黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

少女は卒業しない(朝井リョウ)





内容に入ろうと思います。
本書は、廃校が決まり、卒業式の翌日に校舎が取り壊されることが決まっているとある地方の県立高校。その卒業式の一日を、七人の少女の視点で描いた作品です。

「エンドロールが始まる」
「作田さん、返却期限、また過ぎてますね」
毎週金曜日、私はそんな風に言われて、先生と話をした。静かにしていなくてはいけない図書室で、少しだけ顔を近づけて。
先生に個人的に借りた本。卒業式の朝、私は先生にいつもより早く学校に来て欲しいとお願いした。私にとって卒業式の日は、この本の返却期限だった。
あの日から伸ばし続けてきた髪は、まだちょっと短い。

「屋上は青」
「孝子は真面目だからな」
卒業式の日。授業をサボることも、宿題を忘れることもない優等生の私は、幽霊が出るという噂のある東棟の屋上にいた。尚輝から、久しぶりに連絡が来たからだ。
子どもの頃からずっと一緒だった尚輝。でも私はずっと、尚輝がいつか遠くへ行っちゃうってわかっていた。尚輝と私とは、全然違った。私が臆して出来ないようなことを、尚輝はいとも平気そうにやってのけた。
一年前、高校を辞めちゃった時も。
尚輝は、なんだかずっと変わらなかった。着ているTシャツが、空みたいに青い。

「在校生代表」
「岡田、今回下がってたぞー」
テストの順位を貼り出すのが担任のザビエルだったせいで、私はいつもそんな風に言われた。
卒業式で私は、とてもとても長い送辞を読んでいる。
卒業式の後の恒例の卒業ライブ。一年生の時に初めて行ったそのライブで私は、照明をやっている人に目を奪われてしまった。
その人は、部活の先輩を除いて上級生で唯一、私が名前だけは知っている人だった。
私は、成績を貼り出すザビエルにお願いをして、それから生徒会に入った。

「寺田の足の甲はキャベツ」
「ゴトーぶちょー(のおっぱい)大好き!」
卒アルに後輩からそんな風に書かれる私は、男バスの寺田と付き合っている。
男バスなんかには、初めは全然興味がなかった。ある日寺田が女バスの爆笑の渦に包まれている時、たぶんあの時、寺田の足の甲がキャベツみたいに見えたからかもしれない。
昨日倉橋にメールで頼んでおいてよかった。
私は今日、ちゃんと言わなきゃいけない。

「四拍子をもう一度」
「神田さん、落ち着いて」
卒業ライブの控え室で、私を始めみんながパニックになっていた。
ライブのトリで、校内で絶大なる人気を誇るビジュアル系バンド・ヘブンズドアのメンバーの化粧道具と衣装一式がすべてなくなってしまったのだ。
どうしよう。ヘブンズドアのボーカルの「刹那四世」こと森崎は、この三年間と同じように意味不明なことをつぶやきながら、この事態に動揺しているようには見えない。
どうしよう。このままだと、私がずっと隠したかったことが、みんなにばれちゃう。

「ふたりの背景」
「あすかちゃん。僕ね、ふしぎなんだ」
夏休み明けの学園祭で、東棟の壁に絵を描いていた正道くん。正しい言葉だけを発しようと口数が少なくなってしまうけど、その綺麗な感情が私には心地いい。
カナダから転校してきた私は、すぐにクラスに馴染めなくなった。
正道くんたちと一緒にいることで自分がどう見られているのかももちろん知っているけど、でもどうでもいい。
私はこれから、アメリカに行く。

「夜明けの中心」
「もし今日誰かに会うなら、まなみだろうなって思ってた」
卒業式が終わったその日の深夜、私は今日取り壊されることが決まっている校舎に忍び込んだ。幽霊が出るという噂があるけど、今の私にはその噂は全然怖くない。むしろ、羨ましい。
教室に入ると、そこに香川がいた。駿と同じく剣道部で、部長だった。香川とは、しばらくちゃんと喋っていなかった。深夜の校舎という環境が、お互い口を開かせる。
明日この校舎がなくなっちゃうなんて、信じられない。

というような話です。
やっぱり朝井リョウは凄い。これまで朝井リョウの作品を結構読んできたので、もうその凄さには驚かなくなった。イチローが◯年連続で200本安打とか聞いても、「すげぇなぁ」って思うけどそれ以上に「やっぱり」って思うのと似てる。僕の中で朝井リョウはそれぐらい、安定して高いところにい続けている作家だ。
ホントに凄いなと思う。
本書は、デビュー作の「桐島、部活辞めるってよ」以来の、全編高校生が主人公の作品です。そして「桐島~」との最大の違いは、主人公が全員女子ということ。
僕は男なんで、もちろん女子的な感覚がきちんと分かるわけじゃない。じゃないけどやっぱり、朝井リョウの女性の描写は凄いなと思う。ああ、女子だなぁっていう感じが凄くする。男とは全然違う感覚で生きているように見える女子の、その「全然違う」感じが、少なくとも男にはよく伝わってくる。女性がこの作品を読んでどう感じるかは分からないけど、でも女性にしても、この作品の主人公たちのどこかに自分の何かが溶け込んでいるように感じられるのではないかと思う。
女子を描いているかどうかに限らず、やっぱり相変わらず朝井リョウの人物描写は素晴らしい。
これまでも「桐島、部活辞めるってよ」「星やどりの声」「もういちど生まれる」の感想の中で、朝井リョウの人物の描き方・切り取り方の凄さみたいなものを自分なりの言葉で書いてきたつもりだけど、同じ事を書いても仕方がないのでまた違うことを頑張って書いてみようと思う。
朝井リョウは、五感をフルに使った『世界の捉え方』が絶妙だ。
昆虫は、眼を持っているけど、人間とはまったく違った見え方をしている、と言われる。目が捉える光の種類が違う(赤外線とか紫外線とか、そういうものを捉えているんだったかな?)から、僕らが目で見ている光景と、昆虫が眼で見ている光景は恐らく全然違ったものだろうと言われている。
朝井リョウは世界を、僕らとは違った『眼』で見ているのかな、という気がする。
それは『眼』だけではない。『耳』も『鼻』も『皮膚』も『舌』も、全部僕らとは違った形でこの世界を捉えているんじゃないかという気がする。
そしてその『世界の捉え方』を、登場人物たちの個性に落としこむことが本当に巧い。その場面でどんな音を捉えるか、どんな光景を捉えるか、どんな皮膚感覚を捉えるか、その選択。それらの絶妙な組み合わせが、登場人物たちの個性をこれでもかと際立たせる。
読んでいる方からすると、夢から覚めた直後みたいな感じかもしれない。本書で描かれる五感は、読者にもその残滓が伝わってくる。直接見たわけでも聞いたわけでも触れたわけでもない『感覚の名残り』みたいなものが、読んでいる間僕らにもうっすらと伝わってくる。鋭敏な世界の捉え方をするが故に、描写された五感を自分の感覚として捉え直すのではなくて、登場人物たちが感じたものそのものの残滓が文字を通じて僕らに伝わってくるような感じがする。
それはまさに、夢から覚めた直後みたいなものかもしれない。夢の中では、直接見たり聞いたり触ったりしているわけではないのに、夢から覚めた直後は、それらの感覚の残滓が体中に漂っているような感じがする。朝井リョウが描く五感は、そういう感覚を読者に届ける。なかなかそんな描写の出来る作家はいないと思う。
高校生は、揺れる。まだ何者でもなく、何者でなくてもいいという最後の余裕がある中で、何者にもなれる偉大なる可能性を持ちつつ、でも彼らはそれを素直に捉えることが出来ない。
何故なら彼らにとっては、『今』という時間があまりにも絶大すぎる。
この絶大な『今』から視線を逸らして、ずっと先にあるはずの未来を見るなんて、出来ない。『今』だけに固定されていたら何者にもなれないとわかっていても、それでもその圧倒的な『今』から取り残されるわけにはいかなくて、『今』という時間の中で全力疾走してしまう。
だからと言って、『今』を確かに掴めるわけでもない。というか、『今』を確かに掴めているわけではない人達が描かれている。
少女たちを主人公にした物語は、全体的に恋愛的な話でまとめられている。あくまで「恋愛的」と書いたのは、この作品には、「恋愛小説」と表現することでこぼれ落ちてしまうものがあまりにも多いからだ。誰かを好きになって、付き合って、楽しいことがあって、なんていうわかりやすい話ではない。これって恋愛なのかな?という話もあれば、恋愛だったものの欠片を眺める話もある。べとっと塗りつけられてしまう油絵具のような感じではなくって、もっと薄くって淡くって、それってほとんど水じゃね?みたいな感じの薄められ方をした水彩絵具みたいな感じの恋愛が、なんか凄くグッとくる。高校時代に特別いい想い出があるわけでもなく、特別高校時代に戻りたいと思ったことがない僕に、なんか高校時代に戻れたりしたらいいかも、なんて思わせてくれた。すげぇよ。
そう、同じく高校生を主人公にした「桐島~」との大きな違いのもう一つは、本作はストーリー性が強いということ。
僕は朝井リョウの、目の前の一瞬一瞬の感覚を切り取って繋げていったような、ストーリー性で担保されているわけではない小説も相当好きなんだけど(「桐島、部活辞めるってよ」とか「もういちど生まれる」)、そういう描写を駆使しつ、ストーリー性で全体を貫く作品も好きだ(本作とか「星やどりの声」)。本作は、七人の少女の「恋愛的」なストーリーが、もの凄く読ませる。状況が分からないまま読み進めていって最後になるほどそういうことか、となるような展開の話も多くて、単純に技量的にもどんどんうまくなっているという感じがする。
朝井リョウの作品で巧いなぁと思う点は他にもあって、例えば、作中で描かれるモチーフを無駄にしないということ。というか、意味もなくただ雰囲気的に描かれるモチーフがない、ということ。本書でも、それぞれの話の中に出てくる、その話の中では特に意味を持たないモチーフが、別の話の中できちんと意味を持つようになる。そうやって、「明日校舎が取り壊される高校」という舞台以外にも短編それぞれを有機的に結びつけていて、素敵だなと思う。
そう、この、「明日校舎が取り壊される高校」という舞台設定も絶妙だ。これがどっしりと背景にあるからこそ、登場人物たちはわかりやすい感情を前面に押し出す必要がない。そういったものを全部「明日取り壊される校舎」という舞台設定がが担ってくれている、という部分が本当に大きいと思う。「明日校舎が取り壊される高校」という舞台設定が、非常に強く(しかし背景として邪魔にならない形で)作品全体のトーンを主張し続けてくれるので、そこで描かれる人物はそのトーンを自ら出さないでも感情を表現できる(少なくとも読者に向かっては)。そういうところも好きだ。
読んでいてホントに、大袈裟ではなく自分の動きが止まることがある。僕は、ご飯を食べながら本を読むみたいな、何かをしながら本を読むというのが普通なんだけど、例えば読んでいる間ご飯を食べる手が止まっていたりする。ハッと気づいてまたご飯を食べ始めるのだけど、そんな風に作品に読者を惹きつけてしまう力がある。これだけの引力を持った作家というのは、本当に凄いと思う。
よく小説を読んだ感想に、「この作品の世界にずっと浸っていたいと思わされた」というようなものがある。僕は正直、そういうタイプの表現に、なんとなく違和感を覚えてしまうんだけど(うまく説明できないんだけど、なんか頭で考えたような文章だよなぁと思ってしまう)、朝井リョウの作品に対しては、僕もそういう表現を使ってもいいかもしれないと思えてくる。ただ、「浸っていたい」というのはちょっと違うかな。「そことずっと繋がっていたい」という感じかな。
僕は意識的に、今回の感想では、「切ない」とか「悲しい」みたな単語を使わないで文章を書いた(はず)。朝井リョウの作品も、そういうところがある。登場人物たちは、「切ない」とか「悲しい」みたいな雰囲気を、自分から発することはそうない。なのに、作品全体としては、もの凄く「切ない」し「悲しい」。凄いよ、ホント。
個別に、それぞれの短編の話をざっとしよう。
一番好きなのは「在校生代表」かな。送辞だけ(ではないけど)で物語を完結させ、しかも送辞でそんなこと言っちゃうのかよ!みたいなことを自然に描写しているところが凄く好き。
「寺田の足の甲はキャベツ」も凄く好き。これは本当に泣きそうになった。
「四拍子をもう一度」は、ストーリーの展開という意味では一番絶妙かな。神田の想いとストーリーの展開が絶妙で、巧いなと思った。ストーリー展開で言えば「エンドロールが始まる」も素敵。
「屋上は青」は、主人公の女の子に凄く共感できてしまう話で好き。
「ふたりの背景」は、正道くんのキャラがよかったなぁ。
「夜明けの中心」は、はっきりした切なさが、この作品の中では結構異質で印象に残った。
朝井リョウは、本当に凄い作家です。是非とも読んでみて下さい!

朝井リョウ「少女は卒業しない」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

[4372]

こんにちは。

昨日、朝井さんのこの本を読みましたよ。主人公が女性という点にビックリしましたが
この若さで、よくぞここまで女性心理が分かっている!と感心しました。
私などより、ずっとずっとです(笑)。「女子だねぇ」というフレーズも出てきますよね。
設定も廃校になる高校の卒業式前後と言うことで、なかなかスリリングです。
連作なので、一つの物語としても読めますよね。

私としては「在校生代表」と「ふたりの背景」が良かったです。こんな送辞、聞いてみたいですねぇ(笑)。全校生徒、教員、保護者を前にした堂々とした「告白」ですよね。いやぁ、ご立派です!
「ふたりの~」は正道くんのキャラが良かったです。進学校ならでは(?)の嫉妬に耐え、美術部に居場所を見つけたあすか、正道君との会話が救いになっています。高校時代の女子は“自分が周りからどう見られているか?’が最大の関心事かも知れませんので、朝井さんはこの辺まで本当に良くご存じです。ご姉妹がいらっしゃるとか…?

今となっては昔々のことですが、私自身は高校の卒業式に欠席しました。中学校高校と皆勤でしたので、最後の最後に欠席というのは何としても残念でしたが、大学入試に被ってしまいました。いくら進学校ではないとしても、国立大の受験日に卒業式を行う先生方の気が知れません(爆)。もし、私の卒業式に参加していれば、高校時代に対する思い入れがちょっと違っていたかも…と思います。この作品のようなエピソードが私も欲しかったです(笑)。

最近は天気図から遠ざかって、ずっと読みたかった本を読んで過ごしています。また読んだ本が重なりましたら、コメントを送らせていただきますので、どうぞ宜しく。
寒い日が続きますが、お元気でお過ごし下さいますように。

[4374]

そうなんですよ~。朝井リョウって、なかなか凄くないですか?ホントに、こんなに女性心理が分かる男性作家って、珍しいよなぁって思います。年齢が近いから書ける、なんていうのとも絶対に違うでしょうからね。どっちかっていうと、若い時の方が、女性の心理がよくわからなくて悶々とする感じがします(笑) うろ覚えですけど、確か姉がいるんじゃなかったかなぁ。にしても、それだけでどうこうなるようなものでもないでしょうけどね。
でも、トークショーに行った時は、父親とか母親とかがまだちゃんと書けないんだ、みたいなことを言っていましたよ。

僕は、どの話も好きだったはずなんだけど、もう覚えてないんだよなぁ。でも、自分の内容紹介を読んでみて、大体どれも、どんなストーリーなのかは思い出せました~。

国立大学の受験日に卒業式ってのは、もはや嫌がらせレベルですね(笑)
そんなことあるのかー、って感じでした。
卒業式って、割と男子はダルそうにしてるけど(まあフリかもしれないけど)、
女子的にはやっぱり一大イベントのはずだから、どうせなら出れた方がよかったですよね。
惜しいことをしましたなぁ(笑)

天気図の方は、試験が一段落したとかでしたっけ?
お疲れ様でございました。
最近はもう僕は、勉強する気力とかないんで(笑)、素晴らしいなぁと思ってましたですよ。
バリバリ本を読んでいきましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2191-dff68130

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)