黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学(松永和紀)

内容に入ろうと思います。
本書はまさにタイトル通りの作品。メディアが健康情報や科学的な知識を、いかに間違った形で報道しているのか、ということについて、具体例を山ほど挙げながら啓蒙している作品です。
本書はとにかく具体例のオンパレードで、どんな具体例が載っているのかは後で箇条書きでバーっと書くとして、この本は、まさに今読むべき本だと思います。
今日本は、放射能汚染の話題が深刻です。僕はテレビも新聞もほとんど見ないんでよく知りませんが、ほうれん草から放射能がとか、水から放射能がみたいなニュースで、日本が色々わらわらなっているようです。
もちろん、そうやって報道されている事柄が、実際に危険かもしれません。僕は決して、今報道で危険視されていることがたくさんあるけど、それは別に危険じゃない、と言いたいわけではありません。僕が言いたいのは、現実に起きていることが危険かどうかは知らないけど、少なくともメディアが流す情報には間違いやあるいは誤解を招くような表現が山ほどある、ということです。本書は、「発掘!あるある大事典Ⅱ」の納豆ダイエットの捏造の後ぐらいに書かれているみたいで、結構前の作品ではありますが、今まさに読む価値のある作品ではないかと思いました。
僕は本書を読みながら、気になる箇所があると線を引き、線を引いたページをドッグイヤーしていったんですが、ドッグイヤーしていないページの方が圧倒的に少ない、という状況になりました。それぐらい、僕にとっては良いことが書かれている作品でした。
本書に、なぜそういう間違った報道がまかり通ってしまうのか、という点について、ある論文からの引用でこんな風に書かれています。

『だが、もともと「悪いニュース」が「いいニュース」になる傾きを持つジャーナリズムにおいて、「警鐘報道」は特有の「危うさ」を持っていると考えるべきなのだ。「警鐘を鳴らす」のだから、そこでは「悪いニュース」しか「ニュース」にならない。「悪いニュース」だけが報道に値する「いいニュース」となる。「悪いニュース」こそが「いいニュース」なのだから、「悪いニュース」を否定するような事象は「いいニュース」にはなり得ない。しかも「悪いニュース」が後に誤っていたことが分かっても、「警鐘をならしたのだから」と免罪される。そうした環境の中で、「悪いニュース」=「いいニュース」だけが増幅していく。「警鐘報道」はこうした陥穽が付きまとう。』

これは、普段テレビを見ている、テレビの情報にあまり踊らされない人なら、あーそうだなー、と実感できることではないか、という気がします。とにかくメディアは、「危ないよ」「怖いよ」「ヤバいよ」ということばかり取り上げる。それが本当に危険かどうかの判断は保留して、「◯◯さんが危険だって言ってたよ」という報道をする。あるいは、特殊なケースだけを大げさに取り上げて、「危険だよ」と叫ぶ。メディアというのはそういう行動原理で動いているわけで、メディアに接する僕らの意識を変えないといけないのですね。
また、記者にとっても、「危ない」という記事を書くほうが楽だ、という内容で、次のような文章もあります。

『「危ない」と書く方が楽なのも事実だ。あとで安全だと分かっても非難されることはあまりない。逆に安全だと書いて、あとで危険と分かったら、非難される可能性は極めて高い(この文章は、ある本からの引用)』

『多面的な性質を持つもの―それは原子力発電所でも食品でも何でもよいのですが、その中からたった一つの弱点を取り上げて、ことさらに大きく報じても、「危ない」報道として成立します。たった一人の異端の学者が「危ない」と主張し、おおかたの学者が反論していたとしても、反論を無視すれば大々的な「危ない」ニュースになります。』

『一方、「危なくない」を伝えるためには、さまざまな角度から微細に検討し、「大丈夫」「次も大丈夫」と証拠を積み上げていかなければなりません。そして、科学にはまだ不明の事柄も多い以上、どれほど詳しく検討して安全の証拠を積み上げていったとしても、それはリスクゼロを証明することにはなりません。ないものは証明できない、という科学の持つ根源的な壁が立ちふさがるために、「危なくない」という報道は難しいのです。』

これも実になるほど、という感じがしますね。「安全だ」と言えば、もし安全じゃなかった場合に非難轟々。でも、「危険だ」と言って後で安全だと分かっても批難はこない。「安全だ」という報道をするためには労力が半端無く必要。それなら、「危険だ」という報道をする方が遥かに楽だ、というわけです。
何もこの本にしても、メディアの科学的な報道がすべて間違っている、なんていうことを言っているわけではありません。ただ、メディアはこういう姿勢でしか科学的なことを報道できないのだから、メディアの情報に接する我々の方がきちんとした意識を持たなくてはいけない、という心構えの話をしているのだと思います。
あと、僕が本書を読んで最も大事だと思った話を先に書きましょう。これは、食品添加物や農薬などを安全に使える限度をどう決めているのか、という話です。
まず、複数種の動物を使って、『どんな影響も出ない量』、つまり『無毒性量』を実験で突き止めます。これは、『その物質を一生涯にわたって毎日摂取しても影響が出ない量』という意味です。
しかしこの『無毒性量』は、あくまでも動物実験による結果。人間と他の動物では、人間の方が鈍感なものも多々あるらしいんですが、人間の方が敏感に出来ていると安全側に評価して、『無毒性量』に十分の一を掛ける。さらに、大人やお年寄りや子供では影響が違うかもしれないことを考慮して、さらにそれに十分の一を掛ける。これを『一日摂取許容量』とするのです。
つまり、食品添加物や農薬の『一日摂取許容量』というのは、『その物質を一生涯にわたって毎日摂取しても影響が出ない量(ただし動物実験によって突き止められた値)』のさらに百分の一、というわけです。
食品添加物や農薬と放射能ではまた違うだろう、というような意見もあるかもですが、何にせよ国が定める基準は、これほど厳しい条件で安全側に設定されているわけなんで、基準の100倍とかそんな報道があっても、まあ全然問題ないと考えていいんじゃないか、と思います。
さてというわけで、本書でどんな具体例が取り上げられているのか、箇条書きで書いてみましょう。僕自身も、そうだったのかー、という話が結構あったんで、知らなかった情報もいっぱいあるのではないか、と思います。

TBSの「ぴーかんバディ」で紹介された白インゲン豆ダイエットを行った人たちが病院に搬送される出来事が頻発した。TBS側は、調理の仕方などで充分な情報が伝えきれなかったと謝罪したが、そもそも白インゲン豆にダイエット効果はなし。ダイエット効果があるとされたファセオラミンは熱を加えると活性が失われるし、ファセオラミンを活性を失わない状態で取り出したサプリメントがあるけど、その効果も根拠がないと判断されている。

中国産冷凍ホウレンソウの残留農薬問題。残留農薬が検出されたことは事実だけど、それは食べ続けても影響が出るわけではない極々微量。健康被害が出るとは到底考えられない数値だった。日本の残留農薬を規制する制度は、世界一厳しいと言われているらしいです。

かつて日本でも大量に使われたDDT。レイチェル・カーソンの指摘によって一転「悪い化学物質」とされてしまったけど、最近WHOが、使い方次第でリスクを最小限にしベネフィットを最大限にすることが出来るとする見解を発表。マラリアの予防効果が絶大だということが分かったそうです。このWHOの判断は各国で議論を呼ぶ、DDTを使う国からの輸入を認めるべきか、などいくつもの議論が出たようですが、日本ではマスコミがほとんど報じず。

玉ねぎが糖尿病にいい、という情報は誤り。確かにそういう論文は存在するが、ラットの実験を人間に適応すると、体重50キロの人が毎日玉ねぎを50キロ食べなければならない、という計算になり、非現実的。

糖尿病を防ぐにはシナモンもいい、という話もあるけど、これも元になる論文はあるけど、効果の出るだけの量を摂取するには、料理に50振りくらいしなくてはならない。しかもドイツでは、シナモンにはクマリンという大量に摂取すると肝障害を引き起こす物質が含まれているという指摘がされている。

紅茶には血管を拡張する作用がある、というのは正しいけど、ミルクティーにするとその効果がなくなってしまう。

緑黄色野菜に含まれるベータカロテンをは、がんや心臓疾患など様々な病気に罹る割合を低くすることで注目されているけど、喫煙者にベータカロテンをサプリメントで摂取させると肺がんのリスクが非常に高まるという結果が各国で発表され、現在では喫煙者にベータカロテンを摂取させないよう指導されている。

厚生省研究班が、食物繊維が大腸がんを防ぐという研究を調査。それを受けて新聞は、「食物繊維少ないと危険 大腸がんリスク2.3倍」という記事を書いた。しかし研究班の発表文を見て著者は驚く。そこには太字で、「食物繊維は大腸がんリスクとは関係なし」と書かれていた。
その研究では、食物繊維はいくら大量に摂取しても大腸がんリスクには変化はないけど、食物繊維の摂取が極端に低い女性に限り大腸がんリスクが上がる、という結果になった。それをメディアは、『食物繊維の摂取が極端に低い女性』のケースだけをことさらに大きく描き、先程のような見出しになった。

環境ホルモンの研究は巨額の研究費を掛けて行われたが、現在のところ、人に対して影響を与えるものはなく、哺乳類にもなく、化学物質に敏感に反応する魚で四物質の作用が確認されたのみ。諸外国では、環境ホルモンについては日本ほど騒いでいない。

環境ホルモンに関しては、『化学物質は通常の生殖毒性試験で作用が出ないとされた量をはるかに下回る量で影響が出た』という、いわゆる『低用量仮説』が話題になった。もしそれが本当であれば、毒性学がひっくり返る。これを確かめるために巨額の研究費が掛けられた模様。しかし結局低用量仮説は否定された。しかし日本のメディアはそれを伝えず、『化学物質はどれも、信じられないほどの微量で影響する』という誤解が広まったまま消えない。

『化学物質過敏症』は、一時期もの凄く話題になったけど、未だに科学的には認められていない。化学物質に影響を受けているかもしれないし、他の原因によってそうなっているかもしれない、という可能性もある。現在研究者の多くは、遺伝的な違いに注目している、という。ある特異な体質の人に関係があるだけで、すべての人に起こりうる現象ではないのではないか、という説が優勢。

三菱自動車のリコール問題が話題になっていた最中、新聞紙上では、三菱自動車製の車の炎上例が多数報道されました。しかし消防白書によると、自動車の車両火災は通常、年間8000件も起きている。車両火災は三菱自動車に限ったことではなく毎日起きている。しかしその時期、三菱自動車の車両炎上だけが取り上げられていた。

ベストセラーとなり、食品添加物バッシングのきっかけになった「食品の裏側」は、科学的に間違った記述が多い。サッカリンは以前発がん性が疑われていたものの、現在ではほぼ否定されているし、アスパルテームは、二万人に一人といわれるフェニルケトン尿症の患者にはリスクがあるのは確かだけど、それ以外の人にはまったく関係がない。

化学調味料を食べ過ぎると、頭痛や腕に震えなどの「中華料理症候群」(チャイニーズレストランシンドローム)が起こる、というのは、未だに一般向けの医学書なんかに記載されているけど、科学的には完全に否定されている。

研究者に訪ねてみると、ほとんどの人が、十分に安全性評価が行われている合成着色料の方が安全だ、と断言する。しかし、食品メーカーや流通業者がバッシングに踊らされるほど、安全性は下がり添加物メーカーは儲かる、という驚くべき現象が起きている。天然色素は高い上に安全性が保証されているわけではないからだ。

化学物質無添加石けんというのは、そもそも矛盾。石けんを構成する物質がそもそも化学物質なのだから。合成品か天然物かということは、その物質の毒性や環境影響を検討していいか悪いかを判断する際には、何の意味ももたない。実際最近では合成洗剤が改良され、従来あった欠点の多くが解決されたため、石けんよりも環境負荷が少ない、と考えられている。

有機野菜だから安全で美味しい、という保証はまったくない。農薬を使った食品の方が安全なものもある。

植物は外敵やストレスから身を守るために、『天然農薬』とでもいうべき、人体に有害な物質を出していることがある。適切に農薬を使えば天然農薬が出ることもなく、安全な食物に育つのに、農薬を使わないばっかりに、人体に有害な天然農薬を口にしている可能性はある。

メディアはスローフードを推し進め、昔の日本の食事は良かった、というが、実際は決してそうではない。農家の食卓に野菜がのぼらないなんていうのは普通だったし、同じものばかり食べている「ばっかり食」が普通だった。スローフードでは味噌がもてはやされているけど、著者の母はこう振り返る。
「昔の味噌は塩辛くて、今の味噌のようなうまみがなかった。手作りの醤油も塩辛いばかりでひどくまずく、市販の醤油が食べられるようになった時には、なんておいしいことかと思った。あんなものを食べる生活にはもう二度と戻りたくない」

昔の平均的な日本人の食生活は貧しく、それが短命につながっていたというのは栄養学者の一致するところ。なのにメディアは、昔の日本人が健康的な生活を送っていたような錯覚を撒き散らす。

マイナスイオンはニセ科学の代表のような存在。そもそも、『マイナスイオン』の定義が曖昧。

遺伝子組み換え食品を食べると、がんやアレルギーを引き起こす、という発表をした研究者の「トンデモ」ぶりに各国のメディアはすぐに気づき、初めから報道をしないかすぐに報道するのを止めてしまったのに対し、日本のメディアはそのお粗末ぶりを見抜けず、その博士の言葉をそのまま報道してしまった。もちろん遺伝子組み換え食品の人体への影響はまだ研究の途上だけど、少なくともその博士の研究は完全に否定されている。

どうでしょうか。僕は、三菱自動車の話は凄く面白いと思ったし、食物繊維と大腸がんの関係の報道については凄いなと思ってしまいました。メディアがどれだけお粗末な報道をしているのか、ということがよく分かるのではないかな、と思います。
僕は、さっきも書いたけど、テレビも新聞もほとんど見ません。なので、自分がそういった情報に踊らされやすいのかどうか、というのはちょっと分かりません。ただ、僕はツイッターをやってるんですけど、ツイッターでは、僕らは情報の受け手であると同時に発信者でもあります。ツイッターではよくデマが回ってきますが(地震後様々なデマが流れましたが)、そのすべてに正しい判断をして情報発信が出来たかというと、ちょっと自信はないですね。
今の世の中、誰でも情報の送り手になることが出来ます。だからこそ、テレビや新聞といった権威ある情報を信じたくなる気持ちも分かります。でも、テレビや新聞の情報こそが最も誤っているということも多くあるわけです。じゃあどうすりゃいいんだよ、ということですが、こればっかりは自身の情報へのリテラシー能力を高めるしかないのでしょう。本書の最後には、科学情報を見破る十か条が載っています。情報と正しく付き合っていくことは非常に難しいですが、それが大いに求められる時代に僕らは生きています。特に科学的な知識は、真偽を判断できるだけの知識が僕らの方にないことが多いので、騙されやすくなってしまいます。テレビや新聞や雑誌の情報だからと言って安易に信じてしまうのではなくて、疑いの目を持って情報と触れることに気を配りましょう。是非今読んで欲しい一冊です。

松永和紀「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」




関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1977-4681adec

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)