。だから7月5日と12月5日に請求書を送って、研究室までいただきにいきました。(中略)
昔は、請求書が100万円を超える先生がいました。当時はボーナスが100万円もあるわけないとわかっていたけれども、それでもツケにして売っていたんです』

こうやって信頼を積み重ねていくことで、図書館納入などのパイプを強化していったのだという。
また紀伊國屋書店は早くからデータベースに取り組み、現在ではデータ販売をしていたり、あるいは電子書籍の販売サービスを行なっていたりするけれども、それらを他社に先駆けて行なうことが出来たのも、この洋書販売と図書館との取引の中で蓄積されていったものだという。『紀伊國屋書店の歴史を見ていると、このように種を蒔いてから20年、30年かけて実を結ぶ事業が少なくない』と書かれている。
さらに紀伊國屋書店にとっては、阪急地下街にオープンした梅田本店が非常に大きな意味を持っていたという。梅田本店は1975年に年商55億円に達し、これは単一店舗の売上額として世界一だったという。この梅田本店の成功によって、北は北海道から南は九州まで、また外国にまで紀伊國屋書店は出店し、着実に地歩を固めていくことになったという。今でこそ、全店の売上データがリアルタイムで見れる「紀伊國屋パブライン」を見て出版社は重版のタイミングを考えるが、かつては梅田本店の売り上げを元に重版のタイミングを決めていたそうだ。
さて最後に、現役社員やOBたちからの聞き書きである。ここでも、興味深い話はいくつも出てくるのだけど、個人的に一番衝撃的だったのは、1957年入社で、文庫担当が長かったという田中悦子さんのこの話だ。

『岩波文庫と角川文庫が中心の時代ですが、書名・著者名と番号をすべて暗記しました。お客様から聞かれたら、すぐに答えられるようにと、先輩から仕込まれました。』

確かに出版点数などがまったく違ったから、現在とそのまま比較することは出来ないにしても、しかし凄いと思う。データベースもない時代は、確かに問い合わせを受けたら記憶だけでどうにかしなくちゃいけないのだろうけど、それにしても凄いものだと思う。
また、社員数がまだ少なかった頃の、こんなエピーソードを話す人もいた。

『昔、社員が少なかったころ田辺さんは、社員の誕生日に本を1冊プレゼントした。社員が1冊、好きな本を選び、それを社長室に持っていくと、田辺さんがサインをして渡してくれたという。
「誕生日になると、お店から本1冊持ってきていいんですよ、好きな本を。社長室に言って、茂一さんがサインをしてくれるの。高井君、誕生日おめでとうとかって」と高井さんは述懐する』

さて、最後に、紀伊國屋書店新宿本店の矜持と呼んでもいいだろう話を二つほど引こう。

『新宿本店に新刊がたくさん配本されることをあたりまえだと思わないでほしい。みんなの努力があって、本が集まっている。仕入れの人たちの努力もあるし、棚担当の努力がなければ集まってこない。出版は人とのつながりです。それは他の書店も同じなので、努力できる人間がどれだけ多くいるかが売り上げにあらわれてくる。それがなければ本店はこんなに大きくなっていないと思います。それは先輩が続けてやってきてくれたこと。去っていく者はそれを伝えていかないと続かないと思います』

『新宿本店の担当者は恵まれている、と吉田さんは言う。視点の担当者なら、返品率や回転率を意識しなければならない。岩波書店のように返品できない出版社の本についても慎重になりがちだ。しかし新宿本店は「置くべきだ」と考えれば躊躇なく置ける。
「返品リスクを考えて仕入れることはほとんどありません。フロア長は回転率などを気にするでしょうが、私自身は売り場を担当していたとき、返品について厳しく言われた記憶がありません」』

新宿本店であるという誇り、そしてそこにあぐらをかくことなく日々努力を続け、それが連綿と受け継がれている歴史。それらすべてが新宿本店という売り場を成し、歴史を刻み、さらに紀伊國屋書店全体を牽引していく。著者は冒頭の方で、『紀伊國屋書店を紀伊國屋書店たらしめているのは、立地と規模だけではないとぼくは思うのだ』と書いているのだけど、本書を読み終わって、なんとなくそのスピリットが理解できたような気がするし、同じ本を売る仕事をしている身としては、ちょっと羨ましいぞ、とも思う。

『売上額や創業してからの年数、売り場面積などの数字には還元できない何かが、紀伊國屋書店を業界のリーディングカンパニーにしている。
ぼくは二十代のころから全国のさまざまな書店の経営者や店長に話を聞いてきた。どんな書店にしたいか、という質問をすると、「紀伊國屋書店のような」と答える人が多かった。紀伊國屋書店新宿本店は書店の理想形であり書店経営者のあこがれだ。紀伊國屋書店の、とりわけ新宿本店は、総合書店のひとつのモデルなのだと痛感した』

雑誌などでは、奇抜な個性や選書を特色ある書店が取り上げられることが多い。しかし当然ならが、そういう特色を持つ書店は例外的な存在だ。書店の多くは、パッと見でわかるような目に見える特色を持たない、平凡に思えるお店ばかりだろう。しかし当然、そういう店にも込められた思いや刻まれた歴史がある。そしてそういう「平凡な」書店の理想形として、紀伊國屋書店新宿本店がある。なかなか知ることが出来ない面を多く見せてもらって、同じ本を売る仕事をしている人間としては背筋が伸びるような気持ちになれた。僕はどうしても、売る側の立場として本書を読んでしまうので、書店員ではない人が本書をどんな風に読むのか分からないけれど、書店が好きだと言う人は是非読んでみてください。

永江朗「新宿で85年、本を売るということ 紀伊國屋書店 新宿本店 その歴史と矜持」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2440-1282f274

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)