黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

2100年の科学ライフ(ミチオ・カク)

内容に入ろうと思います。
本書は、物理学において秘めたる可能性を持つ理論「ひも理論」の創始者の一人であり、全米で放送されるサイエンス・チャンネルの司会を務め、また一般向けに科学を分かりやすく伝えるサイエンスライターとしても知られる著者による、現在の科学テクノロジーから、100年後の未来を想像する、という内容になっています。
とはいえ、ただの想像ではありません。
本書は、新発見の最前線にいるトップクラスの科学者300人以上へのインタビューに基いて書かれている。そして何よりも、本書で描かれているすべてのテクノロジーのプロトタイプは既に存在している、という点が大きいだろう。本書は、「まだ微塵も可能性が感じられないものを、未来には出来てるんじゃないかな」と楽観的に予測する本ではなく、「現在技術の萌芽はあるが、まだ実用化には至っていない。しかし、100年もあれば、技術的困難さやコストの問題をクリアして、一般に広まっていくのではないか」というものばかりを取り上げているのだ。例えばこういうことだ。もし『紙』というものがまだ発明されていなければ、「未来の世界でいずれ『本』が発明されるだろう」というのは、ただの空想に過ぎない。しかし、『紙』が発明されていれば、「『紙』を束ねて『本』を作れるだろうし、将来的に何らかの技術革新があって、その『本』を大量生産するための仕組み(まあ、つまり印刷技術ってことですけど)が生まれるだろう」というのは、プロトタイプを元にした根拠ある予測といえるのではないだろうか。
本書では、ホントに!?と言いたくなるような様々なテクノロジーが山ほど出てくる。たった100年で、そんなとんでもない未来がやってくるんだろうか、と疑いたくなってしまうようなテクノロジーが次々に紹介されるのだ。
しかし、肝心なことは、それらのプロトタイプは既に存在している、ということである。まだ実験室レベルでしか存在していないものたちばかりだが、世の中に存在するありとあらゆるものは、初めは実験室レベルの存在でしかなかっただろう。いずれそれが、様々なブレイクスルーによって、一般人のところまで普及していく。そう思えれば、本書で描かれていることを、リアルな未来として受け止めることが出来るのではないだろうか。
そしてもう一つ書いておきたいことがある。それは、『100年後を想像することの難しさ』だ。
これは、1900年の人が現在を想像するのと同じようなものだ、と考えれば近いイメージになるだろう。本書の冒頭でも、それについて触れている。
1900年はどんな世界だったのか。ラジオも映画もなく、自動車は登場したばかりで、人びとは100年後も馬に乗っていると考えていた。飛行機もトラクターもなく、多くの人は将来人類が大西洋を渡る飛行船が出来るだろうと予測できていたが、それは気球によるものだと考えていた。
そんな1900年の人から見れば、目の前にいない人と話が出来る機械や部屋を涼しくしたり温めたりする機械は想像も出来ないだろうし、治るはずがない病気が治るという現実にも驚かされることだろう。
僕たちも本書を読む前に、そういう視点に立たなくてはいけない。1900年の人から現在を見た時と同じか、あるいはそれ以上の変化(何故なら、科学の進歩は恐ろしい速度で進んでいるから)が100年後やってくる、と考えるべきだろう。そういう心構えで読まなければ、本書はどうしたって荒唐無稽な代物に思えてしまうだろう。
もちろん、ここに描かれていることが実現するかどうかは分からない。実験室レベルでは成功しても、結局のところ一般の人が望まなければ、それが普及することはないだろう。あるいは、宇宙探査など一般の人が関わることがないものであるが故に、資金が捻出できず頓挫するものも出てくるだろう。それに、現時点でプロトタイプがまだ出来ていなかった何らかの技術が、100年後に花開くかもしれない。だから当然、100年後は本書の通りにはならないだろう。それでも、これだけワクワクさせてくれる未来を見せてくれるのは、非常に面白い。
そんなわけで、本書でどんなアイデアが出てくるのかざっと書いてみようかと思うんだけど、書きすぎても読者の興を削ぐし、あれもこれも書いてたら物凄い分量になってしまうんで、あくまでざっくりと流れを示しつつ、僕が凄く気になったものがあればちょっと詳し目に書く、みたいな感じで行こうかなと思います。
本書は、「コンピュータ」「人工知能」「医療」「ナノテクノロジー」「エネルギー」「宇宙旅行」「富」「人類」という8つのテーマに分かれていて、最後に「2100年のある日」という章があります。それぞれのテーマにおいて、期間を3つに区切って描いていきます。「近未来(現在~2030年)」「世紀の半ば(2030年~2070年)」「遠い未来(2070年~2100年)」という3つです。とはいえ、面倒なので、その辺りの区切りのことにはあまり触れないまま色々書いていこうと思います。

「コンピュータの未来」
コンピュータの未来にとって最も重要なものは、あの有名な「ムーアの法則」だ。「コンピュータの性能は、およそ18ヶ月で倍になる」というアレである。しかし、この「ムーアの法則」には、物理学的な限界が存在する。その代替となるものを見つけられるかで世界の命運が変わるだろうと書かれている。
とはいえ、ムーアの法則はしばらくまだ有効だ。コンピュータ・チップはどんどん安くなり、いずれビニールの包装よりも安くなり、バーコードに取って代わるだろう。
ありとあらゆるものにチップが埋め込まれ、コンピュータからインターネットに接続するというこれまでのやり方ではなく、壁や家具や広告看板などからも瞬時にインターネットに接続できる未来がやってくるだろう。
現在、コンタクトレンズ型の液晶ディスプレイの開発が迫っている。目に装着するだけでインターネットに接続でき、その結果を網膜に映しだしてくれるのだ。
とにかくあらゆるものにチップが埋め込まれ、オンライン化する。持っているもの、身に着けているものすべてがインターネットに接続できるようになる。
思考でコンピュータを動かす、という試みも行われている。実際に身体付随の男性の脳に電極を差し込み、それをインターネットと接続することで、男性が思考だけでカーソルをコントロール出来るようになったという実験がある。夢を録画したり、超小型のMRIによって体内を簡単にスキャンできる日がやってくるかもしれない。

「人工知能の未来」
人工知能の研究は様々に進められているが、まだ人間を模倣するまでには至らない。知能的には昆虫レベルのものしか生み出せていない。ロボットは、パターン認識を苦手とし、常識を持たないことが最大のネックになっている。
ロボットが得意とする仕事をこなすロボットは、近いうちにどんどんと身近な生活の中に入り込んでいくだろう。しかし、人間のようなロボットを生み出すのにはまだまだ時間が掛かる。
脳のリバースエンジニアリングが進められている。要は、人間の脳の構造を完全に把握し、それを工学的に創りだそう、という試みだ。しかし、ボトムアップ型のアプローチもトップダウン型のアプローチにもそれぞれ難題があり、解決までにはまだまだ長い時間を必要とするだろう。
意識を持つロボットを生み出せるかどうかはまだはっきり分からないけど、遠い未来には、人間とロボットが融合するようになるだろう。つまり、負傷した手足などをロボットで置き換えるということは普通になっていくだろう。

「医療の未来」
近い将来、医者に掛かるというのは、自宅で人工知能のドクターにアクセスすることに変わるだろう。その人工知能は、あなたの遺伝子情報や病歴をすべて持ち、的確なアドバイスをする。それでも診断できなければ病院に行く、という形になっていくだろう。
クローン技術によって人間の臓器を生み出せるようになり、悪くなった臓器を交換するというやり方も増えていく。遺伝によって受け継がれる遺伝病も、根絶のためのプロセスを模索している人が多くいる。
人類にとっての最大の敵であるガンとの闘いも、様々なアプローチが生み出されている。遠い未来にあって治すことの出来ない病気は存在するだろうし、風邪なども特効薬は生まれないだろうが、今より遥かに多くの治療法が生み出されることになる。
「デザイナーチャイルド」や若返りなども、現実のものとなっていくだろう。しかし同時に、法規制も生まれるはずだ。

ここで凄く興味深かった話を二つ。
まず、「魔法の粉」の話だ。これは以前ネットで見て、絶対ウソだ!と思ったことがあるのだけど、本書で書かれているので本当らしい。これは、欠損した指が、その「魔法の粉」をふりかけるだけで再生するというものだ。条件は色々あるんだろうけど、これが本当に存在するテクノロジーなんだと知って驚いた。

もう一つ。科学的に延命効果が実証されている唯一の方法は、カロリー制限だそうだ。これだけは、ありとあらゆる動物実験で成功を収めているという。どうしても長生きしたいという人は、カロリー制限をするといいかもしれません。

「ナノテクノロジーの未来」
微細な原子一つ一つを組み合わせることで何かを生み出すナノテクノロジーは、新たな革命の一つになる可能性がある。実際にナノテクノロジーは既に様々な分野で応用されている。かつては、原子一個を見ることなど出来ないと考えられていたが、IBNの技術者がそれを可能にする顕微鏡を開発した。
ナノテクノロジーを駆使すれば、「ミクロの決死圏」のような血管をめぐるナノマシンや、数分以内に体内をスキャンしてくれるDNAチップ、原子のトランジスタなど、これまでの常識では考えられなかった様々なものを生み出すことが出来る。
インテルの技術者が創りだそうとしているテクノロジーには本当に驚いた。なんと、自由に形を変える物質を生み出そうとしているのだ。まさに「ターミネーター2」で出てきた、ぶるぶる震える水銀の塊のような、自在に形を変える恐ろしい敵のように。もしこの技術が実現すれば、子供たちはツリーの下でプレゼントの包みを開くのではなく、サンタクロースが電子メールで送ってくれたソフトウェアをダウンロードして、手元のおもちゃを別の形に変える、そんな未来がやってくるかもしれない、なんて書かれている。
ナノテクノロジーの聖杯は、レプリケーターだ。これは、原材料をマシンに投入すれば、あらゆるものを生み出すことが出来る機械だ。原理的には可能で、すでにインクジェットプリンターの技術を使い、生きた心臓組織を作る手法は開発されているという。

「エネルギーの未来」
これまでのエネルギーの歴史を振り返りつつ、有望なエネルギー源として、核融合と常温超電導が取り上げられる。核融合は、現在の核分裂による発電よりも遥かに安全であるが、まだ完成には至っていない。常温核融合を生み出した、というニュースは過去なんども飛び交ったが、すべてデマだった。常温超電導体は、ある温度以下だと抵抗がなくなるという超電導体が、僕たちの暮らす常温でも作用する物質で、まだこれも見つかってはいない。

「宇宙旅行の未来」
最も魅力的なアイデアは、ナノマシンによるものだ。これまでの宇宙探査は、一つの大きな機体を莫大なエネルギーをかけて打ち上げるというものだったが、ナノマシンによる宇宙探査は、非常に軽く安価なナノマシンを一度に大量に打ち上げ(軽いのでエネルギーもそこまで掛からない)、どこかの惑星にたどり着いたナノマシンがそこで自己増殖し、プログラムに従って形を変え、何らかのミッションを行うことだ。自己増殖するナノマシンを生み出すのはまだ遠い未来になるだろうが、そういう宇宙探査の可能性も開かれている。
しかし著者は、2100年になっても大半の人は地球に留まったままだろう、と書いている。

「富の未来」以降は、まだちゃんと読めていないので省略。

しかし本書を読んで思うことは、科学者というのは最もクリエイティブな仕事をしているのだな、ということだ。
一般にクリエイティブな仕事というのは、映画とか広告とか小説とか、パッとは思い浮かばないけど、要するにそういうものを指すだろう。科学者は、実験室にこもって何かわけのわからないことをやっているが、それが僕たちの生活に何か影響を及ぼすとは、多くの人はあまり想像していない。しかし、本書を読む限り、科学者の持つ想像力の豊かさには驚かされる。
科学者は、「物理法則に反していなければなんでも可能だ」と考える人種だ。タイムトラベルを禁ずる物理法則は存在しない。だから物理学者は、タイムトラベルを実現する方法を考えるし、実際に実現可能かどうかは別として、こうすればタイムトラベルが可能になるというアイデアは様々に存在する。
本書で描かれているアイデアも、僕らにとってはタイムトラベルとそう大差なぐらい荒唐無稽に思える。しかし、科学者はそれを本気で考えている。彼らは、「目の前の現実を理解する」という好奇心に駆られる一方で、「科学によって判明した事実を何に使えるか」ということも日々考えている。そうやってたくましい想像力を駆使した様々な結果が本書には書かれている。
本書の中にも、長生きをするためのテクノロジーについてページが割かれているけど、僕は正直長生きはしたくないと思っている人間だ。特に、長く生きることに興味がない。でも、こんな本を読んじゃったら、自分が死んだ後どんなテクノロジーが広まっているのか気になって仕方ないなぁ、という感じがする。実現するかはともかく、なんかワクワクさせてくれる未来がやってきそうな予感を抱ける作品です。是非読んでみて下さい。

ミチオ・カク「2100年の科学ライフ」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2329-f2ff5143

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)