黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

本にだって雄と雌があります(小田雅久仁)

内容に入ろうと思います。
本書は、「増大派に告ぐ」でメフィスト賞を受賞しデビューした著者の最新作です。
「増大派に告ぐ」もまあとんでもない作品でしたけど、「本にだって雄と雌があります」もまあとんでもない作品でした。
さて、この作品の内容紹介を、どんな風にしたらいいか。
本の話と言えば、まあ確かに本の話ではあるんだ。けど、僕らがよく見知っている『本』の話かというと、それはいささか違うと言わざるを得ないかもしれない。もちろん、深井家という一家の物語でもある。しかし、じゃあ一体誰が主軸なのかというと、ちょっと困ってしまう。本書の書き手である深井博の祖父である與次郎が一応の主軸ではあろうが、しかし決して與次郎だけの話でもない。というか、連綿と続く歴史の繋がりの中で、誰一人欠けていてもこの物語は生まれ得なかったのではないかと思わせるほど、誰もが誰かの人生に密接に関わりを持つのである。
本書は、『深井博が、自分の子である恵太郎にいずれ読ませるつもりで書いている本』という体裁の作品である。博がこれを書いている時分、まだ恵太郎は生まれて間もない頃。読ませるのは大分先になることだろう。しかし、これは書き残しておかねばならないのだ。なにせ、恵太郎の将来に大いに関わることなのだから。
「あんまり知られてはおらんが、書物にも雄と雌がある」という書きだして始まる本書。それは、祖父・與次郎の口癖の一つでもあった。
学者であり、蔵書家でもあった與次郎は、広い広い屋敷を埋め尽くさんばかりに本を集めに集めていた。祖母であるミキは、鷹揚にその状況を受け入れているようだが、仲睦まじい夫婦は頻繁に、『本が増えてしまうことの言い訳』というやり取りをしているのだった。狸を助けたらお礼に本が大量に届けられただの、飼い犬が地面を掘ったら本がワッサワッサと出てきただのと、様々な繰り言を口にしては、ミキは楽しそうにその戯言に相槌を打つのだったが、その中でも頻繁に出てくる話が、「隣り合った本同士が子を成す」という話だったのだ。
さてここで二人の人物に登場願おう。
一人は、10歳の頃、博が一人で祖父宅に1ヶ月預けられた際、毎夜彼を苦しめることになる壁に掛かった写真の内の一人である。黒川宏右衛門は、深井家の恩人と言っても決して言い過ぎではないはずなのに深井家では何故か別段崇められているというわけではない明治時代の蘭方医である。宏右衛門は、「直亭牛涎」という名で特にどうということもない戯曲を幾つか物していたという顔も持つ人物である。
そしてもう一人は、本名を亀山金吾と言い、後に「鶴山釈苦利」という名で文筆業を営む、與次郎の一高時代の同級生である。彼は一高時代に、「百年しゃっくり」と名付けられることになる奇病を得、生涯しゃっくりが止まることがなかったという不幸を背負うのだが、まあそれはどうでもいい。
さてこの二人。共に『幻書蒐集家』という顔も持つのである。
幻書とは何か。それこそが、祖父・與次郎が与太話として語っていた、「隣り合った本同士が産んだ本」なのである。
相性の良い本同士を隣り合わせに置いておくと、その一組から子が生まれる。その『子』は、様々な呼ばれ方をする、一部の蔵書家の間では秘された存在であったが、與次郎は「幻書」と呼んでいたようだ。
與次郎は、子どもたちには「本の置き場を変えるべからず」というような家訓まで作って厳しく幻書が生まれるのを防ぐ一方で、自らは様々に本の組み合わせを試しては、意図的に幻書を生み出し続けていたのだ。
博は、與次郎と共に、『朝の幻書狩り』に付き添ったことがある。祖父は、白亜に輝く蔵書印を持ち、それを次々に本に押しては、今にも飛び立たんとする幻書と『契約』を交わしていたのだが…。
という話です。
なんてまとめるわけにはいかないぐらい、『という話』ではありません。読んでもらえば分かりますけど、僕が書いたこの冒頭の展開からはとても想像できないくらいの驚くべきストーリーを内包する物語で、まあとにかく読んで度肝を抜かれてください。
「増大派に告ぐ」を読んだ時も、まあとんでもない新人が出てきたものだな!と思いましたけど、本書を読んでさらにそういう感覚が強まりました。ホント、凄い作家です。残念ながら、僕にはこの作家の凄さをうまく切り取って適切に並べて見目良く提示するなんてことが出来そうにないのですけど、まあジタバタしてみますんで、凄さの片鱗ぐらいでも感じ取ってもらえたらなぁなんて思います。
とにかく、さっきも書いたように、冒頭からはまったく想像もつかない展開をする物語です。本書は要するに、「恵太郎に向けた物語」なわけで、初めの内は「恵太郎が知り得ない前提的な事実で、かつ今後の話を理解するのに必須な知識」というのがたくさん出てくるわけです。祖父(まあ、恵太郎からすれば曽祖父ですけど)である與次郎の言動や、ミキとの仲睦まじい感じ、釈苦利を介した與次郎とミキの出会い、『幻書』というけったいな存在、與次郎が朝な朝な行なっていた謎の幻書狩り、與次郎が語る与太とも真実とも解せない謎めいた物語などなど、とにかくどうということもない色んな断片が語られる。
しかし、この「どうということもない色んな断片」が、まあ面白い面白い。大雑把に言えば、『家族の来歴』と『幻書』という二つに大別される色んな断片だけれども、特に前半部分に置いては本当に「恵太郎に向けた前提情報の提示」という感じで、全体に流れるストーリー性というのはあまりない。個別の断片の中でストーリーはもちろんあるもののぶつ切りの断片がごったに置かれているという感じで、普通だったらこんなに面白くなるはずもなかろうという話だと思う。
でもまあこれが面白いのだ。もちろん、個別の断片そのものも面白いのだ。與次郎とミキの馴れ初めなんてアホ臭いし、『幻書』についての尤もらしい説明や来歴なんかを真面目くさった風にしているところなんかもクスクスしてしまう。そもそも、與次郎を含めた深井家の面々がなかなか壮絶に奇特なキャラクターをしていて、普通にしていても可笑しみが滲みでてしまうような、そういう人たちなのである。
しかし、この作品の面白さは、決して個別の断片が持つ魅力だけではない。『博による語り』の面白さが、さらに輪を掛けてこの作品を面白くしていく。
例えばこんな具合である。

『しかし恵太郎よ、安心してほしい。お父さんがこうやって部屋に籠もり、この手記を書いていても、愛するお母さんが突然ドアを開けて入ってくることはない。「鶴になって自分の羽を毟り毟り機を織るから絶対に開けないでね」とよくよく頼みこんであるのだ。というのはもちろん嘘で、学生運動華やかなりし時代に覚えた手習い、鉄壁のバリケードをドア内に築いているのだ。というのもやっぱり嘘で、本当のところはアルカトラズのコンクリートに穴を掘るみたいにいつもびくびくしながらこれを書いているのだ。全然安心できない。安心したい。』

『実際、釈苦利は一部のコアなファンのあいだでは「伯爵」などと呼ばれていて、ネットで見かけた設定によると、禁断症状が出るたんびに血の気の多い馬鹿召使いの鼻を猫パンチしてその鼻血をブラッディ・マリーに垂らして飢えをしのいだり、昼間は最上級シルクで内張りされた宇宙樹イグドラシル製の棺桶にもぐりこみ、内接のスピーカーから流れてくるワーグナーを聴きながらムーミンに出てくるニョロニョロの抱き枕で眠ることになっていたりする。』

こんな感じの、なんというかいい感じに脱力された、気の抜けたコーラみたいな文章が頻繁に出てくるのだ。結構真面目なことを言っている文章の合間にこんな文章が唐突に入り込んで来たりするから、なんとなく思わずクスリとさせられてしまうんだなぁ。一文が恐ろしく長い、捉えようによってはダラダラとした文章が続く緊張感のない文章であるのに、スーッと一息で淀みなく読めてしまう。テンポが恐ろしくいいのだ。
しかも、脱線に告ぐ脱線が凄まじい。真っ直ぐ歩いているつもりなのにいつの間にかカーブしていて、あれここどこ?みたいに、なんというかよく分からない場所に着地していたりする。それでいて博の文章は決して本流を見逃すことはなく、あれどこ?と思っている場所からこれまたスムーズに本流に合流したりするのだ。まあ、その繰り返しである。
博のこの語り口でなら、僕のクソ面白くもない日常さえもメチャクチャ面白い物語に変わるのではないか、とさえ思わせるほどだ。それぐらい、内容だけでなく語り口に力のある作品だ。この語り口で最後まで書き通したという点だけでも、賞賛に値するなと僕は思いました。
印象的には万城目学とか森見登美彦の感じに近い気がするんだけど、でもそれともまた違う。近いものは感じるけど、ちょっと違う感じなのだ。その辺りの感じを巧く説明することは出来ない。何より凄いなと思うのは、「増大派に告ぐ」とはまったく違うタイプの作品だということだ。「増大派に告ぐ」は、軽妙さの欠片も感じさせないような、どちらかというと重苦しい感じの作品だった印象がある。妄想に取り憑かれた男や鬱屈した中学生の恐ろしいまでの内面描写が迫ってくるような作品で、本書とはタイプがまったく違う作品だ。「増大派に告ぐ」を読んだ人間が本書を読めば、こんな作品も書けるのか!と驚くだろう。一方で、表層的な違いは明白でありながら、なんとなく小田雅久仁らしさみたいなものも感じられる。著者名を伏せて作品を読んで、その作品の著者名を当てろと言われて当てられる自信があると言い切れないほどには自信がないのだけど、でも両者を比べて、なるほど確かに同じ著者らしさみたいなものがあるよなぁ、なんていう感じはしてくるのだ。繰り返すけど、「増大派に告ぐ」と本書では、文体はまるで違う。それなのに、どこかしらに小田雅久仁らしさみたいなのを感じさせるという点が、なんというか小田雅久仁という作家の稀有さを表しているなぁ、という感じがしました。
ちょっと内容についてどうにもこうにも突っ込んだ話をしようがない作品なので(前半は、全体的なストーリー性のない断片の整列であるし、後半の内容は未読の人には知らないままでいて欲しいし)、どちらかと言えば文章や文体についてあれこれ書いてみたけど、とにかく内容も凄まじいです。これだけの奇想をどこから引っ張ってくるんだろうと思わせるほどの、なんというかとんでもない世界観だなという感じがします。『本』を題材にした物語というと、「なんか恐ろしいほどの本好きじゃないとどうせ理解できないんでしょ?」みたいな風に思われるかもしれないけど、全然そんなことないです。本書は、本好きかどうかに関わらず楽しめる物語です。なにせ、どんな本好きだって、本書で描かれているような経験は「しようがない」し、「本書を読む以前から望んでいた」なんてことはほとんどありえないと思うからだ。だから、『本』を題材にした物語だからと言って躊躇しないでほしい。この作品は、想像力という翼を限界目いっぱいまで広げ、それでもまだ飽きたらずに、伸ばした翼を想像力という名の馬に両側から引いてもらってギリギリ目一杯まで広げようとして、翼が根本からボキリと折れてそのまま悠久の彼方にまで飛び去ってしまった、とでもいうような作品です。著者の文章の真似をしてみようと思いましたけど、たった一文でも無理ですね。いや、ホント凄い作品だと思います。是非是非読んでみてください。

小田雅久仁「本にだって雄と雌があります」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2352-5d7dddc4

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
13位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)