黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

21世紀の薩長同盟を結べ(倉本圭造)

内容に入ろうと思います。
本書は、京大からマッキンゼーに就職するも、「グローバリズム的思考」と「日本社会の現実」との矛盾に大きな違和感を抱き退職、日本で「カルト宗教団体」や「肉体労働」や「ホストクラブ」など、とにかく様々な職業現場に潜入し肌感覚としてそれを捉え、船井総研を経て独立。現在は、個人相手の人生戦略コンサルティングなるものを起業し、企業ではなく個人相手に、ビジネスに限らず相手が望んでいる願望の実現の手助けをしている著者による初の著作です。

内容の紹介は後でうんざりするほどしますけど、この本メチャクチャ面白かった!!

僕はホント、結構好きで新書を読むんですけど、これまで読んできた中でもトップクラスの面白さでした。新書なのに400ページもあるというなかなかの分量の作品で、しかも、タイトルからはなんの本なのかさっぱり分からない(読めば、作品にぴったり合ったタイトルだということはわかるんですけど)。なのでこの本、本当にうまく売ってあげないとちょっと埋もれちゃいそうな気がするなぁ、という感じがするから、どうにか売らないと!と思っています。
僕は、本書を読んでいる途中でPOPのフレーズが思いついたので、早速POP職人につくってもらったんですけど、こんな文章にしました。

『とうとう現れた!!
本書はまさに、『日本人のためのビジネス書』だ!

どのビジネス書を読んでもしっくりこない人。
どのビジネス書を読んだらいいかわからない人。
とにかく読んでみてください!
日本人だからこそ出来るビジネスの形が、ここにある!』

あくまでも、売りやすくするために「ビジネス書」という形で推すことに決めたんですけど、作品としては思想とか日本論とかいう感じになりそうです。でも、思想とか日本論とかでは手にとってもらえないだろうからなぁ。とはいえ、まさに本書は「日本人のためのビジネス書」だと思います。だから別に嘘をついているわけではない。ビジネスというものを通じて日本の特殊性を知り、その特殊性をどう現実に生かしていくのか、ということがかなり具体的に語られると同時に、今僕らが感じている閉塞感とかやるせなさみたいなものの源泉を指摘してくれもする作品で、本当に読んでて深々と納得させられる場面に溢れていました。
世の中にはビジネス書がこれでもかというくらい溢れています。僕はあんまり読んだことはないんですけど、でもまあ大体は、欧米的な考え方、つまり、とりあえずやってみるべ!失敗したっていいんだから突き進め!効率だ効率!成果をあげるためには何したっていいんだよ!理屈でゴリゴリ押し通せ!聞かないやつがいたら切り捨てろ!みたいなことが、もう少しオブラートに包んだ表現で書かれているんだろうなぁ、というイメージがあります。
でも、なかなかそういうのって、日本人には合わないですよね。
今世の中に出回っているビジネス書って、本書で言うなら『長州藩・ユダヤ人側の人間』(何言ってるのかわからないでしょうけど後で説明します)が、自分たちがこうやって成功できたんだからおまえらだってこうすりゃいいじゃん!という感じで押し付けてくるやり方なわけです。
でも、日本人の特殊性というのは、本書で言う『薩摩藩・ドイツ人側の人間』の性質が、かなり色濃く染み渡っているという点です。そこを理解しないまま、グローバリズムに迎合したやり方だけを押し付けてもうまくいかない。
さて本書はタイトルの通り、「21世紀の薩長同盟を結ぼう」というところに持っていくための作品です。じゃあ、誰が長州藩の人間で、誰が薩摩藩の人間なのか。
本書では、長州藩と薩摩藩はこんな風に描かれています。

「理論先行で個人主義者の集まりである長州藩」と「親分の意向で集団が一つの生き物のように動く(いわゆる”和をもって貴しとなす国=日本”のイメージ)薩摩藩」

さて、これを現代に置き換えると、欧米的なグローバリズム的な発想でガンガン行こうよ!という人達が長州藩、そういうグローバリズム的な発想に、うーん確かにそうなのかもしれないけど、でもなんか違和感がなぁ、うーむ、とか言っている人が薩摩藩。そして本書は、日本人の特筆すべき点として、この薩摩藩的性質を持つ人間がある程度多数を占めるという状況の中で、どちらか一方だけがのさばるのではなく、両者がお互いのいい点をうまく突き合わせながら「同盟を結ぶ」ことで、日本はそして日本に住む個人は復活するのだ、という話を展開していくわけです。
こういう点で本書は、日本人のためのビジネス書であり、経済思想書でもあり、日本論でもあるわです。
とにかくべらぼうに面白い作品で、これから引用を大量にしながら内容紹介をするつもりですけど、本当に是非とも読んで欲しい。僕は本書で描かれる薩摩藩的人間で、そういう人間の持つ能力・性質・鬱屈などについてかなり的確に説明をしてくれていて、凄く納得させられました。もちろん本書は、薩摩藩的な人たちにも読んで欲しいのです。何故なら、両者が同盟を結ぶためには、今の日本では「ダメ人間」の烙印を押されることが多い薩摩藩的人間のことを長州藩的人間が理解してくれなければ前に進めないからです(とはいえ、これは逆もまた同じで、本書では、薩摩藩的人間は最終的に、長州藩的人間を立てる形でやっていかないとうまくいかない、だから長州藩的人間に腹が立っても出来るだけ許容してやってくれ、というような話が出ます)。
また、ビジネス書という風に書きましたけど、本書で描かれることは、ビジネスに限らず「日本におけるどんな集団・組織」にも当てはまると思います。それこそ、学校のPTAなんかにも、本書で論じられているのと同じような議論をすることができるでしょうし、本書ではほんの少しですけど婚活の話も出てきます。あくまで著者がコンサルタント出身なのでビジネス方面の具体例が多くなっているというだけであって、ビジネスに関わらない人にももの凄くためになる作品だと思います。
さてそんなわけで内容紹介にいきましょうか。

まず、「本書の読み方」という部分の文章を一部抜書きします。

『しかし、本書は「初心者向けの経済の解説本」というよりは「真面目な提言をする本」であるため、どうしても限界はあります。その場合、本書の一部がよくわからなくても、「まあ8割わかればいいや」くらいの気持ちで読み流していただければと思います。
本書の目的のためには、どうしても難しい話をしなくてはいけないこともありますが、「結果として何をしていくべきなのか」については、「読者のあなたの明日」に関わってくる内容ですので、大枠の流れをつかむだけでも、本書を読んだ価値はあるはずだと私は考えています。』

さて、第一章は「大変革は「抑圧された個人の内面」から生まれる」です。
著者はまず森のたとえを使いながら、著者が理想と考える経済の形を提示します。

『そして、巨木だけが偉いとか微生物はダメだとか、そういう差別は自然界には一切なく、それぞれが生態系全体のなかでかけがえのない役割を果たして共に生きているというのが「社会の理想状態」であるという考え方は、多くの読者のみなさんにも納得していただけるビジョンなのではないでしょうか。
社会全体が短視眼的に単純過ぎる部分に特化すると、言ってみれば「生態系が単純化」してしまい、「イキイキと生きられる人間の種類」が非常に限定されるようになり、その人間の本来の性質からすると無理に無理を重ねて生きねばならなくなるような人が増え、社会に怨念が渦巻いて、良からぬ状況が現出してしまいます。』

『つまり、「本当の自然の厳しい生存競争」は「多種多様な生命の豊かさ」を内包したものである、と言えます。』

ここで著者は、現在の日本の「グローバリズム的な人」『だけ』が必要とされもてはやされる状況を憂えます。

『ある意味、グローバリズムの時代というのは、「時代に乗り遅れたダメ人間(扱いされている人たち)の怨念」がどこまでも蓄積されていく社会というようにまとめても良いでしょう。』

そういう世の中にあってどうするべきか。

『もしもその「ダメ人間扱いされやすいタイプの本性」をうまく経済に活用できる方策が生まれればどうでしょうか?そうすれば、20世紀に人類を二つに分断した果てしのない罵り合いを越えて、新しい経済活動パターンを生み出すことができるでしょう。』

『そこで、「もっと頑張れ」ではなくて、「現在ダメ人間扱いされてしまっている人々の本来的な価値」をどうやったら「経済付加価値に転換できるか」を真剣に考えれば、今はフテ腐れてしまっている人たちにも生きる希望が生まれますし、「”ダメ人間を切り捨てている国の経済”よりももっと根本的に新しい価値を生み出せる”タフな経済”」が実現するでしょう』

では、グローバリズム社会で「ダメ人間」扱いされるタイプというのはどういう人か。それが「大器晩成型」と「確実安定型」です。「大器晩成型」は、初めは大したことはしないけど、キャリアを重ねることで次第にとんでもないことをする人。「確実安定型」は責任感と安定性は抜群というタイプ。この二つを、日陰でも育つ樹である「陰樹」にたとえます。

『この二つのタイプというのは、適切な土壌が与えられてしっかり根を張って成長すれば、かけがえのない優秀さを経済に対して還元してくれるタイプであるにもかかわらず、昨今のようにリクルート社&外資コンサル型人材だけが優秀さの基準という圧力がかかりすぎると、行き場を失って「ダメ人間化」してしまうんですね。』

さてこの章は、「大変革は「抑圧された個人の内面」から生まれる」という話でした。司馬遼太郎は「世に棲む日日」の中で、革命・大変革が起こるときには「三つの役割」が必要だと言ったそう。それが、「思想家」「革命家」「実務家」。革命の下地となる思想を生み出す「思想家」になれるのは陰樹的存在であり、

『日本において「思想」を生み出すには、やはりある程度、個人の人生を賭けた爆発力を利用するしかないということです』

そして著者は、同時代の色んな考え方を吸収し思想を生み出していく日本人独特の知的作用のことを「PQ」と呼びます。

『PQとは、「デジタルな知性」だけでも「アナログなココロ」だけでも割り切れないような問題に対して、「三つのP」の力を動員してジックリ考え、最終的に「オリジナルで一貫した行動の旗印」を作り上げる、全人的な知的能力である。』

『「個人的な違和感」をしっかりと捉え、理解してくれない周りの人間に対して面従腹背しながら熟成させ、最終的に「みんなの行動を巻き込める旗印」にまで高めていく力…それがPQです』

本書ではこの、日本人がかなり特異的に持っているこのPQの力を伸ばすことで、グローバリズムの台頭によって日本だけでなく世界中が喘いでいるこの現状を、日本人だからこそ解決できるのだ、ということを示すところに最終的な到達点があります。

先程「日本人のためのビジネス書」だと書いたけど、グローバリズムを推し進めるアメリカについて、著者はこんな風に評します。

『「部屋の中か外か」「男か女か」「イエスかノーか」とかいうのは、非常に概念的にパッキリ分かれている世界で、そういう「デジタルな考え」をぐるぐる回す世界にかけては、アメリカ人に勝てる国はおそらくありません。彼らはインディアンを虐殺した土地の上に「頭で考えた概念」だけでゼロから国を立ち上げた、まさにサイボーグのような人たちだからです。』

『これらはすべて「アメリカという国の成り立ち」と「日本という国の成り立ち」の根本的な差異を無視した、「単純なアメリカの追従」の結果として引き起こされている問題だと言えます。』

だから、今アメリカ発のグローバリズムは、日本のみならず世界中で台頭しているけど、それが日本に合わないのはある種当然なわけです。もちろん著者は、日本にもグローバリズム的な思考をする人はガンガン出てきてくれないと困ると書いているけども、本書はそうではなく、グローバリズム的な思考ってなんかなぁと思ってしまう、日本人に結構特有の、味方によっては「欠点」でしかない部分を、いやそこって日本人の利点っしょ、そこもっと突き詰めて考えていったら他の国には絶対真似できないことが出来まっせ、ということを言っているのです。

『グローバリズムが良くない側面を持ったまま世界中を席巻しているということは、アメリカ人だろうとフランス人だろうと中国人だろうと、誰だって知っているわけです。
しかし、20世紀の壮大なる人体実験の結果として、大量の会社と血みどろの政治弾圧と地域紛争の終わりなき連鎖反応を生み出したあげくに共産主義の夢が破れた今、「資本主義市場」なしに人類社会を運営するなんて、人口数万人の漁村のなかだけですら絶・対・無・理!(いわんや全世界においてをや)なことも人類は知ってしまいました。
その「どちらにも進めない矛盾点」にブレイクスルーを起こせるのは、言語と文化的背景によって独立性が高く、かつ金額的にある程度大きな市場規模を持る我々だけです。』

さて、第二章は「あなたにもできる「PQ的大道楽」」です。
PQ的大道楽というのは、「そんなのビジネスとして成立するはずがない」「そんなのんびりしたスパンでビジネスなんてやってられない」というような、現在のグローバリズム的思考からは絶対に立ち上がってこない、しかし突き詰めて突き詰めて考えればメチャクチャ儲かるビジネス(やビジネスでないこと)の総称、という感じでしょうか。このPQ的大道楽は、陰樹的人間にぴったりです。そしてこのPQ的大道楽がいくつも沸き上がってくることが、社会にとって必要だと著者は言います。

『今日明日すぐに結論が出るようなものではない種類のことだとしても、それでも本人の個人的関心として大事だと思うことであるならば、”個人の大道楽”として温めていくプロセスを確保することです。』

例えばグーグルの社員は「20%ルール」という、就業時間の20%は本来の業務とは関係のない興味関心に従った研究をすることが「義務付けられている」そうです。また本書には、Mさんという仮名で、しかも守秘義務があるからという理由で具体的なことは書けないものの、ある企業に務める陰樹的タイプの特に目立つわけでもない普通のおじさんが立ち上げたビジネスを例にとって、PQ的大道楽について話がなされます。

さて以下では、第二章で描かれる「PQ的大道楽と陰樹的タイプの人との相性」「PQ的大道楽に大切なこと」「PQ的大道楽の良さ」について、それぞれ引用しようと思います。

「PQ的大道楽と陰樹タイプとの相性」

『自分の人生の核の部分にあるような「なんとなくの思い」が大事なんですね』

『その人にしかできない個人テーマを開拓していくプロセスが無数に起きることがいちばん大事なはずです。』

『「実現が難しいがやることの意義が大きいこと」こそ、陰樹的転換にふさわしい事業だと言えます。』

「PQ的大道楽に大切なこと」

『そしてそのために、個人の大道楽にのめり込むことは「個人のワガママ」ではなく、”みんな”のために必須不可欠な最大限の”善なること”なんだ』という共通了解を生み出していくことです。』

『そのPQ的大道楽のプロセスのなかには「勉強すること」も多く含まれているわけですが、一つ一つの新しい知識が、その人地震の世界観・ビジネスの持っていき方とちゃんと有機的につながって身についていくのでなければ、意味がありません』

『むしろ、そのスキルと有機的に接続された個人的な吟味の積み重ねという「パーソナルなもの」をdそれだけ資本主義の最前線に載せていけるかがこれからの時代の勝負のしどころだし、』

『これからの時代は、「他人に使われるためのオベンキョウ」ではない、「自分自身の深いところから出るものを実現するためのオベンキョウ」が大事なんですね。』

『「意義が大きい」ということと「儲かりそう」との間の違いは、「課金の仕方・ビジネス化の仕方がとりあえずわからなくてもOK」ということです。』

『神様になったつもりで人間社会を上から見下ろしたときに、「その新しい仕事をしている人がたくさんいる」未来の状況が「みんなのためになっているかどうか」といった視点で考えてみるのがいいでしょう』

『逆に言うと、今メディアが変に煽り立てているように、学生時代から「自分のやりたいこと」とかをやたらと明確にする必要はなく、とりあえず流れ的に参加したところで具体的な技術なりビジネス力を手に入れておけば、何か大きな夢を抱いたときにそれと結びつけて「曖昧な夢物語じゃない本当に具体的な革命」を起こすことが可能なんだよ、という話でもあります。』

『むしろ、「こういう存在でありたい」「こういう店にしたい」「こういう事業が今の世の中に必要だろ!?」という、主役となっている人の「思いの強さ」自体が優位性なんですよ。「真実から出た誠」の行動は、決して滅びはしない。』

『彼の言葉ですが、「あんまりマスコミ的によく聞く話ではなくても、自分は今の時代に本来的に必要な真っ当なことをしている」という感覚を共有できる仲間がいれば楽…だそうです。「社会から抑圧された異端者の挑戦」みたいな感じではなく、「自分は天地自然にとってあたりまえの普通なことをやっているんだから、いずれうまくいくのが当然の摂理」というような感覚を共有できる仲間がいると楽だということですね。』

「PQ的大道楽の良さ」

『2020年に全世界の脚光を浴びているビジネスは、今すでに世界のどこかの誰かの頭のなかで、「そんなの無意味だって」という周囲の意見と「いや、それでもやっぱ大事でしょう」という本人の直感との押し合いへし合いのプロセスを経ているわけです。そういうものを次々と生み出してこそ、すでに通過が強くなってしまった国ならではの産業は立ち上がるんですよ。そして、欧米的世界観が一面的に支配している世界の領域に比べて、それに対する違和感を濃密に感じる文化のなかに生きている「非欧米の先進国代表」である我々には、そういう転換を起こしていくための材料が、本質的には恵まれすぎているほど眠っているはずなのです。』

『そして、10年間、いろんな他人を愚痴的に非難しながら自分のなかには何も蓄積せずにただただ言われたことを言われたとおりにこなした人生と、日々の実務はこなしつつも、いつかは自分だけの何かを手に入れてやろうと思って虎視眈々と生きてきた人生では、そもそもの主観的満足度で言っても大きく違うでしょうし、もし成果につながっていけば、みんなにとっての価値もぜんぜんちがいます。』

『なぜ儲かるかといえば、実現が難しいが意義が大きいことをジックリ考えて実現までこぎつければ、その苦労したプロセス自体が参入障壁(他の人がその商売に入って来にくくする壁)になるからです。』

『私個人にしてもそうなのですが、ネットの普及にとって「今までのビジネスが変化するのではなく「そんなものが仕事になるとは思いもしなかった」ようなことが「実際に仕事になる」という可能性はすごく広がってるんですね。』

『今の時代「俺はお前とちがってこーんなに成果を上げたぜ」とお互いアピールし合うのに忙しくて、結局ギスギスした雰囲気は「集団の中野いちばん優しい人」に押し付けて知らんぷり、その「優しい人」がそれで心を病んだりすると、「けっ、なんだよ、俺はこんなにタフな状況の中で耐えて頑張ってるのに!甘えんじゃねえよ!」ということになります。
誰かが「潤滑油になる役割」を意識的かつ一貫してやってくれれば、実はこれほど大きな貢献はないと言ってもいいくらいなものです。』

『そして、そうやってみんなが自分の本当にパーソナルな思いを「有償の経済行為として実現していく」ことによって、世の中はもっと「多様性と豊かさ」を持ったものに変貌していくんですよ。』

二章の引用の最後に。本書では、ニートだったという著者の弟の例が載っていて、彼が自立していくまでの長い付き合いの過程が一部描かれているんだけど、そこで「納得こそすべての優先する」という、僕にも似た部分がある考え方が出てきて、なるほどなぁと思ったでした。

『オレは「納得」したいだけだ!「納得」は全てに優先するぜッ!でないとオレは「前」へ進めねぇッ!「どこへ」も!「未来」への道も!探すことは出来ねぇッ!』

さて、第三章は「「異質な者同士」の結合から新しい価値観が生まれる」です。

著者は、今の日本に「断絶」として存在する「異質な者」に目を向けます。

『特に今の日本にとって本当に必要な「高い値付けができるほどの重み」を生み出すブレイクスルーは、むしろ「国内における異質」に目を向けることから生まれるんですよ。』

そしてその異質というのが、「国際派日本人」と「国内派日本人」です。これはそれぞれ、これまで出て来た用語を使うと、「国際派日本人=陽樹・長州藩」、「国内派日本人=陰樹・薩摩藩」ということになります。

ここでは、国際派日本人と国際派日本人の双方がどんな主張をしているのかということを見ていくことになります。著者は、この二者に「同盟を結ばせたい」と考えているわけで、両者の意見を知ることは大切です。今両者は大いなる断絶の中にいる。お互いがお互いを嫌な存在だと捉え、両者に会話は成立しません。著者は、それぞれの言い分を分析しつつ、お互いのどの部分に歩み寄りの余地があるのかを示していきます。

『そのため、「概念的に明確なロジックを持って改革しようとするプレイヤー」は、「ほぼ必ず日本人の本能に対して抑圧的」であり、口を開いたら「グローバルな成功事例ではもっと身軽に動いているのに、日本人の組織は出遅れている」と「短所是正的に尻を叩く」言説しか生み出しません。
逆に、それに反発する「国内派」には、「口達者な日本人たち」と同じレベルで本当の事情をロジカルに説明できる人間がいないため、言われるがまま嫌々「改革」には参加してみるものの、「でもやっぱり違うんだよなあ…」という言葉にならない不満だけを募らせていて、「自分たちの長所を真剣に活かすための一貫した戦略」にぜんぜん力を集中できていないという現状にあります。』

さて、そんな中でどうするべきなのか。

『そのためには、本当の意味で「国内派の本当の事情」を理解でき、それを基点として、自分たちの本当の長所を一貫して活かせる戦略を「知的一貫性」を維持したまま考えつくすことができる、「日本人の集団を動かすための専門技術」に長けた「日本特有の自前の知的エリート」を分厚く養成していくことが必要になります。
そして、その要請に応える存在が「PQ人」なのです。』

「ワグナーズ・ギャップ」というものが出てきます。これは著者がそう呼んでいるという話ですけど、現実を生きる僕たちの感覚と、現実を動かしている概念との齟齬みたいなものへの違和感、という感じでしょうか。その「ワグナーズ・ギャップ」は、日本だけでなく人類にとって普遍的な問題なのだそう。

『まずは、このワグナー図ギャップを超える連携(薩長同盟的連携)というのは、それぐらい「人類史レベルで難しいことなんだ」と知ることが第一歩なのだと思います。』

そしてそれをどうやったら乗り越えられるのか。

『それはどうしたら解決できるのか?それは我々ひとりひとりが考えるしかありません。
「ワグナーズ・ギャップ」というものがあり、それが今の日本のあらゆる閉塞感の根本原因になっていて、長州藩・ユダヤ人的日本人と薩摩藩・ドイツ人的日本人同士の罵り合いを超えた連携を模索しないと何も解決しないんだ、それは実際、人類史の普遍的な問題だから、現在それができていなくても仕方がないが、それを乗り越えられたら日本はすごい国になれるんだ…という「認識の共有」がまつ大事なんだと思います。』

「解決のためのプロセスとして」

『単純化してまとめると、日本では結局、あらゆることが「おまえはどっちの味方やねん?」「おまえはどこの所属の人間やねん?」ということに帰着してしまうのですが、そこであえて、「どっちの味方でもあるかい!俺は”真実”の味方じゃあ!」とタンカを切るような方向にみんなで迎えたらゴールだということです。』

『日本人の集団の中である程度以上に「個人主義的である」ということは、常に「集団の圧力」にさらされ続けて生きているということであり、言ってみれば「智に働けば角が立つけど、情に棹させば流されてしまうんで、意地を通してみたら本当に窮屈ですよね、という夏目漱石の苦悩」を日本人のなかの「長州藩。ユダヤ人的人間」は明治維新以降、常に受け続けて生きているわけですよ。
(中略)
彼らの心のなかの汚れちまった悲しみを「太っ腹な親分力」で抱きとめてやることは、薩摩藩側の日本人がやるべきこと…だと考えてやってほしい。いや、そこからしか日本の復活はありえない。』

『薩摩藩・ドイツ人側の人間は、長州藩・ユダヤ人側の人間が「現状ばかばかしいことしか言わなくても、それは彼らは主張し続けないと生きていけない構造にあるからで、だからこそ太っ腹に包み込んで協力しあわなくてはならない」と思うことが必要ですし、長州藩・ユダヤ人側の人間は、「この不器用だが愚直な薩摩藩・ドイツ人たちが本当に輝ける場所を見つけてプロデュースしてやるのが俺の使命だ」というふうになっていくしかありません。』

さて、第四章は「「無駄な人間」なんていない」ですが、ちょっと僕には難しかったので省略。

さて、今は章毎にに引用してみましたけど、本書には、日本にはこんな凄いところがあるんだよ、的な文章もたくさんあって、それもガーッと引用してみようと思います。

『日本人は、普段は世界一煮え切らないくせに、いざ本当の危機状態に陥ったときには「昨日までの自分たちってなんだったんだろうね」というような大改革を起こして立ち直ってきた民族です。』

『日本の会社というのは「日経新聞に記事が載り始めたような現象」についてみんなでいっせいにキャッチアップする力は非常に高いと感じられます。』

『学問的領域でも、企業の技術開発でも、基本的に日本が特異な可能性を発揮するときというのは、欧米人がそのクリアーな論理でデジタルに追い詰めた行き止まりにおいて、その「論理の行き止まり」と「現実の手触り感」との間何度も往復しながらブレイクスルー(新しい発明・発見・展開)を起こす…パターンがほとんどです。』

『この「アナログな現実」と「デジタルな論理」の間を「何度も粘り強く往復する知性」こそが、「日本人のスイートスポット」なのです。』

『「日本人のみんな」は、アメリカ人のように概念レベルのことをみんなでイジクリ回すのは心底苦手です。しかし、「日本人のみんな」が理解できるレベルにまで高まった「具体的なカタチになった思想」には、激的に反応してくれます。』

『アニメやゲームがオリジナリティを次々と発揮していっているのも「同質性の高いコミュニティが”異質”を排除することによって、逆に圧倒的高密度な情緒のやりとりが可能になる」ことで生まれている現象です。』

『結局、日本人は「長い時間かけて、自分自身の本当に深いテーマとしてそれを探求してきたという価値」で勝負するしかありません。そして、そういうのをネチネチネチネチ陰湿にやるのが、”本来的には”(今はどうも沈黙させられている作用ですが)日本人はおそらく誰よりも得意なはずです。』

『日本人は「概念」と「現実」との間の「距離」に敏感で、そこを「密度感」を持って処理できるところが日本人の強みなわけですよね。』

『「理屈」自体の実在性に懐疑的で、常に「自分の中の感覚」が先にあり、何か言葉にするときにはいつでも「いま自分が感じている眼の前の”現実”を、とりあえず仮に無理矢理に世の中的な理屈に”翻訳”して言うとしたら?」という「翻訳作業」をやる回路があるという、この「二重性」こそが、日本人の集団の本当の底力なんですよね。』

『日本人が本当に世界的にユニークなことを生み出しているときには、常にこういう「言葉の向こう側のリアル」に対する深い直感の結び付きのなかで、「ありあるそのものとデジタルな理屈との間を何度も往復しながら試行錯誤をするプロセス」があり、そこにこそ「理屈の側からゴリゴリ押し出していくだけになりがち」なアメリカ人には生み出せない可能性があるわけです。』

『昔はもっと気骨ある「自分は自分、他人は他人」みたいな風土が日本にもあったように思われますが、昨今の「空気の同質化圧力」の強化は、日本人全員を冒険から遠ざからせる短所を持ちつつも、「こっちが日本の本来の行方」という方針がコンセンサス(共通了解)を得られたら、一気にみなが動き始める可能性があります。』

『なぜなら日本人は「与えられた目標が心底どうでもいいくだらないものであったとしても、目の前にそれがあればそれを真剣にやらずにはいられない病気」が持病だからです。』

『個々の企業の文化をジェイ準歌詞、「強い個人」の出現を寄ってたかって叩き潰し、みんなで足を引っ張り合い、お互いに空気を読ませる閉塞感を味わわせ…ということ20年に何か意味があったとすれば、それは「いざ意味があって明確なテーマ」が共有できたならば、それに対して「みんなで突っつきまわすことができる能力」を得たということだと言っていいでしょう。
これは、この20年間それなりにまともな運営ができてきた他の国にはない、我々日本人が毎年3万人もの自殺者と下がり続ける出生率と積み上がる政府債務と引き換えに「決死の思いで手に入れた武器」なのです。』

さて本書には、小売店で働いている人間にはちょっと気になる話もいくつか出てくる。

『しかし、すでに「それがないと死ぬというような致命的な必要性」などほとんど満たされている現代においては、「そのニーズを満たしていること」そのものよりも、「そのニーズに気づいてくれるほどに、この人は自分のことをわかってくれている!」という「”自分より上の人”との、形にあらわされた心理的つながり」の方が満足度は高いのです。
そこでは、「買い手」から見て「憧れの売り手」は「憧れの存在のまま」であってほしいというニーズがある、つまり「自分よりなんらかの意味で”上”な存在であり続けてほしい」わけなので、売り手側が自信なさそうに卑屈になってペコペコして、「どうか一つお許し下さい」的になっては興ざめです。』

『どんな切り口でもいいので、「俺が上、お前が下だ!」という構図が作れるような立場を自分で発見すれば、そしてそれをちゃんと「お客さんに喜んでもらえるように」という気持ちで研鑽していって商売にできれば、基本的に「商売」というものは必ず成立するようになっているんですね…と、ここまでは結構みんな、深層心理的にはよくわかっていることだと思います。
しかし、みんながこういう儲け方ができないのはなぜか?それは、この「自分にとって”下”だと思っているもの」に対して「真剣に相対する」ということが、結構死因理的に難しいからなんですね。』

『そして、今後世代が下がれば下がるほど、卑屈な店には、「とにかく一銭でも安ければいい」「何か気に食わないことがあったら絶対クレームを言ってやる」という客ばかりが集まって、客筋が荒れるので、ある程度、現代社会において金回りが良いようなタイプからどんどん敬遠されていきます。』

『もしあなたが小売店をやっておられたり、あるいはチェーン店を後方支援する本部的な役割の人だったり、あるいは小売業の現場的コンサルタントの方だとしたら、できれば「自然な敬意」というものがある売り場の文化を、今後形作っていただけたら、と思います。
今の小売は客に対して卑屈すぎるので、客側としても、もともとそんな気がなくても「売り手が本能的に求めているように振舞って」ヒドイことをしたりします。
それに無理して対応するから、店員の自尊心もどんどん踏みにじられて売り場全体が卑屈になっていく。そうするとさらに客筋が荒れて、利益率的にもどんどん厳しい売り場になっていく。
そこで、適切な「NO」を言う、あるいは「言う必要がそもそもないような雰囲気」がいかに作れるかが、今後の小売業の(あるいは、働く場所の空気として考えれば、あらゆる”日本の職場”の)成功の鍵になってくるはずです。』

最後に。阪神大震災で被災したという著者の、東日本大震災に対する言葉から引用。

『しかし無茶なことを言うようですが、「本当の復興」とは、「あの震災があってよかったね」と言えるような感覚が起きるほどまでに、この「震災」を味わいつくすことではないか、と私は思っています。』

ホント、素晴らしい作品です!ぜひとも読んでみて下さい。

倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

[7625] Ma Jun, director of the Public En HIGHS AND LOWS x New Balance CM57


Set up a 'Wuhou direct Shoes City', and through open train, 'Miss International beauty shine shoes', 'Wuhou shoes into the community' and a series of marketing activities, so that the general public to form a 'wanted to buy shoes, the shoes are 'habits.Back, the wind, on a small road in the village to drive home.Construction area of ​​45,000 square meters of test centers, including a ugg factory outlet comprehensive test area of ​​15,000 square meters, 1,000 square meters of design and development zones, industrial production test area of ​​4,000 square meters and 650 square meters of professional test area.Area alone I only have the characteristics of the management system is the core competitiveness, improve store value, improve service force optimization into the store rate and turnover rate, so much the number of stores into good quality.

Vujacic from 2009, the year before Artest, Kidd last ugg factory outlet online year, this law has continued for three years.After last year's financial crisis, A thin leather of the Group's turnover broke through to 3.In some ways it seems, Lucky Shoes Shoes Plaza expansion has not only commercial activity of private capital, he has become Dongguan government and village committee to promote the 'retreat into three', narrowing the proportion of secondary industry, the development of the third A successful mold of the industry thinking.nine, both for its singular highest number, but also with 'long' homonym, has always been a lucky number in China.Both boys and girls to wear <a href=http://www.goodercode.com/wp/uggoutlet/>ugg factory outlet</a> also apply.cleared by Japanese fashion designer Yonghao text (Hirofumi Kiyonaga) and Nike co-founded the fashion sportswear brand FCRB main design, and football is one of the important design inspired brand, though, so the brand new season brings footwear Solar Soft Waffle Cruiser full of track and field sports elements.

Part of the toe is covered by waves pattern, meaning things in the world from the sea; 'Interfax pattern' from Nike Swoosh Logo has been extended to the tongue, and around the upper 'Long dorsal fin pattern' echoed the line at which symbolizes Qianlong; ' gossip 'and' A, F, 1, and thirty (thirty) 'combination of pattern on the inside of the heel;' gossip 'and' Long word 'combination of patterns on the outside of the heel;' dragon of Ipomoea 'around Logo Swoosh shoes around after; fit the theme of the exclusive combination of metal and wood materials and ZJ DESIGN Logo buckle from the details refl

See by Chloé 2150 元 stitching leather texture and metallic coating creates a sense of conflict.Through a series of forward-looking initiatives to <a href=http://www.goodercode.com/wp/uggoutlet/>ugg outlet online</a> further enrich 361 ° brand resources, build brand resources matrix standing asanas, to accelerate the process of internationalization of the brand in the new conference site is divided into north and south in the area of ​​six, seven, eight, Sep products and accessories, the concept of the exhibition <a href=http://www.goodercode.com/wp/uggoutlet/>ugg factory outlet online</a> hall, 09 Fall product display orderly .'It is understood that the past' Lei Feng cap 'is mainly winter uniforms in the cotton cap, also known as' Felt balaclavas.8 percentage points qoq.This section is now available at Titolo, like friends can not miss.Eye-catching orange, red and metal hanging ring decorated with serpentine leather wedge heel release bold urban women and passion; retro fish head design and weave details are outlined girl subtle and elegant.



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2190-d6456d95

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)