黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

藝人春秋(水道橋博士)

内容に入ろうと思います。
本書は、お笑い芸人である浅草キッド・水道橋博士による、14人の芸能人を描き出したルポルタージュ+αという内容の作品です。
まず、本書で取り上げられる14人を箇条書きにしてみます。

そのまんま東(東国原英夫)
甲本ヒロト
石倉三郎
草野仁
古舘伊知郎
三又又三
堀江貴文
湯浅卓
苫米地英人
テリー伊藤
ポール牧
北野武
松本人志
稲川淳二

各々の詳しい内容は後で紹介するとして、本書を読んだ全体的な感想から先に書こうと思う。
本書を読んで、著者による人物描写を形容する二つのモノが思い浮かんだ。「懐中電灯」と「鑿(ノミ)」である。
先に「懐中電灯」の方から。
本書では、著者自身が「懐中電灯」となって、対象となる人物を照らし出している、そんな印象を受けた。光を当てることで対象をくっきりとさせ、その上で描写していく、というような。
そして、「光を当てる」ことで最も重要な点が、「影が出来る」という点だと思う。
著者は、どんな角度から、どんな方向から光を当てるかによって、そこにどんな「影」を生み出すか、冷静に見極めているような感じがする。
短い文章の中で、その人物のすべてを描き出すことなど、もちろん不可能だ。どうしたって、一部分だけになってしまう。人物を切り取るというのは、どんな一部分を描き出すかということでもあるのだろう。そういう意味で、光を当てることで陰影をはっきりさせ、特に「影」をいかに引き出すか、それを常に模索しているように思う。
それは、「文章を書く」という行為だけで出来るわけではない。
著者は、とにかく変わった人が好きなようだ。そして、変わった人と知り合うと、色々質問したり、相手を掘り下げていったりしてしまう。
著者にとって「取材」とも呼べないような、そういう普段の日常の中の(あるいは仕事を通じた)やりとりの中で、「相手に強い光を当てる」ような質問や接触を繰り返し、そうやってその人物のことを見極めていく。普段なかなか見えてこない「影」の部分をいかにして捉えるか。その部分に対する好奇心に強さを僕は感じました。
さて、もう一つの「鑿(ノミ)」の方。
著者の人物描写は、ただの木片に「鑿」を押し当てて削っていく中で、少しずつ造形をしていくような、そんな印象も受けた。
これは、自らの意思で対象となる人物の「形」を決める、ということである。
結局僕らは、自分が捉えられるものしか把握出来ない。当たり前だ。しかし、それを明確に自覚している人は、実はそう多くないのではないかと思う。自分が捉えたことだけではなく、誰かの言葉や態度みたいな、自分の外側の何かによって対象の存在を把握する、なんていうことはよくあることだろう。
しかし、著者はそれをしない。「自分が捉えられるものしか把握出来ない」ということに、非常に自覚的なのだろうなという印象を受けた。
自分が捉えられるものしか把握出来ない、ということはつまり、対象の「形」を自分で決めている、ということではないかと思う。「相手の本質」や「本当の姿」などというまやかしに騙されることはない。著者は、自らが捉えたものを自らの内で再構成し、そうやって相手の形を見定めている。
それはまるで、何の形も成していなかった木片を削りとって何かの形を切り出すようなものではないだろうか。
著者はきっと文章を書く前に、何の形も成していない木片を前に、これをどう削りだすべきか悩んでいるのではないか。そして、悩みに悩んで、そして削り始めた途端、悩みを一切消し去って一気に形を仕上げるのではないか。なんとなくそんな印象を受けた。
著者が対象となる人物を「見る」視点は、なんというかとてもフェアな気がする。何かの枠を嵌めて捉えようとするでもなく、何かを押し付けて見極めようとするでもなく、かと言って「相手の本質を見極めよう」なんていうスタンスというわけでもなく、目の前にあるものをただあるがままに受け取っている。そんな感じがする。もちろん、「ただあるがまま」なんてことはなかなかありえない。そこには著者なりの解釈が必ず混じる。そもその僕は、「自らの意思で対象となる人物の「形」を決める」なんて言っている。でも、なんというか、それとは矛盾しない形で、フラットに余計な添加物を加えないままで、あるがまま風に対象となる人物を捉えているような気がするのだ。
あるがままの姿をあるがままに捉えているのだけど、でも著者には一つ大きな動機があるのだろうと思う。
それは、「この人達の、テレビだけでは捉えきれない姿を自分が活写せねば」という思いである。それは、結構強く感じた。
そう思って見てみれば、本書で取り上げられている人たちは、一般の人が何らかの先入観を抱きやすい人、と言い換えることが出来るかもしれない。全員が全員ではないかもしれないけど、かなり個性的で、テレビを通じた姿がどこかに振り切った形で固定されている人が多いような印象がある。
テレビというのは、役割を固着させ、分かりやすい関係性を一瞬で提示しながら進んでいくものだろうから、まあそれはある程度仕方ないのだろうけども、本書で描かれている人達は特に振り切れ方が凄いような気がする。
そういう人達の、恐らくテレビを通じては一生見られないだろう部分を、著者は切り取ろうとする。自分が伝えなければ誰にもそれは伝えられないのではないか、というような使命感さえ感じる。
だからこそ著者の人物描写には、『まさにここ』を描き出したいのだ、という部分が明確にあるように思う。しかし、それそのものをズバリと分かりやすい言葉で表現してしまったりはしない。そうではなくて、読んでいく中で、なんとなく、人によってはズバリとそれが伝わるような、そういう描き方をしているように思う。こういうのが、話芸なんだろうなぁ、という感じがする。
さてそんなわけで、ここの人物の話を、なるべく書きすぎてしまわない程度に紹介してみよう。
本書で僕が一番痺れたのが、「甲本ヒロト」である。僕は音楽とかホントに知らなくて、甲本ヒロトについても、色んなバンドをやってる人だよなぁぐらいのイメージしかないのだけど、この人ホントに凄い。
本書の中で、甲本ヒロトというのは結構異色のラインナップな気がするけど、それもそうだろう。何故なら、甲本ヒロトと著者は、中学時代の同級生という繋がりだからだ。芸能界の中で直接的な関わりは深くなくても、同級生という括りで二人は話をすることが出来る。
甲本ヒロトがいかにしてロックと出会い救われたのかという話や、第一線で走り続けることがどういうことなのかという話で盛り上がるのだけど、いちいち甲本ヒロトが言うセリフがカッコイイのだ!
その中でも、一つだけを厳選した引用しよう。

『それは、のたうちまわるよ。みんな当然だよ。いつも曲を作ると、もう二度と出来ないんじゃないかと思うよ。だから、「俺は特別に苦しんでる」なんて思ってる人は、すごい簡単な話で、やめればいいんだよ。誰も義務なんか課してないし、あなたに歌えなんて言ってないんだから。高校行かないでいいってのと同じだよ。「何枚かアルバム出したら次も出さなきゃ」って思ってるだけで、別にやらなくてもいいんだよ。そんな法律ないんだもん』

やっぱりもう一個書いちゃお。

『でもさ、芸事とかクリエイティブな仕事に就くと、まず自分の好きな表現スタイルを模倣しようとするじゃん。その模倣のレベルのチャンネルを一つ変えるんだぁ。例えばギタリストがギターを持って「アイツの鳴らしたあの音を自分でも鳴らしたい」って思っちゃもうダメなんだよぁ。アイツがあの音を鳴らした時の”気持ち”をコピーするんだよ。衝動を。そうやっていくとオリジナルで一生現役でいられるんだぁ』

いやはや、ホントカッコイイ人です。なのに、自分を飾りすぎず、昔は暗くてダメだったなんていう話をするところも素敵だ。そしてそんな「永遠の14歳」を前に、その輝きに圧倒されてたじろいでいる風の著者の姿も、とても面白いのだ。

「そのまんま東」は、芸人にはよく見られるらしい『性格的二面性』がとても強調された人物だとして描かれる。芸人としての大馬鹿と、政治家になってしまうような大真面目さが、一つの人格の中でアンビバレントな同居をしていると著者は語ります。
そしてさらに、そのまんま東が飲み会の席で、後輩ではなく先輩に絡んでいく姿を見て、そのまんま東という人間の深層を一つ剥ぎ取ろうとする。

「石倉三郎」は、ビートたけしの数少ない浅草時代からの芸人仲間である。石倉三郎が描かれる話は、著者自身が主演したドラマでの出来事がメインとなっていて、しかもその役柄が浅草時代のビートたけしという、ビートたけしを敬愛して弟子入りした著者にとっては色んな形で思い入れのあるドラマだった。
そのドラマで共演したのが石倉三郎であり、撮影の合間合間にこぼれ出る人柄が描き出されていく。
ラスト、浅草キッドの疑問に答える石倉三郎の姿は、なんかカッコイイ。

「草野仁」については、数々の伝説が描かれていくことになる。
草野仁がまだ「超堅物人間」というパブリック・イメージしかなかった時代に、浅草キッドは草野仁とバラエティをやることになった。その番組は、草野仁という人間の新たな面を引き出したとして評判になるのだけど、その収録の中で、草野仁に関する数多くの伝説について語られる。
これが本当にとんでもないものばかりで、東大からアナウンサーにならなくても、草野仁の人生には数多くの可能性の芽があったのだなと思わされる。ホント、衝撃的なエピソードだらけです。

「古舘伊知郎」については、著者なりに対抗心めいたものが存在するのだろう、と漠然と思う。著者は、芸人ではあるが、「言葉」というフィールドで戦う男でもある。そして古舘伊知郎と言えば、圧倒的な技術と才能を持つ「言葉の魔術師」である。プロレスファンでもある著者は、古舘伊知郎が持ち込んだ新たな実況のスタイルに衝撃を受けるが、その冷徹な有り様とのギャップに戸惑いを見せもする。喋りで笑わせる芸人とはまったく違う、喋るということで新たな空間を生み出すような、誰も踏み込まなかった地平を切り開いた古舘伊知郎という人間に迫っていく。
個人的に興味深かったのは、古舘伊知郎がフリーになると同時に作った「古舘プロジェクト」という事務所について。ここに放送作家集団がいて、言葉の弾丸、フレーズ作りの後方支援をしているんだそうだ。そうだよなぁ、その場で思いついたことを喋ってるわけないよなぁ、と思った次第。

「三又又三」は、また別の意味で本書のラインナップの中では浮いていると思うのだけど(格の違い、とでも言おうか)、とはいえ本書を読むと、三又又三という人間に対する印象は大きく変わる。
人見知りとは程遠い、どんな相手、どんな空間であっても自分のスタイルを保ち続け、誰彼かまわず突進していくことが出来、またどんな状況であろうとも場を持たせることが出来る人間であるようだ。
この話は、オチがなんだか見事に決まっている感がある。

「堀江貴文」の章は、個人的には印象が薄い。それはやはり、テレビで見る堀江貴文という存在以上の姿が見えて来なかったからかもしれない。
とはいえ、この指摘は面白いと思った。

『だが考えて見れば、宮路社長なり、鈴木その子社長なり、今までテレビ的にブレークした社長は、ほとんどすべてが非公開会社のオーナーであり、テレビ演出上のワンマン、独断専行もある意味許された。
しかしホリエモンの場合、上場企業の社長である(以下略)』

「湯浅卓」と「苫米地英人」の二人は、対になる話として描かれている。なんでこの二人が対になるのか?どちらも、超をいくつつけてもまだ足りないほどの変人であり、また超をいくつつけても足りないくらいの秀才なのだけど、さらに「ロックフェラーセンター」という共通項があるのだ。
「湯浅卓」の章には「ロックフェラーセンター・売ります」と、そして「苫米地英人」の章には「ロックフェラーセンター・買います」という副題がついている。
なんでも本人たちいわく、湯浅卓は三菱地所がロックフェラーセンタービルを買い取った時の、アメリカ側の代理人であったという。そして苫米地英人は、三菱財閥系列の一族の血を引くサラブレッドであり、個人的にロックフェラーとも交友があったとかで、当時三菱の社員であった苫米地英人は日本側として交渉に関わったというのだ。
そして、真偽はともかくも、この二人の話がとにかく凄い。次から次へととんでもない話がポンポン飛び出してくる。湯浅卓は、「少なくとも財務省や金融庁にワタシの東大の成績を超える人はいません!」と豪語し、苫米地英人は「気づいたら飛び級してた」なんていう。ホントに、山ほどある『自慢話』の山に感心するわ辟易するわって感じなんだけど、とにかくとんでもない個性の持ち主で、なんとなくこの二人には、ちょっと表現しがたい関心を抱くようになってしまった。

「テリー伊藤」は、僕が大人しいテリー伊藤しか見たことがないからだろう、こんなにハチャメチャな人間なのか、と驚かされた。テリー伊藤のハチャメチャさを知っている人間が読んだらどうかわからないけど、僕にはなかなか衝撃的な話だった。とんでもないことを言ってる風で、いや実際にとんでもないことを言ってるんだけど、でも最後の挨拶の話なんかはかなり真っ当で、不思議な人間だなと思う。

「ポール牧」についても、ちょっと印象は薄い。元々僕が、ポール牧という人物に対する印象を何も持っていないからかもしれない。指パッチンをしている人、ぐらいのイメージしかない。たぶんテレビで活躍していた時代もあったのだろうし、本書でもそういう描写はあるのだけど、僕はよく知らない。やはり、描かれる人物について読者がどんな印象を持っているかで、読み方が大分変わってくるだろうなと思う。

「北野武と松本人志」は同じ章で並列で描かれていく。どちらも、お笑いというフィールドで孤高のトップランナーとしてひた走り続けている人物であり、「一生ついていくと決めたビートたけし」と、「テレビタレントの端くれとして共演しないことを決めた松本人志(ダウンタウン)」という、距離感としては大分差のある二人を、お笑いや映画という共通項で括りつつも、どうしてもそこからはみ出してしまう大きさみたいなものを描こうとしている。

そして最後にもう「稲川淳二」が描かれるのだけど、その前に、プラスαについて書こう。
本書には「爆笑”いじめ”問題」という章がある。これは、爆笑問題を描いた章ではなく(ただ、太田光は若干登場する)、2012年にも大きく問題となった「いじめ問題」について、著者が思うところを綴った文章である。
これが、とてもいい。
実はこの文章、僕は既に一度読んでいた。というのも、著者が、電子書籍として配信していたこの文章を、夏休みの間だけネットで無料公開していたからだ。
著者は、「お笑い芸人のネタいじめを助長している」という風評に敢えて切り込む。いじめ問題をめぐって、大物芸能人たちによる発言が様々な物議を醸し出している現状を引き合いに出し、そして中身のない言葉をうわ言のように繰り返す大人に苦言を呈す。
その話の中で、やっぱり一番ズン!と届くのは、ピエール瀧と伊集院光がラジオで喋ってたというトークのやりとりだ。確かに、この二人の会話は、非常に印象的だし、そして『届く』言葉だと思う。
この章は、全体からすると非常に浮いた章ではあるのだけど、非常に大切なことを言っている。

そして最後に「稲川淳二」だ。この章を最後に持ってくる構成は、的確だけど、ズルい。
内容にはほとんど触れないことにしよう。
一つだけ。本書の単行本化は、ずっと以前から話としてはあったのだけど、この「稲川淳二」の話に対する自分なりのモヤモヤを消化することが出来ないでいて、単行本化に踏み切れないでいた。「稲川淳二」の章だけを外して単行本化というのも、自分的にナシだ。でも、状況が変わり、自分の中の踏ん切りが付き、単行本化に至ったという。
そして最後のあとがきで、亡くなった児玉清とのたった一度の印象的な関わりを描き出して本作を終えている。
テレビに出るような人たちと普段から仕事をし、間近で観察し、さらにそれを的確な文章にまとめ上げることが出来る人というのは、きっとそう多くはないだろう。そういう意味で、この評伝はなかなか独特の存在感を放っている。芸能人への興味から読んでも面白いだろうし、しっかりとしたルポルタージュとして読んでも楽しめる。是非読んでみてください。

水道橋博士「藝人春秋」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2406-42e212a1

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)