黒夜行

>>2015年09月

Aではない君と(薬丸岳)

ワイドショーを見ていての責任」というものについて考えることがある。
何か事件を起こした人間がいる時、「親も悪い」という方向に世の中の気持ちが傾くのは何故だろう、といつも思う。
正直僕は、99.99%以上本人の問題だと思う。
もちろん、直接的に親が悪い、というケースもあるだろう。親が子供を虐待したり育児放棄をしたりしていて、そのために子供が親を殺すとか、親が何らかの理由で子供に指図して悪事をやらせたり、あるいは積極的に「悪い情報」を教育し続けるような場合だ。しかし、そういう明らかなケースではない限り、親に責任なんてないんじゃないかと思ってしまう。
もちろん、親が離婚していたり、家が貧乏だったり、そういう家の事情というのは様々にあるだろう。しかし、例えば親が離婚しているすべての子供が犯罪を犯すわけではない。家が貧乏なすべての子供が人を殺すわけではない。それらの環境の要因は大きいだろうが、しかしそんなことを言えば、生まれた地域・学校の環境・近所の人との関わり方など、親以外の様々な環境が要因として絡んでくるはずだ。しかし、どうも世論は、何かあった時、親が悪いということにもしたがる。
まあ、確かにその方が分かりやすい。怒りの矛先が一つに絞られる方が、叩きやすいし、スッキリする。あるいは、「ダメな親だったのだ」と思うことで、「ダメではない自分の子供は大丈夫だ」と安心したい、という気持ちもあるのかもしれない。そういう理由で「親も悪い」ということにされているのだとすれば、親もたまったものではないだろう、と思う。
法律上、親は子供に対しての責任を負うだろう。それは制度で決まっているから仕方ない。さらに、犯罪を犯してしまった子供を「更生させる受け皿としての親」という意味では、親は子供に対して大きな責任を持つだろう。しかし、過去に子供がしでかしてしまった行いに対して、親が異様なまでに責められる状況が、僕にはイマイチ理解できない。
僕が、血縁、というものを、基本的に重視してしないからかもしれない。血の繋がり、というものに対して、深い意味を感じられないからかもしれない。僕にとって「家族」というのは、「ただ血が繋がっているというだけで一緒にいる、年齢も趣味も価値観も生き方もまったく違う人々の集団」でしかない。、生まれた時からしばらく一緒にいるわけで、そういう意味での親近感や愛着は生まれるだろうけど、でもだからと言って、血が繋がっていなきゃいけないのか、というと僕にはイマイチその辺りのことは理解できない。
血が繋がっているというのは、それほど大きな意味を持つことなのだろうか。僕はいつも、そんな風に考えてしまう。

内容に入ろうと思います。
建設会社で大きなプロジェクトを手掛ける吉永は、数年前に妻の純子と離婚している。一人息子である翼は純子が引き取り、今では吉永は、三ヶ月に一度程度翼に会うぐらいだ。新しい恋人も既におり、出世の道も開けている。離婚したという過去はありながらも、吉永の人生はもう一度これから順調に進んでいく。そんな予感を漂わせる最中のことだった。
大きなプロジェクトのプレゼンの成功を祝している最中、吉永の携帯に翼から電話があっった。すぐには気づけず、しばらくして折り返したが、翼は電話に出なかった。
この電話が、吉永の生活を地盤からひっくり返していく。
しばらくして刑事が吉永を訪ねてやってきた。刑事は、理解不能なことを吉永に告げる。
「本日、午前七時二十七分、藤井優斗くんの遺体を遺棄した容疑で青葉翼くんを逮捕しました」
翼は、14歳の中学生だ。吉永は、事件について詳しく教えてくれるよう刑事に聞くも、叶わなかった。息子が逮捕されたというのに、息子の様子を知ることさえ出来ない。
吉永は、純子と翼が引っ越ししていたことさえ知らなかった。当然、翼の交友関係や現状などほとんど知りもしない。しかし、様々な記憶を思い返して、どうしても、息子が殺人を犯したとは思えなかった。
何が起こってるんだ…。吉永は突然、それまで経験したこともない荒波に飲み込まれ、溺れそうになりながらも、翼を守るために必死で出来ることを探そうとする。
しかし、翼は、誰に対しても事件のことを話さないばかりか、そもそも、吉永や純子、担当弁護士に会おうともしない。何故なんだ…。
というような話です。

本書を読んで僕が一番強く感じたことは、「物語の軸がもう一つ欲しかった」ということです。
本書では、冒頭で「14歳の少年が死体遺棄の容疑で逮捕される」という衝撃的な幕開けをするのだけど、正直そこからしばらくの間、物語はほとんど進展しない。
何故なら、翼が一切供述しないからだ。
翼は、ほとんど誰に対しても言葉をつぐむ。捜査官に対してはもちろん、弁護士や吉永に対しても何も喋らない。
『どうしてお父さんとはふたりであえないの』
翼は、吉永にそんな反応を返すことはあった。しかし、それだけだ。顔を見る機会があっても、雑談には応じても事件のことは一切話さない。
だから物語的には、周りの人間がほとんど手がかりのない状態のまま、ぽつりぽつりと事件についての情報を集めていくことになる。しかしそれは当然、ゆったりとしたものになる。
もちろん本書は、サスペンス的な部分をメインに押し出した作品ではない。犯罪加害者とその家族のあり方を丁寧に描きだすことで、人間を緻密に描いていく作品だ。それは分かっていてもやはり、物語にもう一つ軸が欲しかったように思えてしまう。本筋である翼の事件は進展しないままであるのは良いとして、それとは別にもう一つ筋を用意して、そちらで何か進展がある、という構成に出来れば、読者をより引きこませることが出来るのかな、という印象を受けました。

物語の中盤の展開はゆったりしたものではありますが、色んなことを深く考えさせられる物語でもあります。加害者、そして加害者家族はどうあるべきなのかという、誰も正解を持つことが出来ない問いを突きつけられ、子供を持つ親であれば、自分だったらどうするだろうかという視点を様々な場面で感じることでしょう。僕は結婚もしていないし子供もいないので、正直「自分だったらどうだろう?」という感覚にはまったくならないけれども、やっぱり、罪を犯した人間はどうあるべきなのか、ということは考えさせられました。
僕は、自分が加害者だったら、という想像を、犯罪を犯す前にしてしまう人間です。で、どう考えてもめんどくさい。加害者としてこうあらねばならないだろう、という想像があまりにもめんどくさすぎて、それが僕の犯罪の抑止力になっています。もちろん、「将来のめんどくささ」よりも、「現実の辛さ・めんどくささ」が上回れば、犯罪を犯すこともあるかもしれません。でも、「犯罪を犯した場合のめんどくささ(想像)」は、相当にめんどくさいので、たぶん僕は酷い犯罪を犯すことはないでしょう。
しかし、翼の立場に立たされたら?
今の僕が、翼と同じ状況に立たされても、恐らく大丈夫でしょう。うまく逃げたり、適当にやり過ごしたり出来るでしょう。しかし、翼と同じ年齢の頃だったら?ちょっと自信はありません。僕はこういう時、自分が運が良かったのだな、と感じます。僕は、誰もが加害者にも被害者にもなりうる可能性がある、と思っています。僕は、運良くそういう落とし穴にはまらずに済んだのだな、と。
「反省」というものについても考えさせられます。吉永は終盤で翼に、「今ならはっきり言えるが、お前の方が悪い」と言います。確かに、吉永が言っていることも理解できるし、理屈ではその通りだと思います。
でも、本当にそうなのかな、と考えてしまいます。翼の処遇を決定する家庭裁判所での審判の前に、翼が吉永に語ったこと。僕はその叫びが、何だか凄く分かるような気がするのです。翼のことが絶対的に正しいとは思わないけれども、吉永の意見より絶対に正しいとも言えないよな、と。翼のその身体感覚は、もう少し理解されてもいいのではないか、大人がそれを受け入れる余地を持ってもいいのではないか。そんな風に感じてしまいました。
本書で描かれるのは、たくさんの「正解のない問い」だ。その状況に陥った人間の数だけ正解があり、不正解がある。ごく普通に生きている人には、一生突きつけられることのない問い。しかし僕らは、その「普通」がいつ裂けてしまってもおかしくない世の中に生きている。それに、擬似的にでもこの「正解のない問い」について考えることが、世の中をより成熟させることになるかもしれない。そんなことを思わされる作品だった。

薬丸岳「Aではない君と」


スポンサーサイト

「心が叫びたがってるんだ。」を観に行ってきました

僕は、ずっと嘘つきだった。

子供の頃、僕は、周りから「なんか違う」と思われることを、異常なまでに恐れていた。と思う。あんまりちゃんと憶えてないけど。でも、自分の話をするのが怖かったのは憶えている。何か話をして、「それって変じゃね?」と思われるのが、もの凄く怖かった。普通じゃない、ということを恐れていた。周囲との会話の中で、間違ったことを言いたくなかった。

自分が発言する時は、周りの会話から、世間一般の「普通」を理解できた気分になれてからにした。そうじゃない時は、曖昧な返事をした。「普通」を理解できた気になれた時は、そこから大きく外れていない答えを返した。それが、実際の自分とかけ離れていても。

でも僕は、嘘をつくのは嫌だった。

今でも、嘘をつくことは好きじゃない。いつの頃からそう思うようになったのか、ちゃんと憶えてないけど、僕はどうも、言葉に誠実でありたい、と思っているようだ。何かを偽って、自分の言葉を汚したくない、そんな風に思っている。だから、なるべく嘘はつきたきない。

だから僕は、「ホントウ」を無くすことに決めた。

嘘になるのは、「ホントウ」があるからだ。自分の中に「ホントウ」があるから、それとは違ったことを言ったりやったりすれば嘘になる。僕は、嘘つきとしてしか生きていけなかった臆病者だけど、嘘をつきたくなかった。

だから僕は、自分の中から「ホントウ」を無くした。

やりたいことも、食べたいものも、言いたいことも、将来の夢も、全部ない。僕はいつしか、そういう人間になっていた。意識的に、そういう人間を目指した。そういう人間になる以外、自分を保つ方法が無かったのだと思う。

僕は、ほとんどの場面で、そんな風に生きてきた。もちろん、完全に「ホントウ」を捨てられるわけじゃない。たまには、自分の内側に「ホントウ」が生まれることもあった。でも、そういう時、僕は怖くなった。この「ホントウ」を持ったままじゃ、僕は嘘つきではいられない。この「ホントウ」を、出来るだけ早く手放さなくちゃ。結局、湧き上がった「ホントウ」を、どうにか理屈をつけて手放してきた。

そうやって僕は、「嘘をつかない嘘つき」になった。

『喋りはするけど、思ったこととか本音とか、そういうことを言わないクセがついちゃってた。そのうち自分には、本当に言いたいことなんてないんじゃないかって、そんな風に思えてきた』

主人公の一人はある場面でそう語る。

僕もまったく同じ。僕は、よく喋る人間だ。嘘つきだから、誰とでも喋れる。ずっと喋っていられる。喋りたいことなんて特にないんだけど、それでも喋る。嘘ばっかり並べて。

他人といる時の僕は、常に嘘つきだ。そんな風に僕は自分のことを捉えている。自分一人で、誰とも喋らず、喋りたいことも別にない、そんな自分が一番自分っぽい気がしている。

僕は、自分を良い人に見せるのが得意だ。たぶんそれは、相手が望んでいる言葉を口から出すことが出来るからだと思う。僕には「ホントウ」がないから、どんな感情でも理屈をつけて自分の口から出すことが出来る。そしてその言葉は時々、相手の心に刺さるようだ。僕が思っている以上に、僕の言葉に感銘を受けてくれているような気がする場面は、以前よりずっと増えてきた。

そんな場面に出くわす度に、僕は、自分が嘘つきであることを自覚する。相手が僕の言葉に感心してくれればくれるほど、僕の嘘つきである自分の輪郭が濃くなっていく。

『いないと困るの!私のお喋りのせいじゃなかったら、何のせいにすればいいの!』

もしかしたらこのセリフは、僕の心の中に僅かに残っている「ホントウ」の叫びかもしれない、と思った。僕は、自分の言葉を嘘にしないために、「ホントウ」を捨てた。「ホントウ」が自分の内側にない、ということにしないと、僕は困る。「ホントウ」が内側にあれば、僕の言葉は嘘になってしまうのだから。僕は嘘つきには、なりたくない。

この映画を見て、僕は、自分の「ホントウ」を取り戻したいと思った。

でもそれは、もの凄く怖い。今までの自分を全部捨てなくちゃいけない。いや、そうじゃないか。「ホントウ」を取り戻すことで、今までの自分を「本物の嘘つき」にしなくちゃいけない。それが怖い。僕は、嘘つきにはなりたくない。たとえそれが過去の自分でも、僕は僕を嘘つきにはしたくない。でも、過去の自分を「本物の嘘つき」にしなければ、きっと、僕は「ホントウ」を取り戻せないような気がする。

僕に出来るだろうか?
成瀬に出来たことが、僕にも出来るだろうか?
僕にも、成瀬に起こったような奇跡が、起こるだろうか?

成瀬順は、子供の頃、とてもお喋りだった。母親からも、順は口から生まれたみたいだね、と言われるほどだった。しかし、成瀬は、そのお喋りのせいで、大切な大切なものを失うことになる。
卵と契約して、成瀬は、言葉を失った。
高校生になった成瀬は、まったく喋らない子になっていた。クラスメートの誰もが、成瀬の声を聞いたことがなかった。
そんなある日、成瀬は、他のクラスメート3人とともに、勝手に「地域ふれあい交流会」の実行委員にさせられてしまう。必死で担任に抗議するが、柳に風。
しかしそこで、成瀬は、クラスメートの坂上拓美の音
楽を聞く。その歌詞が、成瀬の心を覗き見しているように思われて、成瀬は必死に坂上を神社に連れだして、メールで会話を続ける。
大切なものを失った時から、卵との契約までの話を。
喋ると腹痛になる成瀬は、歌だと大丈夫だということに気づく。ふれあい交流会ではミュージカルをやるかもしれない。そんな流れになったこともあって、成瀬は、「自分が本当に伝えたいこと」を音楽に乗せて伝えるようなミュージカルの脚本を書き始め…。

初めは、極端過ぎる設定だと思った。

成瀬のように他人と喋れない女の子というのは、現実に存在するだろうと思う。しかし、それが映像、特にリアルな学校生活を舞台にしたアニメという世界の中では、ちょっと浮きすぎたキャラクターのように感じられたのだ。

物語は、よくある過程を経る。喋れない成瀬が喋れるようになっていくんだろうな、と思わせる過程を描いていく。そこまでは順当だ。

しかし、このアニメで面白いと思ったのは、喋れない成瀬の存在が、「普通に喋れる」他の人間に影響を与えていくことだ。

もちろん、そうでなくちゃ物語はうまく進んでいかないだろう。しかし、その過程が巧く描かれていると僕は感じた。

『つまんない自分に納得してたんだ。誰かとぶつかるのも面倒だし、本気で喋るのも嫌だし。でも、喋ったら腹痛くなるくせにみんなのために必死で喋ろうとする成瀬見てるとさ、そんな自分のことが嫌になってきてさ』

『でも、成瀬は、喋らないけど、本当に言いたいことがある』

「喋らないけど伝えたいことがある人間」と、「喋るけど伝えたいことはない人間」の対比が、後半実に巧く描かれていく。喋らない成瀬は、喋らないという方法で、周りの人間に大事なこと、つまり、「自分には本当に伝えたいことがあるのか?」という問いを突き付けていく。

僕は、坂上みたいに「喋るけど伝えたいことはない人間」だ。適当に周りに合わせて、嘘つきにならないために「ホントウ」を捨てたバケモノだ。しかし僕にも、成瀬的な部分もある。

このブログだ。

このブログは、たぶん、僕に「ホントウ」があるとして、その「ホントウ」に一番近いのかもしれない、と思う。喋ると僕は、嘘ばかりつく。でも、文章でなら、文章を書く瞬間だけ、僕は「ホントウ」を微かに掴むことが出来るような気がする。

『一度出しちゃった言葉は、どうやったって取り戻せないんだから』

『言葉は誰かを傷つけるものなんだから!』

成瀬は、喋ることで誰かを傷つけてしまう恐怖をずっと持っている。過去のトラウマが、成瀬を呪縛する。だから、軽々しく、誰かを傷つける言葉を口にすることを嫌う。

だから成瀬は、誰かを傷つける言葉を口にする時、自分自身をも傷つけている。そうでなければならないと思っている。

『俺、お前と会えて嬉しいよ。だって俺、お前の言葉で嬉しくなったから』

成瀬は、言葉の力を知る。言葉が、傷つけるためだけのものじゃないと知る。言葉が届くと、何が起こるのかを知る。言葉が届いても、なお届かない気持ちがあることを知る。それでも、届けた言葉が誰かを幸せにすることを知る。

全部、初めて知る。
言葉を失ったままだったら知り得なかったたくさんのことを、成瀬は知る。

僕は映画を見ながら、僕の知り合いの一人と成瀬を重ねあわせていた。その子は、成瀬のように喋らないわけじゃない。むしろ、表面的に付き合う分には、よく喋る女の子だ。しかし、たぶんその子は、僕と同じような病気に罹っている。喋ることで、自分の内側まで他人を入り込ませないような、そんな防御として言葉を使っている印象のある女の子だった。

その子と成瀬の外見がかなり近かったこともあって、もしその子が成瀬のように喋らない女の子だったら、成瀬のようだっただろうなぁ、と思いながら観ていた。僕は、言葉で、その子の内側まで近寄りたかったのだけど、結果的にそれはうまく行かなかったみたいだ。その子の内側の奥底に、どんな言葉が眠っているのか、未だに知りたいと思っている。なかなかままならなくなってしまったのだけど。

成瀬と坂上のやりとりをベースにして、「ふれあい交流会」の主軸メンバーを中心に人間関係が描かれていく。ミュージカルの話だけではなくて、腕を骨折した野球部員で交流会の実行委員でもある田崎の野球部での物語、同じく実行委員でチアリーダーの部長でもある仁藤の過去の物語も描かれていく。四人の物語が絡み合って、最初はほとんど誰もやる気がなかったミュージカルという初挑戦の演目を、必死でやりきっていく。

成瀬という、喋らないくせに感情がダイレクトに伝わる主人公をメインに据えることで、場面場面での物語の色がはっきりと伝わる。多くの登場人物が、今時の若者らしく、何を考えているのかよくわからない、はっきりしない感じで描かれるのとは実に対照的で、喋らないキャラクターが最も雄弁、という描かれ方は非常に面白い。主役ではないが、場面場面で全体の空気を変えるキャラクターも、学園ものっぽい雰囲気を付け足していて良いと思った。

『ぜんぶお前のせいじゃないか』

僕は、自分を縛り付けている縄の存在をようやく認識出来た。成瀬と同じだ。「ホントウ」を捨てたバケモノである自分を、変えるきっかけになれたらいいな。

「心が叫びたがってるんだ。」を観に行ってきました

追記)
全然知らなかったのだけど、エンディングの曲が乃木坂46だった。つい最近、「悲しみの忘れ方」の二度目を見たばかりだし、どうも乃木坂46は、僕の人生の要所要所で僕に影響を与えるなぁ。エンディング曲の歌詞を聞いてたら、内容に合わせてるから当然なんだろうけど、自分のことを歌われているような気がしました。

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました
「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました(二度目)

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました(二度目)






5月。僕はとても大きなチャンスをもらった。

『私はここまで、運だけで来てしまいました』

生駒はある場面で、舞台の観客に対してそうさらけ出す。

この時の生駒の言葉が、僕にはとてもよく分かる。僕も、この大きなチャンスに至るまで、運だけで来てしまったと思っている。とても、自分の実力だなんて思えない。うまくやっていけるわけがない。そんな風に思っていた。
だから、そのチャンスから逃げようと思っていた。

僕は人生で、ずっと逃げ続けてきた。少しでも嫌なことがあれば逃げたし、嫌なことが起こりそうな予感を感じただけで逃げていた。逃げることは僕にとって日常的なことだったし、生きる術でもあった。

色んな理由があって、僕はこのチャンスを掴んでみることにした。不安しかなかったけど、踏み出してみることにした。

たぶんこの時はまだ、乃木坂46のことは、よく知らなかったと思う。

7月。「悲しみの忘れ方」を映画館で見た(その時に書いた感想 http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2884.html)。「乃木坂ってどこ?」という番組で紹介があったからだ。その時点で僕にとって、乃木坂46は「乃木坂ってどこ?」っていう番組に出ている人でしかなかった。顔と名前もイマイチ一致していなかった。AKBの公式ライバルということさえ、もしかしたら知らなかったかもしれない。それでも僕にとって、乃木坂46というのは、なんとなく気になる存在だった。「乃木坂ってどこ?」っていう番組でしかその存在を知らない人たちだったけど、その番組を通じてなんとなく、彼女たちの抱えているものが透けて見えたのかもしれない。

「悲しみの忘れ方」を見たあと僕は、それまでで一番長い映画評を書いた。僕自身が、違う世界へと飛び込んでいこうとしている、まさにそのタイミングだったからかもしれない。ネガティブで、マイナス思考で、自信のない少女たちが、震えながら人前に立つその姿に、僕はとても勇気をもらった。なんだか頑張れるかもしれない。そんな風にも思えた。

数日前。僕は縁のない土地へと引っ越してきた。その新しいチャンスのスタートとなる地だ。知り合いはほとんどいない。馴染みがあるわけでもない。なんとなく、SNSも止めようという決心をしている。これから、今までの僕の人生とはまるで違う生活が、たぶん始まる。

不安だ、と、ここに来る前言い続けてきた。不安しかない、と。何を期待されているのかも分からなかったし、その期待に自分が応えられる気もしなかった。たぶんダメだろう。たぶんダメだろう。考え始めると深みにはまるので、あまり考えないように意識してきたけど、やっぱり僕は不安で仕方なかった。

昨日。部屋を片付けるために何度も100円ショップへと往復していた時、通りがかった映画館で「悲しみの忘れ方」が演っていることに気づいた。いいタイミングかもしれない、と思った。一度見た映画をもう一度映画館で見た経験はない。けれど、今、まさに今、僕はこの映画を、もう一度見るべきかもしれない、と思った。DVDが出たら絶対に買おうと思ってたけど、映画館で見れるチャンスがあるなら、もう一度観よう、と。

そして今日。僕は二度目の「悲しみの忘れ方」を観た。

僕は、たぶん頑張れる、と思った。

逃げたくなる時は、たぶんまた来るだろう。頻繁に来るかもしれない。でも、その度にこの映画のことを思い出そう。DVDを手に入れていれば繰り返し観よう。ネガティブで、マイナス思考で、自信がない少女たちが、震えながら頑張っている。弱いところを全部さらして、嫌いだった過去の自分に取り込まれそうになって、そうやって、どっちが前なのかも分からない道を進み続けている彼女たちの姿を、何度も思い出そう。

今も、乃木坂46のことは詳しくない。未だに、名前と顔がちゃんと一致しないメンバーの方が多いと思う。でも僕は、僕の人生の救いになってくれた彼女たちのことを、もっと好きになろうと思う。



僕は、陰のある人が好きだ。嫌になるような過去を持っていたり、無闇に未来を悲観したり、死にたくなったり、わけもなく嫌になったり。そういう人に、どうも惹かれてしまう。

乃木坂46は、グループ全体に陰がある。僕は、「乃木坂46が気になる」と言うと「誰が好きなの?」と聞かれるが、正直、誰か一人が好きという感覚はない。乃木坂46全体の雰囲気が、とても好きなのだと思う。

乃木坂46は、マイナスの部分を「陰」として持っている。芸能人の中には、マイナスな部分を敢えて表に出すことで注目を浴びようとする者もいるだろうけど、乃木坂46はそうではないように思える。ドキュメンタリー映画を観ることで、僕は初めて、彼女たちの「陰」の部分を知ったが、そういう部分は普段は表に出てこない。

しかし、やはり素の部分がマイナスなので、ふとした瞬間にそういう「陰」の部分が露わになることがある。たぶんそういう瞬間を僕は、「乃木坂ってどこ?」っていう番組の中で感じ取っていたのだろうと思う。

他のアイドルのことは分からないけど、そういう、マイナスをマイナスとして持っていて、それが全体の中で否定されない、というのは、とても珍しいことのように思う。「悲しみの忘れ方」の中で主に取り上げられる5人のメンバーはほとんど全員マイナス思考。乃木坂46のリーダーである桜井玲香は映画の中で、乃木坂46のメンバーは全体的にマイナス思考で目立つことが嫌いで自信がない、と発言している。

映画は、全体的に、とても暗いトーンで描かれていく。「アイドルらしさ」というものが共通の概念として存在しうるなら、この映画は「アイドルらしさ」からはかけ離れていると思う。アイドルという存在が、現代日本においてどんな風な存在として捉えられているのか、その辺はよく知らないけど、「みんなの理想を体現する」という意味で言えば、乃木坂46の映画にそれはない。

この、暗いトーンのドキュメンタリー映画という方向性がいつ決まったのか、それはよく分からないし、その方向性が決まった後で、メンバーたちのマイナスな発言が主に切り取られるような編集をされているかもしれない。彼女たちは本当はもの凄くポジティブな発言をたくさんしているんだけど、そういう部分は見せないまま、僅かなネガティブな部分を見させられている可能性もあるだろうとは思う。僕は彼女たちのことは直接には知らないから、それは確かめようがない。でも、たとえそうだとしても、別に僕は構わない。

乃木坂46に受かったことを「ヤバイことになってしまった」と捉える彼女たち。常に自信のなさを透かす彼女たち。自分の過去を切り捨てたいと思っている彼女たち。その姿は、「陽」の力で元気を与えるアイドル像とはかけ離れている。けど、彼女たちが抱える「陰」の部分が、僕の救いになる。

彼女たちは、結果的に強くなった。強くなければ生き残れない世界に、様々な理由で飛び込んでしまったからだ。しかし、初めから強かったわけじゃない。初めは弱かった。弱いまま、恐ろしいところに突然放り込まれた。弱い部分は、今でも残っている。ずっと消えることはないだろう。それでも、強くなっていった。その過程が、僕の心を打つ。僕もいずれ、あんな風に強くなれるかもしれない、という希望を持つことが出来る。何も出来ないけれど、何か出来る自分になれるかもしれないと思うことが出来る。そういう力が、乃木坂46という存在にはある。

前回、内容についてかなり具体的に書いたので、今回は抽象的なことをたくさん書こうと思って文章を書いてるけど、生駒里奈については書きたいなと思う。

生駒里奈は、物語を持っている。

学生時代はいじめられ、中学時代仲の良かった友達と高校が別になってしまうから進学に興味がなくなる。乃木坂46のオーディションで最初に名前を呼ばれたのは、生駒だった。ファーストシングルでいきなりセンターになり、それからしばらくセンターをやり続ける。本人は、センター向けの性格ではないと自覚しながらも、与えられた役割を必死にこなそうとする。自分は乃木坂46にいるべきではないと泣き言を言うメンバーと全力でぶつかり合う。初めてセンターから外れた瞬間、後ろに倒れ、その後センターの重圧から解放されたことにはしゃぎまわる。AKB48との兼任を打診され、メンバーやファンの複雑な心境を理解しながらも一人でそれを受諾する決断をする。

生駒里奈は、顔が特別可愛いわけでも、スタイルが良いわけでも、何か特技があるわけでもない。「私は何も出来ない」というのは、生駒の本心だろうと思う。舞台のオーディションで、センターを張っているのに観客から選んでもらえないことを悔やむ場面もある。しかし生駒は、何もないところから全力以上を出しきり、乃木坂46の屋台骨になっていく。その小さな身体で、多くのことを背負いながら、がむしゃらに突き進んでいく。その姿には、打たれるものがある。

生駒は映画の中で、「お芝居とか歌みたいな芸事を仕事にしたくて、乃木坂46のオーディションを受けた」と明かしている。これは、雑誌のインタビューなんかでは恥ずかしくて喋ったことがないことのようだ。「もう夢は叶えているんですよね」という呟きは、どういう意味を持つ言葉なのかはっきりはしないものの、印象的な言葉だった。

映画の中で描かれる人物でもう一人気になるのが、西野七瀬だ。

西野は、感情の表出の仕方が面白いと思う。乃木坂46の中でも、恐らくトップクラスに人見知りで、マイナス思考で、自信がないのではないかと思う。映画の中でも西野は何度も泣いていたが、恐らくもっともっと泣いているのだろう。

しかし西野は、一方でとても強い。強いというか、感情がはっきりしている。西野は、言葉を多く費やさないが、短い言葉でスパっと自分の感情を切り取る。そこだけ見ると、西野は、迷いのない人間に思える。

「怒りですか?怒ってましたよ、みんな。怒ってなかった人なんていたのかなぁ、あの時」 松村の不祥事が発覚した時の気持ちを聞かれて、西野はこう答える。

「部屋にいても不安になるだけ。仕事さえ出来ればいい」 友達のいない東京で一人奮闘する娘に、大阪に帰ってくればと声を掛けた時の西野の反応だ。

西野は強い。しかしその強さは、自分の弱さをしっかりと理解しているからこその強さだ。弱さを塗りつぶすための強さだ。西野の感情の表出の仕方は、とても好感が持てる。

僕はたぶん元々、乃木坂46というグループの「陰」を、どこかしらかから感じ取っていたはずだ。だからこそ、自分でもよくわからないまま、乃木坂46というグループに興味が湧いた。そして、ドキュメンタリー映画を観ることで、その僕の感覚に背景がついた。根拠が生まれた。僕はこれからも、彼女たちの笑顔の裏に「陰」を見るだろう。そうやって僕は、また少しずつ、乃木坂46に惹かれていくのだろう。僕は、乃木坂46の番組が映らない土地にやってきてしまった。しかしどうにかして、彼女たちの姿を、これからも追っていきたいと思う。


「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました(二度目)

「天空の蜂」を観に行きました

1995年8月8日。その日錦重工業の湯原は、自らが開発者として携わったヘリ「CH-50J(通称:ビッグB)」の納入式に家族を連れてきていた。日本初の、コンピュータによる自動制御が搭載された自衛隊用ヘリだ。この5年間、湯原は開発のことばかりに関わっていて家庭を顧みず、妻と息子との関係は冷えきっている。湯原は、技術者としてこの開発に携わったことに誇りを持つ一方で、「俺が良い父親になれる可能性はゼロだ」と、自身の父親としてのあり方をばっさりと切り捨てる。
納入式を待つ湯原は、信じられない光景を目にすることになる。なんと、式典会場に置かれていたはずのビッグBが動いており、さらになんと、息子の高彦が中に乗っているのだ。あと一歩のところで息子を下ろすことが出来なかった湯原は嘆きつつも、何故こんなことが起こったのだと呆然としている。
ビッグBが向かった先は、考えうる限り最悪の場所だった。
福井県敦賀市にある、高速増殖原型炉<新陽>。その原子炉の真上に、ビッグBはホバリングしているのだ。

『日本の原発を、全て破棄せよ。従わなければ、大量の爆発物を積んだビッグBを原子炉に墜落させる。燃料が無くなるまで、あと8時間。貴方がたの賢明な決断に期待する。 ””天空の蜂』

”天空の蜂”を名乗る人物からのFAXに、日本中は大混乱に陥る。<新陽>の原子炉がもし破壊されれば、原子炉を中心に半径250kmの範囲を、向こう数百年捨てなければならないかもしれない。さらにビッグBには、湯原の息子・高彦が乗ったままだ。警察は、自衛隊は、技術者は、刑事は、国は、そして国民は…この国を、救うことが出来るのだろうか?

というような話です。

とんでもない映画でした。これは、全日本人が観た方がいい映画だと思いました。

なんて書くと、小難しかったり、社会派っぽすぎたりするのかなと思わせるかもしれませんが、そんなことはありません。まずこの映画は、エンタメ作品としてメチャクチャ面白く観ることが出来ます。
物語の設定だけでも、この物語の凄さは少しは伝わるのではないかと思います。乗っ取られたヘリが、稼働中の原子炉の上にあり、落ちれば日本の息の根が止まる可能性がある。僕らは、9.11の記憶を持っているので、現実にありえないことが起こることを知っているわけですが、しかしこれほどまでにスケールの大きなテロは、物語の中でさえそうそう見つけることは難しいでしょう。
さらに物語を緊迫させるのが、8時間というリミット。もちろん物語的に、過去の回想などもあるので、厳密に8時間の出来事だけを追った物語ではないのだけど、主軸となる物語はたったの8時間の出来事です。この8時間で、日本の未来が決すると言っても過言ではない。緊迫感は否が応でも高まっていきます。
さらに、エンタメ作品として観た場合、高彦君の救助作戦はまさに圧巻と言っていいでしょう。具体的には書きませんが、とんでもない作戦が展開されます。作中で、自衛隊では前代未聞の作戦と語られますが、そりゃあそうだろうと言う感じがします。犯人の出した要求をすべて満たした上で展開できる唯一の作戦が採用されたわけですが、もう無茶苦茶です。何度も、あぁもうこれはダメだ、って思いました。
原作を読んだのは大分昔なので、詳しいことは覚えていませんが、この救助作戦は映画でもほとんど同じ形で描かれていると思いました。ただ、少なくともこの救助シーンに関しては、小説よりも映画の方が圧倒的に緊迫感があります。文字ではなかなかイメージしにくかった救助作戦(自衛隊でさえ前代未聞の作戦なんだから、無理もないですね)を、映像でバーンと見せられると、その凄まじさに息を飲みます。
この救助作戦を観て、(現実の世界でこれと同じ作戦をしたわけではないということは当然分かっているのだけど)、「自衛隊って凄いな」と感じました。隊員にしても、訓練もなしでいきなり現場に突っ込まれるわけで、「無理です!」と音を上げます。でも、彼らはそれをやり遂げます。自衛隊の活躍が大々的に報じられる機会が時々ありますが、自衛隊員がどんな気持ちでその任務に従事しているのか、そういう部分まで踏み込んで想像してみる機会はそうありません。この映画で、自衛隊員のその無尽蔵の使命感みたいなものが大きく描かれていて、様々な議論にさらされる自衛隊という組織の凄まじさを感じました。この「自衛隊の使命感」は、物語のラストにも繋がっていく部分で、このラストがまたいいんです、ホント。映画の中で扱ったすべてのテーマを一箇所に凝縮したかのようなラストは、この壮大過ぎて収めどころに迷う物語を「個人の物語」として閉じるのに非常に大きな役割を果たしていると感じました。
また、スペクタクル的な側面ではありませんが、物語に色を添えるという意味では、刑事二人による捜査のパートは結構好きです。若手と古株のコンビが、ヘリのハイジャック犯を追い詰めるわけなんですけど、若い方の刑事がいい味を出してるし、コンビを組む古株の柄本明とのコンビは絶妙です。「これが俺たちの仕事だ!」と古株が若手に怒鳴る場面があります。若手には、自分のやっていることが犯人に結びつくとは思えず投げやりになりそうになるのですが、それを古株が一喝するのです。終始泥臭さの中で手探りで犯人を追うこのパートは、物語の全体の緩急という意味でも重要ではないかと思いました(他のパートは大体ずっと緊迫しているので)。ついに犯人と思しき人物の名前が判明する場面では、(その瞬間には分からなかったのだけど、後から考えて)なるほどだから古株はそいつを犯人だと思えたのかと思えるようなちょっとした仕掛けもあるし、それが結局”蜂”というコードネームの背景にあるものとも繋がっていくわけで、うまく出来てるなぁ、と思うわけです。
さて、この映画は、家族の物語でもあります。
物語の主役級の人物として、ビッグBの開発者である湯原と、<新陽>の対策本部に常駐することになる、<新陽>の設計担当者である三島が出てくるが、この二人は同期であり、そして、共に家族との難しい関わりを抱えている。
湯原は、上空800mのビッグBに息子が囚われているという状況の中で初めて、「自分にとって大切なもの」の存在に気づく。

『あなたは、自分が100%の責任を負えないものからは、逃げるのよ』

湯原は妻に、そう言及される。湯原には、そう言われる心当たりがあり、そのことに三島も関わっている。同期でありながら、今ひとつ協力体制を作れないでいる二人だが、三島は湯原に、「家族を守れない人間に、父親の資格はない」と厳しいことを言う。

『家族って、血を流してのたうち回って、ようやく手に入れられるものなのよ』

湯原は、ビッグBの開発にかまけて、ただ言い訳を続けてきただけの人生に気付かされる。

『俺は、俺なりのやり方で家族を守ろうとしてきたつもりだ。でも、俺には想像力が足りなかった』

物語の序盤で、ほとんど壊れかけていた家族が、この不幸な事件をきっかけとして立ち直っていく。息子のことをまるで知らなかった自分にも、息子の声をまるで聞こうとしていなかった自分にも気付き、湯原は、技術者として、そして何よりも一人の父親として、この壮大な事件に立ち向かっていく。
三島の物語を描くのはなかなか難しい。何故ならそれは、何故三島が<新陽>の対策本部にいるのかに関わってくるからだ。三島は<新陽>の設計者であって、保守運転を行う技術者ではない。必ずしも現場に必要な人間なわけではない。湯原も、同じ疑問を持ったのだろう。三島にこんな風に尋ねている。

『今日はどうしてここに来たんだ?思い出したからじゃないのか、あの日のことを』

三島は、「当たり前のことをしただけだ」と流すが、三島の、家族に対する様々な葛藤が、この物語の背景にしっかりと横たわっている。
二人の”父親”は、共に技術者として現場で存在感を持つ。しかし、様々な隙間で、この二人の家族の物語が見え隠れし、それが物語を大きく動かしていくことになる。三島はある場面で、「今日気づいたならいいじゃないか」と湯原に言葉を返すが、それは、「気づけなかった自分」を責める言葉でもある。他にも、三島が湯原に発した様々な言葉が、実は、ブーメランのように三島に返ってくるように感じられる場面が多々あった。共に技術者であり父親でもあるこの両者が、物語にどう関わっていくのかも見どころだ。

そしてこの映画は、僕らが生きる社会を、そして僕ら自身をも容赦なく抉り取っていく物語でもある。
この物語の本質的なテーマは「原発」だ。原発の存在抜きに、この映画を語ることは不可能だ。
原発というのは、実に複雑な存在だ。誰がどこから観るのか、どんな経験を経て今何をしているのか。そういう様々な要素が、原発という万華鏡のような存在を様々な姿に見せていく。
僕らはその事実を、3.11の震災の時に嫌というほど思い知った。思い知ったはずだ。僕らは、「安全だ」と言われ続けていた原発が安全ではないことを知り、「放射能」という目に見えないものに怯え、原発がなければ電力が足りなくなると言われながら、原発が稼働しない世界を生きた。東北で震災を直に経験した人や、全国各地の原発周辺に住んでいる人などは、さらに多くの原発の側面を知ることになっただろう。
この映画の原作は、今から20年も前に描かれた。
20年前。原発はどんな存在だっただろう?僕はまだ小学生だったと思うので、原発というものの存在を知っていたかも怪しい(原発のある県に住んでいたわけでもないので)。原発の反対派は当時から活動をしていただろうけど、どうなのだろう、今ほど(3.11の震災後の現在ほど)には、原発の怖さを啓蒙することは出来ていなかっただろうと思う。原発建設による交付金で潤った県はその恩恵を受け、そこで作られた電気で東京の人々は生活を続けいた。
そんな20年前に、この物語は描かれた。
こんな表現は正直したくはないのだけど、東野圭吾は20年も前に、まるで”予言”でもするかのように、原発の未来を、原発が内包する悲惨な未来を、作家的想像力で以って透視していたかのようだ。僕らが、3.11で思い知ることになった原発の様々な側面を、その圧倒的なリーダビリティを持つ物語の中で様々に描き出していた。

一つ書いておく。この映画は、原発のどんな立場にも与していないと僕は感じる。そういう意味で「主張」がある物語ではない。何か特定の「主張」をするのではなく、原発という万華鏡のありとあらゆる側面を見せようとしていると感じる。もちろん、この映画一本で、原発のすべての側面を描ききることが出来るわけではない。しかし、エンタメ映画という、楽しんで観ることが出来る娯楽作品に、これだけ様々な姿を織り込んで、原発というものの有り様を映し出そうとしているところに、この映画を作った人達の矜持のようなものを感じる。表現に従事するものは恐らく、何か表現する際に「3.11」を避けて通れないと感じることが多いのではないかと思う。この映画は、直接的に3.11を描く作品ではないが、3.11の震災が露わにしたものを描き出しているという点で同一直線上にあると感じられる。そういう物語に、表現者としての矜持を感じる。

原発を持つ県民は、原発を、金を落としてくれる存在として、息子を奪う存在として、ただ単に働く場所として、そういう様々な風に見る。地元民の話はそこまで深く描かれることはないのけど、「プルトニウムで飯を食ってる人間」や「床に這いつくばって掃除している」など、物語のところどころで地元と原発の関わりが描かれる。原発を持つ県であるが故に当然、原発関連の仕事をする人間も多い。それがさらに、県民の原発を見る視線を複雑にする。

国は、原発を、どんなことがあっても停めることが出来ない存在と見る。

『避難なんてさせるな。安全性を否定することになるだろうが』
『六ケ所村もようやく着工にこぎつけたところだ。こんなことで蒸し返されたくない』
『(<新陽>の所長に向かって)聞かれたことに技術者として答えていればいいんだ』
『(テレビで)要求には従えないというのが政府の見解です』
『(テレビで)放射性物質が放出されることはありません』

震災時、震災後、果てしなく繰り返された言葉が、この映画の中にも登場する。国の結論は、一つだ。原発政策はなくせないし、原発も廃炉には出来ない。
僕自身は、「原発という技術」に対してはある程度以上の信頼感を持っている。もちろん、科学に絶対はないから、「100%の安全」はありえない。けれども、日本の技術レベルをもってすれば、相当安全度の高い原発を維持することは出来るのだろうと思う。
僕が認められないのは、「原発に関わる、技術者以外の人間」だ。彼らが、「かなり安全な原発」を「全然安全ではない代物」に変えている張本人だと僕は思っている。
いくつか本を読んだだけだから、あくまでも印象に過ぎないけど、今の日本の原発政策では、「安全な原発」を維持することは無理だと思う。技術の問題でも、技術者の問題でもない。技術者以外の人の問題だ。それは、この映画に時折登場する政府筋の人間の言動を見ているだけでも大体理解できる。

『人命より、電気の方が大事なんだ』

この映画は1995年の物語だが、2011年以降、僕らはこのことを如実に思い知らされることになる。3.11で、原発の安全性は崩れた。そして、国が、人の命を蔑ろにしてでも原発政策を進めていこうとしている姿を、僕らは見続けてきた。
彼ら、国の人間の発言には、恐ろしいものを感じさせます。同じ言語を使っているとは思えないほどに。

技術者は、原発を、どうあっても守るべき存在と見る。国の政策がどうなどということとは関係なしに、彼らは技術者の誇りとして、矜持として、また、未来を創っているのだという自負として日々の業務に携わっているし、そういうものの結晶として彼らにとっての原発は存在する。
技術者は、無責任な政府の人間らとはまた違った形で、原発の安全性を疑わない。彼らは、技術的、理論的根拠をもって、原発はどんな事態であってもトラブルを回避しうると信じている。
彼らのその信念を、僕は否定しない。少なくとも、1995年にいる彼ら技術者のことは、否定しない。
しかし僕らは、2015年の世界に生きている。僕らはもう、「原発が絶対安全なわけではないこと」を知ってしまった。技術者は繰り返し、ビッグBが落ちてきた時の対応について語り、「放射能漏れが起こることはない」と言う。安全である、と。しかし、技術者がそういえば言うほど、2015年にいる僕らは、残念な気持ちになる。1995年の彼らには想像しえない現実が、ありとあらゆる想定を飛び越えた事態が起こりうることを、僕らは知ってしまっている。だから、僕は、1995年の技術者の”自信”を垣間見る度に悲しい気持ちになる。
しかし、技術者の矜持は、凄まじいものがある。特に所長のあり方には強い感動を覚える。福島原発事故の際、自らの命をかなぐり捨ててまで現場で指揮を執り続けた吉田所長のノンフィクションを読んだことがあるのだけど、<新陽>の所長のあり様に、吉田所長の姿が重なった。

『原発の安全性を信じるということは、ここで働く人間を信じるということなんです』
『そういう意味で、我々は負けたのかもしれません。しかし、負けて守れるものがあるのなら、私は喜んで負けます』

原発というのは、最先端技術と国の政策のまさに汽水域に存在する。技術だけでも、政策だけでも成り立たない。しかし、何かあれば、どうしても政策の方が強くなる。技術が軽視される。そういう現実を、この所長は何度も飲み込んできたのだろう。それこそ、技術者の矜持だ。自分たちの仕事が誇るべきものであるという信念がなければ、異次元のような世界でやってはいけないだろう。

『ないと困るが、あると疎まれるものがある』

ある人物が、そんなことを言う場面がある。ある人間にとっては”誇り”そのものである原発も、別の人間からすればただの排泄物に過ぎない。

『それでも、<新陽>を守らなければならない』

そう呟く所長の声は、力強い。

最後に二つ。非常に印象的だった場面を書いてこの感想を閉じようと思う。
一つ目は、ある場面でポツリと零されたセリフだ。今この日本を救えるのはあなたしかいないんですよ、と詰め寄られた人物は、こう呟く。

『この国では、原発にヘリが落ちても大丈夫だって言ってるじゃないですか』

これに答えられる者は誰もいない。その通りだからだ。この呟きは、原発という異様な存在が内包する矛盾を鮮やかに取り出して見せたようで印象的だった。

もう一つ。ある人物がこんなことを言う場面がある。

『俺が売ってるのは技術だ。原発じゃない』

物語全体の中で、このセリフだけ、僕はうまく収めどころを見つけられていない。まったく理解できない訳ではない。そう言いたくなる背景が存在することは分かる。分かるけれども、でもなんだか違和感がある。これは、登場人物の誰かの叫びではなく、つまり、フィクション内の誰かの叫びではなくて、現実の世界の誰かの叫びなのではないか、と思ってしまった。

難しいことを考えず、ただエンタメ映画として観ても十分に面白い。その一方で、バリバリの社会派の映画としても骨太で、その融合の仕方が見事だと感じました。600ページを超える原作、原発という複雑なテーマを2時間ちょっとの物語に収めるのは相当に困難だったでしょうが、切り詰めすぎて窮屈過ぎることもなく、非常に見応えのある、濃い映画だと感じました。是非観てください。全日本人が見るべき映画かもしれません。

「天空の蜂」を観に行きました

羊と鋼の森(宮下奈都)

『僕は、ほとんどのことに対してどうでもいいと思ってきた。』

主人公が、そう述懐する場面がある。
僕も同じだ、と思う。その感覚は、とてもよく分かる。自分を湧き立たせるもの、それさえあれば生きていけるという杖のようなもの、その背中をずっと追っていきたいと思えるようなもの。僕には昔からずっと、そういうものが何もなかった。
僕が生きてきたそれぞれの時代で、何かにハマっている人というのはたくさん見てきた。スポーツだったり、ギターだったり、マンガだったり、野球の応援だったり。対象は、なんだって構わない。僕はそういう人を見る度に、羨ましいなぁという気持ちを拭い切れないでいる。そんな風に思えるものがあっていいなぁ、と。僕には、未だに分からないのだ。何かに執着し続けるということが。何かを追い続けるということが。いつだって手放せるもの。そういうものだけで、僕の人生は出来ている。
子供の頃は、好奇心や資質の問題だろうと思っていた。僕は、好奇心が人より薄かったり、あるいは、何かに没頭するという資質が足りないのだろうな、と。
でも大人になって時折考える機会があると、徐々にある結論に行き着くようになった。
たぶん、怖いんだろうなぁ、と。
いつだって手放せるものは、失ってしまったところで自分をそこまで大きく傷つけはしない。自分が本気にならなければならないほど、それが消えてしまった時の喪失感は最小限で済む。たぶん僕は、そんなことばかり考えている。その恐怖心が、僕の根っこをぎゅっと押さえつけているから、どれだけ好奇心や資質が僕にあったって、自由には羽ばたけないのだろう、と。
冒頭の主人公の言葉は、さらに続く。

『わがままになる対象がきわめて限られていたのだ。』

主人公も僕と同じように、恐怖心が先に立っていたのかどうかは分からない。単純に無関心だっただけかもしれないし、関心のあるなしではなく、視界に入るものがただ絶対的に少なかっただけかもしれない。しかし主人公は、ある瞬間までは僕と同じ世界にいたはずだ。物事に執着せず、何も追わないような世界に。
しかし主人公は、「それ」を見つけた。『わかりたいけど無理だろう、などと悠長に考えるようなものはどうでもよかった』と言い切れるほど、自分の中で絶対的なものを見つけた。考えるよりも先に、頭が働くよりも先に、心がぎゅいんと動いてしまうようなものに、出会ってしまった。
僕も、出会えるだろうか、と考えてしまう。『わかりたいけど無理だろう、などと悠長に考えるようなもの』にしか出会えていないような気がする僕にも、何か心が鷲掴みにされるようなものに出会えるだろうか、と思ってしまう。そういうものに出会える人生が、必ず豊かであるのか、それは今の僕には判断できないのだけれど。

その調律師に会ったのは、たまたまだった。
たまたま普段から何か頼まれることが多い人間で、たまたまその日教室に残っていて、だから担任が外村にたまたま用事を頼んだ。4時に体育館に人を案内してくれ、と。
そして外村は体育館で、森の匂いを感じることになる。
案内したのは、調律師だった。17歳だった外村は、調律というのが何なのか知らなかった。この人だろうという人を体育館まで案内したら、すぐ帰るつもりだった。実際に体育館から出る廊下に出ようとした。その時だった。
ピアノの音が聞こえて、そして、森を感じた。秋の日の、夜になりかける頃の森を。
ピアノを弾いたことはなかった。ピアノというものを格別意識したこともなかった。しかし外村は、触れてしまった。ピアノが奏でる広大な世界に。そして、その世界を司る調律師という職人に。
外村はやがて、板鳥という名のその調律師に弟子入りしようとし、彼に紹介された学校に入学する。板鳥氏の紹介もあって、彼と同じ楽器店に調律師として雇われるようになる。
目の前には、先の見えない世界が広がっている。学校で習ったことだけでは一切通用しない、正解の存在しない世界に外村は立つ。

『この仕事に、正しいかどうかという基準はありません。正しいという言葉には気をつけたほうがいい』
『ホームランを狙ってはだめなんです』 

板鳥氏がそんな風に表現する世界に、外村は自らの意志で立っている。
しかし外村は、立ち止まってはいられない。

『ピアノが、どこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら、僕はよろこんでそのしもべになろう』

外村にはまだ、色んなことがはっきりとは見えていない。自分がどこに向いたいのか、何をしたいのか、どうありたいのか。様々なぼやぼやに囲まれながら、外村は、かつて感じたあの森の匂いを、その時に掛けてもらった言葉を頼りに、ゆっくりと歩み続ける。

外村は、基本的には自分に自信がない人間だ。外村が就職した江藤楽器には、優秀な調律師が揃っている。板鳥氏は別格としても、新人の外村について教育係をしてくれた柳や、ひねくれたような意見を言う秋野など、皆優秀な調律師だ。そんな中にあって外村は、自分の未熟さにもがき、その未熟さをみんなが慰めてくれることに歯がゆさを感じる。

『あきらめはしない。ただ、あきらめなければどこまでも行けるわけではないことは、もうわかっていた』

『でも、つらくはなかった。はじめから望んでいないものをいくら取りこぼしてもつらくない。ほんとうにつらいのは、そこにあるのに、望んでいるのに、自分の手には入らないことだ』

『怖がっても、現実はもっと怖い。思うような調律はぜんぜんできない』

しかし外村は、一方でとても強い。強いというか、どうにか踏ん張らなければやっていけない、というだけのことかもしれない。ピアノを弾いていたわけでも、耳が特別良いわけでも、手先が凄く器用なわけでもない。そんな外村が、調律師としてやっていくのは、並大抵のことではない。その強さが外村の元々の資質なのかどうかは分からない。山奥で生まれ育ったという経験が関係しているのかもしれないし、圧倒的な才能を持つ人たちに囲まれているという環境がそうさせる可能性もある。とにかく、外村が持つ強さみたいなものは印象的だった。
たとえば、著名なピアニストの公演用に板鳥氏が調律をする場に立ち会わせてもらった時。今の自分との差に圧倒されながらも、外村はこんな風に考える。

『そこにある、とわかっていれば、今はどんな場所にいてもかまわないのではないか』

恐らく板鳥氏との差は永遠に詰まることはないし、そこに近づくこともほとんど不可能だろう。しかし、それの存在を実感できさえすれば、それと今の自分との距離に関係なく、そこに向かって進んでいける。外村はそう実感する。絶望的な差に叩き落とされるような気持ちになりながらも、そこによろこびの予感を見いだす。
また、調律師と才能という問題について先輩と話していた時、当然才能も必要だ、という主張する先輩の言葉に、ほっとしたような気持ちになる場面がある。才能がないんだから仕方ない、そんな風に思うのは楽だ、と感じる場面がある。しかしそこで外村は考えなおす。

『でも、調律師に必要なのは、才能じゃない。少なくとも、今の段階で必要なのは、才能じゃない。そう思うことで自分を励ましてきた。才能という言葉で紛らわせてはいけない。あきらめる口実に使うわけにはいかない』

こういう強さが、外村にはある。
僕は、誰かの凄い話を聞く度に、「自分には無理だ」と感じる。「それはもう人間じゃない」という言葉を使って、諦めを表現することもある。特に最近は、そういう機会が多い。今僕は、ちょうど様々な環境ががらりと変わるタイミングにいる。そうした中で、様々な人と喋ることで、落ち込むような気分になることは多い。あまりにも高みにいる人、あまりにも遠くにいる人、そういう人たちの話を知れば知る程、自分がどうしていいのか分からなくなっていく。

『道は険しい。先が長くて、自分が何をがんばればいいのかさえ見えない。最初は、意志。最後も、意志。間にあるのががんばりだったり、努力だったり、がんばりでも努力でもない何かだったりするのか』

僕も、しばらくの間、外村のような状況に置かれ続けることだろう。自分に何が出来るのか、どうなりたいのか、そういうこともよく分からないまま、前だと信じる方向に進んでいくような日々。正解はないのに正解を追い求めたくなるだろうし、自分の実力のなさに落ち込むことだろう。『迷子だったことにも気づかなかった』という状況に、陥りさえするだろう。
外村は、それでも諦めない。それは、逃れられない世界を知ってしまったからだ。自分もそこにいたいと思わされる世界を知ってしまったからだ。
僕はどうだろう。

外村の人間性でもう一つ、印象的だった部分がある。ある種の盲目さが、外村という人間には眠っている。

『外村ががんばってるのは無駄じゃない』 

そんな風に先輩から声を掛けてもらった外村は、意外な反応を返す。

『よくわかりません。無駄ってどういうことを言うのか』

凄い答えだ、と思った。外村は、最短距離を疾走出来るほど、器用でも才能があるわけでもない。だからきっと、様々な回り道をしているはずだ。しかし外村は、無駄だと感じることがない。無駄という概念が、理解できないという。
他にも印象的な場面はある。事務の北川さんが「美人」であることを先輩に教わるまで気づかなかったとか、顔では見分けがつかない双子の、高校の制服が違うことにも言われなければ気づかないとか。
たぶん外村には、抽象的な概念も、物質的な物事も、意識されないのだろう。自分にとって大事なものしか意識されないから、「無駄」と感じることもないし、普通気づくはずの違いにも気づかない。対象を自ら選びとるという意味での「熱さ」は外村にはないように思えるのだけど、必要ではないものを無意識的に削ぎ落とすことによって必要なものに注力するという意味での「熱さ」は持っている、ということなのだろう。外村が江藤楽器に採用されるのには、板鳥氏の強い推薦があったようで、多くの人はその理由が理解できなかったようだ。調律師としてどんな風になっていくのかイメージが湧かなかった、とも言われた。しかし、板鳥氏はきっと、外村のその盲目さを見抜いていたのだろう。今では、外村みたいな奴が先に進んでいくのかもしれないな、と言われるほどだ。

本書は、ピアノの調律という、なかなか一般には馴染みのない人たちが描かれる物語だ。しかし、この中で描かれる「ある問い」は、ピアノの調律だけに留まらず、世の中のあらゆる場面で普遍的に議論され、誰も答えを見つけられないままでいる、そういうものではないかと思う。
その問いというのは、「ピアノの調律を、どこまでやるか」というものだ。これは、江藤楽器の調律師の間でも、意見は揃わない。だから時折、議論になる。

外村は、自身が調律するピアノを、最良と信じる状態に持っていくことが大事だと考えている。もちろん、お客さんの要望も大事なのだけど、しかしそのピアノの能力を最大限まで引き出してあげることこそが、調律師のあり方なのではないか、と。

『わからないだろうと思われて一律の調律しかしてもらえない人のことを思うと胸が重たくなる。もしかしたらわかるようになるかもしれない。秋野さんの調律した音を聴いてピアノに目覚める可能性だってあるのではないか』

『(お客さんが求めた通りに調律することについての話の後で)だけどそれは。だけど、それは、可能性を潰すことにならないか。ほんとうに素晴らしい音、心が震えるような音と出会う可能性。僕が高校の体育館で出会ったように』

一方で秋野は、お客さんの要望をベースに、お客さんの力量にあった調律をするべきだ、と考えている。それを秋野は、50ccのバイクとハーレーで例えている。確かにピアノを調律すれば、ハーレー並の能力を引き出すことは出来る。しかし、そうしたところでその持ち主はハーレーを乗りこなせない。ものすごく反応よく調整したら、技術のない人にはかえって扱いづらい。だから、50cc並の調律にするのだ、と。

『(ハーレ-も練習すれば乗れる、という外村の反論に)乗るつもりがあるかどうか。少なくとも、今はまだ乗れない。乗る気も見せない。それなら50ccをdけいるだけ整備してあげるほうが親切だと僕は思うよ』

これはとても奥深い、難しい問題だと感じる。本を勧めるような場合でも、同じことを感じることはある。自分の中でとても良い本があったとして、でもこの本が良いと思えるのはかなりたくさん本を人だろうな、と思ってしまった場合。その本を、普段あんまり本を読まない人に勧めるのはどうなのだろう、とか。テレビにしたって、お客さんが見たいのだろうという情報を提供するのか、あるいはこれはテレビとして報じる価値があるものだというものを届けるのかという問題は常にあるだろうし、どんな業界でも同じような問題はあるだろうと思う。
外村の意見も、秋野の意見も、どっちも理解できてしまうから厄介だ。でも僕は、人間の認識には限界があると思っている。人間が認識できるその外側に、遥かに広大な世界が広がっていると思っている。だから、ある個人の枠の希望に沿うのではなく、より広い世界を見せてあげられる方が良いのかな、と外村を指示したい気持ちになる。しかし、使いにくい道具はやっぱり困る。理想的には、使う人間の上達度に合わせて適宜調律を変えることが出来ればいいのかもしれないけど、調律というのは大抵半年から一年ごとだという。そういう特殊さも、この問題をより難しくしているのだろうなと感じる。

調律の難しさはまだまだある。柳と一緒に顧客の家を回っていた外村は、柳がお客さんの要望通りに調律しなかった、という事実を知る。長いこと使っていなかったピアノを、「元の音に戻して欲しい」と依頼されたのだが、柳は敢えて、よりよい音になるように調律したのだという。

『あの人が欲しいのは、忠実に再現されたピアノじゃなくて、しあわせな記憶なんだ。どっちみち元の音なんてもうどこにも存在しない。だったら、あのピアノが本来持っていた音を出してやるのが正解だと俺は思う。やさしい音で鳴ったら、記憶のほうがついていくさ』

一方外村自身は、こんな経験をする。孫に絶対にいい音の出るピアノで情操教育をしたいというお客さんで、「絶対にいい音か」と聞かれた外村。そこで、「はい」とは言えなかったという。これが絶対にいい音なんだ、と言われて情操教育される孫の気持ちを考えてしまったから。

『絶対に、という言葉を使うなら、絶対にこの音がいいと僕は思っています、と答えました』

そして外村は、担当を変えさせられてしまう。
調律に正解はない。「調律師に一番必要なものはなにか」という外村の問いに、様々な回答が出るが、その中の一つに「あきらめ」というのがあった。秋野だ。「諦めなかったらどうなるんです?」と聞いた柳に、秋野はこう答える。

『いつまでもあきらめられなかったら、いつか気が狂うんじゃない?』

どこかで区切りをつけなくてはいけない。どれだけやっても完璧には届かない。これでおしまいだ、というあきらめを、自分でつけなくてはいけない。正解がないからこそ、どこかで自分っでピリオドを打たなければならない。自分でピリオドを打つからには、理由を言語化することが出来たり、自信を持っていなければならないのだろう。

「調律師に一番必要なものはなにか」という問いに、板鳥氏は「お客さん」と答える。板鳥氏は作中、さほど登場しないのだけど、こういうところで印象的なことを言うから憎い。

『俺たちにだって目指す場所はあるはずです』

調律師は、ピアニストの陰に隠れて、なかなか表舞台に上がることはない。良い演奏は、ピアニストの手柄になってしまうのだろう。しかし、調律師がいかにして音楽の世界を支えているのか、どれほどの技術でピアノを存在させているのか、その一端を垣間見ることが出来た。音楽とはほぼ無縁の生活をしてきたので、正直ピアノのことはよく分からない。けど、自分の仕事に真っ直ぐ向き合うこと、ピアノの向こう側にいる人間ときちんと関わること、自分に何が出来るのかと悩むこと。そういう普遍的なことが描かれている物語で、今の自分のいる状況も相まって、じんわり染みこんでくるような物語だなと思います。是非読んでみてください。

宮下奈都「羊と鋼の森」



「ヴィンセントが教えてくれたこと」を観に行きました

ヴィンセントは、なかなかロクでもない人間だ。
もう60歳は超えているだろう。酒・タバコを手放さず、八百屋の果物をくすね、定期的に売春婦を呼んでいる。口が悪く、人と関わろうとしない。町の人間は概ねヴィンセントのことが嫌いだし、ヴィンセントの方も人間が嫌いだ。金に困っていて、定期預金もマイナスになってしまった。
そんな彼の隣の家に、新たな入居者がやってきた。夫である弁護士と離婚調停中のCT技師の母と、その息子オリヴァーだ。引っ越し業者が彼らの荷物を運んでいる間、ヴィンセント家の木とフェンスを破壊してしまったために、初対面は最悪な状況となった。
オリヴァーは新しい学校へと転校し、その初日、体育の授業の後で制服を盗まれてしまう。仕方なく体育着のまま家に帰るヴィンセント。しかし、家の鍵など一式を制服に入れていたため、自分の家に入れない。
オリヴァーは、隣家のヴィンセントから電話を借り、そのまま彼の家でしばらく過ごした。彼はオリヴァーの母に、一時間12ドルで子供の面倒を見てやると申し出て、オリヴァーの母はベビーシッターを探す手間が省けたと、ヴィンセントにオリヴァーを託すことになる。
人嫌いだが金が必要なヴィンセントと、学校にまだ馴染めないでいるオリヴァー。二人はその歳の差をものともせず、またヴィンセントの人嫌いさえも乗り越えて、とても良い関係を築いていくのだが…。

というような話です。
予想外な展開は全然ないので、こうなるだろうなぁという感じの予想を裏切ることはない物語なんだけど、全体的にとてもハートウォーミングな良い物語だったと思います。
ヴィンセントは、自分の生き様を曲げないままオリヴァーと接する。オリヴァーを競馬場にも、バーにも連れて行く。それは、”教育”という意味では褒められたものではないかもしれないけど、でも見方を変えれば、オリヴァーを一人前の大人として扱っていると言うことも出来る。競馬場やバーに子供を連れて行くのが良いかどうかはともかくも、ヴィンセントのこの、子供であっても一人の大人として扱っているあり方はとてもいいなと思いました。まだ子供だから、という理由で様々なものを制限されるよりは、あらゆるものに触れ、そして自分で考えさせることで、新しい価値感なり生き方なりを考えるきっかけになるのだろうと思います。
ヴィンセントの行動を見る限り、そんな信念(オリヴァーに新しい世界を見せてやろうという信念)を感じることが出来るわけではありません。ヴィンセントはただ、お守りをしなきゃいけないからといって、自分のやりたいことを制限されるのはゴメンだ、ぐらいにしか思っていないでしょう。ヴィンセント自身がやりたいことに、オリヴァーを連れて行く。ただそれだけ。でも結果的にそれが、オリヴァーという人間を一回り大きくしていくいいきっかけになったのだと思います。
物語的によくありがちでしょうが、ヴィンセントは決して悪い人間ではない、ということが少しずつ分かっていきます。ちょっと関わるだけではヴィンセントのそういう良い部分は見えてきませんが、オリヴァーはあまり先入観を持たないままヴィンセントと関わり続けたために、そういう部分が少しずつ見えてきます。
ニュースなどで”子供”が議論の対象に上る時、”正しさ”はどこからやってくるのだろうか、と感じることはあります。
”大人”(僕もまあ大人ですが)が考える「子供にとって良いこと」というのは、どうも的を外しているように感じることが多くあります。まるで”子供”は、「触れたものすべてに素直に影響されてしまう」とでも言うかのように、あるいは、「潔癖な環境でなければ精神は健全に育たない」とでも言うかのように感じることが多くあります。
「子供のため」を考えることはもちろん悪いことではないのだけど、結果的にその「子供のため」が子供に悪い影響を与えていることも多くあるでしょう。すべてを、大きなルールで取り込むことは出来ません。結局は、その場その場での個別の対応を努力し続けるしかないのだろうと思います。けど”大人”は、もうそれが面倒くさいんでしょうね(もちろんその気持ちは分かります)。大きなルールで括ってしまう方が楽だというのはよく分かる。けどそれは、多くの子供にとっては、結果的に悪影響でしかないのだろうと思います。
僕が考える最大の悪影響とは、「自分で考える機会を奪われる」ということです。子供にだって、考える力はあります。そして、人間のどんな営みでもそうですが、”考える”という行為も、幾度もの間違いを繰り返すことで高めていくことが出来るものだと思います。
しかし子供はどんどん、「考える機会」を奪われているように感じます。「あなたは考えなくていいですよ。大人がきちんと問題のないルールを作るので、それに従っていればすべて問題ありませんよ」という暗黙のメッセージが、様々な場面で見受けられます。大人が子供に「考えなくていいよ」と言えば言うほど、子供は不幸になっていくと僕は感じます。それが取り返しのつかないこと(殺人やドラッグなど)でない限り、子供が間違えた時にその間違えを大人が正してあげればいいのだと思います。僕はそういう営みを”教育”と呼びたいと考えます。
そういう意味でヴィンセントは、非常に良い教育者だと思います。
ヴィンセントオリヴァーに、喧嘩の仕方を教える。しかし、喧嘩をしろと焚きつけるために教えたわけじゃない。オリヴァーがいじめられているのを見て、身を守るために喧嘩の仕方を教えるのだ。喧嘩の仕方を教えるなんて、という人もいるだろう。しかしヴィンセントは、それがオリヴァーに必要な知識・技術だと思うからこそ教えたのだ。
また、教育とはまた違う話だけど、印象的な場面がある。オリヴァーが、ヴィンセントの相手をしている売春婦と遭遇した時の話だ。あの売春婦について聞かれたヴィンセントは最初、「夜の女」だ、と答えるが、さらに問われて、「一番正直な稼ぎ方をする女の人だ」と答える。
恐らく大抵の人間は、ここでの答えをはぐらかすだろう。自分が恥ずかしいという気持ちだけでなく、子供にこんなことを教える必要はない、という考えから、何か誤魔化すような答えを返すだろう。しかしヴィンセントは、はっきりとしたことは言わず、それでいて嘘も付かなかった。しかも、売春婦の尊厳を貶めることなく、彼女の存在をオリヴァーに説明してみせた。ヴィンセントがオリヴァーに対して誠実であろうとする態度がこの場面から感じ取ることが出来て、非常に印象的でした。
ラストは非常にアメリカ的という感じがして、なかなかに感動的な場面でした。展開としては、ヴィンセントってやっぱりいい人だよね、という流れになっていくわけなんだけど、それを示すやり方が非常にアメリカっぽい。色んなことがあって、一時ヴィンセントから引き離されてしまったオリヴァーが、ヴィンセントのこれまでの人生を追いかけ、そしてそれを多くの人に伝えることで、やがて二人の交流は元に戻っていくことになる。
真っ当な大人とは決して言えないヴィンセントは、結局最後までヴィンセントらしく自分を曲げないけれども、オリヴァーはそんなヴィンセントの見え方を変えてしまう。大人であるということや、何かを学んだり教えたりするということについて考えさせられる映画でした。

「ヴィンセントが教えてくれたこと」を観に行きました

乃木坂46関係の記事をまとめました








乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイトである「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています。





「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を観に行ってきました(二度目)

乃木坂46物語(篠本634)

【本讀乙女 乃木坂46 齋藤飛鳥 | [ booklista ]】の記事について

乃木坂46の齋藤飛鳥が好きな理由

齋藤飛鳥が好きな理由2

あー、困った。これ以上齋藤飛鳥を好きになりたくない

「乃木坂の46のMV集を観て感じた、生駒がセンターだった理由」

乃木坂46の”ファン”になったことで考えた、”ファン”であることへの違和感

齋藤飛鳥の次に気になる橋本奈々未について

齋藤飛鳥に読んで欲しい本

乃木坂工事中「14thシングル選抜メンバー大発表」を見て思ったこと

「乃木坂46の「の」 20160313 伊藤万理華・齋藤飛鳥」を聞いて

齋藤飛鳥のことば 公式ブログのタイトルから

別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 Vol.1

「乃木坂工事中160410 齋藤飛鳥独り立ち計画 初めての◯◯」を見て

「乃木坂46の「の」 #158 160410(堀未央奈MC、齋藤飛鳥、渡辺みり愛)」を聞いて

「EX大衆2016年5月号 齋藤飛鳥ロングインタビュー」を読んで

「乃木坂工事中 #54 160501「恋愛ゲームアプリ『乃木恋』リリース記念!理想の彼氏に求める条件ベスト5をメンバーが大発表!」」を見て

「MdN 2015年4月号 乃木坂46 乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」を読んで

別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 Vol.2

乃木坂46 MVの中の西野七瀬

「15thシングルキャンペーン・新センター齋藤飛鳥の1人でヒット祈願inミャンマー」を見て

「BRODY 2016年10月号」を読んで

別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 Vol.3

「BUBUKA 2016年11月号」を読んで

「blt graph. Vol.14 齋藤飛鳥のインタビュー」を読んで

「OVERTURE No.009 齋藤飛鳥のインタビュー」を読んで

「BRODY 2 松井玲奈のインタビュー」を読んで

「BRODY 2 齋藤飛鳥のインタビュー」を読んで

ダメ人間・橋本奈々未

「弱さと強さの奇跡的なバランスが生み出す“西野七瀬”というアイドル」

齋藤飛鳥写真集『潮騒』 勝手にキャプションを考える

隙間を埋める“パテアイドル”としての秋元真夏の真骨頂

BRODY 2017年4月号 寺田蘭世のインタビューを読んで



(乃木坂46とはあんまり関係ないけど…)

「心が叫びたがってるんだ。」を観に行ってきました

「心が叫びたがってるんだ。」を観に行ってきました(二回目)


MORE »

 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
12位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)