黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

64(横山秀夫)





凄かった。
とんでもない作品だった。
こんな警察小説を書けるのは、横山秀夫しかいないだろう。

内容に入ろうと思います。
三上は、警務部広報室に所属する警視で、広報官である。
長年、刑事部の一課と二課を渡り歩き、数々のホシを挙げてきた、生粋の刑事だった。
しかし三上には「前科」があった。
刑事三年目に、何故か広報行きを命じられた。たった一年で刑事部に戻ったが、その時の広報経験が、三上を苦しめる「前科」となったのだ。
広報に情報を流せば記者に筒抜けになる。
刑事はみなそう思っている。三上とて、刑事時代はまさにそう思っていた。
刑事時代、三上がどれだけホシを挙げようとも、書かれてはならない捜査情報が新聞に出る度、上司と同僚の視線は不自然に三上を避けた。
この春、赤間警務部長に異動を内示された時も、その「前科」が頭をよぎった。
三上は、二年で刑事部に戻ることを目標に、それでいて広報室の改革に取り組んだ。
かつて警察には、広報という仕組みは存在しなかった。刑事には、自分の裁量で記者に情報をもたらすある程度の自由があった。自らの手柄を記者に話すことが出来た。しかし、広報という仕組みが出来、情報の流れは滞った。組織運営を担う警務部に所属する広報室は、「警察の現業」である刑事部から、情報がまったく入ってこなくなった。情報を一元化するために作られたのに、入ってくる情報は離島に近かった。刑事部からは、捜査情報漏れがあれば突き上げをくらい、記者クラブからはまともな情報が入ってこないと突き上げをくらう。広報が名実ともにエリートコースになっている大規模県警に追いつかんと、広報「室」から広報「課」への看板の掛け替えも進んでいるようだが、D県警ではまだ「室」のままだ。人員拡充の話もない。
三上は、そんな広報室を、外へ開かれた「窓」にすべく改革に取り組もうとした。刑事部に戻る意志は捨てることなく、そのため刑事部との繋がりをそれなりに保った上で、警務部広報室の広報官として、真っ当な広報を目指すつもりだった。
しかしそれは、赤間刑務部長の思惑とは違った。赤間は、「知らなければ喋りようがない」という考えで、三上に「強面の案山子」の役割を求めた。好き好んで広報官になったわけではなく、刑事部に戻りたいと思っている三上は、自らの身の振り方の難しさを思う。
さらに、三上を追い詰める出来事が起こる。
娘のあゆみが失踪したのだ。
心の病気になり、部屋から出なくなったあゆみは、ある日突然いなくなった。三上も、元婦警だった妻・美那子も必死で探すも、一向に見つからない。
三上は、あゆみを見つけ出すために、悪魔に心を譲り渡してしまう。
三上には、選択肢はなかった。何度も、これは家族のためなのだと言い聞かせた。しかしそのために三上は、手足を縛られたような状態になっている。折角順調に進んできた広報室改革。記者クラブの面々とも少しずつ関係を築けてきた矢先の出来事だっただけに、三上としても忸怩たる思いがある。
さらにそこに不運が重なる。
全国で厄介な問題として持ち上がっている『匿名問題』にぶち当たったのだ。
広報が記者クラブへの会見をする際、これまでは基本的に実名を旨としていた。事件の状況によって、広報と記者クラブの相談の中で、記事にする際匿名にするかどうか決める。そういうやり方が普通だった。しかし、個人情報保護の機運の高まりや、マスコミ取材による被害者のプライバシーの流出などが社会問題になるに連れて、警察発表の段階で記者に対して匿名で報告されるようになっていく。
もちろん記者クラブは黙っていない。全国の警察でも頭を悩ませる問題になっている。D県警広報室でも、まさに今この問題が持ち上がり、広報室と記者クラブの関係は一触即発だ。
悪いことは重なる。近日中に、警察庁長官がD県警の視察にやってくるという。
「ロクヨン」絡みだ。
「ロクヨン」とは、D経験史上最悪の事件を示す符丁だ。
たった7日間で幕を閉じた昭和最後の年。「翔子ちゃん誘拐殺害事件」は起こった。
昭和64年1月5日。漬物店を営む雨宮芳男の娘である雨宮翔子が誘拐される。逆探知のための人員が配置される直前に犯人からの電話がやってきたために録音がならず、また身代金受け渡しでも裏をかかれ、結局翔子ちゃんは死体となって戻ってきた。あれから14年間。ずっと捜査は続けられたままだが、未だホシは上がっていない。D県警の中に様々な形で影を落とす事件だ。
警察庁長官は、被害者の雨宮邸を慰問し、その帰りに記者からのぶら下がり取材に応じるという。「ロクヨン」の解決を目指し全力を尽くす、というアピールになるという。三上は、被害者遺族である雨宮芳男の許可と、記者クラブとの事前協議を任されるが、雨宮芳男はまさかの慰問拒否、さらに記者クラブとは匿名問題で大揉めに揉めている最中。八方塞がりの中三上は、『広報官』の領分を侵す調査に乗り出し…。
というような話です。
いやはや、これは凄かった!横山秀夫、やっぱり凄いです。病気療養だったという噂を聞いたことがあるけど、7年間のブランクを感じさせない、というか、これまでの著作と比べてもトップクラスの作品という感じで、横山秀夫完全復活と言っていいとんでもなく素晴らしい作品でした。
横山秀夫作品をよく読まれている方には説明不要でしょうが一応。
横山秀夫は、いわゆる『刑事』以外の警察関係者を主人公に据えた警察小説を発表し、警察小説の世界に「横山以前、横山以後」と呼ばれるほどの革命を起こした作家です。
本書でも、主人公は広報官です。
僕はまったく覚えていなかったのですけど、本書の舞台となるD県警は、「陰の季節」という横山秀夫のデビュー作と同じ舞台設定です。とはいえ、「陰の季節」を読んでいなくても全然問題はないと思います。
警察小説とか刑事ドラマとかに触れていると、警察の中には「刑事」とか「公安」とか「生活安全課」とかそういう、事件と直接関わる人しかいないんじゃないかって思ってしまうけど、もちろんそんなわけはない。お金を預かる人もいれば、人事を担当する人もいる。
そして、外に向けて捜査情報を発信する広報もいる。
まず、この広報という立ち入りが非常に面白いです。
元々刑事だった三上は、刑事視点で見た時の広報のイメージというものがある。同じ警察の仕事をしているとは思えないほど記者とべったりで、捜査情報もペラペラ喋っているように見える。そもそも、ホシを挙げた刑事が記者に話すのが一般的だった事件取材を、記者クラブと広報が大きく変えたのだろう。警察としては、マスコミに流れる情報を一元化して統制したい。マスコミとしては、自身が特ダネを得るチャンスを失ってまでも、他社が特ダネを手に入れる可能性を潰したい。双方の思惑が重なりあって、広報という仕組みが作られるようになる。
しかし、それは一筋縄ではいかない。
そもそも、刑事部と警務部の関係というのが複雑だ。お互いにやっていることはまるで違う。一定の距離を保ち、表向きは無視をしないが、陰では悪口を言う。しかし、双方の関係が希薄なだけに、実質的な衝突も起こりにくい。
しかし、一度なにかあればその限りではない。結局、刑事部は警務部を信頼していないし、警務部も刑事部を信頼していない。
D県警には、「ロクヨン」という爆弾がある。
いや、それを爆弾に変えようと動いているようにしか見えない男がいる。
警務部きってのエリート、二渡だ。
二渡は、D県警最年少の40歳で警視に承認し、組織運営の要である警務課調査官の席に7年間座り続けている。
その二渡が、「ロクヨン」について何か探っているらしい。
二渡が付けて回っている火は、刑事部を発火させる。同じ警務部に所属する三上は、日に日に刑事部による警務部に対する視線が厳しくなっていくのを感じる。
警務部は、赤間は、一体何を企んでいるんだ?
刑事部の全員が疑心暗鬼になっている。三上は、別件であれこれ動かざるを得なくなり、かつての刑事部のよしみとも多く接触するが、しかし三上は二渡と同類と思われ、警務部憎しの渦に巻き込まれることになる。
三上の心中は穏やかではない。
三上は、所属は警務部であるが、心は未だ刑事部にいる。広報官としての仕事を疎かにするつもりはないし、様々な事情から赤間の意に沿った行動を取らざるを得ない状況にあるが、しかし近い内に刑事部に戻ることを諦めてはいない。
そんな状況の中で、三上にはまったく理解不能な状況から、刑事部と警務部が対立し始めている。そして、警察庁長官による視察を成功させるために、遺族の雨宮と記者クラブを共に攻め落とさなくてはならず、そのために必死に動いている三上は、その動きによって刑事部から怪しげな目で見られてしまうのだ。
本書の物語の主軸はこの、三上の内心の葛藤にある。
三上は、刑事としての自分、広報官としての自分、そしてあゆみの父親であり美那子の夫であるという自分に挟まれ、溺れそうになっている。思いがけず広報に異動になり、刑事として生きることが出来なくなった三上の、刑事部への郷愁や未練。それは随所に現れるが、しかし広報官として広報室の改革に乗り出し、ある程度軌道に乗せてきたという自負もあり、広報官としての自分にもそれなりの自負は芽生えてきた。そして何よりも、失踪したあゆみの心配が先に立つ。立つのだが、しかしそれと自分の信念とどう折り合いをつけて行けばいいのか。あゆみを見つけ出すために、三上は魂を売った。それは、そうするしかない、三上には避けようもない選択だった。しかしそのせいで三上は、広報官としての自分にも、もちろん刑事としての自分にも、意味や自信を見いだせなくなってきている。
その葛藤が、随所で描かれていく。警察という、26万人の人間がひしめく超巨大組織の中で、組織としての論理と自らの信念に挟まれ苦悩する男の姿が、引き絞られるようにして描かれる。
その上で、三上という主人公の設定は、まさに絶妙としか言いようがない。「ロクヨン」という未解決事件を抱えるD県警において、元刑事でありながら何故か広報に異動させられた男。しかも、娘が失踪したために、上司に牙を抜かれた男。そんな三上が、警察庁長官視察という一大イベントを乗り切るために、独自の捜査を繰り広げていく中で、物語の中にミステリーが生まれる。
この展開も巧いんだよなぁ。
三上の目的は、広報官として警察庁長官視察の準備を万端に整えることだ。
しかしそのために乗り越えなくてはならないハードルは、あまりにも高い。
まず、遺族である雨宮芳男が、長官の慰問を拒否した。警務部長の赤間は、被害者宅での慰問は絶対に外せないというが、当の雨宮が警察に対する不信感を隠そうとしない。
なぜだ。
確かに犯人は捕まっていない。その失望は大きいだろう。しかし、それ以外にも何かあるのではないか?雨宮の心を開かせるために、三上も事件当初だけ関わった「ロクヨン」事件について嗅ぎ回らねばならなくなる。
しかしその途上で三上は、きな臭い動きを察知してしまう。初めはほんのりとした疑惑でしかなかったが、様々な事実が少しずつ積み重なることで、三上はD県警に秘められた爆弾の存在を確信していくようになる。
そして、三上の思惑とは違い、三上のその行動は、刑事部への反逆だと受け取られてしまう。二渡が動き回っているからだ。誰が何を知っているのかまったく読めない状況で、三上は次第に、「雨宮を説得するため」という当初の目的を外れて、D県警で何が起こっているのかを追いかけていくようになる。
もう一方の壁は、記者クラブだ。
三上は、広報官になって以来、広報室の改革を続けてきた。広報室を通した情報にはロクなものがないという状況は、元刑事とい特殊さを生かした三上が少しずつ変えていった。記者クラブの面々とも、一定以上の信頼関係が出来ていたと言っていい。
しかしそれを、あゆみの失踪と匿名問題がぶち壊した。
警察庁長官の視察が決まったのは、その直後だ。タイミングが悪すぎる。ただでさえ記者クラブはいきり立っている。匿名問題は、後々まで尾を引く、広報部にとっての大問題になっていく。彼らをどうにか鎮め、警察庁長官への取材を了承させねばならないが、その道は遠い。
三上と記者連中とのやり取りは、ほとんどが険悪なものであるが、しかし時折お互いへの理解へと繋がる瞬間もある。広報室からすれば、記者クラブの連中は言いたいように言い書きたいように書くうるさい連中に見えるが、しかし記者としたって真剣に仕事をしている。警察をただ叩きたいというわけではない。双方による不信の積み重ねが不幸を呼んでいるというだけなのだ。
だから、そんな一瞬の雪解けの場面はなかなか好きだ。特に、『見も聞きもしなかったことにします―これは我々の仕事ですから』『悔しいですよ、やられっぱなしで』というセリフは、とてもグッとくるいい場面だった。
三上は、広報官として恐ろしいまでの現実に対処していく中で、少しずつ変化していく。その変化は、物凄くゆっくりだ。様々な人に会い、様々な話を聞き、またあゆみの失踪以後人が変わったようになってしまった美那子とのやり取りを通じて、三上の内部で様々な思いが渦巻き、熟成され、三上がそれまで想像もしていなかっただろう道を歩み始める。
そんな三上を翻弄し続ける、警察という組織。本書は、三上の葛藤の物語であると同時に、生き物のように意志を持ち変化する、魔物としての『組織』の物語でもある。
横山秀夫は、まるで生き物のように『組織』を描く。三上や赤間や二渡や、その他大勢の警察関係者は、さながらその生き物の『臓器』であるかのように描かれているように思う。
警察という組織全体としては、一つの大きなまとまりを持つ。しかしその中では、様々な臓器が『自分に与えられた働き』をし、それが時に体全体にダメージを与えることもある。
広報室の記者クラブ懐柔の失敗、刑事部と警務部双方の不信、本庁からのエリートと生え抜きの思想の違い、「ロクヨン」という爆弾、二渡の謎めいた行動、赤間の目指す組織像。そういう様々な思惑が絡まり合い、D県警を舞台に様々な事象が展開していくことになる。
三上は、そんな組織の中で、自らの立ち位置を定められないでいる。刑事と広報を行ったり来たりさせられた経歴がそうさせる部分もあるが、D県警の土台が崩れ落ちようとしているという点も大きい。組織の中での役割を果たし、そこから逸脱しないようにしようとすれば、平時は組織に守られるが、有事には放り出される。三上は、そんな生き方を良しと出来ない男なのだろう。組織の論理にがんじがらめにされつつも、三上は逸脱を恐れない。D県警始まって以来の有事にあって、逸脱しなかった様々な人間が何らかの形で傷を負うのに対し、平時であっても切り傷の絶えない三上は、有事で力を発揮する。自らの土台の不安定さを見抜き、自らが依って立つ足場がいつ崩れてもおかしくないのだという認識の中で、組織の論理と自らの信念とをどちらも飲み込み、それを自らの行動原理に変換していく。
警察という組織が長い歴史の中で積み重ねてきた特殊な論理は、他の組織とはなかなか比べ物にならないだろう。しかし、組織の力学というのは、どんな組織にでもきっと存在するはずだろうと思う。官僚と職人が同居し、不可思議な論理が熟成される警察という複雑怪奇な組織における奇妙な論理を、これほどまでに分かりやすく提示し、しかも興味深く物語に落とし込めるのはさすがだなと思う。
本書は、三上の葛藤を描く作品だと言ったけど、もちろんミステリ的な要素もあるので、感想中に書けないことも多い。ラスト付近の展開の衝撃っぷりと言ったら、もう唖然とするばかりだ。ありとあらゆる伏線が見事に繋がり、怒涛の展開と共に、素晴らしい着地点を描き出す。まあ、決着がつかない部分もあるにはあるのだけど、そこまで盛り込むことを期待するのは酷だろう。既に、やり過ぎではないか、というほど盛りだくさんの内容なのだ。最後まで読んで、この部分に決着がついていないではないか、なんて文句を言う奴は野暮だなと思う。
本書の凄さの一つは、現在進行形で起こる事件がほとんどない、ということだ。普通の警察小説であれば、捜査中のデカイ事件が何かあり、それに様々な要素を組み合わせて行くだろう。しかし本書は、広報室が巻き込まれる、マスコミとの諍いのタネになる事件こそ現在進行形だが、基本的には組織政治の力学と、14年前に起こった「ロクヨン」という事件の話で物語が進んでいく。それだけの要素でよくもまあこれだけスピード感のある魅力的な物語を紡げるものだなと思いました。
自らの登場によって、警察小説というジャンルに新たな突風を吹きつけた横山秀夫が、この最新作によって、警察小説をさらなる高みに押し上げた。大げさに聞こえるかもしれませんが、僕は本当にそんな風に思います。凄い作品を読みました。横山秀夫完全復活!という表現ではまったく足りない、進化した横山秀夫の到達点を見ることが出来るのではないかと思います。是非読んでみて下さい。

横山秀夫「64」


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2342-77b4707c

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)