黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

楽園のカンヴァス(原田マハ)

内容に入ろうと思います。
岡山県にある、大原美術館。中国地方はもとより、日本屈指の西洋美術コレクションを所蔵することで知られるこの美術館に、監視員として働く早川織絵は、「コレクター以上に名画に向き続けるのは、美術館の監視員だな」という、昔言われた言葉を時々思い出す。監視員は、鑑賞者のために存在するのではない。作品と展示環境を守るために存在する。一時も気を緩めてはいけないが、しかしどうしても、名画の世界に入り込んでしまう瞬間がある。昔からの癖は、そう簡単には抜けてくれない。
ある時織絵は、国内屈指の西洋美術史家であり、大原美術館の館長でもある宝尾義英から呼び出しを受ける。先日、周囲にはそうと知らせていないが、娘が学校の引率で美術館にやってきた時、ガムを噛んでいることを窘めたことがあった。まさかそれについてのクレームでもあったのだろうか?
さっぱり理由が判然としないまま館長の元へ連れられると、そこには暁星新聞社文化事業部の高野智之という人物がいた。
そこで織絵は、驚くべき話を聞かされる。
新聞社の文化事業部と言えば、国内の美術館と組んで大規模な展覧会を行うパートナーのようなものだ。これは、日本独特のシステムだ。欧米の美術館であれば、西洋美術展をやりたければ、どこかの美術館から借りたい作品があれば、何か自分のところの作品を貸し出すことで取引を成立させることができる。しかし日本の美術館には、他の美術館に貸し出せるような名画があまり多くない。そこで多額の貸出料が必要なのだが、新聞社がその経費を肩代わりすることになるのだ。
高野は、アンリ・ルソーの大規模な展覧会を企画しているという。
アンリ・ルソー。「税関吏」というあだ名が有名で、「遠近法も知らない日曜画家」という評価がずっとなされてきた画家。40歳から本格的に絵筆をとり始めたルソーは、同時代に時代の寵児となっていくパブロ・ピカソに見出されるも、生前はまったく評価されることがなかった。その後も長く、下手くそな絵を描く画家というだけの評価で終わってしまっていた。熱心なルソー研究家がその再評価に務め、また著名な美術館もその評価を定めるような展覧会を開くことでようやくルソーに陽の目が当たり、現在では「素朴派の祖」とされる画家として評価されている。
「ティム・ブラウンという名前をご存知ですか?」
高野がそう言うのを聞き、織絵は驚愕を隠すことが出来なかった。17年前、ある濃密な一瞬を過ごした同志。現在では、MoMA(ニューヨーク近代美術館)のチーフ;キュレイターである彼が、織絵を指名しているのだという。
17年前。MoMAのチーフ・キュレイターであるトム・ブラウンのアシスタントでしかなかったティム・ブラウンは、ある一通の驚くべき手紙を見つける。それは、美術界において「伝説」と呼ばれ、実在するかどうかさえ判然としないコレクター、コンラート・バイラーからの手紙であった。本来は上司であるトムの元に届くはずが、一字違いで自分の元に届いてしまったのだろう。そんなのは日常茶飯事だ。しかしティムは、そこに書かれている内容に釘付けになった。
バイラー氏の所有する、未発表のルソーの名作を調査して欲しい。
ティムは、すぐさまバーゼルへと飛んでいた…。
というような話です。
これはなかなか凄い話でした。自身もキュレイターだったことがあるという著者の経験を存分に生かした作品ということでしょうか。
本書には、夢が詰まっている。そしてそれと同じくらい、欲も詰まっている。
美術の世界のことはさっぱり分からないけど、そこに集まるあらゆる感情や思惑を大雑把に整理すれば、それは「夢」か「欲」か、大体どちらかに分類できるのではないか。
本書では、バイラー氏が所有するルソーの名作に、ありとあらゆる人物の視線が注がれることになる。そしてその視線は、「夢」か「欲」に分類できるだろう。
バイラー氏から鑑定を依頼された人物が持つのは、純粋な「夢」だ。ずっとむかしからルソーを追い続け、その際評価に務め、作品を前にすれば瞬時に入り込んで抜けられなくなってしまう。そんな、ルソーにとり憑かれた人物は、バイラー氏に誘われ、奇妙な『鑑定』を行うことになる。
それは、絵そのものを見るのではなく、ある書物を読んで真贋を判断しろ、というものだ。
この難題に挑む。その物語は、誰が書いたのかも分からない、謎めいたものだ。ルソーとそれを取り巻く人々を活写した、史実に忠実な物語のような話だ。その物語は、ルソー研究者を震わせる。これは何なんだ?という疑問符を常に頭の中に置きながら、同時に、ルソーが生きた時代の空気に取り憑かれていくことになる。
彼らが追う「夢」は、とてもロマンに満ちている。
生前はまるで評価されなかったルソー。そして、1983現在においても、未だルソーは「遠近法も知らない日曜画家」という評価を脱していない。ティムは、上司であるトムが企画したルソー展の準備を、その立ちあげから行なってきている。MoMAがルソー展を開くことでルソーの再評価に繋げたい。その一心でこれまで突き進んできた。そんな自分が掴んだありえないぐらいの幸運。バイラー氏は、『鑑定』の後、法外な条件を提示している。それが叶うなら、ティム自身の評価にも繋がるはずだ。
ティムは、自分が10歳の時にのめり込み、未だに心を奪われてしまうルソーと真正面から向き合う7日間を過ごす。
しかし、その7日間は同時に、「欲」の存在を思い知らされる7日間でもある。
バイラー氏所蔵のルソーの名作を狙う人間は山ほどいる。ティムは、様々な場面で、そういう人物からの接触を受けることになる。バイラー氏に招待されたことは超極秘事項であるはずなのに、ティムに接触してくる人間はみな内部事情を知っている。そして、バイラー氏所蔵のルソーの名作の秘密も。
ティムはそれまで知らなかったが(バイラー氏がルソーの名作を所蔵していることも知らなかったのだから当然だ)、そのルソーの名作にはとある噂がある。そしてその噂こそが、未だに評価の定まらない、美術界においても値段のつけにくいルソーという画家の作品の、知名度も値段も釣り上げる要因になっているのだ。
ティムは、そういう「欲」の情報を様々に耳にし、うんざりしていく。初めこそ、この『鑑定』をやり遂げて、自分の昇進にも繋げたいという意欲を持っていたティムだったけど、次第にその考え方も変わっていく。ルソーにとって、そしてルソーの名作にとって、何が最も正しい選択肢であるのか。様々に周囲を包囲され、選択肢を徐々に狭められている苦しい状況の中で、それでもティムは、自分が愛するルソーのことを考えて行動しようとする。
そういう、「夢」と「欲」のバランスが素敵だなという感じがしました。まったく知らない美術の世界の中で、「夢」と「欲」という真逆の感情が渦巻いていくことになる。「名画を愛する者」と、「名画で商売しようとする者」の駆け引きは非常にスリリングだし、何よりも「名画を愛する者」の苦悩が描かれるのがとてもいい。現実的には「欲」とは無縁ではいられない美術の世界の中で、しかし奇跡的に純粋な「夢」を追い続けられる環境に置かれた者。しかし、その奇跡的な環境さえ、「欲」の力の前に打ち倒れようとしている。そういうせめぎ合いみたいなものが、圧倒的なリアルさを持って描写されていて、凄くいいなと思いました。
何かを評価したり、その真贋を見極めることは非常に難しいだろうけど、でも、何故か低い評価のままである対象を、自らの努力によってその評価を変える可能性を持つことが出来る、という環境は非常に面白いだろうなという感じがします。「生み出す者」と「批評する者」の関係というものも考えさせられました。それは、ルソーやピカソがいた時代とどんな風に変わっただろう?あるいは、変わっていないのだろうか?
個人的には、折角織絵と織絵の娘との確執が冒頭で描かれるのだから、そこももう少し掘り下げてもよかったかなぁ、という感じがしました。あるいはまったくなくすとか。ちょっと中途半端な扱いで、そこだけ個人的にはちょっと気になりました。
美術の世界がまったく分からなくても楽しめるはずです。何かにこれほど惚れ込むことが出来るという事実がそもそも羨ましいし、その『熱意』こそが、「欲」から名画を守る最大のカウンターなんだろうなという感じもしました。是非読んでみてください。

原田マハ「楽園のカンヴァス」


関連記事

Comment

[4380]

お早うございます。
最近、ちょくちょくお邪魔して、申し訳ありません(笑)。

昨夜、この本を読みました。原田さんは、ほのぼの系の作家とばかり思っていましたので、この濃厚な作品にはビックリしました。しかし、彼女は確か作家になる前は、美術館勤務でしたよね。ご自分の本領発揮というところでしょうね。

 芸術とその価値という問題は永遠に続くと思いますが、「価値」を決めるのが作家(画家)の手を離れてからなので、なかなか厄介ですよね。本来、画家は“美しいものを描きたい!”という純粋な情熱から作品に向かうのでしょうから、作品の値打ちは後付でしょう。その作品に光を当てる仕事がキュレイターという職業のようですね。しかし、純粋にこの作品は好い、というだけでは当然どうにもならないわけですので、そこにはドロドロした駆け引き(仲介も含む)がありそうです。そのようなことを、この作品は教えてくれましたが、原田さんがいかにアンリ・ルソーが好きか、ということまで自然に伝わってくる作品でもありました。

 また展開がミステリ仕立てなのも、面白く読める要因になっていますよね。ディム・ブラウンも織絵も、ともに「夢をみた」を真作とジャッジするのかな?と思いましたが、あの最後は読み応えがありましたね。ルソーに対する知識でしたら誰にも引けを取らないはずの織絵が「この作品には、画家の情熱のすべてがある」というコメントしか残さなかったのですから。本来の継承者へ引き継がれることができて、まずはメデタシ!でした。

 通りすがりさんが仰るように、織絵の娘の登場は余計かも知れませんね。前置きとしても、ちょっといただけません。あるいは、違うキャラで登場させるとか…。絵画好きでなきゃダメでしょ(笑)。でも「何か…生きてる、って感じ」と漏らすシーンもありましたね。

 私も絵画の世界は門外漢ですが、いわゆる“不遇”と呼ばれ亡くなったルソーにも、ヤドヴィガとジョセフのような信奉者がいたことが分かり、一筋の光明を見た想いです。またピカソにも一目置かれていましたし。ルソーにとって、彼女に対する想い=世の中全部に対する想い だったのかも知れません。彼にとって世界は愛するに値するもので溢れていたのでしょう。
 久しぶりに、好い作品を読んだという気がしました。ラブストーリの要素もありましたし…(笑)。では、また。

[4381]

いえいえ、いつでもお待ちしてますよ~。

原田マハは、デビュー作の印象から大きく違う作品も出す(というか、デビュー作の方が原田マハっぽくないというか)ので、なかなか多作だなと思いますね。
とはいえ、この作品はまさに原田マハの真骨頂という感じなのでしょうね。もちろん、前職を知っているからこそそう思うわけですけど、キュレーターという仕事を経験していなければなかなか書ける作品ではないでしょう。

美術の世界は全然知りませんけど、あれだけ大きくお金が動く世界ですから、そりゃあ色々とありますよね。とはいえ本書の場合、そういうお金的な部分とまったく関係ないわけではないけど、基本的には「夢」(確か絵のタイトルも「夢」でしたっけ?)を追う話だったので、なんというかロマンがある感じもしますよね。

作品がどこに着地するのか分からない、というスリリングさは、本当にうまくできているなぁ、という感じがしました。作中で出てくる、物語?(日記?)もよく出来てましたし、アンリ・ルソーという日曜画家についてすごくよく知れるように構成されつつ、ストーリーも魅力的に仕上がっていましたね。

原田マハは本当に多様な作品を書ける作家なので、これからも期待ですね。僕も色々読んでみたいところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2349-4278e9b2

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)