黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

ピンポンさん(城島充)

とんでもない日本人がいたものだ。
内容に入ろうと思います。
本書は、高校一年から卓球を始め、たった5年で世界の頂点に立ち、その後日本のスポーツ界にとてつもない功績を残し続けながら、惜しまれて亡くなった天才・荻村伊智朗の生涯を描いたノンフィクションです。
1949年、都立第十高の二年だった荻村は、卓球部の主将だった。
中学時代は野球のエースだった荻村は、身体が小さくて自分はプロにはなれないからと言って野球はやめてしまう。都立第十高入学当時卓球部は存在しなかったが、先輩たちがどうにか卓球部を創部しようとしているのを知り、先輩たちの美しいラリーに惹かれた荻村は、創部を目指して活動を始めることになる。
ここから、荻村のとてつもない人生が始まっていく。
荻村の人生にはもう一人、重要な人物がいる。
2008年に閉めてしまったが、つい最近まで吉祥寺で卓球場を続けてきた、上原久枝という女性だ。
久枝は、家の事情から、当時の女性としては珍しく職業婦人として働いていたが、戦争をきっかけに仕事を離れ専業主婦として過ごしていた。専業主婦として何者でもない日々を過ごすことに焦りを感じていた久枝は、たまたま手にとった婦人雑誌に、函館に住む主婦が自宅で開いた卓球場が人気だ、という記事を見かける。
卓球場なら自分にも続けられるかもしれない。
そうして久枝は、夫を説得し、吉祥寺に卓球場を開く。
この二人が邂逅した。歴史のifの話はよくあるけど、もしこの二人が邂逅しなければ、その後の荻村の活躍もなかったのではないだろうか。
設備も時間も、高校では満足に練習出来なかった荻村は、他の同世代の卓球をする学生同様、町中にある卓球場で汗を流した。母子家庭だった荻村は、母親の蔵書を勝手に売りさばいてお金を作り、それで費用を捻出していた。
ある時吉祥寺に新しい卓球場が出来たと聞いて見に行くと、久枝に中に入ってやっていったら、と声を掛けられた。
やせっぽっちの少年は、卓球にすべての時間を注いだ。周囲の言うことを聞かず、練習の工夫や効率などをすべて自分で考え、妥協ということを知らなかった。周囲と打ち解けられず、傲慢に見られていた荻村だったが、久枝にだけは懐き、困っている人を助けたくなってしまう性分の久枝も、孤立し苦悩を抱えながら卓球を続ける荻村を献身的にサポートした。
久枝の卓球場には次第に、荻村を中心に様々な人が集まり、卓球部のない大学に進学した荻村は、久枝の卓球場で作ったチームで大会に出場するようになる。
そして荻村は、卓球を始めてからたった5年7ヶ月で、圧倒的な強さを見せて世界一となった。
しかし、他人にも厳しさを求めるあり方や、孤高を貫くスタイルには、反発も多かった。後に日本のスポーツ界に偉大な貢献を残す荻村だが、選手時代の回想をされると悪評ばかりが飛び出す。それでも、勝負に異常にこだわり、また、日本の卓球界の未来のことを考えながら動き続ける荻村に迷いはなかった。
選手を引退した後も、荻村の活躍は続く。
指導者として成果を残し、また国際卓球連盟会長に就任して以降は、「米中ピンポン外交」など、スポーツで各国の融和を図ろうと世界中を飛び回った。
1994年、荻村が62歳で亡くなった際、メディアは荻村についてこんな風に伝えた。
<日本スポーツ界は天才的才能のリーダーを失った><戦後日本の希望の星><「スポーツを通じ平和」が信念>
卓球選手としてだけに留まらない情熱を秘めた、荻村伊智朗という一つの才能を伝えた傑作です。
いやー、これはちょっと凄すぎました!!
僕は、荻村伊智朗ってまったく知らなかったんです。これまで生きてきて、一度も名前を見たこともないし耳にしたこともないです。この作品を読もうと思ったのも、これは絶対面白いぞ、っていう直観だけで、荻村伊智朗って名前や、ピンポンさんって呼称を知っていたわけではなかったです。
ホントに、こんなとんでもない日本人がいたんですね。ホント、読みながら感動してしまいました。
正直、卓球って日本でそれほどメジャーなスポーツではないと思うんです。野球とかサッカーは大人気だし、フィギュアスケートなんかはやる度にテレビで放送される。他にもそういう面でメジャーと言えるスポーツってあるんだろうけど、でも卓球って、福原愛がテレビに出まくってた時は一時注目されてただろうけど、今ではやっぱりそんなに注目はされていないですよね。
そんな卓球という土俵の上で、これだけの活躍をした人がいた、という事実に本当に驚きました。
いつだかの新聞に、20世紀を大経するスポーツマンというアンケート結果が載ったそうです。荻村伊智朗は、その当時スポーツ界で最も注目を集めていた中田英寿の16位を抑えて、国内編の15位にランクインしていた。
この話は、本書の読み始めのところに書かれていて、荻村伊智朗のことをまるで知らなかった僕は、へぇーそんなに有名な人なのかと、15位という順位でも結構驚いたんです。
その同じページに、こんなエピソードが書かれている。その記事を見た古いメンバーの一人が、何で長嶋茂雄が1位なんだ、中国やヨーロッパ、中東なんかでは荻村さんの方が遥かに知られてるんだ、と不満をぶつけてきた、という話。
読み終わった今となっては、その古いメンバーの一人の訴えは、凄くよくわかる。正直荻村伊智朗は、ノーベル平和賞とかもらっててもおかしくないんじゃないか、って思うぐらいとんでもない人間だと思いました。
さっきからちょくちょく書いているけど、荻村伊智朗という人間は、選手や指導者としてだけ凄いのでは決してない。でもまずその辺の話を書こうと思います。
荻村は、たった5年で世界のトップに立ったけど、卓球を始めた当初からその凄さは別格だった。
荻村が通っていた高校は進学校で、生徒は大抵みな部活を二年の二学期で止め、以降は受験勉強に専念した。しかし荻村は部活を辞めなかった。卓球で飯が食えるわけないじゃないか、と荻村を諭そうとする友人に、荻村はこう返す。

『僕らが大人になったときにそうなっているかどうかはわからないけど、スポーツも、スポーツに時間を注ぎ込む人間も、その価値を認められる時代がきっと来るはずだ』

これが高校二年生の言葉ですからね。凄すぎると思いました。荻村は、どんな時でも常に未来を見ていた。ある人間が荻村を、10年後の未来を見据え、そこにたどり着くために逆算して今何をしなければならないか考えるような男だった、と評していたけど、恐らく荻村はこの時点で、自分が世界のトップに立つことを考え、そこにたどり着くために何をしなければならないか考えていたことだろう。荻村はある時久枝に、石はいくら磨いてもダイヤモンドにはなれない、僕は初めからダイヤモンドだったんだ、と言ったが、それに何も反論できないと思わせるほど、器の違う男だと思いました。
荻村は、一切の妥協をしなかった。それが必要であると思えば必ずやったし、相手の都合を考慮して何かを諦めるなんてこともしなかった。時間や設備が足りなければ、頭を使って工夫した。荻村は、自分と同じぐらい努力している人間はいない、と言っていたけど、本当にそうだと思う。肉体を酷使し、人間関係をぶち壊し、あらゆるものを打ち捨てても、目指すべき将来に必要な今やるべきことに邁進していった。
練習に対する発想も凄まじかった。例えば荻村はある時から、練習場の近くにあった「高島易断」で観相や骨相を学び始めた。それは、ラリーをしている相手の表情の変化や心の動きなんかを分析するためだった。他にも、卓球とは関係ない本(宮本武蔵の「五輪書」など)から刺激をうけたり、ジムでトレーナーに指導をしてもらったりと、ありとあらゆることをやった。
荻村は、『時・時の記』と題したノートにこんなことを書いている。

『天才には彼の良き理解者、心の援助者が必要だといった様なことをルーヂンが言う。
天才を理解できるモノが居るか。
そいつも天才か。』

尋常ではない天才、天才の中の天才を目指して邁進した荻村は、ついに世界のトップに立つ。しかしその後、ヨーロッパで博物館巡りをしていた際、ミケランジェロの「ピエタの像」を見て、ミケランジェロがこれを作った時自分と同じ21歳だったことを知って打ちのめされるような、本当に底の知れない、妥協を知らない地平を目指し続けた男だった。
久枝についても書こう。久枝は、生涯に渡って荻村を支え続けた。荻村と久枝は、言ってみればただの他人だ。家族でもなんでもない。しかし荻村にとって恐らく、唯一心を許せる相手だったのだろう。
久枝もまた、非凡な女性だった。職業婦人として高島屋で働いている時、働く女性を撮影する映画で抜擢され映画に写ったことがある。人気女優だった李香蘭の接客をしたり、高島屋ブランドの帽子のモデルになったりと、女学校中退でありながら、働くことで様々なものを身につけていった。
そんな久枝だったから、戦争をきっかけに仕事をしなくなって、宙に浮いたような気持ちだったのだろう。なんとなく始めた卓球場だったが、すぐさま荻村と出会って、そこから久枝はまた、表には出てこないけど日本卓球界を陰で支える重要な立ち位置を占めることになった。
久枝と荻村の関係は、常に良好だったわけではない。母子家庭であるという出自もあってか、大きな孤独を抱えていた荻村は、久枝が他の人にかまっているのを見ると嫉妬に駆られた。素直に言葉に出せない荻村は、わかりにくい形で自分の不満を表現するしかなかった。その後も、ちょっとしたことがきっかけで疎遠になったり、お互いの誤解からすれ違ったりすることもあったけど、荻村の中には常に久枝の存在が大きく存在していただろうと思う。
荻村が選手として活躍していた時代は、スポーツと戦争と政治がごちゃごちゃしていた時代でもあった。
初めての国際大会でイギリスに行った際(余談だけど、このイギリス行きの渡航費用80万円は、選手の自腹だった。卓球連盟にそれだけのお金がなかったのだ。久枝らが中心になって、募金でまかなった)、イギリス人の物凄い反日感情を目の当たりにした。どこに行っても日本は嫌われていて、その経験が、後の荻村の行動に活かされているのかもしれない。
選手を引退し、指導者になった荻村だったが、日本ではなく海外の選手を指導すると言って非難された。招かれて指導に行ったスウェーデンでも、荻村の指導に納得がいかない選手が次々に離れていき、たった一人しか残らなかった。しかし荻村はその選手を、世界のトップに立たせた。
指導者として海外を飛びまわる一方、荻村は国際卓球連盟会長に就任する。アジア人では初の快挙だった。
そこから荻村は、スポーツ外交を良好に進めるべく、それこそ奔走した。
文化大革命によって世界から孤立した中国を表舞台に引き戻したのは、荻村の功績だ。荻村は、それ以前に関わりのあった周恩来に直談判し、スポーツを通じて国交を回復させるべきだと説いた。そうやって荻村は、文化大革命以来初めて、世界卓球選手権への参加という形で、中国の国際社会への復帰への先鞭をつけたのだ。
荻村と周恩来のエピソードで、とんでもないものがある。
中国が参加した名古屋大会で、中国側はとある戦略を使った。それはルール違反ではないが、マナー的にはよくない。中国側の戦略を見抜いた荻村はいち早く抗議し、止めさせた。
それを新聞記事を読んで知った周恩来はこう言った。
「オギムラさんに抗議を受けるようなことはしてはいけない。オギムラさんを起こらせてまで勝つ必要はないよ」
それからも、南北問題に苦しむ朝鮮に何度も足を運び、南北共同のチームとして卓球選手権に出場させたり、アパルトヘイトに苦しむアフリカの黒人選手を特例で世界選手権に出場させたりと、スポーツを通じて外交を潤滑に進めようと努力し続けた。
まだまだ書きたいことはあるんだけど、ちょっと時間がないので、後は荻村が様々なところで言ったり書いたりした文章を書きだして終わろうと思います。

『身体文化であるスポーツの場合、<人間能力の限界への朝鮮>という目標の方が、<時代の選手に勝つことの工夫>という目標よりも、はるかに高い。<時代の選手に勝つ>という低い次元の目標にとらわれると、もしその時代の選手のレベルが低い場合、低いところで自己満足することがおこる』

『刺激を受ける対象を卓球界の外に求めた』

『おばさん、人間は勝手に自分の限界を作ってしまうんですよ。限界より少し上のハードルを設定してやるのが、指導者の仕事なんです』

『スポーツの本質を曲げずに、政治が歩みよりやすい場を設定する。それがスポーツ側にいる人間の力量です。スポーツが政治を動かすことはできないが、援護射撃はできる』

とにかく、とんでもないノンフィクションでした。かつてこんな日本人がいたのか、こんなに妥協を知らず情熱を持ち続けられる人間がいたのか、と衝撃的でした。是非読んでみてください。凄いです、ホント。

城島充「ピンポンさん」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2138-b444506b

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)