黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

すべてはモテるためである(二村ヒトシ)





内容に入ろうと思います。
本書は、AV監督である著者が、「モテない男たち」に送る「実践的なモテ本」です。
…なんて書くと、「あー、なんだ、モテのマニュアル本かいな。ってかお前そんな本読んでるのかよ、うぜー」みたいな風に思われちゃう気がしますけど、いやいやそんな風に思っちゃいけませんよ。この作品は、そんじょそこらのモテ本とは違います!(なんて言いつつ、普通の「モテ本」を読んだことがないんで、比較は出来ないんですけどね)。
本書がどんな本であるのか、僕は一言で表現することが出来ます。
それは、

『考え方を教えてくれる本』

です。
読んだことはないけど、ごく一般的なモテ本はたぶん、「行動の仕方」を教えてくれるんだろうと思うんです。こういう場合はこんな風に口説け!こんなタイプの女性にはこんなキャラでいけ!みたいな感じでしょうか。たぶん、そういう、色んな行動のためのマニュアルがいっぱい羅列されているんだろうなという感じがします。
本書は、そういう本ではありません。本書はとにかく、読者に「考えること」を、これでもかというぐらいに強要します。
本書を読んでも、「あなた」が具体的にどうしたらいいのかというのは、きっと分からないでしょう。後半になるにつれて、具体的なアドバイスも増えていくのだけど、そこまでたどり着くまでは本当に具体的な助言は少ないです。
何故なら、「あなた」は一人一人違うし、「あなたにとってもモテの理想」も一人一人違うし、「あなたが好きになってしまった女性」も一人一人違うからです。
本書でも、著者はこんな風に書いています。

『この本は、「あなたの日々の週刊だとか着てる服などの、こんな点がキモチワルイ!」とか「近年、女性たちはこんな男をキモチワルイと感じる傾向にあるようだ!」とういった事例をならべる本ではありません。』

そしてさらに、こんなことも書きます。

『なぜAV監督が、セックスの本じゃなくモテのための本を書くのか。
それは「エロいセックスをするためには、コミュニケーションの能力が必要不駆」だと、つくづく思うからです』

そう。本書は、『モテ本』という体裁をとっている作品ではあるのだけど、内実は『コミュニケーションのための本』です。著者がAV監督であるという点やタイトルなんかに騙されてはいけません。本書は、「いかに人と(まあ、主に異性と、というか、基本的に男向けの作品なので、女性と、ということになるけど)コミュニケーションを取るか」という点に重点が置かれています。
女性とちゃんとコミュニケーションを取ることが出来るようにならなければ、そもそもスタートラインに立てませんよ。
そういうことを、読者に考えさせるための質問を大量に用意しながら著者は語っていきます。
だからこそ本書は、『今モテていないという自覚がある男性』だけではなく、『今モテている男性』が読んでも面白いと思うし、あるいは『男性とコミュニケーションをとりたい女性』が読んでも、もちろん『男性のことを知りたいと思っている女性』が読んでも面白いと思います。
女性にも読んでほしい、ということで、著者はこんな風にも書いていました。

『だからこの本は男性だけでなく【男心を理解したい女性】にも読んでもらいたい。そして、できれば「土俵に乗りたいんだけど乗れないでいる、初心者の男」のことも排除しないで、まあ生理的にキモかったらしょうがないんだけど、その点はこっちも努力するんで、ちょっとでもキモくないと思えたら女性の側も「あ、そういう人たちがいるんだ」と思ってもらえると嬉しいです』

さて、著者がまず投げかける第一にの質問は、これは本当に考えるべき大事な点だなと思いました。
それは、

『あなたはなぜモテたいのか』
『あなたはどのようにモテたいのか』

という問いです。
いやいや、モテるっていったらだってああいうことでしょうよ、と思った方。書店で立ち読みでいいので、本書の冒頭のその質問が書かれたちょっと後を読んでみてください。そこには、著者は思いつく限り羅列した、「人がモテたいと思う理由」「モテているという様々な状況」が書かれています。
これがまず凄い。
この二つの質問への著者なりの選択肢の羅列だけで、5ページぐらい使っている。読んでいると、なるほどなーと感心させられる。一言で「モテたい」と言っても、そこには本当に色んな形・動機・可能性がある。
著者は、まずそれを明確にはっきりさせないと、そもそもモテることなんて出来ないだろう、と書きます。
著者は何度か本書の中で断りを入れているんだけど、本書は基本的に「モテていない人」のための本です。「モテていない人」に向かって著者は言葉を投げかけています。
たぶん読んでいる人の中には、「世の中でモテていう人の中には、そんなめんどくさいこと考えていないやつだってたくさんいるだろうよ」と思うかもしれません。だから、そんなこと考えたって、モテるようにはならんだろうよ、と。
違うんです。
本書では、あなたがモテない理由を、一言でこんな風に表現します。

『あなたが彼女にモテなのは、あなたが「彼女にとってキモチワルい人」だからである。』

なんという簡潔な定義。お見事です。
つまり、モテない人は何らかの理由で「キモチワルい人」であり、モテている人は何らかの理由で「キモチワルくない人」なわけです。だからそんな「キモチワルくない」モテている人と比較しても仕方がない。彼らは、生まれつきの才能だったり、あるいは「考える」ことによって、自分を「キモチワルくない」ように見せている。そうじゃない、残念ながら「キモチワルい」あなたたちは、とりあえずそういうところからまず考え始めようぜ、っていうことです。
本書で著者は、『なぜモテたいのか』について、一つの究極的な答えを書いています。

『あなたや僕が、女性に「モテたい」と思うのは(あるいは「やりたい」と思うのは)どう考えても、ただ単に性欲のせいだけじゃ、ないですよね。
きっと人間は、他人から「あなたは、そんなにキモチワルくないよ」って、保証してほしいんです。「やらせてくれ」とか「僕と、つきあってくれ」って他人に言うのは、そういうことです』

これは見事だと思いました。本作中で二番目に共感した文章です。
僕自身もたぶんそうで、これまで自分の中で言語化したことはなかったんだけど、この文章を見た時に、あーそうだ、これがまさに自分が「モテたい」と思う理由なんだなぁ、と思うことが出来ました。素晴らしいと思います。
そして僕は、『どのようにモテたいのか』については、本書を読む以前から、ある結論に達することが出来ていた。これまで色んな間違いを犯したり、色んな人を傷つけたりしながら、ようやく自分の中で、『自分にとって、これが「モテている」という状態だよなぁ』という、自分なりの理想的なモテを捉えることが出来たと思います。もちろんそれは、今の僕がそう思っているだけで、今後変わる可能性はあると思いますけど。
その僕の理想とする「モテ状態」は、あまりにも酷くて、言葉にするとドン引きされるので、ここでは書きません。まあそんな酷い「モテ状態」ではあるのだけど、僕としてはそれをきちんと捉えることが出来たことで、なんというか肩の力が抜けたような(本書の言葉を使うと、「自意識過剰」ではなくなった、ということになるかな)感じになれたような気がします。
それに、この理想の「モテ状態」を自分の中できちんと持っていたからこそ、本書を読んでグサグサ刺さらずにいられたような気がします。
たぶん、まだ自分の中でそれがはっきり固まっていない状態で本書を読んだら、とんでもなくグサグサ色んなものが僕に突き刺さって、読むのが辛かったと思います(笑)。僕は、結構「考えること」が嫌いじゃなくて、考えたことを自分なりに言語化するのも嫌いじゃなくて、そんな風にして考え続けることで、色んな呪縛を脱ぎ捨てられてきたような気がしているのだけど(まあもちろん、考え続けることで得てしまう呪縛もあるんですけどね)、なんとなく、そういう自分で良かったなぁという感じはありました。
でもそんな僕を「ヤバっ!」と思わせたのが次の文章です。

『これまでに、いろんなタイプの「キモチワルい=モテない奴」にそれぞれ処方箋を出したわけですが、それでも、まだピンと着ていない、ひとつもオレのことじゃないじゃないか、はやく「オレのモテない理由」を教えてオレをモテるようにしてくれ、と思っている、あなた。
「オレは『自分がある』し、何が好きか自分の言葉で言えるし、自意識過剰になるほどヘマじゃないぜ」って、あなた。
あなたが、いちばん臆病でバカな男です。バカ中のバカ。』

これはグサッと来たなぁ。
そうなんです。この文章にたどり着くまでに、本書を読みながら僕は、「うんうん、オレはこういう部分を、自分の頭でもう考えてどうにかしてきたから大丈夫なんだぜ、ふっふーん」みたいな風にちょっと油断してたんだけど、そんな時にいきなりこんな文章が飛び込んできたもんだから、ちと焦りました(笑)。だから、自分がこのバカ中のバカである可能性は、やっぱり捨てちゃいかんよな、ということだけは意識しておこうと思いました。
僕は自分では、『女性と話す方が得意』だと思ってて、割とそういう発言をすることもあって、実際に女子会みたいな飲み会とかにいる方が楽だったりして、むしろ男と喋る方が苦手だったりするんだけど、でもそれはあくまでも僕がそう思っているだけで、僕が喋っている相手の女性がどんな風に思っているのかなんて、まあ分かりませんですからね。本書では繰り返し、「謙虚であれ」みたいなことが書かれるんだけど、そうですよね、謙虚にならないといけませんですよね。
さて話を戻しましょうか。
本書の中で、僕が一番感銘を受けたのが、『居場所』という話です。自分の居場所をきちんと持っているかい?という話が、一番素晴らしいと思いました。
いくつか引用してみましょう。

『どんな答えでも、いいんです。「これこれこういうものを好きな男がモテる」という話じゃなくて、「自分が『なにが好きなのか』をよく知っていて、その理由も認識している男の方がモテやすい」ってことを言いたいんです。
仕事の職種だとか収入額とかじゃなくて、「あなたは『どんなことが好き』なのか」ってことこそが、「あなたとは何者か」ということなんです。』

『「なにが好きかを自分でわかってるか」ということは、おおげさに言うと「あなたには、ちゃんと自分で選んだ【自分の居場所】があるか」ってことです。』

『それを好きな自分に、誇りを持ってください。でも「べつに楽しいってわけじゃないんだけど、他にやることもない、なんとなくそれを毎日やっちゃう」ってかんじだと、それはハマってるんじゃなくて「逃避してる」と言います。それだけ心のふるさとに、なっていません』

『べつにそんなたいそうな「自分」を持たなくても、いいんです。無理して「特別な」ことを好きにならなきゃ「自分を持ってる」ことにならないってわけじゃない。
心から好きになれることなら、それは平凡なことでいい。それよりも「自意識過剰にならないこと」のほうが大切です。』

『【あなたの居場所】というのは、チンケな同類がうじゃうじゃ群れてるところじゃなくて、【あなたが、一人っきりでいても淋しくない場所】っていうことです』

この『居場所』の話は素晴らしいと思いました。いや、別に大層なことが書いてあるわけじゃなくて、たぶんすごく当たり前のことが書いてあるんだけど、でもまさにその通りだと思うし、モテるかモテないかという遥か以前の段階で、この『居場所』の話って凄く大事だよなぁって思います。
僕自身も、自分がどんな人を好きになる(恋愛とかに限らず)かって考えると、やっぱり、「その人にとって好きで好きで仕方ない何かがある」という部分が一番大きいなぁって思います。それが、僕自身の趣味・関心と重ならなくてもなんの問題もない。とにかく、その人が、どうしてもやりたくなっちゃう、気になっちゃう、目を閉じていられないものがあるかどうか、そこが一番大きいかなっていう気がします。そういう人とは、話してても楽しいですしね。まあ個人的には、その『気になっている』ものが、世間一般の常識と比べてぶっ飛んでいるとなおいいんですけど、まあそれはそんなに重要な点じゃありません。
モテたいからと言って、「相手から自分がどんな風に見えるのか」という点だけにこだわってしまうのは、結局「自意識過剰」になってしまうだけです。そうではなくて、まず自分自身を見つめなおす。自分自身が依って立つ場所があるのかどうかを見定めてみる。そして、【一人でいても淋しくない場所】をきっちりと持つ。そういう地点にまず立つことで、「本当に自分はモテたいのかどうか」という最初の質問に対する答えも違ってくるかもしれません。案外自分は、モテなくても別にやっていけるんじゃないか、みたいなことを発見するかもしれません。
コミュニケーションのためには、相手と向き合うことがもちろん大事。でも、その前に、きちんと自分自身のことを見定めなくてはいけない。
本書には、『対話』ということについて、こんな文章がある。

『対話とは、相手の言っていることばを「まずは、聴く。けれど【判断】しない、決め付けない」こと。それから「自分の肚を見せる」ことです。
「対話できる」ということが、つまり「相手と同じ土俵に乗れる」ということなんです』

「自分の肚を見せる」ためには、自分自身についてきちんと語れる言葉を持っていなくてはいけない。当然のことなんですけど、改めてこうやって言葉にされると、はっとさせられる感じがあります。
さてそれから、色んな実践的なこと(キャバクラや風俗に行って【練習】することや、キャバクラとかではない素人の女性とどんな風に出会うのかなどについて、かなり具体的で実践的なアドバイスが示されます)が書かれた後で、3度目の出版となる本書(本書は、「単行本」→「一度目の文庫化」→「二度目の文庫化(本書)」と、三度出版されています)には、新たに追加された第五章というものがあります。
ここは、なかなか興味深い内容でした。というのも著者は、本書を書いている頃はモテていなかった、と書いているんです。

『原稿を書いていたことはモテてはいなかった。もともと【自分がモテているから自分が「できていること」を人におすそわけする】ために書いたのではなく、自分がモテていないからモテるようになるために「するべきこと」を書いたのだった。書くために考えて、多くの人に読んでもらって、やった身についたんだと思う。』

それから著者は、モテるようになって感じたあれこれを書きます。ここは、なんというか結構哲学的というか、思索的というか、それまでの調子とは結構違うトーンで書かれていて面白いです。
さらに著者は、モテた経験を元に、大人っていうのはこういう存在なんだろうなとこんな風に悟る。

『それを認めて「愛することによって自分が変わるのを、恐れない」のが、つまり「大人になる」ということじゃないだろうか』

『大人だということは「もう、そんなに長い時間は残ってないんだから、なるべく他人を幸せにしよう」と考えることだ』

なかなか含蓄のある言葉である。本書は、「コミュニケーションのための本」というだけではなく、「生き方」の本でもあるのだ。
本書は、上野千鶴子の解説が載ってたり、哲学者の國分功一郎との対談が載っていたりと、一介のAV監督の作品にしてはなかなか豪華な本です。それだけ、色んな人の心に届いたということなのでしょう。
本書は、とにかく「全男必読」と言いたいです。それは、「モテるため」ではなく、「ちゃんとしたコミュニケーションを取るため」、そして「きちんとした自分を持つため」です。そして女性の皆さんには、こんな風に悩んでいる男もいるのだということを理解していただいてですね、今でも十分に温かい眼差しをいただけているかもしれませんですけども、さらに一層のご指導ご鞭撻温かい目線を賜りたく、っていう感じで読んでもらえるといいかなと思います。思ってた以上に素晴らしい作品でした。是非読んでみてください。

二村ヒトシ「すべてはモテるためである」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

[4345] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[4346] Re: タイトルなし

ありがとうございます!
そんな風に言ってもらえるとすげぇ嬉しいです。
っていうか、読んでくれてる人、いるんだなぁ、って感じです!
いや、僕だったら、あんな長い文章は読めないなぁ、と思って(笑)
ホントに嬉しいです。
でも、僕の考え方に共感できちゃったりすると、
なかなか生きていくの、大変そうな感じな気がしますですねぇ。

この作品、ホント素敵だったんで、
機会があったら読んでみてください。
僕なんか、この著者が女子向けに書いた
「恋とセックスで幸せになる秘密」って本も買っちゃいました(笑)

[4347] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[4348] Re: タイトルなし

いえいえ、コメントはいつでもお待ちいたしておりますよ~。
気兼ねなくいつでもどうぞ!

益々嬉しいことを言ってくれるんで、なんか気分がいいです(笑)
自分が書いた文章が、誰かを元気にしてるんだとすれば、素敵すぎますな~

また読んだら感想を書きますね。

[4349] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[4352] Re: タイトルなし

ですよね!
僕も、なんか凄いガツンってくるなぁ!って感じでした。
グサグサも、ありましたねぇ(笑)
自分でも、割と漠然と考えていたようなことを、
きちんと言葉にされていて、いい感じでした。
僕も、出来るだけ、売れているわけではない作品を読んで、
ブログで紹介できたらいいなぁと思います。
また、いつでもコメントお待ちしてます~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2390-fd4b906d

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)