黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

辺境ラジオ(内田樹×名越康文×西靖)

内容に入ろうと思います。
本書は、大阪の毎日放送で不定期に放送されている「辺境ラジオ」というラジオ番組を書籍化した作品です。
まず、「辺境ラジオ」というラジオ番組について説明してみます。
このラジオ番組は、なかなかに変わった番組のようで、次のような特徴があります。

・だいたい3ヶ月から半年に一度くらい、突然放送される
・放送枠は、普段何も放送されていない週末の深夜、放送業界でいう「放送休止枠」である
・いつ放送されるかは当人たちもよくわかっていないが、「そろそろだよね?」という息は不思議と合う。

なんというか、よくそんな企画が通るなぁと思うし、内田樹と名越康文っていう結構なネームバリューの二人を連れてきてそんな扱い(っていう表現もおかしいけど)っていうのも凄いし、それに公開録音とかもやってるんだけど、そんないつ放送されるのかもわからないラジオ番組をちゃんと追っかけている人がいる(公開録音には静岡から参加の方もいたそうです)っていうのも凄いなと思います。
内田樹と名越康文については、まあ大体の人が大体知っていると思いますけど、一応ざっくりと。内田樹は、長く大学教授を務め教育に携わる一方、武道を長いこと続けてきて、退職後は「凱風館」という道場を作り弟子の指導に励んでいる。名越康文は精神科医として一日に多くの患者を相手にしながら、テレビ・ラジオなどに積極的に顔を出す。両者とも、著作は多数ある方々です。
西靖というのは、毎日放送のアナウンサー。毎日放送創立60周年記念企画の一環として「60日間世界一周の旅」を行い、それは書籍化されてもいる。二人の知の巨人の会話を、「へぇそうなんですかぁ」という立ち位置で巧く操り、二人から「鵜匠」と呼ばれる。
そんな三人によるラジオ番組を書籍化した作品なんですけど、これがもうメチャクチャ面白かった!
内田樹の作品は時々読んだことがあって、その明快な主張とか分かりやすい説明なんかに凄く納得して感銘を受けることが多いんで、内田樹にはとても期待していたんですけど、名越康文も凄くいい。正直僕の中で、名越康文って、なんとなく胡散くさい印象があったんです。精神科医とかカウンセラーみたいな人をそもそも胡散くさいものとして見ている、っていうことなんだろうと思うんだけど、なんとなく出版している本のタイトルなんかを漠然と見ていると、うーんという感じの違和感を覚えることが結構あったんですね。まあ、著作は読んだことないんで、完全に先入観なんですけどね。
でも、名越康文も、内田樹と張るほどの知性の持ち主なんだなぁ、ということが分かる作品でした。
二人の話は、レベルはとても高いんだけど、高尚すぎるという印象はない。高い位置に土俵があって、何をやっているのか見えない、みたいな感じには全然ならない。そうじゃなくて、僕らと同じような目線の場所で話が展開されていく。なんとなく、「難しい言葉や言い回しを駆使することが知性だ」みたいな錯覚に陥ってしまうことってあるけど、内田樹と名越康文の会話を読んでいると、あぁやっぱり違うな、難しい言葉や言い回しを使わないで高いレベルの話が出来るというのが本当の知性なんだろうなぁ、なんて風に改めて思わされます。
何よりも素晴らしいのが、二人が実に楽しそうに話をしていることなんですね。本書の中で、テレビとラジオの違いが時々話題に出るんだけど、やはりテレビよりラジオの方が圧倒的に話しやすい、という結論になる。テレビでは台本があることが多いけど(でも、関西のテレビは、台本があってもその台本は無視されることが多いらしい)、ラジオにはそれはない。というか、既にある言葉を喋ることではリスナーを惹きつけ続けられない、と。その場で思いついた言葉を次々に繰り出さないといけないのだ、という話になって、ラジオって聞く習慣がないけど、やっぱり面白いんだろうなぁ、と思いました。
しかし、どんな話が展開されるのか、収録の前にはまったくわかっていないはずなのに、二人が資料も何もないまま、様々な知識を自分の脳味噌の引き出しから出し入れする様は、本当に驚異的だなと思います。とても高度なレベルでの会話が行われている。二人のデフォルトで持つ様々な知識が、会話をぐうんとドライブさせていく。ある一つの話題が、二人の知識によってスイングさせられることで、どんどんと曲がりうねり変質していく。そのライブ感が本当に凄いなと思います。
なにせ、2010年11月の第一回の放送で、最初の最初の話題は何かというと、『「ハエが手を擦る足を擦るはなぜか?」という新聞記事』についてなんです。このラジオは元々、

『アメリカや中国ではなく日本、東京ではなく大阪、テレビではなくラジオ、すなわち、中心ではなく端っこだからこそ見えるニュースの本質を語り合うラジオ報道番組』

という趣旨があって、番組の冒頭で読み上げられるようだ(「辺境」という言葉は、内田樹が「日本辺境論」という本を出した直後だったのでそこから借りたらしい)。2011年3月11日の東日本大震災を境に、その趣旨は若干変わってしまうわけなんだけど、元々そういう趣旨で始まった番組だから、端っこにある隙間のような話題について色々話していこう、というコンセプトがあった。
とはいえですよ、いきなり『ハエ』の話ですからね。それでそこから、面白い話題がバンバン展開されていく。
僕は、一応自分でそう思っているだけなんだけど、誰かとの会話の中で、話題をあちこちに適当に振り回すのが少しは得意だと思っているんです。一応そういう自覚のある人間からすると、この二人の会話はやっぱり凄い。圧倒的な知識量のお陰で、会話を振り回す振り幅が物凄く広いし、それでいて聞いている人間を置き去りにしないだけの整合性と一貫性を提示できる話力と言葉を持っている。
そして、あとがき代わりの対談の中で二人が語っているのが、『鵜匠』である西靖の存在の大きさであるようだ。本書を読む前にあるネットの記事を読んだのだけど(というか、その記事を読んだからこそ本書を読もうと思ったのだけど)、そこで西靖が、自分は「何も知らない」という立ち位置でいることで全体がうまく回っていたのかも、的なことを言っていたと思う(たぶん表現はもっと違ったと思うけど)。二人も、いざとなったら西靖がブレーキを掛けてくれることが分かっているからこそ、自分の中江ブレーキを書けずに突っ走れた、みたいなことを言っています。実際、内田樹と名越康文は仕事以外の場でも話す機会があるようなのだけど、二人で話している時は辺境ラジオのような感じにはならない、と言っています。本書を読んでいる限り、西靖の存在力の強さは二人が感じているほどには感じられないだろうと思うのだけど、でも化学反応における触媒のように(化学実験では、AとBという物質を何らかの形で反応させる時、Cという物質を入れることがある。Cは、AともBとも反応をしないのだけど、その化学反応そのものを促進させる効果を持つ)、西靖の存在力というのは非常に大きかったのだろうなぁ、という感じがします。
本当に事前に何も決めないで話し始めているようで、話題はあちこちに飛びまくります。一応、震災後の日本とか、その年気になったニュース、なんていうお題が設定されていたりするんだけど(そして、時々西靖がそのお題に話を戻すんだけど)、でも二人は思いつくままにあちこち飛びながら話を続ける。政治や経済や大阪という大きな話から、自分が関わってきた学生の話とか結婚の話なんていうミニマムなサイズの話まで、とにかくありとあらゆる話が展開されていきます。サンデル教授はあんまり好きじゃないんだよなぁ、みたいな、ちょっと大丈夫かな?みたいな話も出てきて面白いです。
こういう果てしない知性の持ち主の思想や考え方なんかに触れていると、ふと気付くことがあります。それは、『何か自分とは異質な意見に触れた時に、一旦立ち止まることが出来るようになる』ということです。
僕は元々、自分の認識では、異質な意見に対する許容力みたいなものは、普通の人よりはあるような気がします。というかそれは、特に自分の意見がないというだけの話で、誰の話にも、なるほど一理あるなぁ、なんて思っちゃうダメな人間なんですけど、でもやっぱり時々は、聞いた瞬間に「えーー!!」って思っちゃうような、なんか瞬間的に拒絶反応が沸き起こるような意見みたいなものもあったりするんです。でも、内田樹と名越康文は、凄く分かりやすい言葉で、色んな意見や価値観や感情の背景を提示して見せる。そういう会話をずっと読んでいると、「なるほど、どんな意見にも、それを支えるだけの背骨みたいなものがあるのだなぁ」という感覚を、それまで以上に強く持つことが出来るような気がしています。そういう意味でも、凄く有益な対談だなぁ、という感じがします。
あまりにも様々な話題に触れ、しかも鋭い知性でそれらに触れ回っていくので、具体的に内容に触れるのはなかなか難しい作品です。なので、本書からかなり気になった言葉を選別して引用して、感想を終えたいと思います。

名越『ここ150年くらい以前の重要な文化は、ほとんど「見えないもの」を追求し、感知し、声を聴き、見るために、何十万年もの歳月が費やされている。これを「文化がまだ成熟していなかったからだ」と退けられる迫力を、僕たちはもう持っていない。僕たちは何十万年も見えないものを追求してきて、偶然この100年くらいの間だけ「見えるものに限りましょう」というルールに括られてきただけ』

名越『でもね、この前に内田先生が、「教育という場、特に大学という場は、若い者がいろんな発言をする。その時に、その発言をいったん真正面から受け止める大人がいて、どんな自己表現をしても受け止めてもらえるという安心感がなければ何にも始まらない」とツイッターで書いていた。そこはやっぱり絶対必要ですよね』

内田『でも、それは別に「元気」ということじゃなくて、ただ「金があった」というだけのことでしょう。お金が余っていて、みんながじゃんじゃんお金を使っていた時期のことを「元気」だというのはおかしいでしょう。消費活動が活発であることを「元気」というのは僕はおかしいと思う』

内田『それも元をたどれば、目先の金が欲しいからなんです。金がほしい一念でみんなが必死に動いた結果、こいいう「元気のない社会」ができてしまった。』

名越『そう。「物理的に届かないものは届かないんだ」という悪い意味での科学的思考をこの歳に脱却する。祈れば必ず届くものはふんだんにあるということを一度信じてみてほしい。』
内田『周りの人たちの言動ばかり気にしている人間は、祈りなんて届かないと思ってる。自分の意向が届くのは、自分の拳骨が届く範囲内だと思っている奴は決して祈らない。でも、遠いところ、知らない人にまで思いを届けようと思ったら、祈る他ないでしょう』

内田『確かなことは、学校の先生から、知的な意味での関心や敬意を示された経験がないということ。教室で発言するのは、先生が出した問いに答える場合だけ。だから、自分の考えていることに教師が深い関心を寄せたという経験をしたことがない。大学のゼミで学生が話し出した時に、僕が身を乗り出して聞いていると、向こうはきょとんとしている。「どうしてこの先生は私の話を真面目な顔で聞いているのだろう。何か裏があるのか?」と感じている。』

名越『地震が起きた直後から、僕も及ばずながらいろいろなマスコミからメッセージを求められたんです。でも本当に言いたかったことは、「勝手にやりなさい」ということだったんです。それは「勝手にしろ」と相手を否定するのではなくて、一人ひとりがそれぞれ自分の目の前にあることを一生懸命やれば全体が回っていくという意味なんです。』

内田『僕が言いたいのは、こういう大きな事件についてはそれを自分で受け止めて言葉にできるまで、一人ひとりの中でぜんぜん違う時間が流れているということです。だから自分のペースでゆっくりと経験を咀嚼していただきたいと思います。』

内田『そういう「究極の選択」を迫られるような局面に追い込まれるということ自体が、膨大な量の失敗の蓄積の結果なんだから。そういう事態に立ち至らないために、今ここで何をするかというのが武道的な考え方なんです。』

内田『変ですよ。だって、長期的に考えたらこんなにコストに合わないものはないわけですよ。国土の一部が居住不能になってしまって、何十万人もの人たちが暮らしていた生活圏から駆逐されて、帰ることも生計の途も立てることができない。それにもしこれから先に国際賠償を要求された場合、どれぐらいの金額になるか見当もつかない。そういう時に「この冬の暖房のための電力が賄えませんから、節電にご協力を、してくれないんだったら原発を動かします」なんていう議論は、「君たちは一体何を言っているんだ」と絶句するくらいにナンセンスでしょう』

名越『胸を貼って「オレは保留だ!」と言えばいいんですよ。「保留に決まってるだろ、バカ!」って。だって一度態度を決めてしまったら、例えば「実は漏れていました」とか新しいことがわかった時に、「自分はなんてバカだったんだ」と思って心が疲れるでしょう?堂々と「そんなもん保留に決まってるだろ!」と言えば、ある時期にパッと態度が決められるかもしれませんからね。』

内田『一つの問題について語った時、「触れてよいはずなのだが、触れていない論点がある」というだけの理由で、「論が破綻している」と言えるのなら、もうこの世に破綻していない論なんて一つも存在しない』

内田『でも、ネット上の罵倒って、要するに「お前はオレが知っていることを知らない」ということに尽くされてしまうでしょう。「オレもバカだが、お前も同じくらいバカだ」というのは、確かに反論不能の真理なんです。でも、それで話を終わりにしたら、もう生産的な対話というものは存在しようがない。対話というのは本来「そこから」始まるものだから。そこで切り捨てられてしまうなら、これほど不毛なことはない。』

内田『でも、本当にそうですよね。暗い気持ちで下した決断はほとんど間違っている。明るい気持ちの時は自然過ぎて、そもそも何かについて重大な「決断する」というような局面に遭遇しないから』

内田『人間がよくわからないまま「昔からこうだったから、このままでやっていこうよ」といって何千年もずっと維持してきたものは、ある日壊してしまうと、もう二度と同じものは作れないんです』

とても素晴らしい作品だと思います。是非読んでみてください!

内田樹×名越康文×西靖「辺境ラジオ」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2397-fb8d7e7c

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)