黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

わかりあえないことから(平田オリザ)

内容に入ろうと思います。
本書は、劇作家として著名である平田オリザが、講談社のPR誌に連載し続けた文章をまとめた作品です。『コミュニケーション教育に直接携わる者として、そこに感じる違和感を中心に書き進めてきた』というスタンスがまえがきで書かれている。
とにかく素晴らしい作品だったんです!昨日僕は「恋とセックスで幸せになる秘密」という作品の感想の中で、「これまで読んできた本の中で最大のドッグイヤーをした」ということを書いた。ほぼ全ページの端を折ってしまったのだ。でも、本書も、それと負けず劣らずで、相当数のページをドッグイヤーしてしまった。
そんなわけで、この作品の素晴らしさを伝えたいところなんだけど、話が非常に多岐に渡るので、簡単には内容を紹介できない。というか、「コミュニケーション」というテーマを軸に、ここまで多様な話題に触れられるものなのか、そしてそれらを違和感なく有機的に結びつけて一つの作品として仕上げることができるのか、という点にとても驚かされたのでした。
そんなわけで、この作品の全体像に触れることは諦めます。まだ本書を読んでいないという方、作品のほんの一部にしか触れられないこんなブログの文章なんて読まないで、とにかく一刻も早く本書を手に入れて読み始めることをオススメします。
さて、このブログでは、『教育現場におけるコミュニケーション教育』というものに的を絞って、本書の内容に触れて行きたいと思います。実際本書では、「社会や企業で求められるコミュニケーション能力への違和感」、「著者が教育現場で実践してきた演劇的メソッド」「著者が教授として働く大阪大学での演劇的教育の実践」「医療現場や子供との会話などでの豊富な実例」「演劇における言葉と、それが何故社会で役立つコミュニケーション能力の育成に役立つのかという考察」「コミュニケーションをデザインするという試み」など、とにかく様々な話題がてんこ盛りになっている作品で、本書を読まなくていい人の存在を思い描けないほど、どんな人間にも関わりあいのある話題が提供されるだろうと思います。そもそも、「コミュニケーション」をしないで生きていられる人はいないわけです(引きこもりになる人だって、生まれたその瞬間から引きこもりになるわけではないでしょう)。「言葉」だとか「会話」だとか言った、あまりにも自然にある/やる存在であるが故になかなか意識できず、意識できないが故に「ずれ」が大きくなっていく「コミュニケーション」というものの本質について、本書は非常に多くの示唆を与えてくれる作品です。今から、『教育現場におけるコミュニケーション教育』というものを中心に色々書いていきますが、もう学校は卒業したしとか、別に俺は教師じゃないし、というような人にも本書は非常にためになる作品のはずなので、僕が書く内容に関わらず(だから、さっき言った通り、こんなブログの文章なんか読まないで)、是非今すぐにでも本書を読み始めて欲しいと思います。
本書ではまず、「若者のコミュニケーションにおける問題点」をはっきりさせようとします。そしてそれらは、当然のことながら、教育の問題と絡み合っていきます。
著者は、「意欲の低下」と「コミュニケーション教育は人格教育ではない」という二つの話をします。

『いまの子どもたちは競争社会に生きていないから、コミュニケーションに対する欲求、あるいは必要性が低下しているのではないか』

『日本では、コミュニケーション能力を先天的で決定的な個人の資質、あるいは本人の努力など人格に関わる深刻なものと捉える傾向があり、それが問題を無用に複雑にしていると私は感じている』

「意欲の低下」に関しては、非常に納得させられる例が提示される。
例えば、一人っ子が多くなったために、親が子供の言葉を子供が喋る言葉以上に汲み取ってしまう。子供が「ケーキ!」と言えば、ケーキを出してしまう。「ケーキがどうしたの?」と問うことがコミュニケーションに繋がるのだが、その機会が失われている。
また、少子化の影響で、小学一年生から中学三年生まで、30人1クラス、ずっとクラス替えがないという地域がたくさんあるそうなのだ。そういうクラスで、「じゃあ太郎君、今から3分間スピーチね」と言われても、太郎君には喋ることがないのだ。
何故なら、

『表現とは、他者を必要とする。しかし、教室に他者はいない』

からである。

『しかし、そういった「伝える技術」をどれだけ教え込もうとしたところで、「伝えたい」という気持ちが子供の側にないのなら、その技術は定着していかない。では、その「伝えたい」という気持ちはどこから来るのだろう。私は、それは、「伝わらない」という経験からしか来ないのではないかと思う。
いまの子どもたちには、この「伝わらない」という経験が、決定的に不足している』

これは、子どもだけではなくて、僕ら大人にも十分当てはまるだろうと個人的には思う。
なんというか、「異質な他者がいない場」か、「異質な他者をいないものとして扱えてしまう場」しか、僕らの周りにはないような気がしている。
「異質な他者がいない場」というのは、分かりやすくいうとフェイスブックやツイッターなどのことを想定している。自分が良いと感じる人達だけで集まれ、あるいは自分が良いと感じることを言ってくれる人の文章だけを追うことが出来るツールが異様に発達している。フェイスブックやツイッターでは、わざわざ「異質な他者」と関わる必要がない。「異質ではない他者」と繋がるために使われているツールなのだから当然だ。そうなると当然、そこで交わされる会話は「伝わる」会話ばかりになり、「伝わらない」という経験は蓄積されない。
一方「異質なものをいないものとして扱えてしまう場」というのは、なんとなく会社のことを想定している。サラリーマンをやったことがない僕にはこの想像は間違っているのかもしれないけど、今は「パワハラ」みたいな言葉が定着して上司が気軽に部下とコミュニケーションが取りにくかったり、会社では与えられた仕事をこなすだけでコミュニケーションなんて要らないなんていう態度の人間が結構出てき始めているのではないかと思う。かつては「異質な他者と関わらざるを得なかった場」であった会社という場所が、今では「異質な他者をいないものとして扱えてしまう場」に変化し始めているのではないか、となんとなく勝手に感じている。
「異質な他者」と関わることを強く勧めるのが、瀧本哲史だ。氏の著作である「武器としての交渉思考」は、交渉のテクニック本という一面は当然備えつつ、その実、「いかに異質な他者と関わることが重要であるか」を説く啓発本でもある。こういう本が出るということ自体が、現代社会における「異質な他者との関わりの薄さ」を示唆しているのではないかと勝手に感じている。
僕は、なんとなくそういう「異質ではない他者とばかり関わる」風潮に馴染めなくて、出来るだけ「異質な他者」と関わろうという意識を持っているつもりでいる。自分自身に積極性はないのだけど、なるべく知らない場に躊躇しないという意識でいるつもりだし、よく知っている場に留まり過ぎないように気をつけてもいるつもりだ。自分の中で言語化したことはなかったのだけど、「異質な他者」とのコミュニケーションにおける「伝わらない」という感覚を失わないようにしようとしていたのかもしれない。
さて、話を戻そう。もう一つの「コミュニケーション教育は人格教育ではない」という話だ。
これは、どんなに教育を熱心にやろうが、社会の背景がどうなろうが、ある一定数「口下手」な人間は出てくる、という実感に拠っている。
「コミュニケーション能力の欠如」は、決して人格の問題と直結しない。理科の授業が多少苦手だからって、リコーダーが吹けないからって、普通その人の人格に問題があるとは考えない。でも、何故かこと「コミュニケーション」に関しては、それがうまく出来ないと人格に問題があるかのような見方をされてしまうことが多い。
アメリカ人はエレベーターの中で他者に話しかけるが、日本人はそうはしないという話に続いて、こんな文章も出てくる。

『さて、では、エレベーターの中で見知らぬ人と挨拶をするアメリカ人は、とてもコミュニケーション能力が高くて、私たち日本人はコミュニケーション能力のないダメみんぞくなのだろうか。私は、どうも、そういう話ではないような気がしている。
アメリカは、そうせざるをえない社会なのではないか。これは多民族国家の宿命で、自分が相手に対して悪意を持っていない(好意を持っているのではなく)ということを、早い段階でわざわざ声に出して表さないと、人間関係の中で緊張感、ストレスがたまってしまうのだ。一方、本書でも繰り返し書いてきたように、私たち日本人はシマ国・ムラ社会で、比較的のんびり暮らしてきたので、そういうことを声や形にして表すのは野暮だという文化の中で育ってきた』

ここでも、同じことがアメリカ人と日本人の比較の中で語られている。つまり、「コミュニケーション能力の良し悪しは、人格とはあまり関係がない」ということだ。
これまで日本では、「コミュニケーション教育」を「人格教育」のような形で行なってきた。しかし、それは間違っているのではないか。教育は、そこまで求められているのだろうか?

『コミュニケーション教育に、過度な期待をしてはならない』

『ペラペラと喋れるようになる必要はない。きちんと自己紹介ができる。必要に応じて大きな声が出せる。繰り返すが、「その程度のこと」でいいのだ。』

しかし、「その程度のこと」ではあるが、やはりそれは教育が担わねばならないと著者は言う。
大阪大学で大学院生向けに演劇をベースにコミュニケーション教育を行なっている著者は、批判にさらされることがある。「遊んでいるだけではないのか」「大学院は教養を身につける場ではないのか」と言ったものだ。その批判の中の一つに、「昔はそんなもんは現場で学んだもんですけどなぁ」というものがある。要するに、大学院生が様々な場所へ就職していく、その現場でコミュニケーションのいろはなど学んだ、という批判だ。
この批判に対して著者は、学校教育の場でコミュニケーション教育を行わなければならない理由として、こう書いている。

『こうして時代が変わった以上、あるいは、こういった少子化、核家族化の社会を作ってしまった以上、私たちは、これまでの社会では子どもたちが無意識に経験できた様々な社会経験の機能や監修を、公教育のシステムの中に組み込んでいかざるをえない状況になっている』

また、別の側面もある。
著者は、日本が持つ独特なコミュニケーション文化は尊重されるべきだと書く。アメリカのコミュニケーション文化が正しいわけでも、日本のコミュニケーション文化が間違っているわけでもない。
ただ、日本人は、自分たちのコミュニケーション文化が「少数派」であるという意識は持たなければならない。

『コミュニケーション教育、異文化理解能力が大事だと世間では言うが、それは別に、日本人が西洋人、白人のように喋れるようになれということではない。欧米のコミュニケーションが、とりたてて優れているわけでもない。だが多数派は向こうだ。多数派の理屈を学んでおいて損はない』

そしてその上で、多くの日本人がこんな風に感じているのではないかと指摘する。

『その上で、多くの人が感じているのは、擁するに、「日本もそうも言っていられない社会になってきた」ということではあるまいか。そして、少なくともコミュニケーション教育に関わる人間は、この「そうも言っていられない」という点を、きちんと分析し、問題を切り分けていく必要がある。「TPPもくるし、いろいろたいへんだ、ワッハッハ」といった居酒屋談義で済ますのではなく、私たちが培ってきたコミュニケーション文化の、何を残し、何を変えていかざるをえないのかを、真剣に考える必要がある。』

そしてそのための大きな前提となるかもしれない考え方を、著者はこんな風に書く。

『心からわかりあえることを前提とし、最終目標としてコミュニケーションというものを考えるのか、「いやいや人間はわかりあえない。でもわかりあえない人間同士が、どうにかして共有できる部分を見つけて、それを広げていくことならできるかもしれない」と考えるのか』

当然著者は、後者の態度であるべきだと考えているのだ。
これは、先ほども指摘した通り、シマ国・ムラ社会で生きてきた日本人には、大きな認識の転換を迫るものだ。相手が自分と酷くかけ離れた価値観を持っているわけではない、という前提のもと、「阿吽の呼吸」だの「野暮」だのといった、日本独特のコミュニケーションが育まれてきた。しかし、それは、「人間はわかりあえない」という前提を持っている人間には通用しないコミュニケーションだ。僕らはもう「そうも言っていられない」世の中に生きているのだし、そして残念ながら僕らは「少数派」だ。であれば、痛みを伴いながらも、僕らが変わっていくしかない。
さてでは、そのために学校教育はどうあるべきだろうか。
これが、なかなか難しい。

『日本語教育に関わる多くの教員が、自分の使用するテキストを「自然な日本語ではない」と感じている。』

『この指導法は、主に以下の二つの点で間違っていると私は思う。
一つは、表現という、極めて主観性の強い事柄について、あらかじめ固定された言語規範を示し、あたかもそれだけが正解のように強要してしまう点。
もう一つは、これまで述べてきたように、その言語規範自体が、まったく根拠のない、また現実に話される日本語の話し言葉ともかけ離れた、間違った概念に基づく「架空の話し言葉」に拠っている点』

恐らくちょっと脱線すると思うのだけど、僕自身の話を書きたい。
僕はとにかく、国語の授業が嫌いで嫌いで仕方がなかった。特に国語のテストが嫌いで嫌いで仕方がなかった。
本書は「コミュニケーション」の話であって、国語のテストの話は出てこない。でも、「国語という授業内でのコミュニケーション教育」の根幹と、「国語のテスト」の根幹はそう大きくかけ離れてはいないはずで、だからこの話を書きたかった。
僕はどうしても、「国語のテストに正解がある」という事実が許せなかったのだ。
何故読み方がひと通りに定められてしまうのか、僕にはそれが子どもの頃から現在まで一貫して理解できないでいる。別にどんな本をどんな読み方をしてもいいはずだ、と僕は思う。その時の主人公の気持ちがどうであるかなんていうのは、たとえ著者が意図した通りの読み方でなくても、自分がどう感じたかの方が圧倒的に大事だろう、とずっと思っていたのだ。
だけど、何故か国語のテストには「正解」があって、そしてみんなその「正解」を導き出せるのだよね。
本当に、あれほど意味不明なものはなかったと思う。僕には、何故それが正解なのかさえわからないのだ。真剣に答えを出そうとして(一応書いておくと、結構真面目で、自分で言うのもなんですが優秀な学生だったのですよ)必死で文章を読むんだけど、さーっぱりわからない。「国語の試験は簡単だった」なんていう人間の話を聞くと、エイリアンと話しているような感じがした(いや、さすがにそれは大げさか)。
だけど、大人になって、こうやってブログに文章を書くようになってようやく、「国語の試験が解けなくて良かった」と思うようになっている。
僕は、「自分が本をどんな風に読み、捉えたかを文章にして提示することに臆すること」はまったくない。それは、「正しい読み方なんてものが存在しない」という信念があるからだ。どんな本であっても、その本を「正しく読む」ことなどできない。どんな読まれ方をしても、その本の解釈としてはどれも許容されるべきと僕は思っている。
だから、ブログでこうやって感想を書くことに、特別な躊躇はない。著者が自分の感想を読んでも、あまり気になない。それは、「誰がその作品をどんな風に評価しようとも、あるいは、著者がその作品をどんな風に読まれたいと思って書いていても、僕が読んだ読み方が僕にとっては絶対的に正しい」と思っているからです。たぶんこれは、国語のテストがすいすい解けてしまっていたら、なかなか持てなかった感覚なんじゃないかな、という気はします。どうしても、「正解の読み方がある」という感覚に囚われてしまうような気がするから。
さて、話を戻そう。著者はじゃあ、国語教育はどうあるべきと書いているのか。
なかなか刺激的なこんな一文がある。

『私自身は、もはや「国語」という科目は、その歴史的使命を終えたと考えている』

著者が訪れたことのある、スイスのある小学校には、科目という概念がもうほとんどなくなっていた、という。著者も、横断的な教育を推奨するが、しかしそれはすぐには無理だろう。著者の主張では、「国語」という科目を「表現」と「ことば」に分けるべきだというが、この変化でさえ、すぐには起こり得ないだろう。

『もしこれを国語の授業でやるとするなら、きちんと書く、論理的に話すといった従来の国語教育を、抜本的に解体しなければならない。擁するに無前提に「正しい言語」が存在し、その「正しい言語規範」を教員が生徒に教えるのが国語教育だという考え方自体を、完全に払拭しなければならない。そうして、国語教育を、身体性を伴った教育プログラム、「喋らない」も「いない」も表現だと言えるような教育プログラムに編みなおしていかなければならない。
このことはまた、すべての国語教員が、「正しい言語」が自明のものとしてあるという考え方を捨てて、言語というものは、曖昧で、無駄が多く、とらえどころのない不安定なものだという覚悟を持つということを意味する。』

さて、これが、本書の内容のごくごく一部である『教育現場におけるコミュニケーション教育』の話を大雑把にしたものです。これだけでも十分に密度が濃いでしょう。本書には、さらに様々な知見が縦横無尽に話題を行き来しながら語られていきます。凄いです。僕は元々「ことば」というものに関心がある人間で、演劇とことばの関係みたいな、直接日常生活に関わらないような話も凄く楽しめました。
著者は最後の方で、日本人にこんな檄を飛ばす。

『ただ、いまの日本社会では、僧籍や鴎外が背負った十字架を、日本人全員が等しく背負わなければならない。かつては知識階級だけが味わった苦悩を、いまは多くの人びとが、苦悩だと意識さえしないままに背負わされる。漱石ほどの天才でも、ロンドンでノイローゼになったのだ。鴎外ほどの秀才が、「かのように生きる」と覚悟を決めなければ、このダブルバインドを乗り越えることはできなかったのだ。』

我々を取り巻く環境は刻々と変化し、その変化はどんどんと僕らに苦悩を強いるものになってきている。それは誰もが漠然と感じてきていることだろう。しかし、漱石や鴎外が苦しめられた苦悩を無意識の内に背負わされていたとは…。
コミュニケーションというのは、僕らの日々の営みであり、だからその変化は容易には見えにくい。平田オリザという、演劇から「ことば」や「コミュニケーション」を考え続けた人間だからこそ到達できた様々な知見は、なんとなく違和感はあるんだけど何がおかしいのかよくわからない、という僕らの感覚をうまく掬ってくれます。本当にこれは、凄い作品だなと思いました。是非是非是非読んでみてください!

平田オリザ「わかりあえないことから」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2411-15d593d5

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)