黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

鬼の跫音(道尾秀介)

さて今日は、文芸書の文庫化権を他社に売るビジネスモデルについて書こうかなと思います。
小説が出版される際、まず大抵ハードカバーで発売され、それから文庫になります。物によっては、ハードカバー→ノベルス→文庫というものもあるし、さらに特殊なものとして、ノベルス→文庫→ハードカバーという形で出た作品も知っています。でもまあ、大抵の場合、ハードカバー→文庫という流れでしょう。
その際、ハードカバーと文庫が別々の出版社から出る、というようなケースが多々あります。これは基本的には、文庫レーベルを持たない出版社の作品を文庫化する際にそういうことになります。実業之日本社だの太田出版だの毎日新聞社など、自社の文庫のレーベルを持たない出版社の場合、その文庫化権を他社に売ることになります。
しかしそうでないケースもあります。僕が不思議だった例を挙げると、宮部みゆきの「模倣犯」という作品は、元々小学館からハードカバーが出ていましたが、文庫になる際新潮社に移りました。そういう、文庫レーベルを持っている出版社でも、他社に文庫化権を売るケースがあります。でも、「模倣犯」だったら確実にベストセラーになる作品なわけで、その文庫化権をどうして小学館が手放したのか、僕としては不思議なんですよね。
そもそも僕の認識が間違っている、という可能性もあります。僕は、どの出版社で文庫にするかどうかという文庫化権は、そのハードカバー版を出版した出版社が保有しているのではないかと思いますけど、もしかしたら著者がその権利を持っているのかもしれませんね。どうなんでしょう?基本的には、ハードカバーを出した出版社で文庫にするというのが慣習になっているけど、著者の意向によってそれが変更になるということなのかもしれません。
まあそういう事情はどうでもいいんですけど、僕が今回書きたいのは、他社で文庫化するというそのビジネスモデルそのものです。
かつてはこれはそれなりに機能していたんじゃないか、という気がします。今ほど文芸書が売れないという時代ではなかったし、文庫になるスパンもそこまで長くなかったので、ある程度ハードカバーで売って利益を確保し、その後文庫化の権利を他社に売ることでさらに利益を得る、というスタイルが成立していたのではないかな、と。
でも最近では、とにかくハードカバーの文芸書は売れない売れない。文庫になるスパンが相当早くなっているんで、買い控えみたいなものが起こっているんだと思います。将来的にハードカバーの文芸書の値段が上がらない限り、ハードカバー版だけである程度の利益を確保するというのは相当難しいんじゃないかな、という気がします。ハードカバー版が話題にならなければ、文庫化権を売る際にもあまりいい値段はつかないだろうし、そうなると頑張ってハードカバーの単行本を出版しても、結局儲かるのはその文庫化権を獲得した出版社だ、ということになるような気がします。
かと言って、じゃあ文庫のレーベルを作るか、という話になるかというと、それもまた大変な話です。書店的にも売場の問題があるし、出版社の体力的な問題もあるでしょう。よく分かりませんが、新たに文庫レーベルを創刊するというのは相当大変なことなんではないか、という気がします。
だから、ハードカバーである程度の収益を上げるビジネスの仕組みを何とか作り上げないと、文庫レーベルを持たない出版社の多くは相当難しいんじゃないかなと思います。まあこれはあくまでも僕の勝手な予想何で、実際どうかわかりませんけどね。
もう一つ似たような話に、他社で絶版になっている文庫の権利を買って出しなおすというのがあります。これはうまくすれば美味しいビジネスになります。僕がパッと思い浮かぶものを挙げると、岡嶋二人の「99%の誘拐」や、今野敏の「リオ」なんかがあります。「99%の誘拐」は元々徳間文庫でしたが、それを講談社文庫から出し直しました。で、数年前ですが、何故か大ヒットになり、めちゃくちゃ売れました。あれはまさに濡れ手で粟ってやつだろうな、という感じでした。
「リオ」も、元々幻冬舎文庫だったものを新潮文庫で出しなおしました。そのちょっと後に今野敏が何か大きな賞を取り、また著作のドラマ化が決まったりして、今野敏が注目されるようになりました。あれも結構成功しているなという気がします。
文庫のレーベルを持っている出版社は、文庫レーベルを持たない出版社の文庫化権を買ったり、あるいは他社の絶版になった文庫を引っ張り出して来て出しなおすというようなことをやって、うまいこと利益を上げていくことが出来ます。一方、文庫レーベルを持たない出版社は、ハードカバーが売れない時代に入って相当苦戦しているのではないかなと思います。文庫レーベルを持っているかどうかで現在の出版業界で生き残れるかどうかが変わってくる、というのは僕の行き過ぎた予想に過ぎないでしょうか?
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、道尾秀介が出す初めての短編集です。アンソロジーなんかではいろいろと短編を書いている道尾秀介ですが、自身の作品として短編集を出版するのは本書が初めてだと思います。
本書には6つの短編が収録されています。

「鈴虫」
11年前の出来事で、刑事がやってきた。私は、Sの死体を埋めたことを刑事に告白した。Sは崖から勝手に転落した。私がしたのは、Sを地面に埋めたことだけだ、と。私の行いをすべて見ていたのは、鈴虫以外にはいない。
Sと杏子と私は、大学時代の友人だった。私は杏子のことが好きだったが、ある時Sと杏子が付き合うことになった。
Sと隣同士で住んでいた私は、日々彼らの会話を聞き、杏子のあえぎ声を盗み聞いた。
ある日のこと。隣の部屋から、杏子ではない女性の声が聞こえてきた。その時だ。私がSに殺意を抱いたのは…。

「○(ケモノ)」○は獣偏
僕は家族みんなから落ちこぼれだと思われている。祖母も両親も妹もみんなだ。二年前、この椅子が届いた時も、僕は馬鹿にされた。刑務所作業製品がどんなものなのか答えられなかったのだ。
その椅子を、僕はつい壊してしまった。しかし、その折れた脚の断面に、奇妙な文章が彫られていることに僕は気がついた。
『父は屍 母は大 我が妹よ』
そう読める文章だった。
末尾にSというフルネームが書かれていた。インターネットでその名前で調べてみると、昔家族を惨殺し、無期懲役に決まった人物のようだった。
僕はダメな人間なんかじゃない。
だから、これについてちょっと調べてみよう。

「よいぎつね」
この街に戻ってくることは、もうないと思っていた。あれからもう20年。W稲荷神社で行われる伝統行事「よい狐」の取材のためでなかったら、戻って来たくはない街だった。
20年前、高校生だった私は、同級生のSにそそのかされて、誰でもいいから女性を強姦することになった。場所は普段は神輿がしまわれている蔵。祭りの当日に実行することになった。
やっぱり出来ない。
出来なかった、そう言おうと思った。それが出来れば、どんなによかったことか。
気づけば僕は、目の前を歩く女性を神輿蔵に引き込んでいた…。

「箱詰めの文字」
書きかけの短編小説の原稿を机の上に広げた僕は、呼び鈴の音を聞いて玄関を開けた。するとそこにいた青年は、いきなり深々と頭を下げ、「申し訳ありませんでした」と言った。
事情がさっぱり理解できない僕に、その青年は説明した。何でも少し前に僕の部屋に空き巣に入り、貯金箱を盗んでしまった。中身には手をつけてないので返します、ということだった。
しかし僕にはその招き猫型の貯金箱は見覚えがなかった。中身を確認すると、そこには「残念だ」と書かれた紙切れが一枚入っていた。
そうか、これはSが置いたに違いない…。

「冬の鬼」
一月八日から一月一日まで逆に遡って綴られるある女性の日記。
その女性は、どうやら一月一日に素晴らしい願い事が叶ったようで、両目に目玉を入れたダルマをどんどや(どんど焼きや左義長とも言う)に持っていこう、と考えているらしい。かつて火事に見舞われ家族だけではなく何もかも失った女性を見つけ出して一緒に暮らそうと言ってくれたS。Sとの幸せな生活にどうしても必要だった決断とは…。

「悪意の顔」
僕は学校でSに陰湿な嫌がらせをされている。どうして僕が標的になるのか、今でもよく分かっていない。Sは今日も、僕の椅子に瞬間接着剤を塗り、半ズボンだった僕の肌が椅子とくっついてしまった。
いろいろ考えながら家に帰る途中、見知らぬ女性を見かけた。その女性は、僕が何か大変な目に遭っていることに気づいたらしく、家まで来れば助けてあげる、とそう言った。
彼女が取りだしたのは一枚の絵だった。彼女の説明によればこうだった。この絵は何でも吸いこんでしまうのだ、と。だからあなたがSを恐れる気持ちも吸い込んだのだ、と…。

というような話です。
どの作品も、道尾秀介らしい作品だな、と思いました。
すべての作品に、Sという名の人物が出てきて、それが重要な役割を担う、という点では繋がっていますが、基本的にそれぞれの話はまったく関係ないです。Sという登場人物と言えば、「七つの死者の囁き」みたいなタイトルのアンソロジー文庫に道尾秀介が書いていた作品にも確かSという人物が出ていた気がします。きっと同じ時期に書いていたんだろうなという気がします。
どの話も、恐ろしく静かに淡々と進んで行きます。そのトーンというかテンションは、これまでの道尾秀介の作品にはあまりない感じだなと思いました。道尾秀介の初期の作品は、文章よりもストーリーやトリッキーさに重点が置かれた作品が多かったですが、段々と文章や小説としての雰囲気みたいなものに比重が置かれるようになっています。本書も、これまでにない雰囲気の文体によって、独特の雰囲気を生み出しています。
ジャンルとしてはホラーになるのかもしれないけど、やはり道尾秀介らしくミステリ的な要素がかなりあります。一篇毎になかなか味のある仕掛けを用意していて、短い話の中でこれだけ引っくり返せるというのはさすがだなという気がします。
僕が好きな話は、「鈴虫」「箱詰めの文字」「冬の鬼」です。「鈴虫」は、他の作家が同じような作品を書いているだろうなと思わせるような、まあよくある展開だとは思ったけど、道尾秀介はやっぱり展開とか伏線の張り方みたいなものがすごくうまいと思うんで、さすがだなと思います。
「箱詰めの文字」は、初めの展開からしてなかなか面白いし、「残念だ」という言葉の意味に気づいた主人公の回想もなかなかのものだし、しかもそこからさらに読者を騙し、幻惑させるテクニックは素晴らしいと思いました。
「冬の鬼」は、ミステリ的というより、非常にホラーだなと思いました。これはなかなか怖いです。一番怖いのはやっぱり人間だな、と思えるような作品です。日記を遡るという、結構難しい構成をうまくストーリーと絡めて取り込んでいるし、ラストのカタルシスみたいなものはもちろん予想できないし、でもその狂気が理解できないわけでもない、しかし理解したくないみたいな部分があって、すごい話を書いたなという感じでした。
「○(ケモノ)○は獣偏」は、初めの設定はすごく面白いと思ったし、ラストのオチは怖っとか思ったんだけど、間の展開がちょっとそこまで面白くなかったかなと感じました。決して悪い作品ではありませんけどね。
「よいぎつね」は、作品としては凄く面白いなと思ったんだけど、道尾秀介がこの終わらせ方をしちゃダメだろ、と感じたんでちょっとマイナスです。話はすごくいいんだけど、どんな無茶苦茶な設定でも合理的な理由を与え続けてきた道尾秀介の作品として受け入れるにはちょっと難しいという感じです。
「悪意の顔」は、うまく評価することの出来ない作品です。これはちょっと失敗作ではないかなと思うんですけど、厳しすぎるでしょうか?最後、結局どうだったのかイマイチはっきりしない感じだったのも、僕としてはあんまり好きではないかなという気がしました。
全体としては、実にレベルの高い短編集だと思いましたけど、でも僕としては最高傑作とは言い難いですね(帯に最高傑作と書いてあるんで)。やっぱり僕としては、「カラスの親指」がいいなぁと思います。でも、いろんなアンソロジーで道尾秀介の作品を読む度に、本当に何を書かせてもうまいなぁと感じるんで、これからも道尾秀介の短編に注目したいなと思います。
本書は、作品とは関係ない部分で気に入った部分があるんでそれも書こうと思います。
まず、文字のフォント。ホラー小説っぽい、なんとなく読んでて怖くなるようなフォントが採用されていて、これは作品の雰囲気をうまく盛り上げているなと感じました。
あともう一つ。表紙の絵がいいですね。どこがどう、とは言えないけど、かなり気に入っています。怖いとか妖しいとか、そんな感じの印象を受ける絵です。
というわけで、相変わらず道尾秀介はレベルの高い作品を書くなと思います。若いのに本当にすごいと思います。これからも益々注目の作家です。是非頑張ってほしいなと思います。最新作の「龍神の雨」も読みたいなぁ。

道尾秀介「鬼の跫音」




関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1477-71b98baa

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)