黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

A3(森達也)

とんでもない作品を読んだ。
繰り返す。
とんでもない作品を読んだ。
本書は、オウム真理教を内側から撮りセンセーションを巻き起こしたドキュメンタリー『A』から続く著者のライフワークのような作品。『A3』というドキュメンタリーも撮り始めていたものの、『A』『A2』があまりにも興業的にうまく行かず、文章にシフトせざるを得なかった、と書いている。
本書は、森達也が初めて、そして最後になるだろう麻原彰晃の裁判を傍聴したことがきっかけで始まった。カメラを持ち込めない裁判という場は自分のフィールドではないと感じていた森達也は、オウム真理教とこれまで関わりながら、麻原彰晃を一度も自分の眼で見たことがなかった。一審の判決が言い渡されるその裁判を傍聴した森達也は、強烈な違和感に襲われる。
この裁判は、異常だ。
麻原彰晃は、明らかに何らかの精神的な障害を持つ症状を呈している。同じ動作を反復するし、どうやらオムツもしているようだ。
しかし、麻原彰晃に対して精神鑑定が行われたことは、それまで一度もなかった。裁判所が退けているのだ。
そしてさらに、そんな麻原彰晃の状態を長年見続けながら、この裁判の異常性を書いたり言ったりすることのない記者やジャーナリストの態度にも、森達也は強烈な違和感を覚える。
これでいいのだろうか?
麻原彰晃を含め、オウム真理教関連の裁判では、事件に関して明らかになっていることがほとんどない。地下鉄サリン事件にしても、誰が指示を出し、どういう過程で事件まで至ったのか、まるで究明されていないのである。もちろん、森達也は、正常な裁判が行われても真相が解明される可能性は低いだろう、と書く。しかしそれでも、麻原彰晃を精神鑑定し、麻原彰晃に治療を施してから再度きちんと裁判を行うべきではないか。現在の麻原彰晃には、裁判を継続できるだけの能力はない、そういう風にしか森達也には見えない。
本書で森達也は、ありとあらゆる方向からの視点を提示する。しかし、本書で森達也が訴えようとしていることは、その核心となる部分はシンプルだ。

「オウムは特別だ、という理由で作られた様々な例外が、やがて前提に変化し、社会を変えた」

本書では繰り返し、そう訴える。歴史は、次々に上書きされる。メディアは、それを意識しつつ行う。司法は、それを見越した上で、通常であれば考えれれない超法規的措置を繰り返す。
森達也は、警鐘を鳴らす。僕たちがかつてどういう社会にいたのか、そしてそれをオウム真理教がどのようの変えてしまったのか、現在の社会はどうなっているのか。森達也は、思い出して欲しい、と訴える。
本書は、凄い内容だ。僕は好きでノンフィクションを結構読むのだけど、これまで読んだ中でも圧倒的な圧力と質量を持って本書は何かを訴える。森達也は、メディアにしても本にしても、完全な客観は存在しないと書く。本書も、森達也の主観から逃れることは出来ない。そして同時に僕は思う。本書をどう読むかも、読み手側の主観を逃れることは出来ない。本書を読んで何を感じるか。読む人によって大きく変わるのかもしれない。
本書で提起されている問題意識は、そのスケールの差は大きいけれど、僕が常に抱えている問題意識と相似形を成す。
僕が抱えている問題意識はこうだ。

「大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい、という社会の圧力が強調されすぎている」

僕は最近、常にこれを感じる。世の中のあらゆることに対して。それは、僕が働いている業界に対してもそう感じる。
『大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい』というのは、資本主義の社会で生きる上で、ある程度は仕方無いと思っている。何らかの形で支持を集めたものが需要され供給されるというのは、資本主義の社会の中では当然だろう。しかしそれが行き過ぎている。強すぎる。僕にはそう感じられて仕方がない。過去との比較は出来ない。本書で森達也が主張するように、オウム以前以後でそれが変わったのかどうか、今の僕にはそういう比較は出来ない。でも、僕が今日本の社会で生きている実感として、その強さはあらゆる場面で感じる。
これが僕には怖い。そしてその怖さは、本書で森達也が主張し、読者に考えるよう訴えているまさにその部分と重なる。
『大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい』という社会では、次第に、『大多数の支持を獲得すること』が一つの目的になる。するとどうなるか。支持を獲得しようとする人は、『市民の考える力を奪う』『市民から情報を隠す』というような手段を取り始めるようになる。どんな手段を使ってでも『大多数の支持を獲得すること』が目的になるということは、そういうことだ。
現実に今の日本は、そういう社会になる。僕たちはどんどんと、自分で考える力を奪われている。メディアが恣意的な情報操作をすることで、情報が意図的に隠されてしまう。
僕は、そういう社会に生きている怖さを常に実感している。どんどんと、ヤバイな、と感じる状況になっていると思う。これは、犯罪とか司法とか原発とか、そういう大きな話だけではない。僕は書店員だけど、書店という現場にいても、そういうことをよく感じる。『大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい』という原則が、強力になりすぎていると感じてしまう。それが持つ危険性を把握する人間が減り(あるいは敢えて見ないようにしているだけかもしれないけど)、またそれへの反論を許さないような同調圧力を感じることもある。僕の妄想かもしれない。でも、僕はそう感じる。本書を読んで、スケールも違えば、社会と深く関わる度合いの差も大きいのだけど、それでも、森達也が僕がずっと抱いてきた不安を、オウム真理教というテーマからこうして形にしてくれたというのは、僕には凄く安心できたし嬉しかった。
『大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい』という社会のありようを、僕らは日々眼にしているはずだ。しかし、なかなかそれが意識されることはない。僕は時々この不安について話すことがある。でも、ほとんどの人には通じない。僕が正しいかどうかは分からない。でも僕が言いたいことは、相手が僕の主張を認めてくれない、ということではない。相手が僕の主張を理解してくれない、ということなのだ。僕はそう感じる機会が多い。僕らの目の前には、本当に多くの実例があるはずなのに、それはなかなか視界に入ってこない。それも、怖い。
森達也はまえがきでこんな風に書いている。

『今はどうなのだろう。たぶん使命感についていえば、当時より少しはあるかもしれない。でもあったとしても「少しは」のレベルだ。基本的には変わらない。たまたま僕には、見えたし聞こえたのだ。見えたのだから見えると言うしかない。聞こえたのだから聞こえると言うしかない。知ったからには素知らぬ顔はできない。だってもしも目を凝らして、耳を傾けてくれれば、きっと誰もが気づくはずだと思うのだ。』

『さまざまな上書きが大量になされているけれど、目を凝らせばきっと見えてくるはずだ。耳を澄ませば聞こえてくるはずだ。そして思い出してほしい。考えてほしい。あの事件はなぜ、どのように起きたのか。彼と事件によって、この社会はどのように変わったのか。現在はどのように変わりつつあるのか。』

著者のこういうスタンスを始めとして、著者の考え方は僕は本当に好きだ。著者は、何かを押し付けないし、無理に議論はしない。主観を取り除くことなぞ出来ないと言ってドキュメンタリーやノンフィクションと関わる。何よりも僕が著者の態度で好きなのは、断定しないことだ。例えばこんなシーンがある。ある事柄について、オウム真理教の信者の「ほとんど」はそうだと思う、という表現の後で、「すべてと書かないのは、すべての信者に会っていないからだ」と付け加える。こういうスタンスは、当たり前だと思うかもしれない。当然じゃないか、と。でも、本書で描かれる様々な人たち(司法関係者やジャーナリストなど)は、その当然さをわきまえない。その厚顔さを、僕たちは無関心で許容する。そういう世の中になってしまっている。厚顔な彼らだけが悪なのではない。それを許容してしまう僕らも悪なのだ。そしてその変質の始点にオウム真理教が存在すると著者は主張する。

『なぜなら地下鉄サリン事件以降、主語を被害者に置き換えることで自由にものが言えなくなるこの傾向は、北朝鮮拉致問題などでさらに加速して、結果としてこの国の現状とこれからの方向に、とても歪で大きな影響を与えているからだ』

『オウムは特別である。オウムは例外である。暗黙の共通認識となったその意義が、不当逮捕や住民票不受理など警察や行政が行う数々の超法規的(あるいは違法な)措置を、この社会の内枠に増殖させた。つまり普遍化した。だからこそ今もこの社会は、現在進行形で変容しつつある。』

『でも同時に、言葉を失う自分を、僕は肯定する。なぜなら当事者の痛苦をリアルに感覚できない非当事者の後ろめたさをこの社会が忘れたがゆえに、加害者への嫌悪や憎悪が全面的に発動し、日本社会の変質は始まったと思っているからだ。』

本書は、「月刊PLAYBOY」で連載された。同時進行で変化していく状況を追い続けながらの連載で、先日森達也の話を聞く機会があったのだけど、この連載がどこに向かうか、どんな風に終わらせるか、連載開始時にはまったく構想はなかったという。
状況の変化をリアルタイムで追いかけながら、逮捕された教団幹部の面会に足しげく通い、かつて様々な形で麻原彰晃と関わった人たちへのインタビューを試みる。膨大な量の資料をひたすら読み込み、「正史」としてこれから残り続ける記述への膨大な矛盾点や整合性の取れない言説を指摘し、またかつてオウム真理教の報道がどのようになされ、それが何にどのような影響を与えたのかを指摘する。麻原彰晃を別の視点から見ようとすればするほど、麻原彰晃という存在への多面性に翻弄され、麻原彰晃が変質させた社会の歪さに嘆息し、メディアが持つ宿痾について思考する。森達也の思考や感覚は、僕にはまっとうに思える。僕もきっと、麻原彰晃の裁判を見れば同じように感じるだろう。しかし、それは社会の中ではマイナーだ。恐ろしくマイナーだ。社会は、膨大な量の報道に圧倒され思考停止し、偏向した情報を信じて一体化する。

『それはこの社会の願望である。なぜなら、もしも彼らが普通であることを認めるならば、あれほどに凶悪な事件を起こした彼ら「加害側」と自分たち「被害側」との境界線が不明瞭になる。それは困る。あれほどに凶悪な事件を起こした彼らは、邪悪で凶暴な存在であるはずだ。いや邪悪で凶暴であるべきだ。
社会のこの願望にマスメディアは抗わない。』

そしてこれは、司法も同じだ。

『ヒトラーは自殺した。だから戦後世界は、彼の言葉がないままにナチスを解析せねばならなかった。麻原は不在ではない。法定で語らせることができる。ところが今、まさしくその法定(裁判所)が、彼の言葉を封じようとしている。彼を放置してさらに壊そうとしている。でもこの国の多くの人は、これを異常なこととして捉えない。』

『確かに僕も、仮に麻原彰晃が正気を取り戻したとしても、法定の場で事件の真相が解明されるという全面的な期待はしていない。その可能性はとても低いと考えている。
でもだからといって、手続きを省略することが正当化されてはいけない。「期待できない」という主観的な術後が、あるべき審理より優先されるのなら、それはもう近代司法ではない。裁判すら不要になる。国民の多数決で判決を決めればよい。国民の機体に思いきり応えてやればいい。ただしその瞬間、その国はもはや法治国家ではない。
(中略)
誰かに適正な裁判を受けさせる権利を守ることは、僕らが公平な裁判を受けるための担保でもある。』

僕は恥ずかしながら、麻原彰晃の裁判について関心を持たずにいた。断片的な情報は知っていた。麻原彰晃が法定で意味不明な発言を繰り返している。弁護団が控訴趣意書を提出しなかった。そういう、細切れの情報は知っている。しかし、それらは、まったく違った位相を持っていた。僕が持っていた漠然とした情報は、まったく別の見方の出来る多面体だった。本書では、その別の見方が提示される。麻原彰晃が精神的におかしくなっている可能性は知っていたけど、まさかここまでとは思わなかった。ある精神科医の引用の中で、非常にわかりやすい表現があった。

『わかりやすく言えばですね、訴訟中に胃潰瘍がみつかったと。そうしたときに放っておくかということですね。当然内視鏡を入れて出欠を止めないといけないですね。そういうことをするべきであるにもかかわらず、どうも裁判官が意味不明なことを言って頑張っている。そういう状態ではないかと思います』

控訴趣意書を提出しなかった経緯も、初めて知った。驚くべきことだった。まさかそんな経緯があるとは思ってもみなかった。普通に報道されたように、裁判を遅らせる法定戦術としてだと思っていた。
本書には、このような多面体がそこかしこにある。森達也は、断定はしない。多面体を多面体のまま提示してくれる。本書を読んで、初めて知ったことは山ほどある。これらが正しく報道されていないとするならば(そして本書を読む限り、やはりそれらは正しく報道されてこなかったらしいけども)それは明らかにメディアの暴挙だし、これらの情報が「正しい形で」(まあこれが非常に難しいのだけど)提示されれば、少なくとも今のような社会にはなっていなかったのではないか、という気さえする。今のような社会に変質してしまった大元のきっかけを作ったのは間違いなくオウム真理教であるが、それを自分たちの都合のいいように利用し、意図的にせよそうでないにせよ社会をここまで変質させたのはメディアと司法なのだろう、という気がする。メディアと司法のあり方が変わったことで国民の意識が変わり、さらに国民の意識が変わったことでメディアと司法のあり方が変わるというフィードバックの関係。この現在進行形のスパイラルの中に、今僕たちはいる。
本書については、言及したいことが多すぎて、逆に書けない。麻原彰晃という質量を追いかける過程で、これほどの視点、これほどの多面体、これほどの価値観が提示されるとは、思ってもみなかった。考えさせられる、というレベルではない。今まで度の合わないメガネを掛けさせられていて、本書はそのメガネの存在に気づかせてくれるような、それほどの衝撃がある。自分が度の合わないメガネを掛けさせられていることに、なかなか気づくのは難しい。そんなメガネを掛けているから、視界には入っているはずなのに、見えないのだ。その恐ろしさを、本書は抉り出していく。
僕は、今の社会が嫌いだ。嫌いというか、怖い。狂っているとさえ思う。僕らはもう長いこと、これが常態と化している中で生きている。だからこそ、日常になってしまったこの社会そのものについて深く考えることは面倒臭い。この社会のありようを無自覚に受け入れる、前提とする方が楽だ。そうやって社会はより一層、危険な坂を転がり落ちていくことになる。
是非とも読んで欲しい。自分の思い込みを、自分の価値観を、自分の信念を、少しずつ疑おう。それは、あなた自身のものではないかもしれない。社会によって、もっと言えばオウム真理教によって、あなたの中にいつの間にか代入されただけの代物かもしれない。それを見極めよう。たぶん僕たちは、そうしなければならない。

森達也「A3」





関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2182-5920a9de

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)