黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

噂の女(神林広恵)

そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、かつて一世を風靡したスキャンダル・反権力雑誌「噂の眞相」のデスクだった著者が書いた、入社してから有罪判決を受けるまでのことを描いた作品です。
僕は「噂の眞相」という雑誌は、名前は聞いたことがあるという程度の認識しかなかったです。凄い雑誌だったというのはどこかで聞いたことはあったけど、僕の中のイメージではどちらかと言えば低俗な感じがしていました。まあある意味で低俗と言えば言えるのかもしれないけど、本書を読む限り、高尚な雑誌だったんだなぁと認識を改めるに至りました。
「噂の眞相」というのはとにかく反権力というものを掲げた雑誌です。普通雑誌というのは、どこかから広告をもらっているために、その広告主のことは悪く書けない。広告を扱う電通みたいな会社も批判できない。また検察や皇室を批判するのはマスコミのタブーとなっていたし、あるいは自社から本を出している作家の批判なんかもちろん出来るわけもない。
しかし、「噂の眞相」というのは、そういうタブーとは完全に無縁な雑誌だったのだ。変なところから広告はもらってないから広告主や電通に気兼ねすることもないし、反権力を謳っているから検察や皇室批判もバンバンやる。「噂の眞相」にも作家の連載コーナーはあるんだけど、連載中は批判しないけど連載が終了したら批判してオッケー、というとんでもない編集方針を採用していた。それぐらい、タブーなき雑誌だったのだ。
またこんなこともあったらしい。ある時NHKの看板キャスターのスクープが写真週刊誌からもみ消されたということがあった。いろいろ調べていくと、そのもみ消しに、「噂の眞相」の名物編集長である岡留氏の友人が関わっていたのだという。そこでとりあえず岡留に伺いを立ててみるとこんな返答。
「全然問題ないよ。記事に圧力をかけるような記者の行為は許せないし、俺がそういう言論介入を吉良っちるのも知ってるだろう。ノープロブレム!」
編集長がこんな人間だったから、「噂の眞相」というのは続いていたんだろうなと思います。事実、マスコミが扱えないタブーをバンバン書いている「噂の眞相」はとにかく、業界筋からのウケがものすごくよかったようです。
本書は、そんな孤高の雑誌であった「噂の眞相」編集部に22歳で入社した著者が、どんな感じで雑誌作りをしていたのかという話がメインになっていきます。
著者が入社した時点で、編集長の岡留を除けば、編集部員は著者と副編集長の二人だけ。そんなところから「噂の眞相」は始まっていきます。自分の時間なんかまったく持てないような殺人的な日々を過ごしながら、著者は自分がスキャンダル雑誌にのめりこんでいくことを感じていきます。もともとネタ元がいるわけでもない著者は、いつしか得意分野になっていた文壇ネタで様々な記事を書いていくことになります。
その後、副編集長だった川端が一旦戦線を離脱したり、編集部内の人間関係が極度に悪化したりと様々な危機を迎えながら、一方で新たな戦力を獲得しつつ、なんとか別冊も含め雑誌を発行していくことになります。
そしてここから、本書後半のメインである法廷闘争の話になっていきます。
きっかけは、和久俊三という作家を取り上げたことにはじまります。和久俊三は、作家になるために弁護士資格を取得したという変わった経歴の持ち主なんだけど、その性格も相当に変わっていたそうです。和久俊三の事務所の元スタッフや元妻から話を聞くことが出来、和久俊三がいかに酷い人間であるかという記事を「噂の眞相」に載せたわけです。
すると和久俊三は、「噂の眞相」に対して刑事告訴し、一方で京大卒という繋がりをフルに使い法務省や検察庁を動かし、最強の捜査機関と言われる検察庁から捜査を受けることになってしまったようです。
通常刑事告訴されたとしても大したことにはならないらしい。本書には、編集長・岡留のセリフとしてこんな風に描かれています。

「大丈夫だよ。だいたい、本当に刑事告訴されたかどうか、的場の通告書だけでは確認することもできないい、的場がハッタリを言っているだけかもしれない。俺はこれまで『噂の眞相』の編集発行人として何度も刑事告訴されたことがある。その時は所轄警察から呼び出しを受けて調書を取られたが、その後、検察庁からは何のリアクションもないまま時効を迎えたり、時効直前に検察庁に呼ばれて『和解する気はないのか』なんて検事が仲裁することもあった。捜査が開始されることも、事件化することも一度もなかったし、刑事告訴なんて形式上のものだよ。この程度の記事で起訴なんてされるはずがない、心配するな」

しかし実際はなんと検察庁から捜査され、起訴されることになってしまうわけです。本書によれば、『「噂の眞相」だけでなく、多くのメディアが東京地検や警視庁に刑事告訴されているが、実際に捜査が行われ起訴されたメディアは当時も現在も唯一「噂の眞相」だけ』らしい。ニュースなんかでいろんな週刊誌とかが裁判をやってたりするけど、ああいうのは基本的に民事訴訟なんでしょうね。なるほど、刑事告訴され起訴されたメディアは唯一「噂の眞相」だけらしい。和久俊三から始まったこの裁判が、いかに恣意的なものであるかというのがよくわかる話です。
さらに、捜査や裁判の過程がやっぱり酷い。よく言われるような、国策捜査みたいな感じなんですね。まあ、「噂の眞相」は別に国策とは関係ないだろうけど、でも検察庁は「噂の眞相」に対して個人的な恨みを持っていたと言われています。反権力を標ぼうしている「噂の眞相」は当時の検察トップのスキャンダルも暴いていて、それに怒った検察トップが私怨から無理矢理な捜査をしている、という見方もあったようです。
和久俊三に関する記事の内容が事実であったかどうかというのは僕には判断しようがないけど(まあ本書を読む限り事実だろうなと思うんだけど)、例え事実ではなかったとしても、その後の裁判なんかは酷いなという感じがしました。何せ判決で、『一部でも私生活の行状(プライバシー)を書けば、記事全体が名誉棄損に該当する』『執筆者自身が直接見聞したり経験したこと以外は信用できない』みたいなことを言っているのだ。そんなこと言ったらほとんどのメディアが有罪になってしまう。判決内容を簡潔に言い表せば、『記事内容は事実だろうが事実でなかろうがプライバシーを書いたら有罪』という論旨なのだ。最近では個人情報保護法がうるさく言われているけど、それでもこんな無茶苦茶なことは言わないんなじゃないかなぁと思います。そりゃあ度の過ぎたプライバシーの侵害はマズイだろうけど、「噂の眞相」が書いた和久俊三に関する記事っていうのは、スタッフへの横暴や作家としての力量などと言った部分に関するものだったようで(詳しいことは分からないけど)、それぐらいのことは公人としては世間に知られても仕方ないんじゃないかなと思うんですよね。
僕は、ニュースで週刊誌なんかが裁判沙汰になっているのを知ると、詳しいことはまったく知らないけど、週刊誌の方がやりすぎたんだろうな、という印象をこれまで持っていました。電車の中づり広告とか見てても、ホントかよそれ、というような話はたくさんありますし。でも、本書を読んで、メディアに対する裁判がどのように行われるのかを知ると(民事と刑事という違いはあるだろうけど)、週刊誌側が裁判で負けていたとしても、もしかしたら週刊誌側の方が正しいのかもしれないな、と思ったりしました。何にしても、裁判ってのは最悪ですね。公平さとはかけ離れています。もし自分が裁判に掛けられるようなことになったら、速やかに諦めようと思います。反論しても無駄だろうし。
というわけで、かなり面白い作品でした。興味があれば読んでみてください。解説を室井佑月が書いてるんだけど、この解説も面白い。何せ室井佑月は本書を読んでないと冒頭で書いているのだ。しかも著者のことが嫌いらしい。そういう部分まで含めて実に変な本である。集英社新書から出てる岡留氏の本も読んでみようかなぁ。

神林広恵「噂の女」



関連記事

Comment

[3687]

うう~~ん
本当になるほどです。
まだ読んでいる途中ですが、確かに冷たい密室は核心に触れるようなタイトルではありませんよね。
まさかと思いましたけど、作品にこだわって無いと仰る森さんらしいですよね。
ご迷惑をお掛けしました。
恋恋連歩の演習は初めて聞いたタイトルです。本屋さんでも見た事無いような。
語呂が良すぎますね。声に出すとすごく気持ち良い(笑)ツンドラとかも気持ち良いですけどそんな感じで。
夜明けの街では雰囲気が楽しかったですねえ。実際に浮気してる気分になりました。けど、まだ初心だったのかもしれませんね(笑)
本を読んでいるだけで楽しかったんです。

[3688]

まあ、核心に触れるから云々、というのはあくまでも僕の仮説ですけどね。
実際はどうなのか分かりません。
森博嗣は捉えどころのない作家ですからね。
何を考えてるんだかさっぱり分かりませんね。
「恋恋連歩の演習」は、Vシリーズの真ん中くらいの作品です。
順番に読んでいくんだとしたらまだまだ先ですね。
たぶん森博嗣は、そういう語呂の良さとかでタイトルを決めてる部分もあると思うんですよ。
前に引用した対談の中でも、先崎学が、「じゃあ『すべてがGになるとかだったら?』「と聞くんだけど、「それは語呂が悪いから」というような返しをしてました。
本を読み始めの頃というのは、確かに免疫がない分、何でも面白い風に感じられるかもしれません。
もうその頃のことはすっかり忘れてしまいましたけどね。
今伊坂幸太郎の作品を読んでますけど、伊坂幸太郎の作品にしてはなぁ…、と生意気なことを考えているような、そんな人間になってしまいました(笑)

[3689]

 某推理作家との裁判は、降ってわいた災難のような書きぶりだけど、
実際、ほんとうに災難だったのは元秘書の男性。
「ほかの人にも取材したから、複数のひとの証言で記事になって
いる安心して」といわれたのに、だまされて、独占手記のような
記事を掲載され、しかも雑誌の発売から数日たつまで、のらり
くらりと噂の女に嘘をつかれ、居留守をつかわれ、
本文のゲラはファックスで請求したら、肝心なところ(自分の証言
だけで記事にされたとわかる記述)を抜かして送信され、
以降は、「取材にいって不在」と居留守をつかわれ、
雑誌の発売から幾日も過ぎてから
「宛名不明で本が戻ってきちゃった、スイマセン てへ」と
郵送されてきたという荒技。
読んでびっくり、わざとゲラを送ってこなかった部分には、
「元秘書はこう語る」と一人称の記事だとありありと書いてあるし。
副編集長と「そんなことをしたのか、まずいよ、絶対にまずいって
。噂の女、お前それ、ジャーナリスト(pgr 生命にかかわるぞ」
「覚悟をきめておいたほうがいいぞ」
「だってぇ、こんな大変なことになるなんて、思ってもみなかったん
だもぉん」というやりとりをしたこともきちんと書けば、もっと
迫力がでただろうに。
保身のためなら人は嘘もつくし誇張もねつ造もするという見本の書。
噂の女の取材を受ける人は、自分でも録音をし、ゲラを「すべて」
見せてもらうようにしっかり契約するほうが安全だという警告の書。

[3690]

なるほど、当時の事情をよく知る方なんですね。
僕は本に書かれていること以上の情報を持っていないので難しいですけど、確かに元秘書さんが一番不幸だろうなという感じはします。
それが事実かどうか僕には判断できませんが、
確かにこの本を読んだ印象だと、噂の女さんはそういうことをしてもおかしくはないかなという気もしますし。
「噂の真相」に狙われた時点で相当危険なのかもしれないですね。
でも、マスコミの取材って難しいですよね。
僕は、新聞もテレビもほとんど見ないという人間ですけど、
そんな僕のマスコミに対する希望は、
『大衆が知りたがるからというだけの理由で、重要性のない個人のプライバシーを追いかけるのは愚の骨頂だと思うけど、一方で社会的な悪はメディアの力によって排除してほしい』
という感じです。
でも、『社会的な悪』についての社会的なコンセンサスがなかなかないような気がするんで(というか、そのコンセンサスをマスコミが意図的に作り出している気がするので)、なんだかなぁ、という感じがします。
すいません、まとまりのない返信で。

[3691]

ネットでニュースの比較もできる昨今、小生もあんなに雑誌を買い、
テレビを見ていたのがウソのようです。
 うーん、回顧本が出ていると知らなくて、たまたま古本屋さんで
パラ読みしたら、秘書氏からはじめて編集部に電話がかかってきた
くだりから、いろいろ訂正補足したいことが見つかり、ついつい
見ず知らずの他人様の運営なさる貴重なスペースにお邪魔してしまった次第で。
 この方、廃刊になるときに「これで普通の人に戻ります」なんて
コメントをしてたんですよね。
仕事柄、いろいろな方に会えたり、場所に行けたりするので、
自分まで特別なことをしている特別な人間と錯覚してしまうのは
誰でも無理がないかもしれないですね。
いまや、大衆(笑)が 知りたくもないことを、すでに流行している
ように報道するところまでいってしまってるようですし。
 秘書氏から初めて電話があったときに、別のスタッフが、某作家のことや連絡先など
「たくみに聞きだして」いた、「聞きだす」という
無意識なのかわざとなのか、微妙に悪意をにじませたのか、たんに
言葉選びに鈍感で文章が下手なのかという微妙な書きように
当時伝え聞いたことを思い出してしまったこともあり、著者が忘れたのか、あえて伏せているのかグレーな事実を御披露してもいいかなと思った次第です。
ttp://books.livedoor.com/item/2442204
「出版協力は、自分を裁判の証言者として確保するために、ご機嫌とりのつもりだったのか」
「だめならだめでよかったのに。なんで出版費用をこっそり負担したりしたのか。こちらは取引をもちかけたつもりはさらさらなく、
噂の女氏が日本で5指にはいるジャーナリストだと編集長が胸を張って断言したので、そんなに優秀な女性なら各方面に人脈もあって、
優れた編集者の方々にじかに読んでいただくくらいは可能かな、と
期待はしたけど、批評がもらえるだけでよかったのに」
「だましうちばかりされるとわかっていたら告発なんかしなかった」と元秘書氏が無念がったらしいとか、書かれていないことのほうが裁判よりも日本の出版市場に残るようなスキャンダラスで
スリリングなエピソードてんこもりのようです
ノルマ消化くらいに思っていた記事で裁判とは皮肉ですが、「運命の
いたずら」ではないように思います。やればできた対処を怠ったため
某作家氏の他のスタッフがおそれをなして、電話取材さえ拒否して
しまい、最初から裁判は不利でしたから。
元秘書氏は一般人だから、記事が出るまでのおつきあいだと
タカをくくったのかもしれませんね。
告発が友人や仕事仲間からのものであれば、取材も書き方も
根回しもまったく違っていたのでしょうか。

[3692]

正直僕には、この事件のことをリアルタイムで知っていたわけではないですし、というかこの裁判のことは本書を知るまでは知らなかったので判断は難しいですけど、でもなるほど、いろんな話を聞いていると、噂の女氏は問題アリな感じで、元秘書氏が最も不幸だったということなんでしょうね。まあ、この自伝の内容を鵜呑みにしてしまった僕もダメなんでしょうけど、自分の都合のいいように事実をねじ曲げて書けるというのは凄いものだなと思ってしまいます。
でも、最近僕はテレビも見ませんし、新聞は元々とってないので、ネットでざっくりとしたニュースを拾うぐらいですけど、ここまでマスコミというのが信頼出来なくなると、一体どんな情報を信頼すればいいのかというのが凄く難しいなと感じます。結局、声の大きな人間が勝つ、というのが現代の情報の仕組みではないかなと思うのですけど、正しいかどうか、伝えるべき情報なのかどうかという吟味はマスコミの自浄能力ではどうにもならないのかなという感じがしています。
僕の中にも、なんとなくの印象ですけど、本というパッケージになっているものはなんとなく信頼できる、という漠然としたイメージがあったりするので、本に書かれているとテレビやネットの情報なんかよりは信じやすいという部分はあります。なかなか情報を精査するというのは難しいものだなと思いました。

[3693]

 またまた迅速にして明晰な書き込みをありがとうございます。
筆者も本が好きですし、世に出るまでに、編集者、校正、印刷所
など複数の人々の目にふれて、それなりに時間と手間をかけている
わけですし、信頼性という点ではまだネットよりはるかに上だなと
考えています。
 こういう例があって、自伝、伝記などを読むときは、美談めいてる
ところ、不自然に記述が少ないところ、全体バランスの中でなにか
突出しているところ、たとえば、変にしつこい、あっさり流し書き
している、他の人より手厳しく書かれている人物、などなどを
見つけたら、そこを深読みしたり、資料探しをするほうが面白い、
そういう見方が自分のなかに生まれたことが最大の収穫ですね。
何度もお邪魔しましたことお詫びいたします。
ありがとうございます。

[3694]

いえいえ、何度でも来てくださいまし。
コメントをもらえるのはやっぱり嬉しいですからね。
書店の現場にいると、最近は本当に粗悪な本もかなり多く出回っているなぁ、という印象があります。
適当に、とはさすがに言いませんが、特別なにも考えずに作ったんじゃないか、というような本をよく目にします。
そういう本の存在を知ってしまうと、本への信頼感も微妙に揺らいでしまうよなぁ、と思ったりします。
なるほど確かに、本の読み方には注意が向くかもしれませんね。
僕は一応なるべく、一方方向からの情報だけでは物事は判断してはいけない、と思っているんですけど、
でもこれがなかなか実践は難しいなぁといつも痛感しております。
ノンフィクション系の作品を読む際は、これからもなるべく気をつけようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1559-4a849fc3

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
6位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)