黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

星やどりの声(朝井リョウ)





内容に入ろうと思います。
舞台は、快速に乗れば50分程で新宿までたどり着く、海沿いの町・連ヶ浜。商店街から少し離れたところにある「星やどり」という軽食喫茶の店で物語は生まれる。
建築家だった父は、六人兄弟がまだ小さい頃、ガンで亡くなった。それから、星やどりの切り盛りは、すべて母・律子の双肩に掛かることになった。ビーフシチューと自家焙煎のコーヒーが自慢の店。子どもたちはみんな、父とビーフシチューが大好きだ。
就職活動が全然うまくいかなくて焦っている長男・光彦。常にカメラを持ち歩き、まったくランドセルが似合わない大人びた三男・真歩。サンダルとばっちりメイクで高校に行き、派手な友達と全力で若さを謳歌する二女・小春。アホ全開で、でも幼馴染の女の子の動向が気になる二男・凌馬。小春と双子の姉妹で、でも小春とは対照的に黒髪ノーメイクで秀才の三女・るり。そして、父のいなくなった早坂家を必死で支え続けた長女・琴美。
兄弟たちの中には、いつまでもずっと父親の面影が夏の余韻のように残っている。それぞれが、自分の置かれた立ち位置から、自分の将来と早坂家の将来を見ている。父親という中心をぽっかりと失った早坂家は、ところどころ見えない隙間に侵食されながら、少しずつその形を削り取られていく。
星やどりにはブランコの形をした席があり、その席の常連のおじいさんがいる。茶色のカーディガンをいつも来てるから、ブラウンおじいちゃんとみんな呼んでいる。そのブラウンおじいちゃんが店に来なくなったことが、一つのきっかけだった…。
というような話です。
いやはや、ホントやべぇ。やべぇよ。俺、朝井リョウの小説とぴったり過ぎるんだ。羊水みたいにぴったり。
なんだろうなぁ、この吸いつくような感じ。自分と同じ形をした何かにすっぽり包まれたみたいな感覚が凄すぎる。デビュー作の「桐島、部活辞めるってよ」の時もホント衝撃を受けたけど、この作品も凄いなぁ。ホント、朝井リョウは僕にとってちょっと凄すぎる作家だ。
僕は、朝井リョウの書く小説の、人間や情景を描写する時のタッチが物凄く好きなんだ。絵心のない僕には経験はないけど、画家がカンバスに絵筆を引いた時、まさに自分がイメージしたぴったりの色やラインが出た、みたいな感じかもしれない。朝井リョウの絵筆の動かし方、カンバスに定着する絵の具の感じ、絵筆を引く時のためらいのなさ。そういうものが本当に好きだ。
「桐島~」の時は、こんなに活き活きと高校生を描ける作家がいるなんて、っていう衝撃にやられた。あの読後感はちょっと衝撃的だった。言葉が煌めいているような感じがして、触ったら弾けそうな気がした。
一瞬の切り取り方も好きだ。本書では、真歩って小学生がカメラを撮るんだけど、そこからの連想で、朝井リョウのフレームの切り取り方が凄く好きだなと思う。
そんな風に世界を切り取ってみせるんだ、ってあらゆる場面で思った。人物を、瞬間を、情景を、そんなフレームで切り取るんだ、って。自分では絶対に撮れない写真を見ているような気がする。同じようにカメラを構えていても、僕にはそれは見えていないし、そのフレームも見えていない。朝井リョウは、自然にその立ち位置に立って、自然にそのフレームでそれを切り取る。その切り取り方が僕にとっては絶妙過ぎる。
「桐島~、」の時は思わなかったけど、本書を読んで、なんか小説を書いてみたくなった。誤解されるだろうからちゃんと書くと、それは別に、これぐらいの小説だったら俺だって書けるよ、なんて感覚からじゃ全然ない。
これもまた写真の喩えで言うと、自分にピッタリ来る写真を見た時に、これと同じ視点から見てみたい、って思う感覚に凄い近い気がする。ちょっと違うメガネでも掛けているのかもしれないって疑いたくなるぐらい、僕は朝井リョウとは違うものを見ている。そして僕は、朝井リョウが見ているその見方に憧れてしまう。同じ場所から同じようにして自分も見てみたい。その場所に立って、同じようにカメラを構えたって、きっと同じようには見えないんだろうな、とは思う。それでも。それでもいいから、同じ場所に立ってみたいし、同じようにカメラを構えてみたい。
なんか、凄くそんな風に思わされた。小説を読んで、小説を書いてみたくなった、ってのは、もしかしたら初めてかもしれない。
冒頭からまず惹かれる。冒頭3ページぐらいで、兄弟六人の描写が一気にされる。僕は普段小説を読んでいても、登場人物の名前をなかなか覚えられないし、そのキャラを把握するのにも結構時間が掛かる。でも本書の場合、初めの3ページを読んだだけで、兄弟六人の名前とキャラは全部インプットされてしまった。ビックリした。ホント、どんな魔法を使ったんだろうって思った。大げさじゃなくてホントに。「桐島~」の時も衝撃的だったけど、ホントに朝井リョウは、人物の立ち上げ方が巧い。ふわり、って音が聞こえてきそうなくらい、何かが空から舞い落ちてくるかのように、いつの間にか人物の輪郭がそこにある。それは、雪みたいにはらとやってくるのに、雪のようには簡単には溶けない。砂糖を混ぜたしゃぼん玉みたいに、触れても割れない。でも、輪郭はぐにゃぐにゃしてる。その不安定な感じを安定感のある文章で描き出していて、なんか凄いんだホント。
個々のストーリーとか、個々の人物とか、色々書きたいことはある。でも、なんか違うんだよなぁ。「桐島~」の時も思ったけど、朝井リョウの小説って、要素に分解することに意味がないかもって思っちゃう。割と普通の小説って、ストーリーはこんなで、展開はこんなで、キャラクターはこんなでって感じで、要素の集合として全体を語ることが出来るって僕なんかは思ってたりする。それぞれの要素の足し算が全体、みたいな感じ。でも朝井リョウの小説って、そうじゃない気がする。そもそも要素に分けられない気がするし、要素に分けたところで、それを改めて足しあわせても元通りの全体にはならなそうな感じ。なんだろう、ホントに。でもそう感じなんだ。ストーリーはこんな感じでとか、展開はこんな風になってとか、キャラクターはこんなところが良くて、みたいなことをいくら書いたって、そうじゃない部分に核心みたいなものがあるような気がしちゃう。どうしても僕には捕まえられないその核心を捕まえようと、作品をどう切り刻んでみても、やっぱりその核心は見つからないような気がするんだよなぁ。
でも一つ思うのは、その核心の部分ってもしかしたら、読者の側にあるのかもっていう風にも思う。巧く説明できないけど、作品全体に読者が持つ何かを混ぜ合わせることで、この作品が成り立ってるみたいな。まあ、それはどんな小説だってそうだよ、とか言われたらそれまでなんだけど、なんかそういうのとは違うレベルでそう感じる。
あー、しかしホント久々に、こんな抽象的な感想書いてるなぁ。こういうの嫌いじゃないけど、読んでる人的にはなんのこっちゃわからんのだろうなぁ、きっと。
あんまり意味がないことを承知の上で、ストーリーとか展開とかキャラクターとかについて書いてみようかな。
「桐島~」は、ストーリーのあるなしで言えば、ない小説だったと思う。ストーリー自体に意味がある小説ではなくて、人物を立ち上らせることそのものに主眼があるような、そんな小説だった。もちろん、本書にもそういう部分はちゃんとある。でも本書はそれだけじゃない。ストーリーも本当にいい。
本書は、僕が冒頭で内容紹介をした際に書いた順番通りで、六人の兄弟それぞれの章が描かれる。兄弟はそれぞれ個別の問題を抱えていて、まずそのそれぞれがいい。しかもその個別の問題が、少しずつ父親と関わり合っていく。兄弟それぞれが、父親の不在に対して考えたり感じたりする部分があって、それが彼らの中で様々に熟成されて、それぞれの問題へと昇華されていく。
個人的に一番好きだったのは、真歩の話かなぁ。真歩がどうしてあんまり笑わない子どもになったのか、っていう理由は、凄くいい。「桐島~」の時も感じたことなんだけど、朝井リョウは、年齢も性別も、あらゆる人物を見事に書き分ける。真歩の抱えている問題は、小学生らしさを残しつつ、小学生らしくない真歩らしいという、本当に絶妙なラインで、凄くよかったと思う。
でもやっぱ、小春の話もよかったし、るりの話もよかった。特にこの二人の描き分けはよかったなぁ。朝井リョウは、女性の視点からものを見るというのも本当に巧い。女性が読んだらどう感じるか分からないけど、少なくとも男の僕からすれば、そうそう女子ってそういう男が全然見てないとこ見るよなー、みたいな部分が凄く多くて、凄くいい。これはホント、女性の意見を聞いてみたいよなぁ。朝井リョウが描く女性視点は、女性的にどうなのか。
そして、それら個別の話の積み重ねとして、最後の展開がある。これがまたいい。それまでの物語が、本当に巧いこと繋がっていく。「桐島~」で圧倒的な描写力を見せつけた著者だけど、ストーリーもここまで巧く描けるようになったってのはホントにびっくりです。凄いな。
人物は、もう全員いいとしか言いようがない。やっぱ、朝井リョウが描く人物って好きすぎるなぁ。そういうふうに切り取るんだ、って思うような場面が本当に多くて、ワクワクするし惹かれてしまう。
って色々書いてみるけど、やっぱこういうこと書いてもなー、とか思っちゃうなぁ。ホント罪深い作品だわ。
最後に、僕なりに凄く惹かれた文章を二つ抜き出して終わりにします。この二つはホント一例だけど、比喩や単語の使い方とか、雰囲気の立ち昇らせ方とかが本当に好きです。

『海というものを背景にすると、人間は急に脇役になる。どこからどうシャッターを切っても、それは海の写真になるのだ。』

『向かい風が強い。一瞬、前に進もうとする力と追い風がぶつかりあって、ゼロの中にいるような感触がした。』

特に後者の『ゼロの中にいるような感触がした』って表現は、僕の中で本作中トップです。素晴らしいよ、ホントに。
ちょっとべた褒めですけど、べた褒めしたくなる作品です。この作家、やっぱちょっとスゴすぎると思う。今この若さでこれだけ書けるんだから、ホントこれからが楽しみで仕方ない。どこまで行くんだろう。ホントに読んでほしい一冊です。

朝井リョウ「星やどりの声」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

[4158]

こんばんは。
今日は暖かな一日でしたね。お日様の恩恵をしみじみ感じました。我が家のベランダから見事な富士山が見えましたよ。

この本を読みました。『桐島、~』のときは、余り感じませんでしたが、この作品は素晴らしいですね。朝井さんは現役の大学生だそうですが、才能ある作家登場だと思いました。早坂家の家族が亡くなった父親に対する想いで堅く結びついている点が感動でした。しかも子供が6人、それぞれのキャラが巧く描けていますよね。
しっかり者派とお馬鹿グループに分かれていることも可笑しかったですが、その裏には深い事情があったことが分かり、じわりと心を打たれました。家族との別れが近いことを悟ったときのお父さんの気持ちを考えると、本当に切ないですね。子供たち一人一人の枕元で、語るシーンには涙がこぼれました。面と向かってではなく、寝姿に伝えるところがこの父親の優しさでしょうね。20歳そこそこの若者がこんな深い作品を出したことに驚きましたし、今後が大いに楽しみになりました。

話はまったく変わりますが、先日安藤祐介さんという方の『1000ヘクトパスカルの主人公』という本を読みました。売れている本かどうか分かりませんが、今気象予報士講座に参加している私としては、何故1000ヘクトパスカルなのか?ということにずっとこだわりがありました。ネットでこの本の宣伝文を見ると~1000ヘクトパスカルの空の元、さまざまな青春が交錯し~のような青春ものという扱いになっています。
ですが、私はちょっと違うのでは…?と思っています。まず、この本は気象予報士の資格を持つ女子大生が出てきて、友だち(恋人は別にいるので、ボーイフレンドくらい)に雲の話や天気の話をし、彼も気象に興味を持つ(気象予報士の資格を取り、カメラマンになる)というストーリーです。ネタバレでごめんなさい。私が学んだことを紹介しますと、空気塊には「温位」というものがあります。それぞれの空気塊の温度を比べるときに、高度が違っては比較にならないので、1000ヘクトパスカルの時の温度に置き換えます。これを「温位」と呼んでいます。外から水蒸気などが加わらない限りこの「温位」は変わりません。その空気塊固有の温度です。タイトルに主人公とありますが、私的にはこの作品の登場人物を空気塊に喩え、彼ら彼女らが個性=温位を持つ、という意味に使われていると思います。それでこそ、1000ヘクトパスカルの意味が生きると思います。私が考えたPOP ~「温位」って分かりますか? みんなそれぞれの「温位」を持っているんですよ~ と、こんなところです(笑)。

[4159]

こんばんはです~。今日は確かに暖かかったです。いつも、外がどんな気温なのかよくわからないままで服を決めるんで、今日はちょっと暑かったです(笑)

この作品良かったですよね!「桐島~」は、かなり若い世代に共感できる感覚が満載、という印象でしたけど、「星やどりの声」はかなり広い範囲の人たちに届く作品だと思いました。ホント、これだけの作品を書けてまだ大学生だっていうのが恐ろしいですよね。12月にも新刊が出るようで、僕の周りの書店員の意見を聞くと、そっちがより良い作品なんだそうですよ。

何よりも、キャラクターをここまできっちりと描き分けられているのが素晴らしかったですよね。家族、というものを本当に素敵に描いているなと思いました。父親がいなくなることでぽっかり空いてしまった穴の不自然さを、家族総出でどうにかする、その過程が素晴らしいです。

なるほどー。「1000ヘクトパスカルの主人公」におけるドラさんの解釈は面白いですね。でも、多少専門的な知識(この場合「温位」)を知らないとそこまでたどり着けませんですね。作中に「温位」って言葉が使われていて、説明されているならそのPOPのフレーズは結構アリだなぁ、と思います。僕も物理とか数学が好きですけど、そういう好きなジャンル・知っているジャンルが扱われていると、なんか些細なことが気になっちゃいますよね(笑)たぶん僕は読まなそうな気がする小説なので、ネタバレは気にしないでくださいね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2106-5dc64c73

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)