黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

暇と退屈の倫理学(國分功一郎)

内容に入ろうと思います。
本書は、「なぜ人は退屈するのか?」「なぜ人は暇だと苦しむのか?」という、誰しもが日常的に感じているだろうことをとりあげ、それについて思考・分析する内容です。
内容についてはあとで詳しく触れますけど、これはもう超絶的に面白かった!もう最近面白い本ばっかり読んで感想を書いてるんで、こういう表現に胡散臭さを感じる方もいるかもしれないけど、いや、ホント、べらっぼうに面白かった!
「暇」と「退屈」の話だけで、まさかこれほど面白い作品に仕上がるなんて、全然予想も出来なかった。本書の著者は哲学が専門の大学の准教授だし、確かに作中でルソーだのハイデッガーだのと言った哲学者の話も出てくるんで、なんか難しそうな内容に思えるかもしれないけど、これが本当に全然そんなことないのだ。僕は確かに好きで哲学の本を時々読むから哲学的な知識は若干あるけど、でも本書で描かれていることは一切まったく知らなかった。それでも、全然難しく感じさせずに読ませる。僕は、国語の授業が嫌いで、特に教科書に載ってる評論的な文章とか、ちんぷんかんぷんだなぁとか思いながら読んでたような、難しい文章になると途端に読めなくなっちゃう人間なんだけど、本書はホントに易しく描かれていると思いました。頑張れば高校生でも読めるんじゃないかなぁ。
本書は、「暇とは何か?」「なぜ人は退屈するのか?」というような哲学的な疑問からスタートしながら、哲学のみならずありとあらゆるジャンルにまたがった考察がなされる。「退屈の起源」として人類史の話が出てくるところとか、ハイデッガーの退屈論と共にとある生物学者が提唱した「環世界」という概念が持ち出されるなど、本当にジャンルミックスな感じなのだけど、その中でも圧巻だったのが、「暇と退屈」と「経済」との関わりの話だ。他の章の話は、生きていく上で悩みを抱えている人にはなんらかの示唆を与えるものかもしれないけど、基本的には知的好奇心を満たす目的で読む感じだと思う。でも、この経済との関わりの話は、この恐るべき消費社会を生きる僕らが捉えておかなくてはならない重要な視点を提示してくれているように思う。本当にこの、経済との関わりの話には感心させられた。確かにその通りだなぁ、と。
さて、多分に引用を駆使しつつ、僕に出来る範囲で(あと僕の時間の許す範囲で)本書の内容紹介に入ろうと思います。

序章で「「好きなこと」とは何か?」と題して、著者は本書で提示したい問題をクリアにする。それをざっと説明しよう。
現代の消費社会は、需要が供給に先立って存在するのではなく、供給が需要に先立って存在する。つまり、企業が売りたいと思うものが先にあり、それを消費者に欲しいと思わせるのだ。そういう形で、資本主義は僕らを豊かにした。
労働の環境も変わった。かつて労働者は余暇などなかった。しかし次第に労働者は余暇を得ることが出来るようになってきた。
しかし僕らは既に、「何が楽しいのか分からない」。広告によって、何が楽しいのかを教えてもらえなければ、僕らは自分たちが何を好きなのかわからないのだ。
資本主義はそこにつけこみ、消費者の「暇」を搾取している。
なぜ「暇」は搾取されるのか?それは人が退屈することを嫌うからだ。
では何故人は暇の中で退屈してしまうのか?そもそも退屈とはなんだろうか?
これが本書のスタートとなる問い掛けです。
序章では、明日もし社会主義革命が起こってしまったらどうしよう、と考えていたモリスという人物のことが取り上げられる。モリスは、社会主義になることで人々は暇になる。その膨大な退屈をどうやり過ごせばいいのか、と革命の前から考えていたのだ。
モリスの解答を発展させて、本書ではこう書かれている。

『人はパンがなければ生きていけない。しかし、パンだけで生きるべきでもない。私たちはパンだけでなく、バラも求めよう。生きることはバラで飾られねばならない』

暇な時間の中で自分の生活を芸術的に飾ることが出来る社会、それこそが「ゆたかな社会」だとモリスは考えた。

第一章は「暇と退屈の原理論」。ここでは、パスカル・ニーチェ・ラッセル・スヴェンセンという四人のそれぞれの退屈論に触れている。
パスカルの退屈論の始点は、

『人間の幸福などというものは、どれも人間が部屋にじっとしていられないがために起こる。部屋でじっとしていればいいのに、そうできない。そのためにわざわざ自分で不幸を招いている。』

そしてパスカルはこう主張する。

『おろかなる人間は、退屈にたえられないから気晴らしをもとめているにすぎないというのに、自分が追い求めるもののなかに本当に幸福があると思い込んでいる』

ニーチェはこう主張した。

『苦しむことはもちろん苦しい。しかし、自分を行為に駆り立ててくれる同期がないこと、それはもっと苦しいのだ。何をしてよいのか分からないというこの退屈の苦しみ。それから遁れるためであれば、外から与えられる深谷苦しみなどものの数ではない。自分が行動へと移るための理由を与えてもらうためならば、人は喜んで苦しむ。』

ラッセルはこうだ。

『退屈とは何か?ラッセルの答えはこうだ。退屈とは、事件が起こることを望む気持ちがくじかれたものである。』

となれば、こうなる。

『ならば、事件はただ今日を昨日から区別してくれるおのであればいい。すると、その事件の内容はどうでもよいことになる。不幸な事件でもよい。悲惨な事件でもよい。』

『退屈する人は「どこかに楽しいことがないかな」としばしば靴にする。だが、彼は実は楽しいことなどもとめていない。彼がもとめているのは自分を興奮させてくれる事件である。』

スヴェンセンの立場は明確だ。

『退屈が人々の悩み事になったのはロマン主義のせいだ。』

『ロマン主義者は一般に「人生の充実」をもとめる。しかし、それが何を指しているのかはだれにも分からない。だから退屈してしまう』

こんな調子で引用してたら最後まで終わらないから、引用はもうちょっと減らそう。

第二章は「暇と退屈の系譜学」。ここで著者は、「退屈の起源」がどこにあるのかを探る。
この話は実に興味深い。結論だけ書けば、「遊動生活から定住生活になったことがきっかけで、人は退屈を覚えるようになった」となる。ここでは、西田正槻という人が提唱した「定住革命」という話がとりあげられ、それと絡めて退屈の話が展開されていく。メチャクチャ面白い。

第三章は「暇と退屈の経済史」。僕がさっき圧巻だと言った経済との関わりの話は、次の第四章で出てくるからこの章ではない。ここでは有閑階級のや労働者と言った観点から経済史を眺めることで、「暇」を持つことが権威であった時代が存在したことや労働者の扱われ方の変遷、そして消費者の変化。それらが「退屈」とどう関わっていくのか、ということを見ていく。

第四章は「暇と退屈の疎外論」。この章では後半で、「疎外と本来性」について、これまで哲学的にどんな議論がなされ、それがどのように的外れであるのかを指摘していて、その部分もハチャメチャに面白いのだけど、何よりもそれ以上に、初めの方で展開される「浪費と消費の違い」の話が圧巻だ。
いくつか引用しよう。

『浪費は満足をもたらし。理由は簡単だ。物を受け取ること、吸収することには限界があるからである。身体的な限界を越えて食べることはできないし、一度にたくさんの服を着ることもできない。つまり、浪費はどこかで限界に達する。そしてストップする。』

『しかし人類はつい最近になって、まったく新しいことを始めた。
それが消費である。
浪費はどこかでストップするのだった。物の受け取りには限界があるから。しかし消費はそうではない。消費は止まらない。消費には限界がない。消費はけっして満足をもたらさない。
なぜか?
消費の対象が物ではないからである。
人は消費するとき、物を受け取ったり、物を吸収したりするのではない。人は物に付与された観念や意味を消費するのである。ボードリヤールは、消費とは「観念的な行為」であると言っている。消費されるためには、物は記号にならなければならない。記号にならなければ、物は消費されることができない。』

『現代の消費社会を特徴づけるのは物の過剰ではなく希少性である。消費社会では、物がありすぎるのではなくて、物がなさすぎるのだ。
なぜかと言えば、商品が消費者の必要によってではなく、生産者の事情で供給されるからである。生産者が売りたいと思う物しか、市場に出まわらないのである。消費社会とは物があふれる社会ではなく、物が足りない社会だ。
そして消費社会は、そのわずかな物を記号に仕立て上げ、消費者は消費し続けるように仕向ける。消費社会は私達を浪費ではなくて消費へと駆り立てる。消費社会としては浪費されては困るのだ。なぜなら浪費は満足をもたらしてしまうからだ。消費社会は、私たちが浪費家ではなくて消費者になって、絶えざる観念の消費のゲームを続けることをもとめるのである。消費社会とは、人が浪費するのを妨げる社会である。』

『消費は贅沢などもたらさない。消費する際には人は物を受け取らないのだから、消費はむしろ贅沢を遠ざけている。消費を徹底して推し進めようとする消費社会は、私たちから浪費と贅沢を奪っている。
しかも単にそれらを奪っているだけではない。いくら消費を続けても満足はもたらされないが、消費には限界がないあkら、それは永遠と繰り返される。永遠と繰り返されるのに、満足がもたらされないから、消費は次第に過激に、過剰になっていく。しかも過剰になればなるほど、満足の欠如が強く感じられるようになる。
これこそが、20世紀に登場した消費社会を特徴づける状態にほかならない。』

『消費社会を批判するためのスローガンを考えるとすれば、それは「贅沢をさせろ」になるだろう。』

この話は感動的に面白かった。
そしてその後で、「疎外と本来性」の議論から、「本来性」へと向かわせるから「疎外」を扱うのは止めよう、という哲学の風潮を切り裂いて、ルソーとマルクスの主張したことを丁寧に読み解くことで、「本来性なき疎外」について思考する。

第五章は「暇と退屈の哲学」。ここでは、退屈論の最高峰と著者が呼ぶ、ハイデッガーの「形而上学の根本諸概念」という難解な作品を、著者が噛み砕いて説明することで、ハイデッガーが主張した退屈論を追っていく。
その中でハイデッガーは、第一形式、第二形式、第三形式という三つの退屈の種類について、具体例を混ぜながら丁寧に思考していく。このハイデッガーの退屈論は、それまでに紹介されたどの哲学者の退屈論よりも詳細に紹介されたから、という理由もあるかもしれないけど、どの退屈論よりも面白かった。もの凄くあやふやなスタート地点から、そこまでかっちりとした議論をすることが出来るのだな、という感動がある。著者は、ハイデッガーの結論に納得がいかないとしつつ、ハイデッガーの主張をうまく援用することで、本書独自の視点を提示する。

第六章は「暇と退屈の人間学」。ここでもハイデッガーの主張が検討される。ハイデッガーは退屈について述べた後、動物の退屈についても主張したという。つまり、動物は退屈するのかどうか、という問いだ。これについてハイデッガーは、ユクスキュルという理論生物学者が提唱した「環世界」という概念を批判しつつ、退屈を論じる過程で人間と動物を区別するものについて主張する。
しかし著者は、ハイデッガーの論証はおかしいとして、同じく「環世界」の考え方を援用しつつ、ハイデッガーの議論とは違う結論を導き出す。

第七章は「暇と退屈の倫理学」。ここでは、これまで追ってきた議論を、主にハイデッガーの主張を柱にしつつ、人間が退屈するというのはどういうことなのか、というまとめに入る。本章の主張を端的に表現していると思われる一文を引用しよう。

『習慣を作らねば生きていけないが、そのなかでは必ず退屈する。だから、その退屈をなんとなくごまかせるような気晴らしを行う。人間は本性的に、退屈と気晴らしが独特の仕方で絡み合った生を生きることを強いられているのだとすら言いたくなる。』

そして結論・あとがきと続いて本書は終わる。
ちょっと僕の方の時間がなくて駆け足になったけど、本当にこの作品は、知的好奇心を満たす作品、という点ではここ最近読んだ中では比較になるものがちょっと思いつかないぐらい面白かったです。「暇」と「退屈」というたったこれだけのテーマから、哲学だけではなく様々な分野の知識を取り込みながら、人間とは何か?生きていくとはどういうことか?というような問いかけを迫る作品で、それでいて全然難しくない。クスリと笑わせる部分があるわけでもないのに、読んでいると、自分の内側の知的好奇心がドンドンと満たされて膨らんでいくことが分かる。もうとにかくハチャメチャに面白い作品を読んだ。是非是非是非とも読んでみて下さい。

國分功一郎「暇と退屈の倫理学」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2193-a66b5df7

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
9位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)