黒夜行

>>2012年08月

殺しの双曲線(西村京太郎)

内容に入ろうと思います。
本書は、西村京太郎がまだトラベルミステリーを書き始める前の初期作品の新装版です。本格ミステリの傑作という評価を知って読んでみることにしました。

『この推理小説のメイントリックは、双生児であることを利用したものです』

本書の冒頭は、こんな一文から始まっている。著者が、推理小説の世界では有名な「ノックスの十戒」などに倣って、本書は双生児を使ったトリックであるとあらかじめ明かしているのである。
物語は、二つの事件が並行して描かれる形で進んでいく。
一方は、とある兄弟の物語だ。
その兄弟は双生児で、顔が瓜二つである。そんな自分たちの特徴を使って、彼らはとんでもない計略を実行に移すことになる。
彼らは次々と強盗を働いたのだ。
彼らは、手袋は慎重に嵌めていたが、顔は隠さなかった。だから、続けざまに強盗を働けば、モンタージュ写真が作られて当然であった。しばらくして、犯行が小柴兄弟のものであると分かる。
しかし、そこからが問題であった。
兄弟のどちらの犯行であるのか、特定できないのだ。
指紋は一切残っていない。被害者たちに聞いても、兄弟のどちらの犯行であるのか、顔だけでは見分けがつかない。兄弟二人共事件に関わっていることは間違いないが、犯行は一人で行われているから、双子のどちらの犯行であるのか確定させなければ逮捕に踏み切れない。
結局警察は、彼らを釈放せざるを得なかった。
それから警察の、小柴兄弟との闘いが始まる。様々なチャンスを待って、小柴兄弟がボロを出すのを待つ警察であったが、小柴兄弟は常に警察の裏をかくようなことばかり続け…。
さてもう一方は、東北のとある山奥にある山荘が舞台です。
東京在住の京子は、婚約者である森口と共に東北の山荘から招待状を受け取った。うちの山荘で是非過ごしてみませんか、というのだ。何故自分たちが招待されたのかわからないまま、こんな機会もないからと行く二人。
そこには、同じく東京から呼ばれた者が自分たちの他に4名、そして山荘の主人である早川の計7名がいた。
初めから憂鬱そうな顔をしていた矢部が部屋で死んだのを皮切りに、その山荘では人が次々と死んでいく。外界と連絡が取れなくなってしまった状況の中で、彼らは恐怖に怯えながら過ごすことになる。
犯罪学者である五十嵐、トルコ嬢である太地、タクシー運転手である田島と、矢部と京子と森口には何か共通項があってこの山荘に招待されたらしいが、それもまったくわからないままだ。
一体、犯人は誰なのか…。
というような話です。
確かに、なかなか面白いトリックの作品でした。しかし、この作品を純粋に評価するのはなかなか難しいなぁ。
トリックは確かに、なるほどと思わされる感じがします。俗に『嵐の山荘もの』と呼ばれる設定の中で人が次々と死んでいくというのは、本格ミステリの世界では王道で、さらに本書は明らかに、クリスティーの「そして誰もいなくなった」をモチーフにしているんだけど(僕は未読。作中でもこのタイトルは頻繁に出てくる)、それともう一つの事件が並行して描かれるという構成は結構巧いなと思います。もちろんその二つの事件は最後に重なっていくわけなんだけど、読んでいてしばらくは、この二つの事件がどんな風に重なっていくのか、まったく想像で来ないだろうなと思います。
ただ、個人的には、もう少し巧い構成に出来たんじゃないかな、と思う部分もありました。それが、最後の事件の解決に至る部分です。
ちょっとここ、ダラダラしてませんか?
おしっこがビャーって勢い良く出ないで、チョロチョロダラダラ流れ出てくる、みたいな感じのもどかしさを僕は感じてしまうのです。
具体的にどうしたらいいか、っていう提案は特にないんだけど、この部分はもっとスマートに出来るはずだよなぁ、なんて勝手に思ったりしまう。ちょっと展開がダラダラしすぎていて、どこで驚いていいのかイマイチよくわからない、みたいな感じになってしまいました。ちょっとずつ色んなことが明かされていくんだけど、『溜め』があんまりないっていうか、いつの間にかさらっと明かされたなぁ、みたいな感じが結構色んな場面である気がしました。あの解決に至る流れは、もう少し巧くやりようはあったんじゃないかなぁ、という感じがしてしまいました。
全体として古さが残るのは、まあ仕方ないでしょうね。何せ、1979年の作品のようですからね。現代の小説ではちょっと読むのが辛いようなわざとらしい描写みたいなのも結構あるなと思ったんですけど、まあそれは元々古い時代の作品だったから仕方ない、と捉えるべきでしょう。ただ、警察の描き方が、なんかユルいかな、とは思います。最近の本格ミステリをあまり読んでないけど、ちょっと前まで読んでいた本格ミステリの印象からすると、警察を描くのがあまり巧くない本格ミステリの世界にあっても、本書での警察の描かれ方がっちょっとユルいかなぁ、という感じはしました。
しかしホントに、双子のどっちが強盗を起こしたのか判別出来なかったら、逮捕出来ないもんなんかなぁ。実際に、そんなことをやろうとする双子が現実にあまりいないだけかもしれないけど、でも指紋の問題さえ完璧にクリア出来るなら、双子って犯罪やりたい放題じゃね?とか思っちゃったけど、まあでもさすがに現代の科学技術だったら、髪の毛一本とかちょっとした量の唾液とかほんの僅かな血液とか、そういうものからでもDNA鑑定が出来ちゃうだろうから、さすがに現代で同じことは出来ないのでしょうね。しかし、科学技術の進歩がなければ、法律だけではその双子を拘束することは出来ないのだな、と新鮮な気持ちになりました。
トリックはなかなか秀逸だなと思います。ラストの事件解決に至る流れは、もうちょっと構成を巧くしてほしかったな、という感じはします。トラベルミステリーばかり書いている、という印象の強い西村京太郎ですが、初期作品にはこんな作品もあったのだな、と思いました。興味がある方は読んでみて下さい。

西村京太郎「殺しの双曲線」



スポンサーサイト

日本の難題を片付けよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー(荻上チキ編集 安田洋祐+菅原琢+井出草平+大野更紗+古屋将太+梅本優香里)

内容に入ろうと思います。
本書は、本書の編者でもある荻上チキが編集長として関わっている「シノドスジャーナル」というニュースサイトやそのメルマガなどに寄稿してもらった原稿などを再構成したものです。
本書の目的を、荻上チキはまえがきでこんな風に書きます。

『新しく生まれた難題を解決するためには、新しい道具が必要となる。その道具を共有することこそが、本書の役割です。
「そんな回りくどいことをするな。正解だけをチャチャッとまとめてくれればいいんだよ」。そういう声も聞こえてきそうですが、それではいつまでも「ダマされたまま」にしかなりません。いまある難題の多くは、一部の専門家だけが露営組んでいれば済むというものばかりではありません。より多くの人と問題意識を共有し、解決のための議論をレベルアップしていかなくてはいけないことが山積み。「正解」だけを求めて、思考法をおろそかにすれば、ただただ右往左往する結果になるでしょう。』

そんなわけで本書では、それぞれの分野で難題に取り組み、新しい波を引き起こそうとしている若い注目すべきプレイヤーたちの登場、という形になっています。
まえがきには、こんな文章もあります。

『誰かの失敗ばかりを叩き、現状を嘆いて見せるものの、何かを前に進ませるわけではないダメ出しの議論ばかりであふれていますが、「こうすれば良くなる」「こっちのほうがいいのでは」というポジティブな提案を積み重ねていく「ポジ出し」の議論がまだまだ必要です。
特定の問題を、個人の資質や内面ばかり回収し、その個人を「叩きなおす」ことばかりに誘導するような、個人モデル的な議論がいまでも力を持ち、「社会問題を個人問題へと矮小化してしまう」ような発言がいまでもメディアにあふれていますが、むしろ、これまで単なる個人的な問題だと思われていた現象が、マクロな環境と大きく関わっていることを科学的アプローチで明らかにし、「個人問題を社会問題として捉え直す」力が、もっともっと広がっていく必要があります』

それでは、それぞれの内容をざっくり書いてみようと思います。

第一章「社会を変える新しい経済学 マーケットデザインの挑戦 安田洋祐」

これまでの経済は、「市場メカニズム」を分析し、「市場メカニズム」を与えられたものとして捉え、それを大前提としてその中でどんなことが起こるのかを研究する分野でした。
しかし最近この経済学の中に、新しい潮流が生まれてきている。
それが「マーケットデザイン」という分野だ。
マーケットデザインは、理想的な市場から離れた様々な市場(あるいは市場とも関係のない制度一般)を分析する手法であり、制度は与えられるものではなく、自分たちでつくり出すものだ、という考え方が大きく異なっている。
そして最大の違いは、既存の経済学者が現実の経済の現場には出向いて行かないのに対して、マーケットデザインの経済学者は、制度設計などのためにより頻繁に実際の経済の現場に出向くということです。マーケットデザインは、実験や修正などの工学的なアプローチをするという点でも特異です。マーケットデザインの本流は欧米で、欧米ではオークションの制度設計や腎臓交換メカニズムなど様々に応用されているのに対し、日本ではまだまだ見発達です。とはいえ、まったく行われていないというわけでもありません。
マーケットデザインの根幹を成すのは、ジョン・F・ナッシュが生み出した「ゲーム理論」です。そこでは、様々な状況を一定のルールに従うゲームとみなし、「ナッシュ均衡」(すべてのプレイヤーにとって、自分一人だけが戦略を変えても得することができない状況や選択肢)を分析します。そして、その「ナッシュ均衡」という安定した状態を、社会・経済現象の結果として捉えよう、と考えるものです。
そして、この「ゲーム理論」の応用に関して非常に重要な仕事を成し遂げ、ノーベル経済学賞を受賞したエリック・マスキンによる「マスキン単調性」の話が描かれます。
話自体は難しそうだけど、このマーケットデザインの話が少しでも理解できるようになると、経済学というものがまた少し違った風に見え、経済に関する何らかの選択の際にも、新しい選択肢を考慮することが出来るようになるのではないかと思います。

第二章「データで政治を可視化する 菅原琢」

経済の世界では普通に行われている「計量分析」を、政治の世界にも当てはめて、政治に関する様々な誤解を解消しようとしている著者。本稿では、「国会議員の出席率と選挙運動」「選挙ポスターの年齢表示」「自民党支持層の農村部の割合」「一票の格差に関する誤解」など、様々な表を用いて、いかにデータで政治を捉えるかという手法が説明されます。
著者が、政治にデータ分析が必要だと感じる理由は二つ。
一つは、「政治方法に限界がきているのではないか」という点。そしてもう一つは、「政治現象について本当かうそかわからない俗説のようなものが流通している」という点。これらを、データを分析することで解消できるという点を本書では示しています。
様々なデータ分析の後に、「データ読解のポイント」が挙げられている。
『データの意味や作成過程についてよく確認する』『具体的に数値が生まれる過程を想像してみたり、追体験すること(自分で世論調査に答えてみる、など)』『一つのデータだけではなく、色んなデータを比較すること』『新聞記事などの文章に惑わされず、自分で因果関係や相関の図を書いてみること』
なかなか本書で描かれているようなデータ分析をするのは難しいでしょうが(そもそもデータを手に入れるのが難しそう)、データ分析は政治だけに限りません。色んな言説にダマされないためにも、データといかに見るかという手法は非常に重要だと感じました。

第三者「社会学は役に立つのか? ひきこもりの研究と政策を具体例として 井出草平」

著者はまず、「社会学とは何か?」「社会学は社会の役に立つのか?」ということに関して、これまでの社会学の歴史や自身の経験などを織り交ぜながら語ります。そしてその中で、アメリカの社会学者であるアミタイ・エツィオーニによる「応答」という概念を取り上げます。
社会学に限らず研究というものは、「価値からの自由」と「価値への自由」という二つが言われていて、一つは客観的に正しく行うこと、もう一つは研究対象や目的を自由に選択できるということです。
しかしそれに対してアミタイは、社会が要請しているだろう価値を生み出せるような研究をこそが重要であり、その「応答」こそが研究の価値だというようなことを主張したようです。
そんなアミタイを支持しているかはわからないけど、著者は『学問の範疇にこだわるよりも「応答」が重要だと考えるようになった』と書いています。これは、社会学の範疇で行動するのではなく、他の分野の専門家と協調しつつ、実際の問題を解決していく、という姿勢だと思います。
そうした姿勢の延長上に、「ひきこもり」の問題があり、後半では、著者が実際に手掛けた「ひきこもり」に関するプロジェクトに関する話になります。主に大学生を対象にしたものであり、話が非常に具体的なので、大学関係者が読んだりすれば非常に参考になるのではないか、と感じました。「ひきこもり」の対応をすることが利益に繋がるのだ、という発想から大学と協働していくというスタイルが面白いと思います。

第四章「環境エネルギー社会への想像力と実践 古屋将太」

ここでは、世界的に大きな流れとなっている自然エネルギーへの取り組みが、日本では何故か大幅に遅れているという事実を指摘し、法律や行政の観点から、何故日本では自然エネルギーへの取り組みが抑制されてしまっているのか、という話が先にされます。この前者の話は、データやら法律やらの話がややこしくて、ちょっと難しい。
そして後半では、「コミュニティパワー」に関して描かれます。これは、自然エネルギーの推進の母体を担うのは地域であり、地域のコミュニティでプロジェクトのすべてを所有することで、なかなか定着しにくい自然エネルギーを地域全体で定着させる取り組みのことです。世界的に有名なデンマークのサムソ島と、日本で最も成功したと言われる長野県飯田市の事例を元に、自然エネルギーをいかに導入するかという話がメインで描かれます。

『では、一体誰がその役割を担い、どのように実践していくのでしょうか?
結論からいえば、その役割を担うのは地域のさまざまな主体(起業家、地域金融機関、地方自治体、NPO、NGO、大学・教育機関、農林水産業者、商工業者、観光・サービス業者、一般市民等)であり、彼らが持続可能な未来の地域社会のイメージを共有し、具体的なプロジェクトを勧めるなかでひとつひとつ問題を解決し、経験と知識を蓄積していくことが、もっとも堅実な自然エネルギービジネスの実践方法となります。』

あとでも書くつもりだけど、この章を読んで、「自然エネルギーとの共存が、地方自治体の魅力の一つになる時代になるのかもしれない」と感じました。

第五章「「社会モデル」へのパラダイムシフトをまなざす」

「困ってるひと」で一躍有名になった大野さんによる、障害者施策についての話。ここでは、『「医学モデル」から「社会モデル」へのパラダイムシフト』について書かれています。
「医学モデル」というのはその名の通り、ある障害や病気を、医学的な観点から見て、治癒したり上手に付き合ってきたり、というもの。障害や病気を持っているんだから、医学的に対処しましょうね、ということだ。
しかし世界標準はそうではありません。
日本は医療以外の社会制度の基礎整備が立ち遅れています。「社会モデル」というのは要するに、障害や病気を持つ人が社会の中で住みやすく生きやすくするために、色んな物事を整備しましょうという、医療以外の方面からの障害者施策ということになります。
大野さんは、治らない難病とこれからずっと付き合っていかなくてはいけない身になり、日本という国の中でそういう体で生きていくことのあまりの大変さを知るようになったといいます。
「わたしたちのことを、わたしたち抜きに決めないで」というのは、1980年代に掲げられたスローガンだそうですが、未だに障害者はそういう状態に置かれているのだそうです。

付録「貧しい人びとの仕事をつくる 梅本優香里」

梅本優香里氏は、ビジネスを行うことで社会問題を解決する社会的企業である「AMP MUSIC」(アフリカのインディーズミュージシャンの音楽をインターネットを通じて世界で販売する会社)を設立した人です。
アフリカの貧しい国で生きる人達と、日本の職業訓練とそれを受ける人びとを比較して、仕事を得るためには一体何が必要であるのか、という問いを突きつけます。そして、その一つの解答として「AMP MUSIC」を立ち上げた彼女が、どんな敬意で会社設立に至り、どういう状況の中でやっているのか、ということも語られます。

というような話です。
なかなか面白い作品でした。
まず先に、もっとこうだったら良かったんだけどなぁ、という「ポジ出し」をしましょう(笑)。
本書は、各章毎のページ数にはかなりバラつきがあるものの、300ページの新書で6人の著者が文章を寄せています。となれば、一つの話題をなかなか深く掘り下げるのは難しいということになります。もちろん、個々の内容が薄い、なんて話をしたいのではありません。でも、もっと知りたいんだけどなぁ、という欲求が必ず残るような、それぐらいの短さではあると思いました。
だからこそ僕は、各章を読んでその内容に興味を持った人が、次にどうすればいいのか、という具体的なアクションみたいなものを各章の巻末に載せてくれたらよかったなぁ、と思います。
それは、『この話に興味がある人はこんな本も読んでみて下さい』という著作リストでもいいし、その話題を深く取り上げたサイトや、それについて特集された雑誌なんかがあればそれを書いてもいいかもしれません。あるいは、『ここで手に入れられる公的なデータを読むともっと面白いかも』とか『こういう場所で定期的にセミナーがあるから行ってみたら?』なんていう情報があったら凄くよかったなぁ、と思うんです。
何せ本書は、読んだ人に行動を起こさせたい、と思っている本だと思うんです。実際読むと、自分でもなんか出来るかも!って思うような話もあったりしますしね。
であれば、まず小さなアクションとして、本書を読んだ後で移せるワンステップみたいなものが提示されていたら、少しは動きやすいなって思うんです。文章中で、図やデータの出典が記載されていたり、紹介している人物の著作も紹介されていることもあったりしたんだけど、統一されているわけではない。もちろん、その次のワンステップを提示するというのはなかなか難しいと思うんだけど、それが出来たらもっと完成度が上がっただろうなぁ、という感じがしました。
本書は、学問というのは結構役に立つんだぜ、ということが示されているなと感じました。
理系の学問は、結構実際的に使えるものであるように思うけど、文芸の学問って、直接的に社会の役に立ったり実用的だったりはしないものが多い気がしますよね。本書でも、「社会学は役に立つのか?」っていう命題についてちょっと文章が割かれているし、「旧来の市場メカニズムを分析するところから始まる経済学は、なかなか現実に則さない」なんていう話も描かれていたりします。僕は数学が好きだったりして、数学って基本的にいかに社会の役に立たないか、みたいな部分が凄く面白かったりするから、別に社会の役に立たない学問だからってダメだとかそういうことを言いたいわけではないんだけど、本書を読んで、なるほど学問ってのも案外有用なんだなぁ、という感じを強く受けました。
僕が凄く面白いなと思ったのは、第一章のマーケットデザインについての話と、第四章の自然エネルギーに関しての話です。
マーケットデザインの話は、ゲーム理論とかの話が好きな僕には、すげー面白かったです。経済学ってホント、あの需要と供給の曲線がなんとかみたいな話って、うそ臭いなぁって昔から感じてたんです。いやぁ、そんな単純な話じゃないっしょ、って。新書とかでもよく、「これから経済はこんな風になるぜ!」みたいな内容のものって結構あったりするんだけど、でもああいうのだって、別に根拠があって言ってるわけじゃないんだろうなぁ、とりあえず何でも言ってみて当たったらラッキーみたいな感じなんだろうなぁ、っていうのが、僕の経済学者に対するイメージです。凄く胡散臭い人達だなぁ、って思ってるんです。
でも、マーケットデザインの話は、そんな僕の経済学に対する印象を覆してくれました。
旧来の経済学というのは、とにかく市場で何かが起こる、じゃあそれがどういうメカニズムでどういう理由で起こったのか考える、という感じだった気がします。基本的に、何か新しいことを生み出したり、遠い先のことを見通したり、現実に何かをフィードバックさせたりすることが難しい、というイメージがありました。
でもマーケットデザインというのは、市場がどうとかってのはとりあえず無視して、制度設計を自分たちでやっちゃおう、という話。同じ単語を使うと紛らわしいから微妙だけど、要するに『自分たちで市場を作っちまおうぜ』っていうのがマーケットデザインの基本的な考え方なわけです。その中で、色々試行錯誤して、あれこれ調整して、実に工学的な実験を繰り返すことで、実地で最適解を見つけ出していくという、非常に行動力を必要とする経済学なわけです。
しかもその、『制度設計をする』という、種類が多岐に渡り、個別に状況が様々に違う事柄をひとまとめにして考えることが出来る理論が存在するっていうのがまた素敵だ。「マスキン単調性」って単語は初めて聞いたし、この辺りの話は凄く難しかったんだけど、混沌とした現実の世界を統一的に両断するような理論が存在するってのは、なんか凄く物理っぽくて面白いなと思うし、このマーケットデザインの話は凄く使えるなと感じました。「出版社のジレンマ」の話も面白かったです。
第四章の自然エネルギーの話も面白い。さっきも書いたけど、初めの方はちょっと煩雑でなかなか頭に入って来なかったんだけど、後半は秀逸でした。
とにかく、自然エネルギービジネスの担い手は、地方自治体やもっと小規模な単位がいいのだ、という話は、物凄く納得できたし、この考え方をうまく利用すれば、地方の活性化にもなるかもしれないな、と思ったりしました。
地方から人がいなくなって云々、なんていう話がよくあるけど、色んな自治体で、自然エネルギーに関する取り組みが行われている。これは、地域住民が一体となんて、お金を出し合い、設備などすべてを地域コミュニティで所有し、「自分たちの発電所だ」という意識をコミュニティ内で共有するというモデル。そもそもこういうモデルであれば、人同士の繋がりの強い地方の方が成功しやすいでしょう。
しかも3.11後の日本にあっては、「どんな電気を使うのかでライフスタイルを変える」なんていう人も出てくるかもしれません。東京に住んでたら原発が生み出した電気を使うことになるから、自然エネルギーをメインにしているところに移ろう、なんていう考え方は、決して突拍子もないものではなくなっていくのだろうな、という感じがします。そうやって少しずつ少しずつ自然エネルギーがじわじわと広がっていけば、やがて原発依存度ゼロというのも実現できるかもしれません。そういう、小さなコミュニティ単位で自然エネルギーを導入するというスタイルを僕は初めて知ったし、それが凄く有用性が高いなと感じられたので、とても面白いと思いました。
なんか長くなり過ぎたんで、こんな感じにしようかな。
まえがきにあったように、「ダメ出し」ならきっと誰でも出来る。難題を対岸の火事として遠目で見て、安全圏から文句だけ言う、なんていう人が凄く多い印象がある(自分がそうならないように気をつけないと)。本書は、こうしたらもっと良くなる!という「ポジ出し」を意識して書かれています。なかなか面白いと思います。本書で書かれていることだけでなく、自分の身の回りの難題について自ら考える、というきっかけにもなる作品ではないかと思いました。是非読んでみて下さい。

荻上チキ編集 安田洋祐+菅原琢+井出草平+大野更紗+古屋将太+梅本優香里「日本の難題を片付けよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー」



かめくん(北野勇作)

内容に入ろうと思います。
かめくんは、レプリカメと呼ばれている。カメに似せて作られたロボットだ。かめくんは、とある目的のために作られたらしいけど、かめくんにはその記憶はない。どうも、木星で行われている戦争に関係があるらしいけども。
かめくんは、合併によって吸収されてしまった会社から解雇されてしまい、会社の寮だった建物からも出なくてはならなくなった。かめくんは、ワープロを操って履歴書を書き、新しい職を見つけ、また新しいアパート・クラゲ荘を見つけてそこで住み始めた。
図書館のミワコさんがお気に入りで、図書館という空間も結構好きで、よく通っている。職場では、フォークリフトに乗せられて、なんだかよくわからない作業をさせられている。リンゴが好き。
かめくんは、推論によって『思考』をする。そうやって、出来る限り人間と同じように生きていこうとする。かめくんの周りでは、なんだか変なことが結構起こる。深夜クーラーが突然ついたり、川で倒れたままになっている謎のクレーン車とか。
かめくんは仕事をしながら、ちょっとずつ推論を積み重ね、ちょっとずつ新しいことを知っていく。
というような話です。内容紹介、難しいなぁ。
なんか面白いような気がする、という感じの作品です。いやホント、評価もなかなか難しい。
本書の最大の魅力は、かめくんのキャラクターです。かめくんのキャラクターは、凄くいい。ロボットであるから、笑ったりは出来ないし、スムーズな感情表現とかは難しい。でも人の話は理解できるし、物語を読んだり見たりして内容を把握することは出来る。そんなかめくんは、身の回りで起こるちょっとした不可思議なこと、あるいは物凄く日常的なこと、それらから少しずつ色んなことを推論し、蓄え、成長していく。
そんなかめくんの有り様は、なかなか楽しい。嘘をつくことができなくて、昔のことは覚えていなくて、正しいだろう推論をする。そういうかめくんが、人間の社会の中で、よくわからない様々な出来事にさらされながらも、レプリカメとして真っ当に生きていく。それが、本書の基本的な物語です。そう、とにかく、かめくんの日常を描き出す作品です。
まあここに、評価の難しさもあるのだけど。
本書では、思わせぶりな設定や描写がかなりたくさんある。謎のクーラーだとか、謎のザリガニだとか。そういうものの多くが、あまり解消されないまま終わってしまうのだ。
これが、基本的にSF読みではなく、昔はミステリをよく読んでた僕には、評価しにくいところだ。
まず本書は、何が凄いかって、日本SF大賞受賞作だってことです。SFとして、非常に高く評価されている。でも、中身は、一風変わったロボットであるかめくんが、人間社会の中でどう生きているのか、という非常に日常系の話です。だから、SF初心者でも、表面上はとても読みやすいのではないかと思う。
でも、基本的にミステリ読みとしては、提示された『伏線』は出来れば回収して欲しいな、と思ってしまう。思わせぶりに登場して、結局なんなのかよく分からないまま物語が閉じてしまった本書は、不条理日常SFなんて風にも呼ばれているらしいのだけど、その不条理さが、僕はあんまり得意ではなかったんだよなぁ。
本書は、かめくんの日常の背景に、もの凄く壮大な世界が広がっているように感じさせてくれる。『伏線』は、ところどころ回収される。何故木星での戦争が勃発してしまったのか、という発端はそのアホらしさが素晴らしく面白いし、女子高生の間で甲羅をつけることが流行るのも理由が説明される。ただ、作品の全体像を摑めないような気がする。
ただやっぱり、基本ミステリ読みとしては、思わせぶりに色々出てくる様々なモチーフは、出来るだけ謎が解消されて欲しいな、と思ってしまう。色んな断片が宙ぶらりんのまま終わってしまった、という印象が結構あって、だからこの作品の評価はなかなか難しいなぁ、と思う。
本書で描かれていることから、かめくんが置かれている奇妙な世界について、読者があれこれ考えてみる、そういう楽しさを備えた作品なのかもしれません。そういう作品が合うという人もいるでしょうし、実際この作品は非常に評価が高いです。ただ、僕にはそこまで合う作品ではないかな、という感じでした。
本書が、ただ単純に「かめくん」の日常を追うだけで、背後に深い設定を感じさせなければ、変わった反応をするかめくんのちょっと変わった日常を描く作品、と捉えることでそれなりに面白く読めたかもなぁ、と思います。でも本書は、その外側に、かなり奇妙で壮大な深い設定がある。その設定を、SFを読み慣れていないだけなのか、はたまた僕の読解力がなさすぎるのか、うまく掴みきれなかったのが、僕としては評価に迷うところだなという感じがします。
SFとしてどうなのか、というのはイマイチちゃんとは判断できないけど、一冊の小説としては、好きな人は好きだし、好きじゃない人は全然好きじゃない、という感じの作品なのではないかなという感じがします。
人間のような心を持っていそうで持っていなさそうで、という、かめくんの思考する(推論する)感じは、なかなか面白いかな、という感じがします。
なかなか僕には評価するのが難しい作品でしたけど、世間的にはとても評価の高い作品です。気になる方は読んでみてください。

北野勇作「かめくん」



ノンフィクション新世紀(石井光太編集)

内容に入ろうと思います。
本書は、ノンフィクション作家として独特のスタイルを持ち、独特の立ち位置を築きつつある石井光太が編集長を務めた、様々な形でノンフィクションを扱った、ノンフィクション読本、という感じの作品です。
ざっとどんな構成になっているのか書きましょう。
本書のメインとなるものを三つ挙げるとするならば、
「ノンフィクション連続講座」
「ノンフィクションベスト30」
「ノンフィクション年表1980-2011」
の三つになるでしょうか。
「ノンフィクション連続講座」は、ノンフィクション作家や編集者になりたいと考えている人向けに行われた有料の講座で、本書で収録されているのは、松本仁一・森達也・高木徹・藤原新也の四人です。
実は僕は、松本仁一・森達也の講座に行って来ました。
別に僕はノンフィクション作家になりたいとか編集者になりたいとかいうわけではないんですけど、単純にノンフィクションというものに関心があるんで、面白そうだなと思って行ってみることにしました。なので、松本仁一・森達也の部分は知っている話だったんですけど、読み返しても面白かったなと思います。
ここで収録されている四人は、出自やスタイルはまったく違うノンフィクション作家です。松本仁一は元朝日新聞社の記者であり、森達也は基本的にドキュメンタリーに軸足を置いているフリーだ。高木徹はNHKのディレクターとしてドキュメンタリーを撮っているし、藤原新也は成り行きで文章を書いたり写真を撮ったりするようになった、と語っている。
そんな彼らが、石井光太と対談するような形で、自身のこれまでの仕事や、そこで培われてきたスタイル、ノンフィクションというものに対する思いや今後の展望など、様々なことを語っていく。
「ノンフィクションベスト30」は、石井光太が選出したのだろう16人に、自身のノンフィクションベスト30を選出してもらう、というものだ。角幡唯介や柳田邦男らのノンフィクション作家もいれば、角田光代や花田紀凱や河瀬直美といった、ノンフィクション作家以外の人選もある。彼らが選ぶ『ノンフィクション』は多様で、人によってはそれはノンフィクションではないと感じる作品も挙げられているだろう(何せ、村上春樹の「1Q84」を挙げている人もいるのだ)。しかし、その辺りまで含めて面白い。それは、ノンフィクションというジャンルの幅広さや何でも受け入れる許容力みたいなものの現れのような気がしている。読みたい本が増えて実に困る。
「ノンフィクション年表1980-2011」はその名の通り、過去30年間のノンフィクションを概観するものだ。もちろん、出版されたものすべてを取り上げられるわけもないが、石井光太を含む数人で、その時代を代表するノンフィクションを3冊選出しちょっとしたコラム的文章をつけ、あとは1行の内容紹介とともにたくさんのノンフィクションが紹介されるというスタイルになっている。まあ読みたい本が増えて困る。
これ以外にどんなものがあるかを、以下で箇条書きにしてみよう。

「雑誌編集者の軌跡 ノンフィクションが生まれる現場で働く」
元文藝春秋の花田紀凱、元集英社の鈴木力、講談社の矢吹俊吉の三人を呼び、雑誌編集者の視点からノンフィクションとの関わりやそれぞれの時代の有り様などを語ってもらう

「書店員座談会 ノンフィクションは、売れる。」
三省堂書店営業本部・内田剛、紀伊國屋書店新宿本店仕入課課長代理・大藪宏一、オリオン書房サザン店店長・白川浩介、丸善丸の内本店和書グループ・高頭佐和子の四人が、書店員の立場から、「ノンフィクションを売る」ことについて語る。

「スペシャルインタビュー 田原総一朗・猪瀬直樹」
編集部が、田原総一朗と猪瀬直樹にインタビューをし、二人のこれまでのノンフィクションとの関わりを追う。

「若手訳者競作!海外ノンフィクション新潮流」
三人の若手訳者が翻訳した作品の一部を掲載するというコーナー。

というような内容です。
こういう、ノンフィクションについてまとまった作品というものをたぶん読んだことがなかったので、面白かったですね。ホントに、読みたい本が山ほど増えて困りました。
僕にとって「ノンフィクションを読む」というのは、「「正しさとは何か?」と問い続けること」だと思っています。一つの出来事・事件・災害に対して、それをどこから見るかという視点はいくらでも選択できる。その中のどれか一つだけが正しいわけではない、ということを、僕はノンフィクションをたくさん読みながら学んでいったと思う。自分の目で見たり感じたりしたものはまた別として、こうやって本やあるいは映像で、自分が知らなかった世界や状況を知るということは、『誰かの視点を借りてそれを見ている』ということだ。世の中には、ありとあらゆる状況があって、その一つ一つに対して様々な価値観が存在する。その中からノンフィクション作家は、たった一つの出来事を、限りなく選択肢の少ない視点から見定めようとする。無限の状況を無限の視点で捉えていたら、作品という形にはならない。どうしたってノンフィクションやドキュメンタリーというものは、何かの視点で切り取られたものになるのだ。
それ意識しながらノンフィクションを読み、「正しさとは何か?」と考える。逆に言えば、そういう風に感じさせてくれる作品こそ、僕にとっては素敵なノンフィクションということになる。ただ事実を知りたいわけではない。そこに誰のどんな視点があり、それがどのように揺らぎ、「正しさ」が見えにくくなる。その不安定な感じすべてをそのまま作品の中にぶっ込んでもらえると、読んでワクワクさせられるノンフィクションだなと思う。
そういう話は、「ノンフィクション連続講座」の中でも繰り返し語られることになる。
特に森達也は、ノンフィクションに客観などありえないと断言し、主観で何を切り取るかにこそ意味があるのだ、というようなことを繰り返し主張する。著作を読んでそういう主張については知っていたけど、改めて本人の口から聞くとやはりその想いは強いのだなと思わされる。
個人的に一番面白かったのは、「雑誌編集者の軌跡 ノンフィクションが生まれる現場で働く」かもしれない。ここでは、ノンフィクション系の総合誌がまだ元気だった時代に、彼らが一体どんな風に仕事をしてきて、また新しいノンフィクション作家を見つけ出し育てていったのか、というような話が描かれていて、凄く面白いと思った。特に驚かされるのは、やはりオウム真理教だ。森達也は「A3」の中で、「オウム真理教の存在が、日本人の色んな価値観を変えた」的なことを書いているのだけど、本書でも同じようなことが描かれている。
地下鉄サリン事件が起こると、メディアではとにかくオウムバブルが起こった。オウム真理教の話であれば何でも載せろ、という風潮になってきた。そんなおり、編集部に怪文書が届くようになる。オウム真理教についての中傷的な与太話が書かれているものだ。
『週刊プレイボーイ』の編集長だった鈴木力はそれらを無視したが、驚いたことに他誌は裏づけも取らないままバンバン載せた。鈴木は結局、そういう記事を載せなかったことで異動させられることになる。

『今思うと、この事件をきっかけにして雑誌ジャーナリズムの倫理が崩れたとつくづく思った。オウム事件の前までは雑誌にも倫理があった。しかし、オウム事件をきっかけに、売れれば何でも載せるという空気ができてしまったと思う。』

と鈴木は語る。
そして石井光太はこう結ぶ。

『かつて雑誌は、新聞やニュースの補えない深部をより多くのボリュームで報じるというところに役割を見出していた。だが、サリン事件をきっかけにして、雑誌を打つためならガセネタでもそのまま掲載するという風潮が生まれてしまったのだ。
こうしたことが大局的には雑誌の更なる部数低下に結びついているといえるが、東日本大震災の原発報道でもそのような傾向があったことは否めない。鈴木は、少なくともそうしたことの発端がオウム報道にあったと考えている。』

「A3」を読んだ時にも思ったけど、オウム真理教というのはそれほどメディアに、そして国民の意識に、多大なる影響を及ぼしたのだな、と改めて実感させられた。

あと個人的に、ちょっと凄すぎるなと思ったのは、田原総一朗。この人はちょっと頭がおかしいんじゃないかと思った。

『ドキュメンタリーもノンフィクションも刑務所の塀の上を歩くようなもの』

と語る田原総一朗は、かつて撮ったドキュメンタリーで、ピアニスト・山下洋輔を扱ったものがある、という話をする。
この企画が、ちょっとぶっ飛びすぎていると思う。
山下に「どういう状態でピアノを引くのがいいか?」と聞いた田原総一朗は、「弾きながら死ねればいい」という山下の答えを聞き、早稲田大学へと向かう。そこで黒ヘルの連中に、「山下洋輔という男がいて、ピアノを弾きながら死にたいと言っているんだけど、どうだろう」と持ちかけるのだ。それで早稲田の大隈講堂からピアノを盗み出し、民青が占拠している校舎の地下に入れる。そうやって、ゲバルトが起こるように仕向けた。結果的にそれは起こらなかったが、もしゲバルトで山下洋輔が死んでいたら、僕は当然逮捕されたでしょうし、番組も潰れたでしょう、と語っている。いや、もうホント、何言ってるのかわかんないんっすけど、って感じだ。これぐらいぶっ飛んでないととんでもないものは作れないんでしょうねぇ。
色々書きたいこともあるんだけど、時間がないので、作中から気になるフレーズをあれこれ抜き出して終わろうと思います。

「ノンフィクション連続講座」
松本仁一:「つまり、テレビや新聞が取材対象としているところはあくまでも取材のスタートラインでしかなく、そこからどんどん奥へ進んでいくわけです。」

松本仁一:「昔は、デスクや部長というのは責任を取るのが仕事でした。だから、下に対しては、「お前ら好きにやれ、そのかわり部長は、夜は飲んでいてほとんど使いものにならんけど、お前らがやりそこなったときに辞表を書くぐらいの準備はしている。お前らが辞める必要はない、俺が辞めれば済むんだ」と、はっきりしていた。」

森達也:「表現における客観性など、100パーセントありえないと思っています。何かを撮る、あるいは取材すると決めた瞬間に、自分の主観は発動しています。」

藤原新也:「だけどね、写真っていうのは「撮らない」ことによって想像力が生まれる世界なんですよ」

藤原新也:「今はコピー時代だから、気の利いたワンワードがあるとなんとなく納得しちゃうところがあるけれど、それではいけない。今日、二時間近く色々なことを話ました。その色々な所から一つのこれだけはという言葉を導き出すのは僕じゃないんです、あなたたちなんですよ」


「雑誌編集者の軌跡」

『これは「月刊現代」などの場合でも同じだが、昔も今も「週刊プレイボーイ」には広告があまり入らなかったし、どれくらい入ったのかたいして気にしていなかった。広告を入れれば、書けない記事が増えてしまうためだ。それゆえ編集部員たちは広告のことなどは考えずに、記事や企画の面白さによって読者をひきつけ、あくまで実売で勝負するしかなかったし、その競争が雑誌に面白さを生み出していたといえるだろう』

『(「g2」は)編集部をつくらず、社内でやりた編集者が有志として名乗り出る体制を組むことにした』

「スペシャルインタビュー」

猪瀬直樹:「(作家としてデビューするまではどういう作品を読んでいたかと問われ)…そんなのはめ、関係ないんだ。何を読んだかではなく、何を考えたかだ。俺じゃなきゃ出来ないというものは、考えないと出来ない。考えて、どうしたら古くならないかを考える。」

読みたい本がガリガリ増えたんで、そういえばあれは部屋のどこかにはあったよなぁ、みたいなことを思い出しつつ部屋の本を漁ったり、本屋の棚をウロウロしてみようと思います。やっぱりどうにかして、もっとノンフィクションがナチュラルに読まれる雰囲気になるといいし、そうなるように、売り手として自分も努力しないといけないなと思います。とりあえず近々の目標として、本書をメインとして常設の「ノンフィクション棚」を作ろうかな、とか思っています。是非読んでみて下さい。

石井光太編集「ノンフィクション新世紀」



愛すべき娘たち(よしながふみ)

内容に入ろうと思います。
先に書いておくと、漫画です(いや、わかるかもですけど、一応。あんまり漫画の感想って書きませんからね)。
ある母娘を中心に据えて、彼女たちと関わる人たちを描く、連作短編集のような感じの長編です。

「第一話」

雪子は、母・麻里と、ずっと中のいい親子をやってきた。母は美しいが決して自分の美しさを認めることなく、再婚もせずに二人でやってきた。
その母が、再婚するという。雪子は30歳。母は、癌を患っていた。好きなように生きるの、と母はいう。これまでだって好きなように生きてきたくせに、と娘は思う。
大橋健は、27歳。母の再婚相手だ。
時代劇の役者になりたいという。母とはホストで出会った。
そんな大橋と、一緒に暮らすことになる。

「第二話」

大橋の友人である和泉は大学教授で、研究室に押しかけてきた『薄気味の悪い女』に強引に押し倒され、口で処理された。という話を、夕食に招待された麻里・雪子宅で相談をする。
どうしたらいいだろう?
その後もその学生は、研究室にやってきては口で処理をして帰る。会話の端々から、これまでまともな恋愛をしてこなかったんだなということがわかる。当人は、そんな風にはまったく思っていないけど。
なんというか、次第に和泉の気持ちが変わってくる。まあ、男は単純というかなんというか。

「第三話」

雪子は、大学時代の友人である、作家の唐沢と、祖父の仕事である建築士を継いだ莢子の二人と飲んでいる。唐沢は結婚相手に求める条件がなんというか微妙に高くて、それで結婚が出来ないでいる。雪子は、キレイなくせにあんな十人並みの男と結婚するのね、なんて茶化される。
それにしても、莢子が未だに結婚できていないのが、二人には不思議で仕方がない。それはもう、絵に書いたような「清楚で優しい女」なのだ。男だったら放っとくはずがないのだが、未だに結婚が出来ない。
莢子は、身辺がちょっと落ち着いたこともあってお見合いをすることにするのだが、誰に対しても結局断りの電話を掛けてしまう。
あの人に会うまでは。

「第四話」

中学時代。雪子には、牧村と佐伯という女友達がいた。牧村は、結婚したら男が家事をしないのは当然だ、女が戦うしかない、私は後々の女性のために民間で定年まで勤めあげるよ、と言っていた。雪子は唐突にそんなことを思い出し、牧村と佐伯に結婚の報告をする手紙を書く。
雪子は別の高校に進学し、牧村と佐伯は同じ高校に進んだ。
佐伯は牧村とその後も関わり続けた。牧村の言い分は、どんどん変わっていく。編集者になりたいと言った牧村の代わりではないが、佐伯は出版社で派遣として働いている。
あの頃の牧村は、もういない。

「最終話」

ひいばあちゃんの葬式で祖母が号泣しているのを、母・麻里は冷徹に見ている。私は、あなたが死んだって泣かないわよ。
子どもの頃麻里は、母に容姿について悪く言われ続けた。未だにそれをひきずり、再婚相手である大橋の褒め言葉さえも聞き入れない。客観的に見て、麻里の容姿はとても美しいというのに。
どうして祖母は、母・麻里にそんなに容姿について強く当たったのか。

というような話です。
これはいい話だったなぁ。僕は男だから、どうしたってこの作品の隅々までその良さを理解し切ることは出来ないんだろうけど、凄くいいと思いました。
本書で描かれているのは、『女性として生きる』ということそのものだ。
たぶん女性の生き方は、ここ何十年かで物凄く選択肢が増えたのだと思う。かつては、結婚相手を決める自由も、家庭の中で何かを決断する自由もなかった女性が、様々な社会の動きや女性による闘いの結果、それまでとは比べ物にならないほど多様な選択肢が生まれていったのだと思う。
しかし、それ自身が、女性をまた苦しめてもいる。
最近知り合いの女子大生が、「昔のように選択肢のない環境で結婚できればいいのに」と言ってたのを聞いて驚いたことがある。その女子大生によると、多様な選択肢がある世の中で生きることは辛いのだそうだ。
わかるような気もする。
選択肢が増えたと言っても、それは決して「誰にでも手が届くもの」ではないはずだ。確かに、選択肢は増えたし、可能性は広がっただろう。しかし、そこにたどり着くには、運や相当の努力が必要なのだ。
しかし、社会や男はそんな風に見ない。
ただ単純に、「選択肢が広がった」という事実だけを見て、女性の人生を捉えようとする。つまり、そんなに選択肢が広がったのにそれを手にできないのは、あなたがただ怠慢だからだ、という視点が生まれたことだろう。
きっとこの視線ではないだろうか。女性を苦しめているのは。
選択肢がない世の中であれば、女性は内に秘めた思いを外に出せないストレスにはさらされるだろうが、手を伸ばしても届かないような高さにあるダイヤモンドを遙か下から眺めるようなストレスにさらされることはなかっただろう。現代を生きる女性たちは、恐らく、そんなストレスにさらされているのではないか。
そして、その状況は、一面には女性の闘いの結果である。つまり、女性自身がそれを望んだ結果だ、という風に捉えられているだろう。その事実も、女性にとってはしがらみになるだろう。
本書では、そんな窮屈な現代社会を生きざるを得ない様々な女性たちが描かれているように思う。

雪子は、自分より年下の義父と生活を共にすることになる。

研究室にやってくる女子学生は、これまで付き合ってきた男たちに吹きこまれてきただろう、明らかに間違った価値観をすべて信じて生きている。

莢子は、『結婚』というものを強く意識しさえしなければ気づかなかっただろうとある真実に気づいてしまい、自らの身の振り方に悩む。

佐伯は、中学時代あれだけ威勢がよかった牧村の言葉を思い返し、女性が社会で働くことの辛さを噛み締める。

麻里は、自力ではどうにもしようがないコンプレックスの呪縛に囚われている。

女性であるということは、男であるということよりも、やっぱり遥かに複雑だと思う。「母」と「娘」の関係の難しさは、それ以外の親子の組み合わせにはなかなか現れ出にくい『何か』があるように思う。女性にとっての『結婚』と、男にとっての『結婚』は、やはり今に至ってもその重さや意味合いがまるで違う。女性が、男向けに作られている(日本という国はそういう国だろう)社会の中で働くということの大変だ。どれも、男に生まれれば悩むことはなかっただろう事柄だ。
もちろん、男特有の状況も未だにあるだろう。『家を継ぐ』なんてのはその一つだろう。でも、なんとなく、男に関するそういう状況は、どんどん社会的な意味を失いつつあるように思う。男に生まれることで、絶対的に囚われてしまうような事柄って、そう多くはないように思う。でも、女性の場合は、未だにそういうものに溢れている。
何故共働きなのに、家事をするのは妻だけなのか。
そうではない家庭もあるだろう。でも、未だにそういう考えの抜けきっていない男も多いだろうと思う。
女性はこれまでも、そういう状況を闘って、社会の中に新しい価値観や地位を確立してきた。だから、家事の問題も、しばらくすれば解消されていくだろう。共働きの夫婦が増えてきたのも最近のはずだ。今はまだ過渡期で、これからどんどん変わってくるだろう。
しかし、先程も書いたように、そうやって女性が闘い新しい価値観や地位を積み上げていき、選択肢を増やすことで、女性は一層窮屈になっていく。闘いによって選択肢が増えれば増えるほど、余計状況は辛くなっていくのだ。
この状況とどう闘えばいいのか。
その答えは本書では提示されていないだろう。しかし、本書を読むと、仲間を見つけた気分になれるのではないかと思う。あなたの内にある『その問題』について悩んでいるのは、決してあなただけではないのだ、という声が聞こえてきはしまいか。
そういう意味で本書は、非常に女性に受け入れられやすい作品なのではないかと思う。
僕が一番好きな話は、「第三話」の莢子の話だ。
莢子が、僕の友人に似すぎていてビビった。本当に俺の周りに、莢子みたいな女性がいるのだ。
莢子は、外見は美しく、誰に対しても平等で優しく、色んな物事にサバサバしていて、一方で可愛げもある。祖父の介護を母と二人でずっとやってきたから婚期を逃した。人に尽くすことになんの抵抗も感じない、人の悪口をまるで言わない、まさに菩薩のような人間だ。
そんな莢子が、お見合いをする。莢子が感じる違和感を、読者はなかなか気付けないのではないか。僕は、その似てる友人の感じから、なんとなくこういう感じかなぁ、なんていうことはわかったんだけど、莢子の行動原理はなかなか掴めないのだと思う。
僕もはっきり掴めていたわけではないから、莢子の物語を読んで、逆にその友人のあれこれに納得できたような気もする。莢子のような行動原理は、莢子のような存在が実在するのだということを知っていないと、なかなか信じられないだろう。僕は知っていたので、ラストの展開もなるほどと思えてしまった。まあ、俺の友人は、莢子のような決断は絶対にしないだろうと思うけど。
友人に似ていたから、というだけでは決してないのだけど、この「第三話」の話が一番衝撃的だったし、グッと来た。
あとは、「第四話」の、佐伯と牧村の感じも好きだなぁ。牧村は、中学時代あんなに意気揚々と将来を語っていたくせに、会う度会う度、考えも行動も変わっていく。佐伯から見て、悪い方に。少なくとも、中学時代の牧村と比べたら良くない方に。佐伯は、昔から強く何かを主張する人間ではなかったけど、芯のある人間として描かれていて、紆余曲折を経ながらも社会の中でどうにか一生懸命に働いている。
その佐伯のラストシーンは凄くいい。あんな一瞬が、それを引き起こした人物には決して想像もしえないような強烈な効果を生むこと。なんかそれが、とても新鮮だった。
「最終話」の祖母と母の関係も良かった。物凄く美しいのに、自分の容姿に恐ろしくコンプレックスを持つ母と、母をそんな風にした祖母。お互いに、それぞれ主張がある。その主張は、個別に聞けば理解出来るが、しかしその二つは決して交じり合わない。

『母というものは要するに一人の不完全な女の事なんだ』

という一文は、なんというかとてもグッと来た。

女性が読めば、もっと深くまで心に届く作品なんだろうなという気がします。女性にとっては、『社会』というのは山ほどある。『家庭』だったり『職場』だったり『恋愛』だったり。そして、そのほとんどで闘いを強いられる人生だ。どれもが戦場。それを当たり前のこととして生きてきた女性に、男がとやかく言えることは多くない。闘いによって選択肢を増やすことが逆に女性たちを苦しめることになるという悪循環の中に囚われる、そんな風に思えて仕方ない女性という存在。そんな難しい存在を、非常に豊かに描き出していると感じました。是非読んでみて下さい。

よしながふみ「愛すべき娘たち」



きのうの神さま(西川美和)

内容に入ろうと思います。
本書は、僻地の医療というものを大きな外枠として設定して、その中で起こるささやかな物語を描いた5編の短篇集です。

「1983年のほたる」
りつ子は、塾に通うために本数の少ないバスに乗っている。中学受験をして、自分の生まれた村から出たい。狭い狭い価値観の中で生きている土地から離れたい。小学生にしてそんな風に考えていた。
塾でその成績優秀っぷりで脚光を浴びる匂坂さん。彼女に憧れて、でも話すことはおろか近づくことも出来ない日々。
塾からの帰りのバスの運転手は、いつも同じ人だった。一ノ瀬時男。りつ子はその男のことがなんだか嫌だった。夏祭りの日に一人で夜店をぶらぶらしている姿を見て、改めてそう思った。
ある日りつ子は、バスに乗っている時、時男に話しかけられる。

「ありの行列」
男は、学会のために数日島を離れる老医師の留守番として、島にやってきた。多少の引き継ぎが必要だけど、迎えに来てくれるはずの老医師の姿が見つからず、診療所まで行くと、夫の容態の悪さを訴える老女に捕まっているのだった。
ひょいひょいと階段を登り降りする老医師とは対照的に、動悸の激しさを隠せない男。老医師は、この島での正しい医療というのがどんなものなのか、どんどんわからなくなっている。
男は老医師の代わりに診療をする。森尾セイという患者に、「一人で来て」と呼ばれて行く。

「ノミの愛情」
夫は、市立病院に勤める心臓外科医である。その世界ではもの凄く評価が高いらしい。技術だけではなく、人柄も。看護婦を自宅に読んで私に手料理を振舞わせ、そこでも完璧な人格を演じる。
私以外の人に見せる顔が完璧なのだ。
隣の家で飼われているトーマスという犬。私はそのトーマスが気になって仕方がない。

「ディア・ドクター」
職場の実験室で作業を続けていたぼくの元に、家族から電話。仕事中電話が掛かってくるなんてまずないことだ。
父がゴルフ中に倒れたという。
すぐさま駆けつける。母がそこにいて、父は眠らされていた。
ぼくは、兄を待つことにする。
兄。今では、ここと陸続きとは思えないほどの僻村で、医師一人看護師一人という病院で事務を任されているという。長いこと、会っていない。
兄は、父の視線を気にしすぎ、また父にまるで期待されず、落ち込む子ども時代を過ごした。振り返ってみればあれは、兄は父に恋をしていたということなのだと思う。
兄は、まだこない。

「満月の代弁者」
男は、今日で島を離れる。そして、後任である野添医師を連れて、島内の患者の元を回っているのだ。
野添医師は、確かにベテラン医師であるが、そのほとんどを研究室で論文を書くことに費やしていた。診療は、ほとんどやったことがない。
島にある篠井商店。全体的に不調だけど大病はない祖母と、そんな祖母を支えるために会社を辞めた孫娘がいる。二人の願いは共通している。お互いのために、ポックリ死にたい。

というような話です。
西川美和は、写真を撮るみたいにして小説を書くなぁ、と思う。西川美和が映画監督だっていうところからの先入観ももちろんあるだろうけど、読んでいてそう思った。
時々、複数人で会話している場面で、誰が話してるのかはっきり分からない場面がある。たぶんそれは、敢えてそのままにしているのだろうなと思う。小説において、誰が喋った会話なのかはっきりさせるためには、色んなことをしなくてはいけない。しかし、その色んなことをしたために、リアリティが失われることが往々にしてある。たぶん西川美和は、それをよしと出来ない人なのだろう。僕らが普段している会話は、物凄く省略されているし、そのまま文章にしたら全然通じなかったりするようなものも多いはずだ。でも西川美和は、出来るだけそういう「本当らしさ」を写真で撮るみたいな感じで写し取ろうとしているんだろうなという感じがする。
それに、この作品はそもそも、写真を何枚も繋げたような、そんな雰囲気を持つ作品だ。
はっきり提示されるストーリーや展開というものはない。描かれるもの同士の関係性がイマイチよくわからないこともある。普通の小説のように、流れがあるような分かりやすい展開というわけでもない。着地点だって、はっきりと示されているわけではない。
それは、誰かがある場所を訪れて、気の向くままにパシャパシャ撮った写真を並べてみた時に伝わる何かと、凄く近いような気がする。西川美和は、それぞれの場面場面をくっきりさせることに集中しているように思う。それが、個別の写真に当たる。で、あとはそれをそっと並べることで、繋がりとか関係性とかは、まあ好きに読み取って、みたいな感じなんじゃないかな、と思う。写真集をパラパラめくっていると、そこに文字がまるでなくても、見る人それぞれが何らかのストーリーをそこに見出すこともあるだろう。そういうことを、文字でやろうとしているのだろうなと思う。僕はそんな風に感じた。
僕にはちょっとこの作品は大人しすぎるように感じられて、ググっと来るという感じではなかったのだけど、巧いなとは思う。一枚の絵に見えているものが、実はとても薄い何かの積み重ねであって、その薄い何かを一枚一枚丁寧に描き出しているかのよう。
また、僻地という設定もうまく生かされているように思う。決して便利なわけでもない(そもそもそういう土地にある決して満足といえるわけではない医療を描いている作品だ)、何があるわけでもない土地に、それでもなお住んでいる人たちの中にある様々な思い。僕自身田舎出身だけど、特別そういう田舎だからという思いを感じる経験をしてこなかった僕には実感と呼べるところまで迫ってくるわけではないのだけど、人一人の存在が強く刻印を持つそういう僻地での生活というものを、それぞれの立場から巧く描き出しているような感じがしました。
非常に丁寧に描かれた作品という感じがします。「ディア・ドクター」で描かれる兄の存在が、なんだか一番印象に残りました。

西川美和「きのうの神さま」



お金はおつも正しい(堀江貴文)

内容に入ろうと思います。
本書は、堀江貴文が贈る「お金」の話です。
基本的な構成は、各章の最初にまず最初に漫画が4ページある。その章に関係する事柄を、街中で何故か堀江貴文に出会ったフリーター目線で描いています。それから、堀江貴文の文章が続く、という構成になっています。
扱われているテーマは、「お金」に関する結構基本的なことだと思います。「お金」とは「信用」である、というところをスタートとして、貯金の是非や借金・ギャンブルについて、結婚や自己投資、世代間格差や働かない生き方など、「お金」というものをテーマにして様々な話が展開されます。
本書を読んで、堀江貴文が本書を通じてこれを伝えたいのだろうなと僕が思ったことは、

『これからの日本は、これまでの常識が通用しない社会になっていくよ(既になり始めているよ)』
『そんな中で、それまでの社会では成り立っていたのかもしれない「お金」に関する幻想を引きずっててもいいの?』
『それまでの概念に囚われずに、「お金」に関する適切な知識と正しい態度を身につけて、自分で自分の道を切り開いて行った方がいいよ』

というような感じだろうと思います。
そして僕は、そんな堀江貴文の考え方に、かなり共感できるんだよなぁ。
例えば、こんなことを書いている。

『「貯蓄は美徳」という考え方は完了が作り出したキャンペーンでありそれに多くの人々はずっと騙されているのです。』

『年収をはるかに超える預金を持つことには意味がありません。お金を活かしきれていないことになります。』

『十分勉強して、お金を預けること以外の資産形成の努力を普段から行う。それが貯金という思考停止状態かrあ抜け出す唯一の手段だとボクは思います。』

『いまのように変化の激しい時代においては、「持ち家=幸せ」という既存の価値観だけでは対応しきれなくなっています。』

『労働という概念において、現代人は大きな誤解をしていると思います。多くの人たちは食うために働いているのではありません。働くために働いているのです。』

『働かざるもの食うべからず、という言葉もありますが、働くことが社会の義務であるかのように思い込まされています。』

堀江貴文の議論は、あまりにも「お金」を中心に据えすぎていて(まあ、そういう趣旨の本だから当然なのかもしれないけど)、そういう意味で受け入れ難さを感じる人もいるかもしれません。僕も、堀江貴文の提示する結論には賛成だけど、その理由にはちょっとなぁ…という部分がないわけでもありません。それでも、今世の中にはびこっている『常識とされる考え方』をひっくり返してみせるスタンスに、僕は凄く好感が持てます。
僕自身はなんというか、みんなが同じ方向を向きすぎているように見える状況が凄く怖くなることがあります。みなが向いている方向が正しいかどうか、というのは正直そこまで僕には関心がなかったりします。どの道、正しいかどうかが個人の価値観に帰着される事柄ばかりだと思うからです。
しかしそういう事柄について、何故かみな同じ方向を向いているなと感じられることがある。えっーー!!って正直思います。そこはみんな、もっとバラけてもいいんじゃない?そりゃあ昔みたいに、選択肢も少なくて格差を乗り越えるためのツールもなかなか存在しなかった時代ならともかくも、今は選択肢も多様だし、インターネットを初めとして、使いようによっては格差をひっくり返すことが出来るツールもたくさんある。そういう中で、どうしてみんな魚の群れみたいに同じ方向を向いているんだろうなぁ、と怖くなることがあります。
そりゃあ、大多数の中に紛れていれば安心は出来ます。でも、その安心は、どんどん幻想になりつつあるよなぁ、と思います。
東日本大震災の時、政府の「ただちに影響はない」と繰り返された発表に、懲り懲りした人は多いのではないでしょうか?それは、「お上が言っている」以上の価値が一切ない言葉だったと、僕たちは実感したはずです。それなのにまだ、国を信じている。信じているのは国だけではなくて、大企業とか銀行とか、そういうのも信じている。
確かに、そういう部分へのある程度の信頼がなければ、社会がまとまっていかない、というのは確かでしょう。だから、信じてはいけない、なんて思っているわけではありません。でも、「盲信」はちょっとマズイんじゃないかなぁ、なんていつも思っていたりしました。もちろんそんな僕も、無意識の内に「盲信」している事柄があるだろうなと思います。とはいえ、出来るだけ既存の価値観を疑い、世間一般では異端であっても、自分がそうしようとか、自分が正しいと思う方向へ、僕は進んできたという気持ちがあります。
だから僕は、今の自分の人生に結構満足しています。
仕事は楽しいし、生活上の不満や制限はないし、困っていることも辛いことも特にない。楽しいことは割と日常の中の色んなところにあって、ちょっとしたことだけど変わったところから評価を得られているかも、なんて実感もある。僕は、フリーターだし、将来のことなんて真剣に考えてないし、履歴書に書けるような特別なスキルも何もないけど、でもかなり満足した人生を送れているな、と思います。
もちろん、10年後どうなっているか分かりません。10年後は、僕の方が辛い生き方をしていて、今同じ方向を向いてちょっと辛いかもしれない人生を生きている人たちの方が楽しい人生を送れているかもしれません。
でも、それは分かりません。
僕は、遠い将来の自分の安定のために、今を犠牲にすることはできません。今が楽しければそれでいい、というのも短絡的過ぎますけど、堀江貴文も、激動の時代なのだから10年後の目標なんて考えない、1~2年先の目標を考えて進んでいく、みたいなことを書いていました。
そう、今から遠い遠い将来のことを心配しても、どうしようもないよなぁ、なんて思ったりしています。
そりゃあ、不安がまったくないわけでもないけど、でもそれは、どれだけ準備したって不安が消えるわけではないと思うんですね。人生、どんなことだって起こりうる。もちろん、無理しすぎることなく出来る努力はするべきかもしれないけど、今を犠牲にしてまで将来のことなんて考えたくありません。
それに、お金にも頼りすぎたくありません。
本書で堀江貴文は面白いことを書いています。

『先の見えない混迷の時代。無意味な貯金や生命保険にお金を費やすなら、家族や友人との関係を深める方がよっぽど意味があります。』

素晴らしい。「お金」についての本とは思えないほどの、素晴らしい正論だなぁと思いました。
そうなのですよね。どれだけお金を持っていても、いざという時に誰も助けてくれなければ、それは辛く悲しい人生でしょう。一方、たとえお金がなくても、いざという時に力になってくれる人がたくさんいる方が、安心な人生を送れるのではないでしょうか?
僕は本書には、とても当たり前のことしか書かれていない、という風に感じました。もちろん、僕のこれまでの価値観や考えの中にはない発想もたくさんありましたが、そうでなければ、そうだよなぁ俺も前からそんなようなこと考えてたんだよなぁ、と思えるようなことが凄く多いなと思いました。もちろん、全部ではありません。「借金」についての考え方なんかは、まだまだ僕は硬直的なのかもしれないな、と思ったりもします。まあともかく、書かれている内容の真っ当さに驚きました。本書は、どうやってとんでもなくお金儲けするかなんて話も出てこないし、「お金」こそすべてだなんて発想もまったく出てきません。むしろ、稼ぎたくない人は別にお金なんて稼がなくたっていいんじゃないの、みたいなスタンスでさえあります。
「お金」について真剣に考えることは、自分自身の人生について真剣に考えること。なんだかそんな風に感じました。
本書を読んでも、具体的な「答え」が描かれていることは、むしろ少ないと思います。そうではなくて、「お金を稼ぐのも使うのも下手な日本人」に、それまでの「お金」に関する価値観が間違っていることを伝え、さらに自分の頭で考えるためのヒントを提示してくれる作品です。人それぞれ人生がまるで違うように、「お金」との関わり方も違う。誰にでも当てはまる正解なんてどこにもない。そういうスタンスが結構好きだったりします。
受け入れられない考え方もあるでしょう。人それぞれ違うのだから、別に本書のすべてを受け入れなければいけない、なんてことはありません。ただ、自分が「お金」というものをどんな風に捉えているのか、そしてその価値観は自分の求める人生にピッタリ合っているのか。そんなことを考えるきっかけになる一冊になるのではないかと思います。是非読んでみて下さい。

堀江貴文「お金はおつも正しい」



警察庁長官を撃った男(鹿島圭介)

いやはや、これはとんでもない作品を読んだ。
エリートってのは、こんなにアホなんだろうか?
「昭和の三億円事件」は、後世に残る伝説的な事件になったけど、本書で扱われる事件も、異様な事件として後世にその名を残すことになるだろう。
内容に入ろうと思います。
1995年3月、警察庁長官である国松孝次が、自宅マンション前で狙撃された。国松孝次は、本当に奇跡的に一命を取り留めたが、襲撃者はほんのわずかな時間で致命傷を負わせるだけの十分な技量を持つ人物だった。
その10日前、地下鉄サリン事件が起こっていた。だからこの事件も、間違いなくオウムの仕業だと判断され、その方向で15年間捜査が続けられ、そして「公訴時効送致」という、時効を迎えても犯人を特定できなかったという結末で終わった。
しかしこの事件、「自分がやった」と自供し、裏づけ捜査で容疑性が極めて高いとされた有力な容疑者が存在した。
中村泰、1930年生まれの老スナイパーだ。
中村泰についての話は後述する。
表向きの事件捜査がどう進んだのか。本書ではまずそれが描かれる。
最初の不幸は、特捜本部が公安部主導になったことだ。
当時、オウム真理教絡みの事件捜査で、警視庁捜査一課はまったく身動きの取れない状況だった。拳銃使用による殺人未遂事件ではあるが、刑事部の手には負えない。そこで、公安部主導で捜査が進められることになった。
恐らくこれが、この事件の捜査が呪われたものになる最大の要因だっただろう。
刑事部と公安部では、捜査の手法はまるで違う。刑事部は、物証を元に犯人を追いかけるが、公安部はまず犯人の想定ありきで、その後想定した犯人に関する証拠や自供を集める。
公安部は、オウム真理教の犯行だと断定し、既に逮捕された幹部信者らを含む、可能性のあるあらゆる人物を取り調べたが、しかし一向に何も出てこない。既に96年の8月の時点で、オウム真理教に関する捜査はやりきり、もう何もやれることがない、というところまできていた。
この間、刑事部であれば普通やるはずの周辺の聞き込みや現場からの物証の採取などは、最低限しか行われていない。公安部には、刑事部のようなノウハウはなかったのだ。
96年10月、事態は大きく動く。警視庁に所属する記者クラブに、「現役警官の中にオウム信者がおり、かつ国松長官狙撃を自供している」という衝撃的な内容の投書が送られたのだった。
そしてそれは事実だった。
国松長官狙撃事件で頻繁に名前が挙がるK元巡査長の存在だ。
彼はオウム真理教に深入りした信者であり、捜査情報なども流していたとされる。そのK元巡査長が、「自分が撃ったような記憶がある」と衝撃の告白をしたのだ。警察の屋台骨を揺るがす大スキャンダルだったが、ともかくオウム真理教が主体の事件であるという方向性は間違っていなかったとされ、K元巡査長を事件の中心に据えたシナリオが描かれていくことになる。
しかし、K元巡査長に関する捜査は、まるで進展しない。
拳銃を捨てたと供述した川を浚渫したものの(その量2300トン!)見つからず、供述もコロコロと変わっていく。物証らしい物証も見つからず、K元巡査長を中心に据えたシナリオは、唯一K元巡査長の供述のみが頼りという状況だ。
しかし捜査本部は、暴挙を繰り返すことになる。まったく物証もないまま強制捜査を行い、後に全員釈放されるという失態を犯している。にも関わらずまだK元巡査長に拘り、それ以外の可能性をまったく見ようとしない。
そんな捜査が15年も続けられた結果、結局時効を迎えてこの事件は幕を閉じた。しかしその時効の日の会見も、前代未聞であった。一切証拠もないのに、「オウム真理教の犯行であると強く推察される」と言い放ったのだ。とにかく、オウム真理教の犯行だったと世間に印象づけられればそれでいい、という幕引きであった。
さて、中村泰である。彼は一体どうやって捜査線上に現れたのか。
2002年11月22日、名古屋市内にある銀行の支店で現金輸送車が襲撃され、警備員の奮闘により犯人が取り押さえられたという。その当時、齢72歳であった中村泰である。
この中村、捕まってからというもの一切何も喋られなかった。それもあって、そもそも氏名や生年月日さえ一切不明、というところから捜査は始まったのだった。
しかし、粘り強い捜査を続け、次第に中村について多くのことが分かるようになってきた。
それは、衝撃的なものだった。弟の証言によると、とにかく天才で、家族に内緒で東大を受け合格したという。大学の教授には、「ノーベル賞をもらえるほどの稀有な頭脳の持ち主」と言われたという。東大時代に学生運動に身を投じ、次第に地下に潜っていく中村。世界平和の実現のためには、国を戦争に導く政権首脳を暗殺するしかないという思想を持つようになり、国内におけるテロ活動を模索していくことになる。
その中村が、仲間と共に集めた重火器は、驚くべきものがあった。銀行の貸し金庫に収められていた重火器を見た刑事たちが、そしてアメリカに借りていた貸し倉庫の中身を処分するために中身を見た従業員が、ともに同じ感想を吐く。
「戦争でもおっぱじめるつもりだったのか…?」
しかも後の中村の証言によれば、それでも大半の重火器は処分した後だったというから、実際に集め国内に持ち込んだ量はとんでもない量だったのだろう。
中村のアジトを捜索した刑事たちはそこで、国松長官狙撃事件について報じる大量の新聞記事の切り抜きを発見する。そこで、もしかしたら中村はこの事件に関わっているのではないか、という疑惑が出てきた。
問い詰める捜査官。しかし、中村は意味深な返答しか返さない。
「私は長官狙撃事件については、否定も肯定もしない。」
そう繰り返すばかりで、長官狙撃事件については一切口を開かなかった。
その間も特捜本部の筋書きは、未だにK元巡査長関与による犯行というもので、公安部は中村の存在を一切黙殺した。
事態が動くのは、2004年7月7日。この日特捜本部は、K元巡査長を逮捕するという暴挙に出た。刑事部の一課長はその暴挙が信じられず、捜査員に大阪まで中村を取り調べに行ってくれと言う。
そして、公安部がとんでもない誤認逮捕を仕掛けたと知った中村は、ついに、「犯行直前、犯行現場にいたことを示す”秘密の暴露”」をすることになる。
しかし、犯行を認めたわけではない。
ここからも中村に関する取り調べ・捜査は様々な紆余曲折を経ることになる…。
というような話です。
メチャクチャ面白かったです!
いや、ホントにびっくりしました。こんなこと起こっていいんだな、と思いました。これまで、色んな警察小説や、警察もののノンフィクションを読んできましたけど、その中でも圧倒的に異様で信じがたい事件だなと感じました。
本書を読めば、狙撃犯は中村しかありえない、と誰もが判断することでしょう。いや、『狙撃犯』だったのかどうかは別として、狙撃に関わった人物であることは明白だろうと思います。少なくとも、K元巡査長が関わる、オウム真理教の犯行でないことは明らかだろうと思います。
何よりも、拳銃と銃弾の問題がある。
この事件は何よりも、拳銃と銃弾の事件でした。国松長官狙撃事件で使われた拳銃と銃弾は、過去日本で一度も使われたことがないものでした。それどころか、銃弾に至っては、今ではアメリカでさえほとんど入手困難という代物で、だから初めから拳銃と銃弾の方面から捜査をしていれば、恐らくすぐに中村に辿りつけたことでしょう。実際、捜査の初期からそう主張してきたと語る刑事が最後の方で出てきます。
K元巡査長の供述からは、そんな特殊な拳銃と銃弾をどこから手に入れたのかという話はまったく出てきません。というか、その方面に詳しい人によると、拳銃と銃弾に関するK元巡査長の供述は、明らかに虚偽だと言います。
一方中村は、銃のエキスパートでした。銃に物凄く詳しいことを自慢げに語るような人物で、実際に大量の重火器を日本に持込み、アメリカで射撃の訓練をし、そして事件で使われた拳銃と銃弾の入手ルートを詳細に語りもしました。
それだけではありません。中村の証言には、犯人にしか知り得ない、いわゆる”秘密の暴露”が多数含まれていたわけです。これに関する刑事部の捜査には、頭が下がる思いです。中村が犯行後に乗り捨てた自転車の行方、逃走中にぶつかりそうになった浮浪者の存在、事件直前に撤去されていた鉢植えの存在など、中村の供述のあらゆる細部の裏まできちんと取っているのでした。中村を追う刑事部の捜査班は「中村捜査班」の働きは本当に目覚しいものがある。事件は95年、中村が愛知県警に逮捕されたのが2002年。つまり中村捜査班は、事件から7年後からの捜査スタートとなったわけです。にも関わらず、犯行に使われた拳銃と、共犯とされる男の存在以外の中村に関するほぼあらゆる情報を調べきっていたわけです。
そう、この『犯行に使われた拳銃』と『共犯者』こそが、中村捜査班の最大のネックであり、弱みでした。せめてそのどちらかだけでも提示できれば、オウム真理教の犯行説を唱える公安部のことなんか粉砕できただろうに、そのどちらも結局最後まで提示できず、悔しい思いをします。
さて、オウム真理教犯行説に最後まで傾倒し続ける公安部には、その中心となる人物が出てきます。
米村敏朗。最終的に警視総監にまで上り詰め、最後の最後までK元巡査長に固執し、時効の2ヶ月前に請われて勇退した、公安出身の男だ。
この米村、国松長官狙撃事件のあらゆる場面に顔を出すことになる。
公安部長だった頃は、K巡査長を強制捜査し逮捕するという筋書きを作って後の公安部長に引き継ぎ、自身はその後警察庁外事課長に移っていたためにK元巡査長逮捕絡みの騒動では一切傷がつかなかった。
また、中村がまだ大阪府警察本部に拘置されている時、米村は大阪府警の地位に異動している。その米村は、自ら留置施設のあるフロアまで降り立って中村を覗きにやってきたことがあった。
この米村が、捜査を恣意的に歪め、決定的に誤った方向へと捜査を導き、そして「オウム真理教の犯行であった」という無茶苦茶な印象付けで幕引きを狙った張本人である。もちろん、決して米村だけではない。歴代の公安部長皆が、オウム真理教の犯行だと信じ、結果的に死屍累々の捜査を続けさせることになったのだ。しかし、最終的に警視総監として警察のトップにたったこの米村が、結果的にすべての道筋を決したことには変わりないだろう。
しかし、どうしてこんなアホなシナリオに突き進んでいってしまったのか?
後から冷静になって事件の詳細を読んでいる立場と、リアルタイムで事件と接しその場その場で決断を強いられる立場では見えてくるものもまるで違うというのは分かるのだが、しかしこの国松長官狙撃事件に関しては、刑事部だけではなく、公安部の捜査員の中にも、オウム真理教の犯行ではないのではないか、自分たちは間違った方向に進んでしまっているのではないか、という想いを抱えている人間は多くいたという。
だから、冷静でありさえすれば、決して中村のことを黙殺することはなかっただろうし、どれだけそれまで誤った道を突き進んでいたとしても、軌道修正するべきだっただろう。
しかしそこには、メンツや刑事部と公安部の対立など、組織的な保身が透けて見える結果となった。
本書は、国松長官狙撃事件に関する物語、という点でも非常に面白い。それは、こんな表現をしてしまうのもどうかと思うが、まるでドラマのようであり、「もしここでああだったら…」と思わせるポイントが随所にあるという点で非常に読み応えがある。実際、公安部によるオウム真理教犯行説が最後の最後までこういう形で生き残ったのは、ある種奇跡的なことだと思う。実際の流れの中で、ほんの僅かな違いでオウム真理教犯行説は粉砕されていたはずだ。そういう局面が、何度か訪れる。しかし、悪運が強いのか、彼らの恣意的な捜査は最後まで続けられることになってしまった。そういう、一編の物語として読んでも非常に面白い。
そしてその一方で、「警察とは何か?」「真実とは何か?」ということを考えさせる作品としても、非常に示唆に富む。警察という組織は、トップダウンで、少数のトップが大量の人員に命令をすることで大規模な捜査を可能にしている。その仕組は、多くの事件では有効に働くのだろう。現場の捜査員は足を使い、トップが頭を使うという構造だ。しかしそれは、脆くもある。トップが間違った方向に進めば、現場の人間はそれが明らかな間違いだと分かっていても上からの命令に従わなくてはならない。それが真実を追求する足かせになるようなことがあってはならないと思うのだけど、現実はそうではない。
この事件は、世間的な注目度も高いし、だからこうしてノンフィクションが書かれ世間に知らしめることも出来る。しかし、名も無き人が犠牲になった、名も無き人が起こした事件ではどうだろう?そういう事件でも、本書で描かれているようなことが行われていないなどと、決して誰にも言えないのではないかと思う。
そうやって冤罪が生み出されていく。
僕たちは、警察という組織について、もっと注意深くいなければならないだろうと思う。いつ何時、自分がやってもいない事件で逮捕されるかも分からないのだから。例え真犯人が判明しても、あなたへの疑いは消えず、もしかしたらそのまま罪を着せられるかもしれない。そんなこと、あるはずがない、と思うだろうか。そういう方は、是非本書を読んでみたらいいと思う。
恐ろしく異様な事件だ。とてもではないが現実の話だと信じたくないが、これが現実なのだろう。恐ろしい世の中だと思う。
最後に。中村という人物の個性の強烈さにも、読者は驚かされるだろう。現代の日本に、こんな人間がいるのか、と驚かされるだろう。いや、僕たちの目に見えないだけで、こういう人物はどこかに隠れて、常にチャンスを窺っているのかもしれない。国松長官狙撃事件はともかく(結局裁判が行われていないので、やったかどうか判然としないから)、それ以外の事件を見ても、中村という男への同情の余地はまるでない。しかしだ。しかしその一方で、僕はこんな風にも考えてしまう。中村という男は、確かに歪みきった思想を元に日本の将来のことを真剣に憂えていたが、しかし翻ってじゃあ僕たちはどうだ?ぬるい環境の中で生き、自分の周りの世界だけが安泰であればよく、日本の将来のことなどまるで考えていない大勢の日本人に、少なくとも中村の真剣さを笑う資格があるだろうかと。いやもちろん、人を殺したり人のお金を奪ったりすることをよしとしているわけではありませんからね。
凄い作品だった。これが、つい最近の話というのが信じがたい。異様な展開を見せる驚愕の事件捜査を主軸に、中村という冷静でありながら異常な男の人間性が描かれていく。是非読んでみて下さい。

鹿島圭介「警察庁長官を撃った男」



十九歳の地図(中上健次)

内容に入ろうと思います。
と言いたいところなんですけど、ちょっと無理そうです。

読んでいて、文章がまったく頭に入ってこない作家・作品というのが時々あります。
この作品も、まさにそういう作品でした。
文章を目で追ってるんだけど、全然内容が頭に入ってこない。
時々そういう作品に出会って、自分の読解力のなさに凹みます。

中上健次の作品については、元々ずっと前からそんな予感はありました。
凄く気になる作家で、読んでみたいと思っていたのだけど、でもこれまで手を出さなかったのには、そんな理由があります。

さて、それなのに本書を読んだのには、まあ理由があって。
名古屋に行った時に見つけた「OMIAI BOOK」というのがあります。
表紙が見えないようになっていて、中から抜き出した一文だけで買うかどうか決める、というスタイルのものです。
この手のものは、色んなネーミングで色んなところでやられていますけど、まあその内の一つです。
それで、本書を買ったのでした。
それと、つい先日、「日本の路地を歩く」というノンフィクションを読みました。
路地というのは「被差別部落」のことであり、その命名は中上健次によるものだそうです。
また元々、「エレクトラ」という、中上健次を題材にしたノンフィクションを積読していて、
やはり中上健次は気になる作家だったわけです。

まあそんな感じで読んでみたのですけど、やっぱり難しかったです、僕には。
こういう、読んでいてもまったく文章が一向に頭に入ってこない作品ってのは、なんというか僕にとってもとても不思議です。文章を目で追ってるのに、内容が頭に入ってこないっていうのが不思議なのですよね。
何せ、文章自体はたぶんそんなに難しくないはずなんです。でもダメ。
前に、佐藤泰志の作品が相次いで復刊された時期があり、その時僕も一作読んでみたんですけど、これもダメでした。
なんとなく佐藤泰志と中上健次には、僕の中で勝手に通じるものがあるなと思っていて、まあだから文章が頭に入ってこない作品ってのは、どことなく共通項があるんだろうなと思います。

というわけで、この作品は内容紹介さえ出来ないほど僕にはわからない作品でした。
感想を書くかどうかも迷いましたけど、全然ダメだった、という記録を残しておきたいなという気もして。
またいつかチャレンジしてみたいものです、中上健次。

中上健次「十九歳の地図」



微笑む人(貫井徳郎)





内容に入ろうと思います。
本書は、『とある小説家が、実際に起こった事件の犯人に関心を持ち、取材をして初めて書いたノンフィクション』という設定の作品です。
初めは誰も、それを殺人事件だとは思わなかった。
川で事故の一報を受けて急行した救急隊員は、妻と子の助けようと奮闘している男性を見つける。結果的に妻と子は息を引き取った。救急隊員も病院の看護婦も、その男性に不審な点を感じることもなく、それは事故として処理されるはずだった。
しかし、目撃者がおり、葬儀場の混雑により火葬がおくれていた遺体を調べたところ、決定的な証拠が見つかった。
それで、仁藤俊実は逮捕された。
どこにでもある、という表現はよくないだろうが、初めは世間の耳目を集める事件ではなかった。しかし、仁藤が供述したという殺人の動機に、世間は大騒ぎになった。
『被疑者仁藤は、本が増えて家が手狭になったから、妻子を殺したと自供しています』
小説家は、仁藤に興味を持った。その奇っ怪な殺人の動機もさることながら、仁藤を取り巻く不可思議な疑惑や、仁藤を巡る様々な人間の評判など、どうにも釣り合いの取れない事実が山ほど出てきて、目をそらすことができなくなったのだという。
仁藤に関して新たに出てきた疑惑の一つは、かつて同僚だった銀行員への殺人疑惑だった。
仁藤が関与したという証拠は一切ない。それどころか、その銀行員の死体遺棄場所が、妻と子を殺した現場に近いから、という理由だけで持ち上がった疑惑ではある。様々な人物への取材を重ねてみても、仁藤への疑惑は強まっていかない。
しかし、小説家は取材を続ける。
仁藤の周りには、そう思おうと思えばそう思えるという程度の不可解さを持つ『死』が多くあった。すべて疑惑でしかない。しかし小説家は、自力で取材を重ねた末に、仁藤を巡る新たな疑惑を自ら掘り出すことになり…。
というような話です。
なるほどなー、という感じがしました。凄く評価が難しい作品です。
本書は、『どんな先入観を持って読むか』によって、大分印象が変わる作品ではないかな、という感じがしました。
先に書いておくと、本書は、ミステリ的な体裁でありながら、わかりやすい解決が提示されるわけではない作品です。恐らく、これを前提に読めば、本書を結構楽しめるのではないか、という感じがします。
本書は、物語がどんな風に展開し、どこに着地するのかが、読んでいる間さっぱりわからない。それはそれで物語の楽しみ方ではあるのだけど、でも方向性さえ見えないのは、やっぱりなんとなく不安になる。読んでいく中で次第に、たぶんこれははっきりとした解決が提示されるわけではない作品なんだなということが徐々に察知されてくるんだけど、でもまだ頭の片隅で、いやもしかしたら最後になんか驚愕的な展開が待っていて、すべてに説明がついたりするのかもしれない、と思ったりもしながら読んでいた。結局、『わかりやすい物語』が提示されないまま終わる。これはこの作品のある種のテーマでもあったりするわけで(たぶん読んだ人じゃないと、僕が何を行っているのかよくわからないと思うけど)、作品としてはそれでいいんだけど、やっぱり物語の読みはじめのスタンスとして、『わかりやすい物語』が提示されない作品なんだ、という立ち位置でいられるといいと思うんだけど、どうかなぁ。「エリート銀行員は何故妻子を殺したのか」的な方向で行くと、なるほどそれが解決されるのだな、的なスタンスで読み始めてしまうよなぁ、なんて思ったり。
こういう、作品の存在そのものではなくて、読者がどんな立ち位置でその作品を読むか、という無駄に敏感だったりするので、そういう意味で評価が難しいなぁ、という感じがしました。
物語の体裁としては、貫井作品では結構よく使われる印象なんだけど、語りのスタイル。本書では、様々な証言者も語るし、小説家も語り口調で地の文章を書く。
証言者たちによる話は、なかなか面白いと思う。小説家は、仁藤という人物を追い続け、様々な人物に話を聞くが、仁藤については「良い人だ」という意見が大半を占めるのだけど、そのエピソードも様々に提示されるし、また仁藤の立ち位置を常に揺れ動く存在にしておくだけのバランスもいいなと思う。本書は、まさに仁藤という人物の謎めいたあり方こそが作品の支柱であって、それが様々な人物の証言によって凸凹なまま肉付けされていくというのが面白いと思う。
先ほど、『わかりやすい物語』が提示されない、というのがテーマの一つだと書いたけど、これは最後まで読むとわかる。これは、著者がどんな意図を持ってこの作品を書いたのかよくわからないけど、ワイドショーとか週刊誌への違和感みたいなものも含まれているのかなぁ、と感じました。というか、僕がそういう違和感を常に持っているから、なんだけど。
人間がわかりやすい生き物でないのは当然の話で、ずっと一緒にいようがなんだろうが、相手のことを理解できているというのは幻想に過ぎない。でも、それだと僕らは不安だ。だから、相手のことを『理解できている』という幻想の中に立ちたい。そのために、『わかりやすい物語』が好まれる。これは、僕らが生きている現実の社会にもよくありがちな構造だし、僕もいつも違和感を覚えてしまう。過去に何があろうと、それを短絡的に現在と結びつけるのは、なんだか違う気がしてしまう。
本書は、その少し先を行っていて、つまり『わかりやすい物語』さえ提示しておけばみんな納得してくれるんでしょ、という事実をいかに利用するか、という点が扱われているように思う。仁藤が何故「蔵書が増えたから」などという謎めいた動機を話したのか。それはよくわからない。しかしこれも、『わかりやすい物語』を提示するつもりはないよ、という、世間に対する一種の挑発なんだろうなぁ、という風に僕は受け止めました。
あと、この作品、僕らは『小説』という前提を持って読むからいいんだけど、もし『ノンフィクション』として読んだら(本書は、作中の世界では、とある小説家が初めて書いたノンフィクション、という設定だ)、ちょっとダメだろうなぁ(笑)。ノンフィクションが結構好きな僕としては、この作品が『ノンフィクション』として出版されたら、ちと評価できないだろうなぁ。
本書をどう捉えるかは、かなり人によって分かれるような気もします。特に、小説に『わかりやすい物語』を求めている人には、あんまり親切な作品ではないでしょう。仁藤という人物への謎めいた興味が最後まで持続する作品だなと思います。

貫井徳郎「微笑む人」



武器としての交渉思考(瀧本哲史)

内容に入ろうと思います。
本書は、「武器としての決断思考」で、ディベートの考え方を応用して決断を導き出す方法を伝授した、京都大学の教授であり投資家でもある著者による、「交渉のテクニック」について書かれた本です。
なんですけど、そうじゃないんです、やっぱり。
本書は確かに、「交渉のテクニック」について書かれた本なんですけど、でも、それだけじゃないんです。
本書は、瀧本哲史による「メッセージブック」です。

『若者よ、立ち上がれ』

本書はそんなメッセージをワンワン放ちながら、それを実現する手段の一つとして「交渉のテクニック」について語っている。そんな作品です。
今、このままではダメだ、と思っている若者がたくさんいる。
実際に行動に起こしている人も、いることはいるだろう。しかし、数は決して多くはないはずだ。しかも、お互いに連携できていない。どれだけ素晴らしいビジョンがあっても、どれだけ素晴らしい行動力があっても、一人では、あるいは少人数では、やはり大きなことを成し遂げるのは難しい。
「異質な人」と繋がること。著者はそれが大事だと主張する。
何故か。
それは、狭い関心領域でつながった友人の中にいると、自分の世界が「タコツボ化」していくからであり、また、同質な人間ばかりと出会っていても大きな「非連続的変化(それまでの常識では考えられない飛躍的な変化)」を生み出すことは出来ないからです。
そして「交渉」の一つの側面に、「異質な人」とのコミュニケーションが挙げられる。そういう意味でも、交渉というのは重要だ。
本書では、何故「交渉」が必要かという話に、「自由」の話が出てくる。

『社会の中で真に自由であるためには、自分で自分を拘束しなければならない。』

個々人が完全な意味で自由になってしまうと、逆に不自由になってしまう。契約によって初めて自由というものが生まれる。
そして、自分が何に拘束されるのは良くて、何に拘束されるのはダメなのか。自分で考えなくてはならない。そしてそれは、決して自分だけで決められるものではなくて、誰かと合意しなくてはならない。
そして、その合意のために必要なのが「交渉」なのだ。「交渉」というのは、単なるビジネススキルではなくて、生きていく中で自由を勝ち取っていくために必要な力なのだ。
本当の自由を手に入れるために「交渉力」を身につけよう、そしてその「交渉力」を駆使して世の中を変革する人間になろう。本書のガイダンス(まえがき)では、そういうことが描かれます。
そして第一章では「お金儲けは大事だ」という話が、そして第二章から第五章で「実際の交渉のテクニック」が描かれる。これらについては後述しよう。
そして第六章。ここで著者は、本書を読んで「交渉」に対するイメージが変わったり、「交渉」のための思考回路を身につけた読者に対して、もう一度大きな夢を広げる。
その力を使って、どんなことが出来るのかを。あなたの目の前に、どんな世界が広がっているのかを。
「交渉」を通じてどんなことを実現することが出来るのか、ロマンを持つことがどれだけ大事であるか、言葉こそ最大の武器なのだということ。そして何よりも、「本書を読んだ君は、すぐにでも行動しよう」とけしかける。
本書の最大の魅力は、そこにあると思う。
確かに「交渉」に関する本だ。しかし著者は、読者に「夢を見せる」のが実にうまい。本書を読むと、なんだか「交渉力」が手に入ったような気になるし、ちっぽけだと思っていた自分に、何かとんでもないことが出来るんじゃないか、という気にもなってくる。そして、この本を読んでしまったからには、「明日から実際に何か行動をしないといけないんじゃないか」なんて気分にさえなる。
言葉を通じて、読者の心をこれだけ揺さぶることが出来る作品というのも素晴らしいと思う。
僕は、一応まだギリギリ20代で、まあギリギリ若いと言ってもいいと思うんだけど、周りを見てみてもなんとなく、現状に色んな不満を抱えている人間は多いなと思う(僕は正直、そこまで不満はないんですけど 笑)。仕事だったり政治だったり家庭環境だったり、まあ色んな場面で様々な葛藤や悩みを抱えている人はきっと多いだろう。特に若い世代は、現代社会の歪みたいなものを直撃している世代ではないかと思うし、先行世代が経験したことはないかもしれない様々な現代病に罹っている最中なのではないかと思う。
その中で、近くの人とウダウダ文句を言いながら飲みまくる、というのも一つの方法だ。まあ、それはそれで、なんとなく気が晴れたりはする。
でも、それじゃあ結局、自分の周りの社会はまったく変わっていかない。いくら飲み屋で愚痴を言おうとも、ネットで誰かを攻撃しようとも、世の中はまったく変わって行かない。自分の気持ちが荒んでいくだけだ。
本書では、「異質な人」と「秘密結社」を作ろう、と提案している。
旧来の枠に囚われない新たな括りの「秘密結社」を作り、実際に目の前の何かに対して行動してみる。そうやって、自分の身の回りから世の中を変えていくしかない。
そしてそれは、若ければ若いほどいい。著者も、それを期待して、金を持っていない若者向けに新書を書いているのだ(印税を稼ごうと思ったら、年配者向けに健康の本でも書いている、みたいな文章があったりする)。
「Do your homework」
ジョージ・ソロスと並び称される投資家であるジム・ロジャーズは、講演会で色んな質問をされると、よくこう返したそうです。
「それは君の宿題だよ」
いきなり世の中を変えることは出来ない。でも、自分の周りの小さな世界の中で、「異質な人」と連携し、少しずつ周りの世界を変えていくことは出来るはずだ。そうやってうねりを作り上げ、それは次第に世の中全体を変えていくことになるかもしれない。
その一歩を踏み出す勇気を与えてくれる。本書はまさにそんな作品だ。
自分には絶対に出来ない、と思っていることはたくさんあるはずだ。でも、本当にそれは出来ないのか。少なくとも、「交渉」の思考を学ぶことで、出来ることは格段に増える。「交渉」の思考を学ぶことで、利害の対立していた二者が合意に至ることが出来るのだ。理解できない相手、自分には届かないと思わせる相手。そんな相手でさえも、「交渉」の力で太刀打ちすることが出来る。
だから僕たちは、「交渉」を学ぶべきだ。
本書のこの、「交渉」の必要性を様々な場面でさりげなく提示し、「交渉」について学ぶことは、あくまでも多くな目標を達成するためのステップにすぎないのだよ、と思わせてくれる構成が素晴らしいと思う。その点が、本書をただの「テクニック本」にしていない部分だ。
というわけで、ここまであれこれ書いてきた「ガイダンス」と「第六章」の内容については、本当に広く様々な人に読まれて欲しいと思う。
けど、第一章から第五章の内容については、正直、読んでる人が増えると困るなぁ。
いや、だって、交渉相手が本書を読んでたとしたらさ、ハードな交渉になっちゃうじゃないさ(笑)
いやでも、ホントに「誰にも教えたくない!」と思ってしまうぐらい、本書で描かれる「交渉」の話は素晴らしい。他の「交渉」についての本を読んだことはないから比較は出来ないけど、難しい用語を使って煙に巻くわけでもなく、クリエイティブで答えを知ればシンプルな実例が豊富で、非常に分かりやすい。
何よりも、「交渉」というものに対する印象を覆してくれる点が素晴らしい。
本書では、第二章がそれに当たる。一般的な「交渉」のイメージと、実際の「交渉」の違いを、様々な形で提示してくれる。
最も重要な点は、「交渉」というのは、『相手の話を出来るだけ聞き、相手の立場を出来るかぎり理解し、相手の得になるように条件を提示する』という点だ。まずこの点をきちんと押さえておかなくてはいけない。
すっ飛ばしてしまったけど、第一章では「お金儲けの大切さ」について描かれている。
これは、ロマンとソロバンの話だ。どちらとも揃っていなければ、「交渉」は成立しない。
日本人の特に今の若い世代は、金儲けのために何かやるなんて不純だし、自分が生きていくためのほどほどのお金があればいいや、と考える傾向が強いという(まあ、僕もそういうタイプだ)。
けど、とにかくお金は儲けなければいけないと著者は言う。そうでなければ、ロマンを実現することは出来ないからだ。
英語圏の投資家は、ベンチャーの経営者に次の二つの質問をするという。

「How can you change the world?(どうやって世界を変えるの?)」
「How can you make money?(どうやって儲けるの?)」

この二つに明確な答えのない企業に投資をしてもろくなことにはならないそうです。
どれだけ素晴らしいロマンがあろうとも、ソロバン勘定がなければ成立しない。ロマンだけでは世界は変えられない。そして、ロマンとソロバンを結びつける「交渉」こそ、これからの人間が行う最もクリエイティブな仕事になると著者は言います。
第三章では「バトナ」と「ゾーパ」という概念が説明されます。「バトナ」とは、「相手の提案に合意する以外の選択肢の中で、いちばん良いもの」という意味。そして「ゾーパ」は、「合意ができる範囲」のことを指します。
交渉においては、この「バトナ」と「ゾーパ」が非常に重要になる。特に「バトナ」の考え方は重要で、「バトナ」の概念を理解してもらえれば、本書の値段分は十分にペイ出来る、と著者が書いているほどです。実際に様々な具体例を使って「バトナ」や「ゾーパ」の話がなされますが、とにもかくにもこの章で最も重要なことは、「交渉に際して、選択肢をどれだけ持てるか」ということです。他に選択肢がない(「バトナ」がない)状態では、相手の提案に合意するかしないかという二つの選択肢しかないことになる、まともな交渉はできません。様々な具体例が提示されるのだけど、「いつ引っ越しをすべきか」という問題が非常に面白かった(答えられなかったけど)。
またこの章では、竹島の問題に関して、「交渉」の観点から打つ手は一つしかありえない、という話も出てきます。最近ツイッターを見てたら、日本政府が本書に書かれているのと同じことを実際にやった、みたいなツイートを見かけました。やはりそれが合理的な解だったのだなぁ、と思ったものです。
第四章では、「アンカリング」というテクニックが描かれる。これは、「最初の条件提示によって相手の認識をコントロールすること」です。これも様々な具体例が出てきますけど、1912年のルーズベルト大統領の選挙の時に実際にあった話を元にした具体例が非常に面白いです。
そして第五章は、非合理な人間との交渉について。それまでは、合理的な判断をする人との交渉、というものを前提にしていたのだけど、この章では、非合理的な人間にどう対処したらいいかということが描かれる。日常レベルの「交渉」においては、まさにこれこそが一番役立つのではないか、という感じがしました。いやホント、いますよね、合理的じゃない人。そういう人には、あーもう話が通じねぇや、と思って訴えたり提案したりすることを止めてしまいがちなんですけど、本書を読んで、なるほどまだ交渉の余地は全然あるんだなぁ、と思わされました。いやでも、頑張れるかって言われるとちょっとどうかなぁ(笑)
繰り返しますが、確かに本書は「交渉のテクニック」についての作品です(出来れば本書を読んで欲しいので、具体的なテクニックについては極力省略しましたけど)。しかし、ただそれだけの作品でもありません。本書は、何故「交渉」しなければならないのか、という点にかなり紙幅を割く。そしてそれは、「世の中を変えるため」であり、「交渉」の思考を身に付けることで、若者に立ち上がって欲しいという著者の強いメッセージが込められた作品です。「交渉」なんて、今の自分の生活にはまったく関係ないよ、なんて思う人はきっと多いでしょう。でも、読んでみて下さい。読めば、ちっぽけな自分でも何か成し遂げられるのではないか、と思わせてくれる作品です。是非是非是非是非読んでみて下さい!!!

瀧本哲史「武器としての交渉思考」



日本の路地を旅する(上原善広)





内容に入ろうと思います。
本書は、いわゆる「部落」とか「同和地区」と呼ばれる地域を著者が旅して周り、その情景や人間を描き出すノンフィクションです。
そういう土地のことを「路地」と呼ぶらしい。これは、同じく路地出身であった中上健次が自著の中で使ったことから広まったようだ。
そして著者自身も、路地出身である。
著者は、大阪の更池という路地の出身だ。更池は食肉業者が盛んで、最盛期には100軒ぐらいの食肉業者が存在した。著者の父も食肉業者を営んでいたといい、冷蔵庫には屠殺場を介さずに屠殺した豚が保存されていたという。
そんな著者は、子どもの頃両親の離婚を機に路地を離れるが、しかし大人になった今も、路地というものに対する想いは抜け去らない。
著者はノンフィクション作家として様々な土地を訪れるついでに、各地の路地を回った。路地とはいえども、今では閑静な住宅地に変わっていたりと、路地の頃の面影を残す土地は少なくなっている。中上健次の著作を読んで中上健次の生まれた土地を訪れた人間ががっかりして帰るんだ、という話を近くに住む人から聞くこともある。
部落差別というのは、今の日本にはあまり表立って存在はしないだろう。僕がそういう人とあまり関わったことがないだけかもしれないけど、僕の周りでそんな話は聞いたこともないし、事実本書でも、若い世代であればあるほど、路地出身であるという事実に特別な感慨を抱かない者も多く出てくる。そういう世代は、差別を受けたこともなければ、そもそも自分が路地出身であることも知らない者さえいるだろう、ということだった。
しかし、注意深く見れば、やはりまだ路地の面影は残っているし、少ないとはいえ差別的な話もある。著者は、傍目には面影がなくなってしまった路地を訪ね歩き、そこに住む人々、路地から移り住んだ人々、未だに屠殺や革なめしの仕事をしている人、そういう人達に話を聞き、今失われつつある路地を、かつてあった路地と路地の間の繋がりを、そして何よりも、著者自身の中にある路地の風景を描き出すために、今も路地を歩き続けている。
というような作品です。
なかなか面白い作品でした。本当に僕はこれまで、路地や部落と言ったことはよく知らないままだったので、なるほどなぁ、という感じで読みました。
解説で西村賢太が指摘している通り、本書は純粋なノンフィクションという感じの作品ではありません。「純粋なノンフィクション」ってなんだよ、って話ですけど、なんとなく対象に対して客観的であるかどうかかな、というぐらいの意味に捉えて下さい。
本書は、随所に著者自身の感傷が入り交じる。そういう意味では、半分ぐらい紀行本という感じの作品でもあります。旅行記というか、旅先であったあれこれを書いたエッセイ、という雰囲気ですね。
でももちろんそれだけではなくて、行く先々が路地であるということで、本書は感傷の入り交じるノンフィクションという感じに仕上がっている。
著者に見えているものがどこまで見えるか。それが、本書をどれだけ深く楽しめるかに掛かっているのだろう、という感じはします。
著者は、ごく一般的な人は掛けていない「路地出身」という眼鏡を掛けて各地を回ってみる。僕たちがまったく同じ光景を見てもまるで何も感じないところで、著者はそこが「路地」であるという事実から僕らには見えない何かを見る。それが、文章を通じてどこまで僕らに届くか。たぶんそれが、本書がどう読まれるかの最大のポイントなのだろうな、という感じはしました。
僕は、路地というものを体験したことも見たこともなくて、中上健次ら路地出身の作家の作品の小説も読んだことがなかったりするので、やっぱりその全体の雰囲気みたいなものは捉えにくいなと思う。著者に見えているものは、やっぱり僕にはなかなか見えてこない。
ただ、第一章で、著者が生まれ育った更池の当時の姿が描写される。僕にとってはこれが、初めて知る路地の姿であって、それ以後どの路地の話を読んでも、大体この更池のイメージを重ねて読んだ。
路地というのは元々、穢多非人の身分にあった人たちの集団であって、身分解放がなされても、そのまま差別的な視線が残り続けた。同和対策事業特別措置法という、同和地区への優遇措置を定めた法律などもあり、それで同和利権など様々な問題を引き起こしてきたようだけど、現在は恐らく、気にするのは祖父母の世代ぐらいで、祖父母の世代がいなくなれば、恐らく結婚なんかでも問題にはならなくなっていくんだろうな、と本書を読んで思わされた。
ただ僕は本書を読んで、穢多非人の身分制度の名残はようやくなくなりつつあるのだろうけど、日本には新たな身分制度ができつつあるな、なんてことを考えながら読んでいました。
それが、正社員・契約社員・フリーターというような階層です。
穢多非人の人たちは、屠殺や刑場など人が嫌がる仕事をさせられていたようだけど、今の社会の仕事における身分制度も、立場が悪くなればなるほど汚れ仕事をさせられる、という印象があります。もちろん、今はまだ過渡期で、正社員だって汚れ仕事をしていたり、フリーターがユルい仕事をしていたりするけど、今の時代の流れが進んでいけば、この格差はどんどん広がっていって、新しい身分制度になっていく感じがしました。穢多非人は、なかなかその立場から這い出ることは出来なかっただろうけど、例えば両親がフリーターである子どもは、いい教育を与えることが難しかったりするだろうし、いい仕事に就けずに結局フリーターになる、という悪循環になりそうな気がします。それに、フリーターだと結婚がしにくい、なんて話は、やっぱり今普通にありますしね。50年ぐらい経ったら日本はどうなってるんだろうなぁ、とか思ったりします。
路地の歴史や文化の話も色々と描かれていて面白いと思いました。「漫才」の原型が、路地の人たちの芸能である「万歳」にあるとか、昔は穢多非人の頭みたいな人が世襲でいて、江戸城の出入りが許されていたとか。あるいは、東京では近江牛という牛肉が高級とされているらしいんだけど、それも近江からの東京にやってきた路地出身者が背景にあるなんて話はなるほどなぁ、と思いました。日本では、牛が食べられるようになったのは結構最近らしいんだけど、一般人が牛を食べていなかった頃でも、上流階級と路地の人は食べていたといい、これはインドと同じだ、なんて話も面白いなと思いました。
路地に詳しいある人の言葉として、こんな文章が載っている。

『この原題に被差別部落があるかといわれれば、もうないといえるだろう。それは土地ではなく、人の心の中に生きているからだ。しかし一旦、事件など非日常的なことが起こると、途端に被差別部落は復活する。被差別部落というものは、人の心の中にくすぶっている爆弾のようなものだ』

著者は、路地そのものが消えていくことを、感傷的に捉える。差別や偏見がなくなっていくことはいいことなのだろうと思う。しかし、著者自身のアイデンティティの一つでもある路地の消滅は、著者に複雑な思いを抱かせる。恐らく、そんな思いを誰かと共有出来るかもしれないと思って、色んな人に話を聞いてみたりもしているのかもしれない。
普段なんとなく生活をしていると見えてこない世界。注意深く見ていても、最近では見えてこない世界。日本の近代化の過程で多くの犠牲や問題を生み出してきただろう路地は、少しずつ消え去ろうとしている。そういう消えゆく風景を、文章という形で写し取ろうとしているかのような著者の旅路は、なんとなく応援したくなる。感傷の入り混じったノンフィクションです。是非読んでみて下さい。

上原善広「日本の路地を旅する」



砂の王国(荻原浩)

内容に入ろうと思います。
三人のホームレスが、宗教団体を作り上げる物語だ。
41歳の山崎遼一は、所持金が3円になってしまった。大手証券会社の花形部署にいた山崎だったが、少しずつ歯車が狂いだし、妻は去り、住んでいる場所を手放し、ホームレスになった。しかし、まだ望みは捨てていなかった。ネットカフェを泊まり歩き、携帯電話で派遣の仕事をし、ある程度の資金があればまたビジネスでも立ち上げられるだろう、と思っていた。路上で暮らすようにはなったが、自分はまだまだそこまで落ちぶれちゃいないと思っていたし、一般的なホームレスと同じように扱われることが癪だった。
しかし、ネットカフェで大金を盗まれてからは、そんなことも言っていられなくなった。残飯を漁り、ダンボールにくるまって公園で寝る生活が始まった。しかし、ホームレスの世界も楽じゃない。住みやすい場所はやはり人が集まるし、人が集まれば序列が出来る。路上で生活するようになったばかりの山崎には、なかなか落ち着ける場所は見つけられなかった。
その公園に行きあったのは、たまたまだ。ガタイのデカイホームレスが一人いるだけだった。しかし、用心は怠らない。こんな拾い公園を一人で占められるなんて、もしかしたらあのホームレスは相当にヤバイやつなのかもしれない。
少しずつそのホームレスと関わるに連れ、仲村という名のそのホームレスの非凡さを知ることになった。
まず、容姿が恐ろしく整っている。そこらのモデルよりもはっきり言ってカッコイイ。その容姿を活かしてなのだろう、コンビニを回れば廃棄弁当を喜んで分けてくれる人間が実に多い。山崎は、仲村のおこぼれに預かる形で食料を手に入れられるようになった。
その公園にはもう一人、宿なしの男がいた。「錦織龍斎」というペンネームで辻占いをしているペテン師だ。初め占ってもらった山崎は、その天才的な占い能力を信じかけてしまったが、しばらく彼の占いを見ている内にわかった。人間観察や話術のテクニックは素晴らしいが、要はペテンだ。
彼らは、お互いに持ちつ持たれつの関係のまま、日々をどうにか生きていった。山崎も、もうプライドを捨て、ホームレスとして、生きることを最優先に日々をこなすようになっていった。
が、やはり山崎はこのままではいられなかった。社会に逆襲する方法を考えていた。日々、生きていくための様々な努力をしながら、考え続けた。
そして山崎は、仲村と錦織をうまく使うことで、一世一代のビジネスを立ち上げることにした。
宗教だ。
仲村を教祖に仕立て上げ、錦織にカウンセリングをやらせる。町の小さな集会場から始まった「大地の会」は、山崎の予想を超えて大きくなっていく…。
というような話です。
さすが荻原浩、やっぱり面白く作品でした。荻原浩の作品は、描写力があるんで、グイグイ読まされてしまうなぁといつも思います。
まず、ホームレスの描写が凄くリアルだ。もちろんホームレスになったことはないから分からないけど、ホームレスの世界のことが凄く手に取るように理解出来るような感じがしました。
一流企業で働いていたのにホームレスに落ちぶれてしまった男の心境の変化。人は、一気にホームレスとして溶け込むわけじゃない。やはり、その壁はある。でも、今の社会は、一旦落ちぶれた者に優しくない。一旦躓けば、外側はどんどん一気に転がり落ちていくことになる。でも、やはり気持ちはついていかない。外側の自分と内側の自分が、どんどんと乖離していく。しばらくは、その間の葛藤に悩まされることになる。まだ這い上がれるんじゃないか、まだホームレスとは思われないんじゃないか。そういう、外側と内側の溝が少しずつ否応なしに埋まっていく過程がリアルだなと思う。
ホームレスの暮らしぶりもいい。山崎が経験するホームレス生活は、仲村といういくらでも食料を手に入れられる人間と、錦織というちょっとだけ現金収入をもたらしてくれる男という、ちょっと特集なケースだと思うんで、実際にホームレスになったらこんな風にうまくいく事はないんだろうけど、それにしてやっぱりホームレスって大変だなと思う。僕も、割と生きていく気力に欠ける人間で、だからもしかしたら将来的にホームレスになってたりするかもしれないなぁ、なんて漠然と思ったりするような人間なんだけど、でも本書を読むと、やっぱホームレスって嫌だなぁ、って思っちゃいますね。縄張りとか食料の確保とか大変そうだし、やっぱり何よりも、人との繋がりや情報から遠ざかってしまうのは悲しいですね。
山崎はホームレスになって、社会を違った視点から見ることが出来るようになっている。その視点も面白いなと思う。
つまりそれは、僕たちが今普通にこうやって特別不自由することなく生きていられる、その大前提に対する疑問みたいなものだ。ホームレスでない僕たちは、生活の最低レベルの部分に対する不満を抱くことはなかなかないから(家がないとか、食料がないとか、そういう不満はなかなかないですよね)、だからホームレスになれば見えるものが今の僕たちには見えにくい。
たぶんそれは、見えていた方がいいんだろうなぁ、という気が僕はするんです。僕は、坂口恭平の「TOKTYO 0円ハウス0円生活」や「独立国家のつくりかた」などの著作を読んで、ホームレスというのが生きていく上での新しい階層だ、というような視点を持つことが出来た。僕たちが今、何も疑問を抱くことなく享受しているシステムやルールや前提は、冷静に考えてみるととち狂っているのかもしれない、という思いを抱くこともある。どちらが正しいとか間違っているとかではなく、片方しか見えていないバランスの悪い状態が酷く不安定に感じられることがある。どちらかを選び取らなければいけないわけでもないだろうし、今僕たちが正しいと信じていること(『正しい』なんて風にも思わないほど当たり前になっていること)だけが絶対なわけじゃない。そういうことを、きっとホームレスの視点からは見ることが出来るのだろうと思う。ホームレスの見た目や、ただ怠けているように見える感じ(決してそういうわけではない人も多いだろうけど)はともかくとして、新しい視点で社会を見ることが出来るという点で、僕は割とホームレスというのは面白いと思っていたりします。
山崎も、それまで自分がいた世界が、ホームレスになってからまったく違って見える。物事の価値判断がひっくり返るのだ。山崎の感情の変化を読んでいると、やっぱり『幸せ』というのは相対的なものでしかないし、『幸せ』に上限はないし、周りに釣られて『幸せ』を追い求めようとすればするほど不幸になっていくんだろうな、という感じもしました。
さて、そこから山崎の奮起です。彼は、ちょっとしたことで軍資金を得て、綿密に考えたプランを元に宗教団体を作り始める。山崎はそこから、木場と名前を変えることになる。
木場の宗教団体作りは、僕には非常にまっとうに思える。
この「まっとう」というのは、あくまでも「ビジネスとして」という意味だ。木場は初めから、ビジネスとして宗教をやるつもりだった。錦織(彼も小山内と改名している)は、手っ取り早く金を稼ごうとして木場のやり方に文句をつけるが、木場は慎重だった。
木場は、容れ物として『宗教』というものを借りるけど、出来るかぎり宗教色を排除して教団を立ち上げる。教祖(仲村も大城と改名している)のことをちょっと悪く言ったり、「宗教か?」と聞かれて「はい」と答えつつも、「でもうちはユルいんですよ」と答えたり。会費も最後まで取らなかったし(これは小山内が最後までグチグチ言っていた)、悪質なマルチ商法と思われないように慎重にやっていた。
僕がマスコミに取り上げられるような新興宗教しか知らないからかもしれないけど、やっぱりどうしても宗教には胡散臭さがつきまとう。高い壺とか、教祖が生み出す奇跡とか、異様な修行とか。そういう教団づくりの方が、より大金を手に入れられるかもしれない。でも木場は、あくまでも自分の中の「まっとうさ」の基準に照らして、法律やモラルの範囲内で、ビジネスとして成立する宗教を目指した。
それは凄く好感が持てる。
僕は、宗教は好きになれないけど、それは胡散臭さがつきまとうからだ。宗教という存在そのものを、否定するつもりはない。
それは、『翻訳』という役割としてだ。
例えば目の前に、インド人がいるとする。もちろん、日本語は通じない。そのインド人がいくら悩みを抱えていても、日本語で語って聞かせている限り、その言葉はそのインド人には届かない。しかし、僕がヒンディー語を学べば、僕の言葉は届くかもしれない。
世の中には、理屈や論理では動かない人間がいる。僕は理屈とか論理の方が大好きで、理屈や論理が通っていれば、いくら受け入れがたい意見でも飲み込んでしまうようなところがあったりする。もちろん人によっては、感情でしか動かない人もいれば、金銭でしか動かない人もいる。
そして、宗教的なものでしか動かない人もいるだろう。
もちろん、それは先天的なものなのか後天的なのかという議論は残しておきたい。つまり、宗教というものが存在することによって、後天的に「宗教的なものでしか動かない人」になってしまうったのでは、本末転倒だろう。でもともかく、宗教的なものでしか動かない人が実際にいるのだから、そういう人たちに『翻訳』して言葉を伝える手段として、宗教というものが存在するのは仕方ないと思う。
実際、木場が初めに作り上げた宗教団体は、それに近いものだったと思う。
小山内のカウンセリングは、相手の反応を読み取って、相手が言って欲しいと思っていることを指摘する、というものだった。小山内のカウンセリングが、そういう人の背中を押すような役割だっただろう。自分がそうしなくてはいけないと思っていてでも出来なかったことを、誰かに言ってもらうことでやれたりするのだ。
また木場が教祖に仕立てあげた大城にしても、基本的にありきたりなことしか言っていない。当たり前だけどちょっと面倒だなとか、わざわざそんなことしなくても、というようなことを、大城が言うからやるという人間に言葉を届けることが出来るのだ。
そういう側面としての宗教というのは、僕はあっていいと思っている。同じ理由で、占い師だのスピリチュアルなんたらだのという人だって、存在してたっていいと思っている。
でも、過剰な金銭が絡むと別だ。これが、宗教をどうしても好きになれない部分なんだよなぁ。
もちろん、組織を運営していく上でお金が掛かるのは当然だと思う。だから、まったくのボランティアでやれなんて思わない。でも、やっぱり宗教って、色々お金がかかりすぎる。そういう側面としての宗教というのは、やっぱり最悪だなと思う。
木場は、ビジネスとしてまっとうな感覚・立ち位置で、教団の運営を続けていこうとする。でも、やはり少しずつ、お金や野心などの欲が忍び寄っていく。また、自分一人では太刀打ちできないような事態も沸き上がってくる。そういう中で木場は、不眠に体調不良に悩まされる。ホームレス時代の方が恐らく健康だっただろう。
宗教団体を作り上げて、結局誰が幸せになったのか。皮肉なことに、木場以外のほとんどの人間が幸せになっているのではないかと思う。教祖に祀り上げられた大城も、時折カウンセリングをする伝説のカウンセラーである小山内も、そして「大地の会」に入信した多くの信者も。
木場だけが、安住できない日々の中でもがいている。皮肉なものだ。
初めは、実に小さな世界でのあれこれを心配していればよかった木場だったが、組織が巨大になればなるほど、木場一人ではどうにもならなくなっていく。
組織の巨大化のきっかけの一つになったのは、野外レイブだろう。あのシーンは、なかなか圧巻だった。
野外の徹夜のDJイベントで、大城が「大地の会」の教祖として、ドレッドヘアの若者たちに話しかけたのだ。初めは、大失敗。しかし、このままでは帰れないと奮起した木場が頭をフル回転させ、二度目のチャンスをものにしたのだ。
それをきっかけに若い世代の入信者が増え、組織はどんどんと大きくなっていく。
個人的には、町内会の会長がちょっと一言言ってやろうと教団施設にやってきて逆に丸め込まれてしまうような、そういう規模が小さかった頃の話の方が面白かったかなという感じはする。規模がでかくなると、あとは、まあ組織が大きくなった宗教団体はまあこんな感じだよね、なんて思えてしまう描写が多くて、だからそれまでの組織をいかに大きくしていくかという部分の方がやっぱり面白かったかな、と思う。
終盤で、物語は大きく転換し、木場はまた人生の選択を余儀なくされる。まさに「砂上の楼閣」という感じで、儚いまま散っていく感じが悲しいですね。
人間の欲望は計り知れないし、集団は巨大化すれば制御できなくなる。そんな当たり前の真理を、『ホームレス』と『宗教』という枠組みの中で描き出す作品です。ホームレスという立場で社会を見なければ見えてこないものの存在や、あるいは宗教というものがどんどんと巨大化して形を変えて行く過程なんかが面白いと思います。ちょっと長いですけど、荻原浩の作品なんでやっぱりグイグイ読まされてしまいます。是非読んでみて下さい。

荻原浩「砂の王国」





数式に憑かれたインドの数学者(デイヴィッド・レヴィッド)

内容に入ろうと思います。
本書は、インドで生まれ、教育をほとんど受けたことがないのに独学で数学の神秘に触れ、後にイギリスのケンブリッジ大学に呼ばれそこで数学の研究を続けたラマヌジャンという天才数学者をモチーフにした小説です。
と言いたいところなんですけど、「ラマヌジャンという天才数学者をモチーフにした小説です」というのはウソです。というか、この作品については腹が立つことしかないのでとにかく文句をぶちまけたい。ホントに、こんなに腹立たしい本に出会ったのは久しぶりだと思う。
先に書いておく。たぶん本書は、小説としてはきっと悪くはないのだろうと思う。「悪くないのだろうと思う」というのは、本書を僕は流し読みしてしまったのでうまく評価できないためだ。僕の腹立ちは、本書の外側に向けられている。
まず、本書が『小説』だということが、本書の外側をパッと見ても全然伝わらない。僕は本書を、ノンフィクションだと思って手に取ったし、ノンフィクションだと思って読み始めた。本書が『小説』であることを示唆するものは、後々表紙をよく見て気づいたが、薄く書かれている原題が「THE INDIAN CLERK A NOVEL」となっていることぐらいだ。あとは、下巻の巻末に載っている訳者のあとがきを読むぐらいか。
僕は、出版社が意図的に『小説』であることを隠して本書を作ったのだ、と思っている。でなければ、こんな造本になるとは思えない。「数式に憑かれたインドの数学者」というタイトルで、帯に「ラマヌジャンの生涯!!」と書かれていれば、誰だって本書をノンフィクションだと判断するのではないか?何故どこにも、本書が『小説』であるという記述をしなかったのか、僕には理解に苦しむ。
そしてさらに、本書は『ラマヌジャン』についての本ですらない。本書では、ラマヌジャンはどちらかといえば脇役ぐらいの立ち位置ではないか。いや、脇役というのは言い過ぎだけど、決してメインの扱いではないと思う。メインだとすれば、ラマヌジャンについての描写が少な過ぎないか?
本書は、ハーディという数学者の物語であり、ケンブリッジの物語であり、さらに言えばイギリスの物語だ。ラマヌジャンは、その中に浮かぶ染みみたいなもので、僕はどう捉えても本書のメインをラマヌジャンだと思うことは出来なかった。それに、ノンフィクションだと思って読んでいる僕としては、数学的な記述があまりにも少なすぎてとにかく落胆した。
本書は、ノンフィクションではなく小説であることを全面に出し、かつ、ラマヌジャンの物語ではなくイギリスの物語であることをちゃんと伝えれば、僕が手に取ることはきっとなかっただろうし(だから僕にこんなにボロクソに言われることもなかっただろう)、僕のようにノンフィクションを期待して読んだ人間を落胆させることもなかっただろう。歴史小説だと思って本書を読めば、もしかしたら本書は素晴らしい作品なのかもしれない。でも、意識的なのか無意識的なのか(僕は意識的だと思っているけど)、本書は小説ではない風な作りになり、さらにラマヌジャンが主人公でもないわけで、なんというかホント酷いなと思いました。
あまりにも落胆したので、ちゃんと本書を読んでいないので、小説として本書がどうなのか、僕には判断できません。なので、ここまでの記述は、小説に対する評価ではない、ということに注意してください。とにかく本書は、外側が酷すぎる。あー、腹立つ。

デイヴィッド・レヴィッド「数式に憑かれたインドの数学者」






技師は数字を愛しすぎた(ボワロ&ナルスジャック)

内容に入ろうと思います。
パリ郊外の原子力関連施設で、殺人事件が発生した。現場は、完全な密室。ドアは閉ざされ、唯一開いていた窓の下には人がいた。誰も、入ることも出ることも出来ない状況だった。
そして何よりも、被害者が完成させた、重さ20キロもある核燃料チューブが金庫から盗み出された!これは、パリ市全土を放射能汚染にさらすほどのとんでもない危険物だ。捜査に当たることになったマルイユは、まったく理解不能な状況に頭を抱える。何がどうなっているのかさっぱりわからないし、もちろんチューブも見つからない。
その後も、同じ人物が起こしているだろうと思われる事件が発生する。しかもそのすべてが密室状態だったのだ!初めの事件以外のすべての現場に居合わせたマルイユは、犯人が忽然と消えてしまったようにしか見えない不可思議な状況を説明しようとして、誰からも理解されない状況に陥ってしまう。
果たして何が起こっているのか…。
というような話です。
うーむ、全体的にほどほど、という感じでしょうか。なんというか、感想で書こうと思うことが特別思い当たらない感じの作品ですなぁ。
真相自体は、まあなるほどという感じです。個人的には、やっぱり僕自身が、本格ミステリと相性があまりよろしくなくなってるんだろうな、と感じます。昔は結構好きだったんだけどなぁ。
あんまり書きたいことがないので、今日はちょっとズボラして、これぐらいで終わりにしちゃいます。まあ、ほどほどな感じのミステリ、という感じがします。
ちなみに、1958年に出版された作品みたいですよ。

ボワロ&ナルスジャック「技師は数字を愛しすぎた」



骨博士が教える「老いない体」のつくり方 キーワードは、骨と軟骨を強くすることだ!(鄭雄一)

内容に入ろうと思います。
本書は、東大医学部卒で、現在東京大学大学院工学系研究科教授である著者による、骨と軟骨に関する知識本です。
「骨と軟骨に関する知識本」ですと書いたのは、本書は、どう見ても健康本にしか見えませんが、中身は全然健康本ではないからです。
これから色んなことを書いていきますが、褒めつつ貶しつつという感じで行くと思います。基本的なスタンスとしては、中身はとてもいいと思うのだけど、外側のパッケージがダメだ、という話になると思います。
本書の感じを一言で表現すると、「ちょっと軽めのブルーバックス」という印象です。タイトルからは健康本にしか思えないでしょうけど、本書はどちらかというと学術的な内容です。
さて本書の内容を、順を追って説明して行きましょう。
まず本書の全体的な主張をざっと。本書では、

「骨と軟骨が弱体化することによる機能不全」→「生命にとって『老いる』とは?」→「『老い』と『骨と軟骨』の関係」→「じゃどうすりゃいいの?」

という感じになります。

第一章は、「先進国病・骨と軟骨の弱体化」。ここでは、「骨折」「歯槽膿漏」「変形性関節症(軟骨の病気)」がいかに高齢者にとって致命的になるか、ということが描かれます。
お年寄りの「骨折」は、治りにくいだけでなく、寝たきりになってしまうことで「廃用症候群」を引き起こし、体がどんどん弱ってそのまま亡くなってしまう。寝たきりの老人の1割は骨折が原因なんだそうです。「歯槽膿漏」は、「人類が誕生してから今日まで、最も患者数の多い感染症」と言われているらしく、これも体全体の健康に大きく影響を与えます。また「変形性関節症」は、人口の10%がなっていると言われる国民病で、年を取ることによって関節の軟骨が磨り減ったり傷んだりすることによって引き起こされます。
本書の特徴は、骨や軟骨に関する知識をふんだんい提供し、「骨や軟骨が老後に影響を与えないようにするにはどうすればいいか」という提案をしている点です。これは僕にはとても好感が持てます。何故なら、僕の一般的な健康本に関するイメージは、「これをすればどんな人も健康に!」という感じなんですけど、本書は、「とにかく、骨と軟骨をちゃんとして、骨と軟骨に関わる病気は避けられるようにしましょうね」というスタンスなわけで、自分の領分をわきまえているというか、そういう姿勢が素敵です。
本書を読むと、そういうスタンスは凄くわかります。著者は、まだどちらか確実になっていない科学的な話に断言することはありません。こういう説もあり、こういう説もあり、まだ確定されていません、という風に書きます。主張や立ち位置が非常にフラットな印象で、好感がもてます。
第二章は「「老いない体」とは何か?」。ここでは、無性生殖をする単細胞生物はなぜ「不死」が実現できて、有性生殖をする僕たちはそれが出来ないのか、という生命学っぽい感じの真面目な話をすることで、「生理的な老化」と「病的な老化」の区別をしようとしている章です。著者は、「生理的な老化」を避けることは人間という生命体にとって不可能であるけど、「病的な老化」を防ぐことは可能で、本書はそのための指針を与える作品だ、というようなことを書いています。この章は、僕個人としては興味深い話で、なるほどなぁ、という感じで読みましたけど、この章を読まなくても全体の主張には大きな影響はないと思うので、読み飛ばしてもいいと思います。
第三章は「「老い」と「骨と軟骨」の関係」。ここでは、恐らくこれが著者自身の専門領域なのでしょう。「骨」と「軟骨」に関して、それがどんな役割をしているのか、組成はどうなっているのか、何故そんな仕組みになっているのか、というような話がかなり詳しくなされます。骨には「形を維持する」「筋肉の発した力をてことして伝える」「臓器を保護する」という三つの役割があるとか、骨は軟骨が骨に入れ替わることで形成されるとか、骨は常にスクラップ&ビルド(リモデリング)をすることでその強度を保っているとか、骨が血中のカルシウム濃度を調整する役割を担っているとか、そういう話がたくさん出てきます。ここは、なかなか面白いです。骨や軟骨について、ここまで詳しい記述を読んだことがこれまでなかったので、なるほどなぁ、と思いながら読みました。骨や軟骨の詳しい話を踏まえて、骨や軟骨がどうなるとダメージが大きいのか、どんなものがリスクファクターになりえるのか、というような話も出てきて、知識だけではなく実用的な章にもなっています。
第四章は「間違いだらけの”健康常識”」。ここでは、世の中に広まっている健康常識がいかに偏っていて誤っているのかを、具体例を挙げて検証しています。ここに書かれていることは、以前から僕がそんな風に感じていたことでもあるので、やっぱりそうだよなぁ、という感じで読みました。読む人が読めば、まあ当たり前だよね、と思える内容だと思います。
そして最後第五章は「骨と軟骨を強くする実践篇」。ここでは章題の通り、どんな風にすれば骨と軟骨を強く出来るか、ということが描かれています。とはいえ、奇抜な話は何もありません。本書の冒頭で著者は「それどころか、一つのことで全てを解決するような「万能薬」のようなものは存在しないということをメインの主張としています」と書いていて、まさにその宣言通りの内容になっています。書かれていることも、ざっと要約すれば、これこれこういうような要素を含んだ健康的でバランスの良い食事をして、適度に運動をしましょうね、という感じです。改めて、こんな当たり前のことを本に書かなければならないほど、世の中の健康常識っていうのは歪んでいるのだな、と思わされました。当たり前のことしか書いてませんが、現代人にとっては非常に有益なアドバイスではないかと思いました。
本書は今書いてきたように、内容は凄くいいと思いました。でも、パッケージがなぁ、という感じがしてしまいます。
とはいえこれは、今の世の中の「健康本の主流」による功罪みたいなもので、この著者や版元に罪はないんだろうなぁ、という感じもしますけど。
本書のタイトルを見ると、一見健康本に見えます。でも本書は、普通の人がイメージする健康本とは全然違うと思います。骨や軟骨に関するかなり学術的な話が結構出てくるし、提示されている健康のためのアドバイスも、「ありきたり」と表現するしかないものです。
この本のタイトルを見て、「きっとこういう感じの本なんだろう」と想定して読んだ人は、きっとその予想を裏切られるでしょう。そして、「予想を裏切られた」という感情が強く残って、内容をきちんと評価することが難しくなり、本当は良いことが書いてあると分かっていても「つまらない作品だった」という評価になってしまうのではないか。
これは僕が勝手に危惧していることですが、ありえるんじゃないかな、という感じはしています。
しかし一方で、書店員としての立場から言うと、こういうタイトルにしないと健康本は売れない、という事実もあります。内容を正しくタイトルに反映させることは、僕はとても大事だと思っているのですが、それはあくまでも「その本がお客さんの手に届いて」からの話。タイトルはもちろん、「その本がお客さんの手に届くまで」にも非常に重要になるわけで、その辺りの兼ね合いがとても難しいだろうなと思う。
この、「お客さんに買ってもらうためのタイトルが、内容と著しく乖離していて、その結果その本を本当に必要とするお客さんの元に届かない可能性」というものは常に考えていて、どうにかならないものかなと思っています。本書が、講談社ブルーバックスの一冊として発売されていれば、ちょっと内容的にライトですけど、でも受け入れられるでしょう(タイトルは変えた方がいいですが)。しかし本書が、健康本みたいなタイトルをつけられて発売されると、それはそれでまた違った見方をされてしまう。内容に合わせてタイトルを決めた方が、本と読者のミスマッチは防げるのだけど、でもそのタイトルでは売れない可能性がある。こういう現状に対して正解はないのかもしれないのだけど、売る側としては、日々モヤモヤするばかりです。
繰り返しますが、本書は内容は凄くいいと思います。ただ、本書を評価してくれるのは、本書のような内容の本を好きな人に限るでしょう。そしてそういう人は、このタイトルではなかなか手を伸ばしてくれないだろうと思います。一方で、よくある健康本みたいな装いをさせれば、健康本が好きな人には買ってもらえるだろうけど、本書はそういう人が求めている内容ではないでしょう。難しいなぁ、といつも思います。
本書を読んで、僕がなんとなく救われたのは、本書で推奨している食生活について。僕は自分の食生活が酷いもんだという自覚があるんですけど、本書を読むと実は栄養的にはそんなに悪くないんじゃないか、という気がしました。牛乳でカルシウムとビタミンDを摂っているし、白米と卵で必須アミノ酸を摂取している。野菜ジュースでビタミンCを摂れているし、炭水化物ばっかり(ばっかり、はダメなんだろうけど)食べてるからエネルギーも摂れているし、なんか案外大丈夫なんじゃないか、という気がしました。まあ、僕の普段の食事内容を聞けば、それはとても大丈夫とは思えない、という判断が下されるでしょうけどね。
見た目は健康本にしか思えませんが、中身は結構硬派で、しかも立ち位置や主張が中立な感じがして、凄く好感が持てる一冊です。普通の健康本には全然興味が持てないけど、こういう本なら読んでもいいなぁ。骨と軟骨に関する詳しい話は、知識欲も満たしてくれます。是非読んでみて下さい。

鄭雄一「骨博士が教える「老いない体」のつくり方 キーワードは、骨と軟骨を強くすることだ!」



錯覚の科学(クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ)

内容に入ろうと思います。
本書は、15年ほど前に心理学の世界に衝撃をもたらし、教科書に載るようになった驚くべき実験を行い有名になった二人の心理学者による、日常的な6つの錯覚を扱った作品です。
ではその、心理学の世界に衝撃を与えた実験を実際にやってみましょう。

以下のリンク先に飛ぶと、6人の女性が2つのバスケットボールをパスしている映像が流れます。3人は白いTシャツを、3人は黒いTシャツを着ています。映像を見て、白いTシャツを着た3人のパス回しの回数を正確にカウントしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=IGQmdoK_ZfY

著者らの実験でも、あるいは著者ら以外の人たちによる追試の実験でも、被験者の半分は衝撃を受けるのだそうです。

さて、本書で紹介されている6つの錯覚を、先に紹介しましょう。

実験1「えひめ丸はなぜ沈没したのか? 注意の錯覚」

実験2「捏造されたヒラリーの戦場体験 記憶の錯覚」

実験3「冤罪証言はこうして作られた 自信の錯覚」

実験4「リーマン・ショックを招いた投資家の誤算 知識の錯覚」

実験5「俗説、デマゴーグ、そして陰謀論 原因の錯覚」

実験6「自己啓発、サブリミナル効果のウソ 可能性の錯覚」

それぞれについては後で色々書くとして、まず読んだ上での全体的な感想を。
これはホントに、(ちょっと大げさに言うけど)生きていくための基本書になるな、という感じがしました。とにかくメチャクチャ面白かった。
本書は、日常の中の様々な行動・決断・説明のあらゆる場面に関わってくる、ものすごく重大な話が描かれる。本書では、僕たちにもいずれ関わってくるかもしれない、非常に日常的な話題を様々に散りばめながら話を進めていく。
人間の知覚や記憶がこれほどまでに曖昧で信頼の置けないものであるという事実は、社会全体でもっと共有すべきではないかと思った。学校で教えるべきじゃないかなぁ、とも。本書を読むと、社会で生きていくために僕たちが「揺るがない前提だ」と感じていることが、ことごとくひっくり返される。人間の持っている能力への誤った信頼や評価が、様々な誤解や悲劇を生む可能性を持っている。本書では、心理学の世界で行われた様々な実験を通じて、それを示していく。
僕たちは、どんなミスを犯す可能性があるのか、きちんと知っておくべきだと思う。本書は、人間のミスすべてを網羅するわけではないだろうけど、本書を読むだけでも、人間の能力の限界がかなり見えてくる。自分が「正しい」と感じていることが、実は間違っている可能性がある。様々な事柄に関してそういう可能性が潜んでいるのだ、ということを認識させてくれるには非常に十分な作品だと思う。
では、それぞれの話について色々書いてみよう。

実験1「えひめ丸はなぜ沈没したのか? 注意の錯覚」

ここではまず、アメリカのとある警官が偽証罪で起訴された話が取り上げられる。犯人を追っていたその警官は、ちょっとした行き違いである警官が犯人だと間違われて警官仲間にボコボコにされている現場を見たはずなのに、自分は見なかった、と主張した、とされた。しかし人間には、『視界に入っているのに意識されない』という状況は、実は非常に多くある。

車の運転中、バイクが突然飛び出してくるように思えることがある。確かにドライバーの不注意もあるだろう。しかし、バイクの存在が視界に入っているはずなのに見えていなかった、ということもある。それは、「バイクが自動車の形に似ていない」から起こるのだ。車のドライバーにとって、車の存在はごく自然なものだが、バイクの存在は「予期しない」ものだ。人間はなかなか、そこにいるとは思えないものを見ることが難しい。アメリカでは、方向社と自転車が事故に遭う件数は、自転車での移動が頻繁な都市部では最も少なかったという。それは、歩行者が自転車の存在を見慣れていたからだ。

運転中に携帯電話で話すことの危険性についても触れられている。片手運転になるから、ではない。ハンズフリーの通話でも危険性は同じだ。しかし人間は、電話をしながらでも運転は出来る、と思ってしまう。

何故人間はこれほど注意の錯覚を起こすのにここまで生き残ってこれたのか。それは、この注意の錯覚が現代社会の産物だからだ。これまでの人類の進化の過程は、さほど複雑ではなく、注意の限界までたどり着くことはなかった。しかし社会が複雑になったことで、人間は注意の限界にさらされることになったのだ。


実験2「捏造されたヒラリーの戦場体験 記憶の錯覚」

この冒頭で描かれるのは、とある輝かしい経歴を持つバスケットボールのコーチが起こしたとされる事件だ。選手の一人が、コーチに首を締められたと訴え、その時の状況を事細かに主張した。しかし、その場にいた他の選手らの証言は違った。コーチが首を締めたという事実はなかったというのだ。数年後、その時の状況を写したビデオが発見され、首を締められたという選手の主張が誤りだと分かった。しかしその選手は、自分の記憶ではそうなっている、と言い張った。

人間の記憶は、容易に改ざんされる。それは、実際に見たこと・聞いたことを記憶するのではなく、予期するものを記憶することが多いからだ。ごく普通の研究室に案内された被験者は、その部屋に30秒残され、そして別の部屋で、その研究室に何があったのかと唐突に質問された。被験者は、本やファイルキャビネットなど、実際にその研究室には存在しなかったが、研究室には普通存在するだろうと予期できるものがあったと『思い出した』。

また、映画のミスになかなか気づかない話が出てくる。「プリティ・ウーマン」のとある有名な場面では、ジュリア・ロバーツがクロワッサンをつまみあげた直後、口に入れたものはパンケーキに変わってるという。
これは「変化の見落とし」と呼ばれている。一瞬前のものと違ったものが出てきても、その変化に気付けないのだ。これは映像に限らない。一瞬前と話していた相手が入れ替わっても、ほとんどの被験者は気づかないという実験が存在する。人間は、予期しない変化にはなかなか気付けないのだ。また人間には、自分が見落としをするわけがない、という強い思い込みがあるから、余計に記憶の錯覚に陥ることになる。

『フラッシュバブル記憶』は、物凄く印象的な出来事が起こった時の記憶は他の日と比べて明らかに鮮明に残っていることを指す。しかし、その記憶も、どんどんと改ざんされていく。9.11の時、どこで何をしていたかという記憶を探ってもらった際、多くの人の記憶に食い違いが見られた。9.11直後に記録した内容を、数年後に見させる実験では、数年後の記憶と大いに食い違っていたにも関わらず、「今の自分の記憶の方が正しい」と感じている人が非常に多かったという。

僕は昔から、何か事件の目撃者になったとしても、証言は出来ないなと思っていた。そもそも自分の記憶力に自信がないのだ。しかし本書を読んで、余計に無理だなと思わされた。


実験3「冤罪証言はこうして作られた 自信の錯覚」

冒頭で描かれるのは、参考書を見ながら診断する医師の話だ。実際に著者の一人がそういう医師に当たり、その時は不安に感じたという。参考書を見るような医師を信頼して大丈夫だろうか?と。どうしてか人間は、自信ありげな態度を見せる人間に信頼感を抱くことが多い。

しかし、自信と能力はあまり関係性がない。というか、能力が低ければ低いほど自信過剰になる、という様々な実験結果が存在する。

また同時に、自信を放つ人に信頼が集まる、という実験結果も多く存在する。その一つが、レイプの冤罪事件だ。被害者の女性はレイプされている間、犯人の顔を長時間見つめ記憶することに努めた。そして容疑者が割り出された後、法定で堂々たる証言をし、証拠は何もなかったがその容疑者は有罪が確定した。しかし10年以上後、それが冤罪であることが判明した。


実験4「リーマン・ショックを招いた投資家の誤算 知識の錯覚」

人間は、実際以上に自分には知識があると思い込んでしまう性質がある。これが、知識の科学だ。冒頭で描かれるのは、ヒトゲノム(人間の遺伝子)の数を大幅に予測失敗した科学者たちのエピソードだ。人間は、自分の能力を過大に評価しがちである。

情報が多ければ正しい判断が出来る、という思い込みも間違っているようだ。株取引を用いて行われた実験では、情報が少なければ少ないほど儲けは多かった。

そして知識の錯覚が消えない理由の一つは、実際以上に自分には知識があると思い込んでしまう専門家がもてはやされる世の中だからだ。


実験5「俗説、デマゴーグ、そして陰謀論 原因の錯覚」

冒頭で描かれるのは、はしかの流行の話。これがどうして俗説と関わるのかは長い話が必要なので省略。

人間は、ものごとをパターンで捉え、偶然の出来事に因果関係を読み取り、話の流れの前後に原因と結果を見ようとする。これによって生まれる錯覚も多い。サンドイッチに聖母マリアの像が現れたとか、寒い雨の日に膝が痛むと言ったようなことは、パターンで捉えるが故だ。

原因と結果を捉え間違えたり、単なる相関関係を因果関係とみなしてしまうことは、非常に多いだろうと思う。「アイスクリームの売上」と「海難事故の数」は、相関関係がある。しかし、アイスクリームが売れるから海難事故が増えるわけではない。これらの二つの背後には、「夏の暑さ」という原因が存在する。こういう間違いを人間は犯しやすい。


実験6「自己啓発、サブリミナル効果のウソ 可能性の錯覚」

冒頭で描かれるのは、モーツァルトを聞けば頭がよくなる、という俗説の話だ。ここで描かれる可能性の錯覚は、「人間の能力は未開発の部分が多く存在し、それが何か簡単な方法によって開花される」という幻想によって引き起こされる。モーツァルトを聞いたところで頭は良くならないし、脳トレをいくらやったところでボケ防止には効果がない。

有名な、サブリミナル効果という実験がある。映画館で短いカットを挿入した映像を見せられてコーラを飲みたくなったとかいうあれだ。しかしあれは、いんちきの実験だったことがわかっている。実験を行った人物が、仕事がうまくいかなくてむしゃくしゃしていたから実験をでっちあげた、と語っているのだ。しかしサブリミナル効果も、未だに信じられている。

何故こうした錯覚が引き起こされるのか。

『錯覚は私たちの能力の限界から生じるものだが、この限界にはたいてい対価としてのメリットがある。』

『瞬間的な認識をつかさどる私たちの脳は、進化のもとになった問題の解決には力を発揮するが、現在の私たちの文化も社会もテクノロジーも、先祖の時代よりはるかに複雑化している。多くの場合、直感は現代社会の問題解決に十分適応できない』

本当に、メチャクチャ面白い作品でした。僕たちは、社会の中で「正しく」生きていくために、自らの能力の限界を知っておかなくてはいけないと思う。そうでなければ、誤った情報が反乱し、間違った決断が悲劇を引き起こし、失われなくていい命が失われてしまうことになるだろう。僕たちは、本書で取り上げられている錯覚から逃れることは出来ないのだ。であれば、うまく付き合っていくしかない。そのためにはまず僕たちは、自分がどんな錯覚に陥ってしまうのか、それを明確に認識しなくてはならないだろう。是非読んでほしい一冊です。

クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学」



おもかげ復元師(笹原瑠似子)





世の中には、凄い人がいるもんだな。

僕には、人の「死」というのがよくわからない。
なんだか、どんな風に捉えたらいいのか、よくわからないままだ。
今まで、葬儀には二度出たことがある。
どちらも、まったく悲しくなかった。
死んでしまった人間に対して、何を思えばいいのか、よくわからない。
何を感じたらいいのか、よくわからない。
たぶん僕は、悲しくはなかった。その時は、自分はなんて非情な人間なんだろうと思ったのだけど、最近はあまりそういうことは考えない。
「死」というものに触れることが、凄く少なくなったように思う。
昔は、出産も今以上に危険なものだったし、生まれてきた子供も大人になる前に死んでしまうことも多かっただろうと思う。寿命も今よりは短かっただろうし、克服できない病気も多々あったはずだ。
今は、どうだろう。「死」は、あまり身近なものではないような気がする。
接する機会がなさすぎて、それがどんなものなのか、よくわからなくなっている。僕は、僕自身についてそう思う。
「死」というものが普遍的に持つ感情が、僕には届かないのかもしれない。
「人が死んだら悲しい」というのは、後天的かつ社会的な価値観だと思う。「死」と「悲しみ」が地続きではない社会というのは、きっとどこかにあるはずだと思う。
僕はその、後天的に獲得するはずの価値観を、獲得し損ねたのかもしれない。
だから僕には、「死」というものがよくわからない。
どう感じればいいのか、よくわからない。
だから正直に言えば、葬式などの儀式に意味を感じられないし、「遺体」そのものに対する思い入れというのも、全然ない。

世の中には、凄い人がいるものだなと思う。
本書の著者である笹原さんは、「おもかげ復元師」だ。様々な事情により生前の面影を喪ってしまった遺体の顔や体を修復することで、生前と同じような面影を取り戻すことが出来るようにする。そういう仕事をしている。

僕には、生前の面影を失った遺体を目の前のした時の自分というものが、あまり想像が出来ない。それが親しい人だとして、僕はどう感じるだろう?あまりにも違う見た目に、その死を受け入れることが出来ないだろうか?変わり果てた姿の先に生前の面影を幻視して、その死を受け入れることが出来るだろうか?
わからない。その時になってみないと、きっとわからない。

本書では、笹原さんがこれまで関わってきた人・状況の中から様々なエピソードを取り上げた作品だ。
世の中には、凄い人がいるものだなと思う。
「おもかげ復元師」というのは、当然のことながら、キレイな仕事ではない。笹原さんは、『ウジ虫がわいても復元するのは、日本でもわたしくらいかもしれません』と書いている。遺体によっては、相当な臭いがすることもある。とても普通の人間には耐えられないようなものだという。子供の遺体の修復が続くと、自身もシングルマザーで二人の子供を持つ親として、いたたまれない思いになる。あまりにも根を詰めて仕事をしすぎて、体が動かなくなってしまうこともあった。
それでも、笹原さんは復元を続ける。その凄さ。

道具や人体の様々な知識を駆使するその技術力の高さも凄い。どうしても復元してあげたいという想いの強さも凄い。自分の体が悲鳴を上げてもやり続ける執念も凄いし、会社の経営者として事業を回さなければならないのに、東日本大震災の被災地を回って復元ボランティアを続けるという決断も凄い。
でも、なんというか、それだけではないのだ。それだけが凄いのではない。
僕が一番凄いと感じるのは、惹きつけ惹きつけられる力の強さではないかと思う。本書ではそれを、『縁』と表現している。
笹原さんは、人との繋がりをとても大事にしている。土地柄もあるのかもしれない。でも、笹原さんの繋がりを尊重するあり方には、凄く打たれる。
その好例が、NHKのカメラマンとの話だろうか。
取材依頼が殺到した笹原さんだが、復元に専念したくほとんど断っていた。しかし、NHKのとあるドキュメンタリーに出たことがある。なぜか。
NHK大阪放送局のとあるカメラマンの熱意に打たれたからだ。
彼は、三週間にわたってカメラを置き、笹原さんの復元の手伝いをした。撮影できるかどうかわからないのに、被災地に入ったカメラマンとして他に撮らなくてはならないものがあったかもしれないのに、である。笹原さんは、そうやって人を惹きつけ、さらにそうした縁が繋がって惹きつけられる。その繰り返しをとても大事にしている、という感じがした。そのかけがえのなさを強く強く理解しているからこそ、頑張れるのかもしれない。

本当に、様々なエピソードが描かれる。その中でもやはり、復元をしたことで現実に大きな影響を及ぼすことが出来た話に、強く惹かれる。
高齢の女性が亡くなられた現場。故人と息子夫婦が同居しており、そこに家を出ていた息子の妹が戻ってきていた。不穏な空気。
息子のお嫁さんが妹に、母親をぞんざいに扱ったのだろうと誤解されているとのこと。
笹原さんは復元を始めてすぐに、薄い笑いジワがあったことを見せて、これは最近大笑いしていた証拠なのだと告げます。
結果的にそれで、お嫁さんと妹の誤解が解けたのでした。
死んでしまえば、何も言えなくなってしまう。長年の経験から、些細なことからでも生前の面影を捉えることができる笹原さんの力が大きく役立った。
祖父を亡くして憔悴している4歳の男の子。家族もどう接していいか分からないので、今日は、あの世からじいちゃんの友達としてやってきた、ということにしてもらえないか、という珍しい要望もあった。祖父の遺体は、確かに生前の面影を失い、男の子もその死を受け入れることが出来ないのだろうと思えた。復元を施したとたん、男の子は祖父をきちんと認識し、感情を出すことが出来るようになりました。これも、復元師という存在がいなければ、恐らくモヤモヤしたまま終わらせるしかなかっただろうと想います。
生き残った人たちのために、具体的な『何か』を与えることが出来るのは、本当に凄いと思う。僕にとって葬式は、「一定の速度で流れる時間」という印象がある。手順があり、流れがあり、とりあえずみな「そうすることになっていること」をする場。そんな印象だ。しかし、笹原さんの「死者のおくり方」は、その人達に合ったものを提供しようとするものだ。普通納棺師は、遺体の全身を綺麗にする。しかしある時、遺体の爪の中の土は残しておくことに決まった。農作業をしていた面影を残したい、という要望だ。そういう、それぞれの形にあったおくり方を提案できる経験と技術と機転を兼ね備えているというのは、本当に凄いなと想います。

本書を読んで僕は、京極夏彦の「巷説百物語」シリーズを連想した。
「巷説百物語」シリーズは、江戸を舞台に、又市という無頼者が、普通ではちょっと対処しきれないような様々な難問を、奇策と仕掛けで解決するという物語だ。
又市らは、困り果てた状況を感知する。それらは、にっちもさっちもいかないような感じになっていて、正攻法で何か対処しようとしても絶対にどうにもならない案件ばかりだ。しかし又市らは、様々な嘘偽りで、対象の人物にだけ意味のある「事実」を様々に積み重ね、その積み重ねによって一つの「真実」を幻視させる、という構成になっている。
面影の復元というのも、近くはないだろうか?
面影を失ってしまった遺体は、普通であればそのまま火葬するしかない。生前の面影を取り戻せず、その死を意識出来ないうちに、別れを迎えなくてはならない。しかしそこに、様々ま技術によって生前の面影を取り戻す「魔法のような仕掛け」を持つ人間が現れ、家族のとっての「真実」を提供する。
「巷説百物語」を連想したからどうだ、という話は特にないんだけど、なんとなく連想。

東日本大震災の凄惨さは、恐らくどれだけ文字で読んでも、どれだけ映像で見ても、体験した人間以外には理解できないだろう。そこには多くの悲しみがあり、多くの絶望があり、多くのやりきれなさがある。そしてそれは、人の「死」を起点として、永遠に残り続けてしまう可能性がある。ああしておけばよかった。こうしなければよかった。あんなことになるならもっと…。
そうした悲しみや絶望ややりきれなさの連鎖を、笹原さんは断ち切ることが出来る。
忘れろ、ということではない。
亡くなった方のことを、忘れることはないと笹原さんはいう。笹原さんは、生きている者に何を残すか。それを真剣に考えている。あまり良いものが残らなければ、それは後悔に繋がってしまう。良いものを残すことが出来れば、その別れは前向きなものになる。
様々な思いが交錯する被災地にあって、笹原さんの活動は、人々に笑顔を、そして前を向いて歩こうと思える力を与えてくれるのかもしれません。

世の中には凄い人がいるものです。軽々しいことは何も言えないけど、自分の体が限界を迎えない程度に頑張って欲しい。そう願うほかありません。

笹原留似子「おもかげ復元師」



無理難題「プロデュース」します 小谷正一伝説(早瀬圭一)

内容に入ろうと思います。
本書は、戦後様々なメディアで奇抜な功績を残し、プロデューサーとして数々の伝説を持つ「小谷正一」を追ったノンフィクションです。
小谷正一は、縁故採用で毎日新聞に入社する。入社当初は、雑用のような仕事ばかりで大した仕事はしていなかったが、毎日新聞社主催のとあるピアノコンクールで辻親子と出会うことで運命が変わる。彼は、大阪が生んだ天才ピアニスト・辻久子のリサイタルを企画し、大成功を収める。
その後小谷は、大阪で新しく創刊される毎日新聞系の夕刊紙「新大阪」の立ち上げのため、出向という形で新大阪へ異動となる。そこで彼は、戦争から引き揚げてきた升田幸三と、当時無敗の名人だった木村義雄との対戦を組んだり、闘牛を企画し大失敗したり(毎日新聞社の記者だった井上靖が、小谷をモデルにして「闘牛」という小説を書き、その作品で直木賞を受賞している)と様々に奇抜なことをやり、創刊間もない新大阪を盛り立てた。
そこに、「天皇」と呼ばれた毎日新聞社の社長から社命が届く。野球の球団を設立することにしたから、最前線で動いてくれというのだ。
野球のことなんか知らないし固辞した小谷だったが、本田の命令で仕方なく球団設立のために奔走する。読売新聞社の前社長で公職追放中だった正力松太郎に誘われてのことだったが、球団設立を希望する声が多く、議論は紛糾。結局2リーグ制に分裂することに決まる。小谷はあれこれ動き、世間をアッと言わせるような移籍を実現し、球団設立初年度に優勝する。
さて、そんな小谷に、次なる社命が下る。毎日新聞社が新日本放送というラジオ局を開設することになったから、前線でよろしく、という。これも小谷は固辞するも、社命ということで押し切られる。それでは、1年で新大阪に戻るという約束を取り付けて、渋々新日本放送へ出向する。
ここでも小谷は、様々な人間を引っ張り、斬新な企画を立て、放送に関しては素人ばかりの集団を率いてどうにか解説までこぎつけ、上々の評判を得るようになる。
しかし一年後、小谷は「1年の約束だった」と言ってあっさり新日本放送を辞めてしまう。これには周囲も驚愕した。どう考えても小谷はまだ必要だったし、辞めて斜陽になった新大阪に戻る必要もなかった。しかし小谷は、誰の慰留も受けず、新大阪に戻る。「同じ事はしない」がモットーだった小谷が、人生で唯一二度同じことをした出来事である。
しかし、やはり新大阪を立て直すことは出来ず、退社。その後、吉田秀雄に誘われて電通に入社したり、独立して「チームK」を率いたりと様々に活躍し、その生涯を終えた。
そんな小谷の生涯を追った作品である。
本書は、なかなか評価が難しいなぁ。本書を読むと、小谷正一という人物に物凄く興味が湧く。湧くのだけど、残念ながら本書を読んだだけでは、その興味は満たされないのである。
どうしてか。それは、本書ではあまり小谷正一のことが描かれないからだ。
確かに本書では、小谷正一が歩いた軌跡沿いのことが描かれる。しかしそれは、あくまでも「小谷正一が歩いた軌跡沿い」であって、「小谷正一が歩いた軌跡」ではないからだ。
例えば、「毎日オリオンズ」設立の話を取り上げよう。
この件に関して、小谷が行ったことは、とある移籍をセッティングしたことぐらいしか描かれない。それ以外は、当時の野球連盟のゴタゴタや、毎日新聞社の「天皇」である本田がいかに社長になったかというような話がほとんどを占める。
その話自体も、面白くないわけではない。でも、小谷の話が少なすぎるのだ。実際に球団設立に際して、小谷がどんな働きをしたのかがよくわからない。
それは、新日本放送設立に関しても同じだ。確かに色んな企画を考えてはいるのだけど、話のメインは、毎日新聞社がいかにして新日本放送設立に至ったのかの背景にある。関西財界の大物を中心に話が進んでいた計画に毎日新聞社が乗る予定だったけど、その大物が公職追放で表に出れなくなり、計画そのものを毎日新聞社が譲り受けることになる。しかし一社ではどうにもならず、別の財界の大物を担ぎだした、という話や、免許事業であるラジオ放送の免許を獲得するために色々大変だった、みたいな話が多くて、小谷が何をしたのかはよくわからない。
二度目の「新大阪」退社後はもっとよくわからなくて、電通で何をしていたのか、「チームK」で何をしていたのかさっぱりだ(でも本書は、著者が思う小谷正一の黄金期に焦点を当てている、とのことだったので、その辺は省略したんだろうけど)。
というわけで、小谷正一という人物はとても面白いと思うし、もっと知りたくなったのだけど、本書を読んでもその欲求はあまり満たされないという点で、本書はちょっと残念だなという感じがしました。
しかし、小谷正一という人物はなかなか面白い。色んな斬新なことを手がけているのに、基本的に打診があった時は「いやです」みたいな感じで断っている。しかも、「天皇」と呼ばれた社長からの直々の命令なのに断るのだ。すげぇ。それでいて、やると決めたら猛進して、小谷にしか出来ないような成果を残す。かっこいいですなぁ。
本書を読むと、小谷が一番やりがいを感じていて好きだったのが、「新大阪」の仕事だったのかな、という感じがします。というか、「新大阪」時代に一緒に組んで暴れまくった編集局長の黒崎との相性がよかった、ということなのかもしれないけど。同じ事はしないというポリシーを破って「新大阪」は二度経験しているし、そこで立ち上げた企画も相当に面白いものだったと思う。
僕が小谷正一のエピソードで一番好きなのは、開局したばかりの新日本放送を、「1年という約束だったから」という理由で退社した話だ。これは凄く好きだ。なかなか出来ることじゃないし、周りが呆然とするぐらいの潔い決断は爽快だ。捉えどころがない辺りも好きだなと思う。ホント、面白い人がいたものだなぁ。
もうちょっと、小谷正一という人物そのものが理解できる作品を読んでみたいなという感じがします。本書はちょっと、小谷正一自身が描かれていない感じがあって、残念だなという感じがしました。人間的魅力はちょっと半端ないと思います。こういう破天荒な人っていいよなぁ。なかなか今の時代にはいない感じですよね。素敵だなと思います。

早瀬圭一「無理難題「プロデュース」します 小谷正一伝説」



ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質(ナシーム・ニコラス・タレブ)

内容に入ろうと思います。
本書は、デリバティブ・トレーダーとして経済の世界に実践者として身を置きつつ、「黒い白鳥(ブラック・スワン)」と彼が呼ぶ「想定できない、しかし影響力の大きな不確実性」について独自に研究をしている著者による、社会や経済や科学における不確実性とリスクをいかに捉えるかを扱った作品です。
内容に入る前に、ざっくりと感想を。
僕は本書を読んで、とっ散らかってるけど面白い、と感じました。
本書は、なんだかとても「とっ散らかってる」感じがする。それは、様々なジャンルを跨いだ話が繰り広げられるから、ではない。でもこれは、うまく説明できないんだよなぁ。
扱っている対象をうまく扱えきれていない作品に出会った時にも、そういう「とっ散らかってる感」を抱くことがある。でも、そういう感じでもない。
本書は、章立てこそあるのだけど、なんか凄く自由に書いてる感じがある。著者が自分でそう書いているように、本書は「エッセイ」に近い作品だと思う。見た目やテーマは、ビジネス書とかそういう感じの本な気がするし、扱っている内容は確かにそういう感じがするんだけど、でも読んだ感想としては、エッセイに近い感じだ。その時その時で書きたいと思ったことをとりあえず書いちゃって、それをなんとか繋げてビジネス書っぽい体裁にしてみた、みたいなイメージだ。
「とっ散らかってる感」はそういう、エッセイっぽい感じの作りから生まれてくるのかもなぁ、とか思ったりしました。実際冒頭からしばらくは、自身の生い立ち(レバノン出身らしく、レバノンの内戦を黒い白鳥と絡めて書いている)の話なんかが出てきたりするし、こんな数学者が嫌いでこんなことを言ってやった、あんな理論を使ってるこういう奴らはクソだ(大意)みたいな内容が結構あったりして、だから凄くエッセイっぽい。本書は、経済や科学や心理学など様々な分野の話を横断しつつ、それぞれのついて「不確実性とリスク」の部分だけ取り出して書いている感じで、だから章立てとか構成とかをもっと合理的にすれば、ごく一般的なビジネス書とか社会学っぽい感じの本になったと思うんだけど、わざとそうしているのかどうなのか、本書はそういう作品になっていない。それらをひっくるめて、「とっ散らかってる感」を抱いたんだろうなという感じがします。
本書は、著者の立ち位置や視点が普通の人とは違って、非常に面白い。なるほど、不確実性とリスクをそんな風な視点から見て、そんな風に扱ったり出来るものなのね、という感じだ。もちろん、本書を読んだだけで、不確実性やリスクに対処出来るようになるわけではないだろうけど、それらと対峙する際の自らの立ち位置を意識的に変えることは出来るようになるかもしれないと思います。
というわけで内容に入ろうと思いますが、「とっ散らかってる感」が凄いので、内容全体をコンパクトに紹介するのはたぶん無理です。というわけで、僕がそこそこ理解できた部分とか、個人的に気になった部分なんかを中心に内容に触れていこうと思います。
まず、「黒い白鳥(ブラック・スワン)」とは何か、という話から行きましょう。本書は、とにかくこれがテーマなわけで、まずこれをちゃんと理解しないといけない。
本書では、「黒い白鳥(ブラック・スワン)」は、こんな風に説明されている。

『第一に、以上であること。つまり、過去に照らせばそんなことが起こるかもしれないとはっきり示すものは何もなく、普通に考えられる範囲の外側にあること。第二に、とても大きな衝撃があること。そして第三に、異常であるにもかかわらず、私たち人間は、生まれついての性質で、それが起こってから適当な説明をでっち上げて筋道をつけたり、予測が可能だったことにしてしまったりすること。』

「黒い白鳥(ブラック・スワン)」については、本書で提示されている七面鳥の例が非常にわかりやすい。

『七面鳥がいて、毎日エサをもらっている。エサをもらうたび、七面鳥は、人類の中でも親切な人たちがエサをくれるのだ、それが一般的に成り立つ日々の法則なのだと信じこんでいく。政治家の連中がよく使う言葉を借りるなら、「一番の利益を考えて」くれている、というわけだ。感謝祭の前の水曜の午後、思いもしなかったことが七面鳥に降りかかる。七面鳥の信念は覆されるだろう。』

この七面鳥は、過去の経験に照らし合わせ、それを裏付けとして、「親切な人類が未来永劫エサをくれるのだ」と信じるようになる。しかし、そうではない。感謝祭の前日、七面鳥は哀れ殺されてしまう。これこそが「黒い白鳥(ブラック・スワン)」だ。
僕たちの世界、特に経済学の世界では、「ガウスのベル型サイン」と呼ばれるモデルで不確実性が扱われることが多いという。これは、学校の偏差値のグラフを思い浮かべてくれればいい。平均的な値にほぼすべてが密集していて、両端が少ない、というあのグラフのことだ。このベル型サインは、使うことでなにがしかの数字が出てくるという意味で、使いたがる人は多い。しかし著者は、このベル型サインでは不確実性を手なづけることは出来ない、という。
ベル型サインが成り立つ社会のことを「月並みの国」と呼び、ベル型サインが成り立たない社会を「果ての社会」と著者は呼ぶ。
「果ての社会」とはどんな社会だろう。著者は、本の売上を例にとって、これを説明する。
まず「月並みの国」の数字で考えよう。人間の身長は、「月並みの国」に属すると考えていい。例えば、二人の身長を足して330センチの組み合わせをたくさん作った時に、最も可能性の高い組み合わせは「165センチと165センチ」だろう。「175センチと155センチ」とか「180センチと150センチ」という可能性もあるだろうけど、恐らく「165センチと165センチ」が一番多いのではないか。
さて、本の売上はどうだろう。二冊併せて100万部を超える本の組み合わせを考えた時、最も可能性が高そうなのは、「99万5000部と5000部」だろう。間違っても「50万部と50万部」ということはない。
このように「果ての国」では、不確実性に上限がない。こういう世界にベル型サインを適応しても、適切なリスク管理が出来ない。じゃあどうするか、という話が本書で色々出てくるんだけど、僕にはあまりうまく説明は出来ないのでざっくりした話になります。
例えば、「裏付けをいくら積み重ねても正しさにはたどり着けない」という話が出てくる。以前、瀧本哲史「武器としての決断思考」を読んだ時、「裏を取るな、逆を取れ」という話が出てきたんだけど、まさにその話だなと思いました。
これに関しては、とある実験の話が面白い。
被験者に「2,4,6」という数列を見せ、この数列はどんな法則に基づいていると思いますか、と質問する。被験者は法則を推測し、それに基づいて別の数列を作る。その数列が法則に合致していれば「よろしい」、していなければ「だめです」と言う。被験者は、法則に確信が持てたら、自らが作った数列を見せる。
さてこの場合、どんな数列を見せれば答えにたどり着けるだろうか?
たぶん被験者は、「こんな法則じゃないか」と思いつき、「その法則に合った数列を見せる」という手順を踏むだろう。これが、裏を取る、というやり方だ。しかし残念ながらこの実験の場合、そのやり方では正解にたどり着けない。
この法則の用意された正解は、「小さい順に並んでいる」というただそれだけだ。そしてそれにたどり着くには、数字を大きい順に並べてみて「だめです」と言われなければいけない。これが「逆を取る」ということである。
僕たちはどうしても、裏付けが欲しくなって、裏付けを積み重ねようとしてしまう。しかし、どれだけ裏付けを積み重ねても(昨日も一昨日もエサをくれた)、その先を予測することは出来ない(明日もエサをもらえるとは限らない)。そうではなくて、反証(逆)を捉えなくてはいけない、という話だ。
また「黒い白鳥(ブラック・スワン)」には、「後から振り返ると説明がつけられるような気がする」という性質がある。それを読んで僕は、昔の自分のことを思い出す。親と不仲だったり、大学を辞めたりという、「自分なりの激動」が色々あるんだけど、そういう話を今人にすると、「どうしてそうなったの?」みたいなことを聞かれる。その時僕自身は、記憶を捏造しているな、という自覚がきちんとある。過去のことを振り返ってみても、その時自分がどういう感情だったのか、どういう考えで決断を下したのか、なんてことは覚えていない。日記でもつけていれば別だけど、そんなものはすべての瞬間について存在するわけでもない。だから、何故親と不仲だったのか、何故大学を辞めたのか、という説明は、それがすべてでもないし、もしかしたらその説明は正確ではないかもしれないなぁ、と思いながら、その場その場で不適切ではない答えを適当に喋っている。
僕にはそういう自覚はあるのだけど、そうではない人も多いのだろうなと思う。過去の自分のことは、自分が一番よく知っている、というのは怖い思い込みだと思う。本書にも、こんな文章がある。

『記憶の中で過去の出来事を思い出すとき、私たちはその後の答えを知ったうえで思い出している。これでは、事後bの情報を無視したまま問題の解決を考えることは文字どおり不可能だ。』

本書を読んで僕は、『正しさ』というものについて考える。
僕は、「これは絶対に正しい」と主張できることって、「数学」の分野に限られる、と考えている。「数学」の分野で証明されたことは、絶対にひっくり返ることはない。「数学」における証明というのは、それぐらい強力だ。
しかし、「数学」以外の分野では、「絶対に正しいこと」なんてありえないと思う。良くて「今のところ正しい」、普通は「今のところ正しいかもしれない」ということが言えるぐらいだろう。
しかし世の中には、「絶対に正しい」ことが蔓延っていて、だから僕はそれが凄く胡散臭く思えてしまう。
例えば本の売り方にしても、色んなことを考える。色んな人が、色んな主張をする。これが正しい、あれが正しい、と。でも、そこで言う「正しさ」は、一体何を担保にして主張されているのかが分からない。だって、同じ条件(同じ店、同じ環境、同じ本)で同じアイデアを実行することは、まず不可能だ。他の小売店もそうだろうけど、書店はなおさら『比較』というものをしにくい。何故なら、日々新しい本がジャンジャカ入ってきて売り場は変化するし、どんな本が新刊として発売されたかによって、来店するお客さんの層が変わるからだ。だから、自店においてどちらの方が有効なのかを、厳密な形で比較するなんてことはまず出来ないし、様々な「正しさ」を主張している人でも、実際に売り場で比較した人はほとんどいないだろう。
なのに皆、「これが正しい」と主張する。なんでそんな主張が出来るのか、僕には不思議でならない。
僕は子どもの頃から、「周囲で正しいとされている意見に反発して」生きてきた(つもりだ)。だから、先生やら先輩やら上司やらと喧嘩したり反発したりすることが結構多かった。なんというか、周りの人が「正しい」と主張していることが、僕には全然「正しい」と思えなくて、色々苦労したなぁ、という感じがする。今でもその感覚はある。
僕は、自分で「正しい」と思っていることに、常に留保がつく。つまり、「正しい(と思う)」というわけだ。本書では、どれだけ裏付けを積み重ねても、正しさはわからないと書かれている。その通りだと思う。なんというか、そういうことの絡みでモヤモヤすることは多い。
本書を読んで、「黒い白鳥(ブラック・スワン)」は、まさに「原発」そのものだな、と思った。
「たとえそれが甚大なリスクを引き起こすものであっても、人間は起こりうるリスクが低いことは無視してしまう」という傾向があるという。保険会社は、そのお陰で儲けることが出来る。つまり、「実際に起っても被害はそこまで甚大ではないけど、起こるリスクが高いこと」に保険を掛けようとするからだ。
「原発」は、まさに不確実性とリスクの問題を考える上で最適ではないかと思う。確かに原発が稼働してからつい東日本大震災まで、原発が甚大な被害を及ぼすことはなかったかもしれない。しかし、七面鳥の話と同じで、昨日までの裏付けをどれだけ積み重ねたところで、未来のことを予測することは出来ない。しかも原発は、事故の確率は低い(ととにかく電力会社は喧伝していた)けど、実際に事故が起こった時のリスクは計り知れないという、まさに「黒い白鳥(ブラック・スワン)」そのものだ。本書では、統計や認知バイアスと言ったものに、人間がどれだけ騙されやすいのかという様々な事例が載っているのだけど、原発事故を経験した日本人は本書を読んで、一度不確実性とリスクについて学んだ方がいいのかもしれない、という風にも思ったりしました。
というわけで、内容を十分消化できているわけではない僕に書けるのはこんな感じ。あとはいくつか引用。

『有名な事件で命を落とした殉教者のことは人の記憶に残る。でも、彼らと同じくらい大きな貢献をしたのに、私たちが気づかない原因で死んだ人のことは、まさしく彼らが成功したからこそ、決して私たちの記憶に残らない。』

『治療より予防のほうがいいのは誰でも知っている。でも、予防のために何かをして高く評価されることはあまりない。本に書かれることもない貢献をした人たちの犠牲の上に、歴史の本に名を残した人たちを、私たちは崇め奉る。』

『読んだ本は、読んでない本よりずっと価値が下がる。蔵書は、懐と住宅ローンの金利と不動産市況が許す限り、自分の知らないことを詰め込んでおくべきだ。』

『わたしが言っているのは、裏づけになる事実をいくら集めても証拠になるとは限らないということだ。白い白鳥をいくら見ても黒い白鳥がいないことの証拠にはならない。(中略)反例を積み重ねることで、私たちは真理に近づける。裏づけを積み重ねてもダメだ!』

『問題は、私たちの思いつきはまとわりつくということだ。いったん仮説を立てると、私たちはなかなか考えを買えられない。だから仮説を立てるのは先延ばしにしたほうがいい結果になる。』

『統計的に有意という言葉を見たら、確実だという幻想に陥らないように注意しよう。この言葉が出るということは、たぶん誰かがデータを見て、誤差はガウス分布に従うと仮定した可能性が高い。ガウス分布を使っていいのはガウスの流儀の通用する場所、つまり月並みの国だけだ。』

「とっ散らかってる感」は結構あるし、僕らの日常の認識を覆すようなことを言ってくるし、内容的にも結構高度な気がするんで、なかなか取っ付きにくいとは思うんだけど、でも僕ら人間は「不確実性とリスク」を捉えるのはとても下手な生き物だということがとてもよくわかったんで、どういう風にすれば、「不確実性とリスク」に過剰に囚われすぎずに生きられるかということを学ぶには凄くいいんじゃないかなという感じがしました。是非読んでみて下さい。







ナシーム・ニコラス・タレブ「ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質」

 | ホーム |  »

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
11位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)