黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ノンフィクション新世紀(石井光太編集)

内容に入ろうと思います。
本書は、ノンフィクション作家として独特のスタイルを持ち、独特の立ち位置を築きつつある石井光太が編集長を務めた、様々な形でノンフィクションを扱った、ノンフィクション読本、という感じの作品です。
ざっとどんな構成になっているのか書きましょう。
本書のメインとなるものを三つ挙げるとするならば、
「ノンフィクション連続講座」
「ノンフィクションベスト30」
「ノンフィクション年表1980-2011」
の三つになるでしょうか。
「ノンフィクション連続講座」は、ノンフィクション作家や編集者になりたいと考えている人向けに行われた有料の講座で、本書で収録されているのは、松本仁一・森達也・高木徹・藤原新也の四人です。
実は僕は、松本仁一・森達也の講座に行って来ました。
別に僕はノンフィクション作家になりたいとか編集者になりたいとかいうわけではないんですけど、単純にノンフィクションというものに関心があるんで、面白そうだなと思って行ってみることにしました。なので、松本仁一・森達也の部分は知っている話だったんですけど、読み返しても面白かったなと思います。
ここで収録されている四人は、出自やスタイルはまったく違うノンフィクション作家です。松本仁一は元朝日新聞社の記者であり、森達也は基本的にドキュメンタリーに軸足を置いているフリーだ。高木徹はNHKのディレクターとしてドキュメンタリーを撮っているし、藤原新也は成り行きで文章を書いたり写真を撮ったりするようになった、と語っている。
そんな彼らが、石井光太と対談するような形で、自身のこれまでの仕事や、そこで培われてきたスタイル、ノンフィクションというものに対する思いや今後の展望など、様々なことを語っていく。
「ノンフィクションベスト30」は、石井光太が選出したのだろう16人に、自身のノンフィクションベスト30を選出してもらう、というものだ。角幡唯介や柳田邦男らのノンフィクション作家もいれば、角田光代や花田紀凱や河瀬直美といった、ノンフィクション作家以外の人選もある。彼らが選ぶ『ノンフィクション』は多様で、人によってはそれはノンフィクションではないと感じる作品も挙げられているだろう(何せ、村上春樹の「1Q84」を挙げている人もいるのだ)。しかし、その辺りまで含めて面白い。それは、ノンフィクションというジャンルの幅広さや何でも受け入れる許容力みたいなものの現れのような気がしている。読みたい本が増えて実に困る。
「ノンフィクション年表1980-2011」はその名の通り、過去30年間のノンフィクションを概観するものだ。もちろん、出版されたものすべてを取り上げられるわけもないが、石井光太を含む数人で、その時代を代表するノンフィクションを3冊選出しちょっとしたコラム的文章をつけ、あとは1行の内容紹介とともにたくさんのノンフィクションが紹介されるというスタイルになっている。まあ読みたい本が増えて困る。
これ以外にどんなものがあるかを、以下で箇条書きにしてみよう。

「雑誌編集者の軌跡 ノンフィクションが生まれる現場で働く」
元文藝春秋の花田紀凱、元集英社の鈴木力、講談社の矢吹俊吉の三人を呼び、雑誌編集者の視点からノンフィクションとの関わりやそれぞれの時代の有り様などを語ってもらう

「書店員座談会 ノンフィクションは、売れる。」
三省堂書店営業本部・内田剛、紀伊國屋書店新宿本店仕入課課長代理・大藪宏一、オリオン書房サザン店店長・白川浩介、丸善丸の内本店和書グループ・高頭佐和子の四人が、書店員の立場から、「ノンフィクションを売る」ことについて語る。

「スペシャルインタビュー 田原総一朗・猪瀬直樹」
編集部が、田原総一朗と猪瀬直樹にインタビューをし、二人のこれまでのノンフィクションとの関わりを追う。

「若手訳者競作!海外ノンフィクション新潮流」
三人の若手訳者が翻訳した作品の一部を掲載するというコーナー。

というような内容です。
こういう、ノンフィクションについてまとまった作品というものをたぶん読んだことがなかったので、面白かったですね。ホントに、読みたい本が山ほど増えて困りました。
僕にとって「ノンフィクションを読む」というのは、「「正しさとは何か?」と問い続けること」だと思っています。一つの出来事・事件・災害に対して、それをどこから見るかという視点はいくらでも選択できる。その中のどれか一つだけが正しいわけではない、ということを、僕はノンフィクションをたくさん読みながら学んでいったと思う。自分の目で見たり感じたりしたものはまた別として、こうやって本やあるいは映像で、自分が知らなかった世界や状況を知るということは、『誰かの視点を借りてそれを見ている』ということだ。世の中には、ありとあらゆる状況があって、その一つ一つに対して様々な価値観が存在する。その中からノンフィクション作家は、たった一つの出来事を、限りなく選択肢の少ない視点から見定めようとする。無限の状況を無限の視点で捉えていたら、作品という形にはならない。どうしたってノンフィクションやドキュメンタリーというものは、何かの視点で切り取られたものになるのだ。
それ意識しながらノンフィクションを読み、「正しさとは何か?」と考える。逆に言えば、そういう風に感じさせてくれる作品こそ、僕にとっては素敵なノンフィクションということになる。ただ事実を知りたいわけではない。そこに誰のどんな視点があり、それがどのように揺らぎ、「正しさ」が見えにくくなる。その不安定な感じすべてをそのまま作品の中にぶっ込んでもらえると、読んでワクワクさせられるノンフィクションだなと思う。
そういう話は、「ノンフィクション連続講座」の中でも繰り返し語られることになる。
特に森達也は、ノンフィクションに客観などありえないと断言し、主観で何を切り取るかにこそ意味があるのだ、というようなことを繰り返し主張する。著作を読んでそういう主張については知っていたけど、改めて本人の口から聞くとやはりその想いは強いのだなと思わされる。
個人的に一番面白かったのは、「雑誌編集者の軌跡 ノンフィクションが生まれる現場で働く」かもしれない。ここでは、ノンフィクション系の総合誌がまだ元気だった時代に、彼らが一体どんな風に仕事をしてきて、また新しいノンフィクション作家を見つけ出し育てていったのか、というような話が描かれていて、凄く面白いと思った。特に驚かされるのは、やはりオウム真理教だ。森達也は「A3」の中で、「オウム真理教の存在が、日本人の色んな価値観を変えた」的なことを書いているのだけど、本書でも同じようなことが描かれている。
地下鉄サリン事件が起こると、メディアではとにかくオウムバブルが起こった。オウム真理教の話であれば何でも載せろ、という風潮になってきた。そんなおり、編集部に怪文書が届くようになる。オウム真理教についての中傷的な与太話が書かれているものだ。
『週刊プレイボーイ』の編集長だった鈴木力はそれらを無視したが、驚いたことに他誌は裏づけも取らないままバンバン載せた。鈴木は結局、そういう記事を載せなかったことで異動させられることになる。

『今思うと、この事件をきっかけにして雑誌ジャーナリズムの倫理が崩れたとつくづく思った。オウム事件の前までは雑誌にも倫理があった。しかし、オウム事件をきっかけに、売れれば何でも載せるという空気ができてしまったと思う。』

と鈴木は語る。
そして石井光太はこう結ぶ。

『かつて雑誌は、新聞やニュースの補えない深部をより多くのボリュームで報じるというところに役割を見出していた。だが、サリン事件をきっかけにして、雑誌を打つためならガセネタでもそのまま掲載するという風潮が生まれてしまったのだ。
こうしたことが大局的には雑誌の更なる部数低下に結びついているといえるが、東日本大震災の原発報道でもそのような傾向があったことは否めない。鈴木は、少なくともそうしたことの発端がオウム報道にあったと考えている。』

「A3」を読んだ時にも思ったけど、オウム真理教というのはそれほどメディアに、そして国民の意識に、多大なる影響を及ぼしたのだな、と改めて実感させられた。

あと個人的に、ちょっと凄すぎるなと思ったのは、田原総一朗。この人はちょっと頭がおかしいんじゃないかと思った。

『ドキュメンタリーもノンフィクションも刑務所の塀の上を歩くようなもの』

と語る田原総一朗は、かつて撮ったドキュメンタリーで、ピアニスト・山下洋輔を扱ったものがある、という話をする。
この企画が、ちょっとぶっ飛びすぎていると思う。
山下に「どういう状態でピアノを引くのがいいか?」と聞いた田原総一朗は、「弾きながら死ねればいい」という山下の答えを聞き、早稲田大学へと向かう。そこで黒ヘルの連中に、「山下洋輔という男がいて、ピアノを弾きながら死にたいと言っているんだけど、どうだろう」と持ちかけるのだ。それで早稲田の大隈講堂からピアノを盗み出し、民青が占拠している校舎の地下に入れる。そうやって、ゲバルトが起こるように仕向けた。結果的にそれは起こらなかったが、もしゲバルトで山下洋輔が死んでいたら、僕は当然逮捕されたでしょうし、番組も潰れたでしょう、と語っている。いや、もうホント、何言ってるのかわかんないんっすけど、って感じだ。これぐらいぶっ飛んでないととんでもないものは作れないんでしょうねぇ。
色々書きたいこともあるんだけど、時間がないので、作中から気になるフレーズをあれこれ抜き出して終わろうと思います。

「ノンフィクション連続講座」
松本仁一:「つまり、テレビや新聞が取材対象としているところはあくまでも取材のスタートラインでしかなく、そこからどんどん奥へ進んでいくわけです。」

松本仁一:「昔は、デスクや部長というのは責任を取るのが仕事でした。だから、下に対しては、「お前ら好きにやれ、そのかわり部長は、夜は飲んでいてほとんど使いものにならんけど、お前らがやりそこなったときに辞表を書くぐらいの準備はしている。お前らが辞める必要はない、俺が辞めれば済むんだ」と、はっきりしていた。」

森達也:「表現における客観性など、100パーセントありえないと思っています。何かを撮る、あるいは取材すると決めた瞬間に、自分の主観は発動しています。」

藤原新也:「だけどね、写真っていうのは「撮らない」ことによって想像力が生まれる世界なんですよ」

藤原新也:「今はコピー時代だから、気の利いたワンワードがあるとなんとなく納得しちゃうところがあるけれど、それではいけない。今日、二時間近く色々なことを話ました。その色々な所から一つのこれだけはという言葉を導き出すのは僕じゃないんです、あなたたちなんですよ」


「雑誌編集者の軌跡」

『これは「月刊現代」などの場合でも同じだが、昔も今も「週刊プレイボーイ」には広告があまり入らなかったし、どれくらい入ったのかたいして気にしていなかった。広告を入れれば、書けない記事が増えてしまうためだ。それゆえ編集部員たちは広告のことなどは考えずに、記事や企画の面白さによって読者をひきつけ、あくまで実売で勝負するしかなかったし、その競争が雑誌に面白さを生み出していたといえるだろう』

『(「g2」は)編集部をつくらず、社内でやりた編集者が有志として名乗り出る体制を組むことにした』

「スペシャルインタビュー」

猪瀬直樹:「(作家としてデビューするまではどういう作品を読んでいたかと問われ)…そんなのはめ、関係ないんだ。何を読んだかではなく、何を考えたかだ。俺じゃなきゃ出来ないというものは、考えないと出来ない。考えて、どうしたら古くならないかを考える。」

読みたい本がガリガリ増えたんで、そういえばあれは部屋のどこかにはあったよなぁ、みたいなことを思い出しつつ部屋の本を漁ったり、本屋の棚をウロウロしてみようと思います。やっぱりどうにかして、もっとノンフィクションがナチュラルに読まれる雰囲気になるといいし、そうなるように、売り手として自分も努力しないといけないなと思います。とりあえず近々の目標として、本書をメインとして常設の「ノンフィクション棚」を作ろうかな、とか思っています。是非読んでみて下さい。

石井光太編集「ノンフィクション新世紀」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2300-4efb9cb9

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)