黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔(森達也)

凄い作品だった。
本書の存在は、前から知っていた。ただ、どうしてか読まなかった。確か何か読まないことに決めた理由があったはずだった記憶があるのだけど、もう思い出せない。近々僕は、森達也と石井光太のノンフィクション講座のようなものに参加させてもらう。そのために、森達也の作品を読もうと本書を手に取った。今まで読んで来なかったことを後悔するような作品だった。
内容に入ろうと思います。
本書の内容は、一言で説明できる。『一介のテレビの雇われディレクターだった森達也が、オウムのドキュメンタリー「A」を撮影した過程を描いたノンフィクション』。しかし、そんな説明では零れ落ちるものがたくさんある作品だ。
地下鉄サリン事件が起こり、オウム真理教への過剰な報道合戦が繰り広げられている中、森達也は報道の中に身を置きつつ、どうしても違和感をぬぐい去ることが出来なかった。その違和感は、スパッと言葉で表現できるほど簡単なものではない。だから、という言葉で繋げていいのかどうかわからないけど、森達也はオウム真理教を題材にしたドキュメンタリーを撮ることにした。
ある場面で森達也は、マスコミ関係者に向ってこう感じる。

『しかしオウムという単語が方程式に代入された瞬間、おそらくは彼の思考が停止した。』

森達也は、上祐史浩に変わってオウム真理教の広報担当になった荒木浩にアプローチをする。何故荒木だったのか、それは初めの内は自分の中でも理解されない。しかし次第に、荒木が教団の言葉と世間の言葉の狭間でもがいている人物であること、そしてそれが、既存のマスメディアの報道とそれに違和感を覚える自分という図式に重なり合う部分があることに気づく。もちろん、荒木に着目した理由はそれだけではないが。
森達也は荒木に、ドキュメンタリーの撮影を依頼する。モザイクは一切使わない(その理由を森達也はこう説明する。『モザイクは対象となる人や場所の固有性を隠すという本来の機能よりも、「負の要素を持つ人」という一つの記号としての意味を持ち始めた。』)など、オウム真理教側にとってなかなかハードルの高い条件もあったが、森達也はどうにか荒木を説得する。
初めて撮影にやってきた日、荒木は森達也にこう語る。

『でも、ドキュメンタリーって以来は、森さんが初めてですよ』

基本的にマスコミは、素材が得られればいい。それはテレビ局や新聞社にとって、自分たちの報道したいことに合致した素材であれば、それ以上のものは要らない。基本的にそういうスタンスで取材が行われてきたから、誰もオウム真理教をドキュメンタリーで撮る、内側から見るという発想をしなかったのだろう。
何故オウム真理教のドキュメンタリーを撮るのか、撮りたいと思ったのか。森達也には自分の中で分からないまま撮影が始まる。功名心もなかったわけではないだろう。実際始めの内は、テレビで放送されることが前提で映像が撮られていた。しかし制作会社から撮影には協力できないと通達され、一人で撮ることを決意し、どこで発表するのかという当てもないまま、森達也はひたすらに撮り続ける。
やがて森達也は、おぼろげにつかみ始める。オウム真理教という存在についてではなく、オウム真理教をドキュメンタリーで撮りたいと思った自分の気持ちを。

『…ずっと考えていた。撮影対象であるオウムについてではない。自分についてだ。「オウムとは何か?」という命題を抱えて撮影を始めた僕が、いつのまにか、「おまえは何だ?」「ここで何をしている?」「なぜここにいる?」と自分に問いかけ続けている。』

『しかし、残された信者、逮捕された信者が、今もオウムにこだわり続ける理由は解かなくてはならない。理由はきっとあるはずだ。その思いは僕にこのドキュメンタリーを発想させた動機の一つだ。そして今、理由はおぼろげながら見え始めている。彼らが今もオウムに留まり続ける理由、そのメカニズムは、オウムの内ではなく、オウムの外、すなわち僕らの社会の中にある。』

本書、そして僕は見ていないけど「A」という映画で描かれていることの一つは、「日本人のメンタリティ」であり、それはすなわち「組織に隷属し思考停止を選択する日本人」だ。オウム真理教の内側から社会を見ることで、森達也は様々な視点に気づく。そしてそれはあまねく、日本人の思考停止を浮き彫りにする。

『子供が無視や小動物を無邪気に殺せるように、自覚を失った社会は止めどなく加虐的になる。、自覚がないから、昏倒した信者を見下ろして大笑いができる。自覚がないから事実を隠し、作り上げた虚構を公正中立だと思い込んで報道することができる。自覚がないから不当な逮捕をくりかえすことができる。自覚がないから、社会正義という巨大な共同幻想を、これほどに強く信じることができる。』

これは、今の僕達が住む社会でも基本的に変わらない。僕はつい最近、オランダの新聞記者が書いた「こうして世界は誤解する」という作品を読んだ。イラク戦争の特派員として派遣された著者が見た、決して報道されることのない様々な事柄を書いたものだ。本書では、マスコミのあり方についても非常に印象的に描かれるのだけど、それはまた後で書くとして、「それでも~」を読んで僕は、日本人だけではなく世界の人々が、状況の差こそあれ壮大な思考停止の中に生きているのだということを自覚させられた。日本でも、先の東日本大震災では、報道のあり方を含め様々なことを考えさせられた。思考停止によって混乱し錯綜していく現実も、直にではないにせよ目にした。もちろん、自分の判断を超える巨大な事象が起こった時、誰かに判断を委ねたいと思う気持ちはよく分かる。オウム真理教に限らずあらゆる宗教も、巨大な事象が起こるかもしれない、あるいは死後という不可知な事象に対しての不安を取り払うために、ある意味では思考停止をしていると表現することも出来るだろう。もちろんこの文章は、宗教団体を非難しているわけではない。逆に、宗教団体の場合、「何に依存して思考停止をしているのか」が(少なくとも表面的には)見えやすいという点では、宗教に依らず思考停止している人たちよりマシかもしれない、という議論も可能だろう。社会や大衆、あるいは「空気」など、はっきりとは言語化も視覚化も出来ないものに依存して思考停止している方が脅威かもしれない、と本書を読んで思わされた。
もちろん日本人のメンタリィや社会性の中にこの「思考停止」は非常に大きく組み込まれているために、そこから逃れることは非常に難しい。森達也自身もそうだろう。森達也は、自身が考えるドキュメンタリーのあり方に殉じて、オウム真理教と対峙する。それは、既存の考え方や言葉には依らずに撮る、というものだ。しかし、やはりそれは完全に出来るわけではない。ドキュメンタリーを撮るという大きな目的のためにそれを強く自覚している森達也でさえ、思考停止のくびきから逃れることは難しい。
ここで森達也のドキュメンタリーに対するスタンスを書きたいのだけど、その前にまず、本書で描かれるもう一つ重要なテーマとして、マスコミのあり方に関するものがある。映画「A」の中では、森達也はマスコミのあり方はテーマではない、と言っている。しかし本書では、森達也自身のドキュメンタリーに対する考え方を語る上でどうしても、対立軸として既存のマスコミのあり方に触れざるを得ない。そういう断片をちょっと抜き出してみたい。

とあるマスコミ関係者が、ある場面で口にした「報道の自由」という言葉に対して、森達也はこう思う。
『「報道の自由」という主張は本来なら、報道を妨害する権力や圧力に対して拮抗すべきフレーズのはずだ。少なくとも、「正式な返答をいただくまでは取材はお断りします」と、撮影を拒絶する位置個人に向かって発するべき言葉ではない。』

多くのマスコミが取材に訪れたある場面で、森達也は一人の女性ディレクターを評価する。
『カメラが回りだしたその瞬間、彼らと自分との共通言語の欠落に気づいた彼女は、少なくともメディアの常套句でその断絶を補填することは選択しなかった。曖昧な言葉を放り出して無理矢理引きずりだした信者の言葉を、編集で当初の意図通りに紡ぐという常套手法を選択しなかった。その意味では僕は彼女の誠実さを称えたい。』

一橋大学に荒木が呼ばれた際報道の話になるが、そこで森達也が思考したことは非常に興味深い。これは、森達也のドキュメンタリーの手法にも通じる話。
『事実と報道が乖離するのは必然なのだ。今日この撮影だって、もし作品になったとしたら、事実とは違うと感じる人はたぶん何人も出てくる。表現とは本質的にそういうものだ。絶対的な客観性など存在しないのだから、人それぞれの思考や感受性が異なるように、事実も様々だ。その場にいる人間の数だけ事実が存在する。ただ少なくとも、表現に依拠する人間としては、自分が完治した事実には誠実でありたいと思う。事実が真実に昇華するのはたぶんそんな瞬間だ。』
そしてそれに続けて森達也は、「既存のメディアへの批判ではないマスコミの欠点」を指摘する。
『今のメディアにもし責められるべき点があるのだとしたら、視聴率や購買部数が体現する営利追求組織としての思惑と、社会の公器であるという曖昧で表層的な公共性の双方におもねって、取材者一人ひとりが自分が感知した事実を、安易に削除したり歪曲する作業に埋没していることに、すっかり鈍感に、無自覚になってしまっていることだと思う。』

次の文章を引用して、森達也のドキュメンタリーに対する考え方に移ろうと思う。

『世の中のほとんどの現象は、「わかる」ものだという前提を僕らは持っていた。そしてこの思いこみが、僕らの日常を成り立たせてきた。曖昧に「わかる」ことで、僕らは平穏な日々を送ることができた。
オウムは、この思い込みを、曖昧さによって成立してきた日常を、抉りとって目の前に突きつける。』

森達也のドキュメンタリーに対する基本的な立場はこうだ。

『ドキュメンタリーの仕事は、客観的な事実を事象から切り取ることではなく、主観的な真実を事象から抽出することだ。』

『公平中立なものは作れない。
断言できる。主観の選択が結実したものがドキュメンタリーなのだ。事実だけを描いた公正中立な映像作品など存在しない。』

このスタンスは、僕は凄く好きだ。本書では、『カメラが日常に介在するということは、対象に干渉することを意味する。』という文章に続けて、物理学の量子論の話が出てくる。観測することで対象に干渉し、「干渉しない素のままの対象を観測することは出来ない」のだ。まさにその通りだと思う。それをきちんと自覚している森達也に好感が持てる。
森達也の、『自分の言葉を探そうと格闘する』という表現が好きだ。僕も、感覚としては近いものを理解することが出来る。借り物の、誰かの言葉で何か物事を理解した気になることは、あまり好きではない。ただもちろん、世の中にあるすべてのことについて、自分の言葉を探し自分自身の立ち位置を見つけることは非常に難しい。だからこそ、ある程度の思考停止が世の中を円滑に進ませているという事実もあるのだろう。しかし、せめて身の回りのこと、自分が直接関わる範囲のことぐらいは、なるべく『自分の言葉』を探そうとしている。
森達也はまさにそれを映像でもやっている。自分でも何を掴みたいのかわからない、何を撮ろうとしているのかもわからないものを撮ろうと、ひたすらにカメラを回す。自分の中では結局最後までそれを掴めたという感触はないままだ。しかしそれでも、森達也は作品を完成させる。それは、森達也が自分の主観で切り取った、オウム真理教という真実だ。
本書は、森達也自身の迷いや不安さえもきちんと描き出されていることが、ノンフィクションとして素晴らしい。僕は森達也や、あるいは大崎善生のような、対象に深く入り込んでしまい、通常のノンフィクションやドキュメンタリーからすれば客観的ではない視点から、主観的に事象に斬り込んでいくスタイルが好きなのだけど、その過程はもちろん不安の連続だ。既存のドキュメンタリーの手法から逸脱し続けることは、そしてそもそも何よりも、過程を持つ社会人としての生活からもともすれば逸脱しかけないようなギリギリのところで撮り続ける森達也には、撮影の間振りかかる様々な突発的な出来事によって揺れる。
例えばこんなシーンがある。撮影中の映像素材を、とある事情から撮影対象に見せなくてはならないかもしれない、という状況に追い込まれた森達也は、こう吐露する。

『何のことはない。結局のところ、世間の別紙が怖いから、作品の製作過程に傷がつくことが怖いから、オウムに映像素材を渡せないと僕らは主張しているのだ。』

様々な場面でこういう述懐が現れる。オウム真理教と相対し続けることは森達也にとって、自己を客観的に、そしてさらにオウム真理教という特殊な視点を含ませた客観から自己を見つめ直す過程でもあった。オウム真理教に食い込み少しずつ抉っていく過程も非常にスリリングだ。しかし同時に本書は、オウム真理教とカメラを介して対峙する無名の映像マンの葛藤も非常にスリリングで読み応えがある。
結構色んなノンフィクションを呼んでいる方だと思うけど、本書はかなり印象に残る強い作品でした。映像作品である「A」も見てみたいと感じました。是非読んでみてください。今の自分のあり方や社会やマスコミとの関わり方なども含め、様々なことを考えさせられる作品だと思います。

森達也「「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2163-35a6e7e2

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)