黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月)

内容に入ろうと思います。
中学二年生の小林アン。クラスの中心人物である芹香と同じグループで、倖と三人でいることが多い。一応クラスの中では中心的な存在だ。クラスの女子の人間関係を牛耳る芹香の機嫌次第で色々面倒なことになることも多いけど、どうにかなっている。
母親は美人で、お菓子づくりがうまい。赤毛のアンに憧れ、それに沿って生活を彩っているけど、アンとは決定的に価値観が合わない。それでも、自分の部屋に篭ればなんとでもなる。
どうにかやっていけている、はずだった。
アンは、周りの人間のセンスのなさにイライラしながら生きていた。学校では、誰もかれもが、誰が好きだの、誰が嫌いだの、そんなことばかりでしか会話をしない。母親の、フィクションの世界に憧れて、でも完璧さを追求することが出来ない中途半端さにもイライラしてしまう。
それでも、どうにかやっていけている、はずだった。
芹香の気まぐれで、アンが無視される空気になっている。その内終わることは分かっているけど、それでも、無視されている間の心の痛さが薄れるわけじゃない。
隣の席に座っているのは、アンが「昆虫系」と名付けた男子の一人、徳川勝利だ。何を考えているんだかわからない男子の一人。喋ったことなんて、ほとんどないし、昆虫系の男子と喋っているのを見られたらマイナスでしかないから喋るわけがない。
ある日。その徳川のふとした呟きに助けられて、アンは芹香からの無視状態を終わらせることが出来た。ホッとした。と同時に、徳川のことが気になりだしてもいた。
ある日徳川を見かけた時、徳川は何かを蹴っていた。徳川が去った後見てみると、それは、血に塗れたビニール袋だった。
徳川には分かってもらえるかもしれない。アンは、意を決して徳川に頼んだ。
「私を、殺してくれない?」

やっぱり、辻村深月は凄いですね。最新作である本書も、やっぱり凄い作品でした。
アンのイタさは、僕には懐かしいし、まばゆいし、なんだか嬉しくなってくる。
中二病という言葉を、普通に耳にするようになった。中学二年生が発想しそうなことを考えてしまう大人を揶揄するような場面で使われる言葉。まさに中学二年生であるアンは、まさに中二病と表現するのに相応しい思考・発想をしている。
だから、周りの人間と話が合わないし、言葉が通じることもない。
アンは、少年少女たちが起こした事件の記事をスクラップしている。そういう記事を眺めながら、彼ら彼女らを羨ましく想う。平凡に生きていくことよりも、たった一つしかない命を有効に使って注目されることに惹かれてしまうアン。その感覚は、やっぱりイタい。そして、自分の価値観を理解出来ない周囲の人間を「センスがない」と言い切ってしまう辺りも、実にイタい。
でも、そのアンの感覚が、凄くよく分かる。僕は中学生の頃、少年少女が起こした事件のスクラップなんかを作らなかったし、自分の命を有効に利用して、なんていう発想もしなかったと思うけど、でも、死に惹かれる感覚はあったし、周りの人間と話が通じないというモヤモヤした感覚もずっとあった。
そういう人間が、「普通の社会」の中で生きていくのは、なかなか大変だ。僕は、今でも多少そういう傾向はあるけど、学生時代なんかたぶんずっと、こんな風に思っていたはずだ。
「どうしてそんなことで笑えるんだろう?」
「どうしてそんなことで喜べるんだろう?」
「どうしてそんなことで泣けるんだろう?」
僕には本当に分からなかった。こういう書き方がイタいということが分かってて書くけど、「普通の人たち」の感覚がよく理解できなかった。みんなが面白がってやってることについていけなかったり、みんなが笑ってる場面のどこが笑えるポイントなのか分からなかったり。
本書に、こんな文章が出てくる。

『この教室の中で、無難な借り物ではない言葉を話せるのは、私の他には、多分あいつだけだ。』

これは多分、言葉の話だけじゃないと思う。感覚すべてに言えるんじゃないか。僕には周りの人が、無難な借り物でしかない感覚の中で生きてるんじゃないか、って思ってたようなところがあると思う。こんなことはあんまり書きたくないけど、自分は周りの人間とは違うって思ってた。でも、別に表向き違う部分なんて全然なくて、何か抜きん出ているようなものもあるわけじゃなくて、「普通の」社会の中で埋没するしかない。
そういう生き方は、なんだか凄く苦しくなるんだ。
先日とある件で、実際の中学二年生三人と会って話をする機会があった。その内の一人は、学校にも行っていないひきこもりだって自分で言ってたんだけど、その子の言葉には凄く頷いてしまった。

『みんなと同じことをしようとすると、息が苦しくなってくるんです』

僕には、実際に身体反応が出ることはなかったけど、感覚としては凄く理解できる。そう、みんなと同じ方向に泳いでくことが、はっきりと苦痛だった。嫌で嫌で仕方がなかった。自分の世界をがっちりと閉ざしてしまわないと、周りと同じ色になってしまいそうで怖かった。こういう感覚は、今の僕の人格形成に多大な影響を与えたことだろう。
アンの世界との向き合い方は、滑稽だ。彼女の内面を、「何アホなこと考えてるの?」って一笑に付す人間は世の中にはいるんだろうし、もしかしたらそういう人間の方が大多数だったりするのかもしれない。少年Aに惹かれたり、クラスメートに自分を殺すように依頼したり、一つ一つが滑稽でイタい。
でも僕は、アンのことを笑えないし、アンのその滑稽な向き合い方に真剣さを感じ取ってしまう。アンは必死だ。自分には、美しい世界が見える。アンにとってそれは、生きていくのにどうしても必要なものだ。その美しさを知ってしまったら、もう後戻りは出来ない。自分の審美眼に従って、その美しい世界を追い続けるしかない。
でも、アンは気づく。その美しい世界を見ることが出来るのは、ごく僅かな人間なのだ、と。もちろん、それは勘違いであることは多いだろうけど、少なくとも今のアンにとっては、それは紛れもない真実だ。アンが美しいと感じる世界を、他の人間はそう見ない。
また引用をしよう。

『私の周りのセンスのない人たちは、私がいいと思うものをそろって同じ言葉で「怖い」と形容する。』

そしてやがてアンは気づくことになる。その美しさに気付けない人たちは、アンが美しいと感じる世界を積極的に打ち壊しにくるのだ、と。それが美しいと感じられないのなら、放っておいてくれればいい。でも、そうはならない。特に学校という閉鎖的な空間、あるいは家族という閉鎖的な空間の中では、「わからない」ものは排除されていく。「普通」から外れた人間が何を見てどう感じているのか、「普通」の人は不安で仕方がない。だから、壊す。アンの世界も、そうやってズタズタにされていくことになる。
アンは、なんとか周りと体裁を取り繕いつつも、自分が美しいと感じる世界を必死でまもろうと努力する。その美しい世界を守り続けることが出来るのなら、多少のことは我慢するだけの気持ちはある。それでも、アンのその世界は、少しずつ壊されていく。それが、アンには我慢ならないし、赦せない。
そんな世界でなら生きている必要はないよな、って思ってしまうアンの気持ちは、恐ろしく理解できてしまう。
アンにとって切実に必要なものは、僕にとっても同じくらい切実な存在だ。別に僕が、アンが見ているような美しい世界が見えるのだ、というつもりはない。でも僕にも、他の人には見えていないんじゃないかと思いたい何かがある。その何かを手放したら、生きている意味が丸ごと失われてしまうんじゃないか、というような何かがある。うまく言葉では表現できないその何かは、きっと、アンが抱えているものと似た形をしているはずだ、と思う。
アンの生き方は、僕が経験したこととは違う。僕はそもそも男だから女子同士の複雑な人間関係は経験したことがないし、クラスの中で中心だったことも底辺だったこともない。自分を殺して欲しいと誰かに頼んだことももちろんない。それでも、アンの経験の細部が細部まで想像できてしまう感じがする。その時の呼吸の仕方だとか、その時の足の踏み出し方だとか、あるいは、その時流した涙の色とか。アンの歩いたその後を、まったく同じように歩くことさえ出来そうな気がする。アンの中身を、そっくりそのまま今の僕と入れ替えても、この作品はまったく問題なく成立するのではないか、と思わされてしまう。
アンが徳川に殺人を依頼する件は、自分の家出のことを連想させた。
たぶん小学校の頃だったと思う。その頃から既に、家族に対して「理解出来ない感」「分かり合えない感」を抱いていた僕は、ある日学校の友達に(確か家庭科の授業の時間だったはずなんだけど)、「明日俺は家出する」って言ったはずなんだ。ちゃんとは覚えてないんだけど、たぶん。
アンのように、誰かを巻き込んだりはしなかったし、殺人なんていう重い話でもないんだけど、なんかそれを思い出した。結局、家出はしなかった。次の日学校に行くのが嫌で嫌で仕方がなかったことを覚えている。
本書は、中二病であるアンの内面を中心に進んでいく物語だけど、アンが仲の良い(というか、学校ではそういう風に振舞っている)芹香と倖との関係は切っても切り離せない。
僕は、芹香と倖の描き方が凄いと感じた。この凄さは、どう説明したらいいだろう。芹香や倖のような人間が実際に世の中に存在していて、自分たちのあり方に疑問を持つことなく、それが正しいと信じて普通に生きていられることに対する驚き、という感じなんだけど、伝わるかなぁ。
芹香と倖とアンは、基本的にいつも三人一緒にいる関係なんだけど、その関係性は微妙だ。男である僕には、女子同士の人間関係って本当に理解に苦しむことが多いんだけど、芹香と倖は本当に、僕には理解不能としか言いようがない。そんな風にして生活していけることが信じられないくらいのレベルで、僕は芹香と倖のことが理解出来ない。
芹香は、自分が中心でなくては気が済まない人間で、気まぐれで誰かを無視したり、それを周囲に強いたりする。皆が芹香の動向を窺わざるを得ないような、そんな存在。こういう存在は、女子の世界では常にどこにでもいるんだろうと思う。ウチのバイト先にも、一人いる。正直言ってそういう人とは、ひと欠片も関わり合いになりたくないと思う。
倖は反対に、八方美人。誰からも嫌われたくない。そういう部分は僕の中にもあるから、倖のことは一概に悪くは言えないのだけど、でも本書で描かれる倖はちょっと僕は理解したくない。どうしてそんな風なことが出来てしまうんだろう、って思う。一貫性がなくてブレまくっているところは、凄く嫌いだなぁ。
タイプは違うけど、芹香も倖も、女子の特殊な人間関係の中でうまく渡っていくのに適した性質を持っている。その部分を特化してきた、といえるかもしれない。女子の人間関係はなかなか大変だろうから、芹香と倖を単純に責めることは酷かもしれない。その二人にしたって、そうしなければやっていけなかったのかもしれないから。
それでも僕は、女子の世界の中でちゃんと泳ぐことが出来ないアンに惹かれる。どうしたってアンのような女子は、女子の世界の中では浮く。それまで、それでもうまくやってきたアンだったけど、やっぱりベースの部分では女子的な人間関係の中で泳ぎきるだけの力がない。それは、能力とか努力の問題ではなくて、美意識の問題に近い、と僕は思う。自分の中の美意識と照らし合わせて、そうすることが出来ないでいるアンの姿は、僕には好ましく映る。
本書でも辻村深月は、人と人との関係の脆さを、少しずつ皮を剥ぐようにして少しずつ見せつけていく。それはやはり、圧巻だと思う。バタフライ効果みたいに、ほんのちょっとした些細なことがきっかけで、人間関係がどんどんと複雑に変化していく。辻村深月はその流れを、熟練の航海士のようにして読み、物語に落としていく。さすがだと思う。こんな風に僕の肌を粟立たせる人間関係を描く辻村深月は、やっぱり凄いと思う。
最後に一つ書く。この物語は、終わらせ方が本当に難しかっただろうと思う。正直に言えば、これが正解だったのか、僕には分からない。ちょっとモヤモヤするのは事実だ。この終わらせ方で、果たしてこの世界はうまく落ち着くことが出来るのだろうか、と。辻村深月への期待が大きすぎるからだと思うんだけど、辻村深月なら、もっと美しい世界を描ききることが出来たのではないか、とそんな風に思った。いや、もちろん、終わらせ方が悪い、なんて言いたいわけでは全然ありません。
あの頃の自分が、ここにいました。自分は人とは違っている、周りはセンスがない人間ばかりだというイタい価値観の中で、自分にとって美しいものを大切にする生き方を望みながら、周りにいるそのセンスのない人間たちが自分の美しい世界を易々と壊して行ってしまう、そんな理不尽な世界の中で、ギリギリまで真剣に世界を向きあって戦って走り抜けた一人の少女の物語です。是非読んでみてください。

辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」




関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/2020-808c35dd

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
13位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)