黒夜行

左脇のプロフィールにある「サイト全体の索引」から読みたい記事を探して下さい。

gift(古川日出男)

さて今日は、僕がレジをしている時に気をつけていることについていろいろ書いてみようかなと思います。まあせせこましい話ばっかりですけどね。
僕は自分がお客さんとしていろんなお店に行ったときに嫌だなと感じることについては、なるべく自分はやらないようにしています。そういうものの中に、小銭とお札どっちから先に返すかというものがあります。
普通大体どこのお店でも、お札から返すようになっていると思います。理由は分からないけど、きっとそういうようなマニュアルみたいなものがあるんでしょうね。
ただ僕は、小銭から返して欲しいなっていつも思うんです。これは、最近よくありがちな、全自動のレジ(スタッフはお金をレジに入れるだけで、お釣りは自動的に出てくるやつ。僕のいる店はこのタイプではありませんが)だと余計にそう思います。
というのも、まずお札を受け取りますよね?で、それ財布に入れるのって結構手間取りませんか?お札を財布にしまうのって、多少時間が掛かるんです(これはいつもレジでお客さんを見ていてもそう思います)。で、その後小銭ですよね。例えばお釣りが789円とかだったらスタッフの人が小銭を取り終わるのに多少時間がかかるんですけど、お釣りが100円とか、あるいはさっき言ったような全自動のレジだったりすると、小銭が手渡されるのが早いんです。タイミング的に、まだこっちはお札を財布にしまってるのに、もう小銭が来る、みたいな感じになるんですね。
僕はそれが嫌なので、自分でレジをする時は小銭から返すようにしています。時々お客さんで、財布の中で小銭を分類している人(500円玉・100円玉のグループとそれ以外みたいな)がいたりするので、そういう場合多少タイミングが合わなかったりしますけど、そうじゃなければ、小銭を財布にしまうのはすぐ出し、僕がレジからお釣りのお札を出すのもちょっと時間がかかるので、微妙な間がなくなって僕はいいなと思っています。ただ時々お客さんの中には、小銭をもらった段階でお釣りをすべてもらったと思いこんで帰ろうとする方がいたりしますが、まあそれは逆の場合でも同じように起こるだろうから大して問題ではないだろうと思っています。
また同じく僕が嫌だなと思うのは、こちらがお金を出し終わっているのにすぐに会計をしてくれない場合です。これはコンビニなんかでよくありますね。弁当や総菜などを買うとします。店員が商品をレンジに入れたり割りばしを用意したりといろいろしてる間に、僕はお金を出し終わるんです。でも、自分の仕事がひと段落しないと会計してくれないんですね。
あれが僕は嫌いなんです。だって、財布をしまえないじゃないですか。お金を出し終えた時点でさっさと会計をしてお釣りをくれれば、僕は財布をさっさとしまえて、後は商品を受け取ってさっさとレジから立ち去るだけです。でも最後まで会計をしてくれない場合、財布はしまえないしレジから立ち去るタイミングも遅くなるのでイライラするんですよね。
だから僕は、カバーをしている途中だろうが袋に入れている最中だろうが、お客さんがお金を出し終わったなと判断した時点ですぐ会計をするようにしています。
まあこれらのことが本当にお客さんのためになっているかどうかはよくわかりませんが、まあ僕なりのこだわりです。
もっと細かな話をしましょうか。例えば、僕のいる店では文具やお菓子なんかも売ってたりするんですけど、そういうものって袋に入れなくてもお店のテープを貼るだけでよかったりする場合ってありますよね。そういう時、もちろんお客さんに「こちらテープでもよろしいですか?」と確認をするんですけど、この確認をしている最中にテープに手を伸ばさないように気をつけています。
他のスタッフを見ると、「テープでもよろしいですか?」と聞きながら、同時に手をテープまで伸ばしていたりします。それって、質問の形を取ってるけど、お客さんとしては選択肢ないんじゃないかなぁとか僕は思っちゃうんですよね。もちろんお客さんとしてはそんなこと気にしてないかもしれないけど、僕は気をつけています。
またこれとは逆の話が、袋に入れるかどうか聞く時です。カバーを掛けた本1冊とかで、お客さんがバッグなんかを持っているような場合、袋に入れなくてもいいかなというような場合があるんだけど、そういう場合も「袋にお入れいたしますか?」と聞くようにしています。ただそれを聞いている時、必ず袋に手を伸ばすようにしています。お客さんの方から見えているかどうか分かりませんが、一応こうすることで僕の中で、こちらとしては袋に入れる用意はありますがお客さんがいらないというのでしたら入れませんよ、というアピールをしているつもりです。袋に手を伸ばさないまま袋に入れるかどうか聞くと、まるでこっちが袋に入れたくないみたいな風に聞こえないかなとか思ってしまうんですね。
他にも、今パッとは思い出せないけど気をつけていることはいろいろあるんだろうなと思います。まあ一つ一つは正直どうでもいいことなんですけどね。それでも、まあ丁寧にやっていこうと思っています。
何ですけど、僕が直そうと思いながらどうしてもうっかりやってしまうことがあるんですね。それは、「カバーをお掛けしますか?」とお客さんに聞いて、「いらない」と言われたにも関わらず、無意識の内にカバーをしていることです。これ、僕の場合かなり頻繁にあるんです。途中で気づいて止めることもありますが、その場合でも、カバーそのものには確実に手は伸びています。もう本を持つと、反射的にカバーをするものだというスイッチが入ってしまうことがよくあるんですね。まあ、カバーを掛けられてすごく困るなんていうお客さんはそこまでいないだろうから実害はそこまでないと信じたいけど、これは意識してなんとかしないとなぁと思っています。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本作は、掌編20話が収録された作品です。「掌編」という言葉を使いながらよく分かっていませんが、ショートショートみたいに短い話のことだと思います。

「ラブ1からラブ3」
妖精の足跡を捕まえたという知人の話を聞き、自分でも確かめようとビデオカメラで撮影をする。

「あたしはあたしの映像の中にいる」
餓死して死のうと決めた少女がたどり着いた廃墟のマンション。そこにあった場違いな少女の部屋。

「静かな歌」
奄美大島に来て犬に吠えられヤギに会いよくわからないままこの手紙を書いている青年。

「オトヤ君」
石川県に生まれた一人の天才。1歳半で辞書のすべての言葉を覚え、3歳にしてアラブ首長国連邦で大統領より有名になった赤ちゃん。

「夏が、空に、泳いで」
屋上で偶然出会った旧友が、屋上に密かに隠している秘密。

「台場国、建つ」
臨海副都心の水位が何らかの影響で急上昇し、孤立した観覧車。その絶望的な状況の中から、コミュニケーションが生まれる。

「低い世界」
13歳になったあたしは、<低い世界>から排除される。<低い者>に出会ったらおしまいだ。

「ショッパーズあるいはホッパーズあるいはきみのレプリカ」
本物の銃に見えるモデルガンを買った少年は、コンビニで働き始める。

「ちいさな光の場所」
女性二人のユニットと録音をするために訪れたある山。

「鳥男の恐怖」
街を舞台にした伝統ある戦いに紛れ込んだ鳥男。

「光の速度で祈っている」
叔父夫婦が猫を生んだらしい。

「アルパカ計画」
アルパカを大量生産するためのコンテナである<アルパカの方舟>。男の思考が途切れ、アルパカは迷走する。

「雨」
雨の音に反応して、体が自然とダンスを踊る。

「アンケート」
無人島にもっていく私物三つは?

「ベイビー・バスト、ベイビー・ブーム 悪いシュミレーション」
少子化の日本に起った、突然の年若い結婚ブーム。皆16歳になると一斉に結婚し出し、子供をバンバン生むようになる。

「天使編」
砂漠からの脱出を目論む一人の女性。

「さよなら神様」
駐車場に止められたセダンのトランクに、次々と人が入っていく。

「ぼくは音楽を聞きながら死ぬ」
無人島で幻想の音楽を聞きながら過ごしている。

「生春巻占い」
猫の夢を見るのは、生春巻きを食べた次の日だった。

「ロックンロール中華街」
ロックンローラーとスタッフが中華街で打ち上げ。

というような話です。
本書はたった190ページの本なので、単純計算すると一話約10ページ。1ページで終わる話もあるので長さに長短はあるけど、どれも基本的には短い話ばかりです。
しかし、本作の一番凄い点だと僕は思うんだけど、これだけ短い話なのに、どの話も古川日出男の作品だということがはっきりと分かる。もし著者名を伏せられた状態で本作に収録された掌編を読まされても、間違いなく古川日出男の作品だということが分かると思います。
普通本を読んでて、ここまで作家の個性が表れることってなかなかないと思うんです。僕が、名前を伏せられた状態で読んでも分かるだろうなと思っている作家は4人。伊坂幸太郎・村上春樹・舞城王太郎、そして古川日出男です。もしかしたら森見登美彦も分かるかも。それ以外は、たぶん自信を持って作家を当てることはできないだろうなと思います。もちろん、後から作家の名前を聞いて、なるほど確かにそう言われればそうだ、となるだろうとは思うけど、でも読んだだけで作家名が分かるほどの個性を持った作家というのは、本当に限られていると思います。
本作に収録された掌編は、本当にどれも古川日出男らしさが表れています。時に抽象的だったり、時に具体的だったりと様々な描き方をする作家だけど、根本的な部分がブレていないというか、すべてが同じ源から生み出されているのが分かるというか、そんな感じあするんですよね。
古川日出男の作品っていうのはどれも、作られたっていう感じがしないんです。本書の帯に、<神さまの手から零れ落ちたような、鮮やかで優しい20の物語>とあるんだけど、確かに神さまの手から零れ落ちたという表現がさほど大袈裟ではないような気がします。人間が作ったものではない、なんて表現だとちょっと大げさすぎるかもしれないけど、でも人工物という感じはしないんです。長い歴史を経て存在し続ける自然のように、<そこにあるもの>という印象が非常に強いと感じました。
本書は、好き嫌いがはっきり分かれる作品だろうと思います。もともと古川日出男の作品がそんなところはありますけど、本作は特にそうかもしれません。僕は相当好きです。よく分からない掌編もいくつかあったけど、大抵どの話も好きでした。現実を解体したり、日常を不連続にしたりして、不思議な世界を生み出しています。頭で考えて読む本じゃなくて、もっと深いところで感じながら読むみたいな、理解するんじゃなくて受け入れるというような、そんな作品だなと思います。
僕が特に好きな話は、「夏が、空に、泳いで」「台場国、建つ」「ショッパーズあるいはホッパーズあるいはきみのレプリカ」「光の速度で祈っている」「ベイビー・バスト、ベイビー・ブーム 悪いシュミレーション」「さよなら神様」辺りでしょうか。きちんとしたストーリーがありながら不可思議な世界を描いているのが好きです。逆に、あんまりストーリー性を感じられない掌編はちょっと好きになれなかったなぁと思います。
一つ二つならすぐ立ち読み出来る本です。気になったら本屋でちょっと読んでみてください。古川日出男作品が初めてだと、その濃厚な世界観にちょっとびっくりするかもしれないけど、古川日出男という作家に興味が湧くのではないかなと思います。

古川日出男「gift」




関連記事

Comment

[3448]

こんばんは。
やっと晴れましたね。晴れれば晴れるで、家事に追われる一日でした(泣)。
この本の内容ではなく、レジの話は色々参考になりました。お釣りはお札から返ってくることが殆どですので、小銭が先というとどうなるのか?想像し難いです。私は主婦として小銭を金種に分けて財布に入れる(500円玉、100円玉は一緒ですが、それ以下はまた別のところに入れます)ので、しまうのに時間はかかります。どちらかと言うとお札の方が簡単なくらいです。ですので、まず財布にお札を入れてから、小銭を受けとった方が楽です。小銭はレジを離れてから財布に入れますので…。
お札は札入れの部分に滑り込ませるだけでOKです。小銭も分けずにガチャと一緒に小銭入れの部分に入れるだけなら簡単かも知れませんね。ですが、これはこれで使うときに困ります。細かい話ですが、100円玉と50円玉の区別がつきません。色も大きさも似ていますので、財布を開けたときに上から見て区別を付けるために、別のところに分けて入れています。私の財布は小銭入れの部分が2つに分かれていますので重宝しています。500円玉は大きさで判断できますよね。
支払いの時、小銭の存在を気にかけないと財布の中が小銭だらけ(重いし、財布が膨らんで困ります)という最悪の状態になります。これだけは避けたいので、私なりに工夫しているわけです。まぁ、こんな客もいることを頭の片隅に置いてくださいね。
そう言えばゲラ版のことをお書きでしたが、私は最近かつての上司から自費出版の本をいただきました。何かの賞に応募して落選したそうですが、初めて書いた小説とは思えない出来映えに驚きました。誰でも一作は書けるそうですが、どうなのでしょうねぇ(笑)。
そうそう、今日は今年の誓いを破って、ネットで本を注文してしまいました(泣)。数年前に出た短歌集ですので、我が家の近くの本屋さんでは無理ですし、図書館にこれ以上借りるのも気が引けますので…仕方なしの選択です。
今日から『テンペスト』を読み始めました。只今第3章ですが、『出星前夜』と比べると読みやすい作品ですね。沖縄の歴史については、初めて沖縄に行ったときガイドさんから嫌と言うほど聞かされましたので、琉球王国の誇りや薩摩藩の統治下に置かれた歴史などを一通りは覚えています。でも、ガイドさんの押しつけがましい態度と商魂逞しさに辟易し、その後の沖縄旅行では専らレンタカーを使っています(笑)。
読み終わりましたら、また報告させてくださいね。私もおしつけがましいですが、オバサンに免じてお許しを…(汗)。

[3449]

こんばんわです。
雨は嫌ですからねぇ。でもまた明日辺り雨みたいな予報ですけどね。気温も全然上がらないし、困ったものです。旧暦とかどうでもいいですけど、そろそろ暦の上では春だったりしませんかね?
小銭を分けて財布に入れるお客さんには確かに申し訳ないなぁといつも思っているんですね。でも僕は急かすことなく待っているようにしています。そういえば記事中には書きませんでしたが、お客さんが財布にお金をしまっている時にレシートを渡す時(小銭をレシートの上に載せて返すというのはよくありますが、僕はあれが嫌いなので、お釣りを渡してから別にレシートを渡すようにしています)、レシート持った手を前に出さないようにしています。で、お客さんがお金を入れ終わった頃を見計らってレシートを差し出すようにしています。小銭を財布に分けていれるお客さんにも同じような感じで対応しています。
ただまあやっぱり、すべての人に不満のない接客というのは難しいので、多少は仕方ないかなと思っていますが。
僕も、昔バイト先にいた人がかつて書いたという小説(みたいなもの)を読んだことがあります。僕は口を濁した評価をするのは悪いと思うので、正直に僕はつまらなかったと言いましたが。僕も昔長編を書いたことがありますが、誰にも読ませていません。どう考えても駄作なのは明白だったからです。いずれこのブログで連載小説の真似ごとなんかが出来たら面白いなと思っていますけど、まあ無理でしょうね。
ネットの場合、ロングテールの部分(つまり需要は少ないけど確実に欲しいというお客さんがいる部分)に関しては非常に強いので仕方ないとは思いますね。本屋の場合は、置ける冊数が売場面積にどうしても比例してしまうので、ロングテールの部分をまかなうのは難しいです。まあネット書店とうまく共存していければいいんですけどね。
「テンペスト」は、人によってはこれはライトノベルだ、つまらないというような評価もあるみたいなので、合わなかったら合わないで諦めるというのも手です。僕の中では相当ヒットでしたけどね。
「テンペスト」を読む前ですけど、僕も沖縄に行きました。作中に出てくる首里城にも行ったので、なるほどあそこはそんな場所だったのかぁ、と思いながら読みました。旅行は出来る限り個人で行くべきですよね。ガイドとかめんどくさいです。エジプトに行ったときは、そもそも言葉の問題があるのでツアーでしたが。
いえいえ、「テンペスト」がどっちに転ぶか楽しみです。ダメだったらダメだったってはっきり言ってくださいね。
ついさっき感想を更新しましたけど、今日は勢いに任せて文句を書き連ねたので読んでても面白くない内容かもしれません。また明日からはちゃんと普通の本屋の話を書きたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://blacknightgo.blog.fc2.com/tb.php/1408-8c50796e

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
13位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)