黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

恋とセックスで幸せになる秘密(二村ヒトシ)





内容に入ろうと思います。
本書は、AV監督であり(女性の皆様、この部分で引かないで下さいね、ホントに!)、また男性向けのモテ本(という姿を借りた生き方指南本)である「すべてはモテるためである」という本を出版している著者による、女性向けの恋愛指南本です。
僕は別に、女性誌の恋愛特集だとか、女性向けの恋愛指南本を読んだりしているわけではないんですけど、でもこれはハッキリと断言してしまいましょう。

女性の皆さん、女性向けの恋愛指南本は、これ一冊で完璧です!

本当に、この本だけ読んでいればもう間違いないと思います。素晴らしすぎました!こんなに「心の奥深くまでずっしり届いて」、かつ「実際に行動に移すことが出来るぐらいに具体的に書かれている」恋愛指南本って、本当に存在しないんじゃないかと思います。
ちょっといくら絶賛してもしたりない気持ちなんですけど、でも本当にこう叫びたいです。

この作品はちょっと素晴らしすぎます!!!

僕は、小説以外の本を読む時は、ドッグイヤー(気になったページの端っこを折る)っていうのをやっちゃうんですけど、本書は、過去僕が読んだすべての本の中で、最高数のドッグイヤーを記録した本ではないかと思います。なんせ、ほぼ全ページドッグイヤーしましたからね。どこを読んでも、本当に素晴らしいことが書かれているんで、ビックリします。これだけ絶賛していると、なんだよ二村ヒトシの信者かよ、キモいな、みたいな風に思われるかもですけど、いや、もはや信者でもいいかって感じさえしてきます(笑)。この人の考え方はホント好きだなぁ。「すべてはモテるためである」も超絶素晴らしい作品でしたけど、さらにそれ以上に素晴らしい作品で、本当にビックリしました。
さてじゃあ、まえがきの文章をかなり長々と引用してみましょう。

『あなたは「私のことを好きになってくれない人を、好きになっちゃう」とか「向こうから好きだって言ってくれる人は、なぜか、好きになれない」ことが多くありませんか?
「私は自分がキライ…。でも、そんな自分が大好き」って思うこと、ありませんか?

うまくいかない恋愛や、理想的な結婚ができないことや、そもそも出会いがないこと、そして自分を好きだったりキライだったりで心が不安定になることには、理由があります。
それは、あなたが「男産んが悪いから」「性格が悪いから」では、ありません。「魅力がないから」でもありません。そういう単純な理由じゃないんです。
そして「あなただけのせい」でもありません。
(中略)
何年か前に、ある有名な女性誌のセックス特集で取材を受けました。内容は「男性を気持ちよくさせて女性も楽しめるテクニックを教えてほしい」というものでした。
とてもまじめに取材してくれて、僕が話したとおり文章にしてくれました。ところが、できあがって送られてきた雑誌を見た僕は「あれっ?なんか変だ」と感じたんです。
僕が話した言葉も含めて、そのセックス特集全体が「男性に空きられないように、捨てられないために、セックスをがんばろう」という雰囲気になっていたからです。
それって「二人が愛しあって、セックスを楽しんでること」に、なるんでしょうか?
それから僕は、女性向けの「恋愛や結婚やセックスに関する記事」が、なんだか気になるようになりました。
よく読んでみると、そこにはかならず「愛されるファッション」とか「恋する女性は美しい」とか「モテの極意」とかは書いてあるんですが、恋愛の相手を「愛することができる女になろう」とは、どこにも書いていないんです。
(中略)
あなたが苦しいのは、あなたが悪いからではありません。
でも残念ながら、他の誰かが「なんとかしてくれる」わけでも、ありません。
この本では恋の苦しさの秘密をひとつひとつ解きあかして、あなたが幸せを感じられるようになるための手助けをしていきます。
「どうしたら幸せになれるのか」の秘密が、きっと、わかると思います。』

さて、どうでしょうか?このまえがきだけでも、女性的にはかなり気になる感じじゃないかと思います。
さて本書には、男性向けのまえがき、というのも存在していて、そこにはこんな風に書かれています。

『この本は、恋愛やセックスに悩む女性にための本ですが、そんな女性のことを好きになってしまったマジメで不器用なモテない男性にも、
そういう女性たちを苦しませながらセックスをしつづけてきて「そろそろ、そういうの卒業して大人にならないと、自分の人生もヤバい…」と思い始めている不マジメなのにモテる男性にも役立つ本です』

そしてさらに、本書には直接的には「あなたも読者ですよ」と書かれていませんが、僕は、「今恋愛に悩んでいる女性」だけではなく、「結婚して子供を育てている母親」にも、この本を読んでほしいと思っています。
あとで書きますが、女性が苦しいのは、親との関係で心に穴が空くからです。その仕組みを解説し、親との関係をどうしていくべきなのかという話が描かれます。そしてそれは、親側から子供を育てる時にも、とても重要な知見だと僕は感じたのでした。
そしてまた、母親との関係に悩まされてきた「娘としての自分」という立ち位置から読んでも、非常にためになる作品だと感じました。
表紙は相当女性向けに振っているんで、男はなかなか買いにくいだろうし、「恋とセックス」についての話を子供を育ててる私がねぇ…なんていう風に感じちゃう人もいるでしょうけど、でも是非読んでほしいなと思います
さて、本書を書店なんかで手に取る機会がある方にまずやって欲しいことは、P10~P13を開くということです。
この本は、内容も素晴らしいんですけど、本の造り的にも実に素晴らしいのです。P10~P13には何が書かれているかというと、「こんな女性はこのページをとりあえず読んでみてはいかが?」というような選択肢が35個も載っています。例えば、「愛してくれない人ばかり好きになっちゃう」とか、「私はめんどくさい女だ」とか、「親がキツい」とか、「彼に選ばれなかった私は「女としての価値がない」と思う」とか、そういう色んなあり方について、まずとりあえずここを読んでみたらいいよ、というページを示してくれています。
もちろん、そのページだけ読んでも分からない文章もあるでしょう。頭の方から順々に一つ一つ細かく色んなものを積み上げていきながら話を展開させているので、唐突に出てきた単語や概念をそのページだけからはつかみとれないこともあるかもしれません。でも、きっとそのページには、あなたの心に突き刺さる文章があることでしょう。そうしたら、悩むことはありません。安心してその本をレジに持って行きましょう。他のページにも、あなたの心に突き刺さる言葉が山ほど詰まっていることを保障しましょう。
たとえば、作中にこんなフレーズが出てくる。

『自分のして欲しいことを要求したり、愛されるために無理して相手の要求をのんだりして、やがて傷ついていくのが恋です。
「私のやりたいことが、彼のして欲しいこと」に、「彼のやりたいことが、私のして欲しいこと」に、なっていくのが愛です』

もうこんなん、痺れますがな、ホント!
さてというわけで、長々と色んなことを書きましたけど、ようやく内容に入りましょう。でも、気をつけないと。僕的にこの本が素晴らしすぎて、うっかりすると内容を書きすぎたり引用し過ぎたりしちゃいそうだから、なるべく抑え気味にいかないとマズイ。気をつけろよ、俺。
まず第一章の「なぜ、あなたの恋は「うまくいかない」のか?」。ここでは、「ほら、女性って、こんな恋愛になっちゃうことって、多いじゃん?」みたいなことが描かれていきます。
自分のことを愛してくれない人を何故か好きになってしまって辛くなったり、自分にダメ出ししてくれる男性に男らしさを感じたり(そして、ダメ出しをされることで、自分は女として価値が低いんじゃないかと凹んだり)、相手に尽くしすぎて辛くなったり、傷つけられることでしか恋愛している実感が持てなかったり。
でも、そういうのは「愛」じゃないんだよ、んで、この本を読んだらそれい気づけるからね、と優しく諭してくれるのが第一章です。
作中にこんな文章があります。

『恋というものは、いつかかならず「終わる」のです。恋のままで一生つづくということは、ありません。
一緒にいると傷つくことの方が多い相手だとわかって「恋がやぶれる」か。
おたがいを肯定しあえて「恋が愛に変わる」か。どちらかです』

「愛」にたどり着くまでにはもちろん「恋」を経なければいけない。だからこそ、まず「恋」の段階でうまくいかないと「愛」にはたどり着かないんだよ、ということです。
今自分がしている「恋」が、「愛」にたどり着くものなのかどうか。本書を読んで考えていきましょう。
第二章の「「恋する女は美しい」は、嘘」では、じゃあどうして第一章みたいな「恋」になっちゃうの?という原因に切り込んでいきます。
そのキーワードが「ナルシシズム」と「自己肯定」です。

『自分を認めていない女性は、むしろ「恋をすることでダメになっていく」のです』

「ナルシシズム」も「自己肯定」も、どちらも「自分を好き」という現れですけど、その二つは大きく違います。そして、この二つとうまく折り合いをつけることが出来ないからこそ(それは、本人のせいもありますけど、社会のせいだったり親のせいだったり付き合っている相手のせいだったりもします)。
「自己肯定」とは、「自分を認めて、愛してあげること」
「ナルシシズム」とは、「自分に恋をしていること」

『「私は自分が好きなのに、同時に、すごく自分がキライ」と思ったこと、ありませんか?
これは矛盾しているようですが(そしてあなたは「私って、なんて『あまのじゃく』なんだろう」と思いつづけてきたことでしょうが)じつは矛盾してないんです。
あなたが「自分を浮き」なのはナルシシズムの意味で好きなのだし、
「自分を嫌い」なのは自己肯定できていないという意味で嫌いなのです。』

そして、あなたが恋愛で辛くなってしまうのは、

『今の自分を認めていないのに、ナルシシズムが強すぎる』

からなわけです。

『あなたが「今の自分」を好きになれなくて(自己肯定)できなくて、あなたに恋してくれる人を愛せないのは、なぜでしょう?
それは、あなたが「今より、もっと幸せになりたい」と願いつづけていることに原因がありそうです。
もちろん「幸せになろうとする」のは悪いことではありません。ただ、ここでちょっと考えてみてほしいのは、あなたが思う「もっと幸せ」が、いったいどんな幸せなのか、ということです。
あなたはそれを「いい女になって、いつかは出会うはずの『私が好きな理想の男性』から愛される。そこから始まる幸せ」と思っていないでしょうか?
自分の気に入らない部分(容姿や性格や、現在の生活など)を受け入れられないあなたは「理想の彼の隣にいる、未来の自分」に、憧れているのではありませんか?』

『あなたが恋している男性は、彼が「あなたを愛さないでいる」かぎり、理想の男性であり続けるでしょう。
ところが、もし彼が「今のあなた」を愛し始めてしまったら?
たとえ、彼がどんなにイケメンで、お金持ちで、優しかったとしても、あなたが自分を愛せないでいるかぎり、やがて彼から逃げ出したくなってしまうはずです』

そして第三章の「恋しても「心の穴」は埋まらない」です。ここで、「心の穴」という概念を使って、「ナルシシズム」と「自己肯定」の現れ方をよりシンプルに解き明かしていこうとします。
「心の穴」について、著者はこんな風に書いています。

『自分の心のまんなか、あなた自身の中心に「ぽっかり、穴があいている」のをイメージしてみてください。
あなたの「生きづらさ」や「さみしさ」、劣等感、不安、嫉妬、憎しみ、罪悪感といった、自分ではコントロールすることができない感情や考えが、その穴から湧いて出てきているのを想像してみてください。
それが、あなたが埋めようとしている穴です。』

『心の穴から湧いてくるものは、ネガティブな感情だけではありません。他人から見たあなたの魅力も、やはり心の穴から生まれてきます』

そして著者は、恋愛によってその「心の穴」を塞ぐのは無理だと書きます。

『心のどこかで、そう思いながら恋をしているとしたら、あなたは自分の心の穴を忘れたくて、恋の相手を穴の中に詰め込もうとしているのです。
でも、どんな相手であっても、現実に生きている一人の人間である以上、あなたの心の穴にピッタリはまって、ふさいでもらうのは不可能です』

『恋愛することで「さみしさ」を感じなくなるのも、自分のネガティブな部分を忘れて「より良い自分」になれたと思えるのも、錯覚にすぎません。
むしろ、心の穴を埋めるために恋愛をしていると、かならず「しっぺがえし」をくらいます。
「心の穴を埋める」ということは、自分が自分を肯定していないのをごまかして、苦しみを相手のせいにすることだからです』

じゃあ、「心の穴」をどうすればいいのか。「心の穴は恋愛では塞げない」と言っているのだから、これはもはや恋愛の話ではなくて、生き方の話になります。

『幸せそうな人には、心の穴がないように思えるかもしれませんが、そうではありません。自分を愛すること(肯定すること)ができてる「幸せそうな人」とは、自分の心の穴を塞いだり無理にコントロールしようとしたりせず、おりあいをつけている人なのです』

『あなたが「自己肯定できるようになるために、するべきこと」は、恋人の存在を使って心の穴をふさごうとすることではなくて、まず「自分の心の穴のかたちを、ちゃんと知ることです」』

『穴を「ふさごう」とせずに「かたちを知ろう」とする。
かたちが分かってくれば、やがて心の穴は、あなたを以前ほどには苦しめなくなっていくはずです。
それは「自己肯定できるようになっていく」ということなのです。』

そして、「心の穴」と「恋」の関係を、こんな風に表現します。

『あなたが「彼に恋をした」ということは、あなたが「彼にあいている心の穴に、反応した」ということです。
彼の特徴で、あなたが「気に入ってる」か「気になってた」ところは、あなたが自分で気づいていない「自分に『ない』と思ってる」ところか「自分と似た」ところです』

こんな言葉も、あなたの心に刺さるでしょうか。

『「私には、あの人が必要なんだ!」「私は、あのひとを強く愛してる!」と思っている人のほとんどは、相手を愛せていません。ただ「求めて、執着している」だけです』

『あなたが人から「恋されるけど(または、セックスは求められるけど)愛されない」としたら、あなたが「自分に恋していて、自分を愛せていない」からです。
「自分自身に恋しているけれど、自分自身を愛していない人」は、相手から「恋は」されますが「愛される」ことはありません。
人間は、自分で自分をあつかっているようにしか、他人からあつかわれないのです』

4章と5章は飛ばします。内容が悪いとかそういうことではないですよ。
6章の「すべての「親」は子供の心に穴をあける。」は、何故女性に「心の穴」が空いてしまうのか、その原因を親に求める展開になります(男にも心の穴は空いているんですけど、まあともかく)。
この6章は、恋愛がどうとかってことでもなく、母親との関係に悩んできた、今も悩んでいるという女性に、本当に読んで欲しいと思います。そして、親になることを恐れている人や、もう親になったという女性にも。母娘の関係というのは、様々な小説や漫画や映画なんかで描かれる普遍のテーマですけど、ここでは「心の穴」というキーワードを元に、母娘の関係を読み解いていきます。

『心の穴は、あなたがまだ幼く心がやわらかいころ、自我が固まる前に、あなたの「親」または「親がわりに育ててくれた人」によって、あけられたのです。』

こう書くと、娘にとって「悪い親」だけが「心の穴」を空けるかのようですけど、そうじゃない。「良い親」だって、子供の心に穴を空ける。
この章では、様々な母親のタイプを取り上げて、そういう母親が娘にどんな「心の穴」を空けるのか、ということが描かれていく。あなたの劣等感や罪悪感や、そういう「心の穴」から湧き出してくる感情のすべては、その心の穴を空けた親の影響が強いのです。
だから著者は、「一旦すべて親のせいにしよう」と提案します。

『親を疑ったことのない人は「自分が自己肯定できない原因が、親にある」とは夢にも思っていませんから、ただただ「穴から出てくる劣等感・罪悪感と・さみしさ・恋の相手への怒り」に苦しめられるだけで、そのみなもとの穴のかたちまでは気がつきにくいかもしれません。
しかし、あなたの親がどんなに「やさしい親」で「すてきな良心」だったとしても、たとえ「ものすごく苦労して、あなたを育ててくれた」のだとしても、親は、あなたの心にかならず穴をあけています』

『親を疑ったことのない人も、親を憎み続けている人も、自己肯定できなくて恋愛で苦しんでいるとしたら「自分の心の穴のかたちが見えていない」という点では同じです。
「親が自分にどんな心の穴をあけたのか」を知って、「自分は人から、どんなことをされると傷つくのか」「自分は、どのように人を傷つけてしまうのか」ということに気づくことが大切なんです』

7章は「いいセックスをするために」。ここでは「セックスで満たされないのは何故か?どうしたらセックスで満たされるのか?」が書かれていきます。

『恋した相手と「セックスできた」のに、こんなふうに苦しんでいる女性が多いようです。それは、男に「相手を傷つけてしまう心の穴が」があいているのと同時に、彼女が自分の体やセックスを「恋愛のエサ」にしていたからです。』

『自分を肯定してく入れるかどうかわからない相手に、肯定してもらう(愛してもらう)ためにエサとして体だけを毎回おそるおそる差し出していただ、それは精神的に不安定にもなるし、気持よくないにきまっています。』

心当たりのある女性は、多いのではないでしょうか?(わかりませんが)

『セックスというのは、ただ身体が接触するだけではなく「心の穴に触ってもらえて、それを一瞬ふさぐことができたような気がする」ことです。肯定しあえている相手と、おたがいの心のかたちを触りあい、おたがいの欲望を肯定しあうから、体だけじゃなく、心も気持ちいいんです』

『忘れてはならないのは「セックスで心の穴がふさがったような気がする」のは、あくまでも「その瞬間、そんな気がする」だけだということです。
どんなに愛しあえて、理想的なセックスができて、その瞬間は満たされたとしても、それであなたの「劣等感」や「さみしさ」が永遠に消えるわけではありません。
だから「穴をセックスでふさごう」とは考えない方がいいのです』

『セックスの醍醐味は「彼が、私の行為と私の体で、気持ちよくなったこと」が私に伝わることであり、「私gは、彼の行為と体で、気持ちよくなったこと」が彼に伝わることです』

そして8章「自分を愛せるようになるための7つの方法」では、要するにこれまでの話を踏まえつつ、いかに「自己肯定」できる女性になるか、というためのアドバイスです。
是非とも隅々まで読んで実践して欲しいと思うのだけど、これだけは抜き出しておこうと思うものを少しだけ。

『みんな「未来」という言葉に、縛られすぎてるんじゃないでしょうか。
未来というのは、そこで何が起こるかわからないから「未来」なのです。
「何歳までに、こうなっていたい」「何歳までに、こうなっていなければならない」「クリスマスまでに彼氏が欲しい」というのはそれは未来じゃなくて、予定か強迫観念です。』

『そして「未来の自分が、できるようになりたいこと」ではなく「今の自分が無理なく(がんばらずに)できること、やりたいこと」と、「人に頼まれなくても、放っておかれても、してしまうこと」を、どんどん、していってください』

9章も省略しようかな。
前に「すべてはモテるためである」の感想でも同じことを書いたんだけど、本書も、「恋愛指南本」という外見を装った「生き方指南本」です。現代社会を生きていく中で、女性がなぜ生きづらさを感じてしまうのか、なぜ恋愛でうまくいかないのか、女らしさということに悩むのか、罪悪感を覚えたり価値がない存在だと感じてしまうのか。そういう、女性が生きていく上でぶつかり、悩み、転げまわる様々なことがらについて、「こういうことなんじゃないかな」という押し付けがましくないスタンスであなたを救ってくれます。本当に、ありとあらゆる女性を救う救済の書だと僕は感じました。大げさではありません。一刻も早く、多くの女性に届けなくては、という使命感に駆られております。是非是非是非是非読んでみてください!

二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密」

関連記事
スポンサーサイト

Comment

[4361] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[4362] Re: タイトルなし

自己肯定って、結構難しいですよね。
僕は、割と大丈夫かな~って思ってますけど、
インチキ自己肯定かもしれない(笑)
まあでも、結局ここで書かれてることって、
「無理すんな」っていう内容が凄く多いんですよね。
だから案外、「考え方」さえ変えちゃえば、そんなに難しくないのかもしれませんよ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2410-43afc2b6

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)