黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

書店ガール(碧野圭)

内容に入ろうと思います。
本書は、ペガサス書店吉祥寺店(実在しない)という新刊書店を舞台にした、女性のお仕事小説です。
物語は、なかなか波乱万丈なところから始まる。
副店長である西岡理子は、同じ店の若くて美人な社員・北村亜紀の結婚式に出席している。店の女性で参加したのは、理子だけだ。亜紀は昔から、同じ店の契約社員で、女子スタッフから人気のあった三田孝彦と付き合っていた。それだけでも店内の女性スタッフのやっかみがあったのに、さらにその上亜紀は、あっさりと付き合う相手を乗り換え、サイン会で漫画家と一緒に店にやってきた編集者と結婚した。その不満が、未だ女性スタッフの中から消えない。独身の理子は理子で、若くて美人な亜紀に対して反発心があるのだが、ちょっとした事情があって結婚式に出ることにした。付き合っていた相手と別れたばかりの理子にとっては、なかなか辛い場だ。
ほんの些細な行き違いが大事になって、結婚式の場で理子と亜紀はやりあってしまう。それまでも決して上手く行っているわけではなかったが、それをきっかけにして二人の関係は決裂してしまう。
とはいえ、お互い同じ店で働く者同士だ。仕事には影響を与えたくない。と思っていても、周りがそうはさせてくれない。二人の思惑とは違い、理子と亜紀の仲違いはどんどんと大きな影響力を持ち、仕事上でも様々な支障をきたすことになる。
そもそも理子と亜紀では、性格も考え方も違う。書店員としてのあり方の理想が違うので、売り場でも様々に対立してしまう。その対立が、個人的なわだかまりと相まって、余計状況を悪化させてしまう。
母を亡くし、退職した父と二人暮しの理子は、父親の面倒を見る負担について、頭を悩ませることが増えた。一方新婚の亜紀は、新雑誌創刊のために超絶的な忙しさの中にいる夫と、ちょっとした考え方の違いから口論めいた感じになってしまうことが増えた。
お互いがそれぞれの悩みを抱える中、ペガサス書店吉祥寺店をとんでもない事態が襲う。きっかけは、理子がペガサス書店で初めての女性店長に就任することが決まったことだった…。
というような話です。
いやはや、やっぱり面白かったなぁ。「やっぱり」というのは、実は僕は本書の親本である「ブックストア・ウォーズ」という作品も読んでいて、文庫化に当たって再度読んでいる、ということなのです。
さて、本書の良さをどう伝えようか。
というのも、僕自身が書店員であるという事実が、何らかのバイアスとして先入観を与えちゃうよなぁ、という危惧があるのです(余談ですが、僕は本を売るということについて、「それを手に取る人がどんな先入観を抱くか」という部分を一番に考えてしまいます。そのタイトルや装丁から、あるいは僕の展開の仕方からどんな先入観を抱くか)。
まずは、当たり障りのないところから攻めて行きましょうか。
本書は、お仕事小説として素晴らしく面白い。もちろん、僕が書店員だからという部分はあるでしょうけど、それは後でまた書きます。
本書では、「ザ・女の闘い」というようなものが結構メインで描かれる。そもそもまず、理子と亜紀という、お互いになかなか我が強く、お互いに引かない性格の二人の直接的なバトルというのも凄く面白い。この直接のバトルは、仕事に関わる部分と、相手への個人的な嫌悪感が、ストーリー上非常に巧く入り混じった形で展開されていく。仕事において理子が亜紀を注意しなくてはいけない。あるいは、亜紀が副店長である理子に何か提案するが、どれもはね除けられる。でも亜紀はそれらを、自分への個人的なやっかみから来るものだと受け取る。そういう些細なことが積み重なって行って、二人の関係性がどんどん悪くなっていく。理子も亜紀も、仕事に対する姿勢は真摯だ。お客さんに喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、そして売上を上げたいという思いは同じ。しかし、基本的な考え方の違いから、二人はなかなか折り合うことが出来ない。そういう描写が本当に巧い。
こういうことって、別に女性同士のバトルに限らなくても、結構あったりしますよね?やっかみや足の引っ張り合いがあったり(あるいは、それがあるという被害妄想を抱いたり)、個人的な感情から合理的ではない判断や行動をしてしまったりする。そういう、働いていればどうしたって直面してしまいがちな、真剣な人間同士がぶつかり合う過程が、書店や出版業界の状況を非常に巧く描きながら展開されていくのが凄くいい。
それだけでなく、理子と亜紀のバトルが代理戦争のように発展していく過程もまた見事だ。どういう形の代理戦争なのか、というのはネタを明かさないことにするけど、店舗内や本部などの様々な思惑が実に複雑に絡みあって、理子と亜紀の個人的な諍いが、店全体の問題に擦り変わっていく。読者は、理子の側・亜紀の側両方の言い分や考え方を知ることが出来る。だから、二人が争っていることそのものに、凄くもどかしい思いにさせられることになる。仕事をしている中で、本書で描かれるような状況に陥ることってあるだろうし、今はなくても、そういう状況に陥りかねない職場というのはきっと多いと思う。本書では女性同士のバトルだけど、亜紀の夫であるマンガ編集者がある場面でちょっと口にするように、こと仕事に関して言えば、男の嫉妬もなかなかに恐るべきものがある。自分の周りの具体的な状況を思い浮かべながら読んじゃう人もいるんじゃないかなと思います。
また本書は、女性が社会の中で働くこと、という一回り大きなテーマも存在する。40歳の理子は、20歳から5年間バイト、その後社員を15年やって店長になった。仕事一筋というわけでもなく、恋もしている。ただ、望んだ通りの人生だったかというと、もちろんそんなことはない。今も、いつ要介護状態になるかわからない父親との二人暮らしだ。初の女性店長ということで、色んな形でのやっかみもあるし、くだらない嫉妬もある。その上、衝撃的な事実を知らされた理子は頑張っていかなくてはいけない。これから結婚することもあるだろうが、老いた父を抱え、ずっと仕事をして生きていくという決意を知る中で、女性が社会の中で仕事をしていくことの難しさが浮き彫りにされる。
一方亜紀は、実はコネで書店に入った。結婚を機に仕事を辞めると周りからは思われていたけど、亜紀にはそんなつもりはない。以前から、書店員として働きたいという思いは強くあった。しかし、理子との様々なやり取りや夫との議論の中で、亜紀は徐々に、『書店で働くということ』『女性が働くということ』の輪郭をはっきりと認識していくことになる。そしてその上で、亜紀は自分が書店員としてやれるだけやってやりたいと思うのだ。理子と比べて、女性が社会で働くことへの葛藤のようなものは強くはないのだけど、コネ入社という苦労知らずのところから始まって、様々な過程を経て『働く』ということを見つめ直していく過程が面白いと思う。
そして、やはりこれに触れないわけにはいかないけど、書店の描写が面白い。これは実際、書店員ではないお客さんにどこまで面白いと感じられるのかは、ちょっとわからない。書店員的には、そうそう!とか、あぁあるある!というようなネタがあっちこっちに転がってるのだけど、やはりそれは内輪的な面白さかもしれないよなぁ、と思わなくもない。
とはいえ本書には、実在するマンガや小説のタイトルがバンバン出てきたり、実在する集まりや実際にあった出来事などをかなりふんだんに取り込んで、かなり現実的な書店の状況というのを描き出していると思う。単行本の「ブックストア・ウォーズ」刊行時には業界の中には存在しなかった話も盛り込まれているので、かなり加筆されているのだろうと思う(僕は記憶力が貧弱なので、実際どの程度加筆されているのかはわからないのだけど)。
著者は、本書の取材のため、というわけではなく、全国のあらゆる書店を回ってその記録をブログで書いている。もちろん、自著の営業も兼ねているわけだけども、書店というものに関心が強いのだろう。実はうちの店にも来てもらったことがあるのだが、かなり鋭く色んな質問をされて驚いた。そういう著者だからこそ、100店舗以上の書店回りの経験を通じて得た感触や価値観なんかを、加筆修正の際にかなり有効に使えたのではないかと思う。他の書店員が読んだらどうかわからないけど、少なくとも僕は、細かなところの描写まで含め、書店や書店を取り巻く環境をかなり正確に描写していると思うし、その細部へのこだわりが、本書のストーリーを引き立てる役割を担っていると感じました。
さて、後で書くと言っていたことを書くことにしましょう。
おさらいすると、僕が危惧していることの一つは、「どうせ書店員が本屋の話を読んだから面白く感じられたんでしょう?」と思われることだ。そうではないのだ、ということを伝えたいと思うわけです。
本書を読むと、書店員がどんな風に考えて仕事をしているのかが分かる。
これは、本書の魅力のトップに挙げてもいいと個人的には思うのだけど、ここで話をするためにとっておいたのだ。
書店はどこに行っても同じだ、という先入観を持っていたりしないだろうか?その先入観は、決して間違っているわけではない。やはり書店にもそれぞれ良し悪しがあって、すべての書店がその店独自の考え方を持っているわけではないし、持っていてもそれが売り場を通じて伝わってくるわけではないだろうと思う。
しかし世の中には、その店独自の考え方を持ち、それを売り場で表現している店がある。また、店の方針に限らず、世の中あまたいる書店員の多くはそれぞれ、自分なりの書店哲学みたいなものを持っていて、どうすればお客さんに楽しんでもらえるか、喜んでもらえるかを考えている。
しかし、書店の売り場を見ているだけで、それを全部読み取ることはまず不可能だろうと思う。
実際、書店員が何をどう考えて売場作りをしているのかなんて、別に知らなくたっていいという意見はあるだろう。僕もそう思う。別に、そんなこと知らなくたって本は買える。
でも例えば、純粋な好奇心としてそういうことを知りたくなることってないだろうか?例えば、アップル社がマッキントッシュというコンピュータをどんな思想で作り上げたのか、知りたくなることはないだろうか?その思想を知らなくたってマッキントッシュは使える。でも、それを知った上で使えば、またちょっと違った視点を得られるかもしれない。
本書もまさにそうだ。本書を読んでから書店に行くと、いつもとは違った視点で書店を見ることが出来るかもしれない。
書店員は、結構みんな各々の考え方を持っている。もちろんそれは、会社の方針に合わせなくてはいけないから、すべて自由に出すわけにはいかない。でも、すべての書店員が同じ理想を抱えて仕事をしているわけではない。
例えば、理子と亜紀は、お客さんを満足させたいという気持ちは同じなのだけど、それを実現するための発想は相当に異なる。そこが凄く面白い。僕も、様々な形で、書店員や出版社の人の色んな意見を耳にする。賛同できるものもあれば、賛同できないものもある。それほど、書店員の売り場に関する哲学というのはなかなか幅広いし、決して統一されているわけでもない。
普段本屋に本を買いに来てくれる方で、書店員がどうやって売場作りをしているのか想像を巡らせる人はそうはいないだろう。全然それでいい。本書は、書店員が売場作りについて自分なりの哲学を持っていること、そしてそれは個人によって全然違うことを、物語の展開の中にさりげなく含ませてくれている。書店員として僕はそれが嬉しいし、書店員が何をどう考えているのかに、売り場を見る以外で知る機会というのはなかなかないだろうから、純粋な知的好奇心を満たすという意味で、書店員ではない方にも楽しんでもらえるのではないかな、と思いました。
本書の解説で北上次郎は、後半の展開について、もしかしたら批判的な意見を抱く人がいるかもしれない、と書いている。確かに、その可能性はないではない。そううまく行くことはないだろうよ、と。
しかし北上次郎はこの点について、こう書いている。

『しかしこれは確信犯だろう。こういう細かな努力が実ることを信じなかったら私たちが働く意欲もなくなってしまう。努力は実る、と信じることは、客を信じるということだ。必ず見ている人はいる。その互いの理解と信頼で商売は成り立っている。結果はたまたまだ。』

これは、確かにそう思う。実際後半で描かれる事柄は、なかなか現実的ではないだろう。やること、に対してではなく、やった結果としてその数字が出るということがなかなか現実的ではないよな、と思えてしまう。でも、それでもいいじゃないか、と北上次郎は思わせてくれる。
最後に。本書の中で僕が最も好きで、この文章をそのままPOPのフレーズにしようかと考えているものがあるので、それを抜き出して終わろうと思います。

『ただの印刷物がちゃんと本や雑誌になるのは、人に関心を持たれたり、読まれたりするからじゃないかと思うんだよ。俺達がこうして一冊一冊触って、書棚に置けるようにしてはじめて雑誌は雑誌になる、そんな気がするんだ。だから俺達がやってるのは、雑誌としての命を吹き込んでいるんじゃないか、ってね。そう思うと、なんだかこういう作業にも意味がある気がしないか』

女性のバトルを通じて、書店業界というなかなか特集な環境を実に見事に切り取り、さらに、女性が社会の中で働くということについて考えさせる作品だと思います。ストーリー展開が非常に面白いので、一気読みさせられてしまうのではないかと思います。是非読んでみて下さい。

碧野圭「書店ガール」



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2192-1771dad4

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
14位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)