黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

孤独と不安のレッスン よりよい人生を送るために(鴻上尚史)





内容に入ろうと思います。
本書の内容は、まさにタイトル通りです。一文で書くならば、
『よりよい人生を送るための、孤独と不安についてのレッスン』
となります。まさにタイトル通りですね。
これは本当に、色んな人に読んで欲しい本です。
たぶん、孤独と不安に苦しんでいない、という人はそうそういないのではないかと思います。僕は、後でも書くつもりでいますが、孤独とはかなりいい関係を築けている、と自分では思っています。でも、不安とはまだまだいい関係を築けていなくて、時々苦しくなったりします。本書では、少子化が進んだことで、大人になってから孤独と不安に苦しめられることになる人が増えている、というような話もあって、まあそこに本当に因果関係があるかどうかは別として、ざっくりとしたイメージでは、昔より遥かに、孤独と不安との付き合い方に悩んでいる人は増えているのではないか、と僕は勝手に思います。
本書は、孤独や不安をなくすための本、ではありません。本書には、こうあります。

『つまりは、どんなものを信じても、受け入れても、人は、一生、孤独と不安から自由にはなれない、ということなのです。』

本書は、孤独や不安をどうやってなくしたらいいか、ではなく、孤独や不安とどう付き合って行ったらいいか、という本です。孤独や不安は、どうやっても消えることはありません。孤独や不安とどう付き合っていくべきか、僕らはなかなか生活の中で自然に学ぶ機会が少なくなってきています。だからこそ、意識的に、孤独や不安とのつきあい方を学んでいくしかないのです。
本書は、前半では孤独について、後半では不安について書かれています。それぞれについて、ざっとどんなことを言っているのか書いてみようと思います。
孤独の方で重要なキーワードは、『「本当の孤独」と「ニセモノの孤独」』『一人でいることは悪いことなのか?』『世間という名の神様』という感じです。
最も重要なポイントは、『一人でいることは悪なのか?』ということです。
本書には、こうあります。

『一人がみじめなんじゃなくて、一人はみじめだと思い込んでいることに、苦しめられているんじゃないかと、僕は思うのです。』

ホント、その通りだと思います。僕は、いつの頃からか、『一人はみじめだ』という価値観から抜け出すことが出来ました。どうやって抜け出したのか、その過程はまったく覚えていないのだけど、いつの頃からか、一人でいることはみじめじゃない、と思えるようになりました。
いや、この表現だとちょっと違うんだな。僕は『一人でいると周りからみじめだと思われるだろうな』という考えから抜け出せたのでした。僕自身は元から、一人でいることはみじめだなんてあんまり思ってなかったんですけど、でも周りの人はそういう風に見るだろうな、という風には思っていたのでした。だから、あんまり一人でいたくはなかった。でも、いつの頃からか、そういう感覚を抜け出せていました。それは僕にとって、本当に楽になれる第一歩だったな、という気がします。
僕は今、一人でいることが全然苦ではない。もちろん、ずっと誰にも会えない、とかなったらそれはそれで寂しいけど、会おうと思えば誰かには会える、という状態の中で一人でいることは、特になんとも思わない。むしろ、一人でいることの方が気楽でいい。煩わしさがない。
いつも誰かとメールしていたり、触れ合っていたり、繋がっていると感じられないと辛い、という人は、凄く多いような気がする。そういう人は、『一人でいる自分はみじめだ』という価値観にガチガチに縛られているんだろうと思う。それは、そこから抜けだした僕からすると、本当に辛いだろうな、と思う。

『「友達ができればラッキーだけど、あわない人と無理に友達にならなくてもいい。一人でいてもそれは普通のこと」という価値観がしっかりあれば、イジメのエネルギーは、ずいぶん減るんじゃないかと思うのです。』

本書にはイジメの話も出てくるけど、ホントその通りだなと思います。昔は僕も、友達がいないのは寂しいなぁ、っていう風に思ってたはずだし、今だって友達が全然いなくなったら凄く寂しいだろうけど、それでも、合わない人と無理に友達になることはないってのはホントそうだと思う。寂しいから、というだけの理由で繋がっている関係って、凄く辛いと思う。
本書では、「本当の孤独」と「ニセモノの孤独」という話も出てくる。
「一人はみじめだ」と苦しむことが「ニセモノの孤独」。じゃあ「本当の孤独」は何か。それはこうあります。

『「本当の孤独」とは、自分とちゃんと対話することなのです。』

一人旅などで、自分から一人である状態を作り出す。なるべく誰とも連絡を取らず、特に目的のある行動もしない。出来るだけ長くその状態を維持する。すると次第に、自分と対話する状態になっていく、と著者は言います。
僕は実は、そういう状態を自ら作り出したことがあります。僕には、半年間、誰とも会話を交わさなかった時期、というのがあります。
その時期は、本当に色んな人に迷惑を掛けたな、と思います。かなり心配もしてもらったことでしょう。でも、今だから思うけど、僕はあの時期は凄く大事だった、と思います。その時期、自分が何を考えていたのかは、もはや思い出せません。でも確かに、誰とも喋らず、ネットを見るでもなく、ひたすらテレビを見続けるだけの生活を半年も続けていると、自分と対話する以外にやることがなくなってくるんですね。僕が孤独から脱することが出来たのが、その半年間を経験して以降だったのかどうか、もはや記憶にないから分からないのだけど。
あの半年間は、僕にとって、ありとあらゆることをリセットするのに本当に必要な時期でした。自分がそれまで生きてきた過程で抱え込んできた要らないものたちを、あの半年で全部振り払った、そんな気がします。その半年の前後で、変わりなく僕を迎え入れてくれた友人たちにも、本当に感謝しています。口に出しては言わないけどさ。
一人でいることはみじめだ、という価値観にさいなまれている人は、一度自分の意思で一人になってみるといいと思います。社会人だとなかなか難しいけど、学生ならどうにでもしようはあるでしょう。本書では、社会人だって、交通事故にでも遭ったと思えばどうにでもなるような気がするけど、みたいなことが書いてありました。本書に書いてあることではなくて、僕が何かで読んだ話ですけど、社会人の中にも、ある日突然会社に来なくなって失踪して、一週間ぐらいすると何食わぬ顔で出社してきて、でもそれから見違えるように変わった、なんていうこともあったりするみたいです。どうにもこうにも行き詰まっている人は、そんなことをやってみてもいいのかも。
最後に、世間について書きます。本書では、欧米における神と、日本における世間が対比されています。
日本人は、自分の意見をなかなか言わないし、周りに流される、とよく言われます。本書ではそれを、日本では世間が神の代わりになっているからでは、と分析します。
一神教を信じる人達は、悩んだり困ったりした時、最終的に自分が信じる神に問いかけます。そして、その神との対話によって、自分で判断を下します。
日本には、宗教的な意味での神というのはあんまり存在しない。でも、欧米人にとっての神と同じような働きをしているのが、世間、ではないか、と著者は言います。そして、現在の日本の世間は、中途半端に壊れているからこそ、息苦しさを覚えるのではないか、とそういうようなことが書かれています。
僕も日本人だから凄く分かるけど、世間の流れに反するのは凄く難しい。世間、っていうのは、広い意味で世の中ってことでもあるし、狭い意味では自分の周囲ってことでもある。世間が神様と同じなんだから、神様が言うことには従うしかない。でも中途半端に壊れているから、素直に従うのにも抵抗がある。そういう複雑な世の中に僕らは生きているわけです。
本書によれば、これは世界の最先端の悩み、なんだそうですよ。最近では外国でも宗教を信じない若者が出始めてきて、そういう若者が日本人と同じような悩みを抱えるようになっている、んだそうです。なんか、日本人がずっと付き合ってきた悩みが世界最先端だっていわれると、なんか楽しいですよね(笑)
さて、不安の方の話にいきましょう。僕は、不安とはまだいい関係を築けていないので、こちらの方が凄く響くことが多かったし、落ち込むことも多かった。
不安の方の話のキーワードは、『「他者」と「他人」』『「いまある自分」と「ありたい自分」』『人は分かり合えない』という感じでしょうか。
まず、人は分かり合えない、という話からしましょう。これは、孤独の話と似ている部分もあって、僕達は『人は分かり合えて当然だ』と思うからこそ苦しいのではないか、ということです。
これはそうですよね。僕は、この点に関して言えば、そう思っています。相手のことなんか、どうせわかりゃしないんだから、と僕は思っている。分かろうとする努力はもちろん大事。でも、絶対に分かることはない、と思って接しています。それは、聞きようによっては寂しく聞こえるかもしれないけど、そうではないと思えれば、凄く楽になれると僕も思います。
「いまある自分」と「ありたい自分」の話は、凄くよくわかりました。僕らは、自意識がちょっと過剰なところがあって、だから不安になる。「いまある自分」が何かしようとしても、それよりも上にいる「ありたい自分」が、そんなことして大丈夫なの?それって面白い?と突っ込んできます。それで僕らは、行動できなくなったり、前に踏み出せなくなったりする。「いまある自分」と「ありたい自分」との対話によって自分の行動を決めるのではなく、「いまある自分」と「目の前の相手」との対話によって自分の行動を決める方がいい、と本書ではいいます。
そして本書の中で僕が一番共感しながら読んだのが、「他者」と「他人」の話。まさにこれは僕の最大の問題点を本質的にズバッと衝いていると感じました。
僕は、深い人間関係が本当にしんどい。一番しんどい深い人間関係は、家族だ。僕は、小学生の頃既に家出を考えるくらい、両親が(というか、実家が)嫌だった。家族、という距離感に既に小学生の時点で耐え難かったのだ。
それは、今でも変わらない。家族に限らず、人間関係が深くなると、自分が辛くなっていく。自分なりの言葉でそれを説明することは出来ていたのだけど、本書の『他者』と『他人』の話は物凄くわかりやすかったし、結局のところ僕は、『他者』とうまく関係性を築けない人間だ、ということなのだ。
『他者』と『他人』の違いは、ズバッとは説明できないんだけど、『他人』は最終的に排除するか無視すれば済む相手、『他者』はそうすることが出来ない相手(家族や隣に住んでいる人や職場の人など)という感じです。
本書にはこうある。

『じつは、人間が成熟しているかどうかは、「他者」とどれぐらいつきあえるかだと僕は思っています。
やっかいな存在=「他者」とどうつきあえるかが、その人が成熟しているかどうかのバロメーターだと墓kは思っているのです。
そしてそれは、別な言い方をすると、自分の不安ともうまくつきあえるか、ということなのです。
「他者」とうまくつきあえる人は、自分の不安ともうまくつきあえるのです。「前向きの不安」を生きられる人です。そして、孤独とも。』

まさにその通りだ、と思いました。僕は未だに、不安と良好な関係を築けていない人間で、ちょっとしたことでもすぐに不安になってしまいます。そして僕は、『他者』ときちんとした関係を築くことが出来ない人間でもあります。つまり本書によれば、僕が不安と良好な関係を築きたければ、まず『他者』との関係をうまく築けるようにならなくてはいけない、ということになります。
…うぅ、それは厳しいなぁ。
関係性が深くなればなるほど、きちんと向き合うと辛くなる、というのは今の僕にとってはいかんともしがたいことなんですよね。それを乗り越えなくてはいけないのだなぁ。いや、でも、それを認識させてくれたことは本当に助かりました。僕は、『他者』との関係と不安について結びつけて考えたことがなかったので、それを知らないままだったら、結局僕はずっと、不安と良好な関係を築くことが出来ないままだったでしょう。
いや、『他者』との関係をきちんと築けるかどうか、僕にはちょっとわからないのだけど、でもとりあえずどうすればいいのか、という指針がなんとなく分かったということだけでもよかったなと思います。
中学生の自分に読ませたかったな、という本はいくつかあります。「非属の才能」という本も、中学時代の自分が読んでいたらどれだけ救われていたか、と思いました。本書も、中学時代の自分に読ませてあげたい気がします。周りにいた大人で、本書に書いてあるようなことを僕に教えてくれる人はいなかったはずです。こういうことを少しでも学校で教えてくれたら、学校って素敵な場所だと思えるかもしれないのに。
本書に書かれていることは、凄く『当たり前』のことかもしれません。僕は孤独についてはかなりいい関係を築けていると思っているので、孤独に関する部分は、結構『当たり前だな』と感じました。でも、不安については、凄く新鮮な意見がたくさんありました。
確かに本書は、『気づいている人からすれば言葉にする意味さえ感じられないほど当たり前のこと』かもしれません。でも、それに気づいていない人がたくさんいる、ということが重要であり問題なわけです。『一人でいることはみじめではない』『友達は少なくていい』『人は分かり合えない生き物だ』と言った意見のどれか一つでも『当たり前だ』と感じられないものがあったら、是非本書を読んで欲しい、と僕は思います。
あと、今から書くことは、僕にしか当てはまらないことかもしれないのだけど、僕が昨日読んだ「武器としての決断思考」と本書は、対になるというか、セットで読むと凄くいい作品ではないか、と思いました。内容はまったく違う作品です。片や決断の仕方についての本であり、片や不安と孤独についての本。でもどちらも、この不安定でしんどい世の中を生き抜くために必要なものではないか、と感じました。「武器としての決断思考」が武器を提示してくれているとすれば、本書は盾を提示してくれている、とそういうことなのかもしれません。
無理矢理言葉にすると、こんな風に言えるかもしれません。決断をすることは不安だし、孤独を恐れて決断が鈍ることもあるかもしれない。だからこの二作品は、セットで読んだらいいのではないかと。
少なくとも今の僕にとって、この二冊を続けて読めたことは本当にラッキーだったと思います。今抱えている不安について、どう立ち向かって行ったらいいか、指針が与えられたような気がします。
ちょっと僕的には、今日書いた感想は全然納得がいっていなくて、普段だったらもう少しいい感じに書けたんじゃないかと思うんだけど、今日はなんか文章が冴えてないなぁ(まあ、読む側からしたら、いつだって冴えてないかもだけど…)。もしかしたら、この感想を読んでも、本書の魅力があんまり伝わらないかもしれないけど、これは本当に良い本だと思います。たぶんほとんどの人が、孤独と不安の両方、あるいはどちらか一方に苦しんでいたり悩んでいたりするはずです。どちらにも悩んでいない、と断言できる人は、本当に少ないのではないかなと思います。
恐らくこれからますます、僕らが生きていく環境は悪くなっていくでしょう。そんな世の中を生き抜くために、武器である「武器としての決断思考」と、盾である本書は凄く有意義な本ではないかと思います。是非読んでみてください。

鴻上尚史「孤独と不安のレッスン よりよい人生を送るために」



関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2068-0ca3ba19

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)