黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

オカマだけどOLやってます。完全版(能町みね子)

さて今日は、昔もなんとなく書いたことがあるかもしれませんが、新刊のランク配本について書こうかなと思います。
まず書店にどんな風に本が入荷するのかという話を書こうと思います。
書店に入ってくる本というのは、大きく分けて「新刊」と「補充」に分けられます。「補充」の方は特に難しいことはないですね。書店の担当者が自らの判断で仕入れる冊数を決め、それが入ってくる、という感じです。普通です。
しかしですね、「新刊」の方はそうではないんですね。こちらには、それぞれの書店毎に新刊ランクというのは設定されていて、それに応じて新刊の配本数が決定するんです。
全国には1万店を超える書店があるようです。その一店一店すべてに、この店はこの新刊を○冊、こっちの店にはこの新刊を△冊、なんて個別に決めているような余裕は出版社にはないわけです。そこで、新刊配本ランクというのが出てくるわけです。それぞれの店の規模や販売力に応じて、ランクが設定されるわけです。標準的な感じだと、1が一番ランクが高くて、それから2、3と低くなって行くに連れてランクも下がっていくという感じになります。
で、出版社は、例えば1万部刷った本の場合、ランク1の店には○冊、ランク5の店には△冊、という数字を決めているんですね。それによって、機械的に新刊の配本数を決定するという仕組みになっているわけなんです。
この仕組みは、うまく機能しているとはさすがに言えないけど、出版社と書店の現状を考えると仕方のない仕組みだなと思います。書店の方は、これから出る新刊がどれぐらい売れるのかという予測をして仕入れるだけの能力がない(人が多いはず、たぶん)、そして出版社側は、個店別に配本数を決定するような人的余裕がない、ということですね。だからまあ仕方がない。
でもやっぱりこれは無理のある仕組みなんですね。
例えばこんなケースがあります。シリーズ物の1巻が発売される時と2巻が発売される時でランクがまったく違ってしまっているので、配本が多すぎる/足りないということになるし、またある作家のシリーズ作品が複数の出版社にまたがっているような場合、別の出版社の売れ行きが考慮されることはあんまりありません。また、ランクが上がれば上がるほど、売れる新刊もたくさん入ってくるけど、どう考えても売れない新刊もたくさん入ってくるんで、その分返品が増えるということにもなります。
しかしですね、まあそれでもこれまでだったら、この新刊ランクによる配本というのは、ものすごく大きな問題を与えることなくそこそこ機能していたと思うんですよ。でも、書店の状況が変わった今、この新刊配本ランクという仕組みは相当無理があるんじゃないかなと僕は思っています。
その変わった状況というのが、新刊が売れなくなり、逆に既刊が売れるようになった、ということです。
最近特に実感しますけど、とにかく新刊というのは売れないんですね。そりゃあもちろん、話題の作家の新刊なんかは売れますけど、そうじゃないようなものはまったく無理。昔の書店は、新刊さえきっちり並べていれば経営は成り立っていたと言います。しかし最近は、本当に新刊がまったくダメです。『新刊』であるという理由だけでは本がまったく売れないんですね。少なくともウチの文庫は、いろいろ事情があって(近くに新刊にめちゃくちゃ強い店があるということですけど)新刊では勝負できないんで、余計に既刊を売り伸ばそうという発想になります。
そういう状況の中で、この新刊配本ランクがどういう弊害をもたらすのか書いてみましょう。
新刊が売れないくせに、既刊がたくさん売れるんで、店の新刊配本ランクが上がる(もう少し詳しく説明すると、こういうことのはずです。新刊配本ランクは、他の店との相対的な売上順位で決まるはず。世間的に新刊が売れていないというのはどこも同じなんだけど、ウチの店では新刊はもう売れないという認識をしているから、既刊をなんとか売ろうとあれこれやっている。だからこそ、新刊をメインで売ろうと思っている店よりも、トータルでの売り上げは上がるはずなんです。だからこそ、相対的に新刊配本ランクは上がるんだと思う)。新刊配本ランクが上がると新刊が以前よりさらにたくさん入ってくるようになるけど、しかしそれは売れない。売れない分は返品に回る。しかし既刊が売れるんで、また新刊配本ランクは上がるかもしれない。そうすると…。
という感じで、どんどんデフレスパイラルみたいな状況に陥って行くんです。実際、感覚として新刊配本ランクが上がったなぁと思う出版社はたくさんあるんですけど、じゃあそこの出版社の新刊をたくさん売った記憶があるかというとまったくないんですよね。既刊の売上によって、新刊の配本ランクが押し上げられていくという状況になりつつあります。
かつては、店の売上の主力は新刊だったんだろうし、だとすれば、売上の高いところに高いランクをつければうまくまわっていたことだろうと思います。しかし今は、売上の高いところでも新刊をたくさん売っているとは限らないんですね。そういうところに、余計な量の新刊が入ってくる。不合理なシステムになりつつあるなぁと思います。
しかし、じゃあ代替案があるのかというと、ないんですね。だから今のやり方で続けていくしかないんだと思うんだけど、難しいなぁと思います。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、著者がブログに書いていたものが書籍化され、最近文庫化された作品です。タイトルの通り、オカマなのにOLをやっていた著者の爆笑エッセイです。現在は手術も終え(チン子がなくなり)、OLも辞めて文筆家として活動をしているようです。
本書は、一つのネタが大体2~3ページほどで展開されて行きます。大まかに言って、チン子がついたままでやっているOL生活についてと、まだ男だった時代のことの二つの話がいろいろと書かれます。
OLとしてどんな風に生活をしているのか、という話は、相当爆笑です。もうメチャクチャ面白いですね。例えば、著者には姉と弟がいるらしいんだけど、著者が男として生活する際には『姉(長女)・著者(長男)・弟(次男)』なのに、著者が女として生活する場合にはこれが、『姉(長女)・著者(次女)・弟(長男)』となるわけです。なるほど、些細なことだけど、会社の人にオカマだってばれないようにするにはそういう部分にも気を配らないといけないのか、という感じでした。
他にも、会社で社員旅行に行こうという計画が持ち上がった時が最大のピンチだったとか(チン子あるのに女湯とかには入れないしねぇ)、女子の会話に入るには設定を考えないといけないとか(高校時代の制服の話とか、生理はどうなのかとか)みたいな話がコミカルに描かれるわけです。
OLの話だけじゃなくて、友人とどんな風に付き合ってるか(著者はかなり友人に恵まれているなと思う)、オカマバーに行ってみた話とか、どんなメイクをしているのかとか(著者は女らしく見せようと思って気合いを入れてメイクをするなんてことはないらしい。本書を読む限り、めっちゃ適当)、恋愛の話とか、そういういろんなことが書かれるわけです。本人としてはいろいろと苦労をしているんでしょうけど、傍から見ている分にはとても楽しいエピソードばっかりです。
さてその一方で、どんな風な人生を経て女として生きていくことになっていったのか、という話も書いてあるんです。男時代のことですね。
これが、僕が勝手にイメージをしていて性同一性障害の人の人生とはまったく違うんですね。
僕の中でのイメージは(これまで多少本を読んだ知識もありますが)、幼い頃から自分の性に疑問を感じていて、周りから思われている性で生きていくのに苦痛で、私は絶対今の性じゃないと確信して大人になっていく、そんな感じだと思っていたんですね。
でも著者はまったく違う。顔や体型がもともと女っぽかったのもあって女に間違えられたことも何度もあったし、文化祭とかで女装させられたりとかしたりということはあっても、自分の性に特別疑問を持っていたわけではないみたいです。オトコを好きになったというようなこともないみたいだし、男だと思われることが嫌だったということもない。
でも大学時代から徐々に変わり始めるんですね。女性と付き合い始めた時に感じた違和感とか、スーツにネクタイというのがどうしても嫌だったりとか。それでも、自分の性に積極的に疑問を持つわけでもなく、それでいて少しずつ女として生きていく道へ足を踏み込んでいって、いつの間にか今みたいになっていた、というような感じみたいです。なるほどー、こういう人もいるんだなー、と思いました。
著者は、性同一性障害という名前が好きではないようで、仕方なく自分のことをオカマと呼んでいたようです。性同一性障害という名前は、私は病気だから仕方ないんですとか、性同一性障害をまだまだ受け入れているとは言えない世間と闘っていますよというようなイメージが強すぎるんだそうです。著者は別にそんな風なことは考えていなくて、ただ楽な方に楽な方に流れて行ったらこうなった、とまあそういうことのようです。その立ち位置も、すごくいいなと思いました。なんとなくしなやかな強さを感じるというイメージですね。
気楽に読める本で、かつ、性同一性障害という名前でこういう人たちを一括りにしていた自分たちの認識に気づかされるような、そんな作品です。性同一性障害と言っても、いろんあ人がいる。やっぱり個人個人を個別に理解していくしかないんでしょうね。別に難しいことはなくて、パラパラめくって読んでいても楽しい作品です。是非読んでみてください。

能町みね子「オカマだけどOLやってます。完全版」



関連記事

Comment

[3715]

こんにちは。
自宅にいると、ついついお便りしてしまい申し訳ありません(笑)。
昨日書いた丸善書店のことは、よく考えましたら通りすがりさんには殆ど参考になりませんでしたね。ごめんなさい!迂闊でした!反省しています(泣)。
第一、書店の売り場面積の差はどうにもなりませんよね。もっと広いスペースがあれば…というのは書店員さんの願望でしょう。決められたスペースに、あれこれ工夫して本を並べるのは楽しみでもあるでしょうが、苦労でもありますよね。
第二に客層、これも立地によって差が歴然ですよ。昨日私が寄ったお店は東京駅のど真ん前(歩いて一分もかかりません)ですので、ビジネス関係の本がバンバン売れそうです。逆に文芸書は…と思いますがいずれにしても、本を読む方が多そうな場所ですよね。
そんな訳で、今日は自宅近くの本屋さんに行ってきました。スーパーの3階にあるお店です。この規模の方が参考になると思います。私がこのお店が好きな理由は、売り上げランキングの順に本が並んでいるところです。ところが、その場所には来年の日記がズラッと並んでいました。ちょっとガッカリです(泣)。
その代わり、文庫の新刊コーナーができていました。出版社に関係なく並んでいて『空飛ぶタイヤ』『ラストワンマイル』『とんび』など懐かしい作品が置いてありました。
また詳伝社コーナーがあり、『FINE DAYS』や『I love you』『LOVE or LIKE』がありました。これは意外でした!
それから光文社の新訳古典シリーズも、表紙が見えるように並べていました。売れているかどうかは不明です。
また映画化ということで『サヨナライツカ』『さまよえる刃』『沈まぬ太陽』などもどーんと並んでいました。映画化の影響って大きいのですね。太宰の『ヴィヨンの妻』も同じ扱いでした。
このお店は駅前のスーパーの上にあることもあり、お客は主婦や学生が多いです。主婦向けの月刊誌や週刊誌も数多く揃えているようです。しっかり主婦としての勤めを果たしている方にとっては重宝でしょうが、私には殆ど縁のない本です(笑)。
新書はクレーマー対策の本が目に付きました。やはりこういう時代ですからね(笑)。それからアンチエイジングの本(お医者さまが書いたようです)、こちらは立ち読みをしました。年を取ることを楽しく思わないと長生きできない(要は気持ちの問題)そうです。まぁそうでしょうね(笑)。
では、だらだら長くなりましたがこの辺で。明日からまた元気で働きましょう!

[3716]

紙の雰囲気ですか。
僕もそう思ってはいたんですが、森博嗣さんがコンテンツが大事だと仰っていたのを聞いて、「そりゃそうだ」と思ってからは電子ブック賛成派です。
Macintosh愛好家で有名な森博嗣さんもiPhoneを愛用してらっしゃいますから、
もし講談社の積極的な電子出版が始まれば、森博嗣さんの作品がいち早く出版されるかもしれませんねえ。
ただ、本屋さんには辛いかもですね。
仕事が効率化して少なくなったというのはは良い事なのに、何故実際に困る人が出てくるのでしょうかね。疎いんですけど、国が何もしてくれないんでしょうか?またはそのお金を政治家が使ってるんでしょうか。
それとも、実際は上手く行くのかな……。
そういえば、森博嗣さんの日記を読んでいて知ったのですが、9作目はタイトル未定で書き始めたそうだとか。1996/11。
それから、例のインタビューをを答えたのはその9作目(名前がパッと出ません)を自宅で書き終えた約9ヶ月後です。1997/08。
という事は、タイトル先行作はその時点までの半分も無いのかも知れませんね。
勿論本当の事は、以降の物も含めて分かりませんけども。
最近森博嗣さんの作品では、まどろみ消去を購入しました。
只今僕は、冷密推理中なんですが(笑)
読んでも大丈夫そうでしょうか(外伝的な物や、ネタバレなど……)?
他にも、星の玉子、フェノメノン、私的詩的ジャックを購入しました。
楽しみが広がります。

[3717]

>ドラさん
あー、いえいえ、全然気にしないでください。僕も自分で書店を巡る時は、やっぱ大きな本屋に行っちゃいますからね。大きな書店の話ももちろん参考になりますよ。そのまま活かせるわけではないですけどね、どんなことだってアイデアのきっかけになりますしね。
そもそも、スペースが広い売場の方がいいのかと言われると、それは難しいものがありますね。結局どれだけ広くても、置きたい本が多すぎて、売場が足りないなぁということになると思うんです。ないものをねだるより、今の状況でどこまで出来るのかというのが腕の見せ所ですね。
客層は、確かにかなり違いますよね。ただ逆に言えば、その店の客層にあった品揃えさえ出来れば、売場面積も何も関係ないということにもなりますよね。客層を掴むのは難しいんですけどね。
売上ランキングを店で展示するのはドラさん的にはいいですかぁ。僕はあんまり好きではないんですよね。ランキング依存ということがよく言われていて、ランキングがないと本が買えないという人が増えている印象があります。そういう人の選ぶ眼をさらに奪ってしまいそうで。僕は失敗してもいいから自分で選ぶ眼を身に付けてほしいなぁ、と期待してるんです。リアル書店がそういう風にしてお客さんを育てていかないと、本を読む人がどんどん減っていくような気がしてしまうんですよね。考えすぎですかね?
祥伝社の文庫は、きっと出版社のフェアだったんでしょうね。ウチの店にも入ってきましたけど、もう返してしまいました。
映画化作品はホントに売れますね。特に最近は「さまよう刃」が最強に売れています。やっぱ東野圭吾は凄いですよ。
書店というのは本当に店によっていろいろ違うんでしょうね。僕もいろんな本屋に行ってみたいなと思うんですけど、なかなか外に出ないんでダメですね。自分のやり方が正しいのかどうか、未だに分からないですけど、でも他の本屋を見ても分からないものは分からないですよねぇ。
>KENTAさん
森博嗣は確かに紙の本である必要はないとずっと言っていますね。
デビューが10年遅かったら、自分のサイトで電子小説を売っていただろうと書いていました。森博嗣が本当に、デビューがあの時期でよかったなと思いました。今デビューしてたら、本という媒体では出なかっただろうなと思います。
仕事が効率化して少なくなった、というのは何の話ですか?出版社とか書店の話ですか?その話は何の話かちょっと分からないですねぇ。
でも一般的には、既得権益ということでしょうね。仕事が効率化されることで、仕事を失う人がいる。それは困るから、その効率化は実行されない、というようなことではないかなと思います。
日記とか相当細かく読んでるんですねぇ。
さすがです。
僕だったらそこまでちゃんと隅々まで読めないでしょうね。
森博嗣の好き度合で言えば、KENTAさんの方が遥かに上でしょうね。
ミステリーとか読んで、ちゃんと推理とかするんですね。
僕なんか、さらさらって読んじゃいますからね。
「まどろみ消去」は確か、シリーズとは関係ない短編週だったと思うんで読んじゃっても大丈夫だと思いますよ。
そもそも森博嗣は、どの作品を(シリーズ作であっても)どんな順番で読んでも関係ない、と言っているんで、問題ないでしょう。
バリバリ読んでください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1566-9d5bb537

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)