黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

小暮写眞館(宮部みゆき)

志保は銀行のキャッシュカードだけは保管しておくことにし、キャッシュカードやポイントカードの類はすべて折ってからゴミ用のゴミ袋に入れた。万札も抜き取ると、牛皮の財布もゴミ用のゴミ袋に突っ込んだ。
 一杯になったゴミ袋をとりあえずリビングへと運んだ。物がなくなった部屋はがらんとして、一層寒々しくなった。志保は掃除機を掛け、固く絞ったぞうきんでタンスや机や窓を拭いた。とりあえずそれで、部屋は大体綺麗になった。部屋の印象はお母さんのイメージと結びついていて、乱雑だった部屋のイメージがそのままお母さんのイメージに重なっていた。こうやって部屋が綺麗になったからといって、志保の中のお母さんのイメージがすぐに更新されるはずもなかったけれど、優しかったお母さんのイメージが少しだけ強くなったような気がして、掃除をしてよかったと志保は思った。
 リビングに運んだゴミ袋のうち、バッグなどを放り込んだものをお母さんの部屋に持って行き、ゴミ袋に入ったまま部屋の片隅に置いた。どうしてもお金に困ったりした時には、売れば少しはお金になるだろうか、と考えた。それよりも、キャッシュカードの暗証番号を知りたい、と思った。

「失踪シャベル 19-10」

内容に入ろうと思います。
本書は、宮部みゆきの最新作で、講談社の書き下ろし100冊の1冊として発売されたものです。
舞台は郊外の寂れた商店街にある<小暮写眞館>。ここに花菱一家が引越してくるところから物語が始まります。
主人公の花菱英一は高校生で、ちょっと変わった親を持ったばっかりにヘンテコな家に住むことになってしまった。<古家あり>と表記された物件で、不動産会社としても上物を壊して新たに家を建てるだろう、つまり土地のみの物件として考えていたのだけど、両親は元写真館というその建物を面白がって、そのまま住むことに決めてしまったのだ。
英一の同級生のテンコが面白がって遊びに来たり、弟のピカが作品を飾ったりと、そんなこんなで徐々にその変な生活に慣れた頃、英一は変わった写真を手に入れることになってしまった。
それは、ある女子高生から手渡されたものだった。
その女子高生は無愛想で、ほとんど喋る間もなく立ち去って言ったのだけど、<小暮写眞館>の看板を掛けたまま人が住み始めたから、写真館を再開したのだと思ったのだという。あなたのところで撮った写真なんだから、と無理矢理おしつけられたそれは、俗に言う心霊写真というやつだった。
英一はなんだか気になってその心霊写真について調べることになってしまう。するとしばらくして英一は、心霊写真バスターだという噂が広がり始め…。
というような話です。
なかなか良い作品でした。というか宮部みゆきはやっぱりうまいですね。宮部みゆきのファンタジーものとかは正直あんまり相性よくないんだけど、現代モノの作品はやっぱりうまいな、と。僕にとっては、感動するとか染み入るという程の作品ではないのだけど、宮部みゆきの技術力の高さに感心すると言った感じです。ホント巧いと思います。
正直読み始めは、ちょっと微妙かな、と思ったんです。それは、心霊写真の調査というのが物語の本筋だと思ったからです。
正直、心霊写真の調査のくだりは、ちょっと微妙かなと思うんです。最大の理由は、心霊写真というのが、<謎>としては実に曖昧な存在だから、と言えるでしょうか。本書を心霊写真の調査がメインのミステリだと捉えた時(実際は違いますが、読み始めはそう思ったということです)、<謎>の核心部分が心霊写真なんですね。これは、どうとでも解釈しようがあるし、どうとでも話を展開させられるし、そういう意味でミステリとして扱うには微妙だなと感じたんですね。心霊写真についてあーだこーだやってるウチは、やっぱり物語の落ち着き先もちょっと安定性に欠けていた気がしますし。そういう意味で、前半はあんまり乗り切れなかったというのが正直なところです。
でも読み進めていくと、次第にこの作品が、心霊写真について調査するミステリというのがメインではないのだな、と分かってくるんですね。そうなってからの物語の転がし方は、さすがベテランという感じでした。
これは、花菱一家を中心とした家族の物語だったんです。心霊写真云々というのは、花菱英一の周囲にいる人間をさりげなく紹介し、かつ後半に関わる人々との出会いの場を演出するための導入部分なわけで、それは決して本筋ではなかったんですね。
家族の物語がメインになり始めてからは、スイスイ読み進めていくことになりました。家族の物語とは言っても、決して花菱家だけの話ってわけでもないんですね。特に、英一とある女性との関わりについてはかなり大きな展開を迎えるし、英一の友人らとの関係性もかなり重要になってくるんですけど、それでも物語の核になってくるのは、花菱家の問題なんです。これがまた、複雑ではないんだけど厄介でという感じで、誰もが蓋をして閉じ込めておいたものが、<小暮写眞館>に引っ越したことや、あるいは皆が成長していったことなんかによって徐々に蓋が外れていきます。その蓋の外れ方の描き方も巧いし、そうなってからの花菱家の変化もなるほど、という感じでした。
それになによりも、キャラクターを描くのが実に巧いんですね。本書には、魅力的なキャラクターがたくさん出てきます。主人公の英一はほどほどに常識人として描かれますけど、弟のピカは誰にでも取りいって仲良くなってしまう常勝将軍。同級生のテンコは何をやらせても万能で女子からもモテてファッションが奇抜。コゲパンは地黒なのをからかわれてはいるものの、カラッとした性格のだけど時々情熱や怒りがほとばしる女の子。英一の両親は二人共感性がズレているというかなんというか、とにかく一般的な常識の当てはまらない親だし、それはテンコの親にも当てはまる。テンコの父親は広い庭に寝袋で野宿するのが趣味なのだ。不動産屋の社長はのらりくらりしつつも芯はしっかりしてるし、不動産屋の事務員をしている垣本は無愛想で口の悪い何だか陰険な女。他にも、チラッと出てくるキャラクターも含めれば、一癖も二癖もあるのに何だか惹かれてしまうようなキャラクターがたくさん出てきます。ストーリーがどうこうというより、彼らの普段の日常を追っているだけでも充分楽しめてしまう作品だなと思います。
特に僕は、英一の弟であるピカが素晴らしいと思いますね。大人びている自分と子どもの自分を自在に使い分け、それでいてズルいわけでもなくて誠実で、まだ子どもなのに子どものままではいられない自分にいろいろ悩んだりとかして、そういうところが全体的に素晴らしいなと思いました。
というわけで、内容にはあまり触れませんでしたけど、結構面白い作品だと思います。もちろん、宮部みゆきの傑作群(と世間で評価されている作品。僕は正直、宮部みゆきの傑作群との相性は悪いんだけど)と比べれば小粒かもしれないけど、なんだかじわりと暖かいものを感じさせてくれる良い物語だと思います。長い物語ですが、結構スイスイ読めるのではないかなと思います。是非読んでみてください。

宮部みゆき「小暮写眞館」






関連記事

Comment

[3977]

こんばんは。、またまたご無沙汰しました(笑)。
今日、やっとこの本を読み終えました。通りすがりさんがお読みになったのは8月でしたか。もう内容も薄れてしまったかも知れませんね。
私も彼女の作品とは相性が良くない気がしていましたが、この作品は凄いですね。今までに読んだ宮部作品で最高でした! 家族を亡くすという物語は重松さんの『きみ去りしのち』が秀逸と思っていましたが、この宮部作品ではそれだけに留まらず、色々な枝葉の部分も読み応え充分でした。伏水流のように風子のことがあり、その上に花菱家の面々の生活が成立している構成でしたね。
キャラとして惹かれるのは何と言ってもピカちゃんでしょう。この小学生は素晴らしいですよね。博識という点も凄いですが、旺盛な好奇心と誰とでも仲良くなれる天性の才能もオバサン的には羨ましいです(笑)。成長したら、どんな高校生、社会人になることやら…?
英一の両親もとても好い人ですよね。お父さんは写真屋に転職するのかも…と思っていましたが、さすがにそれはなかったですね。ちょっと風変わりですが、生き方としてはまっとうです! 親戚とのトラブルにも毅然とした態度で家族を守ったのですから。英一が代理で参加した法事(四九日)はちょっと痛快でしたね。「バッカみたい」が口癖の彼女も、喪服を着ると案外美人だということが解ったりして、この場面は好かったです。
テンコ、コゲパンなど綽名も可笑しいですが、花菱家の家族の呼び名も不思議ですよね。「花ちゃん」って、どうして?と思いたくなりますよね(笑)。花菱家は全員「花ちゃん」でしょ? ピカはまぁ可愛くて好いですが。
こんな風に余り詳しくコメントすると、ネタバレなのでこの辺にしておきますが、温かい気持ちになれる作品だなぁということと、宮部みゆきという作家についての私の認識を改める良い機会になったことを付け加えます。
たちの悪い風邪が流行っています。お互いに気をつけましょうね。

[3978]

こんにちわです。お久しぶりですよー(笑)
僕も個人的に、宮部みゆきってそこまで相性の良くない作家だったんですけど、これはホントよかったです。
「模倣犯」は凄く好きでしたけど、あれは良い話というかなかなかハードな話だったし、こういう家族を描く作品って、案外宮部みゆきの作品でも結構珍しいんじゃないかなという感じがします。
読み始めは確か、そんなに大した話じゃないな、と思っていたんです。普通のミステリだと思ってたので。でも読んでいくと、なるほどミステリの部分はおまけなんだな、と思えるようになってきました。花菱家という家族を描くことが主眼の物語なんだな、と分かってからは、凄く楽しめました。
ホントに、キャラクターが凄くいい作品でしたね。小学生のピカは、ちょっとレベル高すぎです(笑)。誰とでもなかよく出来るのは僕も羨ましいし、なんというか小学生とは思えないほど大人びているところが感心しますね。
両親も、あんまり覚えていませんけど、かなり変わった人たちだった気がします。そうか、確か実家との関係もいろいろありましたよね。
学校の友人たちもよかったですね。テンコなんかホントに、友人にいたら重宝するだろうけど嫉妬もしそうだよなぁ、という感じのキャラクターだったなぁと思います。
宮部みゆきはかなり色んな作風を持つ作家なんで、作風毎に合う合わないが結構あるでしょうね。僕も、久々に宮部みゆきの本を読んでよかったなと思いました。
友達にも、なんか咳が止まらない、みたいなのがいました。ドラさんもお気をつけくださいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1809-5b972eda

【小暮写眞館】 宮部みゆき 著

「バッカみたい」  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】花ちゃんこと英一の両親、花菱夫妻が、結婚20周年を機にマイホームを購入した。でもそれは普通の家ではなくて・・・小倉写真館、「真」ではなく「眞」という古さ小暮写眞館を舞台に、花ちゃん、ピカの花菱一家と、テンコ、コゲパン、そしてST不動産の垣本順子と個性豊かなメンバーの物語。一枚の写真に映し出されるもの・・・それは心霊写真なのか、それとも合成写真写真の中におりなす、それぞれの人生。心の中を覗くってすごくむずかしい。もしそれ

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

最新記事

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)