黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

下町ロケット(池井戸潤)

こんな仕事がしたい!!
もうほんっとうに、こんな仕事がしたいぞ!!

とりあえず内容に入ります。
佃航平はかつて、宇宙科学開発機構の研究者として、ロケットの要であるエンジンの製作に携わっていた。
セイレーンと名付けられたそのロケットは、しかし打ち上げに失敗した。
膨大な額の国費を投入しての失敗に、最終的に佃は責任をとって辞めざるを得なくなった。打ち上げ失敗の原因は、エンジンシステムの根幹を成すバルブシステムにあったからだ。
そうして佃は、元々継ぐつもりのなかった、父が創業した町工場の社長に収まることになった。
大田区にあり、資本金三千万円、売上百億円足らずの、まさに中小企業だ。小型エンジンを主力としてはいるが、研究開発に無尽蔵のお金を注ぎ込み、すぐにお金に変わるわけではない技術研究にも余念がない。というか、主力であるはずの小型エンジンの研究費を削ってでもチャレンジングな研究を続ける方針に、苛立っている若手もいる。そんな状況だ。
しかし、いずれにせよ、佃製作所の技術力はトップレベルだ。
なのに、佃製作所は様々なとんでもない事態に見舞われる。
ライバル会社であるナカシマ工業が、佃製作所を特許侵害で訴えてきた。
ナカシマ工業は、流行りものがあればそれに乗っかって類似の技術を提示するやり口で成長してきた。一部上場企業であるが、その横暴さに泣かされた中小企業は多い。ナカシマ工業の法定戦略はもはや熟練の域に達しており、今回の訴訟も、どちらかと言えばナカシマ工業の方が佃製作所の特許を侵害しているとさえいえる状況なのに、佃製作所の特許の不備を突き、訴訟を長引かせて佃製作所の経営が行き詰るのを待つ、といういつものナカシマ工業のやり口だ。
最大手の取引先である京浜マシナリーが、エンジンの内製化に踏み切ったことで取引を取りやめると言ってきたのも痛い。銀行からの融資もなかなか引き出せず、そんな中でのこの訴訟である。一部上場企業であるナカシマ工業が訴訟に踏み切ったのだからそこには相応の何かがあるのだろうと、銀行もこれまでの取引先も佃製作所から離れつつあった。
一方、帝国重工の宇宙航空部宇宙開発グループは、ある事実に驚愕していた。
同グループは、政府から民間委託された大型ロケットの製造開発をイッテに引き受け、宇宙航空関係の国内最大のメーカーである。
その帝国重工は、社長の肝入りの「スターダスト計画」という壮大なプロジェクトを立ち上げ、すべての技術を内製化し、宇宙航空開発で世界のトップに立とうというプランを推し進めていた。
しかしその計画は早くも躓いた。ロケットエンジンのキーテクノロジーであるバブルシステムを帝国重工でも開発したのだが、その特許がタッチの差で別の会社が申請していたというのだ。
それが、佃製作所だ。
担当の財前は、佃製作所からその特許を買い取るために交渉に赴くが…。
というような話です。
いやはやいやはや!!もう素晴らしいのなんの!!もうかんっぺきに最高で素晴らしい物語でした!!僕の中で、今年読んだ本の中でダントツのトップはもう決まってたんですけど、ちょっと考えなおさないといけないかも。これも、今年読んだ本のトップだと言いたくなる作品だなぁ。小説読んで泣いたのなんか、ホント久しぶりですよ。
もう、初めにも書いたけど、とにかく読んでてずっと思ったのは、「こんな会社で仕事をしたい!!」ってことです。
大人になって、お金を儲けることの大事さは、そこかしこで耳にするし、昔よりも理解は出来ているはずだと思う。お金がなければ何も出来ないし、前に進めないというのはもちろん当然の事実である。
でも、じゃあお金を稼げればそれでいいのだろうか?と思う。「お金を稼ぐこと」それだけが仕事の目的になってしまうのが、果たして正しいのだろうか?
僕には、やはりそうは思えない。
多くの人が本書を読んで、ナカシマ工業に腹が立つだろう。彼らはまさに、法律の範囲内であれば、「どんな手段であろうとお金を儲けられるならそれでいい」という哲学の持ち主だ。
確かに、それは否定出来ない部分はあるかもしれない。本書で描かれているだけでは、それは判断出来ないだろうと思う。例えばナカシマ工業が、儲けて儲けて儲けまくったお金を、何か素晴らしいことに使っているなら、まあそれでもナカシマ工業のやり口は認めたくないけど、でも少しは考えを変えるかもしれない。だから、本書で描かれているだけの情報から判断するべきではないのだろう。
でもさ、それでもさ、ナカシマ工業ムカつく!!!
たぶん現実の世界でも、こういうことは起こりうるのだろうと思う。よくテレビなんかにも出てくる、日本一の町工場経営者(名前は忘れてしまった)は、自社で開発した技術の特許は取っていない、というようなことを前に言っていたように思う。それは、どうせ誰も真似できないからだ、という(うろ覚えだから正確ではないかもしれない)。もちろん、そこまでとんでもない技術力を持っていればそんな風にも言えるのだろうけど、多くはそうじゃない。
それを、ただ企業規模が大きいからというだけの理由で食い物にする権利が、一体誰にあるというんだろう。本当に、ナカシマ工業のような会社では働きたくない。結局本書で描かれている範囲では、ナカシマ工業の人間でまともな人間は一人も出て来なかった。あー、ホント早くナカシマ工業なんか潰れて欲しいわ!!
銀行にも腹が立つ。
自分たちに都合のいい時は擦り寄り、都合が悪くなるとさっさと退散する。それは、銀行が描かれる色んな小説(まあ主に池井戸潤の作品だったはずだけど)を読んで知ってたけど、相変わらずムカつくなと思う。
状況が逆転してからの佃航平の啖呵には、スカッとしました。「やはりビジネスはお互いの信用ですから」という言葉を口に出してしまう佃は経営者としては未熟者なのかもしれないけど、でも本当にそう思うし、それを毅然と言い放てる佃は素晴らしいと思う。
そして殿村ですよね。殿村、好きです、ホント!
殿村は、佃製作所の主力銀行であり、京浜マシナリーが契約を打ち切ってきたタイミングで佃製作所への融資を渋った白水銀行から佃製作所に出向扱いで来ている社員だ。どこかよそよそしく、口調も堅い。銀行屋のような言い分に、佃も何度もイライラさせられてしまう。
でも次第に、殿村はただ不器用なだけなんだ、と分かってくる。
この殿村が、ホントいいキャラなんだよなぁ。要所要所で見せつけてくれる。特に、緊迫したとある場面で、「何か勘違いされていませんか」と斬りこんでいった殿村のかっこ良さと言ったら!!ホントもう、感動的ですよ。
帝国重工にも、もう腹が立つ腹が立つ。帝国重工は、ナカシマ工業なんかとも比べ物にならないぐらいの、国内最大メーカーであって、随所に尊大さが見え隠れする。
あー、マジでムカつく!!
そんな帝国重工に、佃製作所は悩みながらも闘う道を選ぶ。それは、帝国重工との闘いではない。自らとの闘いの道だ。
佃は、「なんのために働くのか?」という問いかけを、社員にも、そして自らにもする。
佃が、不満を持った若手社員に話す「2階建ての家」の話はまさにその通りだなと思う。会社の基盤がガタガタの時に、佃は敢えて挑戦の道を進む。それを快く思わない社員も多い。しかし、佃の決断は、「なんのために働くのか?」という問いと正面から向きあったその結果だ。結果的にこの物語では、彼らの挑戦は成功する(ぐらいのことは書いても大丈夫ですよね?)。しかし、もし彼らの挑戦が失敗に終わったとしても、佃の決断は正しいと僕は思う。いや、佃のような立場の人間になったことはないから、佃のような決断を正しいと思える人間になりたい、と表現しておこうかな。
佃製作所は冒頭から、様々な形で内部の不満や争いを抱えている。決して、常に一枚岩だったわけではない。佃も、経営者としては不器用だ。決してうまく立ち回れる人間ではない。
しかし彼らが、徐々に一つにまとまっていく。「佃個人の夢」と揶揄されたプロジェクトが、「佃製作所全体の夢」に変化していく。その過程が本当に素晴らしい!!何度も書くけど、ホントこんな会社で働きたいよなぁ。最後の最後まで、社員に恵まれてるしなぁ。
夢は、それを叶えられるだけのサイズを獲得しなくては実現できない。そんな風に思うかもしれない。本書の例でいれば、ロケット開発を請け負う帝国重工の研究者でなければ、ロケットに携われないと思ってしまうかもしれない。
でも、帝国重工からすれば吹けば飛ぶような中小企業でも、その夢を叶えることが出来る。彼らは、ロケット全体というサイズに見合う大きさを持っていない。しかし、ロケット全体の中で最重要、それなしではロケットを発射させられないという部品について、日本一ではなく世界一の技術力を有していた。
誰にでも夢はあるだろう。そしてその夢は、大きすぎてなかなか叶えられないと思えてしまうかもしれない。でも、案外そうではないのかもしれない。全体から見ればほんの一部に関わることが、その夢全体を担うことになる可能性だってある。そんなことを本書は示してくれているように思う。だからこそ、こんなに爽快な物語なのだ。
本書は、冒頭から訴訟問題というクリティカルな問題から始まるのだけど、そんなことが大した問題とは思えなくなるほど、帝国重工とのやり取りはスリリングだ。元々は、ビジネスの話だった。佃製作所が持つ特許を、帝国重工がいくらで買うか、という話だった。しかし次第にそれは、ビジネスと呼ぶには熱くなりすぎていく。どちらが何を売り、どちらが何を買うかという話ではなくなっていく。プライドなんていうちっぽけなものも、時間と共にゆっくりと剥がれ落ちていく。
残ったものはなんだろう。ちょっと書くのは恥ずかしいけど、「魂」かなぁ、なんて思う。「魂」は人だけに宿るのではない。会社にも宿るのだ。そしてそれは、巨像をも跳ね飛ばすほどの力を持つ。素晴らしいではないか!!
色々書きたいんだけど、これぐらにしとこうかな。本当に素晴らしすぎる物語でした。今更読んだのかよ、って感じですけど(笑)、本当にこの作品に出会えてよかったなと思います。最後にまた書きます。こんな仕事がしたい!!

池井戸潤「下町ロケット」



関連記事

Comment

[4281]

こんばんは。今回はこちらにお邪魔しました。
相変わらずの残暑ですね。
毎年毎年記録更新とか…、天気の変化が激しすぎです(泣)。
早く秋らしいしっとりした天気になって欲しいです。

私もこの本を読みましたよ。池井戸さんは作品の構成がしっかりして、読み応え充分ですよね。しかも、感動物語ですし…。「空飛ぶタイヤ」の時も思いましたが、かなりの博識家ですし、金融関係や特許関連の知識は半端じゃありません。
今放映中のNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」の舞台も大田区蒲田の下町工場ですが、職人さんたちの技術のレベルは相当な物でしょう。日本が世界に胸を張って誇れることです。日本全体が低迷していますが、技術立国といきたいですね。
通りすがりさんがお書きのように、好きなことが仕事に繋がるというのが理想でしょうが、なかなかこれが…(泣)。私の場合、長いこと働いてきて、ヤッター!と誇れることは稀ですが皆無ではなかったのが多少の救いです(笑)。気象の勉強も仕事の一部と思っていますが、職場ではいい迷惑でしょうね(爆)。最近、気が抜けてしまって、1月の試験はどうなることやら…?天気図(主に高層天気図です)をルーペ片手に眺めています(泣)。

そういえば、芥川賞の「冥土めぐり」を読んでみました。こんな気位だけ高い家族とは縁を切りたいな、と思いつつ読み終えました。微妙な感じでした(笑)。それから「極貧!セブンティーン」も別のブログで話題になっていたので読みました。ちょっと劇画っぽく、面白いことは面白いですが、こんなに巧くいくのは不自然かも?とオバサンとしては思いました。でも、若い方を応援したい気持ちは充分ありますので、こういう成功譚も良いでしょう。

では、暑さに負けずにお互いに頑張りましょう。
いよいよ読書の秋到来といきたいですね。

[4282]

こんばんはです。
なんか涼しくなって来たなぁ、なんて余裕ぶってる俺は、ちょっとおかしいかな?(笑)
全体的に今年は涼しかった気がするんですよね(まあ、去年の暑さなんて覚えちゃいませんけどね 笑)

池井戸さんの作品を、結構連続で読みましたけど(ちょっと前に「ルーズベルト・ゲーム」を読みました)、どれもしっかりとした作品だし、ちゃんとエンタメとして読ませるし、巧いですよね。元銀行マンということを差し引いても、色んなことに詳し過ぎますね。「下町ロケット」では、実験に失敗した後、その原因を究明しようとするシーンなんか、凄いなと思いました。そんな描写も出来るんだなぁ、って。

ホント、なかなかこんなやりがいのある仕事って出来ませんよね。でも、好きかどうかじゃなくて、好きになるかどうか、って感じもします。佃製作所の人たちは、どういう経緯でそこで働き始めたにせよ、みんな会社を好きになっていったんだなぁって。それが羨ましいですね。

まあ、適度な息抜きということで、自分を許してあげましょう(笑) 昨日あるところで久々に『授業』を受けましたけど、そこである人が、『何かを10年続ければ、一生の資産になる』と言っていました。僕も、このブログは、もう8年ぐらいやってるのかなぁ…(笑)

芥川賞作品は、なかなか手を出せないのですよね。やっぱり、僕には合わないというか、ちょっと高尚な感じがしちゃってダメです。円城塔のやつは読みたいですけど。「極貧!セブンティーン」は、知らないなぁ、って思って調べてみたら、表紙は見たことありました(笑) 黒野さんは、まあ、大体ほどほどの作品が多い気がしますからね(笑)

まだ夏なのにこんな心配しても仕方ないですけど、
夏が終わるんだなぁって思うと、冬が来るんだなぁって思います。
お互い体には気をつけましょう!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2318-2f512196

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)