黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

プロメテウスの罠 明かされなかった福島原発事故の真実(朝日新聞特別報道部)

内容に入ろうと思います。
本書は、朝日新聞紙上で2011年10月から連載がスタートし、現在も連載が続いている「プロメテウスの罠」をまとめ加筆修正し単行本にしたものです。
これは、国民全員が読むべき本ではないかと思った。
まず、僕が本書を読もうと思ったきっかけを書こうと思います。僕は、朝日新聞に限らず、まったく新聞を読んでいません。なので、このプロメテウスの罠という連載についてもまったく知りませんでした。少なくとも、僕が見聞きしている範囲では、その評判も聞いたことがありませんでした(これはたぶん、僕のアンテナの感度の悪さが原因でしょうけど)。
つい先日、石井光太が主催したノンフィクション講座というものに行って来ました。そこでパネラーの一人として登場したのが、元朝日新聞記者の松本仁一氏です。その講座の中で、このプロメテウスの罠の連載の話が出ました。
この連載では、後で詳しく書きますが、とにかく事実にこだわり、主観は省き、どんどんと奥深くまで斬り込んでいく、恐らく普通新聞には出来ないだろうと思われるような内容になっています。そのため、自分が弾除けとして呼ばれた、というような表現を松本氏はしていました。朝日新聞を退職した元記者を弾除けとして必要とするぐらい、かなり危険な連載だと言えます。
その講座では、書籍化の話は出なかったのですが、それからしばらくして新刊として入荷したのを見つけたのですぐ買いました。
巻末に、特別報道部長の依光氏が、連載開始にあたって決めたいくつかの試みが書かれている。全部で五つ。

①連載テレビ小説方式。毎日読んでもらえるように書き方を工夫した。
②事実にこだわる。徹底的に事実を書き、主観は省く。
③分かりやすく書く。凝った表現は要らない。
④目線を下に置く。為政者の視点ではなく、ふつうの国民の視点で書く。
⑤官の理屈に染まらない。「◯◯省が言った」という表現は止め、「◯◯省の◯◯が◯◯と言った」と表現する。

僕は新聞を読んでいない人間なので、正直なところこれがどれぐらい凄いのかよくわかりません。が、恐らく新聞記事としてはかなり異例なのではないかと思います。僕は、朝日新聞がどういう立ち位置の新聞で、どういう評価がなされているのか知りません。噂では、あまりいい評判を聞かない新聞だなという印象はあります。ただ、このプロメテウスの罠という連載が続けられている、というその一点のみで、朝日新聞という新聞を評価してもいいかもしれない。そんな風に思わされました。
現在まで連載が続いているので、本書は全体の途中です。本書には、六つのシリーズが収録されています。それぞれの内容をざっと書きます。

第一章「防護服の男」
浪江町の津島地区。東京電力福島第一原子力発電所から約30キロ北西の山間の町。そこに住む、菅野みずえさんという59歳の女性周辺の出来事を描き出すことで、震災当時の福島県民の避難の様子を描く。
津島地区には、震災の避難者が多数押し寄せてきた。当時20キロ圏内に避難指示が出されていた。30キロ離れた津島地区は、大丈夫のはずだった。
しかしみずえは、白い防護服を着て何か機械で測定している男と遭遇する。そしてその男に、「頼む!逃げてくれ!」と言われる。
当時の津島地区の線量はとんでもない値を示していた。しかし、その情報は住民に伏された。
国は、130億円という予算を投じて、SPEEDIという、放射性物質がどう拡散するのかをかなり正確に予測する装着を持っていた。しかし、様々な行き違いから、そのデータは避難計画にまったく活かされなかった。そもそも政治家や完了は、SPEEDIの存在を知らなかった…。

第二章「研究者の辞表」
労働安全衛生総合研究所に所属する木村真三は、放射線衛生学の専門家。木村は震災後すぐに現地で放射線の測定をしたいと研究所に申し出たものの、研究所からそれを断られる。そこで木村は研究所に辞表を出し、NHKのディレクターと共に自費も使いながら現地入りし、独自で放射線を測ることにした。
木村の辞表は、重い。木村はなかなか苦労した人間で、40歳になって初めて正社員になった。研究者が職を得ることの大変さもよく知っている。しかし、東海村の臨界事故のことが忘れられなかった。あの時も、所属していた放射線医学総合研究所に止められた。ここで行かなければ、死ぬまで後悔する。

第三章「観測中止令」
気象庁気象研究所の研究者・青山道夫は、研究所から届いたメールに驚愕する。なんと、1957年から観測を続け、今まで一度も途切れたことがなく、国際的にも非常に高く評価されている大気と海洋の環境放射能の観測などを、すべて中止せよとのことだった。耳を疑った。原発事故が起こったこのタイミングで、放射能の観測中止命令が来るとは…。
青山は、予算が下りなくなったため雇えなくなった専門職の人間を解雇するが、分析は後回しにしてもデータだけは取り続けるように指示する。様々な協力のお陰で、どうにか途切れさせることなく観測を続けることができた。
論文の発表を止められるなど、他にも様々な影響が出る。

第四章「無主物の責任」
福島第一原発から約45キロ離れた二本松市にある「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」が、東京電力に対し裁判を起こす。訴えは、ゴルフコースの除染についてだ。再開させようにも除染しなければ不可能だ。しかしそのための金はない。仕方なくの訴えだった。
東電は、とんでもない主張をした。

「原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない」

結局サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部は裁判で負けた。

第五章「学長の逮捕」
ベラルーシ共和国第二の都市・ゴメリ・1999年夏、その町で事件が起きた。ゴメリ医科大学の学長、ユーリー・バンダジェフスキーが突然逮捕されたのだ。学生から賄賂を受け取ったという内容だったが、バンダジェフスキー氏はゴメリ大学を創設したエリート医師だ。
バンダジェフスキーはチェルノブイリ事故後、死亡した人を解剖して臓器ごとにセシウム137の量を調べた。その結果、大人と子ども、男性と女性とで、また臓器ごとに量が違うことを突き止めた。このバンダジェフスキー氏の論文には色々と難点もあるようだけど、解剖して確かめた結果だけに信頼出来ると他の専門家も言う。

第四章と第五章では、内部被曝の問題に斬り込んでいく。

第六章「官邸の5日間」
地震発生から5日間。官邸・保安院・その他様々な人達がどう動き何をしていたのか。菅や枝野らの当時のメモなどや様々な人間の証言を再構築し、その5日間を再現する。

本書を読んでいる間、僕はずっと悔しかった。
悔しい。悔しい。悔しい。悔しい。
悔しすぎる。
自分でも抑えきれないような、この衝動的な悔しさは、読み終わるまで、いや読み終わってからも、ずっと残り続けている。
悔しい。本当に悔しい。
何に悔しさを覚えているのか。それは、たぶん色んなものが絡まり合っていてもうよくわからなくなっている。
先に書いておく。
僕は、新聞もテレビもほとんどみない。震災直後はテレビに釘付けになったけど、しばらくしてまた見なくなった。ネットでニュースを拾い読みしはするけど、エンタメ系の話題や科学系の話題にどうも自分の興味が向いてしまうので、政治や経済などの難しめな記事は見出しが目に入るぐらい。普段から積極的に何かにアプローチをして、情報を集めたり集めた情報を元に考えたりするような人間ではない。
だから、これから僕が書くことに、的外れだったり単純に間違っていたりするようなことも書くかもしれない。それについていちいち断りを入れるのは面倒なので先に書いておく。
また、何かを非難するようなことを書くかもしれない。でも僕は、自分が普段情報に対して積極的ではないという事実をちゃんと踏まえているつもりだ。僕は、知ろうと思えば知れる範囲のことさえ、自分から知ろうとしなかった。その点は、きちんと自覚している。自覚しているからと言って非難していいわけではないだろう。でも、どれだけ筋違いでも、どれだけ説得力がなくても、こうやって非難の声を上げてみることが大事なのかもしれない、と思って非難めいたことを書くかもしれない。
僕は、テレビや新聞などのマスコミは機能不全を起こしていて、速く正確に的確な情報を伝える、という点においてはもうまるで期待できない、という印象がある。プロメテウスの罠という連載は素晴らしいと思う。でも、これは例外中の例外だろう。
だから本書を読む中で、マスコミがいかに機能しなかったか、ということが分かっても、特別驚きはしなかった。いや、本書では結構、マスコミが機能した実例が取り上げられている。辞表を出して現地に向かった木村に同行したNHKのディレクターが作り上げたある番組なんかもその一例だろう。そういう意味ではこの連載は、同業であるマスコミへの批判という点では若干薄いのかもしれない(報道部にそんな意図はないかもしれないけど)。
ただ僕は、震災の当日テレビを見ていた。たぶん翌日も翌々日も見ていたと思う。新聞は読まなかったけど、でもやっぱり今から振り返ってみると、正しい情報は何も伝わって来なかったな、と感じる。
木村と福島まで乗り込んだNHKのディレクターは、こんな風に言ったらしい。

『大森は戦時中の「勝った」「勝った」という大本営発表が、今の政府の「大丈夫」「大丈夫」と重なってしようがなかった。大本営発表があったとき、それを疑わないと意味はない。』

この記述を読んで、そうか、震災時マスコミを通じてやってきた情報は大本営発表だったのか、と思った。確かに冷静に考えてみれば、そして本書を読んでみれば、それは歴然だ。震災直後の様々な情報は、ほぼすべて大本営発表であった。
テレビを見ていた僕は、たぶん、その発表を強くは疑っていなかったと思う。政府が繰り返す「大丈夫」「大丈夫」はうそ臭かったけど、でもそこまでホントにヤバイ状況になってるわけでもないんだろうな、なんて思っていた。
でも、違う。本書を読めば分かる。ありとあらゆるフェーズで、ヤバイどころではない状況が多発していた。僕たちは、当時の状況がこうだったことをリアルタイムで知ることはなかった。しかも今であっても、情報を積極的に得ようとしなければ、こういうことは知らないままだろう。
悔しい。
それも、悔しい。自分が知らなかったことも悔しいし、知ろうとしなかったことも悔しいし、何よりも、嘘をついたってどうにかなると国に思われていることが悔しい。確かに、今福島に住む人、あるいは福島から避難し全国各地で暮らしている人を除けば、「どうにかなって」しまった。何故だろう。
辞表を出して辞めた木村さんの話で、僕は泣きそうになってしまった。他にも本書には、様々な個人の強い思いと果敢な行動力が描かれていく。どれも、知らないままだった。人生を、あるいは人によっては命をなげうってまで、この状況に自分なりに対処しようと懸命になっていた。自分に出来ることがあるはずだという強い使命感を抑えきれなくなった人たちが、限界まで必死になりながら目の前の恐るべき現実と闘っていた。
しかしその頃、保安院や、あるいはいわゆる「原子力ムラ」と呼ばれている人たちは、逃げていた。
第六章の「官邸の5日間」は圧巻だ。第六章を読むためだけに本書を買ってもいいくらいだ。
僕は震災当時のテレビを見ていて、あるいはその後の報道をなんとなく見聞きしていて、菅総理はあんまり大したことが出来なかったんだろうなぁ、枝野さんはなんか結構頑張ってた気がするけど、と思っていた。
そんなイメージは粉砕された。
実態はこうだ。菅は状況をどうにかしようとし続けた。しかし、まず情報が入ってこない。専門家から提案がない。保安院のメンバーがいない。原発の図面がない。それでも菅は前に進もうとした。東工大出身の菅は、個人的な繋がりから科学者や技術者を無理やりかき集め、状況に対処しようとした。保安院や原子力ムラの専門家たちは、まるで役に立たなかった。
悔しい。
あの時福島で、また日本のどこかで、人生や命をなげうってまで状況に対処しようとした個人がたくさんいた。本書はそういう個人の奮闘の集積でもある。しかしその一方で、原発と深く関わってきて、どうにか対処しなくてはいけない保安院や専門家がまるで無能だった。彼らには、当事者意識がなかった。自分たちが事態をどうにかしなくてはならないという気持ちがまるでなかった。
悔しい。
どうしてこんなことになるのか。本当にやりきれない。
僕は、特にノンフィクションを読む時、気になった文章に線を引き、そのページをドッグイヤーする。本書でもそうした。恐らく、ドッグイヤーしなかったページの方が少ないと思う。それぐらい、初めて知った事実・心を揺さぶられるエピソード・怒りに震える話にまみれていた。
恥ずかしい。
読んでいてそうも思った。東日本大震災で、日本人の良さが世界に喧伝される面もあった。暴動が起きない、落ち着いている、他人に優しさを発揮するなどなど。そういう面はもちろんあっただろうし、誇っていい。しかし、本書を読んで僕は、日本人でいることが恥ずかしくなった。
恥ずかしい。
その気持ちは、自分の当事者意識のなさにも向けられている。震災当時はもちろん、高い関心を持っていた。計画停電や水の買い占めなど、日常生活に直接的に支障をきたすような状況もあった。しかし今は、少なくとも日常レベルで問題を感じることはない。もちろん意識の中に、福島や東北の人々が置かれている辛い状況への視線はある。ただ、もうほとんど忘れてしまったと指摘されても反論出来ないくらいには、僕は、僕らは、日常を取り戻してしまった。
それも、恥ずかしい。
日常を平穏に生きていくことに罪悪感を覚えることはない。でも、「自分にも何か出来ることがあるかもしれない」という気持ちがどんどんと意識されなくなっていく自分が恥ずかしい。その恥ずかしさと同時に、本書で描かれる保安院や専門家たちと「同じ日本人である」という風に見られてしまうことも、恥ずかしい。でも自分がその時その立場でその場にいたら何が出来ただろう、とも思う。誰かを責めることが難しい。何故なら僕は、その時その場にはいなかったし、いてその人以上の何かが出来ただろうかと思うからだ。とはいえ、本書で描かれる保安院と専門家はひどすぎる。
僕たちは、こんな日本に生きているのだ。忘れてはいけない。地震は災害だった。しかし、原発事故は人災だ。僕はこの「人災」に込めた意味は、現場の作業員がどうとかそういう話ではない。地震大国に大量の原発が作られ、その安全性について疑うことのなかったほとんどの国民が作り出した「人災」という意味だ。
僕は、この点でも、自分が悔しいし恥ずかしい。
あれだけの出来事があったのに、日本で原発廃止という雰囲気が感じられないのは、冷静になって考えてみると不思議だ。いや、不思議に思うことは何度もあったはずだ。でも僕はその時に、立ち止まらなかった。
僕自身も、原発の未来に対して、正直何も考えていなかった。なければない方がいい、ぐらいのことしか考えていなかっただろうと思う。所詮他人事だと感じていたのだろう。他人事なわけがないのに、なんだかそういう風に思ってしまった。
僕みたいな人間がきっとたくさんいたのだろう。今も日本では、一部の人は原発反対に向けて勇気ある行動を起こしているけれども、大多数の人は、原発をどうするか、という未来について考えることもなく日々を過ごしているだろう。僕自身もそうだったから、そういう人のことを責めることは出来ない。

でも、僕は決めた。今日から僕は、原発に反対します。

たぶん書こうと思えばいくらでも文章が書けると思う。僕が線を引いた文章すべてをここに引用したいくらいだし、それぞれの場面でどう感じたのかも、文章に残しておきたいような気がする。でも、たぶんきりがない。だから、これぐらいにしておこうと思う。
時間を忘れて読みふけった。こんなに前のめりになって本を読んだのは久しぶりかもしれない。怖かった。恥ずかしかった。感動した。でも一番はやっぱり、悔しかった。

朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 明かされなかった福島原発事故の真実」

リンクに表示されるテキスト
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2188-08782f07

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)