黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

十六夜荘ノート(古内一絵)

内容に入ろうと思います。
大崎雄哉は、最年少で管理職になり、グループ長として売上増に邁進する、超エリート街道まっしぐらの男だった。効率や利益以外のものにほとんど関心を示さず、利益を生み出さない部下に容赦がなく、また付き合う女性にも「高給取りである自分」に惹かれているような分かりやすさを好んでいた。とにかく四六時中仕事のことばかりで、雄哉にはそれ以外なにもなかった。しかし、それは雄哉にとって何よりも充足した人生だったし、それ以外の人生なんてまるで理解できなかった。
そんな雄哉に、ある日青天の霹靂のような知らせが舞い込んでくる。
相続される土地があるというのだ。
母方の祖母の姉、いわゆる「大叔母」である笠原玉青が、ロンドンで亡くなったのだという。玉青は、笠原家の親戚の間では有名な存在だ。葬儀などの集まりで、聞くともなしに聞かされた。
戦前華族だったという笠原家にあって、玉青は「不良娘」と罵られていたようだ。「日本にいつかない、変人の独身女」と言われ、戦時中憲兵に捕まったとか、戦後水商売をしていたとか、良からぬ噂が山ほどある人物であった。
その大叔母が死んだところで、何の関係もない、はずだった。
玉青は雄哉に、目黒区の御幸が丘にある土地と建物を相続するとしていた。
御幸が丘といえば、「東京の住みたい街ベストテン」では必ず上位に入る街だ。どうでもいいと思っていた大叔母の死が関心ごとになってきた。
しかしその土地は現在、「十六夜荘」という名のシェアハウスになっているのだという。シェアハウス?どんな人間が住んでいるのか知らないが、碌でもない連中だろう。さっさと追い出して建物も壊して、何か新しいものでも建てよう。
雄哉はすぐに動き始めた。
しかし、すぐに壁にぶち当たる。その土地の権利者には、玉青の他にもう一人名が連なっている。その人物が誰なのか、さっぱりわからない。一応何かあった時のためにこの人物を探し出し、話をつけておかなくてはと言われるが…。
一方、昭和13年から昭和22年までの、現在「十六夜荘」になっている建物で暮らしていた玉青らの生活が描かれる。
華族であった笠原家は、大層なお屋敷にお手伝いさんを住まわせ、戦時下の厳しい状況の中でも、それなりの生活をすることが出来ていた。
しかし華族ではあったが、玉青らの生活は決して『普通の華族』のものではなかった。
玉青の兄である一鶴がそもそも変わった人物であった。職業軍人であり、しかも本家であったが、一鶴は非常に柔軟な男で、自身が所属する報道部の仕事と称して、フラフラしている画家たちを離れに集め、そこで絵を描かせることにした。軍を礼賛するような絵しか認められなかった時代に、描きたいものを描きたいように描かせる場を作り出した一鶴は、分家から非難の声も上がる。それは、いい年をして嫁に行かない玉青にも向けられるのだった。
次第に戦局が厳しくなっていく中、戦時中とは思えない長閑さを醸し出す離れに、玉青は救われるような気持ちになる。誰もが「お国のため」といい、あらゆる価値観が締め出されていく中、玉青は、自らが正しいと信じた道を歩んでいく決意を、少しずつ固めていく…。
というような話です。
これはいい話だったなぁ。物語のエンジンが掛かるのがちょっと遅い印象はあるんだけども。
いや、もう少しちゃんと書くか。
本書は、現在と過去が交互に描かれる構成になっている。現在の話は、雄哉が突然大叔母から土地を相続され翻弄される話。そして過去の話は、戦時中の玉青の話。
読み始めは、雄哉の方の話が勢いがある。突然遺産を相続した雄哉だけど、さらにそれだけではない様々なことが降りかかっていき、雄哉の人生は大きく転換を余儀なくされることになる。この現在の方の話の展開がなかなかにスピード感があって読ませる。
ただやはり、本書のメインは玉青の過去の話だろうと思う。こちらは、エンジンが掛かるのが非常に遅い。過去の話は、初めの方はちょっと退屈だなという感じさえしました。牧歌的な環境の中で、特に何をするでもなく画家たちがワヤワヤしている物語なんかは、決してつまらないとは思わなかったけど、さほど面白いとも思えない感じはありました。
でも、この過去の玉青の方の話が、中盤から後半に掛けて物凄くいい。
のほほんとした環境の中で生きていられた人たちが、一人また一人とその環境から引き剥がされていく過程。環境の激変により、今までいた場所に留まることなど不可能になってしまってからの人々の困惑。その中にあって、「君のその、決め付けられたくないっていう鼻っ柱の強さは、本当にたいしたものだよ」と画家の一人に言われた、自らの価値観を曲げず揺るがさずに生きてきた玉青の決断や苦労や努力の凄まじさなんかが、少しずつ物語にうねりを与え、読者を揺さぶっていく感じが凄くいいなと思う。
僕はこの物語を、『その時々の「普通」に背を向ける人々の物語』という風に読んだ。
玉青を初め、一鶴や画家たちは、まさにそうだ。

『日本がどうなろうと、知ったことじゃない。「居場所」なんてどこにだってある。「居場所」のために、無益に死んだりしちゃ駄目なんだ』

ある画家の言葉だ。
また玉青は、こんなことを思う。

『私たちは自由だから。
自由なものはなにものにも負けやしない』

戦時下にあって、彼らの生き方は絶大に拒絶された。「華族の本家」である、という立ち位置が、彼らにある程度のエキュスキューズを与えもした。分家が何を言ってこようとも玉青や画家たちを守り通した一鶴の不動さや、自分が正しいと思ったことに邁進する玉青の強さによって成立した特殊な世界だった。彼らは、離れの中でだけは、「普通」から離れていられた。そこでは、どんな「世間の普通」さえ、意味をなさなかった。正義も喜びも不安も、すべて個人の中にあった。
時には「世間の普通」と向き合い、戦わなくてはならない時もあった。それは、誰もを疲弊させ、しかし同時に、誰かの闘志に変換されもした。特に彼らが生きていた時代は、「世間の普通」がめまぐるしく変わった激動の時代だった。その時々の「世間の普通」に自分の身を合わせて生きていくことが出来れば楽だっただろう。しかし、玉青にはそんな生き方は選び取れなかった。
その強さに憧れるし、惹かれる。「自分の普通」を疑わず前進し続けた、一人の強い女性の姿が描かれる。
玉青の胸キュンなセリフを引用しよう。

『それは、私が身の程知らずだからです』

どんな場面で放たれる言葉なのかは書かないけど、これは惚れるわ。
さて、現代の雄哉の話も、実は「普通」に背を向ける物語だと思う。
雄哉は元々、まさに「世間の普通」にどっぷりと浸かっている人間であった。
資本主義社会であり競争社会でもある日本にあって、雄哉に生き方は一つの「正解」だし、「理想」でもあるのだろうと思う。若くして業績が認められ異例の昇進をし、多くの部下たちを叱咤して成績を上げる。利益に結びつかない事柄には興味がなく、効率を上げるためにあらゆるものを切り捨てることを躊躇しない。「高給取りである自分」という要素を分かりやすく評価してくれる女性を気に入り、今なお精力的に前進しようと日々闘いを続けている。
恐らく、そんな生き方をしたいと思っている人は多いのだろう。そうじゃなきゃ、書店であんなにビジネス書が売れるわけがない。
しかし雄哉は、とあることをきっかけに、自らの人生を見つめなおさざるを得なくなる。それと、大叔母の相続がほとんど同時期だったのか、雄哉にとって幸運だったことだろう。「十六夜荘」に住む人々は、「普通」に迎合しなかった、あるいは出来なかった人間たちだ。バックパッカーがいる、仕事を辞めて絵の勉強をするために学校に入り直した人間がいる、引きこもりの「音楽家」がいる。
彼らのことを、雄哉は一ミクロンも評価しない。彼らのような人間が存在することも、雄哉には理解が出来ない。
雄哉は、「他人からの評価がすべてだ」と考えている。「十六夜荘」の住人の一人は、「他人からの評価など曖昧だ」と言う。そして大叔母は、「人生は所詮気のせいだ」という。
彼らの価値観は一切交じり合わない。
僕たちは、「普通」ということに、あまりにも囚われすぎていると僕はいつも思っている。
今日僕がたまたま知ったとあるサイトがある。

http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

環境の未来を全世界で議論する「リオ会議」というものが開かれたらしいのだけど、そこで最も衝撃的で、環境問題の本質を唯一提示したと評価されている、ウルグアイの大統領のスピーチの翻訳が掲載されているサイトです。

いくつか引用してみましょう。

『現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。』

『ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。』

『人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。』

『昔の賢明な方々、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」』

僕はこれらの主張に、凄く共感できてしまう。
「ものを売らなければ止まってしまう消費社会」に、なんだかものすごいとてつもない違和感があって、どうにも馴染めない。
僕は、人生に必要なものはさほど多くないと思っているし、不必要なモノ・サービスを買わされているな、といつも思う。その仕組みの中で生きていく限り、ある程度は仕方ないとはいえ、その社会の仕組みにどっぷりと浸かり過ぎない生き方をどうやったら選択出来るだろうか、といつも考えている。
なんというか、誰かが作った土俵の上で戦っていることに、虚しさを感じるのかもしれない。もっと土俵は小さくてもいいし、他に影響を与えられなくたっていい。でも、その大きさ・形がまさに自分にぴったりであれば、そういう土俵を探し求めたり、あるいは自分で生み出すべきなんじゃないかな、という感じがいつもする。
「十六夜荘」の面々は、自分の土俵を見つけられている人たちだ。そして雄哉は、人の土俵の上で戦ってきた自分の存在を、「十六夜荘」の面々と関わっていくことで、少しずつ理解していくことになる。
お金よりも利益よりも効率よりも大事なものがある。何かを大切にしながらそれらと両立させることはきっと不可能ではないのだろうけど、比重がより『それ以外の何か』に置かれている人生の方が、やっぱり豊かなんじゃないかなぁ、と個人的には思ってしまいます。
ラストに近づいていくに連れて、本当にどんどんよくなっていく感じで、雄哉の価値観がどんどん変化していくその頂点と、玉青の人生の激動さの頂点とが重なりあう辺りは、本当にいいなぁ、という感じがしました。今は亡き、生前もほぼ会ったことのない、親戚中から不良娘と蔑まれる一人の女性の生き様が、時代も国境も超え、狭い価値観の中で突っ走っていた一人の若者を変化させていく過程は、なんか凄く面白いです。
見も知らぬ親族の人生が関わってくる、という物語のスタートは、なんとなく「嫌われ松子の一生」っぽい感じで、戦時中の玉青の物語はなんとなく、「小さいおうち」を彷彿とさせました。「普通」の基準が異なる人たちとの闘いが描かれる作品で、雄哉の価値観の変化が、そして玉青の底知れぬ強さが、読んでいて爽快な感じがします。是非読んでみて下さい。

古内一絵「十六夜荘ノート」


関連記事
スポンサーサイト

Comment

[7491]

こんんちは。
花に嵐の喩えがありますが、正しくその通りの天気ですね。
‘風‘というより、今日は‘雨‘ですが。
のんびり花見ができる日は、そんなにないということです。

昨日、一気読みでこの本を読みました。なかなか深い話で
「風の中~」とはまた違った雰囲気でした。
古内さん、期待大な作家ですね。

この玉青という大伯母が素晴らしいですよ。華族という家柄や
戦時下という緊迫した状況でありながら、人間としての判断力を
しっかりキープし、懐の広さを示しました。
また実業家としても、才能があったのでしょうね。「月下上海」を
思い出しました。作家名が思い出ませんが、
<食堂のオバちゃん>が作家に!と話題になった作品です。

この大伯母の生き方と雄哉の生き方を重ねた点も面白かったです。
私は会社勤めの経験がありませんが、こんな理不尽なことが罷り通る
世界なのでしょう。辞職したことで、今まで気にもかけなかった部分が
見えてきたのは好かったと思いました。ずっとこのエリートコースを
ひたすら進んだら、彼の人間の部分が壊れてしまったかもしれませんよね。
一見怠惰に見える十六夜荘の住人が、大事なことを教えてくれました。
かつて誰にも伝えたことがない本音の部分まで吐き出せたのは
この荘独特の雰囲気でしょう。

収め方も良かったですね。これから雄哉の考え方感じ方が
大きく変わりそうで、興味津々です。
価値観は人それぞれですが、無理のない選択が一番ですよね。
「やりがいのある仕事という幻想」ですからね(笑)。

では、短歌の方も頑張ってくださいね。
「うたばら」も読んでいますよ。
ちょっと<短歌>に対するイメージが変わりました。
短歌は格調高く詠い上げるものと思っていましたが
「うたばら」の作品は、色で言うとパステルカラーで
親しみやすい感じです。

できれば、小説の方もこのまま残していただけると
嬉しいです。

[7493]

こんばんはでございます。

今日職場の誰かが、「桜が咲くと寒くなるんだよなぁ」みたいなことを言ってました。雨とはまた違う話ですけど、桜が咲くというのは、なんか一遍に色んなものを変えていくのかもしれませんね。

古内さんは、ホントに、これからが期待できる作家だなと思っています。同じようなタイプの作品を書いているわけではないのに、著者らしさというか、一本真っ直ぐ通ったところがちゃんとあるというか、そういう著者なりの個性の出し方が結構うまいと思っています。

現在と過去のパートを絶妙に絡める構成が印象的でした。冒頭は、現代パートの雄哉も、過去パートの画家(玉青の兄でしたっけ?)が、割とダメな風に描かれていた気がしますけど、状況の変化によって様々に描かれ方が変わっていって、さらに二つの時代が絶妙に重なり合っていく、という展開がとても良かったと思います。

玉青は見事でしたね。戦争をくぐり抜けるというのは、肝っ玉の強さというか、人間としての器のデカさというか、そういうものを否応なしに育んでしまうような環境なのかもしれませんね。「月下上海」は読んでませんけど(僕も著者名は思い出せません 笑)、やはり時代がそうさせた、という側面があるんだろうなぁ、と思いました。

雄哉は、十六夜荘の面々と関わって、本当に良かったですよね。雄哉一人では絶対に切り開かれなかっただろう道や世界を知ることになっただろうし、それこそ本当に雄哉の人生は大きく変わりましたよね。そうそう、「やりがいのある仕事という幻想」です(笑)。仕事も大切だけど、仕事ではない大切なものを見つけられるというのも、いいですよね。

僕は、穂村弘の短歌なんかを結構読んでたんで、ドラさんのいうパステルっぽい感じのばっかりしか知らないんですよね。一応短歌を始めてから、「近代秀歌」(岩波新書)ってのを買ってちょっと読んだんですけど、やっぱ与謝野晶子とか、俺にはわかんねぇっす(笑)。僕が考えてる短歌も、凄く敷居の低い感じで、後は、そういう価値観で歌会を開ける人がいるかどうか(そういう意味ではネットは便利です)が問題になりますね。僕が普段いるのは、「連歌の花道 http://renga57577.bbs.fc2.com/」と「うたの日 http://daily57577.wkeya.com/index.cgi」ってサイトです。「うたの日」はなんと今、毎日歌会という、凄まじい企画をやっていますよ。毎日投稿してます!

もちろん、短歌ブログになっても、本の感想はそのまま残しておくので(索引なんかも全部そのままです)、ご安心ください。まあまた、本読んで感想を書くような日々が戻ってくるかもしれませんしね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2327-878b3e73

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)