黒夜行

>>2009年05月

誓いの夏から(永瀬隼介)

今日はちょっと時間がないので本屋の話は省略。
内容に入ろうと思います。
進学校の弱小剣道部の主将だった十川慧一は、警察署での剣道の特訓で鷲見という剣道の鬼と呼ばれた男にボコボコにされる。それでも慧一には、鷲見に立ち向かわなくてはいけない理由がある。
同じく剣道部の女子主将であり、慧一の彼女でもある杏子が、鷲見に勝ったらヤらせてくれる、というのだ。何が何でも勝たないわけにはいかない。
慧一は杏子に言った。おまえのためなら死んでもいいと思っている、と。そして誓った。ずっとずっと、おまえを守ってやる、と。
杏子はとある金持ち一家で家庭教師のアルバイトをしていた。極道相手に金貸しをする男の息子で、甘やかされて育ったために手に負えない。それでも、父親が事故死し、生活費に困っている杏子は、バイトを頑張り続けるしかない。
ある日家庭教師のバイトをしていると、階下から悲鳴が聞こえてくる。それは、後に北千住一家惨殺事件と呼ばれることになる大惨事だった。一家三人が殺されたが、杏子だけは何故か生き残った。何故杏子だけが生き残ったのか、様々に憶測されることになる。
私を守ってくれなかった。そう言って、杏子は慧一と別れた。
それから19年後、ある中国人が殺される事件が起きた。捜査一課長から特命を帯びた退官間際の吾妻は、捜査一課のエースだという十川慧一と組まされることになる。十川はプライベートで、殺された中国人の相棒だった日本人を追っているらしい。吾妻は、十川の動向を監視しろと命じられるのだが…。
というような話です。
光文社の営業の方が、これはなかなかいいですよ、と言っていたので読んでみました。
ストーリーはかなり良く出来ていると思います。実際にあった一家殺人事件をモチーフにした作品らしいですが、恐らく実際のケースとはいろんな部分が変わっているんでしょう。
本書では、大小いくつかの事件が絡み合って、最終的に一つの真実にたどり着く、という構成になっています。細かな伏線がいろんなところに張られていて、読み進めていくときちんとそれが収束していく。なかなかうまい構成だなと思いました。
北千住一家惨殺事件は結局迷宮入りになってしまいます。その事件をベースに、謎が二通りに分かれて行きます。一つは、犯人は一体誰だったのか、そしてもう一つが杏子だけが何故生き残ったのか、ということです。この二つに加え、警察を辞めて経営者になった鷲見や、謎めいた行動をしている慧一、退官間際の元捜査一課長候補の吾妻、生き残った女杏子なんかが絡み合って謎解きが進んで行きます。凄くとんでもない謎が隠されている、とかなんとかっていうストーリーではありませんが、絡まった糸が少しずつほどけていくようなストーリーはなかなかいいと思います。
でも、偏見かもしれないけど、ノンフィクション作家出身だからか、小説的な文章はさほどでもないかなという気はします。もちろん、文章が下手なんていうことはまったくないんだけど、もう少し文章がうまかったらなぁ、と思ってしまうような感じでした。どこがどう、とはうまく言えないし、ただ僕にはあんまりと思えるような文章だったというだけかもしれないけど。僕のイメージでは、ちょっと安っぽいハードボイルドとかミステリーとかを書く作家の文章っぽい気がしてしまいました。もう一回言いますけど、別に下手だなんて言いたいわけではないんです。でも、ちょっと惜しいなぁ、という感じ。これだけストーリーの構成力があるなら、もう少し文章が良ければ結構ヒットする作家なんじゃないかなという気がするんで。
そんなわけで、永瀬隼介の小説は初めて読みましたが(昔ノンフィクションは読んだことがあります)、なかなか悪くない作家だなと思います。ただ、正直に言えば、別の作品も読みたくなる作家か、と言われるとちょっと微妙なんですよねぇ。そういう意味で、なんとなく中途半端な作家な感じです。この作品は結構よかったです。読んでみてください。

永瀬隼介「誓いの夏から」




スポンサーサイト

とんび(重松清)

そろそろ内容に入ろうと思います。
ヤスさんは、運送会社の荷分けのプラットフォームで荷分けをしている。さほど仕事熱心というわけでもなく、後輩にもサボり方から教えてやる、というようなタイプ。結婚したものの、夜は仲間を連れて飲み歩いたり、休みの日は競馬をしたりとせわしない。周りも、ヤスさんは奥さんと二人きりでいることに照れてしまうだけだ、と知っているんだけど、それにしてもフラフラ遊び呆けているヤスさんに苦言を呈したりすることもある。
そんなヤスさんが変わったのだ。
昭和38年、ヤスさん28歳の秋、長男アキラが生まれた。
ヤスさんは目一杯張り切って仕事をするようになったし、子供が生まれるまでは願掛けのために酒も断った。子供が生まれるという幸せを全身でかみしめていて、俺は世界一の幸せ者だ、と感じている。すべてが子供中心の生活になり、まさに溺愛している、という感じだった。
しかし、そんな幸せな生活もそう長くは続かなかった。突然訪れた不幸に嘆きながら、子育ての難しさに音を上げそうになることがあっても、それでもヤスさんは不器用にでもひたむきに、アキラを育てあげていく。
アキラの誕生から、アキラが大人になるまでも描く長編小説。
しかし、相変わらず重松清は素晴らしいです。読み始めは、もちろんうまいはうまいんだけど、これまで読んで来た重松作品と比べたらさほどでもないかな、とか思っていたんだけど、やっぱり駄目ですね。重松清の作品を読んで泣かないってことはやっぱりないです。本書でも、途中泣いちゃいましたね。いい作品だと思います。
とにかくヤスさんがアキラを溺愛しすぎるんです。しかもヤスさんが不器用でしかも頑固だから余計に始末が悪い。古い人間らしく、『スジ』を通そうとするからさらにややこしくなる。アキラのことを心の底から愛しているんだけど、常にアキラの味方になってやりたいと願っているんだけど、嫉妬してしまうがために頑固になったり、素直になれなかったり、あるいはお互い思っていることがすれ違ったりとかして、どうにも生活がうまくいかなかったりする。そんなズレを、重松清は本当にうまく描きます。ヤスさんの性格上そうしてしまうのは分かるし、でもアキラがそれに対してそうしてしまうのも分かる。そんな中でどうやってうまく親子の関係を築いていくのか。いい作品だなと思いました。
本書のもう一つの魅力は、ヤスさんの周りにいる人々です。田舎の地方都市に住んでいるヤスさんは、田舎らしい濃い人間関係を築いていて、いつだって輪の中心にいるような感じです。幼なじみのナマグサ坊主・照雲とか、居酒屋『夕なぎ』の女主人・タエ子さんとか、他にも運送会社の仲間とか飲み仲間とか、そういう連中がつねにヤスさんの周りにいる。困ったこと、悲しいこと、不安なこと、そんなことがあった時はいつも彼らを頼っていたし、アキラが生まれてからは本当に頼りっぱなしだった。みんなヤスさんがどんな人なのか知っていて、頑固で素直になれないことも知っていて、アキラのことを溺愛していることも知っていて、だからこそヤスさんとアキラがうまくいくようにみんな協力してくれる。ヤスさんもアキラも本当に幸せ者だったなという感じです。
という感じで作品はすごくよかったんですが、ここからは蛇足です。いや、もしヤスさんが自分の父親だったらなぁ、と考えてしまうんです。
うっとうしいですねぇ。僕だったら、こんな父親にはちょっと耐えられないと思います。
僕は家族っていうのが本当にダメなんです。じゃあ家族小説とか読んで何で泣けるんだ、とか言われると困りますけど、家族って近すぎて人間関係的に僕には本当に厳しい。僕は実家にいる時、いかに家族と関わらずに過ごせるか、ということを常に考えていて、それは今でも変わらないのだけど、だからヤスさんみたいな父親だったらちょっと無理だったかもなぁ、という気がします。溺愛とかされたら、ちょっと窮屈で仕方ないですね。
人の家族の話だと思う分には感動できるんですけど、いざこれが自分の家族だと思うとちょっと無理です。こういう感覚はおかしいですかね?
まあそんなわけで、相変わらず重松清は素晴らしいです。もちろん、本書よりいい重松作品はたくさんありますが、本書もいい作品だなと思います。重松清は、何で同じような雰囲気の作品を書いているのに、どうしてここまで一作一作違いがあって、しかもどれも面白いんでしょうね。凄い作家だなと改めて思います。それに作品を異常なスピードで出す。正直僕はもう追いつけないんですけど、これからもバリバリいい作品を書いて行ってほしいなと思います。

重松清「とんび」




犬身(松浦理英子)

さて今日は時間がないので、本屋の話はちょっとだけ愚痴を書いておしまいにします。
新書の創刊が多すぎる!
もう本当に限界です。新書の売場が広がるわけでもないのに、新レーベルの創刊ばっかり。つい最近早川書房が新書を創刊したし、これからPHPが講談社ブルーバックスみたいな理系新書を出すらしいです。本当にお願いです、どうか新書の創刊は止めてください。今だって、新刊ばかりで置いたら売れそうな既刊なんてほとんど置けないのに、ますますその傾向が強くなってしまいます。こうやって、新刊点数ばっかりどんどん増えていくから、出版・書店業界はどんどん衰退していくんだろうな、と思います。
そろそろ内容に入ろうと思います。
主人公の八束房恵は、生まれてこの方ずっと、種同一性障害(これは房恵が勝手につけた名前だけど)だと思ってきた。性同一性障害は、体と心の性が一致しないことをいうけど、房恵は自分が、体と心の種が一致しないと思っている。体は人間だけど、心は犬だ、と。
房恵はずっと犬になりたいと思って生きてきた。犬が好きというのももちろんあって、犬を見ればわき出てくるような喜びに溢れるのだけど、それだけではなくて、自分が犬になって愛されたい、可愛がられたいという欲求をずっと持ち続けてきた。それもあってか、人間への執着心は薄く、深い付き合いになるような男もほとんどいなかった。
「犬の眼」というタウン誌を、大学時代からの友人である久喜洋一と作る仕事をしながら、犬になりたいという願望を秘め犬と戯れる日々を送ってきた。
かつて取材で一度だけ行ったことのあるバーのマスター・朱尾献ととあるきっかけで付き合いが再開し、不愉快に感じながらも穏やかでいられる気のおけない関係になっていった。犬になりたい、という房恵の願望を知っていた朱尾は、房恵にとある契約を持ちかける。
あなたの魂をもらう代わりに、犬に変身させてあげようか…。
フサという名前の犬になった房恵は、玉石梓という陶芸家の元で飼われることになったのだけど、彼女の一家がなかなか複雑な環境で…。
というような話です。
世間的には評価の高い作品のようで、僕もネットのどこかで本書を絶賛している感想か何かを読みました。昔同じ著者の「親指Pの修業時代」という作品を読んで気に入ったので、本書も読んでみることにしました。
でもどうも僕には合わない作品だったかなと思います。
凄い小説だなとは思います。犬に変身する、という設定はまあそれなりにあるのだろうけど、しかしここまで深く掘り下げた作品というのはなかなかないんじゃないかな、と思います。犬になりたいと願っている女性とか、魂と引き換えに犬に変身させてあげる男とか、かなり非現実的な事柄が出てきますが、全体としてはいろんな意味で考えさせる作品だなと思います。
ただ、面白いか面白くないかで言うと、特に面白い小説という感じでもないんです。僕が一番残念だなと思ったのは、最終的には房恵が犬である必要性がストーリーからあまり感じられなかった、ということです。犬になって以降の房恵の生活は、玉石梓という陶芸家との関わりになっていくんだけど、玉石梓の一家がハチャメチャで、梓とともにその騒動に巻き込まれていく、というような感じなんだけど、そのストーリー自体に、犬である房恵があまり関わらないような気がしてしまうんです。もちろん、犬として梓と一緒に暮らさなければ、梓の抱えている問題を知ることはなかったでしょう。でもこれは小説なんだから、本書が犬の視点で見ている部分を三人称の小説に置き換えたところでそんなにストーリー自体が大きく変わるとは思えないんです。房恵は犬としてはただの傍観者で、直接的には何も出来ない。そういうストーリーであるならば、主人公が犬になる、という本書の最も重要な部分が不必要だったんではないか、という気がしてしまうんです。どうせ主人公を犬にするなら、ストーリー自体が犬でなければならない必然性を持っていて欲しかった、という気がします。まあ確かに、房恵としては犬になって可愛がってもらいたいという欲求が満たされているからいいのかもしれないけど、僕的にはちょっと微妙でした。
でも、そういう部分を除けば、小説としての出来はいいと思います。文章も構成もストーリー運びもうまいと思います。人間の細かな感情の動きや相手の変化なんかを掬いあげるのがすごくうまくて、そういう繊細な部分というのは読みどころのひとつになるかもしれないと思います。
登場人物はすごく少ないので、出てくる人物がすごく濃く描かれて行きます。特に玉石家の人間は凄いですね。あんな家族だったら、僕はすぐ逃げ出しているでしょう。まあ、既に僕は家族から逃げてるんですけど。
玉石家の母親の描写は、ちょっとだけ自分の母親に近いなと感じました。もちろん、あそこまでは酷くないんだけど。自分のことが正しいと信じていて、まあ別にそれは僕も同じだからいいんだけど、でも自分が正しいと信じるために事実を捻じ曲げたりするのが似ている気がしました。そういう意味では玉石家の兄なんかも凄まじいですけどね。しかも、こういう家族というのはどこにでもいそうで、描写がリアルだなと思いました。特に最近は、息子にべったりの母親というのは多そうな気がします。
朱尾という男はかなりよかったですね。最後まで結局何者なのかよくわからなかったけど、何を考えているんだか分からないところとか、普通ではない価値観に基づいて行動していたりする辺りが僕は結構好きでした。
まあそんなわけで、僕としてはさほど面白いと思える作品ではなかったですけど(もちろんつまらないわけではありませんが)、小説としてのレベルは高いと思います。世間的な評価は高いし、どちらかと言えばやっぱり女性向けの作品だと思うんで、興味がある方は読んでみてください。

松浦理英子「犬身」






ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学(竹内薫)

そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は僕には珍しくマンガです。しかも、タイトルにもあるように萌え系のマンガです。ねこ耳少女とか出てきます。あんまりマンガを読まないんで王道なのかどうなのか正確には分からないけど、でも失恋した男がちょっと変わった女の子と運命的な出会いをして…みたいな話はやっぱり王道な気がします。
しかしその変わった少女というのが、何と量子論が大好きな女の子だったのだ!
好きだった女の子が学校で別の男子とキスしているのを目撃してしまった少年・勇希は、ある日一人の女の子と出会う。あいりと名乗ったその少女は、何故か物理の話を、というか量子論の話ばかりを勇希にするのだ。物理の話なんかさっぱりの勇希は、しかしこんな可愛い女の子と喋れるんだからと、あいりの語る量子の話を理解しようとするんだけど…。
というような、超初心者向けの物理入門書です。
読む前から分かっていたことだけど、僕には易しすぎる本でした。理系の人間が読んだら、当たり前のことばっかり書いてあって、物理的な部分で面白さを感じることはないと思います。とにかく本書は、基本的に文系で物理とかまったく意味不明で、量子?何それ?美味しいの?とか言うような人向けの本です。
本書は、細かいところをかなり省いているし、ざっくりとした説明に終始しているんで、この本を読んで理解したというレベルに達するのは難しいだろうなと思います。僕の解釈では、本書はそういう本ではありません。理解を求めるんではなくて、その量子論の世界の入り口に立つ、みたいな感じです。
量子論というのは、本当にハードルの高い物理理論です。何故なら、僕らが普段持っている常識をいとも簡単にぶち壊していくからです。相対性理論にしても量子論にしてもそうなんですけど、そういう20世紀に進化していった物理理論というのは、僕らに一つの事実を突き付けます。
それは、僕らが普段生きている世界というのは、世界全体からするとあまりにも非常識だ、ということです。つまり、僕らが普段常識だと思っていることは、世界全体から見ればあまりにも例外的で非常識なことなんです。
だから、世界全体を記述する量子論や相対性理論が奇妙に見えるのも当然です。非常識なことを常識だと思ってきた僕らには、いきなりこれが常識です、なんて言われてもそれを受け入れるのはなかなか難しいものがあります。
そんな、常識の枠組みを壊す必要のある理論なんで、その世界には簡単には入っていけない。
目の前に一枚のドアがあると思ってください。そのドアをくぐれば、量子論の世界に足を踏み入れることが出来るとしましょう。本書は、木で出来ているそのドアを透明にする、というような効果のある本だと僕は思います。ドアが開いたわけではないので量子論の世界にまだ入り切れていないんだけど、ドアが透明になったんでその世界のことはちょっとは目に入るようになる。それで興味を持ったら、次はどのドアを自力で開ける努力をする。本書はそんな役割の本ではないかなと思います。
なので、本書を一冊読んだからと言って、量子論の概略について大雑把にでも理解できる、と思ったらそれは違います。本書はあくまでも、量子論というものへの抵抗を軽減させて、興味を抱かせるという目的の本なので、本書を読んで量子論に興味を持ったら、是非何か他の本も読んで欲しい、と僕は思います。
萌えマンガとしての評価は僕には分かりませんが、バイト先のスタッフの一人は絵が可愛いと言っていました。まあ、ねこ耳少女あいりのキャラクターはなかなか面白いと思いますよ。
僕が持っている本では、2009年2月23日初版で、2009年3月31日の時点で4刷りまで行っています。割と売れているみたいですね。僕としては、やっぱり簡単すぎたんでそこまで面白くはなかったけど、こういう本はあっていいと思います。量子論って難しそう、物理ってわけわかんない、と思っている方、ちょっと読んでみて欲しいなと思います。

竹内薫「ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学」




船に乗れ!Ⅱ(藤谷治)

湿気が多くなってきているからだと思いますが、最近売場で面陳(下に平積みにしているものではなくて、棚で表紙を見せて置いているやつ)の表紙がペロンとなってしまってすごく困ります。お客さんの立ち読みのマナーが悪くてそうなる場合もありますが、最近あまりにも数が多いんで、たぶん湿気のせいなんだろうな、と思っています。見つけるたびに、その表紙がペロンとなっているものを奥の方にやっているんですが、いつまで経ってもなくならない感じで嫌になります。早いとこ、湿気の少ない気候になってほしいものです。
さて今日は、報奨金の話でも書こうかなと思います。
この報奨金という仕組みが、他の小売店でも普通に存在するのか分かりませんが、書店の場合結構普通にあります。要するに、ある本をこれだけ売ってくれたら、ご褒美としてこれだけお金をあげます、というのが報奨金です。
正直この報奨金というのは、もちろんですが担当者個人に入ってくるわけではなくて会社に入るんで、どれぐらいもらっているのかみたいな具体的な話はイマイチよくわかりません。でも、ちょっと漏れ聞いた話では、例えば某出版社の場合、ありとあらゆる条件をすべてクリアした場合、報奨金が100万円になる、みたいなところもあったりするようです。たぶんその条件は厳しすぎて誰もクリア出来ないんじゃないかな、とか僕は思っているんですけど。
あるいは某出版社の場合、例えばフェアなんかを告知するFAXなんかに、1冊売るごとに50円の報奨金、というようなことが書いてあったりします。文庫1冊500円くらいとして、その1割が書店に戻ってくるんだそうです。本1冊分の値段の7割が出版社の取り分だと何かで読んだ気がしますが、そこから著者印税だの印刷代だのと必要経費を引いていくとそんなに多くは残らないんじゃないかな、と思います。それなのに、1割に当たる報奨金を出す、というのだからすごいなと思います。別の出版社の営業さんは、1冊50円の報奨金をつけて、どうやって利益を出しているのか分からない、と言っていました。
その、利益をどうやって出しているか分からない、という出版社は、報奨金を頑なにつけないんだそうです。書店から、報奨金は出ないの、と聞かれて場所を確保できない、なんていうこともよくあるそうです。
大型書店や、売場面積が広くなくても売上のいい店なんかの場合、目立つ場所にいろんな本を多面展開とかしていたりしますよね。時には雑誌なんかを多面展開しているようなところもありますけど。ああいうのはきっと報奨金と絡んでいるんだろうな、という気がします。書店側から話をするのか、あるいは出版社側から話をするのかわかりませんが、その目立つ場所に置いてあげる代わりに、どれぐらい売ったら報奨金をくれ、というような交渉をするんだろうな、と思います。
最近では、どこかの書店で爆発的に売れたものが全国的に波及していくという傾向がすごく強いので、例えある一店舗(あるいはある書店グループ)との間で出版社が損をするような報奨金を提示したとしても、最終的にそれを回収することが出来る可能性が高くなっているのでしょう。恐らくそういうこともあって、報奨金によって書店の一等地を確保する、というのが出版社としては重要な戦略になっていくんだろうなと思います。
まあ、所詮現場で働いている人間には報奨金とか関係ないので(少なくとも僕にはあんまり関係ない)、あろうがなかろうがどっちでもいいんですけど、しかしそうなっていくと、報奨金を出せるような体力のある出版社しか生き残っていけないのかもしれないな、という気がして、それでいいんだろうか、という気がしてきます。
そろそろ内容に入ろうと思います。本書はたぶんまだ発売されていないはずで、また出版社の方にゲラをもらいました。
以前もらった「船に乗れ!」の二巻目です。音楽高校に通うようになった津島サトルが、チェロに真剣に取り組みながらも、学校で起こる様々な出来事に関わり、悩み、そうやって日々をすごしていくというようなストーリーです。
ちょっとネタばれになりますが、1巻の最後でサトルは、同級生でバイオリン奏者である南枝里子と付き合うことになります。2巻目は、そんな南をサトルがオペラに誘うところから始まります。
南と一緒に時間を過ごすようになって、より南を好きになっていくサトルは、ある時南の決意を聞いて、自分も決断する。南は、先輩が初めて芸大に受かったと聞いて、自分も芸大を目指す、と宣言したのだ。それを受けてサトルも、自分も芸大を目指す、と決めた。
それから二人は会う時間が少なくなった。南が猛烈に練習をするようになったからだ。二人で会っている時間も、音楽の話ばかりした。それで充分だった。ずっとそのままの関係が永遠に続くと思っていたのに、そうはならなかった。
おかしくなり始めたのは、降って湧いたように出てきた留学の話だ。サトルはその頃、いろんな人から一緒に演奏をしようという話をもちかけられていた。しかも、今年のオーケストラの課題曲が絶望的なほど難しくて、その練習も大変だった。そんな時期、おじいさまから突然、ドイツのハイデルベルクでチェロを習ってこないか、と言われた。もう大体の準備は整っているのだという。二か月ほどの短期のもので、おじいさまが校長なのだから学校との折衝も問題ではない。サトルはハイデルベルク行きを決めるのだが…。
というような話です。
1巻もそうでしたが、2巻も読み始めが結構きつかったです。2巻の始まりは、オペラ。そのオペラについて冒頭30ページ弱を使って永遠内容を説明するんです。しかもそれが、内容が意味不明だと言われているらしい、モーツァルトの「魔笛」。確かに内容を紹介されてもイマイチよく分からない。そんな良く分からない話が30ページくらいずっと続くのである。これは正直結構きつかったです。何でもう少し読み始めを入りやすくしないんだろうか、と不思議に思います。これじゃあ、立ち読みして読もうかどうしようかという人に買わせるのは難しいんじゃなか、と。
でも読んでいくにつれて段々と面白くなっていきました。1巻では、高校生活におけるサトルの日常というのが大体のメインになっていたと思いますけど、2巻の場合はサトルと南の関係、というのに主眼が置かれています。どちらも恋愛は初めてで(たぶん)、しかも二人とも真剣に芸大に入ろうと思っている。二人が通っている高校はまだ三流高校なので、そこから芸大に行くというのは凄いことなのだ。そのために彼らは、会う時間を惜しんでまで練習に励む。時々会えても、演奏の話ばっかり。そんな二人の、もどかしいというんじゃないけど、ちょっと普通の距離感とは違う恋愛というのは読んでてなかなか面白かったです。
しかも、その恋愛関係が途中から非常に雲行きが怪しくなっていく。その境が、サトルのハイデルベルク行きなわけなんだけど、ハイデルベルクから帰ってきたサトルには何が起こったのか分からない。南の態度がおかしいことは分かるし、南の周りにいる人間もどうしたっておかしいのだけど、でも誰も事情を教えてくれない。ハイデルベルクに行ったことがそんなにまずかったのか?南は一体どうしちゃったんだ?サトルは心の底から南を愛していることに気づき、しかしそれが取り返しのつかない事態になってしまっていることも理解して、深い絶望に浸ることになる。そんなサトルの鬱々とした心情みたいなものも読んでてなかなか面白くて、読んでて楽しかったです。
でも僕が一番好きな場面は、そういう恋愛とか音楽とかに関わる部分ではなくて、公民の教師である金窪先生の最後の授業です。これは素晴らしかった。どうして金窪先生は、『最後』の授業をすることになり、しかもそこでどうして『ソクラテス』の話をすることになったのかは是非読んでみてほしんだけど、この金窪先生の気丈な態度は素敵でした。金窪先生に関わる記述は本当にあっさり終わってしまうんだけど、すごく印象に残りました。金窪先生がいかに怒りに打ち震えているのかということが、その場で授業を聞いている人間のほとんどには分からなくても、読者には分かる。ソクラテスについて語ることで自らについて語り、潔い形で幕を閉じた金窪先生にブラボーと言いたいです。
全体的に音楽の話が非常に多いんですけど、音楽を知らない人でも普通に読めると思います。何らかの楽器を演奏した経験がある人じゃないと分からないような会話や説明なんかが結構出てきて、楽器なんかリコーダーくらいしか吹けない僕には何のことかさっぱりだったけど、でもそういう知識がなくても全然楽しめると思います。
確か全三巻とかだったと思うけど、これからどういう風に展開していくのか楽しみな感じです。1巻も2巻も初めは読みにくいと思うんだけど、内容はいいと思います。読んでみてください。

藤谷治「船に乗れ!Ⅱ」



麦酒の家の冒険(西澤保彦)

さて、相変わらず店内ではマスクをつけていますが、これが本当に大変です。
もちろん、口の周りがモワモワする、というのも大変なところです。息苦しいし、新鮮な空気を吸いたい気分に駆られます。
しかしそれ以上に辛いのが、耳です。とにかく、マスクをずっとつけてると、耳が痛くなるんです。
僕が特別弱いのかもしれませんが、ようするにマスクってゴムを耳に引っかけるじゃないですか?あのゴムが引っ掛かってる部分がすごく痛くなるんです。
僕はメガネもコンタクトもしていないまったくの裸眼なんですが、昔とあるスタッフが最後にシフトに入っている日に、遅番のスタッフ全員がメガネを掛ける、という企画を誰かが考えて実行しました。その辞めているスタッフがメガネ好きだったんですね。で僕も100円均一で変な老眼鏡みたいなのを買ってきてつけたんですけど、2時間も掛けていると耳が限界ですね。メガネのつるっていうんですか?あの部分が耳に当たっているところがとにかく痛くて仕方ないんですね。
そんなわけで、マスクをつけ続けていると耳が痛くなってすごく辛いです。早いとこ落ち着いてほしいです。
今日の本屋の話は、発売日以外に出る新刊です。と言っても何のことか分からないでしょう。これはもうほとんど幻冬舎という出版社の話で、結論としては、みんな幻冬舎の真似をすればいいじゃんか、ということです。
幻冬舎という出版社はいろいろ変なことをやってくるところなんですけど、文庫の新刊でも結構変なことをやらかしてくれます。例えば、幻冬舎文庫というのは基本的に二か月に一回新刊が出ます。確か奇数月に出るんだったかな。で、ちょっと前ぐらいから偶数月に仕掛け文庫なる新刊を出すようになりました。これは、初めっから仕掛けることを目的に作っている本で、毎回FAXが送られてきますが、初回の注文50冊以上でお願いします、なんて書いてあります。そんなのはとても無理なんで、いつも頼まないんですけど。
で本題ですが、先ほど書いた通り、幻冬舎というのは奇数月の10日くらいに新刊が出るんですけど、それ以外の時でも自由に新刊を出すんです。意味が分からないかもしれませんが、詳しいことはこれから書きます。何にせよ、こんなことをやっている出版社は、幻冬舎くらいしか思いつかないです。
普通の出版社というのは、毎月大体決まった時期に新刊が出ます。出版社の規模によって出る点数は違いますが、とにかくその決まった発売日以外の時期に新刊を出すことはありません。これが普通です。
しかし幻冬舎の場合、奇数月の発売日以外の時期でもよく新刊が入ってきます。具体的には、例えば「ツレがうつになりまして」というドラマがやってるんだかこれからやるんだか分かりませんけど、あれが最近文庫になりました。でも、奇数月の発売日の時期ではなく、恐らくですけどドラマが始まるちょっと前くらいの時期に合わせて送ってくるんです。大体ドラマ化とか映画化のタイミングに合わせて、ということが多いですが、そういう風にして発売日以外のタイミングでも新刊を出すんですね。
もちろん他の出版社でも、映画化やドラマ化に合わせて文庫化するというのはよくやっていますが、しかしそれらは結局毎月の発売日のタイミングで出すわけです。
例えば、毎月1日に新刊を出す出版社があるとしましょう。今度Aという本が映画化されるんだけどそれが5/25公開だとしましょう。
その場合この出版社は、Aという文庫を5/1に新刊で出すことになります(6/1に出すと映画が既に公開しているのでタイミングとしては悪すぎる)。しかし、発売日の5/1から映画公開日の5/25まで大分間が空くことになります。状況によっては、一番売り時である映画公開直前に書店の在庫がなくなる、なんていう可能性もありえます。
でも、これが幻冬舎だと違うんです。幻冬舎は奇数月の10頃に新刊を出しますが、今度あるBという本が映画化されることになって、それが5/5公開だとしましょう。
通常の出版社の仕組みであれば、この新刊は3/10に発売されることになります。ただ、さすがに3/10から5/5までは間がありすぎる。そこで幻冬舎はこれを、文庫の発売日の時期ではない、例えば4/20頃とかに文庫の新刊として出すわけです。
僕は、幻冬舎のこのやり方はすごく理にかなっていると思うんで、どの出版社もやればいいのにな、と思っているんですけど、どうしてやらないんでしょうね。もちろん、幻冬舎が二か月に一回しか新刊を出さない、というのと大きく関わってはいるんだろうけど、でも他の出版社でやっても効果のあるやり方ではないかなと思うんです。まあ、幻冬舎っていう出版社は、僕のイメージでは出版業界のアウトローっていう感じなんで、もしかしたら何らかの業界の慣習(というか暗黙の了解みたいなもの)を破っている、という可能性もあるとは思いますけどね。
まあそんなわけで、書店的には在庫の確保しにくい出版社のトップに来るだろう幻冬舎ですが、いろいろと面白いこともやっているんで、これからも良かれ悪しかれ(?)いろいろ変なことをやっていってもらえればなと思います。
そろそろ内容に入ろうと思います。久々に、これはいい本を掘り出したなぁ、という感じの本です。まあ掘り出したと言っても、WEB本の雑誌の書評を読んで面白そうだと思ったから読んでみただけなんですけど。
一応匠千暁(タック)を主人公とするシリーズ作品の一作みたいなんですけど、そんなこと知らずに読んでも全然面白い作品です。
大学で何となく繋がりのある四人、ボアン先輩、タカチ、ウサコ、タックは、ちょっとした気晴らしのためにR高原へとやってきた。旅程は順調。楽しかった数日が過ぎ、さて帰ろうという段になってちょっと困ったことになった。
いろいろあって森をさ迷う羽目になってしまったのだ。まあ、ほぼボアン先輩が悪いんだけど。
まあともかく、彼らはようやく民家らしき建物を見つけた。あまりの疲労に、窓ガラスを割って不法侵入する四人。
しかしこの建物、あまりに異常なのである。
とにかく、物という物がほとんど一切ない。食料も家具もカーテンさえないのだ。あるのは、クローゼットに隠されたヱビスビール96本とキンキンに冷やされた13本のビアジョッキ、そしてベッド一台だけ…。
まあこんだけあるんだし、とりあえず飲もうということになった一向は、飲みながら、この建物は一体なんのために存在するのかを推理し始めるのだけど…。
という話です。
いや、すごい話ですよ、これ。だって、初めっから終わりまで、ひたすら謎の建物についてあれこれ推理を繰り返すだけの小説なんです。ヒントは、ビールとジョッキとベッドだけ。もちろん、まさかあれが実はヒントだったのか、という情報もたくさんあるし、また中盤で一回とても大きな情報が一つ追加されるんだけど、でも基本的に彼らの手元にある情報はビールとジョッキとベッドだけ。
しかし、まさかこれだけの情報から、あれだけたくさんの仮説が生まれるとは思いませんでした。四人がそれぞれに想像力を働かせて、論理的に整合性のある仮説をひたすらに追い求めていきます。仮説を出す度に穴が指摘され、仮説はどんどんと崩されていくのだけど、しかしそもそも正解があるのかどうかも分からないような謎解きなわけです。気楽なお喋りの延長というような会話です。
しかしこの会話が面白いんですね。普通本格ミステリの場合って、登場人物があーでもないこーでもないって推理しているような場面ってそんなに面白くないじゃないですか?早く新しい展開が起こってほしいし、早く真相を知りたいと思ってしまうと思うんだけど、本作の場合、その仮説のやり取りがとにかく面白い。少ない情報から、仮定と論理を積み重ねただけのまったくの机上の空論がいくつも展開されていくだけなのに、これが滅法面白いんです。タカチという論理的な謎解きにかなり関心を持っている女の子と、何だかんだで鋭い思考力を持っている主人公のタックが議論を引っ張り、そこにのほほんとしてるボアン先輩とウサコが変な角度からボールを投げ込むことでまた新しい展開が生まれていく、というような感じで、そのやりとりが楽しくて仕方ないですね。僕もその場に混ざりたいくらい。
しかもいつまで経ってもあの謎めいた建物について議論しているだけだから、最後までこういう小説なんだろう、と思ったけど、でもこれどういう風に終わらせるんだろう、って途中で思いました。だって難しくないですか?だって、四人が議論している中で、最も真相に近そうな仮説が決まって、はいそれじゃあ解散、なんて風には終わらせられないと思うんです。かと言って、じゃあ真相を知る手だてはそもそもあるのか…。と考えていたところ、やっぱり捻ってきますね、著者は。終わりの方で、一旦ちょっと変わった方向に矢印を向けるんです。これがまず素晴らしかった。その後、また本線に戻るんですけど、その一旦寄り道したことで本線に戻れた、というその流れがよかったな、と思います。
あー、しかし本書の魅力をどうにも伝えきれていないような気がする。本書を読んで、東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」って作品を思い出しました。「むかし僕が死んだ家」は、登場人物はたった二人、舞台は最初から最後まである一軒の家、という設定で進んでいく話で、確か出生の謎みたいなのを解き明かすようなストーリーだったと思うんだけど、でも「むかし僕が死んだ家」の場合、読み進める中で新しい情報というのがとにかくたくさん入ってくるわけです。それを元に謎を解いていくことになる。
でも本書の場合、ほぼ新しい情報というのは入ってこないんです。そりゃあそうです。家中探したって、ビールとジョッキとベッドしかないんですから。追加の情報が一切ないままで、たったそれだけの情報から、仮定と論理を積み重ねることであれだけたくさんの仮説生み出せる。これはすごいなと思いました。
本書は、安楽椅子探偵モノ、つまり現場に行かずに情報を聞くだけで事件を解いてしまうというタイプの亜流のような作品ですが、著者はある時、安楽椅子探偵モノで現代を舞台に長編を書くのは難しい、というような文章に出会ったんだそうです。それで、というわけでもないですが、じゃあやってみようじゃないか、と思って本書を書いたとか。まあ何にしても、レベルの高い作品だなと思いました。あと、本書のあとがきとか解説とかでたくさん触れられていた「九マイルには遠すぎる」という作品は是非読んでみたいものだなと思いました。
本格ミステリ、と聞くと殺人だの何だのというのを想像する人もいるかもしれませんが、本書はそういう物騒な話は出てきません。純粋に論理のみによって、謎めいた状況を解き明かしていくその手腕は素晴らしいものがあります。なかなか似たような作品がない作品だと思います。これはちょっとPOPでも作ってもらってガンガン売っていこうと思っています。面白いですよ~。是非読んでみてください。

西澤保彦「麦酒の家の冒険」




クリスマスに少女は還る(キャロル・オコンネル)

さて今日は、時流にのった話題でも書こうかなと思います。ニュースでやっていることが身近な生活に影響を及ぼすことってなかなか少ないと思うんだけど、今回は珍しくそういうことがありました。あれです、新型インフルエンザってやつです。
昨日から、仕事中はマスクをつけなさい、というお達しが出てしまいました。一応昨日マスクはもらいましたが、品薄で追加が入ってくるのが遅くなる、とのこと。その間はなんとかしてください、ということだったんだけど、何とかったってどこ行ってもマスクは売ってないっていうし、どうにもしようがないんじゃないかなぁ。
そういえば、松本人志の兄が、1万枚のマスクを無料で配るキャンペーンみたいなのを始めたみたいですね。マスク自体だけではなくて、送料も無料なんだとか。なかなかやりますね。
まあそんな話はいいとして、マスクをつけて仕事っていうのはなかなか辛いものがありますね。まず、非常に息苦しい。口の周りがモワモワしてて、マスクを取りたくなります。ちょっと走ったりとかして息が上がったりとかするともうダメですね。息を整えるのに普段の倍ぐらいの時間がかかります。
レジで接客をする時は喋らないといけないけど、声もなかなか出しづらいです。どうしても籠ってしまうんで、自分の声が相手に聞こえているのかどうかすごく不安になります。さすがに、電話を受ける時はマスクを外すことにしています。マスクをしたままだと、ちょっと会話が成立しないような気がするので。
まあ、全スタッフマスクをつけなさい、という指令が出ているんで仕方ないんですけど、どうしてもいつ終わるのかなぁ、と思ってしまいます。しばらくは何とか我慢しますが、一か月も二か月もということになると、さすがにこれはキツイと思います。
最後にマスクをつけたのはいつだろうな、と考えた時、小中学校時代の給食当番を思い出しました。給食当番の時ってマスクしてましたよね?だからたぶんそれ以来だと思うんです。しかも、その時してたのはごく普通のマスクなわけで、今しているような凄そうな奴(いろいろシャットアウトしそうな高機能なやつ)じゃなかったわけで、そんな高機能なのをつけたのは初です。あんまりマスクとかしないんで慣れないですけど、しばらくつけてればこの違和感は消えてくれるかな?
店のスタッフ全員がマスクをしている、というのはなかなか異様な光景なんで、どっかに張り紙でもした方がいいんじゃないかと思いますけどね。『新型インフルエンザ感染予防のため、当店のスタッフにはマスクの着用を義務付けました。不愉快な点などあるかもしれませんがご容赦ください』みたいな。そういえばこんなにマスクをする人種って日本人だけらしいですね。外国では、マスクをしている日本人を奇異の目で見ているんだそうです。まあどこまでホントかわかりませんが、沢尻エリカの夫である高城剛がブログで日本人のマスク着用を嘲るようなことを書いてちょっとニュースになっていたりしました。まあよくわかりませんが、何にしても、この新型インフルエンザ騒動がさっさと収まってほしいものだなと思います。
ついでのように書きますが、いつも書いている文庫とコミックの売上の話です。今月は、マジで本当にコミックの売上を抜けるかもしれません。今の段階で既に勝ってます。これまでの数字からすれば圧勝と言っていいほどの数字です。店全体の売上がかなり下がっている中、文庫は先月までとほぼ同じ、もしかしたら先月よりもいい数字で終わることが出来るかもしれません。映画化で話題になっている「天使と悪魔」がよく売れているお陰というのもありますが、今月は本当に期待できそうな気がします。
後は月末にでる「バガボンド」の最新刊が大敵なんだよなぁ。あれがどれぐらい売れるかによって結構変わってきます。
あとついに今月末、村上春樹の最新長編「1Q84」が出ますね。楽しみです。すぐ買って読まないと。早く出ないかなぁ。
そろそろ内容に入ろうと思います。
クリスマスを間近に控えた町で、二人の少女が姿を消した。家出と誘拐の両面から捜査が進められるも、有力な手掛かりは見つからない。
捜査に加わった刑事の一人に、ルージュ・ケンダルがいる。ルージュは15年前、双子の妹を殺されたのだ。あの時と状況が似ているような気がする。ルージュは、過去の事件と重ねながら、二人の少女を追い続ける。
そんなルージュの元に、顔に傷跡のある一人の女性が現れる。彼女はルージュのことを知っているようだったが、ルージュの記憶にはない。彼女は、ルージュの双子の妹も含め、この事件はすべて同一の人物による犯行だと断定しているようだ。
精神科医や元刑事の私立探偵、心臓外科医、元神父などが絡み合い、事件は一層複雑になっていく。
一方で誘拐された少女は、知恵を絞り力を合わせ、なんとか監禁場所から脱出しようと目論むのだが…。
というような話です。
割と一般的には評価の高い作品のようです。ただ僕にはどうにも合いませんでした。正直僕的には面白くなかったなぁ、という感じです。
まず、とにかく長い。僕は別に長い小説がダメというわけではないんですけど、本書はもっと分量を減らせると思うんです。物語に見合った長さだと僕にはどうしても思えないですね。誘拐事件が起こり、それを捜査する、というストーリーに、どうしてこんなに枚数が必要なんでしょうか?そりゃあ、滅茶苦茶たくさん出てくる登場人物の一人一人を丁寧に描写していると思うんだけど、でもやっぱり長いなぁという気がします。どうしても僕には冗長に感じられて仕方ありませんでした。
それに、ついさっきも書いたけど、登場人物が多すぎる。僕はそもそも外国人作家の作品を読みなれていなくてただでさえ読むのが大変なのに、その上さらにこんなに主要な登場人物がいると、もはや誰が誰何だかわからなくなってしまいます。もう少し登場人物が少なかったらよかったのに、と思いました。
ストーリーは、まあ悪くないかもしれないけど、さっきも書いたけど、冗長で展開が遅いです。少なくとも、僕が好きな小説のテンポではありませんでした。
最後の最後、犯人が分かった時も別にそこまで衝撃的ではなかったし(読んでるうちに分かったとかそういうことではなくて、なんか読んでる間に犯人とかどうでもよくなってきた)、その後のどんでん返しみたいなやつも、結局じゃあどういうこと?って感じなわけで、何だか消化不良でした。
と酷評しましたが、そんなに悪いわけではありませんでした。けど、こんだけ長い話を読んであんまり面白くなかったので腹いせにいろいろ書いてみました。僕としてはオススメ出来ませんが、世間的には評価が高いようです。文庫で600ページを超える作品です。

キャロル・オコンネル「クリスマスに少女は還る」




讃岐うどん旅行記 パート2

さて今回は、第二弾となりますうどん旅行記です。第一弾はこちら。

http://blogs.dion.ne.jp/white_night/archives/7098825.html

土曜日に山口で友人の結婚式があって、それに出席してきました。初めて披露宴ってやつに出たんで勝手が分からなかったけど、すげぇもんですね。結婚式の話はたぶん誰かが書くだろうから僕はあんまり書かないけど、よかったと思います。

二次会を途中で抜けて、終電で高松まで行きました。その時点で深夜1時。しかしこの時間に営業をしている有名なうどん屋というのが高松市内に二軒あるんです。なので着いて早々そこに行きました。どちらも、水商売の店とかがたくさんあるような街にあって、そういうお客さんが結構来るみたいです。

一つ目は「鶴丸」。ここは前回うどん巡りをした時も行きました。カレーうどんが有名な店で、今回は別なものを注文しようかと思いましたが、やっぱりカレーうどんにしてしまいました。ここのうどんはかなり好きです。従業員が、金髪の兄ちゃん姉ちゃんだったりするんだけど、味は素晴らしい。深夜なのにお客さんが次から次へとやってきます。相当繁盛しています。

もう一軒は「こんぴらうどん」。「鶴丸」から歩いて5分くらいのところにあります。ここはうどんが細めなのが特徴。そうめんみたいな感じの麺です。でもコシはもちろんちゃんとしている。僕は確かしょうゆぶっかけみたいなやつを頼みました。僕の中ではまあまあかなという感じでした。お客さんは結構来てましたけど、「鶴丸」ほどひっきりなしという感じではなかったです。

というわけで一日目はこれぐらい。

さて二日目。まず一番初めに行ったのが「なかむら」です。ここは、香川のうどん特集をやればまず間違いなく選ばれるという超有名店。前回のうどん巡りでも、二日目の一番最初に行きました。ルート的にここからスタートというのがいいんですね。
前回うどん巡りをした時、「なかむら」に着いた時既に100人くらい並んでいました。1時間待ちくらい。GWのちょっと前ぐらいの時期だったので、それで混んでたのかな、と僕は思っていました。しかし今回も行ってみると100人くらい並んでいる。駐車場もいっぱいで、まず車を停める場所を見つけるのが大変。やっぱすごいです、「なかむら」。並んでる時他のお客さんの会話が耳に入ってきて、それで謎が解けました。ETC1000円みたいなのがあるじゃないですか?そのお陰で、瀬戸大橋を安く渡れるんだそうです。なるほど、だからこんなに混んでるのか。確かに車のナンバープレートとか見てると、県外の車がやたら多い。すごいもんです。
ひたすら並んでようやく順番が回ってくる。ここは、釜たまうどんとかけうどんの二種類がある。釜たまが有名なのかな?釜たまというのは、釜あげうどんに卵を絡めたもの。釜あげうどんというのは、茹で上がった麺を水で締めることなくそのまま食べるもの。さぬきうどんのコシは、水で締めることによって生み出されているわけなんだけど、それをしないから釜あげうどんの麺は柔らかい。
前回は釜たまうどんを食べたんで、今回は普通のかけうどんを頼む。麺を受け取って、それを自分で湯がく(温める)。天ぷらなんかを取って、薬味を入れて会計をする。雨が降り出したけど、行列は全然減らない。
「なかむら」は小屋みたいな店構えも含めて好きなお店です。うどんも美味しい。

さて次は「宮武」です。前回は、11時ぐらいに行ったらもう麺がないと言われて食べられなかったところ。ここも香川のうどん特集があれば必ず載る超有名店で、「なかむら」があれだけ並んでいたから、今回もまた無理かな、とちょっと心配になりました。
「宮武」に着くと、相変わらずの雨なのにまた行列。でも何とか行けそうな気配でよかった。結局1時間以上は並んだと思うけど。
でも、ちょっと話は脱線するけど、うどん巡りに一人で行くのは厳しいなぁ、と思いました。うどん屋にはちゃんと駐車場があるんだけど、超有名店の場合そこは常に一杯。だから車を停めるのが一苦労です。もし一緒に回っている人がいれば、僕が車を停めている間に列に並んでいてもらうことが出来るわけで、一人だとそれが出来ないのが厳しいですね。
「宮武」は「あつあつ」や「ひやあつ」というようなメニューになっている。「あつあつ」=「麺が熱くてつゆも熱い」、「ひやあつ」=「麺が冷たくてつゆは熱い」、というような感じです。僕は「ひやあつ」を頼んでみました。予想通り、ぬるかったです(笑)。でもこれが好きだという人もいるわけで、香川のうどんは奥が深い。麺がコシがあって、で何だかねじれている。美味しいです。
この店は注文と会計のシステムが面白いと思いました。注文は、グループの代表者の名前と全員分の注文を所定の紙に書く。そうしておいて適当に席に着く。するとしばらくして店員がうどんを運んでくれるわけです。セルフっぽい感じの店構えなのに一般店っぽい感じなのが僕としては面白かったです。
また会計はすべて自己申告制というのがすごい。うどんの注文を書き終わった後、天ぷらなどを自由に席に持っていくんだけど、それを会計時に自己申告して支払う。嘘をついてもたぶんばれないんだろうけど、きっと誰もそんなことしないんでしょうね。僕は、後払いの会計だっていうことをすっかり忘れていて、うっかり食い逃げしそうになりました(笑)

さて次は「山下」です。ここは前回も行きました。ぶっかけうどんに一つの方向性をつけた、とかなんとかいう風に紹介されていたように思います。
ぶっかけうどんというのは、うまく説明できないけど、うどんがあって具があって、そこに少量のつゆが掛かっている、というようなうどんです。前回ぶっかけうどんを食べたんで今回は別のにしようかと思ったんだけど、今回もやはりぶっかけにしてしまいました。ただとろろ入りにしてみましたけど。「山下」のうどんはコシがすごくて、僕がこれまで行ったことのある香川のうどん店の中で一番コシが強いんじゃないか、という気がします。たぶん。
「山下」はオプションとしておでんが有名みたいです。おでんをオプションとして置いている店は、僕が知っている限り「山下」しかないので、結構珍しいんじゃないかな、と思いました。味噌だれが美味しそうなんだけど、あんまり食べるとその後に障るんで諦めました。
そういえば「山下」の店の壁に、こんな張り紙がありました。
『一杯のうどんを何人かで分け合って食べるのはご遠慮ください。』
うどん巡りをする人は、たくさん食べれるようにどの店でも大抵小(1玉)を頼むと思うんだけど、それでも何軒も回っているとキツくなる。特に女性なんかはキツいでしょうね。だから何人かで一杯を分け合って食べるというのは普通の発想だと思うんだけど、それはダメみたいです。同じ張り紙は、「宮武」にもありました。「宮武」の方にはさらに、
『うどんを食べない方は外で待っていてください』
という張り紙もありました。これは、次に紹介する「やまうち」にもありました。
うどん巡りをしようという方、店によってこういうところもあるので、ご注意ください。
「山下」はそこまで並ばなくても入れる店なので、並びたくない人にはいいと思います。

それから「やまうち」へ。前回も行きましたが、その時は麺がないと言われて食べられなかったところ。ここも特集があれば必ず載る超有名店。今回は、前回行けなかった、かつ日曜定休ではない超有名店である「宮武」と「やまうち」をリベンジするというのが目標だったので、是非とも「やまうち」も攻略したいところ。ただ、やはり超有名店なんで食べられるかどうかは心配でした。
これはレンタカー屋の人に聞いた話ですが、GWにあるグループがお昼頃車を借りに来て、今からうどん巡りをすると言って来たそうです。初めに「やまうち」に行ったところ、なんと3時間待ち!結局香川まで来たのに、「やまうち」一軒しか回れずに帰ったんだそうです。
まあそんな店なので心配でしたが、しかしびっくりしました。僕が着いた時、お客さんがほとんどいなかったです。行列なんかまったくなし。初めは、麺がなくなったんだろうか、と心配しましたがさにあらず。一分も並ぶことなくうどんを食べることが出来ました。素晴らしい。
「やまうち」は、宮武ファミリーと呼ばれる店なので、「宮武」と同じく「あつあつ」や「ひやあつ」というようなメニューです。「宮武」と同じようなうどんだったからか、あるいは行列に並ばなかったからなのか、正直なところそこまで感動はありませんでしたが、ただやっぱりうどんは美味しいです。ここも「なかむら」と同じく、店構えも含めて好きなお店です。

さてそこから「池上」に向かいます。「やまうち」から足を延ばせるうどん屋は近くにいくつかありますが、「池上」の営業時間がちょっと微妙だったんで「池上」に行くことにしました。「池上」は昼と夕方の二回に分けて店を開いているんですけど、その夕方の時間に間に合うかどうか不安だったんです。「池上」は前回も行きましたけど、ここはちょっと香川でうどんを食べる時は毎回寄りたいなぁ、という感じの店なので外すわけにはいきません。
「池上」はるみばあちゃんという有名なおばあちゃんがいる店です。るみばあちゃんの写真が載った「池上」のお土産用のうどんが、香川のコンビニに置いてあるのを見たことがあります。
ここは、釜あげ、あついの、つめたいの、しょうゆ、という四種類があります。あついのとつめたいのというのはそれぞれ温かいだし、冷たいだしを掛けて食べる、しょうゆうどんというのはうどんにそのまま醤油を掛けて食べる、という感じです。僕は前回と同じくしょうゆと頼みました。
ここは、正確な値段は忘れちゃったけど、とにかく安い。これまで回ったところも、大抵一杯150円とか200円とかだったと思うけど、「池上」は一杯90円とかだったかな。それに生卵を入れて140円。安すぎる。すごい店です。
「池上」はかつては別の場所にあったんですけど、うどんブームの際にいろいろあって一旦閉店した店です。何でも、近くにあったスーパーの駐車場にみんな車を停めてしまうんで苦情が来たとか。今では別の場所に移っていて、駐車場も広いんですけど、その昔の「いけがみ」に行ってみたかったなぁ、という感じもあります。
なので、古いガイドブックを持っている人は注意してください。「池上」の場所はちゃんと調べてから行った方がいいと思います。

さて二日目最後に行ったのは「わら家」です。ここにたどり着くのは本当に大変でした。別に変なところにあるとかそういうことではなくて、カーナビが反乱を起こしたんです。
ある箇所で右折しろと言っていたので右折したところ、尋常ではなく細い道に入り込んでしまいました。ここを進めとカーナビが案内する道が、どう考えても車が通れる道じゃなかったりして、とにかく途中からカーナビを無視していかにこの細道地獄から抜け出すかということを頑張りました。で、初めの右折しろと言われたところにまた戻ってきたんですけど、カーナビに表示されている地図をよく見ると、そこをまっすぐ行けば着くはずでした。なのでカーナビの指示を無視して直進したところ目的地に到着。あれは結局何だったんだろうか。
「わら家」は釜あげうどんが有名ということなんで釜あげを注文しました。注文すると、おろし金と生姜が出てくる。この生姜をすりながらうどんを待ちます。
待っていると、高校の野球部みたいな集団がやってきて、店の奥の方に陣取りました。たらいみたいな入れ物に釜あげうどんがたくさん入ったやつを四つぐらい運んでいました。前に行った「長田」という店があって、そこでもこのたらいみたいな入れ物に入った釜あげうどんを見たことがあるけど、あれは香川だけないでしょうかね?家族みんなで釜あげうどんをつつくとか、香川だけだと思うんだけど…。
とっくりにビッグライトを当てたようなでかい入れ物にだしが入っていました。美味しいんだけど、既にお腹いっぱいだったから結構苦労して食べました。香川に住めば、こんなに無理して食べなくてもいいのになぁ、と滞在中何度も思いました。

その日の夜銭湯で体重を測ったら、2キロ増えていました(笑)

さて三日目。月曜日です。月曜の昼くらいの電車で帰る予定だったんですけど、午前中で日曜休みの超有名店に行きたいと思っていたので、そこを中心に何軒か回れるようにあらかじめ予定を立てていました。既にレンタカーは返しているんで、電車やバス、徒歩、タクシーなんかを使ったルートです。結果的に、素晴らしい時間配分で、午前中に4軒回ることができました。
一応参考にはなると思うんで、具体的な時間も含めて書きましょうか。より具体的には、香川では知らぬものがいないという、京都在住(確か)の有名人、別P君(この呼称は、僕が持っている麺通団の著作での呼ばれ方です)のサイトをご覧ください。車を使わずに香川のうどん屋を巡る具体的なルートがたくさん載っています。

http://homepage.mac.com/onsen/udon.html

さて僕が使ったルートはこうです。

高松築港駅 7:30発(高松駅から徒歩2分くらいのところにある)
↓(琴電琴平線)
陶駅 8:06着
↓徒歩1分
陶駅前バス停 8:09発
↓綾川町営バス西分線
柳屋 8:21着
↓徒歩2分
山越(うどん屋) 8:25分頃着

山越オープン 8:40分頃
山越 8:50頃
↓タクシー
赤坂製麺所(うどん屋) 9時過ぎ頃
↓徒歩2分
陶駅 9:36発
↓琴電琴平線
瓦町駅 10:06着
↓徒歩 ○分
さか枝(うどん屋)
↓徒歩3分
竹清(うどん屋)
↓徒歩○分
高松駅

こんな感じです。帰りの電車の都合上、一か所どうしてもタクシーを使わないといけなかったですが、それ以外は公共の交通機関と徒歩だけで4軒回れました。

さて、まず「山越」です。ここは日曜定休なんで、前回はどうしてもいけなかったところです。ここも特集があれば必ず載る超有名店で、どうしても行きたかったんで、事前にめちゃくちゃ調べてルートを考えました。
8時半頃に着いたんですけど、その時点でお客さんはまだいなくて、僕が一番でした。素晴らしすぎる。本来「山越」は9時開店なんですが、その後やってきたお客さんが店の人と会話をして40分に開くらしいということが分かりました。列の先頭に並びながら、壁に貼ってあるメニューを見てどうしようかなと思っていました。入口のところに消毒用のアルコールがあって、店内に入る前に消毒してください、とありました。インフルエンザ対策でしょうね。
「山越」で僕は、釜たまと冷たいかけうどんを頼むことにしました。一つの店で二種類注文するのは初です。何となく、二個食べたい気がしてしまったんです。
で、ここが本当に素晴らしかった。これまで二回香川にうどん巡りに行きましたけど、その時に回ったすべてのお店の中でこの「山越」のうどんが一番よかったです。ここはまた行きたいなぁ。うどん巡りをする度に行きたいけど、やっぱり日曜定休というのが結構厳しいんだよなぁ。
そうそう、「山越」とは関係ないんだけど、「山越」に行くために乗った綾川町営バス西分線というのがすごかったですね。バスというから普通のバスだと思ったら、ワゴン車でした。よく老人ホームなんかの送迎で見るような白いワゴンです。なるほど、町営だな、という感じがしました。ここで降ります、というボタンはあるんだけど、運転手が今どのバス停なのかというのをまったく教えてくれないので、どのタイミングでボタンを押せばいいのか全然分からない。このままだと目的のバス停を通り過ぎるかもしれない、と思って、柳屋で降りたいんですけど、と声を掛けました。もう少し優しくしてくれてもいいんじゃないかなと思いました。
あと、琴電琴平線に乗れたのもよかったですね。僕は別に電車オタクとかではないですけど、こういう機会でもないとこういうローカル線って乗らないですからね。

で、すぐにタクシーを読んで「赤坂製麺所」へ。ここはとにかく、うどんがどうこうというんじゃなくて、店構えとおばちゃんが凄い!これまで回ったうどん屋の中で、最強の店構えランキングと最強のおばちゃんランキングの2冠獲得、という感じです。もちろん、ここより強烈なところはあるんだろうけど、僕が回った中では最強です。
店構えは今にも崩れそうな感じ。「赤坂治療院」って看板があるから、元はうどん屋じゃなかったのかなぁ。
店に入ると、おばちゃんが一人。うまく表現できないけど、とんでもないインパクト。これは是非行って体感してほしい。これまで回ったうどん屋ではありえなかったキャラクターです。「池上」のるみばあちゃんより凄い。
うどん自体は、しょうゆを掛けるだけのシンプルなもの(他にかけうどんもある)。ねぎは、カウンターにあるやつを自分でハサミで切って入れる。おばちゃんがいろいろ、歌うようにして教えてくれる。名刺もくれる。うどんは正直、僕としてはあんまり好きな感じではなかったけど、行ってよかった店だなと思う。
そういえばこの店にはノートが置いてあって、いつどこから来たのかというのをお客さんが書くようになっている。僕も、「5/18 神奈川」とだけ書いた。で、本当にいろんなところからお客さんが来ているから、このノートを写真に撮りたいなと思っておばちゃんに聞いてみると、いいよというから携帯を出した。
するとおばちゃんが、「照明はダメよ」と言った。というかそう言ったように聞こえた。
僕はそれをフラッシュのことだと思ったので、携帯のカメラにはフラッシュがついていないので「大丈夫です」と答えた。
ノートに携帯を向けると、また「照明はダメよ」と言われたんだけど、今度はようやく聞き取れた。
おばちゃんは、「帳面はダメよ」、つまりこのノートは撮っちゃダメだ、と言っていたのだった。初めにオーケーしたのも、僕が店内を撮ったりすると思ったんだろう。そんなことがありました。

次は「さか枝」。ここは前回も行きました。高松市内にある店で、ここも結構有名。朝6時半とかそれぐらいからやっているという凄い店。日曜休みなんで月曜に行くしかない。高松市内にありながら、麺を自分で湯がくというかなりセルフ度の高い店である。
ここは小が140円何だけど、量がすごく多い。小に天ぷら一つ(確か100円)を加えれば、十分昼食として成り立ってしまう。安上がりだなぁ。しかもめちゃくちゃ美味しい。香川県はやっぱり凄いと思う。

そして最後が「竹清」。ここは前回行こうと思ったんだけど、電車の時間の関係で行列に並ぶのが微妙だったので諦めた店です。11時開店で、そのちょっと前に並べたんで、そこまで長い行列に並ばずに済んだ。ここはオプションの揚げ物とかが有名みたい。ここも高松市内にあって、自分で麺を湯がくセルフスタイル。開店から行列が途切れない途切れない。人気な店です。
揚げ物が有名だというんで、最後だと思って卵を揚げたやつを一緒に食べました。しかしお腹的には結構限界。8時半に「山越」で二杯食べてから、11時に「竹清」で最後のうどんを食べるまで、わずか2時間半。その間に5杯食べたんだから、そりゃあお腹も一杯です。かなり無理したなぁ。でも美味しかった。

今回のうどん巡りはこんな感じです。もし次行く機会があったら、今度は「なかむら」「宮武」「やまうち」なんかの超有名店を外したルートで回ってみよう。あと、日曜休みの超有名店である「がもう」と「谷川米穀店」を何とか攻略しなくては。「谷川米穀店」は最難関で、日曜休みかつ営業時間が11時から13時という店なので、行ける見通しがまったくない。さてどうしたものか…。
まだまだうどん道は奥が深いのです。遠くてなかなか行けないけど、また行きたいなと思います。
相変わらず文章が長すぎる。疲れた…。8000字です。ここまで読んでくれた方、お疲れ様でした。


反転 闇社会の守護神と呼ばれて(田中森一)

お久しぶりです。先週末山口で友人の結婚式があって、それに呼ばれて行ってきました。披露宴ってやつに初めて出たんですけど、すごいですね。気合い入ってるなぁという感じです。よかったと思います。
でその帰りに、また香川に寄ってうどん巡りをしてきました。うどん旅行記第二弾をまた明日にでもアップ出来ればと思っています。
まあそんなわけで久しぶりの感想です。今日はネットで見たニュースを二つほど紹介しようかなと思います。
まずはこちら。

休刊雑誌を電子配信

最近大日本印刷が何やらいろいろ話題になりますが(書店や出版社を傘下に収めたり、ブックオフの株式を取得したり)、その大日本印刷が秋田書店(一応書いておきますが秋田書店というのは出版社の名前です。角川書店、みたいなものですね)が共同で、休刊した雑誌を電子化して携帯で配信するというサービスを開始するようです。
僕はずっと、雑誌ってもったいないよなぁ、と思ってきたんです。雑誌って基本的には、発売してから1か月しか店頭に置かれません(月刊誌の場合。週刊誌なら一週間しか置かれない)。常に新しい号が出るのでどんどん入れ替えていかなくてはいけません。売り場の広い書店なんかでは、売れている雑誌のバックナンバーまで売場で揃えているところもありますが、普通はなかなかそこまで出来ません。なので、どれだけ雑誌の内容がよくても、その1か月間の間にお客さんの目に留まらなければ、雑誌の記事っていうのは読まれないわけなんです。
もちろん後で出版社にバックナンバーを注文すればいいんですけど、これも出版社によって対応が大分違います。バックナンバーを一切持たない、つまり書店から出版社に返品されてきた雑誌はすべて裁断して捨てる、というところもあるし、発売から何年までのバックナンバーならある、というところもあります。もちろん、これまで出た号すべて残しているというところもあるでしょう。しかし何にせよ、書籍に比べて雑誌というのは圧倒的に読まれるチャンスというのは少ない媒体だと思います。
だから電子化して配信するというのはいいと思います。どうせなら休刊雑誌以外もそういう風にすればいいと思うんだけど、それはもう既にやっているところが多いのかな。前に、講談社が出しているマンガ雑誌が発売から1か月したらすべてネットで見れるようにした、というニュースを見た記憶があるし、雑誌や新聞に載っている広告だけを検索できるサイトみたいなものも確かあったと思います。またヤフーなんかは、主要な雑誌と提携して、記事データベースを利用したりしているみたいな感じだったと思います。
まあこうやって電子化の流れがどんどん進んでしまうと、じゃあもう紙は止めて全部電子配信しようなんて流れになりかねないし、そうなると書店としてはなかなか厳しいんですけど、ユーザーとしては便利になるんだろうな、と思います。まあ僕なんかは、紙だろうが電子だろうが、雑誌は全然読まないんですけど。
さてもう一つの話はこちら。

笑えないマンガ業界の荒廃

マンガ業界は結構厳しいという話をよく耳にしますが、最近はホントにヤバいみたいですね。
一時期、サンデーなど小学館で仕事をしている漫画家の不満が爆発した時期があったと思います。記事にもある雷句誠が小学館を相手取り裁判を起こしたり、新條まゆっていうかなり有名な漫画家が自身のブログで小学館を批判する文章を書いたりというようなことがありました。記事には他にも、今売れに売れている「神のみぞ知るセカイ」というコミックを出している若木民喜という作家の話もあります。「神のみぞ知るセカイ」っていうのは、今4巻まで出てるんですけど、出版社の営業の人曰く、1巻発売時と比べて4巻の初回の刷り部数が3倍以上になった、というほどバカ売れしているコミックなんですけど、それでも貯金残高が1万円を切るような生活しか出来ないみたいです。厳しすぎませんか、それは?(なんて書きましたが、これは「神のみぞ知るセカイ」連載前の話のようですね、どうも)。
最近は小説作家でも二足のわらじでやっている人が多いですが、それは作家だけでは食えないからという理由が大きかったりします。その現状はきっと、マンガ家の方が厳しいんでしょうね、きっと。週刊誌の連載を持っているマンガ家だったらまず二足のわらじとか無理だし、しかもコミックというのは単価が安いから売れてもあまりお金にならない。正直コミックの値段って安すぎると思うんですよね。森博嗣もどこかで書いていたけど、出版社の人間はもっと絵を高く評価した方がいいんじゃないかな、と。確かにマンガって中高生とかがたくさん買ってくから高いと手が出なくなるかもしれないけど、それでもこれだけマンガ家が厳しいのならもう少しマンガ自体の値段をどうにかしないといけないんじゃないかなという気がします。
最近は、「バクマン」っていうコミックが人気です。これは、週刊少年ジャンプで連載を取ろうとする高校生二人組の話で、リアルな業界の話がたくさん出てくるようです。一応出版社や著者の意図としては、業界のことをもっと知ってもらって、マンガ家になりたいという人がもっと増えてくれるということを期待しているのかもしれないけど、上記の記事のような実情を知ってしまうとなかなかマンガ家になろうという人がこれから出にくくなっていくんじゃないかなという気がします。まあ出版社も厳しいんでしょうけど、自社の利益以外のことについてももっと考えた方がいいんじゃないかなという気がしました。そうじゃないと、業界全体がしぼんでしまう気がします。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、伝説の特捜エースと呼ばれた検事から一転、弁護士となり闇社会の代理人となった男の自叙伝です。
本書は大きくわけて三つの章からなります。
第一は、自らの生い立ちについてです。長崎の小さな島で生まれた彼は、非常に貧しい生活を続けてきました。長男だったため、稼業である漁師を継がなくてはいけない立場だったところを、お金がないなかありとあらゆる工夫をして勉強を続け、苦学の末になんとか岡山大学に入学します。
入学後しばらくは勉強などせず遊び呆けていたわけですが、毎月少ない給料の中から仕送りをしてくれる兄弟たちの夢を背負っているのだということを思い出し、一転司法試験の勉強を始めます。それまでまったく勉強などしてこなかった男が、たった2年弱の勉強で在学中に司法試験に一発合格してしまうのだから、基本的な素養みたいなものが高いんだろうなと思います。
元々は裁判官になりたかったのだけど、様々な些細な事情が重なって裁判官を断念せざる負えなくなり、そうして検事になることにします。
第二は、検事になってからの話です。新人としていろんなところに配属され、そこで基本的な捜査手法を身につけた田中は、その実績を認められ、大阪地検特捜部に配属されることになります。まさにエースです。そこでも田中は、自らの情報網を駆使して事件を探り当て、一旦探り当てたら最後まで粘り強く食いついていくというスタイルで犯罪者を追いつめていきました。自分が手がけた様々な事件を具体的に挙げながら、検事時代の仕事について詳しく書いています。大阪は、政治に関わる犯罪がそこまで多くない代わりに、経済に関わる犯罪は多しい、また同和問題などが絡んだ難しい問題もある。そんな中で確実に実績を残し、そして田中は東京地検特捜部に配属されることになります。
しかしここで田中は、検事の限界を感じることになります。政治に関わる犯罪の多い東京では、様々な圧力によって捜査そのものが止められてしまうということが度々ある。事件の捜査はやるが、政治家まで手を伸ばすことが出来ない、ということも多々あった。出世しようなどとはまったく思っていなかった田中は、上からの圧力など無視して仕事にまい進していたのだけど、それでもどんどん潰されてしまう。
また東京地検特捜部の独特の捜査のやり方にもついていけなかった。東京地検特捜部では、まず事件らしきものを見つけると、上の人間がその事件の構図を予想して画を描く。でそこから捜査を始めるのだが、しかし捜査の段階で初めに描いた構図が見当違いだったということも当然起こる。しかし捜査は、初めに書いた構図通りに勧められるのだ。初めの構図が間違っていたとなると、上の人間の責任を追及されてしまうことになるので、あくまでも初めに描いた構図通りにストーリーを作ってしまう、というのである。時には被害者と加害者がまるっきり逆になってしまうようなこともあったという。
そんな東京地検特捜部のやり方に嫌気が差していた頃、母親が病に倒れた。そんなこともあって、田中は検事を辞め、俗に「ヤメ検」と呼ばれる弁護士へと転身していった。
弁護士になった田中には、顧問の依頼がひっきりなしにやってきた。田中は顧問を引き受けるかどうかの基準を、社長に直接会えるかどうか、に置いていた。法務部とやり取りするのはつまらない。社長と直接やりとり出来る方がいい。そんなわけで、自然とアンダーグラウンドな世界と関わるようになっていったのである。
ヤクザやバブル紳士を初めとする怪しい連中と付き合っていく中で、田中は彼らに親しみを覚えるようになっていく。アンダーグラウンドに生きる連中は、これまで苦労をしている場合が多い。田中自身も苦労して来ただけに、そんな彼らを助けたいという風に思うようになってきたのだ。時にはあくどい手も使いながら、闇社会の代理人として有名になっていった。
金銭感覚も狂った。とにかく数百万円単位のお金が常に出入りするような状態。節税のためにほとんどヘリも買った。結局ほとんど使うことはなかったのだけど。
そうやってアンダーグラウンドの連中と付き合っていく中で、古巣である検察から田中は嫌われていくことになる。なんとしてでも田中を逮捕しろ、とまで言われていたようだ。そんなある時、まったく身に覚えのない詐欺事件の共犯として逮捕されることになり、実刑を受け、今に至る。
というような感じです。
なかなか面白い作品でした。親本である単行本が出た時は相当話題になりました。その時はそんなに読もうという気にはならなかったんだけど、最近「ヤメ検」っていう本を読んでそこにも田中森一の話が出てくるんで、じゃあちょっと読んでみようかなと思ったわけです。
僕は正直、この作品の存在を知るまで田中森一という存在については知らなかったんですけど、世間的には悪者というイメージになっているんでしょう。詐欺で捕まって実刑を受けた、闇社会の守護神だった悪いやつだ、と。しかし本書を読むと、そういう感じでもないなぁという感じがします。
もちろん本人自身が書いている本なんで、いくらでも嘘をつくことは出来るでしょうが、読んだ限り、本書は結構真実を書いているんではないかな、という気がします。何せ、検事時代にとある事情から供述調書に嘘を書いた、というようなことまで書いてるんです。昔の話とは言え、なかなかそんなこと書けないと思うんです。また、弁護士になってからの女遊びとか金の散在なんかもしっかり書いていて、かなり好感が持てます。もちろん、書けるところについてはギリギリのラインまで暴露するという戦略で、本当に重要な部分については秘密にしているという可能性もありますが。
基本的にはすごくちゃんとしている人だという風に思います。検事時代は上からの圧力さえも無視して犯罪者を追いつめるほど熱心だったし、田中に落とせない(自白させられない)被疑者はいないとまで言われていたような男です。自白に追い込むまでは鬼だけど、被疑者が自白したらそこからはなるべく罪が軽くなるように手心を加えてやる、なんていうのも普通の検事はしないでしょう。
弁護士になって、検事時代とは逆に犯罪者の利益を守る立場になるわけだけど、基本的には考え方はさほど変わっていないという気がします。もちろん、犯罪を犯した人間になんとか執行猶予を取らせてやるためにあくどい手を使ったりもするんだけど、基本的に間違ったことはしないし、周囲が間違ったことをしようとしてもそれを止めようとするだけの良識はあります。闇社会の守護神とは言え、犯罪者を守るために何でもするというわけではなくて、出来る範囲のことで出来る限りやるというわけで、そんなに酷いことをしているわけではないと思います。
田中を頼ってくる犯罪者には生い立ちが厳しかったものも多く、田中は、彼らに更生のチャンスを与えるために動いていたという面もあったりします。一概に悪徳弁護士と言いきってしまうことは出来ないだろうなと思います。
本書で描かれる事件の多くは、バブル期やそれ以前のものが多いので、僕は直接は知らなかったりします。戦後最大の経済事件と言われるイトマン事件なんかは名前は聞いたことはあるけど、詳しいことは知らないですね。それでも、非常に具体的に詳しく経緯が書かれているのでものすごく面白いです。実際世間にはこういう風に公表されているけど、実は本当はこうだった、みたいな話が多くて、ニュースを見る目がちょっと変わるかもしれないと思いました。またライブドア事件など、割と最近の話も出てきたりするんで、そういうのは読んでて懐かしいなぁという感じがします。
著者が逮捕されることになってしまった事件についても詳細が描かれるんですけど、どう読んでも著者は何もしていないですね。もちろん重要な部分を隠している可能性はないではないけど、やはりこれは検察によって作られた事件なんだろうなと思います。許永中という闇社会の重鎮と、検察に不利益ばかり与えるヤメ検弁護士である田中を一挙に逮捕できるように、巧妙にストーリーが作られている事件だなという風に感じました。しかしこういう本を読めば読むほど、日本の裁判っていうのは本当にほとんど有罪なんだなと思います。一般人が判断すればどう考えても無罪だろ、みたいな事件も有罪になります。裁判員制度って、こういう経済事件にも適応されるんでしたっけ?こういう閉鎖的な状況に風穴を開けてくれるでしょうか。
まあそんなわけで、僕はすごく面白いと思いました。そこらの警察小説なんかよりも面白いんじゃないかなと思います。何せ実際の事件の話がやたら出てくるし、それに直接関わった男の述懐何だから面白くないわけがありません。田中森一という男もなかなか魅力的で結構好感が持てるんじゃないかなと思います。ちょっと長い作品ですけど、面白いです。ぜひ読んでみてください。

田中森一「反転 闇社会の守護神と呼ばれて」




アポロ13号奇跡の生還(ヘンリー・クーパーjr.)

さて今日もいろいろあって(というか明日から忙しくなるんで)書店の話は割愛とさせていただきます。書店の話とは関係ないことを一つだけ。
明日山口で友人の結婚式があるんですけど、僕はクラッカーを用意することになっていたんです。で、つい1時間ほど前にふと思いました。クラッカーって、飛行機に持ち込めるんだろうか?
何と、クラッカーは機内に持ち込めないどころか、預かりも出来ない危険物に指定されているんです。さてどうしたものか。一応こういうことに気づいた、どうしよう、ってメールは流してみたんだけど、どうしようかな。
しかし、前日に気づいたのがよかったことなのかどうなのか微妙なところですね。せめてあと一日早く気付いてればなぁ、と思います。結構こういうことには気づける人間のつもりなんだけど、鈍ってきたかなぁ、昔に比べて。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書はタイトルの通り、宇宙空間で爆発事故を起こしたアポロ13号が地球に帰還するまでを描いたノンフィクションです。
昔テレビか何かでやってた、アポロ13号の映画を見た記憶があります。僕が覚えているのは、ヒューストンの管制塔のどこかにあるシュミレーターで、限られた電力の中でどういう手順でならば必要なことが可能かというシュミレーションをしているシーンと、あと余分な電力を使えないために暖房装置を切ったアポロ13号内が異常に寒く、クルーが震えているシーンぐらいですけど、結構面白かったなぁという記憶があります。
本書は、正直なところそこまで面白くはありませんでした。というのも、本書で描かれている大部分は技術的な部分に関わることで、人間ドラマ的なことはあんまり描かれないからです。
僕としては、未曾有の事故を前に、クルーたちはどんな極限状況にいたのか、管制官たちはどんなやりとりを繰り広げてどんな風に問題を解決していったのか、というようなものがもっと前面に押し出されている作品かと思って読み始めたんですけど、こういう場面でこういうトラブルが起こって、それにどう対処したのか、という技術的な部分がメインになっていて、ちょっとなぁという感じでした。大分昔の記憶と比較するのはどうかと思いますが、映画の方が面白かったような気がします。
不謹慎な書き方をしますが、これほどドラマチックな事故なんだから、もっといかようにも書きようがあったんじゃないか、という気がします。
どうも僕が期待していたような作品ではなかったのであんまり面白くありませんでした。もう少しドラマチックな描き方をしているものを読んでみたいものだなと思います。

ヘンリー・クーパーjr.「アポロ13号奇跡の生還」




蘆屋家の崩壊(津原泰水)

さて今日は、昨日ニュースで見た話題を。正直この話が、今後の出版業界にどう影響するのか僕にはさっぱり分かりませんが、何かが動きだしているなぁという感じはします。
とりあえずヤフーのニュースはこちら。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000547-san-soci

中古本販売の大手チェーンであるブックオフの株式を、大手出版社が計3割を取得する、という内容です。
僕は基本的に株とかそういうことはよく分からないんで、これがどういうことになるのか分かりませんが、出版各社が何らかの思惑を持ってやっているのは確かでしょう。中古本販売の市場が無視できなくなってきているからそれを取り込もうとしているのか、あるいは何かを規制したり制限したりしようとしているのか。まあ詳しいことはわかりませんが、今後どうなるんだろうな、と気になったりはします。
このニュースに対して、僕が普段見ている書店員の一人がこんな記事を書いています。

http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20090513

ここでこの株取得の思惑について三つほど可能性を書いています。

①これまで裁断していた絶版本をブックオフチェーンに流すのではないか
②落ち込みの激しい新刊コミックの売上を何とかするために、ブックオフに規制を掛けるのではないか
③中古本販売の利益を著作者に返還するという仕組み作りのための準備段階ではないか

正直僕はこのニュースの衝撃度を実感できるほど書店業界・出版業界に詳しいわけではないんですけど、やっぱりマズイと感じている人は多いんだろうなと思います。これまで出版社は基本的に新刊書店を通じて消費者と関わりを持っていました。しかし最近は、インターネットでも本やらマンガやらが読めるようになってきている、中古本チェーンも台頭しているというわけで、出版社も新刊書店の方だけを向いているわけにはいかない、ということなんでしょう。生き残るためには、出来ることは何でもやるしかない、と。
しかしそれは、新刊書店で働いている人間からすればかなり脅威です。最近では、書店を様々な業態とミックスさせてやっているところがありますが(ゲームやレンタルショップなどと一緒にやったり、カフェを併設したり)、しかしどうであれ、新刊書店というのは出版社が本を作ってくれて初めて成り立つわけです。そこが崩れようとしているような感じがして怖いですね。
もちろん、中古本チェーンはそもそも、新刊書店がなければやっていけない業種です。新刊書店で本を買う人がいて、それを中古本チェーンに流す人がいるから成り立つ。つまり、中古本チェーンによって新刊書店が完全に駆逐されてしまうなんてことはまずありえないわけですが、しかし少ないパイを互いに争っているというのは事実。書店の末端でアルバイトをしているような人間には、なかなか業界のことは分かりませんが、ヤバイヤバイと言われ続けてきた書店・出版業界が本当に崖っぷちにいるのだろうな、という感じがします。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は8編の短編が収録された短編集です。正直僕はあんまり好きな作品ではなかったので、内容紹介はざっと行きます。
まず大枠の説明だけ。30代にして無職の猿渡は、あるきっかで伯爵と呼ばれるホラー作家と出会う。二人を結びつけたものは、なんと豆腐。二人は無類の豆腐好きだったのだ。豆腐のためなら全国津々浦々どこへでも。そんな道中、彼らは不可思議な怪異に遭遇するのだが…。

「反曲隧道」
猿渡は車に乗っている時、黒いコートを着た男を轢きそうになった。それが伯爵との出会い。大宮へ豆腐を食べに行く途中、伯爵を轢きそうになったトンネルに差し掛かったのだけど、どうやらそのトンネルには曰くがあるらしく…。

「蘆屋家の崩壊」
大学時代ほんのわずか関わった女の話をしたところ、伯爵が大変興味を持ち、彼女の実家があるはずの小浜に行ってみることにした。彼女は蘆屋道満を祖先に持つという旧家の生まれで…。

「猫背の女」
映画館でたまたま知り合った女と一度だけデートをし、次の約束をすっぽかしたら放火された。怖くなって逃げ出した猿渡だったが…。

「カルキノス」
小さな映画祭で講演を頼まれた伯爵について行って静岡まで足を延ばす。一風変わった蟹が絶品だと言われて食べるとこれがうまい。しかしこの蟹、どうにも人間に見えてしまい…。

「超鼠記」
猿渡がとあるビルに居候していた頃。ネズミ駆除の業者が敷き詰めたネバネバのシートに引っ掛かっていた少女を助けた。美しい顔立ちだがどうにも不潔な彼女は実は…。

「ケルベロス」
静岡の映画祭で顔見知りになったとある女優から相談があると言って実家へと向かう。20年来、村にある家に毎日何らかの不幸が降りかかる土地で、彼女と双子の妹が呪われているのだと村人から言われているのだが…。

「埋葬虫」
ばったりと会った旧友からカメラを渡され、森の写真を撮ってきてくれと頼まれる。虫を食べすぎて死にそうな後輩がどうしても森の風景を見たいと言っている、というのだが…。

「水牛群」
無職をやめてとある会社に就職した猿渡だったが、そこでとんでもない事態に巻き込まれ、不眠・食欲不振に陥る。ギリギリの状態でなんとか伯爵を呼び出した猿渡は、伯爵の取材に同行することにするのだが…。

というような話です。
津原泰水の作品は、「ブラバン」というのを読んだことがあるんですが、これは氏の作風とはちょっとかけ離れた作品のようです。「ブラバン」は青春小説ですが、本来津原泰水という作家は、幻想的でホラー的な作品を書く作家のようで、そういう意味でいうと本作はちょうどこの作家本来の作風ということになりそうです。
いろんな意味で気になっていた作品なんで期待していたんですけど、正直僕にはあんまり向かない作品でした。
「超鼠記」はなかなか面白いな、と思いました。作品全体の中ではもの凄く分かりやすい話で、どんな話なのか途中ですぐ分かるんだけど、それでもいいと思いました。
後の話は、どうなんだろうなぁ。ホラーというのともちょっと違うし、ミステリでは全然ないし、別にジャンル分けしないといけないっていうわけじゃないんだけど、どうにもその辺が中途半端な気がしました。日常が非日常にさらっと入れ替わってしまう、みたいなところが肝なんだろうけど、僕はそんなに好きになれない作品でした。
どういう人だったらこの本を楽しめるかなぁ。ちょっとうまく想像できないけど、合う人は合うかもしれません。

追記)amazonの評価はかなりいいです。僕には合わないだけみたいですね。

津原泰水「蘆屋家の崩壊」




そして名探偵は生まれた(歌野晶午)

どうもこのところ時間がないです。バタバタしている。というわけで今日も本屋の話はなしで。明日は何か書けると思うんだけど。
内容に入ります。
本書は、4つの短編(中編?)が収録された作品です。

「そして名探偵は生まれた」
影浦速水は、警視正である伯父の後ろ盾もあり、名探偵として活躍している。警察が手を焼く難事件を鮮やかに解決するが、しかし個人情報の問題などからそれらの活躍についてほとんど口を閉ざしている。自分は名探偵なのにこそこそと隠れなくてはいけない、本を書いて大儲け出来るはずなのにそれも出来ない、といつも愚痴ばかり言っている。
助手である武邑大空は、影浦と共に伊豆の山荘に招かれた。とある事件を解決したお礼である。そこで密室殺人事件が発生する。しかし影浦は、警察の介入がない、すなわち誰も自分にお金を払ってくれないから、と言って調査をしようとしない。仕方なく助手である武邑が調査に乗り出すことになるのだが…。

「生存者、一名」
とある理由から無人島に取り残されたメンバーの一人が書いた手記、という形で物語が進行していく。
真の道福音協会のメンバーであった4人は、教祖からの指示により、大○駅の爆破テロの実行犯として関わった。その成果に対する報酬として海外への脱出が図られる予定であるが、しかしその準備がまだ整っていない。そのため、警察に見つからないように、屍島という名の無人島に一時避難することになったのだ。
しかし、結果的にその島に取り残されることになってしまったメンバーは、信じていたものに裏切られて放心状態で過ごすが、しかしある時その島で他殺体が見つかり…。

「館という名の楽園で」
大学時代、探偵小説好きで集まって作った探偵小説愛好会のメンバーが、冬木から招待を受けた。冬木は無類の探偵小説好きであり、昔からいつか館に住んでやると言っていた。そしてその夢をついに叶えたらしい。
まさしく探偵小説に出てくるような館にたどり着いたメンバー四人は、そこで冬木から奇妙な提案を受ける。この館を舞台にした、ちょっとしたミステリー趣向を考えてある、というのだ。お互いに分からないように犯人役と被害者役をくじで決め、そのシナリオに沿って行動するのだが…。

「夏の雪、冬のサンバ」
床が傾いているようなボロアパートに住むダビデは、突然バロンに呼ばれた。ドラゴンが死んでいるという。明らかに他殺だった。しかし、すねに傷を持つ外国人である自分たちは、警察を呼ぶわけにはいかない。しかしこのまま放って置いたらいずれ警察が死体を見つけてしまうことになる。どうしたものか。
そこでダビデは、昔関わったことのある私立探偵を呼ぶことにした。早速調査を開始するが、雪の降った地面の足跡から考えると、どうも外部犯が存在するようには思えない状況で…。

というような話です。
どの話も、かなり出来のいい作品だなと思いました。正直最近は、本格ミステリ的な作品にそこまで面白さを感じなくなっているんで、すごくよかったという感じの評価にはならないですけど、本格ミステリ小説としてレベルの高い一作であることは確かだと思います。
表題作の「そして名探偵が生まれた」が正直なところ一番面白くないかもしれません。影浦という探偵のキャラクターはなかなか面白いですけど、トリック的な部分もストーリー的な部分もさほど面白いというほどでもありませんでした。まあ「そして名探偵が生まれた」というタイトルはなかなかいいと思うんで、それで表題になったんでしょうが。あるいはこの「そして名探偵が生まれた」だけ、ハードカバー版書き下ろし作品だからかな。
「生存者、一名」は、確かに本格ミステリ的な部分はあるけど、それよりは、絶海の孤島での人間関係を楽しむ作品だなと思います。極限状況に置かれた彼らは、島に殺人犯がいるかもしれないという状況の中でそれでもなんとか生き抜こうとする。その辺りが結構面白いです。最後、結局生存者は誰なのか、という部分もなかなか面白いと思いました。
「館という名の楽園で」が、本書の中で僕が一番好きな作品です。メイントリックは、細かな部分を理解することは難しいですけど、核となる部分は非常に単純でエレガントだなと思いました。館の主人である冬木は、その館に伝わる話として二つの話をでっちあげて語るわけなんですけど、この話もよく出来ていて、しかもメイントリックにきちんと関わっていく。見事だなと思いました。
しかもこれを実際の殺人事件でやるんじゃなくて、本格ミステリに憧れて館を立ててしまった酔狂を主人公にしてストーリーに仕立てたのもよかったと思います。というのも、ストーリーの最後の方で登場人物が言っていますが、このトリックは使う必然性のないトリックなわけで、実際の殺人事件でストーリーを組んでしまうとその辺りが弱い。それをこういう風にして処理して作品に落とし込むというのはなかなか見事だなと思いました。
「夏の雪、冬のサンバ」は、いくつかの事象が重なってトリックが作られているんで僕自身そこまで好きな感じのトリックではないんだけど(やっぱり「館という名の楽園で」のように、単純でエレガントな方がいい)、でもよく出来ている作品だと思います。ボロアパートとか外国人ばっかり住んでいるとかそういう細かな設定もすべてストーリーにきちんと関わっていくので、そういう部分がうまい作家だなと思います。
なかなか複雑な過程を経て一冊の文庫になった作品で(書くのがめんどくさいので、詳しく知りたい方は本書解説を読んでください)、もしかしたら本書に収録された作品を別のどこかで読んだことがある、ということにもなりかねませんが、まあそれでも他の作品を読む価値は十分にあると思います。本格ミステリが好きだという人は読んでみたら面白い作品だと思います。

歌野晶午「そして名探偵は生まれた」




シャイロックの子供たち(池井戸潤)

今日は時間がないので、本屋の話はなしでいきます。
内容の紹介です。
本書は、パッと見短編小説なんですが、読んでいくとただの短編小説ではなく長編として読むべき作品だなという感じになってきます。なので内容紹介が非常に難しいんですが、主な登場人物がどのように関わっていくのか、というような形でストーリーの紹介をしたいと思います。
舞台は、中小企業や町工場がひしめく地域にある、日本最大手の銀行東京第一銀行の長原支店。ここで働く人々の視点を経て、最終的に一つの犯罪へと収斂していくことになります。
副支店長の古川はとにかく上昇志向が強い。支店長になりたいと常に思っている。そのため、支店の成績については人一倍うるさい。結果の出せない社員を日々どなり散らしている。
ある日古川は、融資にやる気のない小山徹をはずみで殴ってしまった。警察沙汰にすると言ってくる先方にどう対処したものかと考えるが…。
業務課の友野は、ささいなことから出世レースから外れてしまうことになった。国際畑を希望し続けているが、しかしまだ叶わない。
そんな折、融資がまとまりかけていた案件がフイになるかもしれない状況に陥った。なんとか融資を取りまとめようとするが…。
愛理は行内で人気のある三木から告白され付き合うようになったが、父の急逝のためお金がなく、やりくりがかなり苦しかった。
そんなある日のこと、行内で100万円の現金紛失事件が起こる。その日の日付が印刷された帯封が愛理のバッグから見つかり疑われるが…。
業務課の課長である鹿島には、対照的な滝野と遠藤という部下がいる。滝野は業務課のエースで、その仕事ぶりは誰もが認めるところだ。一方の遠藤は、やる気はあるんだが実績に結び付かない。何をやってもうまくいかない。手助けをしてやろうと思うんだが、なかなかうまくいかない。
そんな折、久しぶりに遠藤がいい案件を手にしてきたのだが…。
人事部の坂井は、一人の男のこれまでの経歴を読み返しながら、どんな男だったのか想像してみた。上司に恵まれずに不遇な銀行人生を歩むことになった男は、突然失踪してしまうのである…。
自分でもイケてない内容紹介だなと思いますけど、なかなか難しいんです、本書の内容紹介。
初めの方は普通の短編集っぽい感じです。銀行を舞台に、様々な登場人物がいろいろトラブルに巻き込まれていく中で、どうにか日々の仕事をやり抜いていく、という感じ。銀行ってのはホント大変なところだなと思うし、自分だったら絶対働きたくないところだなぁ、と思います。銀行がどんな風にして収益を上げているのか僕にはよくわからないんですけど、でもあくどいやり方をしてでも実績を、みたいな感じはやっぱり嫌ですね。まあすべての銀行、すべての支店がそうってわけでもないんだろうけど。
行内恋愛が破局すると出世に響くとか、上司に逆らったら出世はありえない、みたいな古い仕組みも何だか納得出来ないし、普通の仕事以上にいろいろ管理される感じがあって(自分の預金口座のお金の出入りなんかもチェックされちゃうとか)、何だか嫌ですね。でもそういう、嫌なところだなぁというのがちゃんと伝わるように描いているというところがうまいなと思いました。まあ銀行で働いている人からしたら、いいところもあるんだよ、と言いたいところでしょうが。
で、冒頭の方は短編集なんですけど、中盤くらいからかなりストーリーが絡み合ってきます。
発端となるのは、愛理が疑われることになる、100万円の現金紛失事件です。すべてはここから始まります。この100万円紛失事件を調べる者、$失踪する者、さらに調べを進める者、驚くべきことに気づく者、憶測を語る者、など様々な人が出てきて、100万円紛失事件から発展した大きな事件は、二転三転しながら驚くべき展開になっていきます。
この中盤から後半に掛けての展開はお見事という感じでした。短編の中の一つの話だとばかり思っていた100万円紛失事件が、まさか最後にはそんな大きな話になっているなんて、という感じです。章が進む毎に少しずついろんなことが明らかになっていって、その出し方もうまいんです。案外地味な短編集かなと思って読み始めましたが、いい意味で期待は裏切られました。
銀行という、僕なんかからすればちょっと特殊な業界を舞台に、そこで働く人間を緻密に描きながら(解説によれば、本書にはフルネームが描かれる行員が20人以上いるらしい。そして解説に書いてある通り、その描き分けはきちんとされていてうまいと思う)、同時にミステリとしても楽しませてくれる作品です。「空飛ぶタイヤ」はあまりにもよすぎたので、それと比較するとどうしても落ちますが、本書もかなりレベルの高い作品だなと思いました。銀行を舞台にした話ばっかり読むのも食傷気味になってしまうと思うのであまり連続して読まないようにしようと思うけど、時々池井戸潤の作品は読んでみようかなと思いました。

池井戸潤「シャイロックの子供たち」




ジウⅢ 新世界秩序[NWO](誉田哲也)

さて今日はとりあえず眠いんで本屋の話はさらっと。小さな話を二つ書いて終わろうと思います。
まず一つ目。これは不思議な話です。同じ雑誌が二日続けて入ってきた、という話。
『中央公論』という雑誌があります。今日雑誌開けをしている時、その雑誌を売場に並べようとしたところ、既に売場に10冊平積みになっていました。雑誌の担当者に確認すると、前日(8日)に10冊入荷している、とのこと。そして今日(9日)に9冊また入ってきたわけです。
しかし8日に入ってきた10冊分は、データが入ってきていません。つまり、店内には今19冊あるんだけど、データ上は9冊しかない、ということです。
まあ恐らく、他の店に渡るはずだった分が何故か間違ってウチに入荷してしまった、みたいな話だと思うんだけど、まあどうなんでしょうね。
もう一つはムカつく話。よく分からない万引きの話です。
昨日(8日)に売場を見ていたところ、平積みしていた文庫の一番上だけ濡れていました。よく見ると、ただ濡れているというのではなく、濡れてしばらく放置していたような状態のものでした。スリップ(本に挟まっている紙)もありませんでした。
つまり僕はこう判断しました。誰かが、自分が持っていた濡れてしまった文庫を店の商品とすり替えたんじゃないか、と。まあそれが事実だとしたら激しくムカつく話です。
しかしちょっと考えてみれば、そのやり方は頭のいい方法ではないことがわかると思います。ただ盗むだけなら、目撃されなければ盗んだという事実さえ伝わらないかもしれないのに、濡れた本を残して行ってしまったがために、盗んだということが発覚してしまったわけです。
そう考えると、これは何かのメッセージなのかも。この本を盗んだ、ということを伝える以上のメッセージが何かそこに込められていたとしたら…、とコナンのようなことを考えてしまいますが、まあ実際はそいつがアホだったというだけの話でしょう。
万引きはホントやめてほしいものです。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、ジウシリーズの3巻目にして最終巻です。これまでの流れを超大雑把に書くと、女刑事である門倉美咲と伊崎基子が、誘拐事件や立てこもり事件に端を発する巨大な事件に立ち向かっていく、という話です。大雑把すぎますか?
門倉美咲は、相変わらず東主任と組んで一連の事件の捜査を続けている。大きな犠牲を出した事件を経て、捜査を続ければ続けるほど混乱の極みにはまり込んでいくが、二人は粘り強い地道な捜査を続けていく。
また門倉は、伊崎の様子が気にかかっている。あの日以来、どうも彼女はおかしい。門倉は伊崎に嫌われているという自覚があり、うまく助けになることが出来ないが、何とかしてあげたいと思っている。
一方の伊崎は、すったもんだの挙句、またSATへと戻ってきた。価値観がグラグラと揺さぶられる中、自分自身が正しいと思える道へと突き進んでいく伊崎。その先に待っているものが何であるか分からないが、そう悪くもないだろうと信じて…。
そうこうしている内に、最悪の事件が発生する。街頭演説の応援にやってきた総理大臣を標的としたテロが発生し、総理大臣が囚われてしまった。新世界秩序と名乗る集団から狂気の沙汰とも思える要求が飛び出し、歌舞伎町の街は地獄絵図と化す…。
というような話です。1巻2巻のネタばれをするわけにはいかないのでかなりぼやけた感じの内容紹介になってしまいました。
いやはやしかし、これは滅茶苦茶面白かったです!1巻を読んだ時は、まさかこんな面白いシリーズだとは思いもしませんでした。2巻3巻と進むにつれてどんどんと面白くなっていきます。3巻を読み終えた今は、もっと続きが読みたいなぁという気分です。門倉と伊崎のコンビでシリーズにならないですかね。まあその場合、門倉はともかくとして、伊崎はかなりアクロバティックな展開がないとちょっと難しいでしょうけどね。
2巻を読んだ時点で3巻目に期待した内容は、正直ほとんど触れられませんでした。2巻で竹内という元自衛隊員が、新世界秩序の理念というか考え方みたいなものについて触れていた部分があって、それが今後どんどん明らかになっていくんじゃないかなと期待したんだけど、そんなことはありませんでした。しかし、そんなことどうでもよくなるくらい面白いストーリーで、どんどん先を読みたくなって行く感じです。
3巻目では、1巻2巻で随所に仕掛けられた伏線がバンバン回収されて行きます。実にお見事。二転三転する展開には驚かされるし、様々なことが少しずつ徐々に明らかになっていくというストーリーテリングも見事だなと思いました。3巻目になると、具体的な内容にはほとんど触れることが出来ないんで相当曖昧な言い方しか出来ませんが、まさかそんな事態に!まさかあの人が!まさかこんな時に!というようなハラハラさせる展開がバンバン出てきて飽きさせないです。
1巻そのキャラクターが好きになった伊崎基子ですけど、2巻3巻と読んでいくにつれてそのぶっ飛んだ性格にも慣れていったのか、正直キャラクターとしての新鮮さはちょっと薄れて行きました。しかし一方で、優しいという以外そこまで取り柄のなさそうな門倉美咲のキャラクターがどんどん厚くなって行って、2巻3巻になるにつれてその存在感がどんどん増していった感があります。1巻では伊崎基子の強烈さの陰に隠れているようなところはありましたけど、芯の強さでは門倉美咲も負けていないし、感情の揺れが素直なんで読んでて結構楽しかったです。たぐい稀な優しさが時に仇になる時もあるけど、どんな時でも優しさを見失わない姿は良かったなと思います。伊崎基子もいいキャラクターですけど、門倉美咲もかなりいいですね。
他にもいいキャラクターは結構いて、他の作品は「ストロベリーナイト」しか読んでないけど、誉田哲也の作品はキャラクター造形が本当に秀逸だなと思っています。まさにキャラが立っているという感じで、特に本作なんか主要な登場人物がそこそこ多い作品なのに、それを描き分けられているというのは素晴らしいと思います。
本書のメインのストーリーにはほとんど触れられないんで感想が全体的に具体性を欠きますが、メインのストーリーとは関係ない部分で僕が大好きな箇所があります。
最後のエピローグみたいな部分にある、
「あのさ、…僕、美咲さんと、なんか、約束したい」
っていうセリフが相当好きです。最後の最後までいい感じで終わってくれるなコノヤロー、って感じでした。このセリフが何でグッと来るのか、っていうのは自分で読んでみてください。
久々にのめり込むようにして読みました。このシリーズは滅茶苦茶面白いです。まだ読んでいない人は本当に損しています。是非是非読んでみてください。面白かったなぁ。

誉田哲也「ジウⅢ 新世界秩序[NWO]」




ジウⅡ 警視庁特殊急襲部隊[SAT](誉田哲也)

さて今日はあんまり時間もないのでサラッと。
普段よく見ているサイトで、こんなものが紹介されていました。

http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20090506

文教堂というのは、まあ知っているでしょうが、大手の書店チェーンです。詳しく知っているわけではないですが、ちょっと前に経営がヤバイみたいな話がありました。確か希望退職をかなり募ったとか、赤字店舗を整理したとか、そんなニュースをチラホラ見たような気がします。記事にも、トーハンは出版社などから融資を受けた、なんて書いてあります。
企業戦略みたいなものは僕には分かりませんが、この中古本買取というのは攻めの一手になりえるんでしょうかね?経営が結構ヤバいということなら、とりあえず一旦本業の方に力を入れるべきなんじゃないかな、なんてことを僕は勝手に思ったりするんですけど、敢えてこういうチャレンジをすることで建て直しを図るということでしょうか。
新刊書店での中古本買取というのは、別にそう珍しいものではないかもしれません。僕も本で読んだりして、いくつかそういう試みをしている書店があるということを知っています。これからこの流れが主流になっていくなんてことはあるでしょうかね?
新刊書店で中古本を扱うというのは、今まではタブーとされてきたはずです(僕が今まで読んだきた書店系の本によれば)。それは返品の問題と関わるからです。
大雑把に言ってしまうと、書店は出版社に本を返品すると出版社からお金が戻ってくる、という仕組みになっています。では、中古で買い取った本を出版社に返品したらどうなるでしょうか?定価500円の本を100円で買い取り、それを出版社に返品したら500円戻ってきます。美味しい商売ですね。わざとやるんじゃないにせよ、店内で新刊本と中古本が混在し、中古本が返品に紛れ込んでしまう、ということは考えられます。そういうケースを起こさないために、タブーとされてきていたはずです。
でも、そうも言ってられなくなってきたのかもしれないですね。もはや書店は、中古本でも扱わないと成り立たなくなっているような業界なのかもしれません。
しかし、もし自分のいる店が中古本を扱うとかなったらどうだろうなぁ。正直言って、いろんなことが煩雑になりそうな気がします。そもそも返品の問題があるから、新刊本と中古本は混在して売場に置くことは出来ないから、売場自体を分けることになる。でも新刊書店でそれをやろうとすれば、既存の新刊の売場を削って中古本のコーナーを作らないといけないわけで、しかもやるならある程度の売り場は確保しないとちょっとダメだと思うわけで、そうなると新刊書店で中古本を扱うというのはいろいろと難しいだろうなと思います。
まあこれからも、出版・書店業界は厳しい状況が続くことでしょう。何とか踏ん張ってくれればいいんだけど、好材料がほとんどないからどうにもしようがないですね。まあ地道に本を売って何とか頑張っていこうと思います。
今日は電撃文庫の発売日。ウチの店はライトノベルが異常に売れるんで、新刊の配本も鬼のようです。「狼と香辛料」の最新刊の初回配本数が102冊。あっという間になくなるような気がします。
そろそろ内容に入ろうと思います。
さて本書は、ジウシリーズの二巻目。1巻では、立てこもり事件や誘拐事件などが発生し、それを女性刑事二人が別々の方面から追う、という、割と王道的な警察小説のストーリーでしたが、2巻に入って結構変わりました。ますます続きが楽しみになってくる展開です。
八面六腑の活躍のお陰で一階級特進した伊崎基子は、SATを離れ上野署の交通課に異動。とあるひき逃げ事件の捜査に加わるも、捜査の過程でマスコミに追いかけられるため、一旦捜査から外れることになる。
一方門倉美咲は、東弘樹警部補と組んで、『沙耶華ちゃん事件』の捜査を続けている。当初不在だった東も復帰し、取り調べを担当しているが、これが一向に進まない。被疑者の供述がまったく理解できないのだ。ジウという男との関わりについては話したがらない一方、『新世界秩序』なる、被疑者の行動原理のようなものについての話には饒舌になる。しかしその『新世界秩序』の話がさっぱり要領を得ないのだ。
捜査が難航する中、伊崎は木原というフリーライターと接触し、単独で事件の捜査をするようになる。
ジウという男は何者なのか?目的は何なのか?
というような話です。なかなかうまく説明できないなぁ。
本書は、事件自体はさほど起こりません。伊崎が始めちょっと関わるひき逃げ事件とか、ラスト近くで起こる大きな事件ぐらいなもので、後は基本的に1巻で起こった事件の捜査・調査がメインになるストーリーです。
でもこれが面白かったですね。捜査だけというのは退屈に思えるかもだけど、これが全然そんなことはないです。1巻よりもずっと面白かったです。
一番面白いと感じたのは、犯罪に関わる人間たちの意味の分からなさ、です。とにかく本書で描かれる犯罪は、普通の常識で計れるものではないです。1巻で起こった事件は、感想の時にも書いたけど、現実に起こってもおかしくないような、別の言い方をすれば小説にするにはちょっと物足りない、そんな感じのものでした。でも、それは表面的な見方に過ぎない、ということがこの巻で分かってきます。目に見える部分はごくごく普通なんだけど、その背景にあるもの、あるいはそれを支えているものがとんでもなく奇妙です。
実際、その奇妙さはきちんと現れてはいません。犯罪者たちの動機に関わる部分はまだほとんど明らかになっていません。被疑者の一人が、『新世界秩序』とかいう奇妙な話をしているだけなんですけど、でも作品全体から、これが普通の事件ではない、ということがひしひしと伝わってきます。
1巻の感想では、ごく普通の警察小説の域を出ない、というようなことを書きましたが、しかし2巻でその印象はガラリと変わりました。あまりにも奇妙すぎる犯罪。それが、門倉美咲や伊崎基子の捜査・調査によって徐々に明らかになっていきます。その過程が実に面白いです。二人は1巻の時と変わらないキャラクターで事件と対峙していくことになるんですけど、それぞれ価値観を揺さぶられるような状況に出くわしていくことになります。その中で、二人はそれにどう立ち向かっていくのか、というところも読みどころになっていきます。
また本書では、各章の冒頭にある男の述懐みたいなものが挿入されています。それもまた変わった話で結構面白いと思いました。もちろんストーリーと繋がっていくわけなんだけど、この男が今後どんな風にストーリーに絡んでいくのかというのも楽しみだなぁという気がします。
しかしそう考えると1巻がちょっともったいないな、という気がします。1巻だって十分面白い作品ですが、1巻を読んだら必ず2巻に手が伸びるかというとちょっと微妙な気がします。2巻を読めば、必ず3巻に手が伸びることは間違いないんですけど、1巻を読んだだけでは、まあ面白かったけどこんなもんか、という感じで止めてしまう人もいるかもしれません。そういう意味で、ちょっと1巻はもったいない気がします。
かなり面白い展開になってきたと思います。警察小説という括りは間違いないですけど、扱っている事件がかなり奇妙なものなので、普通の警察小説という感じがしません。かなり面白い作品です。ぜひ読んでみてください。

誉田哲也「ジウⅡ 警視庁特殊急襲部隊[SAT]」




ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係[SIT](誉田哲也)

いろいろと本屋の話を書こうと頑張っているんだけど、やっぱりどうしてもネタ切れになってきます。さてこれを一年間続けることは果たして出来るでしょうか?
今回は、多面展開についてでも書こうかなと思います。昔書いたような気もするんですけどね。まあよしとしましょう。
多面展開というのは、一か所に10面とか20面とかみたいな感じでドカンと展開するようなやり方のことです。大きな書店に行けば、目立つところでこの多面展開が頻繁に行われていることでしょうし、そう大きくない書店でも、最近は多面展開でその店独自の本を推したり、なんていうことをやっています。ある一店舗の店が始めたそういう仕掛け販売が全国的なベストセラーにまで発展するというケースはこれまでにも結構あったし、それが醍醐味だったりもします。
でも僕は正直、多面展開というのがあんまり好きではないんです。そこまで大きな本ではないですが、やろうと思えば多面展開の場所を確保することは可能です。それでも、どうしてもやろうという気にはなれない。
その理由を書こうと思いますが、まずウチの本屋の立地や客層の話を書こうと思います。
ウチの本屋は駅から割と近いところにありますが、駅の中に本屋があるので立地的に新しいお客さんがどんどん来るようなところではありません。住宅地にあるので、基本的に常連さんがいつも来てくれる店、という感じです(たぶん)。
もしこれが、渋谷みたいな繁華街で、新規のお客さんがバンバン来るような店だったら多面展開もアリだな、と思うんだけど、ウチの店は基本的に常連さんが日々来てくれるような店です。その場合多面展開のデメリットというのが、一定期間売場を変えることが出来ない、というところにあります。多面展開をすると、売れ行きにもよりますけど最低でも1・2か月ぐらいは同じ場所にずっと同じ本があり続けることになります。しかも10面とかいうような多面展開で。いつも来てくれるお客さんとしては、ずっと同じ場所に同じ本があるという状況が果たして面白いだろうか?と僕は考えてしまうんです。
どちらかと言えば僕は、日々売場がどんどんと変わっている方が面白いだろう、と思うんです。だから僕は実際、日毎に売場をとっかえひっかえしています。そのやり方に多面展開を組み込むと、どうしても売場が固定化されて行ってしまいます。多面展開は一定期間動かすことが出来ないからです。
しかしもちろん、僕が作っている売場にも、ずっとラインナップが変わらないスペース、なんていうのもあったりします。じゃあそういう場所を多面展開にすればいいじゃないか、と思うんだけど、それも躊躇してしまいます。
僕の考えでは、ある一冊の本を10面で展開するのと、10種類の本を1面ずつ展開するのとでは、後者の方がいいと思ってしまうんです(この考えが間違ってる可能性はありますけど)。確かに一冊の本を10面で展開すればお客さんの目を惹くことは出来るだろうけど、でも結局お客さんの目にはその一冊の本しか出会いがないわけです。しかし10種類置けば、お客さんは10種類の本と出会うことが出来ます。もちろん1面ずつの展開ではお客さんへのアピールが足りないかもしれないけど、それは別のやり方(POPなどっていうことですけど)で補うべきことで、多面展開することでそれをやろうというのはちょっと違うんじゃないかな、と思ってしまうんです。
もちろんここまでで書いたことは、売場が有り余るほどある場合は関係ありません。超大型書店のように、売場が腐るほど余っているなら、それは多面展開でも何でもやればいいと思うんです。ただ僕がいる店みたいにさほど大きくはない店の場合、安易に多面展開をするというのはどうなんだろうな、と考えてしまいます。多面展開をすれば、確かにその本は飛躍的に売上が伸びるかもしれない。しかしそれは、多面展開をしなかった場合より本当にいい効果を生み出せているのか、という部分がどうしても僕の中で納得出来ていないんです。売上は、多面展開をした方が伸びるかもしれないけど、でもじゃあ、その本を買わないお客さんから見てその売場はどうなのか、みたいなことを考えてしまうんですね。
多面展開で全国的なブームを生み出す、というのももちろん憧れますが、しかしその役割は大型書店に譲るとして、僕は中小の書店に求められている(だろう)役割をきちんと把握して売場を作っていこうと思っています。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、「ストロベリーナイト」という警察小説でブレイクした著者の、別シリーズの警察小説です。
ストーリーは、刑事部捜査第一課特殊犯捜査係、通称SITと呼ばれる誘拐事件などを専門に扱う部署にいる、門倉美咲と伊崎基子という二人の女性刑事を主人公に据えて進んで行きます。二人は共に、途中からSITを抜けることになるのだけど、結果的に同じ事件を追うことになります。
都内の住宅地で人質籠城事件が発生し、SITの面々が駆り出された。時間ばかり経過するも、犯人の要求が一向に不明で、交渉も難航。時間ばかりがいたずらに過ぎていく。
事態を打開するために、SITの門倉美咲は食事の差し入れ役として犯人の元へと向かうが、しかし事態はより悪化してしてしまう。
一応事件は解決したものの、門倉美咲の痛手は大きかった。しかし一方で、にわかに周囲が慌ただしくなっていく。結果的に人質は戻ってきたものの、身代金を奪われ犯人も取り逃がした未解決の誘拐事件の捜査が進展したという…。
別々の部署に異動になった二人の女性刑事は、それぞれのやり方で犯人を追いつめるが…。
というような話です。
手放しで絶賛するような作品ではありませんでしたが、なかなか面白い作品でした。
全体的には、これまでの警察小説とそう大きく変わるところはないと思います。SITやSATがメインで活躍し、しかも女性刑事二人が主人公、というところは確かに目新しいですけど、やはり普通の警察小説の枠組みから大きく逸脱するような作品ではありません。
面白かったのは、門倉美咲と伊崎基子という二人の女性刑事のキャラクターですね。「ストロベリーナイト」でも女性刑事を主人公に据えてかなり異端なキャラクターがよかったですけど、本書でもいいキャラしてると思いました。
門倉美咲の方は、どちらかと言えば普通な感じ。SITなんていう特殊なところにいながらお嬢様的な部分がある。乱暴なことは得意ではなく、犯人を説得して投降させるのが得意。情に訴えかけるやり方で事件を解決する。犯人の動機を聞いて泣いてしまうようなこともあり、そういう相手の気持ちを汲むことが出来る点が人一倍強い。
明るいキャラクターで使命感も強く、また警察という男臭い組織の中にあってその女性らしいあり方は小説全体をむさ苦しくせずに済んでいるところがあって、そういう意味でも重要なキャラクターだと思う。
さて一方の伊崎基子はまったく正反対のキャラクター。レスリングと柔道で全国大会でベスト16内に入った経験があり、その身体能力が男をも勝る。SITの作戦で失敗したことは一度もないし、他の誰よりも成果を出している。
しかしそれは、警察としての使命感というより、内から湧き上がる本能のようなものだ。正直、犯人だとか仲間だとか、そんなことはどうでもいいと思っている。基子はとにかく、生死の掛かった状況で思いっきり力を出し切りたい、とそれだけを考えている。任務中に死んでしまっても、それはそれで構わない、と思っているようなクールな女だ。
女らしさはほとんどなくて、趣味は体を動かすことだけ。美咲の仲間ごっこみたいな甘い考えが大嫌いで、ムカムカしている。そんななかなか強烈なキャラクターです。
この二人が、それぞれのやり方で事件に対峙していく。女性を主人公にした警察小説というのはこれまでももちろんたくさんあっただろうけど、ここまで女性刑事の存在を前面に押し出した警察小説というのはなかなか珍しい気がする。警察小説というより、この二人の女性が主人公の小説で、その二人がたまたま刑事だった、というような感じの小説です。
ストーリーは帯にもあるように、なかなかのスピード感です。正直、立ち上がりはちょっと遅いかなという感じはあったけど、段々エンジンが回ってくる感じで、それからはグイグイ読んでいける感じでした。事件自体は実際起こってもおかしくなさそうな、別の言い方をすれば小説にするにはちょっと地味な事件ばっかりなんだけど、それでも飽きさせることなくページをめくらせる筆力はなかなかのものがあるなと思いました。
また、警察組織についての描写もかなり詳しくて、結構突っ込んだ取材をしたんじゃないかな、という気がしました。特に、情報を公に公開されていないらしいSATについての描写がかなりあって、もちろん公にされていないということは適当なことを書いても僕らには分からないということでもあるんだけど、でもたぶん調べたんだろうなと思います。そういう細かなところで手を抜いていないということがよく分かるので、全体として引き締まった感じがありました。
しかしまあやっぱり僕としては、伊崎基子のキャラクターがかなり好きでしたね。こういうサバサバした女性はかなり好きです。まあ伊崎基子の場合、サバサバっていうかカサカサという感じぐらい乾いているんですけど。基子と対等に打ち解けることの出来た雨宮という男もなかなかよかったですね。面白いキャラクターだなと思いました。
これはシリーズ作で、あとⅡ・Ⅲと続きます。残り二冊を続けて読んでしまうつもりです。ジウと名付けられた凶悪犯が一体これから何をやらかすのか、そして門倉美咲と伊崎基子はそれにどう関わるのか、結構楽しみです。
警察小説というとなんとなくオッサンが読みそうなイメージがあるかもしれないけど(僕だけですか?)、本書は、女性が主人公ということもあるし、警察小説によくある取っつきにくさみたいなものもないので、誰でも気軽に読めると思います。たぶんまだ平積みしている本屋が多いと思うんで、見かけたら読んでみてください。

追記)今2巻目を読み終わりましたが、2巻に入ると俄然面白くなります。1巻目の印象とはかなり違ったものになるでしょう。
1巻を読んで、まあこんなもんか、$続きはいいや、なんて風に思ってしまった方、せめて2巻まで読んでみてください。

誉田哲也「ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係[SIT]」




最後の注文(グレアム・スウィフト)

さて今日は、GW中こんな本がよく売れていましたよ、という話を書こうかなと思います。
普段GW中とかまったくシフトに入らないで休んじゃうんだけど、今年はちょっといろいろあって、3日と4日だけ働くことにしました。そこで、連休中どんな文庫が売れていたのかというデータを見たんだけど、けっこう大作がまとめ買いされていました。
例えば、北方謙三の「水滸伝」、司馬遼太郎の「坂の上の雲」「竜馬がゆく」、宮部みゆき「模倣犯」、京極夏彦「京極堂シリーズ」なんかですね。1巻とか2巻ずつ買っていくとかじゃなくて、全巻まとめ買いみたいな買い方がものすごく多かったです。
今年は16連休だなんて言う人もいるみたいで(僕の友達にも一人いました)、旅行なんかにはもってこいのはずなんだろうけど、でもやっぱり不況なんでしょうね。そもそも16連休なんていうのも不況の余波みたいなものでしょうし。だから大型連休があっても家でじっとしているという人が多いのかもしれません。僕のいる店は2Fがレンタルショップなんだけど、そっちはGW中結構混んでたみたいだし。
だからどうせ家にいるなら、普段なかなか読めない大作をこの機会に一気に読んじゃおう、っていう人が結構いるんじゃないかっていう感じがしました。確かに、もし僕に16連休なんてあったら、どれだけ本が読めるだろうか、って考えちゃいますね。死ぬほどある積ん読のほんの一部でも片付けることが出来るかもしれません。
あともう一つ目についたのが、古典作品が結構売れていたなということでした。夏目漱石・太宰治・三島由紀夫なんかの作品が普段以上に棚から売れている感じがしました。これも、どうせ暇なんだし、普段なかなか手の出ない古典作品でも読んでみるか、っていうことなのかもしれませんね。
もう一つ別の話。先月の文庫とコミックの売上の話です。
先月は、文庫とコミックの売上の差が、僕が担当になって以来最も縮みました。いやはや、これはなかなか興奮しました。本当に、あと一歩という感じ何です。あと一歩でコミックに勝てる。文庫の担当になった時は、コミックの売上というのはまったく手の届かないところにあったわけですけど、今はもうすぐそこです。どれぐらいかというと、先月の文庫とコミックの売上の差は、文庫の平均的な一日の売上よりも小さいです。僕が文庫の担当になった時は、コミックとの差は文庫の売上一週間分以上はあったんですけどね。
しかしあとひと踏ん張りがどうしてもなかなか難しい。早くコミックの売上を抜くという、担当になって以来の念願を叶えたいんだけど、まあなかなか実現しない。まあこれからもめげずに、何とかあとひと押しして、コミックの売上を抜き去ってやろうと思います。気合い入れて頑張りましょう。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、イギリスの最高の文学賞であるブッカー賞を受賞した作品です。著者はデビューわずか3年で、「イギリスの新鋭作家20傑」に選ばれ、寡作ながらイギリスで相当評価の高い作家のようです。
メインストーリーはいたって単純。肉屋のジャックが死んでしまう。ジャックは遺言を一つだけ残していた。俺が死んだら、マーゲイトの海にまいてくれ。
そこで、古くからの友人である三人、元保険会社社員のレイ・葬儀屋のヴィック・八百屋のレニーと、ジャックの義理の息子である中古車販売業者のヴィンスの四人で、ジャックの遺灰を抱えながら車を運転し、マーゲイトを目指す、という話です。
しかしそのメインストーリーの合間に、様々な人間の回想が描かれることになります。ジャックの妻であるエイミーは何故この道中について来ないのか、八百屋のレイは何故ジャックの義理の息子ヴィンスにつっかかるのか。他にも、友人たちの間でさえも秘密にされている様々な出来事。ジャックという男を中心として、様々な回想が入り混じり、一方で遺灰をもって旅する道中を通じて男たちはより友情を深めていく…。
というような話です。
僕の感想としては、もう少し年を取ってから読みたかったな、という感じです。ある程度の人生経験がないと読んでもちょっと退屈な作品かもしれません。正直僕にはちょっと退屈な作品でした。少なくとも、20代の人間が読む本じゃないですね。せめて30代以上という感じでしょうか。生きていく中で様々な経験をし、人生を振り返ってみればいろいろと積もり積もったものがある。なんか、そんな感じの人が読むべき本かなという気がしました。
全体的に淡々としすぎています。落ち着きがあって大人な小説ですけど、僕はやっぱりエンターテイメントのような作品が大好きなので、こういう静かな小説はうまく入り込めないことが多いです。基本的に彼らの生活は特にこれというところがあるわけではない人生で、小説になるような出来事が起こるわけではないんだけど、それを構成や文章の妙で読ませるという作品なので、起伏に富んだストーリーを読みたい傾向の強い僕としてはあんまり合わなかったです。
しかし何より大変だったのは、構成と登場人物の名前です。
本書は75の短い章からなる小説です。しかも章ごとに語り部がどんどん変わる。総勢7人の語り部がいます。しかも話が本当にあっちこっちに飛ぶ。車に乗ってマーゲイトを目指している章と回想の章を行ったり来たりするのは当然だけど、さらに回想の章同士でも時系列が飛びまくる。ちゃんとした時系列通りに並んでいた小説をバラバラに組み替えちゃったみたいな感じの構成で、これは結構読むのに苦労しました。
しかもその苦労をさらに助長させるのが、登場人物の名前です。登場人物が結構多かったというのも、外国人の名前を覚えられない僕としてはなかなかハードルの高い作品だったけど、それ以上に似た名前が多すぎるのがきつかったです。レイとレニー、ヴィックとヴィンス、バーニーとエイミー、ジョウンとジョーイという感じ。本当に初めの内は、誰が誰なのかをきちんと把握するのが難しかった。特に、車でマーゲイトを目指す四人の内、レイとレニーが、ヴィックとヴィンスが似ているものだから余計にややこしい。なんでこんなややこしい名前をつけたんだろう、と思います。もう少し区別のつきやすい名前にしてくれれば、もう少し読みやすかったんだけどな、と思いました。外国人作家の作品を読むのはそもそも大変なんですけど、本書は普段以上に大変でした。
というわけで、残念ながら僕には合わない作品でしたが、作品自体のポテンシャルみたいなものはものすごく高いような気がします。あと、これは見当違いなアドバイスかもですが、若い人はまだ読まない方がいいかもです。多少年を取ってから読むようにした方がいいんじゃないかなという気がします。

最後の注文「グレアム・スウィフト」




ミッキーマウスの憂鬱(松岡圭祐)

さてしばらく更新が空いてしまいましたが、というかGW中はもう少しこんな感じかもですが、しばらくしたらまた通常通りになりますのでまたよろしくお願いします。
さて今日の話は、出版社への発注の仕方のあれこれについて書こうと思います。
普段から僕は出版社にいろんな形で本を発注しています。大きな書店の場合本部というのがあって、その本部がまとめて発注を管理したり、あるいは商品課みたいなところがあってそこで発注を行うなんてところもあるかもしれませんが、しかし現場にいる担当者がまったく発注をしないということはないと思います。僕なんかは、まあ本部的な役割をするところもあってそこから入ってくる場合もありますが、大抵はすべての本を自分で発注しています。
発注のやり方にはかなりいろんな種類があります。出版社によって、このやり方の方が入ってきやすい、これは全然ダメみたいなことが結構あったりします。つい最近ですが、文芸書の担当にサブみたいな人がつくことになって、その人が今文芸書をメインでやっているんだけど、その人がどこにどういう風に発注したら入ってきやすいのか知りたいというのでリストアップしました。それでこんなことでも書いてみようかなと思ったわけです。
発注の仕方は、5つぐらいあると思います。
まず出版社に電話する方法。受注センターと呼ばれるところに電話することになります。基本的に全国すべての書店からの電話注文が、この受注センターというところでやり取りされることになります。
次はWEBで注文する方法。これはすべての出版社ではないですが、一部の出版社は書店注文用のHPを持っています。そこから注文を出すというのがあります。
書店に送られてくるFAXで発注するというのもあります。書店には常に、店の規模や売上ランクなどによって様々なFAXが送られてきます。全国どの書店にも送られてくるような普通のFAXでの発注だと他の発注方法とさほど大差はありませんが、特約店や上位店(呼び方は出版社によって異なる)などその出版社において上位の売上を占める店にのみ送られてくるFAXなんかで発注すると割と優先的に入荷してきます。
取次に発注するというやり方もあります。取次というのは書店と出版社の間にいて流通を行うところですが、その取次ももちろん在庫を持っているのでそこに発注します。
最後に、出版社の営業担当者に注文するというのがあります。基本的には、営業の人が店にきてくれて、その場で注文をするという形になります。もちろん、営業部に直接電話をしたり、あるいはFAXやメールでやり取りするという形もあります。
出版社によって、上記5つの発注方法の内、どれが入ってきやすいのか(特に新刊・話題作について)というのがかなり違うので感覚を掴むまでに苦労しました。もちろん基本的には、営業担当者に直接発注するのが一番確実です。個人的に知っている営業担当者が多いというのは強みになります。ただ僕は出版社の営業の人と仲良くなるというのがとてつもなく苦手で、営業の人が店に来てくれる場合には普通に大丈夫なんですけど、電話・FAX・メールなんかはすごく苦手です。だからどうしても他の方法に逃げてしまうことになります。
基本的にはどの出版社も、電話注文で受けたものはそれなりの優先順位で出しているように思います。やはり書店の発注の基本は電話だと思います。他の小売店がどうかは知りませんけど。
例外もいくつかあって、講談社なんかは珍しくWEBで注文したものが優先、という風に言っていました。僕の感覚では、WEBで発注したものが優先というのは講談社ぐらいではないかなと思います。また角川書店なんかは、どういう発注方法をしてもさほど大差がないと思っています。電話だろうがWEBだろうが営業担当に直接だろうが、すべて注文が同じシステムで処理されているようなので、どういう形で発注しても変わらないような気がします。また幻冬舎は、電話で発注したものはほとんど入ってきません。幻冬舎の場合は、上位店に優先して送られるFAXで発注するのが一番入ってきやすいです。
取次が在庫を持っているかどうかというのも出版社によって大分差があります。これは出版社のスタンスの問題です。どの書店にどれぐらい送るのかというのを、自分のところで管理したい出版社は取次に在庫があまりないし、取次任せにしたい出版社は取次に在庫があります。自分のところで管理したいというのの代表格は幻冬舎でしょうか。逆に取次に任せたいというのは光文社ですね。
WEBもいろいろパターンがあります。新刊・話題作はWEBでの注文を受け付けていないところとか、注文は受けるけど相当数を調整されるところとか、在庫なしという表示なのに注文を受け付けるところとか様々です。
担当者の最も重要な仕事の一つに、新刊・話題作を売場から切らさないというのがあります。売れる新刊や話題作にアンテナを張っていくのは当然ですが、さらにそれらを確保しないと話になりません。そういえば大型連休中は売れ筋の在庫が切れやすいですが、頑張ってやっていこうと思います。
そろそろ内容に入ろうと思います。
本書は、恐らく世界初ではないかなと思うんですけど、ディズニーランドを舞台にした小説です。しかも、オンステージ、つまりアトラクションがあるようなところではなく、バックステージ、つまりスタッフが裏方仕事をしているところが舞台になっています。
本書の存在を知った時一番初めに思ったことは、ディズニーランドの(というか運営会社であるオリエンタルランドの)許可みたいなものは取っているのかな、ということでした。権利関係には死ぬほどうるさいディズニーが、小説とはいえ裏側を暴露された小説なんかを認めているのだろうか、ということでした。しかし一方で、もしディズニー側が何も言ってきていないんだとすれば、本書は本当にフィクションで内容と実情は大幅にかけ離れていると考えればいいのかもしれません。しかしこんな邪推も出来ます。ディズニー側としては到底認められない小説だけど、しかしもし下手に圧力を掛けたりするとその内容が真実であると認めているようなもので余計に始末が悪い。だからここはそっとしておくしかない、というような判断です。さて真実はどうなんでしょうか。
主人公は、ディズニーランドの準社員として採用された後藤大輔、21歳。ずっとフリーターだったのだけど、ふと見つけたディズニー採用の派遣の仕事。夢を与える王国であるディズニーランドで自分も働きたい、あの夢の世界の住人になりたい、そう思い飛び込んだ。
しかし現実は厳しかった。というか、すべては後藤の勘違いだった。バックステージも夢の世界だと勘違いしていた後藤は、そこがまさに現実そのものであることをまざまざと見せつけられるのだ。
ヴィソーブという響きのいいところに配属になりどんな仕事をするのか期待が膨らんでいたのにそれが一気にしぼむ。勝手が分からず怒られる。無用な口を出して怒鳴られる。仕事のやりがいが感じられなくて嫌になる。社員と準社員の違いにキレそうになる…。
しかしそれでも後藤は日々の仕事を何とかこなしていた。嫌なことは多い。でも自分は今あの憧れのディズニーランドで働いているんだという気持ちが後藤を奮い立たせるのだ。
しかしそんな折、ディズニーランドを根底から揺るがす大事件が勃発し…。
というような話です。
千里眼シリーズなどで有名な人気作家が描くディズニーランド小説です。何で松岡圭祐がディズニーランドを舞台にした小説を書いたのかという疑問はあるけど、しかし相変わらず面白い作品を書く作家だなと思いました。
まず、どこまで本当の話なのかというのはものすごく気になります。ディズニーランドのバックステージなんて、そこで働く人間以外にはまず知りえないので、本書で描かれていることがどこまで本当なのかという確認する手立てはありません。でも割と真実が描かれているんじゃないかなぁと僕なんかは想像してしまいます。きっと現場は、本書で描かれているような人たちによって支えられてるんだろうと思います。
しかしバックステージの現実はなかなかすごいものがあります。社員と準社員の軋轢や、着ぐるみの権力争い、責任のなすりつけ合いなど、夢の世界とはかけ離れた出来事がどんどん展開されて行きます。もちろんこれは当たり前のことです。ディズニーランド(オリエンタルランド)だって普通の会社なわけで、その中では普通の会社と同じようなあれこれが展開されていくことになるでしょう。ただ普通の人は、バックステージも夢に満ち溢れているのではないか、という幻想をどうしても抱いてしまうでしょう。そこに夢なんかないと分かっていても見たくないというか。だから本書ではごく当たり前のことが描かれているのに意外という感想が浮かんでくるんです。
しかし、そういうバックステージの出来事を読んでも、そんなに夢が壊れるということはないような気がします。まあ僕がディズニーをもんのすごく好きというわけではないからかもしれないけど、でもこういう頑張りがあるからこそオンステージではあれだけすばらしい幻想の世界が展開されるのだなということが分かって、僕は結構いいじゃんとか思いました。そりゃあそうだよ、バックステージではいろいろあるさ、でも何があろうともオンステージでの幻想を守り切る、というその姿勢が素晴らしいじゃないか、と思いました。
しかし、中盤で勃発する、ディズニーランドの屋台骨を揺るがす大事件というのは凄かったですね。まさかこんな些細なことがそんな大騒動になりますか、というような展開でびっくりでした。上層部の人間の議論なんかは相当とんちんかんで面白いんだけど、焦っている部分の大半はアメリカのディズニー本社との契約に関することなんだけど、それでも夢を壊さないように全力を尽くさなくてはいけないという姿勢がここにも発揮されていてよかったと思います。
後藤が働き初めてからたった3日間の話で、その割にはトラブルだらけで不自然なんですけど、まあそういう部分には目をつむりましょう。たった3日間だけど、後藤はもう目覚ましいくらいに成長していきます。初めと終わりではもう別人と言っていいくらいです。そんな後藤の変化も面白いと思いました。
ディズニーランドに詳しいかどうかというのとは無関係に、誰が読んでも面白い小説だと思いました。別に夢が壊れるなんていうこともないでしょう。ミッキーマウスの中に人なんか入ってないと心の底から信じている人は読まない方がいいかもしれませんが。ちょっとPOPでもつけて売ってみようと思います。

松岡圭祐「ミッキーマウスの憂鬱」




 | ホーム | 

プロフィール

通りすがり

Author:通りすがり
災害エバノ(災害時に役立ちそうな情報をまとめたサイト)

サイト全体の索引
--------------------------
著者名で記事を分けています

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行~わ行

乃木坂46関係の記事をまとめました
(「Nogizaka Journal」様に記事を掲載させていただいています)

本の感想以外の文章の索引(映画の感想もここにあります)

この本は、こんな人に読んで欲しい!!part1
この本は、こんな人に読んで欲しい!!part2

BL作品の感想をまとめました

管理人自身が選ぶ良記事リスト

アクセス数ランキングトップ50

TOEICの勉強を一切せずに、7ヶ月で485点から710点に上げた勉強法

一年間の勉強で、宅建・簿記2級を含む8つの資格に合格する勉強法

国語の授業が嫌いで仕方なかった僕が考える、「本の読み方・本屋の使い方」

2014の短歌まとめ



------------------------

本をたくさん読みます。
映画もたまに見ます。
短歌をやってた時期もあります。
資格を取りまくったこともあります。
英語を勉強してます。













下のバナーをクリックしていただけると、ブログのランキングが上がるっぽいです。気が向いた方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

アフィリエイトです

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
10位
アクセスランキングを見る>>

アフィリエイトです

サイト内検索 作家名・作品名等を入れてみてくださいな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

2013年ベスト

2013年の個人的ベストです。

小説

1位 宮部みゆき「ソロモンの偽証
2位 雛倉さりえ「ジェリー・フィッシュ
3位 山下卓「ノーサイドじゃ終わらない
4位 野崎まど「know
5位 笹本稜平「遺産
6位 島田荘司「写楽 閉じた国の幻
7位 須賀しのぶ「北の舞姫 永遠の曠野 <芙蓉千里>シリーズ」
8位 舞城王太郎「ディスコ探偵水曜日
9位 松家仁之「火山のふもとで
10位 辻村深月「島はぼくらと
11位 彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない
12位 浅田次郎「一路
13位 森博嗣「喜嶋先生の静かな世界
14位 朝井リョウ「世界地図の下書き
15位 花村萬月「ウエストサイドソウル 西方之魂
16位 藤谷治「世界でいちばん美しい
17位 神林長平「言壺
18位 中脇初枝「わたしを見つけて
19位 奥泉光「黄色い水着の謎
20位 福澤徹三「東京難民


新書

1位 森博嗣「「やりがいのある仕事」という幻想
2位 青木薫「宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論」 3位 梅原大吾「勝ち続ける意志力
4位 平田オリザ「わかりあえないことから
5位 山田真哉+花輪陽子「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話4つください
6位 小阪裕司「「心の時代」にモノを売る方法
7位 渡邉十絲子「今を生きるための現代詩
8位 更科功「化石の分子生物学
9位 坂口恭平「モバイルハウス 三万円で家をつくる
10位 山崎亮「コミュニティデザインの時代


小説・新書以外

1位 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
2位 沢木耕太郎「キャパの十字架
3位 高野秀行「謎の独立国家ソマリランド
4位 綾瀬まる「暗い夜、星を数えて 3.11被災鉄道からの脱出
5位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠 3巻 4巻 5巻
6位 二村ヒトシ「恋とセックスで幸せになる秘密
7位 芦田宏直「努力する人間になってはいけない 学校と仕事と社会の新人論
8位 チャールズ・C・マン「1491 先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
9位 マーカス・ラトレル「アフガン、たった一人の生還
10位 エイドリアン・べジャン+J・ペタ―・ゼイン「流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則
11位 内田樹「下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち
12位 NHKクローズアップ現代取材班「助けてと言えない 孤立する三十代
13位 梅田望夫「羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる
14位 湯谷昇羊「「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂
15位 国分拓「ヤノマミ
16位 百田尚樹「「黄金のバンタム」を破った男
17位 山田ズーニー「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力
18位 大崎善生「赦す人」 19位 橋爪大三郎+大澤真幸「ふしぎなキリスト教
20位 奥野修司「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年


コミック

1位 古谷実「ヒミズ
2位 浅野いにお「世界の終わりと夜明け前
3位 浅野いにお「うみべの女の子
4位 久保ミツロウ「モテキ
5位 ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール

番外

感想は書いてないのですけど、実はこれがコミックのダントツ1位

水城せとな「チーズは窮鼠の夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」

2012年ベスト

2012年の個人的ベストです
小説

1位 横山秀夫「64
2位 百田尚樹「海賊とよばれた男
3位 朝井リョウ「少女は卒業しない
4位 千早茜「森の家
5位 窪美澄「晴天の迷いクジラ
6位 朝井リョウ「もういちど生まれる
7位 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります
8位 池井戸潤「下町ロケット
9位 山本弘「詩羽のいる街
10位 須賀しのぶ「芙蓉千里
11位 中脇初枝「きみはいい子
12位 久坂部羊「神の手
13位 金原ひとみ「マザーズ
14位 森博嗣「実験的経験 EXPERIMENTAL EXPERIENCE
15位 宮下奈都「終わらない歌
16位 朝井リョウ「何者
17位 有川浩「空飛ぶ広報室
18位 池井戸潤「ルーズベルト・ゲーム
19位 原田マハ「楽園のカンヴァス
20位 相沢沙呼「ココロ・ファインダ

新書

1位 倉本圭造「21世紀の薩長同盟を結べ
2位 木暮太一「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
3位 瀧本哲史「武器としての交渉思考
4位 坂口恭平「独立国家のつくりかた
5位 古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義
6位 新雅史「商店街はなぜ滅びるのか
7位 瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚
8位 イケダハヤト「年収150万円で僕らは自由に生きていく
9位 速水健朗「ラーメンと愛国
10位 倉山満「検証 財務省の近現代史

小説以外

1位 朝日新聞特別報道部「プロメテウスの罠」「プロメテウスの罠2
2位 森達也「A」「A3
3位 デヴィッド・フィッシャー「スエズ運河を消せ
4位 國分功一郎「暇と退屈の倫理学
5位 クリストファー・チャブリス+ダニエル・シモンズ「錯覚の科学
6位 卯月妙子「人間仮免中
7位 ジュディ・ダットン「理系の子
8位 笹原瑠似子「おもかげ復元師
9位 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち
10位 ヨリス・ライエンダイク「こうして世界は誤解する
11位 石井光太「遺体
12位 佐野眞一「あんぽん 孫正義伝
13位 結城浩「数学ガール ガロア理論
14位 雨宮まみ「女子をこじらせて
15位 ミチオ・カク「2100年の科学ライフ
16位 鹿島圭介「警察庁長官を撃った男
17位 白戸圭一「ルポ 資源大陸アフリカ
18位 高瀬毅「ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」
19位 二村ヒトシ「すべてはモテるためである
20位 平川克美「株式会社という病

2011年ベスト

2011年の個人的ベストです
小説
1位 千早茜「からまる
2位 朝井リョウ「星やどりの声
3位 高野和明「ジェノサイド
4位 三浦しをん「舟を編む
5位 百田尚樹「錨を上げよ
6位 今村夏子「こちらあみ子
7位 辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ
8位 笹本稜平「天空への回廊
9位 地下沢中也「預言者ピッピ1巻預言者ピッピ2巻」(コミック)
10位 原田マハ「キネマの神様
11位 有川浩「県庁おもてなし課
12位 西加奈子「円卓
13位 宮下奈都「太陽のパスタ 豆のスープ
14位 辻村深月「水底フェスタ
15位 山田深夜「ロンツーは終わらない
16位 小川洋子「人質の朗読会
17位 長澤樹「消失グラデーション
18位 飛鳥井千砂「アシンメトリー
19位 松崎有理「あがり
20位 大沼紀子「てのひらの父

新書
1位 「「科学的思考」のレッスン
2位 「武器としての決断思考
3位 「街場のメディア論
4位 「デフレの正体
5位 「明日のコミュニケーション
6位 「もうダマされないための「科学」講義
7位 「自分探しと楽しさについて
8位 「ゲーテの警告
9位 「メディア・バイアス
10位 「量子力学の哲学

小説以外
1位 「死のテレビ実験
2位 「ピンポンさん
3位 「数学ガール 乱択アルゴリズム
4位 「消された一家
5位 「マネーボール
6位 「バタス 刑務所の掟
7位 「ぐろぐろ
8位 「自閉症裁判
9位 「孤独と不安のレッスン
10位 「月3万円ビジネス
番外 「困ってるひと」(諸事情あって実は感想を書いてないのでランキングからは外したけど、素晴らしい作品)